松林から見上げる太陽 : フランシス・ポンジュ『松 林手帖』読解のために

全文

(1)九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository. 松林から見上げる太陽 : フランシス・ポンジュ『松 林手帖』読解のために 飯田, 伸二. https://doi.org/10.15017/10027 出版情報:Stella. 19, pp.93-112, 2000-09-05. Société de Langue et Littérature Françaises de l’Université du Kyushu バージョン: 権利関係:.

(2) 松 林 か ら見 上 げ る太 陽 フ ラ ン シ ス ・ポ ン ジ ュ 『松 林 手 帖 』 読 解 の た め に. 飯. 『松 林 手 帖 』 は1947年4月. 田. 伸. 二. に ロ ーザ ンヌの メ ル モ書 店 か ら出版 さ れ た。 公 刊. さ れ た詩 的 日記 と して は前 年 に 同 じ版 元 か ら出 た 『カ ー ネ ー シ ョ ン,雀 蜂,ミ モ ザ 』 に続 く2番 目 の 著 作 で あ る。 作 品 は2部 構 成 の か た ち を と つ て お り, オ ー ト ・ロ ワー ル県 の小 村 ラ ・シ ュ シ ェ ール に広 が る松 林 に想 を え た詩 的 日記 と,そ. れ に対 す る説 明 ・批 評 か らな る。 第1部. は40年8月. か ら9月 に か け て. 執 筆 さ れ,「 松 林 の楽 しみ」 「詩 的 膿 瘍 の 形 成 」 「これ は み ん な ま と も じゃな い 」 と題 され た3つ の セ ク シ ョ ンに分 か れ る。 作 品 の 中 核 は この詩 的 日記 で あ り, 長 さ に して全 体 の ほ ぼ5分 の4を の は,テ. 占あ る。 第1部 を あ え て 〈詩 的 日記 〉 と呼 ぶ. クス トに執 筆 日が 印 され て い る うえ に,松 林 の 描 写 だ けで な く描 写 の. 進 捗 状 況 や で き ば え に対 す る コ メ ン トが 詳 細 に記 録 さ れ て い る こ とに よ る。 い つぼ う 「『松 林 手 帖 』 へ の付 記 」 と題 され た第2部. は,上 梓 間 近 に 出版 社 の. 要 請 を受 け て急 遽 追 加 され た テ クス トで,松 林 を 描 写 す る意 義 を弁 明 す る た め に第1部 執 筆 中 に と られ た若 干 の メモ,そ 41年 に 詩 人 と2人 の 友 人,ガ. して 詩 的 日記 と い う形 式 を め ぐっ て. ブ リエ ル ・オ ー デ ィ ジ オ と ミ シ ェル ・ポ ン ト ゥ. ル モ リと の あ い だ で交 わ さ れ た書 簡 か らな る1)。 ポ ンジ ュ は 『松 林 手 帖』 を失 敗 作 と考 え て い た 。 だ が 作 品 の 生 成 過 程 を い っ そ う綿 密 に追 跡 ・記 録 で き る詩 的 日記 とい う形 式 に は大 き な関 心 を寄 せ て い た。 執 筆 か らお よ そ3年 後 の1943年8月. に ポ ー ラ ンへ宛 て た書 簡 か ら は,新. しい形 式 に込 め られ た作 者 の期 待 が読 み とれ る。 彼 は この 書 簡 で,詩 的 日記 の 将 来 につ い て 「確 か さ」 と 「も しか した ら」 の あ い だ で 揺 れ な が らも,そ の可 能 性 の開 拓 に取 り組 む意 志 を は つ き り と示 して い る。 『松 林 手 帖 』,お よ び これ と相 前 後 して執 筆 さ れ た 同形 式 の作 品 「ミモ ザ 」 と 「ム ー ニ ー ヌ」 を 評 した一 節 を読 ん で み よ う.

(3) 94 これ らの 作 品 が た だ の 下 書 きで しか な い な ん て,も. うそ れ ほ ど確 信 して い る わ け. じ ゃな い。 た しか な の は,僕 は も う散 文 詩 に は満 足 して い な い こ と,あ る他 の(同 時 に よ り内面 的 で よ り叙 事 的 な?)形. 式 に 向 か つて い る こ とだ 。 そ して,も. しか した ら. これ らの作 品 が そ の形 式 へ の道 筋 を示 して くれ て い る こ とだ 。2). 「これ らの作 品」 は,や 現 の欲 求 』(1952年)に. は りメ ル モ書 店 か ら出版 され た 『や む に や ま れ ぬ表. 収 あ られ る。 同書 は 『物 の 味 方 』(1942年)と. は根 本. 的 に異 な る表 現 ス タ イ ル の テ ク ス トを ま と ま った形 で発 表 した点 で ポ ン ジ ュ詩 学 の新 た な展 開 を告 げ る一 巻 で あ る が,そ の な か で 『松 林 手 帖』 は最 も長 い作 品 で あ る。 ドイ ッ軍 侵 攻 に よ り南 仏 へ の避 難 を余 儀 な くさ れ た ポ ン ジ ュが非 占 領 地 域 で 取 り組 ん だ最 初 の作 品 で もあ り,松 林 の描 写 の背 後 に は第3共 和 国 の 崩 壊 を 目 の あ た り に した彼 の 思 索 が散 りば め られ て い る。 こ う した事 情 か ら, プ レイ ア ッ ド版 で校 訂 を担 当 した ベ ル ナ ー ル ・ヴ ェ ッ ク と ジ ャ ン=マ. リー ・グ. レー ズ は,テ ク ス トが は らむ錯 綜 した数 々 の主 題 系,構 成 の複 雑 さに格 別 の 注 意 を払 い,「 多 様 な主 題 か らど れ か を 選 択 す る こ とが 不 可 能 で あ る こ と を作 者 自身 が強 調 して い る」 と評 して い る。 ま た彼 らは作 品 を 「新 しい詩 学 の模 範 と な る場 所 」 と高 く評 価 し,そ の理 由 を 「本 質 的 に異 質 の要 素 」 か らな る構 造 の 「複 雑 さ」 に求 め て い る[1037‑1038]。 しか し作 者 の詩 的変 遷 に お け るそ の重 要 性 に もか か わ らず,『 松 林 手 帖』 に 的 を絞 つた研 究 は,近 年 と くに活 況 を呈 して い るポ ン ジ ュ研 究 の な か で 異 様 な ほ ど に少 な い3)。本 稿 で は,作. 品読 解 の鍵 を 松 の イ メ ー ジ と太 陽 の そ れ と の対. 立 に求 め,『 松林 手 帖 』 の 意 義 を 検 討 す る。 そ の た め に まず は 「松 林 」 と い う 空 間 の特 徴 を洗 い だ そ う。 つ づ い て 「松 林 」 の主 題 が 「太 陽 」 の 主 題 に浸 食 さ れ て い くさ ま を追 跡 し,最 後 に二 項 対 立 の構 図 が徴 候 的 に 示 す ポ ンジ ュの ア ン ビヴ ァ レ ン トな世 界 観 ・社 会 観 の一 端 を つ ま び らか に した い4)。. I.〈 内 部 〉 と し て の 松 林. 1.避. 難 所 と して の松 林. 執 筆 開始 の段 階 で は,太 陽 は ま つた く作 品 に 姿 を み せ な い。 ドイ ッ軍 の 侵 攻 を逃 れ,よ. うや く ラ ・シ ュ シ ェー ル で 家族 と再 会 した ポ ンジ ュの 心 を つ か む の. は 松 林 そ の も の な の だ5)。村 に た ど り着 く ま で の 「動 乱 の 長 い月 日 の 話 」 や.

(4) 95. 「フ ラ ンス と 世 界 の 政 治 状 況 」,あ る い は彼 が 「お か れ て い る特 殊 な 状 況 や 〔…〕 不 確 実 性 に対 す る 〔…〕 考 察 」[405]を. 記 録 ・報 告 す る ほ うが,残. り少. な い 「も ち合 わ せ の紙 」 の使 い方 と して は るか に常 識 的 で あ る こ と は彼 自身 も 十 分 承 知 して い た。 に もか か わ らず,な. ぜ彼 は松 林 を選 ん だ の だ ろ うか 。 松 林. の な に が詩 人 を 『松 林 手 帖 』 の執 筆 へ と 向 か わ せ た の か。 この 問 い に答 え る た め の手 が か りを テ ク ス トに求 め る こ と に しよ う。 詩 的 日記 は以 下 の よ うに書 き は じめ られ る. 松 林 の 楽 しみ 。 こで は気 ま ま に (à l'aise). 動 き回 れ る(青 銅 色 と生 ゴ ム色 の 中 間 の 色 を した大 き. な 幹 の あ い だ を)。 幹 か らは きれ い に と り払 わ れ て い る (débarrassés) 枝 が。 無秩 序 (anarchie),. 蔓植物の錯綜 (fouillis),. 障害 (encombre). 。 す べ て の下 が まった く. な い。 き ま ま に 腰 を お ろ し横 に な れ る。 い た る 所 に 絨 毯 が 敷 き つ め ら れ て い る. (règne) 。 まれ にあ る岩 が 家 具 代 わ りに な って い る (meublent) 。 い くつ か の 花 が 地 面 に低 く咲 い て い る。 いか に も清 々 しい空 気,ほ. の か で 趣 味 の よ い香 り,朗 々 と し,. そ れ で い て お だ や か で 心 地 よ い音 楽 性 が あ た り を支 配 して い る(r6gne)。[377]. 動詞. 「支 配 す る re只ner 」 の反 復 が示 唆 す るよ うに,松. 林 の なか で は フ ラ ンス. 社 会 が 戦 争 で 失 つた あ る種 の秩 序 が営 々 と維 持 され て い る。 「無 秩 序 」 「錯 綜 」 「障 害 」 とい つた言 葉 は エ グ ゾ ー ドに よ る混 沌 を否 応 な く喚 起 す るが,ま. さし. く松 林 の 特 徴 と は,人 間 を 不 安 に陥 れ る こ う した要 素 の不 在 に あ る。 くわ え て 「気 ま ま に」 「絨 毯 」 「家 具 」 「趣 味 の よ い香 り」 「お だ や か で 心 地 よ い音 楽 性 」 とい つた 表現 が,自 然 を ブル ジ ョワ的 室 内 空 間 の典 型 へ と変 容 させ る。 松 林 と は 外 部 の混 沌 か ら隔 絶 した場 所 で あ る と 同 時 に,人 間 を 優 し く包 み こ む 空 間 な の だ。 つ ま り秩 序 に よ って 外 部 の 暴 力 か ら守 られ て い る 〈内部 〉 に ほか な ら な い。 執 筆 が進 む に つ れ,〈 居 心 地 の よ さ〉 に さ らに 〈精 神 性 〉 とい う意 味素 が く わ わ る。 こ う して 〈内部 〉 と して の 松 林 の 在 り方 が い つ そ う明 確 に な る。 執 筆 開 始 か ら2日 をへ た8月9日. の ノー トを 検 討 しよ う. この楽 しみ は な に か らで きて い るの か 。一. 断片/部 屋 (une pièce de la nature). 基 本 的 に は こ うだ。 松 の林 と は 自然 の. で あ る。 は っ き りと限 定 さ れ た 種 類 の 木 ば か. りで で き て い る。 総 じて人 気 の す くな い,境. 界 が は つ き り定 ま って い る空 間 で あ る。.

