GX20とMELSEC-QシリーズとのModbus/TCPを利用した通信(GX Works2)

全文

(1)

記載内容は、お断りなく変更することがあります。

Modbus/TCP を利用した通信(GX Works2)

TI 04L01L08-05JA

TI 04L01L08-05JA 2014. 7. 24 初版(YK)

(2)

TI 04L01L08-05JA 2014.07.24-00 Media No. TI 04L01L08-05JA 1st Edition : July. 2014 (YK)

All Rights Reserved Copyright © 2014, Yokogawa Electric Corporation

1.システム構成例 ...4

2.MELSEC-Qの設定方法 ...4

3.GX20の設定方法 ...14

1) 通信設定 ...14

2) 通信チャネル設定 ...17

3) 表示設定能 ...18

4) 記録設定 ...19

4.GX Works2を使用したオンラインモニタ実行方法 ...21

技術資料 改訂情報 ...24

(3)

TI 04L01L08-05JA 2014.07.24-00

本書をご利用いただくにあたり

■ はじめに

本書は、三菱電機(株)社製のシーケンサ(MELSEC-Qシリーズ)と当社ペーパーレスレコーダGX20

(以下、GX20と呼びます)をEthernet通信で接続します。Modbus/TCPを使い、シーケンサから GX20のデータの読み込み/GX20へデータの書き込みを送受信する操作手順を説明しています。

MELSEC-Qシリーズの設定にはGX Works2を使用します。

各機器の詳細については下記の取扱説明書もあわせてご参照ください。

・ペーパレスレコーダユーザーズマニュアル IM 04L51B01-01JA

■ ご注意

・ 本書に記載されている接続例を利用することによって生じた如何なる障害も当社で は、補償を負いかねますので、ご了承ください。

・ 本書に記載された内容の技術的サポートは行っておりませんので、ご了承ください。

・ 本書の内容は、性能・機能の向上などにより将来予告なしに変更することがあります。

・ 本書の内容に関しては万全を期していますが、万一ご不審の点や誤りなどお気づき のことがありましたら、お手数ですが、当社支社・支店・営業所までご連絡ください。

・ 本書の内容の全部または一部を無断で転載、複製することは禁止されています。

■ 商標

・ 本書で使用の当社製品名またはブランド名は、当社の商標または登録商標です。

・ Ethernet は、米国 XEROX Corporation の登録商標です。

・ 本書では各社の登録商標または商標には、™ マーク、® マークは表示していません。

・ 本書で使用の各社製品名は、各社の商標、または登録商標です。

(4)

TI 04L01L08-05JA 2014.07.24-00 - 1 -

Ethernet 接続された MELSEC-Q と GX20 のデータ送受信を行うための設定例です。

本書では通信インターフェースとして MELSEC-Q シリーズの Modbus/TCP Interface Module(QJ71MT91) を使用した接続例となります。

GX20 の測定チャネル 001 ~ 010 のデータを MELSEC-Q の CPU デバイス D0 ~ D9 へ 読み込みます。

MELSEC-Q の CPU デバイス D1000 のデータを GX20 の通信チャネル C001 へ書き込み ます。

(接続例)

Ethernet

GX20 MELSEC-

Q

IP:192.168.1.2 IP:192.168.1.1

RS232C or USB

使用ソフト

GX Works2

(注)GX20へ書き込みを行う際は /MCオプションが必要です。

CPUユニット:Q02HCPU

ネットワークユニット:QJ71MT91

Modbus/TCP

- 2 -

2MELSEC-Q の設定方法 -1

三菱電機(株)社製の GX Works2 を使用して MELSEC-Q を設定します。

①GX Works2を起動します。

②プロジェクト新規作成を選択します。

(5)

TI 04L01L08-05JA 2014.07.24-00 - 3 -

③プロジェクト種別をシンプルプロジェクト、PCシリーズをQCPU(Qモード)、PCタイプを Q02/Q02H、プログラム言語をラダーに設定します。

④最後にOKをクリックします。

- 4 -

2MELSEC-Q の設定方法 -3

⑤ナビゲーションウインドウのアイコンをクリックします。

この画面が展開されます。

(6)

