トップPDF sot14 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot14 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot14 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

合目的性:使用者要求に合致した機能を提供する 合目的性:使用者要求に合致した機能を提供する 合目的性:使用者要求に合致した機能を提供する 合目的性:使用者要求に合致した機能を提供する 正確性:要求された正確さと精度で計算し出力する 正確性:要求された正確さと精度で計算し出力する 正確性:要求された正確さと精度で計算し出力する 正確性:要求された正確さと精度で計算し出力する 相互運用性:他システムと相互運用が可能である 相互運用性:他システムと相互運用が可能である 相互運用性:他システムと相互運用が可能である 相互運用性:他システムと相互運用が可能である セキュリティ:要求されたセキュリティ事項を満足する セキュリティ:要求されたセキュリティ事項を満足する セキュリティ:要求されたセキュリティ事項を満足する セキュリティ:要求されたセキュリティ事項を満足する 成熟性:ソフトウェア障害発生がきわめて低いこと 成熟性:ソフトウェア障害発生がきわめて低いこと 成熟性:ソフトウェア障害発生がきわめて低いこと 成熟性:ソフトウェア障害発生がきわめて低いこと 障害許容性:障害時にソフトウェアが停止しない能力 障害許容性:障害時にソフトウェアが停止しない能力 障害許容性:障害時にソフトウェアが停止しない能力 障害許容性:障害時にソフトウェアが停止しない能力 回復性:障害発生後に機能が正常に回復する能力 回復性:障害発生後に機能が正常に回復する能力 回復性:障害発生後に機能が正常に回復する能力 回復性:障害発生後に機能が正常に回復する能力 理解性:使用者がソフトウェアを理解しやすいこと 理解性:使用者がソフトウェアを理解しやすいこと 理解性:使用者がソフトウェアを理解しやすいこと 理解性:使用者がソフトウェアを理解しやすいこと 習得性:使用者がソフトウェア使用法を覚えやすいこと 習得性:使用者がソフトウェア使用法を覚えやすいこと 習得性:使用者がソフトウェア使用法を覚えやすいこと 習得性:使用者がソフトウェア使用法を覚えやすいこと 運用性:使用者がソフトウェアを操作しやすいこと 運用性:使用者がソフトウェアを操作しやすいこと 運用性:使用者がソフトウェアを操作しやすいこと 運用性:使用者がソフトウェアを操作しやすいこと 魅力性:使用者が魅力を感じるソフトウェアであること 魅力性:使用者が魅力を感じるソフトウェアであること 魅力性:使用者が魅力を感じるソフトウェアであること 魅力性:使用者が魅力を感じるソフトウェアであること 時間効率性:適切な応答、処理時間などであること 時間効率性:適切な応答、処理時間などであること 時間効率性:適切な応答、処理時間などであること 時間効率性:適切な応答、処理時間などであること 資源効率性:要求された範囲資源を適切に使用していること 資源効率性:要求された範囲資源を適切に使用していること 資源効率性:要求された範囲資源を適切に使用していること 資源効率性:要求された範囲資源を適切に使用していること 解析性:障害時に原因分析
さらに見せる

23 さらに読み込む

sot04 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot04 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

てた – 現在は2008年以下SQL規格が国際標準となっている • ISO/IEC 9075:2008、『Database Language SQL』、Part 1「SQL/Framework」、Part 2「SQL/Foundation」、Part 3「SQL/CLI」、Part 4「SQL/PSM」、Part 9「SQL/MED」、 Part 10「SQL/OLB」、Part 11「SQL/Schemata」、Part 13「SQL/JRT」、ISO/IEC 9075-14:2008、『Database Language SQL』、Part 14「SQL/XML」

24 さらに読み込む

sot03 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot03 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– 概念設計結果として得られる記述を「概念モデル (conceptual model)」という • 論理設計(logical design) – 概念モデルからデータベース管理システムデータモデルに よって、対象世界写像を記述し直す(変換作業を行う) – 記述し直した結果を「論理モデル(logical model)」という

24 さらに読み込む

sot05 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot05 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– フロー最初と最後を明記する。 – 処理流れは原則として、上から下へ、左から右とする。 – このルールに逆行する際は、矢印をつける。(ただしすべて 処理流れに矢印をつけることもある。) – 線が交差しないようにする。

19 さらに読み込む

sot07 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot07 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

• コンピュータメモリ上に、データを扱うため世 界を構築し、その中で与えられたデータを様々 に操作し、必要な結果を出すことである。 • データ構造(Data Structure)は、コンピュータで計 算処理を行う際に、複数データ集まりをある形 式に整理して格納する形式

23 さらに読み込む

sot02 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot02 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– 現在利用されているコンピュータサーバ、PCで動作するデータベース 大部分はリレーショナル型である。 – パソコンで利用できるデータベース管理システムは、Microsoft Access、オープンソフトウェアでは、MySQLなどが多く利用されている – リレーショナル型データベースに対応する処理言語SQLが早くから成

24 さらに読み込む

sot01 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot01 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

• それと同時に、この授業は「基本情報処理技術者試験」最初段 階である「ITパスポート試験」を受験する準備にもなります • この授業で、「ITパスポート試験」で出題される情報技術基礎知識、 ITマネジメント基礎知識ほぼ30-40%程度をカバーしています • 本学部では、在学中に最低限、「ITパスポート試験」に合格し、さらに

24 さらに読み込む

アジャイルpdf 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

アジャイルpdf 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

ಊࣻ͢ᇋ෫֪ʁʃʐʪʨʗʂʫʽʒ ಊࣻ͢ᇋʋɱʽʂʝʂʱʽ 「つながる時代」が到来し、新たな知識を獲得しながらシステム開発を進めるアジャイル開発有効性が注目され ている。要求事前固定が難しい開発、新技術を含みトライ&エラーを必要とする開発、使いながらユーザ要求を 発掘していく開発などに適した手法として認知を得てきた。欧米手法輸入と考えられがちであるが、リーン 源流である TPS(トヨタ生産方式)、スクラムオリジナルコンセプトである 80 年代日本新製品開発手法など、 アジャイル開発には日本発考え方も多く入っている。本稿ではアジャイル開発概要や求められる背景、スクラ ムを例とした開発手法などを紹介する。
さらに見せる

4 さらに読み込む

sot08 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot08 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– PR(プログラムレジスタ : Program Register) • 次に実行すべき命令語先頭アドレスを保持している。 – FR(フラグレジスタ : Flag Register) • OF(Overflow Flag)、SF(Sign Flag)、ZF(Zero Flag)と呼ぶ3個ビットからな り、演算命令など実行によって次値が設定される

24 さらに読み込む

sot13 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot13 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

成果物スコープ記述書 プロジェクト成果物が何で、どうあるべきか要求を定義した文書 プロジェクトに対する要求事項 プロジェクト運営、進捗管理、報告手順など方法に関する要求 プロジェクト境界 どこまでがこのプロジェクト範囲か、どれは範囲外かを記述する プロジェクト要素成果物 プロジェクトで作成される主要な成果物を洗い上げ定義する 成果物受け入れ基準 それぞれ成果物が完成したと判断できる指標や状態と計測方法 制約条件/前提条件 プロジェクトを開始する前提となること、作業制約条件
さらに見せる

24 さらに読み込む

sot12 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot12 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– 現在案は、上記二つ規格整合を取るため、ISO/IEC 15288が優先され、ソフトウェア特有プロセスが削除されている – 日本はヨーロッパ主要国などに呼びかけ、ソフトウェア特有 プロセスを残すことと、Part2としてソフトウェアプロセスに関する 補足資料を作成することを要求し、その方向で規格制定が進ん でいる

24 さらに読み込む

sot15 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot15 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

9.4 プロジェクトチームマネジメント プロジェクトチームマネジメント プロジェクトチームマネジメント プロジェクトチームマネジメント コンフリクトマネジメント • コンフリクトマネジメント種類 – 競争的: 相手を犠牲に(説得)して自分利益を中心に解決。 – 受容的: 自分要求を抑えて相手要求を受け入れること

27 さらに読み込む

sot11 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot11 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– クラス図はプログラム設計ためだけものではないが、オブジェクト指向言語概念 はクラス図で利用される概念が言語仕様重要な部分を占めている。そのため、クラス 図モデリングが、オブジェクト指向言語基本構造設計になっていく場合が多い。 • クラス図はオブジェクトとその「静的」な関係を間関係を描いたものであ り、動的な「振る舞い」は他図で描かれる。

23 さらに読み込む

sot09 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot09 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

• 企業活動を行うために必要で最適なアプリケーションモデルを構築する – アプリケーションが、次条件を満たしているかを分析して最適化し、 アプリケーション間依存関係も分析する • あるアプリケーションが対象とするビジネスグループは密接に関連している • アプリケーション間境界は明確であり、重複しない

23 さらに読み込む

sot10 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot10 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– システム全体をいくつか部分(サブシステムなど)に分割 し,それを順次追加開発する。 • 追加型モデル手法 – システム基盤部分や共通機能をまず開発し、順次優先 順位や開発上リスク高い機能から開発を進める。 – 追加する機能ごとに、開発とテストを繰り返すため、常に

23 さらに読み込む

米国経済論:講義(第15回) 最近の更新履歴  藤田輔(上武大学ビジネス情報学部講師)のサイト

米国経済論:講義(第15回) 最近の更新履歴 藤田輔(上武大学ビジネス情報学部講師)のサイト

 米国労働力,産業,貿易実態とは? 第 4 回:米国経済構造(3) (10/18) ≪ 1章≫  米国自動車はなぜ国際競争に敗れたか? 第 5 回:自動車産業と失業問題(1) (10/25) ≪ 2章≫   大手自動車メーカー GM 栄枯盛衰を辿る!

8 さらに読み込む

金融論B:講義(第15回) 最近の更新履歴  藤田輔(上武大学ビジネス情報学部講師)のサイト

金融論B:講義(第15回) 最近の更新履歴 藤田輔(上武大学ビジネス情報学部講師)のサイト

国際収支と外国為替取引,為替相場メカニズム, 為替介入,国際通貨体制等知識 に加え, 経済・金 融危機,新興国台頭 等,近年注目されている時事 問題についても触れていく。

9 さらに読み込む

Plat14田丸pdf 最近の更新履歴  epubcafé

Plat14田丸pdf 最近の更新履歴 epubcafé

類 冊数 出現文 数 出現漢 数 単行本 540 88,189,211 53.9% 24,858,027 51.9% 刊誌 120 32,971,129 20.2% 9,560,173 19.9% 週刊誌 150 23,477,267 14.4% 7,688,151 16.0% 辞典 事典 12 18,849,349 11.5% 5,818,082 12.1% 合計 822 163,486,956 100.0% 47,924,433 100.0%

35 さらに読み込む

Lec14 最近の更新履歴  yyasuda's website

Lec14 最近の更新履歴 yyasuda's website

The idea of relating axiomatic solutions to equilibria of strategic models (noncooperative games) was suggested by Nash (1953) and is now known as the “Nash program”. ◮ Nash’s axiomatic [r]

10 さらに読み込む

Lec14 最近の更新履歴  yyasuda's website

Lec14 最近の更新履歴 yyasuda's website

Rm The previous theorem implies that re-opening the (spot) markets after the realization of the state s would not lead to any trade since the allocation is ex post Pareto efficient as we[r]

14 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題