(5) 96 そ こで は太 陽. 風. 視 線 か らの避 難 所 が見 つ か る.だ が,そ れ は完 全 な 避 難 所 で は な. い。 孤 立 に よ つて で き た避 難 所 で は な い。 そ うで は な い の だ 。 そ れ は間 接 的 な 避 難 所 だ。 〔 … 〕 高 貴 な 避 難 所 だ 。 〔…〕 どの 松 林 も 自然 の サ ナ トリウ ム,ま た音 楽 サ ロ ンの よ うだ … … 寝 室,そ て の 風 に開 か れ て い る の だ が,あ ま りに扉 が 多 くて,ま. して,す べ. るで そ れ が 閉 ざ され て い る か. の よ う に見 え る 巨大 な瞑 想 の た め の大 聖 堂 の よ うで もあ る。[380]. 松 林 を 自然 の 提供 す る精 神 的 「避 難 所 」 と と らえ る比 喩 に,戦 火 が ポ ンジ ュ に 残 した傷 跡 が 見 て とれ る。 最 も進 歩 した はず の ヨー ロ ッパ 文 明 が ひ きお こ した 混 沌 ・暴 力 ・野 蛮 を じか に経 験 した作 者 は,自 然 の な か に人 間 を 精 神 的 活 動 へ とい ざ な う場 所 を 見 いだ す 。 この場 所 は外 界 か ら完 全 に閉 ざ され て い る わ け で は な い。 逆 に外 部 に 限 りな く開 か れ て い るが ゆ え に,散. 策 す る者 に 〈 精神性 〉. を再 発 見 させ る空 間 で あ る。 「音 楽 サ ロ ン」 「寝 室 」 「瞑 想 の た め の 大 聖 堂 」 と い つた 比 喩 表 現 か ら もあ き らか な よ うに,松 林 は散 策 者 が 自分 を と り もど す た め に 「す べ て が 人 間 を 自分 ひ と りに して お くた め に整 え られ た」 空 間 と して提 示 され る。 松 林 の内 部 に は 「視 線 の 注意 を そ らせ る も の は な に もな く」,「す べ て が 好 奇 心 を挫 く」。 そ れ ゆえ 散 策 者 は孤 独 を見 い だ し,「 自分 自身 の考 え と向 き あ う」 ことが で き るの だ。 執 筆 開始 の 時 点 で は ブ ル ジ ョワ 的空 間 の演 出 に一 役 買 つて い た だ け の岩 さえ も,「 孤 独 の 性 格 を 増 し謹 厳 さ を強 め る」[381]の に欠 か せ ぬ要 素 に様 変 り して い る。 これ もテ ク ス トに よ る 〈精 神 性 〉 の 演 出 が もた らす 結 果 に ほか な らな い。 上 に掲 げ た一 節 で さ らに注 目す べ き点 は,太 陽 へ の言 及 が は じめ て な され て い る こ とで あ る。 「太 陽 か らの避 難 所 」 と い う表 現 が 暗 示 す る よ うに,太. 陽は. た と え ば生 命 ・運 動 の 源 と い っ た肯 定 的 意 味 で は な く,攻 撃 性 ・荒 々 し さ と い つた否 定 的 な 価 値 を ま と つて登 場 す る。 そ して松 林 と は太 陽 の 過 剰 か ら人 間 を守 る 自然 の 装 置 に ほか な らな い。 じ じつ太 陽 や,そ の 換 喩 で あ る光 ・暑 さ が 過 剰 と い う概 念 と分 か ち が た く結 び つ け られ る一 方 で,松 林 は過 剰 ・暴 力 を 自 然 か らの 恩 恵 へ と緩 和 ・変 容 さ せ る フ ィル タ ー と して 描 か れ る。 以 下 に太 陽 の テ ー マ系 と松 林 の 出会 い が ど う描 か れ て い るか を ピ ック ア ップ しよ う. 8月9日. 〔 … 〕 天 空 に向 け られ た光 を和 うげ,風 が 通 り抜 け る 円錐 形 の緑 の 帽子(か. ぶ り物)。[380.以. 下 強調 はす べ て 引 用 者].

(6) 97 8月12日. 〔…〕 光 も,風. 自身 さえ も そ こ 〔=松林 〕 で は和 うげ 争や,溝 潭 挙り,揮. し止 め られ. 優 し く され る。 本 当 の こ とを 言 え ば無 害 に され る の だ。[382]. 8月12日. 夜. 〔 …〕 幾 千 の 虫 に と って の サ ンル ー ム。[382]. 8月13日. 朝. 〔 …〕 光/風. の 緩 和 。[383]. これ らの 例 が 示 す よ うに,第1セ. ク シ ョ ン 「松 林 の 楽 しみ 」 で は太 陽 の テ ー マ. は風 へ の 言 及 と組 織 的 に結 びつ き,〈 外 〉 か らの暴 力 を象 徴 す る の で あ る。. 2.社. 会 ・芸 術 モ デ ル と し て の 松 林. 松 林 の な にが 〈太 陽 〉 の あ の過 剰 な力 を緩 和 す るの だ ろ うかO一 言 で ま と め れ ば,そ れ は個 々 の 松 が もつ 自 己実 現 能 力,そ. して そ れ ぞ れ の あ いだ に結 ばれ. る連 帯 で あ る。 松 の 特 性 は 〈高 さ〉 で あ り,こ れ は他 の木 と な ん ら変 わ り な い。 だ が松 は 〈高 さ〉 を 実 現 す る た め に,そ れ以 外 の諸 々 の可 能 性 を 「ほ とん ど重 要 で な い」 もの と して 切 り捨 て る こ と がで き る の だ。 そ れ ゆ え ポ ン ジ ュの 眼 に松 は 「樹 木 の根 元 的 な 概 念 」[386]そ. の もの と映 る の で あ る. 松 と は最 も多 くの 枯 れ 木 を 出す 木 で は な い だ ろ うか。 自分 の身 体 の大 部 分 を 棄 て,自 身 の 大 部 分 を 棄 て,そ れ らに ま っ た く無 関 心 に な り,自 分 自身 か ら樹 液 を 抜 き と り,そ れ を た だ頂(緑. の 円錐)の. た め だ け に使 つて い. るの で はな い だ ろ うか 。[379]. ま た ポ ン ジュ は,松 の 自己実 現 は互 い の 共生 関 係 に因 る と こ ろ が大 き い こ と に注 目す る。 これ は松 林 の成 立 過 程 の分 析 に重 点 を お い た第3セ. ク シ ョ ン 「こ. れ はみ ん な ま と も じ ゃな い」 の な か で集 中 的 に と りあ げ られ る。 と りわ け,松 林 で 育 つ 松 の あ り方 を浮 きぼ りに す るた め に,公 園 や 砂 浜 の 松 と比 較 ・対 照 が お こ なわ れ,同. じ松 で あ りな が ら両 者 が大 き く形 態 を異 に して い る こ とが 確 認. され るO同 種 の樹 木 に囲 ま れ た松 は上 に ま っす ぐ伸 び る こ と しか で き な い の に 対 し,孤 立 して 生 え て い る松 に は上 ば か りで な く左 右 に も成 長 して い く自由 が あ る。 林 に 生 え る松 は 「ほ か の松 の 自 由 の た め に 自分 の 発 育 の 自 由 を制 限 す る」[401]義 面,他. 務 を負 うが,公 園 や砂 浜 の松 に は そ れ が な い か らで あ る。 そ の反. との 共 生 が 課 す 義 務 を受 け入 れ る ま さ に そ の こ とに よ つて,林 の 松 は 自. 身 に重 くの しか か る存 在 上 の条 件 か ら解 放 さ れ る可 能 性 を う る.

(7) 98 彼 らは集 ま る こ とで 自分 た ちの 存 在 を矯 正 〔…〕 した。 ひ と りで いた な ら,彼 ら は 絶 望 と倦 怠(あ. るい は胱 惚)で み ご と に ね じ曲 が って しま った だ ろ う。 自分 の 動 作 の. 重 み を全 部 を堪 え 忍 ん だ こ とだ ろ う。 最 期 に は苦 しむ英 雄 の 大 そ う美 しい彫 像 が で き あ が る か も しれ な い 。 だ が,集. ま る こ と で,彼. らは植 物 で あ る こ との 不 運 な 宿 命 か ら. 解 放 さ れ た の だ。[401]. 共生 に よ つて,林. の松 は 「枯 れ木 」 と化 した 「過 去 の 生 育 か ら別 れ 」,さ らに. 高 み を 目指 す こ とが で き る。 松 林 の松 に は一 本 で 立 って い る孤 独 な松 が け つ し て 知 る こ との な い 「廃 棄 して再 度 出 な お す. 〔 … 〕 悦 び」[401]を. 生 き る の だ。. こ う した 共 生 関 係 が 機 能 す る ま で に は た しか に莫 大 な時 間 が 必 要 で あ る 「そ れ 〔=松 林 〕 は完 成 して い く。 沈 黙 の うち に,そ ち 着 い て 」[385]。 され,生 や,そ. して大 変 じ つ く り と,落. しか し砂 浜 や 公 園 の 松 が 孤 立 した ま ま 自然 の荒 々 し さに 晒. と死 を い たず らに く り返 す だ けな の に対 し,共 同体 が一 度 形 成 され る こで 成 長 す る松 は仲 間 の 松 に 「風 や 寒 さか ら守 って」 も らい,「 林 とい. うな に か 別 の もの を創 る」[402]の. で あ る。. これ まで の 論 述 を ま とめ,そ れ ぞ れ 「松 」 に 「個 人 」,「松 林 」 に 「社 会 」 と い う言 葉 を 重 ね あ わせ れ ば,ポ. ン ジ ュが 描 きだ す 松 林 か らは以 下 の よ うな社 会. 像 が イ メ ー ジで き よ う。 松 林 が 暗示 す る共 同 体 と は,個 人 が若 干 の 自己犠 牲 を 払 う こ とで所 与 の諸 条 件 か ら解 放 され,自 ま た 詩 人 自身 が1930年. 己実 現 を 可 能 に で き る社 会 で あ る。. 代 半 ばか ら積 極 的 に社 会 運 動 に参 加 し,37年. 産 党 員 と して 活 動 した とい う伝 記 的 な 事 実 を思 い お こせ ば,上. か ら は共. の文 の. 「個 人 」. を さ らに 「階 級 」 と読 み か え る こ と も許 され よ う。 す る と,当 時 の作 者 の 政 治 的 信 条 を 色 濃 く反 映 した社 会 像 が 浮 か び あが つ て くる。 『松 林 手 帖』 が描 写 ・寓 意 化 す る 「松 林=共. 同 体 」 と は,成 員 の連 帯 ・協 力. に よ って のみ 成 立 し う る点 に注 目 しよ う。 つ ま り外 部 か ら与 え られ た超 越 的 な 権 威 ・意 味 づ け に よ って 支 え られ て い な い の だ 。 「結 局 の と ころ森 と は な ん だ ろ うか 」 と自問 しな が ら,ポ ン ジ ュ は森 と は 「建 築 的 な社 会 で あ る」[400]と い う定 義 を与 え て い る。 「建 築 的 な」 と い う形 容 詞 は ま さ に共 同体 と して の 松 林 が もつ 内在 的価 値 を表 す もの だ,後 で もふ れ る が,こ れ は太 陽 との 関 係 を 考 え る うえ で鍵 とな る基 本 特 性 で あ る。 松 林 が に な う寓 意 を さ ら に詩 法 の観 点 か ら読 ん で み よ う。 す る と寓 意 の 射 程 は社 会 的 関心 だ け に止 ま らな い こ とが 了 解 で き る。 松 林 とは エ ク リチ ュー ル の.

(8) 99. モ デ ル の ひ とつ で も あ るの だ 。 作 者 自身 が しば しば指 摘 した よ うに,『 物 の味 方 』 で は多 くの テ ク ス トが,外 界 の 事 物 を描 写 しなが ら も 「書 く」 行 為 そ の も の を 問 う 自 己言 及 的 な構 成 を と る6)。作 風 は大 き く異 な る と は い え,『 松 林 手 帖 』 に も同 様 の 問 い か けが 息 づ い て お り,と り わ け 第3セ. ク シ ョ ン 「これ は. み ん な ま と も じゃな い」 の 末 尾 で は 自 己言 及 的 な傾 向 が 顕 著 で あ る それ ら 〔=松 〕 に は 自分 た ち の表 現 を廃 棄 す る こ とが で きる。 忘 れ る こ とが許 され て い る. (部分 の全 体 へ の服 従 。 そ うだ。 だ が そ の部 分 が木,動 物,[人 文,章. の よ う に ひ とつ の存 在 で あ る時 一,そ. こ こで は社 会 的 関 心 と,書 視 点 か ら読 む な らば,個. 間],あ. るい は言 葉,. れ は大 変 な こ とに な る!)[401]. く行 為 へ の 思 索 が 分 か ちが た く絡 み あ う。 共 同 体 の. に全 体 へ の 服 従 を 強 い る社 会 の怖 さが 問 わ れ て る。 背. 景 に は フ ァ シ ズ ム に対 す る不 安 や 恐 れ が あ る こ と は言 う まで もな い。 ま た引 用 を エ ク リチ ュ ール の ア レゴ リー と と らえ る な らば,新. た な テ ク ス トの あ り方 が. 読 み とれ よ う。 ロ ラ ン ・バ ル トも指 摘 す る よ う に,パ ロ ー ル ・話 し言 葉 は と り 返 しの つ か な い 言 語 行 為 で あ る。 一 度 発 して し ま うや,訂 正 を ほ ど こす に は 「言 い直 せ ば」 とか 「言 い方 が まず か つた が」 と い つ た語 句 を さ らにつ け くわ え る必 要 が あ る7)。つ ま りパ ロー ル の 世 界 で は い く ら巧 妙 に訂 正 を して も拙 い 表 現 ・言 い 回 しが デ ィ ス ク ール に残 す 汚 点 そ の もの を 消 し去 る こ と はで き な い の だ8)。だ が エ ク リチ ュ ー ル;松 林 で は そ う した汚 点 を 払 拭 す る こ とが 可 能 で あ る。 そ こで は常 に まず い表 現 を 「忘 れ る こ とが 許 され て い る」。 な ぜ な らば, 書 きた め て きた 言 葉 を 「廃 棄 し再 度 出 直 す 」 こ と こそ は近 代 的 な書 記 行 為 の本 質 に ほ か な らな いか らで あ る。 ま た 日常 の 話 し言 葉 は交 換 価 値 しか もた な い が,エ. ク リチ ュ ー ル の 現 場 で は そ れ ぞ れ の 言 葉 が 他 の言 葉 と と り結 ぶ 関 係 に. よ って,意 味 の 厚 み や 揺 ら ぎを 生 み 出 す こ とが で き る。 つ ま り それ ぞ れ の 「言 葉,文,章. 」 が,テ. ク ス トを 貫 く ま と ま つ た 意 味 ・主 張 と い う 「ひ とつ の 」. 「全 体 」 に還 元 され る こ とな く,固 有 の輝 きを放 つ こ とが可 能 な の で あ る。 松 が互 い の連 帯 に よ り,「 植 物 で あ る こ との宿 命 的 な不 運 」 か ら自 らを 解 放 す る よ うに,書. き手 もエ ク リチ ュ ール が 織 りな す 言 葉 の 重 層 性 に よ り,単 な る伝 達. の道 具 と して の言 語 の あ り方 に根 本 的 な 変 更 を くわ え る こ とが で き るの だ 。 これ ま で は松 林 が な ぜ 太 陽 の 過 剰 な 力 か らの 避 難 場 所 で あ るか を 問 う こ と に.

(9) 100. よ り松 林 の特 色 ・価 値 を洗 い 出 して きた。 次 節 で は松 林 と太 陽 が 対 に な つて 繰 り返 し登 場 す る第2セ. ク シ ョ ン 「詩 的膿 瘍 の形 成 」 の分 析 を 通 じて 両 者 の対 立. の あ り方 に迫 ろ う。. Ⅱ.太 陽 と松 林 の 対 立. 「詩 的 膿 瘍 の 形 成 」 は,描. 写 対 象 へ の 視 線 が 第1セ. ク シ ョ ン 「松 林 の 楽 し み 」. で あ ま り に 分 析 的 だ っ た こ と へ の 反 省 か ら生 ま れ た 。 執 筆 開 始 か ら10日 8月17日,ポ. ン ジ ュ は そ れ ま で に 書 き た あ た 原 稿 と ア ポ リ ネ ー ル,レ. ポ ー ル ・ フ ァ ル グ の 作 品 と を 読 み く ら べ,以. 後 の オ ン=. 下 の よ うな 厳 しい判 断 を下 す. 型 に は ま った もの の 見 方 が 自分 で も恥 ず か しい。 人 を う つと りさ せ る力,独 創 力 に 欠 けて い る。 自分 だ け に言 え る こ と を露 に す る こ と。 松 林 に か ん して だ が 〔 …〕 残 す べ き もの は ほん の わ ず か だ 。[384]. この 自己批 判 を契 機 に テ ク ス トは趣 向 を 著 し く変 え て ゆ く。 瞑 想 ・孤 独 を保 護 す る場 と して松 林 を と らえ る視 点 は断 念 され る。 代 わ っ て松 林 は女 性 の化 粧 室 に た とえ られ る。 つ ま り 〈精 神 性 〉 の テ ー マが テ ク ス トか ら影 を潜 め,〈官 能 〉 の テ ーマ が 大 き くク ロ ー ズ ア ップ され る ので あ る. 8月21日. 〔 … 〕 簡 潔 に語 ろ う。 夏,と. て も暑 い 日 に,松. 林 に入 り込 む と きに 感 じ. る心 地 よ さ は,野 性 的 で あ りな が ら高 貴 な女 性 の 浴室 に つ づ く小 さな 化 粧 室 で 感 じる 爽 快 感 とよ く似 て い る。 〔 … 〕 なぜ 彼 女 は選 ん だ の だ ろ うか。 緑 色 の 毛 と全 体 を 緑 青 色 の苔 で細 工 を ほ ど こ した紫 色 の木 の柄 が つ い た ブ ラ シを 。 この 野 生 の 貴 婦 人 が,も しか す る と赤 毛 だ か らだ ろ う。 そ して これ か ら彼 女 は近 くに あ る湖 の,あ. る い は海 の. 浴 槽 に身 を浸 す だ ろ う。 こ ご こそ は鏡 の 壁面 に フ ェ ビ ュ スの 電 球 を はめ 込 ん で 作 られ た ヴ ィー ナ ス の化 粧 室 だ。[386‑387]. こ の一 節 以 降,〈 官 能 〉 の テ ーマ 系 が 描 写 の 主 旋 律 を 奏 で る。 ま た テ ー マ の転 換 と同 時 に,風 へ の言 及 は徐 々 に後 退 し,太 陽 の イ メ ー ジだ け が松 林 と結 び つ け られ る。 と は い え ポ ン ジュ の 目算 で は,そ. もそ も対 象 の写 実 的.分 析 的 ア プ. ロ ー チ と神 話 的 ・官 能 的 イ メ ー ジは作 品 が生 成 す る過 程 で相 互 補 完 的 に機 能 す る はず で あ つたOま ず 彼 は ヴ ィー ナ ス の化 粧 室 とい う官 能 的 イ メー ジを 肯 定 的.

(10) 101. に受 け入 れ る. まん ざ らで も な い光 景 だ,な ぜ な ら8月 に松 林 に入 り込 む と誰 もが 感 じ るあ る種 の 心 地 よ さを う ま く表 して い るか ら。[387]. 同時 に 〈官 能 〉 の テ ー マ の導 入 は,描 写 対 象 の本 質 を よ り的確 に照 射 す るの に 貢 献 す る はず で もあ つた. 私 た ちが 自然 の こ れ らの特 別 な小 部 屋 と慣 れ親 しん だ の は 〔 … 〕 た だ 単 に神 人 同 型 論 的 に こ の官 能 的 心 地 よ さ を表 現 す る た め だ け で は な い 。 よ り重 大 な 認 識 が 生 まれ る ため だ。 さ あ,も つ と本 質 へ 向 か お う。[387]. だ が 後 続 の セ ク シ ョ ン 「詩 的膿 瘍 の形 成 」 を読 む か ぎ り,こ の 宣 言 が ポ ン ジ ュの 目論 見通 り に実 現 され た と は言 いが た い。 な ぜ な らば,同 セ ク シ ョ ンで は女 神 の 化 粧 室 の イ メ ー ジを 密 度 の 濃 い散 文 で 表 現 す る作 業 が2日 間(22日 と24日)行. わ れ た後 は,そ れ を韻 文 に流 し込 む試 み が1週 間 以 上 にわ た り(8. 月25日 一9月2日)ひ. た す ら く り返 され たか らで あ る。 この執 筆 行 程 は問 題 を. 提 起 しな いで は い な い。 なぜ な らひ と た び テ ク ス トを支 え る視 点 ・イ メー ジが 見 い だ さ れ るや,〈 詩 〉 と は も は や単 な る形 式 の 問 題 で しか な い と い う印 象 さ え 読 者 に与 え か ね な いか らで あ る。 た しか に 「詩 的膿 瘍 の形 成 」 は,文 学 テ ク ス トの 生 成 と い う問 題 群 を形 式 と本 質,あ. る い は 内容 と文 体 とい つた 二 元 論 に. 還 元 して しま つ たか の よ うだ。 だ が 同 時 に こ の セ ク シ ョ ンは,『 松 林 手 帖 』 の 生 成 に 「太 陽 」 の イ メ ー ジ が 占 め る重 要 性 を考 え る うえ で は きわ め て 興 味 ぶ か い。 と い うの も,こ の セ ク シ ョ ンで は太 陽 へ の言 及 が格 段 と頻 繁 に お こな わ れ て い るか らで あ る。 そ れ は しば しば太 陽 に ま つ わ る換 喩,あ. るい は光 と松 林 の. 対 立 が 生 み 出す 影 へ の言 及 とい うか た ち を と る。 セ ク シ ョ ンの 冒 頭 か ら女 神 と太 陽 の 結 び つ き は念 入 りに 強 調 さ れ る。 「詩 的 膿 瘍 の形 成 」 の執 筆 が は じま る直 前 の21日 の時 点 で は,女 神 の髪 は 「も しか した ら赤 毛 」[387]と. 形 容 さ れ て い た。 と ころ が23日. に入 る と,「 も しか した. ら」 の表 現 が削 られ,女 神 は 「赤 毛 の野 生 の貴 婦 人 」 と して 登 場 す る。 さ らに 同 日 の ヴ ァ リア ン トで女 神 は 「炎 の女 性 la. flamboyante. créature. 」 にた と. え られ る。 こ う して登 場 当初 は海 の女 神 ヴ ィー ナ スの 属 性 を ま と つて い た 「女.

(11) 102. 性 」 の イ メ ー ジ は,一 連 の 書 き換 え 作 業 を通 じ,太 陽 と よ り深 い類 縁 関係 を担 うよ うに な るの だ。 さ ら に この 「赤 毛 」 で 「炎 の女 性 」 は,プ 訂 者 も指 摘 す るよ う に,50年 54年)の. レイ ア ッ ド版 校. 代 を代 表 す る大 作 「深 淵 に置 か れ た太 陽 」(1928‑. 最後 に登 場 す る女 性 像 と き わ あ て興 味 ぶ か い類 似 関係 に あ る9)。. 散 文 テ ク ス トを韻 文 に鋳 直 す 作 業 が 始 ま る と,太 陽 の存 在 感 は い つそ う際立 つ。 書 く行 為 に 占め る写 実 的 ・分 析 的 配 慮 が 弱 ま る の に反 比 例 して,太 陽 は ま す ます 執 拗 に テ ク ス トの構 造 に コ ミッ トす る の で あ る。8月25日 日に か けて 試 み られ る20近 らの韻 文 で は,太 陽,そ. か ら9月2. い韻 文 テ ク ス トのす べ て に太 陽 が登 場 す る。 これ. して松 林 は ど う描 か れ て い る のだ ろ うか 。 ど の テ ク ス. トも省 略,倒 置 が ひ ん ぱ ん な うえ,句 読 点 の な い難 解 な統 辞 構 造 だが,あ. えて. 日本 語 に置 きか え た うえ で最 初 の韻 文 テ ク ス トを 読 ん で み よ う. 「松 林 」 数 々 の 鏡 に か こ まれ た アル プ ス の ブ ラ シ よ 緑 色 の 毛 が ふ さふ さ した 高 い深 紅 の 木 の 柄 が つ い た 太 陽 が 差 し込 ん で く るお 前 の 暑 い薄 暗 が りの なか に 周 辺 に水 蒸気 が 立 ち こめ て い る海 の あ る い は湖 の 浴 槽 か ら上 が った ヴ ィー ナ スが 髪 を 整 え にや っ て来 た… … そ の結 果 は格 好 を 気 に しな いた く さん の 木 の 頂 か ら振 り落 と され た 香 り高 い 数 々 の ヘ ア ピ ンで で きた 朱 色 で弾 力 の あ る地 面 の 厚 み 一 そ して そ こで 眠 りを 味 わ う私 の よ ろ こ び。 そ して 眠 りを知 らな い そ の 織 物 に 斜 め に掛 け られ た この ス カ ー フ。 … … 眠 りを知 らな い ス カ ー フが そ の 織 物 の 上 を 斜 め に たな び く 。[390]. {. 3行 目の 「太 陽 が 差 し込 ん で く るお 前 の 暑 い薄 暗 が り」 で は,執 筆 の比 較 的初 期 に見 られ た 構 図,つ. ま り過 剰 な エ ネ ル ギ ー を 発 す る太 陽 と,そ れ を 「和 ら. げ」,「濾 過 」 し,「 押 し止 め」,「優 しい」 もの にす る装 置 と して の松 林 の対 立 が 変 奏 され て い る。 これ 以 降 展 開 され る一 連 の書 き換 え作 業 の な か で も この構 図 は維 持 され る。 入 浴 直 後 の ヴ ィ ー ナ スの 官 能 性,そ. して 女 神 が 使 うブ ラ シに た とえ られ る松. の 木 々 に く らべ れ ば,こ の 段 階 で は まだ 背 景 の一 要 素 にす ぎな い太 陽 に と りわ け 注 意 を ひ くもの はな い。 いず れ の ヴ ァ リア ン トに も登 場 す る とは い え,描 写.

(12) 103. に動 員 され る語 彙 は貧 弱 で あ り,ま た著 し くパ ター ン化 され て い る。 これ らの 文 体 的 特 徴 は太 陽 に対 す る ポ ン ジ ュ の 注 意 ・意 識 の 低 さ を 物 語 る もの で あ ろ う。 そ れ を 承 知 の うえ で,な お わ れ わ れ が や は り太 陽 こそ が 『松 林 手 帖』 読 解 の鍵 だ と考 え るの は,語 彙 の パ タ ー ン化 に もか か わ らず,ヴ. ァ リア ン トを重 ね. る ご とに太 陽 が 徐 々 に存 在 感 を 強 めて ゆ くか らに ほ か な らな い。 じ つ さい一 連 の書 き換 え の な か で 太 陽 の イ メ ー ジ の強 化 に大 き く貢 献 して い るの は,ヴ ィー ナ ス の イ メ ー ジの 修 正,統. 辞 構 造 の 改 変,タ. イ トル の 変 更 と い つ た 手 法 で あ. る。 これ らの手 法 は語 彙 の変 化 よ りは る か に重 要 な役 割 を は た す。 た とえ ば8 月28日. の ヴ ァ リア ン トの ひ とつ を と りあ げ よ う. 「も う ひ とつ の ヴ ァ リア ン ト」 数 々 の 鏡 に囲 まれ 深 紅 の木 の柄 が つ い た 緑 色 の 毛 で ふ さふ さ した長 い ブ ラ シた ち み ん な が 周 囲 に水 蒸 気 が 立 ち こあ た海 の あ る い は湖 の 浴 槽 か ら出 て き た ひ とつ の あ る形 を 隠 し 格 好 を 気 に しな い た くさん の頂 か ら振 り落 と され 芳 香 に満 ち たヘ ア ・ピ ンで で き た 朱 色 で 弾 力 の あ る絨 毯 の上 に は 眠 りを 知 らな い微 粒 子 で織 られ た 太 陽 が 差 し込 む 薄 暗 が りで で き たバ ス ・ロー ブ しか残 らな い 。[393]. この テ クス トを,先. ほ ど引 いた 最 初 の 韻 文 と比 較 す る と,太 陽 に 直接 関 連 す る. 語 彙 に は特 別 な変 化 は見 られ な い。 太 陽 にか か わ る書 き換 え は統 辞 の改 変 で あ り,語 彙 上 の 変 更 は む しろ ヴ ィ ー ナ ス に 集 中 し て い る。 先 ほ ど の 韻 文 で は ヴ ィー ナ ス の存 在 は明 示 され,そ の 動 作 も 「浴 槽 か ら上 が つた ヴ ィー ナ ス が髪 を整 え に や つて来 た 」 と詳 し く描 か れ て い た。 ヴ ィー ナ ス とは松 林 を舞 台 に ダ イ ナ ミ ッ ク に 活 動 す る ヒ ロ イ ン で あ っ た の だ 。 しか し28日 の テ ク ス トで ヴ ィー ナ ス は 「ひ とつ の 形 」 と漠 然 と言 及 され て い るだ けで あ る。 しか もそ の 「形 」 も松 林 に 「隠 され 」,ヴ ィ ー ナ ス の イ メ ー ジ は きわ め て 曖 昧 に な って い る。 女 神 の存 在 ・動 作 が 大 幅 に弱 め られ て い る の と は対 照 的 に,太 陽 と影 は ne̲queの. 構 文 に よ り強 い 限 定 を 受 け,さ. らに文 末 に 置 か れ る こ と で 著 し く. 強 調 さ れ る。 さ ら に先 の テ ク ス トで は主 体 が 松 林 の 中 で 「眠 りを 味 わ う 〔 …〕 よ ろ こび」 が と りあ げ られ て い た の に反 して,こ. こで は主 体 の知 覚 へ の言 及 は.

(13) 104. 影 を 潜 あ て い る。 こ れ ら の 文 体 的 操 作 の 結 果,す を バ ッ ク に,太. べ てが 曖 昧 模 糊 とな つた風 景. 陽 とそ の光 が松 林 に作 り出 す 影 と の対 照 だ け が鮮 明 に ク ロー ズ. ア ッ プ さ れ る の で あ る。 8月28日. 以 降,太. 陽 と 影 は テ ク ス トの 結 末 と い う特 権 的 な 場 所 か ら 離 れ る. こ と は な い 。 さ ら に8月31日. に な る と,こ. れ まで 化 粧 の た め に松 林 に入 って. い く ヴ ィ ー ナ ス は テ ク ス トか ら姿 を 消 す 。 代 わ つ て 松 林 に 姿 を 見 せ る の は 太 陽 神 フ ォ イ ボ ス,あ corpsradieux」. る い は そ の語 源. 「輝 け る 者 」 か ら派 生 し た. 「き ら め く身 体uncorps6tincelant」. テ ー マ で あ つ た 松 林 と ヴ ィ ー ナ ス に 代 わ り,太. 「光 輝 く身 体un. で あ る。 こ う して 中心. 陽 とそ の 属 性 を 帯 び た要 素 が テ. ク ス トに あ ふ れ る の で あ る 。 こ の よ う に 松 林 か ら太 陽 へ と ト ピ ッ ク が 移 動 す る の に 対 応 して,韻. 文 テクス. トに 付 さ れ る タ イ トル も微 妙 に 変 化 す る。 「詩 的 膿 瘍 の 形 成 」 の 前 半 で は,「 松 林 」 「松 林 の 一 側 面 」 と い っ た タ イ トル が 冠 せ られ て い た 。 こ れ ら は い ず も テ ク ス トの 中 心 テ ー マ は あ く ま で も 松 林 で あ る こ と を 宣 言 し て い た 。 だ が セ ク シ ョ ン後 半 で は 「松 林 の な か の 太 陽 」 「松 林 の な か の 太 陽 に つ い て 」[395‑394] と い つ た タ イ トル が 登 場 す る 。 これ ら は,太 と 同 時 に,太. 陽 と松 林 と の 対 照 に 焦 点 を 当 て る. 陽 こ そ が 中 心 的 イ メ ー ジで あ つ て,松. 一 要 素 に す ぎ な い こ と を 示 して い る. 林 は も は や そ れ に付 随 す る. 。 か く し て 作 者 の 署 名,執. で が 記 さ れ た セ ク シ ョ ン最 後 の 韻 文 テ ク ス トで は,太. 筆 場 所 ・日 時 ま. 陽 を 中 心 テ ー マ に した. 「う め く蝿 た ち あ る い は 松 林 の な か の 太 陽 」 と い う タ イ トル が 付 さ れ る こ と に な る. 「う め く蝿 た ち あ る い は松 林 の な か の太 陽」 数 々 の鏡 に囲 まれ 深 紅 の木 の柄 が つ い て い る 緑 色 の毛 が 長 くふ さふ さ の この ブ ラ シた ち の せ い で 周 囲 に水 蒸 気 が 立 ち こ め た海 の あ る い は湖 の 浴 槽 か ら出 て きた 輝 くひ とつ の肉 体 が 入 り込 む や 眠 り を知 らぬ 蝿 た ちの 話 で は な に も残 っ て い な い 格 好 を 気 に しな い なた くさん の頂 か ら振 り落 と さ れ た 芳 香 に満 ちた ヘ ア ・ピ ンで で きて い る 朱 色 で 弾 力 の あ る絨 毯 の 上 に 太 陽 が 差 し込 む 薄 暗 が りで で き たバ ス ・ロ ー ブ を除 い て は。 フ ラ ンシ ス ・ポ ンジ ュ. ラ ・シ ュ シ ェ ー ル,1940年8月[396].

(14) 105. この テ クス トを8月28日 の 力点 が,太. の そ れ と比 較 す る と,「 蝿 」 の導 入 以 外 で は書 き換 え. 陽 の存 在 感 の 強化(「 輝 くひ とつ の 肉 体 」),そ して太 陽 と松 との. 出会 い か ら生 まれ る影 の 演 出(「 な に も残 つて い な い,… … を除 け ば」)に 注 が れ て い る こ とが 分 か る。 こ こ に も 「詩 的 膿 瘍 の形 成 」 に お け る エ ク リチ ュ ール の運 動 の一 貫 性 を 確 認 で き る だ ろ う。 これ まで わ れ わ れ は 『松 林 手 帖 』 の第2セ. ク シ ョンを松 林 と太 陽 が 織 り なす. 対 立 の 反 復 ・変 奏 と して 読 も う と して きた。 だ が この読 み に は一 定 の 留 保 が 付 され るべ きか も しれ な い 。 な ぜ な ら8月31日 きで ポ ンジ ュ 自身 が 指 摘 す る よ うに,太. の韻 文 テ ク ス トにつ づ く注 意 書. 陽 が 主 題 で,松. 林 が そ の背 景 とな り,. 影 が 詩 の 最 後 を 飾 る韻 文 詩 は,統 辞 構 造 の操 作 か ら生 まれ た潜 在 的 テ ク ス トの ひ とつ にす ぎ な いか らで あ る。 つ ま り作 者 は そ れ ぞ れ の詩 句 を 「〈随意 に 〉 配 列 す る こ とが で き る」[397]以. 上,他. の語 句 を 強調 す る こ と も理 論 上 は可 能 な. の で あ る。 と は い え この留 保 は,松 林 へ の ア プ ロ ー チが 「詩 的 膿 瘍 の形 成 」 の 執 筆 過 程 で 決 定 的 に変 化 した事 実 を なん ら否 定 す る もの で はな い。 「松 林 の楽 しみ 」 とい う タ イ トル の もと に着 手 さ れ た テ クス トに,「 女 神 の 化 粧 室 」 とい うイ メ ー ジが 現 れ るや,エ. ク リチ ュ ー ル に働 く写 実 的 配 慮 は 大 き く後 退 した 。. そ の一 方,「 海 か ら出 た ヴ ィー ナ ス」 とい う神 話 的 イ メ ー ジを 借 りて,太 松 林 の対 立 とい う構 図 が繰 り返 し変 奏 され た。 太 陽,そ. 陽と. して そ れ が松 林 に作 り. 出す 影 こそ が 「詩 的膿 瘍 の形 成 」 にお け る一 連 の書 き換 え の方 向性 を決 定 づ け た イ メ ー ジな の で あ る。. 班.太. す で に触 れ た よ う に,ポ. 陽 との ジ レン マ. ンジ ュ は散 文 か ら韻 文 へ の書 き換 え が もた ら した成. 果 に は ま つた く満 足 しなか つた。 この試 み は そ もそ も 「松 林 の 認 識 と表 現 で 進 歩 を遂 げ 〔 … 〕 自分 自身 が な に か を つ か む」[398]た. め に着 手 され た。 しか し. 結 果 は,松 林 と太 陽 の対 立 を め ぐ つて1週 間 以 上 にわ た りヴ ァ リア ン トを積 み 重 ね ただ け だ っ た。 当初 の 目論 見 は完 全 に 不首 尾 に終 わ つ た ので あ る。 そ の た め 彼 は第2セ. ク シ ョ ンに 「詩 的膿 瘍 」 とい う きわ め て 否 定 的 な小 題 を付 け,韻. 文 テ ク ス ト執 筆 を試 み た期 間 を 「混 乱 」 「逸 脱 」 「錯 乱 」[398]と 清 算 し,さ らに第3セ. い った言 葉 で. ク シ ョンで はふ た た び個 々 の松 の木 と松 林 との関 係 を分.

(15) 106. 析 しよ う と試 み る。 こ う した執 筆 の流 れ の な か で と りわ け関 心 を ひ くの は,も と もと は 「松 林 の 楽 しみ」 とい うテ ー マ で 着手 され た テ ク ス トに太 陽 の テ ー マが 大 々 的 に導 入 さ れ る や,な ぜ 「混 乱 」 「逸 脱 」 「錯乱 」 が 生 じた の か と い う問 い で あ る。 これ に 答 え る準 備 と して,そ. もそ も 「太 陽 」 が ポ ンジ ュ に と つて どん な意 味 を担 って. い るの か 概 観 して お こ う10)。「太 陽 」 は彼 に と つて さ ま ざ ま な価 値 を 体 現 す る イ メ ー ジだ が,こ. こで そ の主 要 な い くつ か を 整 理 し,そ れ ぞ れ に共 通 す る要 素. を抽 出 した い。 まず 「太 陽 」 は世 界 の始 原 ・根 源 を意 味 す る。 た とえ ば,『 物 の味 方 』 の最 後 を飾 る大 作 「小 石 」 に お い て も,小 石 の壮 大 な描 写 は まず 太 陽 に遡 る こ と で 幕 を開 け た. 〔…〕 す で に 艶 を 失 い冷 た くな っ た惑 星 の上 で,今. や太 陽 が輝 く。 もは や ど の炎 の惑. 星 も太 陽 と見 ま が う こ とは な い。 す べ て の 栄 光,す べ て の 存 在,見. る こと,生. きる こ. と を可 能 に す るす べ て の もの,客 観 的 外 観 を 生 む す べ て の 源 が 太 陽 に引 き こ も つて し ま った。 太 陽 か ら生 ま れ,そ の周 囲 を 回 る英 雄 た ち はみ ず か ら ひ つ そ りと姿 を消 して しま っ た。[30]. こ う した視 点 は後 年 の 「深 淵 に置 か れ た太 陽 」 で は い つそ う深 み を ま し,太 陽 の定 義 は形 而 上 学 的 な 意 匠 の も と に行 な わ れ る。 この作 品 で 「太 陽」 は絶 対 的 ロ ゴ ス,世 界 の秩 序 を 司 る審 級 そ の もの を意 味 す る。 す べ て の存 在 は最 終 的 な 審 級 へ の参 照 に よ つて正 当化 され るの だ. 世 界 で 最 も輝 か し い物 体 〔=太 陽 〕 は 〔…〕 一. いや. だ 。 形 而 上 学 的 な 深 淵 だ 。 世 界 の す べ て の断 固 と した,そ. 物体 で はな い。 そ れ は穴 して欠 か す こ との で きな い. 条 件 だ 。 他 の す べ て の 物 体 の 条 件 。 視 線 の条 件 そ の もの。[781]. この ロ ゴス ・秩 序 が あ ま りに 強大 な 力 を 発 揮 す る と,主 体 の行 動 ・表 現 が抑 圧 さ れ て しま うO太 陽 は主 体 の活 動 を絶 え 間 な く監 視 し,法 を押 しつ け る専 制 君 主 と もな り うる の だ。 ポ ン ジ ュ は太 陽 が及 ぼ す こ う した暴 力 に と りわ け意 識 的 で あ つた。 た と え ば初 期 作 品 「夜 明 け の プ ロセ ス」 で は,秩 序 の成 立 に伴 っ て 発 生 す る暴 力 の様 相 が 集 中的 に主 題 化 され て い る.

(16) 107 突 然,身 体 中,顔 中 をか さぶ た で覆 う性 病 の よ うに,み ん な の な か に導 入 され,行 渡 る。 世 界 を再 構 築 す る太 陽 に よ る錯 綜 した,否 定 不 可 能 で,傲 慢 で,光. き. り輝 く説 明. の網 の 目が 。 〔…〕 み ん な満 足 そ うに ほ ほ え む。 これ こそ す べ て の説 明,「 な ぜ な ら我 は獅 子 な り」,獅 子 に よ る説 明 だ。 強 者 の理 屈,論 点 先 取 だ。. で も,ぼ. くは ち ょ うど言 葉 を発 しよ う と して い た の に 。 そ して 事 物 は 口を 開 け よ う. と して い た の に 。 ま た も や だ ま さ れ,う. ち 負 か さ れ て し ま っ た 。11)'. 絶 対 的 な秩 序 の監 視 ・抑 圧 に屈 す る こ と な く詩 的 発 話 行 為 を い か に成 立 さ せ る か。 これ こそ が1920‑30年. 代 の ポ ンジ ュ に と つて の最 重 要 課 題 で あ つた。 第1. セ ク シ ョン 「松 林 の楽 しみ 」 で 見 られ た,過 剰 な まで の攻 撃 性 ・荒 々 しさ を象 徴 す る太 陽,そ. して互 い に連 帯 す る こ と で そ れ か ら身 を守 る松 と い う構 図 に,. この課 題 を克 服 す るた め に ポ ンジ ュが 見 いだ した エ ク リチ ュ ー ル実 践 の寓 意 を 読 み と る こ と も許 され よ う。 世 界 の始 原,秩 序 の審 級,抑. 圧的専制君主. 太 陽 が ま と う意 匠 は三 者 三 様. だ が,こ れ ら はい ず れ も,太 陽 と は世 界 の安 定 した支 え で あ る とい う暗黙 の共 通 認 識 に支 え られ て い る。 だ が そ の一 方 で1920年. 代 以 降 の ポ ンジ ュ は,世. 界. の意 味 や秩 序 が ア プ リオ リに は存 在 しな い こ と,世 界 は主 体 の眼 前 に 〈だ た あ る だ け〉 で,〈 外 部 〉 か ら与 え られ た な ん らか の 意 義 ・方 向 性 に導 か れ て い る わ け で は な い こ と を痛 感 して い た12)。こ うい っ た世 界 認 識 は先 ほ ど 引 用 した 「夜 明 けの プ ロ セ ス」 の 「論 点 先 取lap6titiondeprincipe」 徴 的 に読 み と る こ とが で き る。 「論 点 先 取 」 とは,こ. とい う表 現 に象. れ か ら証 明 す べ き こ とを. す で に論 証 ず み の もの と して,論 理 展 開 の 前 提 に用 い る論 理 上 の誤 りの こ とで あ る。 ほん らい証 明 ・説 明 の対 象 とな るべ き もの が そ の 論 拠 と さ れ て しま う事 態 は,そ の ま ま ポ ン ジ ュ と太 陽 との 関係 にあ て は ま る。 太 陽 は他 の事 物 の存 在 を説 明 し,ポ ン ジ ュ自身 の知 覚 を機 能 させ て い る と は いえ,太 陽 じた い は彼 か らの いか な る説 明 も受 け つ け な い。 しか し主 体 が 世 界 に なん らか の意 義 ・秩 序 を 読 み と る に は,ま ず 太 陽 が 明確 な意 味付 けを受 け入 れ な けれ ば な らな い は ず で あ る13)。 こ う した太 陽 の存 在 の様 態 は,ポ. ン ジ ュに次 の よ うな 認 識 を もた らさず に は. お か な い。 す な わ ち世 界 を支 え る根 底 そ の もの にな ん の 意 味 ・説 明 も見 い だせ.

(17) 108. な い以 上,す. べ て は無 意 味 で あ る。 世 界 は偶 然 に支 配 され. 人間社会 のなかで. 理 解 す べ き もの は な に もな い。 この よ うな考 え 方 は1920年. 中 盤 か ら後 半 に か. け て の彼 の テ ク ス トで執 拗 に くり返 され て い る. 本 質 的 に,私. は騙 され なん か しな い。 と い うの も本 質 的 に 私 が 取 り組 ん で い る こ と,. そ れ は死 で しか な いの だ か ら。 そ うだ。 同 じよ うに,事 物 を 瞬 く間 に破 壊 して しま う 歯 車 に宿 命 的 に引 きず り込 ま れ て い て も,そ の事 物 に つ い て そ れ が 挙1亜 ・に取 り組4 で い る と言 う こ と はで き る。 思 考 と は ま さ し くそ れ だ。 波 の行 き着 く末 に は ナ イ ア ガ ラの 滝 が 控 え て い る流 れ の ま った だ な か に浮 か ぶ小 舟 。 そ れ に 乗 り あわ せ た人 間 が す る一 種 の 待 機,予 感 。14) この 世 で 自分 の こ と を説 明 す る の に,俺 に は た つた ひ とつ の 方 法 しか な い。 絶 望 に よ つて だ 。 こ の世 界 の な か で,俺 は な に も分 か らな い し,な に も認 め た くな い し,な に も欲 し くな い(と. ん で もな い)。 お ま け に俺 は ひ とつ の態 度,だ. い た い なん で もい. いか ら態 度 を ひ とつ 決 め る よ うに 強 い られ て い る。 で も皆 が 同 じハ ンデ ィキ ャ ップ を 背 負 って る と考 え れ ば,こ の世 の不 可 解 な あ り方 も説 明 が つ く。 絶 望 が 強 い る ポ ー ズ が 作 りだ す 偶 然 に よ って。[193]. 太 陽 は絶 対 的 な 力 で 主 体 の 理 性 の働 き を厳 し く監 視 ・抑 圧 す る。 同 時 に,太 陽 そ れ じた い は主 体 が 試 み る あ らゆ る説 明 ・意 味 付 け を拒 絶 ・無 視 す る。 こ う し て ま さ に 太 陽 の せ い で世 界 は 自 らの存 立 の 意 義 を 完 全 に奪 わ れ か ね な い の で あ る。 以 上 の 概 観 を ふ まえ て,も. う一 度 『松 林 手 帖』 で執 拗 に繰 り返 され る松 林 と. 太 陽 の 対 立 に立 ち もど ろ う。 す る と,松 林 とは 〈 世 界 の無 意 味 性 〉 を確 認 した 後 に人 間 が な お 建 設 し う る社 会 空 間 の モ デ ル と考 え られ る。 こ う した視 点 に 立 つて,『 松 林 手 帖 』 執 筆 か らお よ そ1年 後 に 『シー シ ュ ボ スの 神 話 』 の読 書 体 験 か ら生 まれ た 「〈不 条 理 に か ん す るエ ッセ ー〉 を読 み な が らの考 察 」 を参 照 しよ う15)。そ の な か で ポ ンジ ュ は 〈世 界 の無 意 味 性 〉 を確 認 し,受 け入 れ た 後 で も人 間 は十 分 に幸 福 に生 きて い け る こ とを カ ミュへ の 共 感 を込 め て書 き記 して い る。 〈世 界 の無 意 味 性 〉 を 受 け入 れ た人 間 が獲 得 で き る 「相 対 的 で は あ るが とて も価 値 の あ る結 果 」 の 多 くは,「 絶 対 」 の 高 み に け つ して達 しな い松 が 互 い に寄 り添 い連 帯 す る こ とで太 陽 の過 剰 な 力 か ら自 らを守 り,そ こに棲 息 し憩 う生 き物 ・人 間 を保 護 す る松 林 の特 徴 と一 致 す る.

(18) 109 幸 福 な シー シュ ボ ス。 そ うだ。 な ぜ な ら彼 は 自分 の運 命 を じ つ く り見 つ め るば か り で な く,彼 の努 力 は相 対 的 で は あ るが とて も価 値 の あ る結 果 に至 るか ら。 た しか に彼 は岩 を 目 的地 の高 み に し っか り固定 す るに は 至 らな い 。 絶 対 に は達 しえ な い の だ(そ の定 義 か ら して到 達 不 可 能 で あ る)。 だ が,彼 は さ まざ まな 科学 の 分 野, と りわ け政 治 学 の分 野 で確 か な成 果 を あ げ る こ とが で き る(人 間世 界,人 間 社 会 の 組 織,人 間 の歴 史 の制 御,そ. この一 節 は,カ. して個 人 と社 会 の二 律 背 反 の制 御)。[208]. リライ ト した,と. ミュの 思 想 に触 発 され た ポ ンジ ュが 松 林 の イ メ ー ジ を思 弁 的 に い う印 象 さ え抱 か せ る16)。松 林 と は,人 間 が 存 在 の不 条 理 を. 確 認 した後 に な お,生. き る こ との 相 対 的 意 味 を 再 発 見 で き る社 会 の ア レゴ リー. に ほ か な らな い。 『松 林 手 帖』 で は,テ. ク ス トが 対 象 の 描 写 ・分 析 か ら解 放 さ. れ るの に比 例 して,松 林 と太 陽 の対 立 関 係 が 徐 々 に浮 きぼ りに さ れ て い つ た。 そ の背 景 に は,主 体 の そ れ ぞ れ が世 界 の根 源 的 な無 根 拠 性 か ら出 発 して. こ. れ は 同時 に人 間 を不 条 理 へ と追 い込 ん で行 く絶 対 的 な 意 味 の 追 求 か ら背 を 向 け る こ とで もあ る. 相 対 的 な意 義 ・幸 福 を 見 い だ しう る社 会 ・共 同体 の 建 設 を. 志 向す る ポ ン ジュ の欲 求 ・願 望 が読 み とれ るの だ17)。. 結. 語. ポ ン ジ ュに と つて 太 陽 が特 権 的 な主 題 で あ る こ と は つ とに 指 摘 さ れ て き た。 じつ さ い,太 陽 を正 面 か ら扱 っ た 「深 淵 に置 か れ た太 陽 」 は,こ れ ま で も つ と も頻 繁 に論 じ られ て き た作 品 の ひ とつ で あ る。 そ の一 方 で,数 多 くの作 品 の な か で 背 景 の一 要 素 と して 挿 話 的 に登 場 す る太 陽 の イ メ ー ジ に対 して は十 分 な注 意 が 払 わ れ て き た と は言 いが た い。 こ う した研 究 状 況 の な か,本 稿 は あ え て松 林 を 扱 った 作 品 に描 か れ る太 陽 に注 目 した。 と りわ け松 林 と太 陽 の 出会 い の強 迫 的 な 強 調 ・繰 り返 しの分 析 を 通 じ,1940年. 代 初 頭 の ポ ン ジ ュ の世 界 観 の あ. り方 を 明 らか に しよ う と試 み た。 そ の 結 果,松 林 と太 陽 の対 立 が 反 復 して描 か れ る事 実 の な か に,世 界 ・存 在 が ア プ リオ リの 意 味 を 有 す る のか 否 か を問 うの で はな く実 践 的 ・具 体 的 な行 為 を通 じ人 間 の存 在 ・共 同 体 に具 体 的 な価 値 を見 出 そ う と指 向 す る ポ ン ジ ュの欲 求 を読 み と つた。 だ が,『 松 林 手 帖』 を も つて 〈存 在 論 〉 か ら 〈行 為 の プ ラ グ マ テ ィス ム〉 へ と詩 人 の 問題 意 識 が不 可 逆 的 に移 行 した と結 論 づ け るに は まだ まだ慎 重 で あ る.

(19) 110. べ きだ ろ う。 ポ ンジ ュ は 〈世 界 の 無 意 味 性 ・無 根 拠 性 〉 を 自明 の世 界 認 識 と し て 受 け入 れ,現. 実 の社 会 運 動 に積 極 的 に か か わ りな が ら も,失. の 「郷 愁 」[207]に. わ れ た く意 味 〉. 惹 か れ て つ づ けて い たふ しが あ る か らだ。 『松 林 手 帖 』 で. は明 言 こそ され て い な い もの の,彼 の活 動 を記 した年 譜 が そ の こ とを雄 弁 に物 語 って い る。 生 涯 を通 じて彼 は,自 分 の存 在 ・行 為 に 〈外 か ら〉 意 味 を与 え て くれ うる何 か に,あ. るい は誰 か に一 体 化 しよ う と しつ づ けた。 時 代 の 文学 ・芸. 術 運 動 や社 会 状 況 に応 じて ポ ン ジ ュ は ポー ラ ンや ピ カ ソ,ブ ラ ック,共 産 党 の 教 義 や ド ・ゴー ル主 義,ま. た マ レル ブ,ル ク レチ ウ ス らを 擁 護 しなが ら,そ れ. ら と一 体 化 す る戦 術 を 絶 え ず と つて き た 事 実 を こ こ で も う一 度 思 い お こ そ う18)。この所 作 は流 行 へ の単 な る追 随 で あ る以 上 に,自 作 品 の精 神 的 ・芸 術 的 保 証 人 の 開拓,つ. ま り 自 らの 書 記 行 為 に 〈外 か ら〉 意 味 を与 え て くれ る父 性 的. 審 級 の 探 求 だ つた と解 釈 で き る。 彼 の なか で は,ア プ リオ リに世 界 に付 与 さ れ た 意 味 や 秩 序 に背 を 向 け る決 意(partipris)と,執. 拗 に そ れ らを追 い求 め る. 誘 惑 とが 微 妙 な緊 張 関 係 の な か に絶 えず 共 存 して い た の だ。 『松 林 手 帖 』 に お いて,松 林 が 〈内部 〉 と して理 想 化 さ れ て い く一 方 で,太 陽 の イ メ ー ジが 強迫 的 に 回 帰 しつ づ け る の も,〈存 在 ・世 界 の統 一 的 意 味〉 を め ぐ る こ の ア ン ビ ヴ ァ レ ン トな志 向 の た め に ほ か な るま い。. 註 1)プ. レイ ア ッ ド版 所 収 の ポ ンジ ュ作 品 は す べ て こ の 版 に よ り,出 典 は編 者 注 を含 め []内. に ペ ー ジ数 の み を 示 す (Francis. mard, coll. «Bibliothèque. PONGE, Œuvres complètes, Paris : Gallide la Pléiade», t. I, 1999, C + 1210 pp.) 。 同 版 に. 収 め ら れ て い な い も の に つ い て は,そ は す べ て 拙 訳 に よ る が,阿 (『ポ ン ジ ュ,人. の つ ど出典 を 明記 す る。 な お 訳 出 にあ た つて. 部 弘 一(『 表 現 の 炎 』,思. ・語 ・物 』,筑 摩 書 房,1974年;『. 沢 書 店,1996年)の. 潮 社,1980年),阿. 部 良 雄. フ ラ ン シ ス ・ポ ン ジ ュ 詩 集 』,小. 訳 業 か ら多 くを 学 ん だ 。. 2 ) Jean PAULHAN et Francis PONGE, Correspondance mard, 2 vol., 1988, t. I, p. 301.. 1923-1968, Paris : Galli-. 3)『 松 林 手 帖 』 を 集 中 的 に 論 じ た 数 少 な い研 究 の ひ と つ と して 以 下 の 論 考 を 挙 げ る一. Jacques. Maupassant. CHESSEX, «Francis et les autres,. Paris. Ponge. : Ramsay,. et. le carnet. du. 1981, pp. 159-168.. bois. de. pins»,.

(20) 111 4)こ. う した分 析 が た ど る手 続 きの 性 格 上,本. 稿 で は 「『松 林 手 帖 』 へ の付 記 」 は議 論. の対 象 か ら除 外 す る。 じ っ さい 『松 林 手 帖 』 初 版 で は,詩 的 日記 の部 分 は ア ラ ビ ァ 数 字 で ペ ー ジ数 が 印 さ れ て い る の に対 し,「 付 記 」 だ け は ロ ー マ数 字 が 使 用 さ れ て い る。 こ こ に も 『松 林 手 帖 』 と 「 付 記 」 との あ い だ に は ス テ イ タ ス の違 い が あ る こ と を暗 示 し,作 品 が 異 質 な 要 素 か ら成 り立 つて い る事 実 を 際 立 た せ よ う と した作 者 ・編 集 者 の 配 慮 が 読 み と れ よ う。 な お,こ の使 い 分 け は初 版 だ け に見 られ る特 徴 で,他. の版 で は 一 貫 して ア ラ ビ ア数 字 が 使 用 され て い る。 Voir. Le Carnet 5)じ. du bois. de pins,. Mermod. : Lausanne,. じつ プ レイ ア ッ ド版 編 者 に よれ ば,手 稿 の第1ペ の ノ ー ト』 とい う タイ トル が 付 け られ. Francis. PONGE,. 1947 , 64 + XXI pp. ー ジに は 『 松 林 の 楽 しみ の た め. それ が 消 さ れ た上 に 『 松 林 手 帖 』 と い う新. た な タ イ トル が付 され て い る[1036]。. 6 ) Voir Francis. PONGE et Philippe SOLLERS, Entretiens de Francis Ponge avec Philippe Sollers, Paris : Gallimard / Éd. du Seuil , 1970, pp. 101-116. 7) Voir Roland BARTHES, «Écrivains , intellectuels, professeurs», Tel Quel, n° 47, automne 1971, cité dans Jean-Marie GLEIZE, Poésie et figuration, Paris : Éd. du Seuil, coll. «Pierres 8)パ. vives»,. 1983, pp. 157-158 .. ロー ル に 固 有 の 汚 れ を エ ク リチ ュ ー ル に よ り清 め る こ と はポ ン ジ ュの 書 記 行 為 を 規 制 す る強 迫 観 念 で あ っ た。 こ の 点 に つ い て は と り わ け 以 下 を参 照. DERRIDA, Signéponge,. Paris. : Éd. du. Seuil,. coll. «Fiction. —Jacques. & Cie» , 1988,. p. 39 sq. 9)参. 考 まで に 「深 淵 に置 か れ た太 陽 」 の最 終 部 分 か ら問 題 の 一 節 を 引 用 しよ う一 「お お太 陽,怪. 物 の よ うな女 友 達,赤 毛 の 娼 婦 よ。 今 日の 午 後 ,見 る もい らだ た し いお 前 の 頭 を左 腕 に抱 き,長 い腿 に寄 り添 つて 俺 は身 を 横 た え る。 相 思 相 愛 の た め. に 乱 れ に乱 れ た シ ー ッ の中 で,黄 昏 の痙 攣 を感 じな が ら,お 前 の 中 心 の 濡 れ た扉 が ず っ と前 か ら開 か れ て い た の を 俺 は見 つ け る。 そ して 俺 は ぶ ち込 む,俺 を,さ. の ペ ン軸. ら に右 か ら オパ ール 色 の イ ンクで お前 を浸 す の だ」[793‑794]。. 10)こ の 点 に か ん して は,以 下 に示 す ミ シ ェル ・コ ロ ー の 論 考 お よ び 注 釈 か ら多 くを 学 ん だ一. Michel. COLLOT,. Francis. Ponge.. Entre. mots. et. choses. , Seyssel. :. Champ Vallon, coll. «Champ poétique» , 1991, pp. 207-214 ; Francis PONGE, «Manuscrits inédits du Soleil placé en abîme» , présentés par Michel COLLOT,in Genesis, n° 2, 1992, pp. 151-181. 11) Francis PONGE, «Le processus des aurores» , présenté par B[ernard] V[Ecx], Les Cahiers de l'Herne, n° 51, 1986, p. 73. 12)初 期 作 品 の 貴 重 な助 言 者 で あ っ た父 ア ル マ ン ・ポ ン ジ ュの死(1923年)は. ,〈 世 界 の 無 意 味 性 ・無 根 拠 性 〉 にか ん す る ポ ンジ ュ の認 識 を さ らに 強固 で切 迫 した もの に した 。 こ の点 につ い て は拙 論 「フ ラ ン シ ス ・ポ ン ジ ュ試 論 一 い」,『ス テ ラ』8号,九. 76頁 を参,照さ れ た い。. オ ブ ジ ェ との 出 会. 州 大 学 フ ラ ンス語 フ ラ ンス文 学 研 究 会 ,1990年3月,60‑.

(21) 112 13)「 論 点 先 取 」 と い う表 現 は 「深 淵 に 置 か れ た太 陽 」 に も使 わ れ て お り[790],そ. の. こ とか らも太 陽 に対 す る思 考 の一 貫 性 が 見 て とれ よ う。. 14) Francis 15)こ. PONGE, «Proême»,. Nouveau. recueil, Paris : Gallimard,. の 哲 学 的 エ ッ セ ー は 当 時 は 未 刊 で あ っ た が,ポ. 原 稿 を 読 む こ とが で き た。 Voir février. 1989,. pp.. Francis. 1967, p. 24.. ンジ ュ はパ ス カ ル ・ピア の仲 介 で. PONGE, «Lettres»,. La. NRF,. n° 433,. 51-52.. 16)『 シー シ ュ ボ ス の神 話 』 との 出 会 い か ら 『物 の 味方 』 出 版 にか けて の お よ そ1年 間 (1941年 初 夏 か ら1942年. 初 夏),ポ. ンジ ュ の 〈不 条 理 〉 的 世 界 観 は い つそ う尖 鋭 化. す る。 そ の一 端 は 「ミモ ザ」,そ して と りわ け 「ム ー ニ ー ヌ」 に認 め る こ とが で き るが,こ れ ら2作 品 の詳 細 な分 析 ・検 討 は今 後 の課 題 と した い。 17)本 稿 で は詳 し く論 じる余 裕 が な い が,松 林 と太 陽 の 対 立 は,社 会 論 的 レベ ル ば か り か,さ. らに ポ ン ジ ュ 自身 に お け る創 作 態 度 の 推 移 の 徴 候 と して も解 釈 可 能 で あ ろ. う。 す なわ ち ポ ン ジュ は 「絶 対 的 言 語 」 (Francis méditations. nocturnes»,. Nouveau. nouveau. PONGE, «Première. recueil,. et seconde. Paris : Gallimard,. 3 vol.,. 1992, t. II, p. 30) を追 求 す るあ ま り,言 語 を 使 って は 「どん な こと で す ら表 現 不 可 能 」[206]と. い う認 識 に至 った に もか か わ らず,1940年. 代 か らは こ の不 可 能 性. そ の もの を 作 品 の 構 成 要 素 と して取 り入 れ るよ うに な る。 こ う い つ た表 現 ス タ イ ル が松 林 と対 応 関 係 に あ る の は明 らか で あ ろ う。 18)こ の う ち ブ ラ ッ クや ピカ ソ と一 体 化 しよ う と す る傾 向 に つ い て は以 下 を 参 照 一. Bernard. VoulLLoux,. Un art de la figure.. peintre, Villeneuve d'Ascq : Presses «Peintures», 1998, 251 pp.. Francis. Universitaires. Ponge du. dans. l'atelier. Septentrion,. du coll..

(22)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP