トップPDF nature08467 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

nature08467 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

nature08467 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

An integrated signalling and genome-maintenance network To combat threats posed by DNA damage, cells have evolved mechanisms—collectively termed the DNA-damage response (DDR)—to detect D[r]

8 さらに読み込む

biochem 120410 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120410 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

参考:燃料電池 • 燃料電池は、補充可能な何らかの負極活物質(通常は水素)と正極活物 質となる空気中酸素等を常温または高温環境で供給し反応させること により継続的に電力を取り出すことができる発電装置である。

26 さらに読み込む

medinfo 111129 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 111129 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

パッケージソフト • マスタ設定により柔軟に動き方を変えるこ とができる。マスタ設定により、病院が求める 機能が実現できるかどうか確認する。 • カスタマイズ:パッケージソフト改造

48 さらに読み込む

molbio 20111129 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111129 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

…We transplanted stem cells from a donor who was homozygous for CCR5 delta32 in a patient with acute myeloid leukemia and HIV-1 infection.. The patient remained without viral rebound 20[r]

45 さらに読み込む

molbio 20111213 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111213 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

c, Demonstration of the abnormal splice product using RT – PCR, showing an abnormal product of 489 bp in the two HGPS probands due to activation of the cryptic splice site.. Alternati[r]

27 さらに読み込む

medinfo 111213 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 111213 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

I. 新築病院であるため、建物設計、システム設計をすべて運用に合わ せることが可能→運用フローを徹底的に検討 II. 中途半端な IT 化は非効率 →すべてを IT 化 画像診断部門など将来像を踏まえた上で、無駄ない設計・設備投資を

33 さらに読み込む

biochem 120424 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120424 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 還元糖は発色試薬(例えばベネディクト試薬 やフェーリング溶液)と反応して試薬を還元し 発色させ、自らアノマー炭素は酸化される。 • 比色試験:尿中に還元糖が存在するかどうか

61 さらに読み込む

biochem 120501 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• ②小腸粘膜細胞が単糖を取り込む方法について解説する。門脈につい て解説する。 • ③細胞へ取り込み機構について解説する。肝細胞と他細胞と 糖取り込み機構違いについて解説する。

53 さらに読み込む

biochem 120508 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120508 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

ピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体調節 リン酸化→不活性化 脱リン酸化→活性化 プロテインホスファターゼを活性 化(ピルビン酸デヒドロゲナーゼ を活性化):カルシウムイオン

29 さらに読み込む

medinfo 111122 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 111122 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

Aspects of the Patient-centered Medical Home currently in place: initial findings from preparing the. personal physician for practice.[r]

49 さらに読み込む

biochem 120529 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120529 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 炭素骨格→あるものはクエン酸回路中間 代謝物に、あるものはアセチル CoA になる。 – 前者を糖原性、後者をケト原性という。 – クエン酸回路に投入されたものは糖新生に利用 できる。

44 さらに読み込む

medinfo 111004 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 111004 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

背景(1) • 米国医学研究所 (Institute of Medicine) が医療上 エラーに関する報告書「 To Err is Human: Building a Safer Health System, 2000 」(邦題「人は誰でも 間違えるーより安全な医療システムを目指して」)を 発表(1999年)

48 さらに読み込む

biochem 110510 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110510 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

TCA 回路まとめ(1) 1 周する間に、 1 分子アセチル CoA から 3 分子 NADH, 1 分子 FADH2 ができる。また、 1 分子 GTP ができる。アセチル CoA 炭素は2分子 CO2 として 消滅する。

29 さらに読み込む

biochem 110517 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110517 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 炭素骨格→あるものはクエン酸回路中間 代謝物に、あるものはアセチル CoA になる。 – 前者を糖原性、後者をケト原性という。 – クエン酸回路に投入されたものは糖新生に利用 できる。

44 さらに読み込む

molbio 20110927 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20110927 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

is dedicated to helping the nearly 30 million Americans with rare diseases, and the. organizations that serve them, through[r]

29 さらに読み込む

molbio 20111122 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111122 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• Three years later, chemotherapy and other treatments weren t working. There s nothing for you, you re going to die, Orem was told. • That s when a friend told her about a clinical trial going on in Portland of a new drug that attacks cancer cells and leaves

31 さらに読み込む

molbio 20111018 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111018 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

Redox-sensitive intermediates mediate angiotensin II-induced p38 MAP kinase activation, AP-1 binding activity, and TGF-ß expression in adult ventricular cardiomyocytes.. Possibilities [r]

32 さらに読み込む

molbio 20111101 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111101 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• PAR= (相対的な)リスク減少:変異がない場合に、変異があるよりも病気 を有する割合がどのくらい減るか。 • ある変異で説明できないリスク割合:1- PAR • Combined PAR: 11個遺伝子変異で説明できるリスク割合

36 さらに読み込む

Show all 10000 documents...