トップPDF sot03 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot03 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot03 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– 概念設計結果として得られる記述を「概念モデル (conceptual model)」という • 論理設計(logical design) – 概念モデルからデータベース管理システムデータモデルに よって、対象世界写像を記述し直す(変換作業を行う) – 記述し直した結果を「論理モデル(logical model)」という

24 さらに読み込む

sot07 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot07 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

• コンピュータメモリ上に、データを扱うため世 界を構築し、その中で与えられたデータを様々 に操作し、必要な結果を出すことである。 • データ構造(Data Structure)は、コンピュータで計 算処理を行う際に、複数データ集まりをある形 式に整理して格納する形式

23 さらに読み込む

sot04 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot04 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

てた – 現在は2008年以下SQL規格が国際標準となっている • ISO/IEC 9075:2008、『Database Language SQL』、Part 1「SQL/Framework」、Part 2「SQL/Foundation」、Part 3「SQL/CLI」、Part 4「SQL/PSM」、Part 9「SQL/MED」、 Part 10「SQL/OLB」、Part 11「SQL/Schemata」、Part 13「SQL/JRT」、ISO/IEC 9075-14:2008、『Database Language SQL』、Part 14「SQL/XML」

24 さらに読み込む

sot05 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot05 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– フローチャートで用いられる主な記号は後述する • フローチャートは,プログラムソースを作成する前段階, すなわち,設計段階で作成する。 • フローチャートを作成する理由としては,以下ようなものが あげられる。

19 さらに読み込む

sot08 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot08 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– PR(プログラムレジスタ : Program Register) • 次に実行すべき命令語先頭アドレスを保持している。 – FR(フラグレジスタ : Flag Register) • OF(Overflow Flag)、SF(Sign Flag)、ZF(Zero Flag)と呼ぶ3個ビットからな り、演算命令など実行によって次値が設定される

24 さらに読み込む

sot02 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot02 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– 現在利用されているコンピュータサーバ、PCで動作するデータベース 大部分はリレーショナル型である。 – パソコンで利用できるデータベース管理システムは、Microsoft Access、オープンソフトウェアでは、MySQLなどが多く利用されている – リレーショナル型データベースに対応する処理言語SQLが早くから成

24 さらに読み込む

sot01 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot01 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– 学校が遠い、危険など理由で学校に通えない子供たちにとって、ネットワーク 上バーチャルな学校は非常に効果的な教育手段となっている • 2012年MITメディアラボがエチオピアで行った実験では、タブレット端末を子供たちに 配布し、何指導もしなかったが、1か月後には実験対象子供たちはアルファベットを 覚え、完全な英語文章が書けるようになったという

24 さらに読み込む

アジャイルpdf 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

アジャイルpdf 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

ಊࣻ͢ᇋ෫֪ʁʃʐʪʨʗʂʫʽʒ ಊࣻ͢ᇋʋɱʽʂʝʂʱʽ 「つながる時代」が到来し、新たな知識を獲得しながらシステム開発を進めるアジャイル開発有効性が注目され ている。要求事前固定が難しい開発、新技術を含みトライ&エラーを必要とする開発、使いながらユーザ要求を 発掘していく開発などに適した手法として認知を得てきた。欧米手法輸入と考えられがちであるが、リーン 源流である TPS(トヨタ生産方式)、スクラムオリジナルコンセプトである 80 年代日本新製品開発手法など、 アジャイル開発には日本発考え方も多く入っている。本稿ではアジャイル開発概要や求められる背景、スクラ ムを例とした開発手法などを紹介する。
さらに見せる

4 さらに読み込む

sot09 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot09 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– 繰り返し受注生産(MTO=Make to Order) • 設計は事前に決定され、同じ品種ものを、受注に応じて繰り返し製造する • 部品メーカーに多く、受注してから原材料調達をし、加工組立→物流と進める • 個別受注生産に比べ、設計をしない分、生産期間が短い、在庫は非常に少

23 さらに読み込む

sot14 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot14 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

環境適応性:他 環境適応性:他 環境適応性:他OS OS OS OSなど環境に容易に移植できること など環境に容易に移植できること など環境に容易に移植できること など環境に容易に移植できること 設置性:インストール(導入)が容易であること 設置性:インストール(導入)が容易であること 設置性:インストール(導入)が容易であること 設置性:インストール(導入)が容易であること 共存性:他ソフトウェア共存が容易であること 共存性:他ソフトウェア共存が容易であること 共存性:他ソフトウェア共存が容易であること 共存性:他ソフトウェア共存が容易であること 置換性:バージョンアップが容易であること 置換性:バージョンアップが容易であること 置換性:バージョンアップが容易であること 置換性:バージョンアップが容易であること
さらに見せる

23 さらに読み込む

sot13 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot13 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

• WBS 完成によって、すべて「実際に行うべき作業」が定義され、 これら作業がすべて終了すれば、プロジェクトは完了となる。 • 作業(アクティビティ)には、所要時間/コスト/資源などが割り当 てられるので、プロジェクトを定量的に管理することが可能になる。 • WBS はツリー形式図表で表現され、この図表によって要素/作

24 さらに読み込む

sot12 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot12 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

2.3.5.2.1システム適格性確認テスト準備 システム適格性確認テスト準備 システム適格性確認テスト準備 システム適格性確認テスト準備 システム適格性確認各要件に対して,システム適格性確認テストを システム適格性確認各要件に対して,システム適格性確認テストを システム適格性確認各要件に対して,システム適格性確認テストを システム適格性確認各要件に対して,システム適格性確認テストを 行うため,一連テスト,テストケース(入力,出力及びテスト準備など) 行うため,一連テスト,テストケース(入力,出力及びテスト準備など) 行うため,一連テスト,テストケース(入力,出力及びテスト準備など) 行うため,一連テスト,テストケース(入力,出力及びテスト準備など) 及びテスト手順を作成し,文書化する。開発者は,結合したシステムに対 及びテスト手順を作成し,文書化する。開発者は,結合したシステムに対 及びテスト手順を作成し,文書化する。開発者は,結合したシステムに対 及びテスト手順を作成し,文書化する。開発者は,結合したシステムに対 してシステム適格性確認テスト準備が終わっていることを確実にする。 してシステム適格性確認テスト準備が終わっていることを確実にする。 してシステム適格性確認テスト準備が終わっていることを確実にする。 してシステム適格性確認テスト準備が終わっていることを確実にする。
さらに見せる

24 さらに読み込む

sot15 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot15 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

9.4 プロジェクトチームマネジメント プロジェクトチームマネジメント プロジェクトチームマネジメント プロジェクトチームマネジメント コンフリクトマネジメント • コンフリクトマネジメント種類 – 競争的: 相手を犠牲に(説得)して自分利益を中心に解決。 – 受容的: 自分要求を抑えて相手要求を受け入れること

27 さらに読み込む

sot10 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot10 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

• V字型前半部分は「品質を埋め込む段階」、後半は「品 質を確認・検証する段階」と位置付けられ、対応関係がV 字型になるので「V字型モデル」と呼ぶ。 – 「要件定義」フェーズ結果は「運用テスト」フェーズで検証 – 「外部設計」フェーズ結果は「総合テスト」フェーズ検証 – 「内部設計」フェーズ結果は「結合テスト」フェーズで検証

23 さらに読み込む

sot11 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot11 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– クラス図はプログラム設計ためだけものではないが、オブジェクト指向言語概念 はクラス図で利用される概念が言語仕様重要な部分を占めている。そのため、クラス 図モデリングが、オブジェクト指向言語基本構造設計になっていく場合が多い。 • クラス図はオブジェクトとその「静的」な関係を間関係を描いたものであ り、動的な「振る舞い」は他図で描かれる。

23 さらに読み込む

金融論B:講義(第15回) 最近の更新履歴  藤田輔(上武大学ビジネス情報学部講師)のサイト

金融論B:講義(第15回) 最近の更新履歴 藤田輔(上武大学ビジネス情報学部講師)のサイト

国際収支と外国為替取引,為替相場メカニズム, 為替介入,国際通貨体制等知識 に加え, 経済・金 融危機,新興国台頭 等,近年注目されている時事 問題についても触れていく。

9 さらに読み込む

米国経済論:講義(第15回) 最近の更新履歴  藤田輔(上武大学ビジネス情報学部講師)のサイト

米国経済論:講義(第15回) 最近の更新履歴 藤田輔(上武大学ビジネス情報学部講師)のサイト

 米国労働力,産業,貿易実態とは? 第 4 回:米国経済構造(3) (10/18) ≪ 1章≫  米国自動車はなぜ国際競争に敗れたか? 第 5 回:自動車産業と失業問題(1) (10/25) ≪ 2章≫   大手自動車メーカー GM 栄枯盛衰を辿る!

8 さらに読み込む

icho03 最近の更新履歴  和光学園アーカイブス

icho03 最近の更新履歴 和光学園アーカイブス

※ ホームページにも登録方法を掲載します。 登録パスワードは です。 写真掲載許可をお願いします 今、2011年度児童募集ためポスター、パンフレッ ト等を作成しています。和光子どもたち生き生きした表 情をたくさん載せたいと考えています。そこで、お子さん 写真掲載に協力いただきたいと思いますが、もし許諾をい ただけない方は、担任または園田までお知らせください。
さらに見せる

2 さらに読み込む

長文レポートの編集docx 最近の更新履歴  情報リテラシーⅠ

長文レポートの編集docx 最近の更新履歴 情報リテラシーⅠ

図 1 各語彙方言認識  方言として認識されにくかった「なおす」「たう」「ひこずる」「つかえる」「みやす い」といった言葉は、「方言だとは知らなかった」「周囲でも通常使っている」など感 想があった。これら言葉は、岡山弁特殊な語彙ではあるが、岡山弁特徴(連母音が 融合するなど)が含まれていないため、一見して標準語と勘違いしやすいと考えられる。  さらに、「すいばり」は、「この言葉以外どう表現していいかわからない」といった 感想が多かった。これは、メディアで耳にする機会がないためではないかと考えられる。  また反対に、「ぎょーさん」「おえん」「えれー」などは、いかにも方言らしい音を 持っているためか、方言であることに気づく割合は非常に高い。
さらに見せる

4 さらに読み込む

練習問題2pptx 最近の更新履歴  情報リテラシーⅠ

練習問題2pptx 最近の更新履歴 情報リテラシーⅠ

バイオメトリクス認証 について.. FOM セキュリティ株式会社[r]

2 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題