消極的訴訟条件としての二重起訴とその補正

全文

(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
(6)

(以下略)の丙方等に侵入し,同人ほか17名所有にかかる現金等を窃取した事案で 追起訴がなされた。前者の窃盗は,後者の常習累犯窃盗の部分行為(細胞)であり, したがって,本件窃盗の訴因と常習累犯窃盗の訴因との間には,犯罪事実の単一性 が認められる。既に窃盗の訴因を明示して起訴した場合,常習累犯窃盗の事実を審 判の対象とするためには,訴因変更の手続によるべきであって,敢えて,追起訴が とられることは,二重起訴禁止の原則をおかすものである。 しかし,本件の場合,併合審理の手続関係にあるからには,窃盗の訴因を変更し て常習累犯窃盗の公訴を棄却するという迂遠煩瑣な手続を経由するまでもなく,追 起訴に付き,常習累犯窃盗の訴因を変更し,しかる後,先行行為に係るものではあ るが,窃盗の公訴を棄却すべきである。 3)第三グループ 訴因変更により両訴因が統合されれば,第二起訴の公訴棄却を要しない。本判決 と同様の思考形式である。 (ε)札幌高裁昭和30年12月27日判決・高刑集8・9・1179【判例7】 被告人は,丁と共謀の上,常習として 1)昭和29年8月27日から同年10月末ころまでの間,札幌市南7条(以下省略) 特殊飲食店戊の一室を丁ほか3名に売春のために提供し 2)昭和29年5月下旬から9月中旬ころまでの間,同市南5条(以下略)特殊 飲食店己の一室を戊ほか2名に売春のために提供した という訴因につき,検察官は,併合罪との見解のもとに昭和29年12月27日と同月28 日の2回に分けて起訴した。かかる場合,札幌市風紀取締条例第6条第2項違反の 常習犯の一罪をなすものであるから,後の起訴事実は,本来,訴因追加の形式をも ってなさるべきである。しかし,おおよそ,追起訴も訴因の追加も当該行為につい て裁判所の審判を求める行為である点に変わりがないことおよび追起訴は,訴因の 追加よりも丁重な方式でなされることに鑑みると,同一の手続で審理が行われる以 上,後の公訴を棄却し,改めて訴因の追加をさせることは,訴訟経済に反するから, そのまま,実体的判決をして差し支えないものと解すべきである。

Ⅲ 二重起訴禁止の根拠

裁判所に係属した訴訟物(Verfahrensgegenstand od. Streitgegenstand)について は,当事者(刑事訴訟では検察官)は,更に訴(刑事訴訟では公訴)を提起するこ とはできない。これを二重起訴の禁止という

(2)

(7)
(8)

は不処分決定をした場合(338条4号)などがあり,いずれも重複手続は許されない。 ところで,訴訟行為には,取効的訴訟行為(Erwirkungsprozesshandlung)と与効 的訴訟行為(Bewirkungsprozesshandlung)とがある。取効的行為は,訴え,主張, 証拠申請などある。いうまでもなく,公訴提起ないし訴因変更は前者に属する。取 効的行為であるときは,直接かつ単独では目的とした結果を生むことはできない。 当事者の訴訟行為が形式,内容,行為能力などで重要な訴訟法規に反したときは, 瑕疵を生ずる。取効的行為の場合は,むしろ,撤回のない限り裁判所が一定の判断 (不適法〈unzulässig〉として却下)を示さなければならない (6) 。逆に,裁判所の判断 前であれば,不適法なものであっても,適法なものに補正できる余地がある。しか して,二重起訴の不適法性を補正できる基準として考えられる事項は,判例の系譜 の検討過程でも単発的に登場してきた部分もあるが,纏めていえば,① 訴訟経済, ② 訴訟対象の基盤(特に外延)に変化のないこと,③ 被告人の防御活動に影響 のないこと,④ 瑕疵の程度が致命的でないことなどを挙げ得よう。これに対し, 瑕疵のある与効的行為は無効(unwirksam)であり,以後の手続で無視される。

Ⅳ 訴訟物の個数および二重起訴判断の時期・・本判決理由中の論拠Α

についての検討

本判決は,第二起訴につき公訴棄却を必要としない理由の一つとして「第二起訴 の時点では,第一起訴と第二起訴の公訴事実の記載自体から両訴因が一罪の関係に あることが明白であるとまではいえないこと」を挙げているので,まずその検討か ら始めよう。 1 訴訟物(訴因)の個数 従来,講学上訴因変更の範囲として議論されていた「公訴事実の単一性」の問題 は,実は1個の訴追とみうるかどうかということであった。1個の訴訟物とみうる かどうかは,現行法では公訴事実よりも,むしろ訴因によって画されるとみるべき であるから,それは訴因の個数の問題であるといってよい。判決は,訴因に対して 下されるので,判決の個数は訴因の個数と一致しなければならない(1訴因1判決 の原則)。この1訴因1判決の原則を重視するか(本稿の立場),それとも訴因数に とらわれず判決してよいと考える(大審院以来の裁判例の基本的立場=Ω)かによ り補正の要否の結論が異なることになる。

(9)

der Urteilsfindung)でもあるから,対象とすべき事件がどの犯罪構成要件に該当す るかを明らかにするのはもとより,その個数を明確にするために,罪数関係につい てもこれを明らかにする程度に具体的に摘示しなければならない。つまり一つ一つ の訴因毎に特定が要求されるのである。したがって,起訴しようとする事実が数個 の犯罪構成要件に該当する場合において,訴因事実が併合罪の関係に立つ数罪に当 たるときは,数個の訴因の各箇毎に他の犯罪事実から識別できるように具体的に摘 示する必要がある。これに対し,1個の訴因の場合は,その訴因内での事実の特定 はある程度概括的で足りる。 訴因は,英米法のcountを翻訳した用語として知られているが,事実主張の statementであるだけでなく,字義どおりカウント(個数)が重要な意義を有して いることを忘れてはならない。 2 訴因と訴訟法的罪数論 罪数については,実体法の分野で議論される場合は,どれほどの刑を加えるか, その前提として処断刑をどう算定するかの見地に立つことになるが,訴訟法の分野 においては,重複判断ないし二重の危険の回避という観点からの判断が重要という ことになろう。したがって,訴因の数は,必ずしも実体法的理解に従う要はなく, 訴訟法的理解に従うべきである (7) 。ドイツ法においては,つとにこの点が強調され, 訴訟法的意義における訴訟物の単一性は,①行為の時期,②場所,③事象の客体, ④行為態様,⑤法益などを総合して規範的行為概念(normativer Tatbegriff)とし て定立すべきであるとしている (8) 。以下,順次検討していこう。 1)実体法的にも訴訟法的にも一罪であるケース 訴訟物たる訴因は,具体的事実を法的構成要件に当てはめたものであるから,罪 数判断は基本的に実体法によって定まる。すなわち実体法的に一罪の場合は,常に (stets)訴訟法的にも一罪とするのが,わがくにでもドイツでもとられている考え方 である。しかし,①ドイツ判例および通説は,訴訟法的行為概念を歴史的事象 (ein geshichtliches Vorkommnis)として捉え,その単複の判断を市民生活上の見

(10)
(11)
(12)
(13)
(14)
(15)
(16)
(17)
(18)
(19)
(20)
(21)
(22)

ると考える (30) 。 3 小括 追起訴手続は,訴訟上,補正(統合)および訴因追加の手続として解釈して取り 扱うことができる。

Ⅷ 結語

以上をふまえて検討すると,本件判決は,補正可能な場合に該当し,かつそれに 匹敵する手続が履践されていると認められるので,理由中に補正概念を使用した理 論展開がないのは不満であるが,結論は妥当であり是認できる。

Ⅸ 参考文献

1 田宮裕「刑事訴訟法Ⅰ」(大学双書)587頁,612頁(1975) 2 同「刑事訴訟法【新版】」203頁(1992) 3 田口守一「訴因と罪数」判例百選【第5版】84頁(1986) 4 鈴木茂嗣「訴訟行為の評価の基準・・罪数変化と訴因変更をめぐって・・」団 藤重光博士古稀祝賀論文集第4巻218頁(1984) 5 上口裕「罪数変化と訴因・・一罪から数罪の場合・・」南山法学20巻3=4号 101頁(1997) 6 中谷雄二郎「訴因と罪数」刑事訴訟法の争点【第3版】130頁(2002) 7 平野龍一「刑事訴訟法の基礎理論」120頁(1964) 8 柏井康夫「訴因変更の要否(二)」実例法学全集刑事訴訟法105頁(1977) (1)筆者は,次の論稿で罪数問題を取り上げている。拙稿「起訴状の記載」(田宮裕編著大学双 書「刑事訴訟法Ⅰ」)494頁1975,同「余罪と量刑に関する一事例」判例評論405号198頁1992, 同「常習累犯窃盗と一事不再理効」本誌創刊号69頁2005,同「いわゆる第三行為によるかすが い作用」本誌第3号1頁 2007 なお,拙稿「執行証書における『請求』について」公証法学31号1頁 2002 (2)三ヶ月章「民事訴訟法」法律学全集117頁 1959

(23)

(4)Roxin/Schünemann,ibid.S.135; Kühne,ibid.S.345

(5)三ヶ月前掲 p117,Othmar Jauernig , Zivilprozessrecht 26.Aufl. S.162 2000

(6)Roxin/Schünemann,op.cit.Supra S.140; Kühne op.cit.Supra S.347; Jauernig ibid. S.122

(7)同旨現代刑事法6巻7号29頁における只木誠教授の発言;大久保隆志「罪数論と検察実務」 現代刑事法同号61頁 2004

(8)Roxin/Schünemann,op.cit.Supra S.129; Kühne,op.cit.Supra S.338;Ellen Schlüchter,SK StPO 43.Lfg.S.841〈Es gilt, den aus sich heraus zu unbestimmten rein ontologischen prozessualen Tatbegriff zu normativieren〉2005

(9)Roxin/Schünemann,op.cit. Supra S.128; Kühne,op.cit.Supra S.335 usw. (10)Kühne,op.cit.Supra S.337 ; BGHSt(GrS) Bd.40 S.138

(11)田宮裕「刑事訴訟法」(参考文献2)455頁;田口守一「刑事訴訟法【第5版】」436頁 2009など

(12)山口厚「刑法総論」322頁 2001;井田良「講義刑法学・総論」535頁 2008

(13)Löwe-Rosenberg,Die Strafprozessordnung und das Gerichtverfassungsgesetz 25.Aufl. S.43 (2001)は,複数行為を訴訟法上の一個の行為と見なす基準についての諸家の見解として,Wolter (段階的な事実―規範的行為概念),Beulke(司法的にみた審理上の不可分性),Schlüchter(行 為目的,法益の適否などの観点からの単一現象)などを挙げている。BGHの判例として,実体 法上の解釈につきBGHSt Bd.21 S.203,訴訟法上の解釈につきBGHSt Bd.23 S.141,147

(24)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :