トップPDF summary medicine 120417 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

summary medicine 120417 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

summary medicine 120417 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

医学概論 講義要約(2012.4.17)テーマ:骨格系 骨と関節機械的側面と臓器として側面を解説し、いくつか傷病でそれら破綻と回復について解説す る。 ①骨機能、形状、「リモデリング」 ②関節構造、可能な動き、機能維持 ③さまざまな骨 ④代表的な傷病

1 さらに読み込む

intro medicine 110405 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 110405 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

(真核生物)細胞構造 • 原形質:細胞質と核。表面に細胞膜 • 細胞質に含まれる細胞内小器官(オルガネラ) – ミトコンドリア、ゴルジ装置、中心小体、リボソーム、ライソ ソーム、など

36 さらに読み込む

intro medicine 110419 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 110419 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 広範囲筋萎縮。最初は外眼筋や眼瞼部から生じる( →眼瞼下垂) • 圧挫症候群 – 災害時など、体幹や体肢へ持続的な圧迫 →筋虚血、壊死 – ミオグロビンが腎臓を傷害する。

36 さらに読み込む

intro medicine 110426 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 110426 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

91 • (①)静脈は胎盤から始まる(②)本血管で、臍帯 を通って臍から胎児体内に入り、肝臓下面で門脈 に合流する。酸素と栄養に富む(③)が流れている。 • (④)動脈は胎児左右(⑤)動脈からでた(⑥)本

95 さらに読み込む

intro medicine 110510 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 110510 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

急性喉頭蓋炎による死亡例 • 60 歳、男性。 元来健康であった。 • 17 時、勤務中に左咽頭痛を自覚した。疼痛は徐々に増加した。 18 時に帰 宅。うがいにより左咽頭痛は軽減せず、さらに右咽頭痛と左頚部 腫脹

47 さらに読み込む

homework medicine 120410 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120410 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

3.身体前面、後面中央を走り、それぞれ左右に2等分する線を( ①)という。鎖骨 中央を通る垂直線を(②)と呼ぶ。乳頭を通る垂直線を(③)と呼ぶ 4.上・下肢において体幹に近いほうを( ①)とよび、また遠いほうを( ②)とよぶ。上 肢内側を(③)とよび、また外側を( ④)とよぶ。下肢内側を( ⑤)とよび、また外 側を(⑥)とよぶ。

1 さらに読み込む

intro medicine 120410 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120410 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

臓器(器官)特徴 • 器官(きかん、 organ )とは、生物うち、動物 や植物など多細胞生物体を構成する単 位で、形態的に周囲と区別され、それ全体と してひとまとまり機能を担うものこと。

36 さらに読み込む

intro medicine 120424 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120424 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 広範囲筋萎縮。最初は外眼筋や眼瞼部から生じる(→眼瞼下垂) • 圧挫症候群 – 災害時など、体幹や体肢へ持続的な圧迫→筋虚血、壊死 – ミオグロビンが腎臓を傷害する。

36 さらに読み込む

intro medicine 120501 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

91 • (①)静脈は胎盤から始まる(②)本血管で、臍帯 を通って臍から胎児体内に入り、肝臓下面で門脈 に合流する。酸素と栄養に富む(③)が流れている。 • (④)動脈は胎児左右(⑤)動脈からでた(⑥)本

95 さらに読み込む

homework medicine 120501 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

48.腹腔動脈枝と行き先を答えよ。 49.上腸間膜動脈と下腸間膜動脈とはそれぞれどこに分布するか。 50.内腸骨動脈枝が分布する腹部臓器例を挙げよ。 51.静脈多くは動脈と伴走するが、その例外を挙げよ。 52.脳から血液はどこにどのようにして戻るか。

2 さらに読み込む

intro medicine 120508 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120508 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

急性喉頭蓋炎による死亡例 • 60 歳、男性。 元来健康であった。 • 17 時、勤務中に左咽頭痛を自覚した。疼痛は徐々に増加した。 18 時に帰 宅。うがいにより左咽頭痛は軽減せず、さらに右咽頭痛と左頚部 腫脹

47 さらに読み込む

intro medicine 100713 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100713 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

30 外科治療医選択際に考慮するこ と • 手術方法 – 新し い術式( 手術方法) では手術侵襲度( どれく ら い切るか) が低 いこ と が多いが、 リ スク を伴う こ と も ある。

38 さらに読み込む

intro medicine 100706 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100706 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

作業仮説形成 • 年齢、 主訴、 1 ∼2 個情報をも と に。 – 例1 : 再発する多発性関節炎を有する 28 歳女性 – 例2 : 過去6 ヶ 月間、 咳、 痰、 労作時呼吸困難など

50 さらに読み込む

intro medicine 100427 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100427 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 肩甲骨( 棘下窩) から 起こ る( ③) 筋は、 ( ④) 骨( 大結 節) に停止し 、 上腕を( ⑤) する。 • 肩甲骨( 下角後面) から 起こ り 上腕骨( 小結節稜) に停止する( ⑥) 筋は、 上腕を( ⑦) 、 ( ⑧) ( 内方に回 す) 、 ( ⑨) ( 後方に引く ) する。

98 さらに読み込む

intro medicine 100413 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100413 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 翌日には顔面腫脹( し ゅちょ う ) が増し ていた。 眼 縁を触っ てみると 非常に痛いと こ ろがあり 、 • 右頬が若干、 平ら になっ たよう に見え、 右眼が左眼 にく ら べて引っ 込んでいるよう な感じ がし た。

50 さらに読み込む

intro medicine 100420 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100420 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 肩甲骨は逆三角形をし た扁平な骨で、 背部で第2 肋 骨から 第8 肋骨にかけてある。 ( ③) は上外側にあり 、 上腕骨と 肩関節をつく る。 ( ④) と ( ⑤) は背部皮下で 触知できる。 小胸筋・ 烏口腕筋や靭帯付着部を

69 さらに読み込む

intro medicine 100518 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100518 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 開いていた動脈弁が閉じ るは、 – 動脈圧  >  心室圧 – ( ただし 、 動脈圧が心室圧を少し 上回っ ても 、 心室から 流出し よう と する血液流れ勢いがなく なるまで開いている)

44 さらに読み込む

intro medicine 100525 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100525 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

に合流する。 酸素と 栄養に富む( ③) が流れている。 • ( ④) 動脈は胎児左右( ⑤) 動脈から でた( ⑥) 本 血管で、 胎児が産出し た二酸化炭素と 老廃物を ( ⑦) に送る。

53 さらに読み込む

intro medicine 100601 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100601 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 診察中に呼吸困難が出現し た。 20 時 40 分呼吸停止、 バッ グマスク で補 助換気を行っ たも 心停止と なっ たため救急隊に出場を依頼し た。 • 救急隊知覚 20 時 52 分、 出動 20 時 53 分、 医院到着 20 時 58 分。 救急隊到 着時、 JCS 300, 呼吸停止、 脈拍橈骨動脈で触知不能、 心電図で心静止 を確認し た。

32 さらに読み込む

intro medicine 100608 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100608 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

Lippincott Williams & Wikins Atlas of Anatomy Plate 5-12.. 肝鎌状間膜7[r]

33 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題