トップPDF biochem 100629 2 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100629 2 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100629 2 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• Insulin Receptor Substrate (IRS) のリ ン酸 化から 始まる.. 各組織でのグルコ ース輸送の特徴[r]

29 さらに読み込む

biochem 100608 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100608 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

にするまで過程。 – L D L は末梢組織細胞にも 、 肝細胞にも 取り 込まれる • [1] 細胞表面被覆小窩に 存在する LDL レセプタ ー ( Apo B-100/Apo E レセプ タ ー) に LDL が結合する。

52 さらに読み込む

biochem 100518 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100518 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

④グリ コ ーゲンシンタ ーゼによるα (1 → 4) グリ コ シド 結合による鎖延長 ④ ⑤ ⑤分岐酵素( 4:6 ト ラ ンスフ ェ ラ ーゼ) によっ て鎖末端が鎖途中にα (1 → 6) 結合さ れる ④

36 さらに読み込む

biochem 100525 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100525 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– ステロイ ド 環水酸化: 疎水性→可溶性に • コ レステロール水酸化によっ て、 ステロイ ド ホルモン生成中 間体をつく る: 胎盤、 卵巣、 精巣、 副腎皮質 • 胆汁酸合成: 肝臓

35 さらに読み込む

biochem 100601 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100601 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 脂肪組織では、 TAG は貯蔵さ れる • 肝臓では、 TAG は VLDL と いう リ ポタ ンパク になっ て血中に放出さ れる – リ ポタ ンパク : 脂質運び屋 – コ レステロールエステル、 コ レステロール、 リ ン脂質、 アポリ ポプロテイ ン B-100 などを含む

55 さらに読み込む

biochem 100427 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100427 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

21 TCA 回路まと め( 1 ) 1 周する間に、 1 分子アセチル CoA から 3 分子 NADH, 1 分子 FADH2 ができる。 また、 1 分子 GTP ができる。 アセチル CoA 炭素は2 分子 CO2 と し て 消滅する。

35 さらに読み込む

biochem 100622 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100622 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

新生児黄疸 特に未熟児場合に、 ビリ ルビング ルク ロニルト ラ ンスフ ェ ラ ーゼ( ビリ ル ビンをグルク ロン酸に結合さ せる酵 素) 活性が出生後し ばら く はまだ十 分でないこ と が原因

69 さらに読み込む

biochem 100713 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100713 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 初期段階: 遺伝的素因を持つ人がウイ ルスや毒素 にさ ら さ れるこ と でβ 細胞崩壊が始まる • ゆっ く り と し たβ 細胞破壊段階: • 臨床的な糖尿病段階: イ ンスリ ン分泌能力が閾値以

26 さらに読み込む

biochem 100615 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100615 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

アミ ノ 酸分類 • 脂肪族アミ ノ 酸 – 中性アミ ノ 酸 • グリ シン、 アラ ニン、 バリ ン、 ロイ シン、 イ ソ ロイ シン、 セリ ン、 ト レオニン、 アスパラ ギン、 グルタ ミ ン

63 さらに読み込む

biochem 100420 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100420 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

乳酸デヒ ド ロゲナーゼ 血管に乏し い、 あるいはミ ト コ ン ド リ アを欠く 組織では、 ピルビン 酸多く は最終的に乳酸になる。 たと えば、 眼レンズと 角膜、 腎 臓髄質、 精巣、 白血球、 赤血 球など。

43 さらに読み込む

biochem 110406 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110406 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

参考:燃料電池 • 燃料電池は、補充可能な何らかの負極活物質(通常は水素)と正極活物 質となる空気中酸素等を常温または高温環境で供給し反応させること により継続的に電力を取り出すことができる発電装置である。

26 さらに読み込む

homework biochem 120424 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120424 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

8. D- 体と L- 体違いは何か? D- グリセルアルデヒドを基準にして答えよ。 D- グルコース でいうと、何番目炭素が D- グリセルアルデヒドと同じ向きか? 9.グルコース1~6番炭素番号をつける順番について説明せよ。 10.グルコース2~5番炭素ような、4本結合に結合する相手構造がことな るものは立体的構造観点からどのように呼ばれるか?

1 さらに読み込む

homework biochem 120515 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120515 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

7.カルシウムイオンがピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体を活性化するしくみを答えよ。 8.α-ケトグルタル酸デヒドロゲナーゼ複合体調節について答えよ。 9. TCA サイクル調節において、エネルギー物質充足・不足はどのような方法で調節 に反映されているか?

1 さらに読み込む

homework biochem 120501 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

復習用資料 基礎生化学 ( 2012.5.1 ) 1.炭水化物は最終的にどこでどのようにして単糖にまで分解されるか。 2.小腸粘膜上皮が単糖を吸収するしくみについて説明せよ。 3.乳糖不耐症原因、発症誘引、ならびに症状について説明せよ。 4.細胞は何によってグルコースを取り込むか。

1 さらに読み込む

homework biochem 120410 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120410 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

基礎生化学 復習資料 (第1回 生体内エネルギー産生 2012/04/10 ) 1.イラストレイテッド生化学第6章「生体エネルギー学と酸化的リン酸化」をよく読み、 次に示す生体内エネルギー産生と利用について文章に対して、空欄にあてはまる言 葉を答えよ。

1 さらに読み込む

homework biochem 120605 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120605 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

18.糖尿病において血中グルコース濃度に続き細胞内グルコース濃度が上昇することで 生じる副産物とその害について答えよ。 19.ガラクトースから UDP グルコースに至る代謝パスウェイを説明せよ。 UDP グルコ ース用途を答えよ。

1 さらに読み込む

homework biochem 120710 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120710 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

12.2型糖尿病治療目標を述べよ。 13.2型糖尿病予防ためには何が有効だとされているか。 14. BMI とは何略か。計算方法は。正常範囲は。 15.肥満あるいはやせすぎと健康と関係を述べよ。

1 さらに読み込む

biochem 100406 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100406 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

PTE ) • 主に下肢深部静脈( 大腿静脈・ 膝窩静脈など、 体深 部にある静脈) に形成さ れた血栓が遊離し て血流に乗っ て肺に運ばれ、 肺動脈を閉塞し て急性呼吸循環障害を

33 さらに読み込む

homework biochem 120703 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120703 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

復習用資料 基礎生化学 ( 2012.7.3 ) 1.血糖値と低血糖症状と関係について説明せよ。 2.アルコールによる糖新生阻害しくみについて説明せよ。 3.インスリンとグルカゴン機能ならびに分泌する細胞について、それぞれ簡潔に説明 せよ。

1 さらに読み込む

intro medicine 100629 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100629 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

酸・ 塩基平衡を保つし く み • 体液水素イ オン濃度( p H ) は、 正常では狭い範囲内 ( 7.35~7.45 ) に 保たれている 。 • 体液は炭酸ガス産生や塩基喪失などにより 酸性に傾き

29 さらに読み込む

Show all 10000 documents...