TI 04L01L08-05JA 2014.07.24-00 - 5 -

⑥画面上のプロジェクト⇒インテリジェント機能ユニット⇒新規ユニット追加をクリックします。

- 6 -

2MELSEC-Q の設定方法 -5

⑦新規ユニット追加の画面が展開されます。

⑧下記設定を行って、最後に「OK」ボタンをクリックします。

ユニット種別:MODBUS(R)インタフェースユニット

ユニット名:QJ71MT91

(7)

TI 04L01L08-05JA 2014.07.24-00 - 7 -

⑨下記画面でインテリジェント機能ユニットの中にQJ71MT91が追加されていることを 確認します。

⑩0000:QJ71MT91をクリックします。

- 8 -

2MELSEC-Q の設定方法 -7

⑪下記画面になることを確認します。

⑫スイッチ設定をクリックします。

(8)

TI 04L01L08-05JA 2014.07.24-00 - 9 -

⑬スイッチ設定を下記のように設定します。

⑭最後に「OK」ボタンをクリックします。

- 10 -

2MELSEC-Q の設定方法 -9

⑮下記画面で自動交信パラメータをクリックします。

⑯自動交信パラメータ設定画面で下記のように設定を行います。

設定内容詳細は次ページに記載しています。

(9)

TI 04L01L08-05JA 2014.07.24-00 - 11 -

自動交信パラメータ1

設定項目 設定値

対象局IPアドレス 192.168.1.2

ユニットID 255

繰返し間隔タイマ値(単位:10ms) 0 応答監視タイマ値(単位:500ms) 0

対象MODBUSデバイス種別指定 0400h:入力レジスタ読出 読出し指定先頭バッファメモリアドレス 1000h

対象MODBUSデバイス先頭番号 2000

アクセス点数 10

書込み設定先頭バッファメモリアドレス 0000 対象MODBSUデバイス先頭番号 0

アクセス点数 0

自動交信パラメータ2

設定項目 設定値

対象局IPアドレス 192.168.1.2

ユニットID 255

繰返し間隔タイマ値(単位:10ms) 0 応答監視タイマ値(単位:500ms) 0

対象MODBUSデバイス種別指定 0005h:保持レジスタ書込 読出し指定先頭バッファメモリアドレス 0000h

対象MODBUSデバイス先頭番号 0

アクセス点数 0

書込み設定先頭バッファメモリアドレス 3000h 対象MODBSUデバイス先頭番号 7000

アクセス点数 1

各設定項目の詳細(抜粋)

対象局IP アドレス・・・交信対象のスレーブ機器のIP アド レスです。今回の場合GX20のIPアドレス。

ユニットID・・・GX20の場合、255(初期値)となります。

先頭バッファメモリアドレス設定範囲

読出し設定・・・1000H~1FFFH (初期値は0000)

書込み設定・・・3000H~3FFFH (初期値は0000)

対象MODBUS デバイス先頭番号・・・実際のデバイス 番号下5桁-1を設定します。

GX20の測定チャネル0001(符号付16ビット整数型)から

の読み出しの場合、302001 ですので2000 を設定。

GX20の通信チャネルC001(符号付16ビット整数型)へ

書込みの場合、407001ですので7000 を設定。

アクセス点数・・・デバイスへの読み出す点数、書き込む 点数を設定します。

- 12 -

2MELSEC-Q の設定方法 -11

⑰下記画面で自動リフレッシュをクリックします。

⑱自動交信機能バッファ入力エリアの設定値項目をダブルクリックします。

(10)

TI 04L01L08-05JA 2014.07.24-00 - 13 -

⑲デバイス入力画面で下記のように設定を行います。

⑳最後に「OK」をクリックします。

- 14 -

2MELSEC-Q の設定方法 -13

㉑自動交信機能バッファ出力エリアの設定値項目をダブルクリックします。

(11)

TI 04L01L08-05JA 2014.07.24-00 - 15 -

㉒デバイス入力画面で下記のように設定を行います。

㉓最後に「OK」をクリックします。

- 16 -

2MELSEC-Q の設定方法 -15

㉔自動リフレッシュ設定が下記のようになっていることを確認します。

(12)

