トップPDF paper20031129 最近の更新履歴 SFJ

paper20031129 最近の更新履歴  SFJ

paper20031129 最近の更新履歴 SFJ

片 6. 片 生命 ュ 論と 6 ・ 1 生活状態生理学、生命科学を教えてく 生 ネメェスュアブゾ゛ェケ論 機能状態 ある生 体 見られるゆら 注目 キ゜゠ンケ ゾェテュグ ヴ い 論 る 置 る 機能状態 生 体 日常的 生活状態 いう意味 ある 生 体 子ン 細胞ン組織ン器官ン個体ン個体群 いう プェュヤパャ らブェュヤパャ い る階層構造を 、 れ れ 層内及 層間 多様 ヅセダワヴェを構 いるクケゾ ヘ ある 生 体 一定 機能を持 構 要素 階層 影響を ら相互作用 る複雑系
さらに見せる

8 さらに読み込む

最近の更新履歴  SFJ

最近の更新履歴 SFJ

(090- 7794- 0267) まで予め申し込んでください。 セミナー概要 (資料を用意します) 「 フラクチュオマティクス:f l uc t uom at i c s 」とは、 「f l uc t uat i on」と「i nf or m at i c s 」 を合体したことばであり、文字通りには「ゆらぎ情報学」 、内容は「ゆらぎ科学と 技術」という意味を持っています。すなわち、フラクチュオマティクスは、ゆらぎ計 測、解析、解釈という情報学手法を媒介し、科学と技術を接着して一体化し、予測や 発見、創造を先導する魅力的な学問分野となっています。セミナーは、下記目次に従 って行われます。 【山本光璋・鷹野致和「ゆらぎ科学と技術−フラクチュオマティク ス入門」 (東北大学出版会発行、2004)よ
さらに見せる

1 さらに読み込む

最近の更新履歴  exektlab

最近の更新履歴 exektlab

事業概要  さまざまな知識を整理し、誰もが分かるように表現するため技術として、オントロジーというものがあります。われ われは、病院医療手順書であるクリニカルパスとオントロジー技術を組み合わせ、これまで明確でなかった医療 目的など知識を明らかにするとともに、オントロジーに基づくクリニカルパスモデリングツールを開発し、実際電 子カルテにこれらを組み込んで病院診療に活用し、医療向上や安全向上、さらには優れた知識スタッフ 間共有・循環を目指した適用実証研究を行います。
さらに見せる

30 さらに読み込む

最近の更新履歴  exektlab

最近の更新履歴 exektlab

定です。 ○ アプリケーションにおけるコンテクスト使用(仮題) (佐藤) 「 Context Driven で、 Heuristic に機能や連動が生まれてくるウェブペ ージ作成 UI 」を基軸にして、視覚的表現を用いて、 「 Context Driven 」 で、裏で、発見的学習機能があり、また、なにやら Association による 検 索 が 動 い て い る よ う な も 単 純 形 が で き れ ば と 方 向 性 を 考 え て い

7 さらに読み込む

最近の更新履歴  exektlab

最近の更新履歴 exektlab

題 「是(ぜ)」と「頁(けつ)」とを組合わせた形。 「頁」は頭に儀礼用帽子をつけて拝んで いる人姿。「是」は「匙(さじ)」形で、上 部すくう杓(しゃく)部分が人顔でい えば「額(ひたい)」にあり、「あたま、かし ら」意味に用いる。ある事柄で中心とな る主題。芸術作品中心となる思想内容、 テーマ。

27 さらに読み込む

最近の更新履歴  exektlab

最近の更新履歴 exektlab

研究成果や過去 の評判に応じて 講演の内容を変 える. 窓口で顧客と話し[r]

19 さらに読み込む

最近の更新履歴  exektlab

最近の更新履歴 exektlab

神話候補 (2/2) •  資産を活用すれば生産性はあがる   •  人間は間違うが機械は間違いを起こさない   •  デファクトスタンダードやグローバルスタンダードに従えば間違いはない   •  プラクティスを実践すれば上手くいく  

9 さらに読み込む

最近の更新履歴  exektlab

最近の更新履歴 exektlab

りしたことは、 呪縛されることは悪いことではない事、 呪縛から解放はないとい う事です。何らかの呪縛に拘束されている状態が、一般的に無意識、自然、習慣、 慣例等御と言われるものになると思っています。 この状態中に居続けては新しい 世界観は生まれません。 新しい世界を生むには、 自らが拘束されている呪縛を知る

6 さらに読み込む

最近の更新履歴  exektlab

最近の更新履歴 exektlab

7.ソフトウェアは、言語ゲームである Software is a language game. 上記、基盤化、全体論、知働化、進化論、意匠論、経営論、遊戯論 など広範で、 かつ、 相互補完的アプローチが、 新しい物語を生み

1 さらに読み込む

最近の更新履歴  exektlab

最近の更新履歴 exektlab

定です。 アプリケーションにおけるコンテクスト使用(仮題) (佐藤) 「 Context Driven で、 Heuristic に機能や連動が生まれてくるウェブペ ージ作成 UI 」を基軸にして、視覚的表現を用いて、 「 Context Driven 」 で、裏で、発見的学習機能があり、また、なにやら Association による 検 索 が 動 い て い る よ う な も 単 純 形 が で き れ ば と 方 向 性 を 考 え て い

5 さらに読み込む

最近の更新履歴  ARSCeio

最近の更新履歴 ARSCeio

新 ロ 陸 輸送競争力に い 報告者:呉逸良 日本大学 討論者:松浦寿 慶應義塾大学 Interprovincial differences in the endowment and utilization in labor force by educational attainment in Indonesia’s post-crisis economy

12 さらに読み込む

最近の更新履歴  nkutsukake

最近の更新履歴 nkutsukake

Of 37 cases of polyadic ag- gressive interactions, none involved 3 males or male-male coalitions attack- ing adult females; the absolute number of dyadic and polyadic (male-male coalitio[r]

26 さらに読み込む

最近の更新履歴  nkutsukake

最近の更新履歴 nkutsukake

Tension reduction hypothesis: If greetings function to regulate intra- group tension, 1) they should occur after acts of aggression, and should not necessarily involve participants in fo[r]

21 さらに読み込む

最近の更新履歴  nkutsukake

最近の更新履歴 nkutsukake

In contrast, a compromise model called the tug-of-war model assumes that the dominant individual is unable to control the reproduction of subordinates completely (Reeve et al. 1998 ; Cant 1998 ; Clutton-Brock 1998 ). As a result, the degree of reproductive skew is an outcome of struggles between the dominant and subordinate, and this struggle decreases group productivity (Reeve et al. 1998 ; Johnstone 2000 ). The concession and the tug-of-war models have been tested empirically in social insects (reviewed in Reeve and Keller 2001 ; Nonacs 2001 ) and birds (Magrath and Heinsohn 2000 ; Magrath et al. 2004 ). Some studies provided support for the concession model [e.g., moorhen (Gallinula chloropus), McRae 1996 ; pukeko (Porphyrio porphyrio), Jamieson 1997 ; social paper wasp (Polistes fuscatus), Reeve et al. 2000 ; see Keller and Reeve 1994 ; Bourke 1997 ; Emlen 1997 ]. Other studies supported the tug-of-war model [e.g., social wasp (Polistes carolina), Seppä et al. 2002 ; Australian alloda- pine bees (Exoneura nigrescens), Langer et al. 2004 ; see Clutton-Brock 1998 ; Field et al. 1998 ]. The tug-of-war model has similarities to the priority of access model used to study links between male rank and reproductive success (Altmann 1962 ). In strict application of the priority of access model, however, the dominant male loses complete control over mating access only when multiple females are in estrus (Altmann 1962 ); such effects of female synchrony can exist in the tug-of-war model (see below), but this model also considers the effects of male competition due to more rivals.
さらに見せる

12 さらに読み込む

最近の更新履歴  nkutsukake

最近の更新履歴 nkutsukake

Previous cases of intergroup attacks on an unknown female with an infant (usually a mother–infant pair) from a neighboring group may be classified into two types, according to whether th[r]

6 さらに読み込む

最近の更新履歴  nkutsukake

最近の更新履歴 nkutsukake

Following the relationship repair hypothesis, we predicted that (1) victims suffer increased rates of aggression in the post-conflict period, and (2) the risk of suffering further aggres[r]

10 さらに読み込む

最近の更新履歴  nkutsukake

最近の更新履歴 nkutsukake

we were able to quantify the mating skew of some studies that report only the relative frequency of mating by each male.. 30.[r]

17 さらに読み込む

最近の更新履歴  nkutsukake

最近の更新履歴 nkutsukake

The Japan Monkey Centre (JMC) presents the Most- Cited Paper Award to the author whose paper was pub- lished in Primates and in the subsequent 2 years was most often cited. We welcome exciting and stimulating papers that attract many readers, and we encourage scientists of all ages to submit their most interesting papers to Primates.

1 さらに読み込む

最近の更新履歴  kentakadasite

最近の更新履歴 kentakadasite

(2013) Arrival of the insect movie stars: Commentary on the animated movie “A Bug’s Life” from the aspect of Cultural Ent omology providing insight for instruction of entom[r]

5 さらに読み込む

最近の更新履歴  epubcafé

最近の更新履歴 epubcafé

• Individuals with severe psychiatry disability conduct evacuation training in winter at night every year to prepare for Tsunami. • With 4 evacuation training sessions per year, they d[r]

38 さらに読み込む

Show all 10000 documents...