• 検索結果がありません。

第 2 学年 1 組国語科学習指導案 指導者平方舜 1. 単元名二千五百年前からのメッセージ - 孔子の言葉 - 2. 単元について (1) 単元観本題材に用いられる 論語 は古代中国の思想家 孔子とその弟子たちの言行を記録したものである 簡潔な文章で書かれていて 抽象的なメッセージが多く それゆえ

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "第 2 学年 1 組国語科学習指導案 指導者平方舜 1. 単元名二千五百年前からのメッセージ - 孔子の言葉 - 2. 単元について (1) 単元観本題材に用いられる 論語 は古代中国の思想家 孔子とその弟子たちの言行を記録したものである 簡潔な文章で書かれていて 抽象的なメッセージが多く それゆえ"

Copied!
7
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

アンケート (31名実施 うち男子16名 女子15名) ① 国語の学習が好きですか。 好き…7名 どちらかといえば好き…11名 どちらかといえば嫌い…12名 嫌い…1名 ② 漢文の学習が好きですか。 好き…9名 どちらかといえば好き…8名 どちらかといえば嫌い…10名 嫌い…4名 ③ 話し合い活動が好きですか。 好き…11名 どちらかといえば好き…14名 どちらかといえば嫌い…3名 嫌い…3名 ④ 孔子という人物を知っていますか。 知っている…6名 知らない…25名 ⑤ 今どのような悩みがありますか。(複数回答可) 勉強…9名 進路…7名 部活動…6名 友人関係…6名 恋愛関係…2名 家族…1名

第2学年1組 国語科学習指導案

指導者 平方 舜 1.単元名 二千五百年前からのメッセージ -孔子の言葉- 2.単元について (1) 単元観 本題材に用いられる『論語』は古代中国の思想家、孔子とその弟子たちの言行を記録したもの である。簡潔な文章で書かれていて、抽象的なメッセージが多く、それゆえに多様な解釈ができ る名言・格言が多い。単元名にもあるように、二千五百年前に生きた人物からのメッセージが、 現代を生きる中学生の悩みや疑問を解決することもあるということに、この教材の価値を見いだ したい。簡潔な文章で書かれているということは、十分な説明がなされていないということでも ある。そのため、生徒個人によって、多様な解釈が生まれると思うが、それを妨げず、言語感覚 や想像力を豊かにしたい。ただし、多様な解釈をする中にも、返り点や置き字といった漢文の知 識は必要とされる。それらは学習指導要領の〔伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項〕に 関連するものなので、漏らすことなく説明すべき事項であるし、それらの理解なくして、中国の 古典である漢文は理解できない。形式を理解させたうえで、内容を多様に理解できる題材である。 (2) 生徒の実態 授業中の発表回数も多く、活発で話をすることが好きな生徒が多い。学習意欲が高い生徒も多 いが、なかなか学習に気持ちが向かない生徒も少なくない。 授業を展開する上でとったアンケートの結果が以下の通りである。 事前にとったアンケートの結果では、①国語の学習と②漢文の学習のアンケート結果から、約 半数の生徒が国語や、漢文を嫌い、どちらかといえば嫌いと答えている。その理由として、「難 しいから」や「意味がわからない」といったものが挙げられていた。また、アンケートの①、②

(2)

に比べて③の話し合い活動についてのアンケート結果は好き、どちらかといえば好きと答えた人 数が多かった。その理由として、「自分一人で解決できなかったことが解決できるから」や「話 し合いながら学習できるのが楽しい」といったものが挙げられた。④孔子のことを知っているか という質問には、6名の生徒が知っていると答えたが、「儒教を広めた」「名前だけ聞いたことが ある」という回答は出たが、『論語』というキーワードは出てこなかった。また、⑤今どのよう な悩みがあるかという質問には、勉強のことが一番多く挙げられた。 約半数ほど国語や漢文を嫌いと答えた生徒が在籍しており、その生徒たちへの手立てとして、 グループ学習を取り入れたい。話し合いの活動をすることが好きな生徒が多い学級であるから、 教科書を読みこむだけに留まらない、他者との協同的な学びを実践することで、楽しみながら国 語や漢文に触れ、苦手な意識を拭えるようにしたいと思う。また、アンケートの⑤で多く挙げら れていた勉強に関する悩みも、『論語』を読むことで解決ができることもあると思うが、なかな か全員が内容を一人で読み込んで理解できるわけではないと思うので、噛み砕いて、より簡単に 『論語』に触れられるように、教え合いのできる少人数によるグループ学習が効果的だと考える。 (3) 指導観 『論語』は、二千五百年ほど前の中国で書かれた書物であるが、現代の中学生が読んでも共感 をできるようなフレーズがあることに気づかせたい。また、それらを自分の中で消化するだけで なく、発信していくことで、学級全体としての漢文や『論語』の理解につなげたい。また、級友 に伝えるために、主体性をもって『論語』を調べることは、生徒自身の深い学びへとつながると 思うので、自分自身を振り返り、個に返るような授業ともしたい。 中学2 年生は自我が確立しようとしている時期であり、精神的に不安定な時期でもある。また、 自らの将来について真剣に考え始めるときでもあり、『論語』に触れることで、今後の長い人生 の指針となり得る言葉に出会うことがあるかもしれない。長く人々に読まれ続けてきた『論語』 を、教科書に載っているだけのものを学習するだけで終わりにするのではなく、他の名文を知り、 孔子の様々なものの見方、考え方に触れることで、自らの進路や社会に出てからに役立つ力を身 につけさせたい。 (4)研究主題との関わり 本校の国語科の共通の取り組みとして、「小集団活動による学び合い」というものがある。話 し合い活動をすることが好きな生徒が多く在籍しているので、国語や漢文を苦手としている生徒 が、授業に取りかかりやすくするために、本単元では、小集団による話し合い活動を多く取り入 れていきたいと考える。本時の展開では、4人グループでの話し合い活動を通して、グループで 助け合い、話し合いながら、『論語』が現代にまで広く読まれていることの価値に迫りたい。

(3)

3.単元の目標 (1)〔国語への関心・意欲・態度〕 ・文章の特徴や孔子の考えに関心を持つことができる。 ・他者の調べた論語を理解しようと積極的に取り組むことができる。 (2)〔話すこと・聞くこと〕 ・正しく教科書の書き下し文を音読できるか。 ・自らの考えを級友に言葉で伝えることができる。 (3)〔書くこと〕 ・調べた論語のフレーズを丁寧にまとめることができる。 (4)〔読むこと〕 ・現代語訳を見ながら、孔子の考えを自分なりに解釈できる。 ・『論語』の中にある現代に応用できるフレーズを見つけることができる。 (5)〔伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項〕 ・返り点や置き字を理解し、訓読文を書き下し文にできる。 指導計画 (5時間扱い) 時間 ねらい 学習活動 評価の観点 関心・意 欲・態度 話すこと 聞くこと 書くこと 読むこと 言語の知 識・理解 1 ・置き字や返 り点が理解で きる。 ・1年生の復習 をして、訓読文 を書き下し文に する。 ・訓読ができる ように各自が音 読する。 ・正しく 教科書の 書き下し 文を音読 できる か。 ・返り点 や置き字 を理解 し、訓読 文を書き 下し文に できる か。 2 ・各章句の現 代語訳を確認 し、意味を捉 えることがで きる。 ・現代語訳を音 読し、孔子が伝 えたいこと考え る。 ・現代語 訳を見な がら、孔 子の考え を自分な りに解釈 できる か。

(4)

3、4 ・『論語』の一 節で、興味・ 関心のあるも のを調べるこ とができる。 ・調べた『論語』 の説明をまとめ る。 ・調べた 論語のフ レーズを 丁寧にま とめるこ とができ るか。 ・『論語』 の中にあ る現代に 応用でき るフレー ズを見つ けること ができる か。 5 (本時) ・発表を通し て、『論語』に 関しての理解 を深めること ができる。 ・前時に調べた 『論語』をまと め、発表する。 ・他者の 調べた論 語を理解 しようと 積極的に 取り組む ことがで きるか。 ・自らの 考えを級 友に言葉 で伝える ことがで きるか。 4.本時の活動(5/5) (1) 目標 ・〔国語への関心・意欲・態度〕・他者の調べた論語を理解しようと積極的に取り組むことができる。 ・〔話すこと・聞くこと〕・自らの考えを級友に言葉で伝えることができる。

(5)

(2)展開 学習過程 (時配) 学習内容◇と活動・ 共通の取り組み★ 指導上の留意点●支援の手だて○ 評価 評(評価の観点) 資料等 見出す (5) 調べる (15) 深める (20) ま と め あ げる (10) ◇本時の課題を把握する。 ・教師の発問に答えながら前時までの振 り返りをする。 ◇調べた『論語』をワークシートにまとめ る。 ・ワークシートに自分が調べた『論語』 の一節を書く。 ◇調べた『論語』を共有する。 ・教師が模範発表を行う。 ★4人グループで発表を行う。 ・発表を受けて、グループで1人代表者 を決める。 ◇クラスメートに向けて論語を紹介す る。 ・代表者は前に出て、実物投影機を用い て、クラス全体へ発表をする。その後 質問の時間を設ける。 ◇本時の授業の感想をまとめる。 ・誰の発表が一番印象に残っているかワ ークシートにまとめる。 ・自分が悩んでいたことに答えた発表が あった人はどう感じたか、発表させる。 ・本単元のまとめを教師が述べる。 ○答えに詰まる生徒には手助けとな る追加発問をする。 ●机間指導をしながら声をかける。 ○作業が進まない生徒に手助けをす る。 ○書き上がった生徒には自らの選ん だ言葉がわかりやすくなるような 挿絵を描いたり、色を塗ったりし てもよいことを伝える。 ●次の作業に取りかかりやすくする ため、静かに教師の発表を聞く姿 勢を作らせる。 ○発表が円滑に進まない場合は生徒 に助言を与える。 ●代表者を決めるときには、選んだ 理由を言わせる。 評自らの考えを級友に言葉で伝える ことができたか。(ワークシート・ 観察) ●発表の順番を決め、聞く姿勢をに 作らせる。 ○発表に詰まる場合は教師が追加の 発問をする。 ●机間指導をしながら、よい意見を 書いている生徒に声をかける。 評他者の調べた論語を理解しようと 積極的に取り組むことができたか。 (ワークシート・観察) ワークシ ート① 実物投影 機 ワークシ ート② クラスメートに論語の言葉を贈ろう。

(6)

調

・ 僕 は ~ の よ う に 解 釈 し ま し た 。 ・ ~ し た と き に は ~ と 思 っ て ほ し い で す 。 な ど の よ う に 書 く 。

(7)

板 書 案

調

15

10

10

10

参照

関連したドキュメント

本学級の児童は,89%の児童が「外国 語活動が好きだ」と回答しており,多く

指導をしている学校も見られた。たとえば中学校の家庭科の授業では、事前に3R(reduce, reuse, recycle)や5 R(refuse, reduce, reuse,

1 単元について 【単元観】 本単元では,積極的に「好きなもの」につ

子どもたちは、全5回のプログラムで学習したこと を思い出しながら、 「昔の人は霧ヶ峰に何をしにきてい

学期 指導計画(学習内容) 小学校との連携 評価の観点 評価基準 主な評価方法 主な判定基準. (おおむね満足できる

 文学部では今年度から中国語学習会が 週2回、韓国朝鮮語学習会が週1回、文学

具体的な取組の 状況とその効果 に対する評価.

具体的な取組の 状況とその効果 に対する評価.