つくばリポジトリ はじめに

Full text

(1)

筑波大学大学院人間総合科学研究科世界遺産専攻と生命環境科学研究科は, 幅 広 い 学 際 的 な 知 識 を 身 に つ け る と と も に , 野 外 で の フ ィ ー ル ド 調 査 , 国 際 機 関でのインターンシップ経験をもとに, 自 然 保 護 の 場 で 活 躍 で き る 人 材 を 育 成 するため, 2014年 に 自 然 保 護 寄 附 講 座 を 設 置 し た .

自 然 保 護 寄 附 講 座 で は . 大 学 院 生 を 対 象 と し た 自 然 保 護 サ ー テ ィ フ ィ ケ ー ト プ ロ グ ラ ム の ほ か . 市 民 を 対 象 と し た 公 開 講 座 も 実 施 し て い る . 指 導 に あ た る のは, 自 然 保 護 寄 附 講 座 専 任 教 員 の ほ か . 本 学 の 世 界 遺 産 専 攻 . 生 命 環 境 科 学 研 究 科 に 所 属 す る 教 員 , 外 務 省 や 環 境 省 で 環 境 問 題 に 取 り 組 ん で き た 方 々 , 国 際 連 合 教 育 科 学 文 化 機 関 ( ユ ネ ス コ ; UNE S CO) . 国際自然保護連合( IUCN)

等 で 国 際 的 な 問 題 に 取 り 組 む 職 員 な ど さ ま ざ ま で あ る また. オーストラリア の タ ス マ ニ ア 大 学 . デ イ ー キ ン 大 学 と 国 際 交 流 協 定 を 結 び , 世 界 遺 産 や 海 洋 研 究 に 関 す る 交 流 も 実 施 し て い る 自 然 保 護 の 現 場 で の イ ン タ ー ン シ ッ プ に も 力 を入れ, I UCN. 同 日 本 委 員 会 を は じ め , 環 境 省 , 世 界 自 然 保 護 基 金 (WWF )

ジャパン. 日本野鳥の会 日本自然保護協会, トヨタ白)11 郷 自 然 事 校 な ど に お け る イ ン タ ー ン シ ッ プ を 支 援 し て い る

(2)

地域, 自 然 遺 産 , 文 化 的 景 観 , ジ オ パ ー ク , エ コ ツ ー リ ズ ム , 国 内 法 , 国 際 条

約 な ど さ ま ざ ま な 分 野 に わ た る .

本学では.

1986

年 度 よ り 農 林 学 類 ( 現 生 物 資 源 学 類 ) に お い て 故 糸 賀 禦 教 授 による「自然保護論」が開講され,

1995

年度まで続いた ま た

1977

4

月に

設 置 さ れ た 環 境 科 学 研 究 科 に お い て は r環 境 保 全 学 概 論J,r景 観 計 画 論J . r緑 地 保 全 論j な ど が 開 講 さ れ た . な お , 環 境 科 学 研 究 科 で は フ ィ ー ル ド 実 習 を 重

視 し キ ャ ン プ 主 体 の 「 自 然 環 境 野 外 実 習J が 南 ア ル プ ス ( 1

9

8

4

)

. 白 神 山 地

( 1985- 89)

. 白山

( 1990- 93)

. 屋久島( 1

994- 96)

. 白神山地( 1

997- 99)

. 屋久島

( 2000- 02)

で 実 施 さ れ た . こ れ ら の 講 義 や 実 習 の 成 果 は 「 環 境 科 学

1

.

r

r

.

1

l

I

J

として

1989

年 に 出 版 さ れ ‘ 故 糸 賀 繋 教 授 は 「 自 然 保 護j の 章 を 担 当 さ れ て い る

し か し

2008

年 に 環 境 科 学 研 究 科 が , 生 命 環 境 科 学 研 究 科 に 統 合 さ れ て 以 降

は, 自然保護に関する講義が行われなかったため, 自然保護をめぐる最新の情

報 を も り こ ん だ 包 括 的 な テ キ ス ト が な い こ と が 問 題 と な っ て い た

本書は,これまでの自然保護寄附講座での授業や実習をもとに,自然保護サー

テ イ フ ィ ケ ー ト プ ロ グ ラ ム の テ キ ス ト と す る こ と を 自 的 と し て 編 集 し た も の で

ある.

2017

4

月からは,学群生向けの総合科目として「自然保護学入門」を開講

している. 自然保護寄附講座や総合科目「自然保護学入門」で学ぶみなさんが,

最 初 の ス テ ッ プ と し て 本 蓄 を 活 用 し さ ら に 学 び を 深 め て い く こ と を 期 待 す る

また近年は,筑波大学の公開講座や自然保護団体が主催する公開セミナーに

お い て も , エ コ パ ー ク ・ ジ オ パ ー ク や 生 物 多 様 性 ・ 気 候 変 動 な ど の 地 球 環 境 問

題 に 関 心 を も っ , 一 般 社 会 人 の 方 々 の 参 加 が 増 え て い る . 本 書 は , そ の よ う な

一 般 の 読 者 に と っ て も , わ か り や す い 自 然 保 護 の 入 門 書 と な り , さ ら に 深 く 学

ぶための導入として読んでいただけるものと思う

(3)

本 書 の 構 成 お よ び 学 び 方 に つ い て

本 書 は . 第

l

部 : 自 然 保 護 総 論 , 第

2

部 : 自 然 保 護 の 対 象 と な る 自 然 と そ の 仕 組 みT 第

3

5

1

: 自然保護を実現するための仕組みの

3

部 構 成 に な っ て い る

まず. 第l 部 : 自 然 保 護 総 論 で は I自然 保 護 」 と い う 言 葉 の 定 義 と そ の 歴 史 を通して, ど の よ う に し て 「 持 続 可 能 な 開 発 」 や 「 生 物 多 様 性 」 の 概 念 が 発 展

してきたかを学習する

次に,第2部 : 自 然 保 護 の 対 象 と な る 自 然 と そ の 仕 組 み で は I自然保護」の 場 で あ る 地 図 , 水 圏 , 気 圏 , 生 物 園 と い う 分 類 に 従 っ て , ま ず 地 球 環 境 の 基 盤 で あ る 地 形 の も と に な る 地 質 の 成 り 立 ち を 理 解 し そ の 上 で 地 球 上 の 生 物 闘 を 陸域・海域に分けて概説する, さらに,生物圏 , 気 圏 に ま た が る 自 然 保 護 の 課 題 と し て . 気 候 変 動 ・ 海 洋 酸 性 化 . 生 物 多 様 性 の 問 題 を 取 り 上 げ る .

最 後 に . 第3部: 自然保護を実現するための仕組みでは, 自 然 保 護 を 実 現 す るための具体的な仕組みとして, 自 然 保 護 に 関 す る 法 制 度 , 保 護 地 域 , 野 生 生 物 管 理e エ コ ツ ー リ ズ ム . 景 観 保 護 . 遺 産 保 護 に お け る 人 と 自 然 と の 関 係 を 取

り 上 げ , 最 後 に 自 然 保 護 に 関 す る モ ニ タ リ ン グ 調 査 法 を 説 明 す る .

Figure

Updating...

References

Updating...

Related subjects :