TI 04L01L08-05JA 2014.07.24-00 - 17 -

㉕MELSEC-Q本体へ設定データを転送します。

㉖下記画面より接続先を選択します。

- 18 -

2MELSEC-Q の設定方法 -17

㉗接続先⇒現在の接続先Connection1をダブルクリックします。

㉘接続先設定画面が展開されます。

(13)

TI 04L01L08-05JA 2014.07.24-00 - 19 -

㉙接続先設定画面でパソコン側I/Fのシリアル/USBをダブルクリックします。

㉚パソコン側I/Fシリアル詳細設定画面で使用される通信形態に合わせてRS-232C(COM ポートと伝送速度を設定)若しくはUSBのいづれかを選択後「OK」をクリックします。

㉛接続先設定画面に戻りましたら「OK」をクリックします。

- 20 -

2MELSEC-Q の設定方法 -19

㉜下記画面よりオンライン⇒PC書込みを選択してください。

(14)

TI 04L01L08-05JA 2014.07.24-00 - 21 -

㉝PC書込画面で下記部分にチェックを入れて書き込みを実行してください。

㉞書込み終了後に必ずMELSEC本体の電源を一度OFF/ONしてください。

(必ず実行してください。)

書込み実行中

- 22 -

3GX20 の設定方法 -1 1 )通信設定

①通信(イーサネット)設定の中の基本設定を選択します。

②IPアドレス・サブネットマスク・デフォルトゲートウエイを設定します。

③最後に保存を押します。

(15)

TI 04L01L08-05JA 2014.07.24-00 - 23 -

④通信(イーサネット)設定の中のサーバ設定を選択します。

⑤サーバ設定の中のサーバ機能を選択します。

- 24 -

3GX20 の設定方法 -3

⑥サーバ機能を下記のように選択します。

⑦サーバ設定の中のサーバリストを選択します。

(16)

TI 04L01L08-05JA 2014.07.24-00 - 25 -

⑧サーバリストのMODBUSを押します。

⑨Off⇒Onに設定します。

- 26 -

3GX20 の設定方法 -5

⑩サーバリストのMODBUS項目が下記のようになっていることを確認して、最後に保存を 押します。

(17)

TI 04L01L08-05JA 2014.07.24-00 - 27 -

2 )通信チャネル設定

①通信チャネル設定の中のOn/Off,スパンを押します。

②On/Off,スパン(C001-C001)画面でOn/Off、スパン項目のOffを押します。

- 28 -

3GX20 の設定方法 -7

③Off⇒Onに設定します。

④On/Off,スパン(C001-C001)画面で下記のように設定を行います。

⑤最後に保存を押します。

(18)

TI 04L01L08-05JA 2014.07.24-00 - 29 -

3 )表示設定

①表示設定を選択します。グループ設定を押します。

- 30 -

3GX20 の設定方法 -9

②グループ設定画面からチャネル設定を押します。

③チャネル設定画面よりAIチャネル001~003を設定します。通信チャネルC001を設定します。

(次ページに記載されています。)

④最後に保存を押します。

(19)

TI 04L01L08-05JA 2014.07.24-00 - 31 -

チャネル設定画面

AIチャネル 通信チャネル

- 32 -

3GX20 の設定方法 -11 4 )記録設定

①記録設定の中の記録チャネル設定を押します。

(20)

TI 04L01L08-05JA 2014.07.24-00 - 33 -

②記録チャネル設定画面から表示データ、トレンド波形を押します。

③チャネル設定画面よりAIチャネル001~003を設定します。通信チャネルC001を設定します。

(下記に記載されています。)

④最後に保存を押します。

- 34 -

3GX20 の設定方法 -13

チャネル設定画面

AIチャネル 通信チャネル

(21)

TI 04L01L08-05JA 2014.07.24-00 - 35 -

⑤GX20の設定は以上です。記録。演算スタートを行い、記録画面に下記画面が表示される ことを確認してください。

(トレンド画面表示例)

- 36 -

4GX Works2 を使用したオンラインモニタ実行方法 -1

①オンライン⇒モニタ⇒デバイス一括を選択します。

(22)

TI 04L01L08-05JA 2014.07.24-00 - 37 -

②デバイス一括モニタ画面が展開されます。

③デバイス名にD0を入力してEnterキー押します。

④D0~D9までデータが入っていることを確認します。

⑤D0(測定チャネル001)~D9(測定チャネル010)に相当します。

- 38 -

4GX Works2 を使用したオンラインモニタ実行方法 -3

⑥デバイス一括モニタ画面の下記部分D0~D9のいずれかの値を選択します。

(23)

TI 04L01L08-05JA 2014.07.24-00 - 39 -

⑦デバイス/バッファメモリ一括モニタ内の現在値変更をクリックします。

- 40 -

4GX Works2 を使用したオンラインモニタ実行方法 -5

⑧現在値変更画面で下記設定を行い最後に設定ボタンをクリックします。

デバイス:D1000 データ型:ワード[符号付] 設定値500 10進

D1000の値がGX20の

表示画面に反映される

ことを確認します。

(24)

TI 04L01L08-05JA 2014.07.24-00

資料名称 : GX20 と MELSEC-Q シリーズとの Modbus/TCP を利用した通信(GX Works)

資料番号 : TI 04L01L08-05JA

2014年7月/初版 新規発行

■ 著作者 横河電機株式会社

■ 発行者 横河電機株式会社

〒 180-8750 東京都武蔵野市中町 2-9-32

(25)

関 西 支 社

東 北 支 店

千 葉 支 店 さ い た ま 支 店 神 奈 川 支 店 北 陸 支 店

中 部 支 店

豊 田 支 店

中 国 支 店

岡 山 支 店

四 国 支 店

九 州 支 店

北 九 州 支 店

06-6341-1330 022-243-4441 0436-61-1388 048-626-1091 044-266-0106 076-258-7010 052-684-2000 0565-33-1611 082-568-7411 086-434-0133 0897-33-9374 092-272-0111 093-521-7234

〒530-0001

〒982-0032

〒299-0111

〒331-0052

〒210-0804

〒920-0177

〒456-0053

〒471-0027

〒732-0043

〒710-0826

〒792-0016

〒812-0037

〒802-0003

大阪府大阪市北区梅田2-4-9(ブリーゼタワー21階)

宮 城 県 仙 台 市 太 白 区 富 沢 1 - 9 - 7 千 葉 県 市 原 市 姉 崎 8 6 7 埼 玉 県 さ い た ま 市 西 区 三 橋 6 - 6 5 4 - 1 神 奈 川 県 川 崎 市 川 崎 区 藤 崎 4 - 1 9 - 9 石川県金沢市北陽台2-3(金沢テクノパーク内) 愛 知 県 名 古 屋 市 熱 田 区 一 番 3 - 5 - 1 9 愛知県豊田市喜多町2-160 (コモ・スクエア・ウエスト7階) 広 島 県 広 島 市 東 区 東 山 町 4 - 1 岡 山 県 倉 敷 市 老 松 町 3 - 7 - 1 0 愛 媛 県 新 居 浜 市 港 町 5 - 1 8 福岡県福岡市博多区御供所町3-21(大博通りビジネスセンター7階)

福岡県北九州市小倉北区米町2-2-1(新小倉ビル6階)

北 海 道 サ ー ビ ス セ ン タ ー 東 北 サ ー ビ ス セ ン タ ー 東 京 サ ー ビ ス セ ン タ ー 東 部 サ ー ビ ス セ ン タ ー 鹿 島 サ ー ビ ス セ ン タ ー 千葉ソリューションサービスセンター 新 潟 サ ー ビ ス セ ン タ ー 北 陸 サ ー ビ ス セ ン タ ー 中部ソリューションサービスセンター

0144-72-8833 022-743-5751 044-266-0106 048-620-1414 0299-93-3791 0436-61-2381 025-241-2161 076-240-1561 052-684-2020

静 岡 サ ー ビ ス セ ン タ ー 四 日 市 サ ー ビ ス セ ン タ ー 関 西 サ ー ビ ス セ ン タ ー 京 滋 サ ー ビ ス セ ン タ ー 姫 路 サ ー ビ ス セ ン タ ー 岡山ソリューションサービスセンター 中 国 サ ー ビ ス セ ン タ ー 四国ソリューションサービスセンター 西日本ソリューションサービスセンター

0545-51-7138 059-351-8187 072-224-2221 077-521-1191 079-224-6006 086-434-0150 0834-21-3200 0897-33-1717 093-551-0443 Apr. '14

Printed in Japan

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP