腰椎黄色靱帯肥厚マウスモデルの確立

全文

(1)

九州大学学術情報リポジトリ

Kyushu University Institutional Repository

腰椎黄色靱帯肥厚マウスモデルの確立

齋藤, 武恭

https://doi.org/10.15017/1806914

出版情報:Kyushu University, 2016, 博士(医学), 課程博士 バージョン:

権利関係:Fulltext available.

(2)

(別紙様式2)

氏 名 齋藤 武恭 論 文 名

Experimental Mouse Model of Lumbar Ligamentum Flavum Hypertrophy

論文調査委員 主 査 九州大学 教授 新納 宏昭 副 査 九州大学 教授 小野 悦郎 副 査 九州大学 教授 吉開 泰信

論 文 審 査 の 結 果 の 要 旨

腰部脊柱管狭窄症は高齢者に好発する脊髄障害の一つであり、社会の高齢化に伴 って本疾患の患者数は増加している。脊柱管内に位置する黄色靭帯の肥厚によって、

神経根および馬尾神経が直接的に圧迫されることが、本疾患の主な要因である。こ れまでに黄色靭帯肥厚に関する研究は散見されるが、この肥厚のメカニズムはいま だ明らかになっていない。本研究の目的は、黄色靭帯肥厚 マウスモデルを確立し、

この肥厚に関与する病的因子を明らかにす ることである。まずメカニカルストレス に着目し、マウス黄色靭帯に継続的に屈曲・伸展メカニカルスト レスを与える刺激 負荷装置を開発した。メカニカルストレスを 12週間与えた結果、メカニカルストレ スを与えなかった対照群と比較して、コラーゲン線維、黄色靭帯細胞数、および線 維化関連因子の遺伝子発現の増加も認められた。しかしながらこ のマウスモデルで は、腰部脊柱管狭窄症患者の肥厚黄色靭帯で認められたマクロファージ浸潤、血管 新生、およびトランスフォーミング増殖因子 —1(TGF-1)の発現増加は認められなか った。よって次に黄色靭帯肥厚における浸潤マクロファージが与える影響を検討し た。マウス黄色靭帯に微細な損傷(micro-injury)を与えてマクロファージ浸潤を促 した結果、損傷後2週の時点でTGF-1の発現増加とともに損傷部位に過剰なコラーゲ ン産生が認められ、損傷後6週の時点で黄色靭帯肥厚が確認された。本研究で得られ たこれらの知見は、メカニカルストレスが黄色靭帯肥厚の原因要素であることを示 すとともに、マクロファージ浸潤がコラーゲン産生を刺激して黄色靭 帯肥厚の重症 化に関与していることを強く示唆する。

以上の成績はこの方面の研究に新たな知見を加えた意義あるものと考えられる。本論文 についての試験はまず論文の研究目的、方法、実験結果などについて説明を求め、各調査 委員より専門的な観点から論文内容及びこれに関連した事項について種々質問を行ったが いずれについても適切な回答を得た。

よって調査委員合議の結果、試験は合格と決定した。

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP