トップPDF The Effective Classroom 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

The Effective Classroom 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

The Effective Classroom 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

The Effective Classroom 効果的な授業 Paul฀Carty Mark฀D.฀Lucas  本論文では、日本大学でコミュニケーションクラスを受講する 1 年生に効果的な教授 技術を調査する。学生は実用的な会話スキルを持たないため、オープンエンドタスク使用 は不十分であるし、また、語彙中心授業も、学生が高校で習得するような潜在的語彙を増 加させるだけである。必要なは、学生特定ニーズに合うこれら中間点である。  この「中間点」には以下 4 つポイントが含まれる: 1 )親しみあるトピックを利用 して、学生が言語に特化したスキルに注意を向け、そのトピックについて話したくなるよう な状態に促す。 2 )打ち解けた雰囲気を作り出して、なじみない場所で話すことへため らいを払拭する。 3 )英語を使わなければならない教室環境にすることで、どんな状況にお いても、学生が英語を使用するように促す。 4 )特定会話ツールを教えることで、学生 自信を向上させ、学生自らが気軽に会話を始めたり、終わらせたりできるよう促す。
さらに見せる

8 さらに読み込む

Analyzing an Achievement Test 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Analyzing an Achievement Test 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

  Some Western countries (  2  ) the influence of a unified Germany. 3 .日本はポーランドなど東欧諸国と友好を促進する用意がある。   Japan (  3  ) promote friendship with Poland and other East European countries. 4 .(国民)大衆その政党に対する不信が選挙で当の敗北をもたらしたに違いない。   The public distrust of the party must have (  4  ) its defeat in the election.

15 さらに読み込む

Oral Testing for Conversation Skills 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Oral Testing for Conversation Skills 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

The distinguishing feature of our test is that it is not an interview. Students are examined in pairs or small groups, so that each student has another student for a partner during the test; the teacher is only an assessor. There are many advantages to using this arrangement. First, the test takers are socially equal, which not only ensures a degree of comfort, but allows them to express themselves more freely. This is especially relevant for Japanese students, as conversational style varies greatly depending upon the relative social status of the speakers. If a student speaks with someone older, for example, the student will not participate equally in the exchange but will instead assume a lesser role, allowing the elder to lead and dominate the interaction. Furthermore, a student-student interaction is much closer to a real-life conversation than an interview in that: 1) they typically converse with other students every day and, 2) when they will have a real life conversation in English, it will most likely be with someone who they must speak to as a social equal. A further advantage to student pairs is that it is easy for them to find common topics to talk about. For these reasons, we believe our oral test to have a high degree of authenticity, in that it closely resembles a real-life conversation.
さらに見せる

16 さらに読み込む

英語公用語論に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

英語公用語論に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

英語公用論に関する一考察 A Study of Advocacy of Making English the Official Language 尾  崎  哲  夫 The Advocacy of making English the official language has been promoted since 1999 when the convention of the Grand Design of Japan in the 21st Century was held. This controversy includes a lot of issues about not only English language but language itself and communication.

11 さらに読み込む

英和辞書と連結形 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

英和辞書と連結形 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

英和辞書と連結形 Some Remarks on Combining Forms in English -Japanese Dictionaries 東 森  め ぐ み Among morphological problems, unclear definition of terminology is one of the most crucial. This paper focuses on the definition of combining forms and discusses how to deal with word- formation information, particularly that which concerns combining forms and affixes in the English-Japanese dictionaries. First, this paper observes how dictionaries define combining forms and discusses the necessity of differentiating between combining forms and affixes in dictionaries for English language learners. Although combining forms and affixes are categorically distinct, it is often difficult to differentiate one from the other, even for specialists. Consequently, many dictionaries tend to confuse combining forms and affixes. Furthermore, the present writer maintains that the current methods of categorization are often too confusing for learners. Secondly, this paper examines the treatment of word-formation information in the newly published Practical Genius English -Japanese Dictionary. In that dictionary the writer of the present paper tried to put combining forms and affixes together and use the classification into word beginnings and word endings, as was proposed in LDOCE² . Finally, this paper presents an outlook for the revised version of the dictionary through the application of similar information on word-formation.
さらに見せる

10 さらに読み込む

ヨーロッパ共通参照枠におけるレベルB1について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ヨーロッパ共通参照枠におけるレベルB1について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 また、同じ理由から、「本物教材」textes authentiques、すなわち、フランスで生活すれ ば必ず身近に遭遇する(機械など)使用説明書、案内、広告、ちらし、パンフレット、メニ ューなどを授業に取り入れることも、B 1 段階には重要な意味を持つ。その際には、辞書を用 いずに内容を理解するように指示し、文脈から意味を推論する学生能力を高めたい。実際に フランスに滞在する時に備えて、問題処理能力・一人で切り抜ける力を獲得するのに大いに役 立つであろう。なんとなれば、B 1 目標は前述したように「もしもそう望むならば、実際に 敷居 (threshold) をまたいで戸口から外世界に踏み出すことができる」敷居段階にあたるか らである。辞書を用いて全訳させることは、本来授業目的からは逸脱する。学生に対して も、わからないや表現があることに欲求不満を感じること無いよう、「細部よりも全体を 理解する授業であり、問題処理能力を高め、更なる理解力を養うため」と十分納得してもらう 必要があるかもしれない。
さらに見せる

12 さらに読み込む

レクサイル指標の位置づけと計測方法 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

レクサイル指標の位置づけと計測方法 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Methodology of Lexile Index and Its Foundation 藤 原 郁 郎 Ikuro FUJIWARA In 1988 a private data mining fi rm, MetaMetric, created Lexile index. It is diff erent from any other readability index in that it measures both students’ comprehension capability and reading material diffi culty to read. Since its publication, Lexile index has been prevailing in U.S. society to the extent that almost half school children are evaluated their reading comprehension capability with the index. Furthermore, Common Core State Standards, an education policy given by Federal Government, consequently promotes the use of Lexile index to improve students’ reading capability. 150 publishers including McGrow-Hill and distributors such as amazon.com also facilitate the index in their business. The infl uence of Lexile Index is now covering U.S. education entities from K to 12. This paper discusses the general concept of readability index fi rst. Then, it shows how to calculate a basic readability index. Finally, the methodology of Lexile Index is described and discussed.
さらに見せる

15 さらに読み込む

2009年度ケベックスタージュ報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

2009年度ケベックスタージュ報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 個人課題は、texte authentique(モントリオール滞在中に実際に出会うものを教材とする)を 用いて教案を作ることであった。私は学生証取得ため説明プリントを取り上げた。学習目 標は、テクスト内容理解と、疑問形容詞・疑問副詞習得とした。学生証を発行してもらうた めには、「いつ?」「どこへ?」「なにを持って?」行かなければならないかを辞書を使わずに読 みとってもらい、その後、学生証を使って何ができるかを挙げてもらった。折に触れて文化 違いも紹介する(モントリオール大学学生証は現金チャージ可能で、様々なキャンパス内で 支払いもできる、等)。プリントに出てくる時間表現を利用して、時間・曜日・月・季節 彙復習も行う。次に、疑問詞を探してもらい、教員がそれを黒板に書き出して用法説明を行う。 「自己紹介」をめぐる疑問詞を使った応答練習でまとめ文法学習をした後、「人物当てゲーム」 で知識を定着させるところまで90分の授業案を作成した。講師から、「授業・前(導入)」「授 業・中」「授業・後(評価も含めてまとめ)」構成に関して指導を受け、特に導入部分改 善を求められた。授業初めに、これから学ぶ項目提示と目標設定を明確にしておかなけれ ば、学習効果やモチベーションが上がらないことを学んだ。進度ばかりに気を取られ、授業開 始後すぐに本題に入っていたが、これからは、導入部分(前回まで復習と今回新たに学ぶ内 容大まかな提示、具体的な目標設定)にも時間を割き全体構成を考えながら授業を組み立 てていきたいと思った。「授業・後」知識を定着させる班単位ゲームについては、高い評価 をもらった。
さらに見せる

13 さらに読み込む

移入史初期の『ドン・キホーテ』をめぐって 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

移入史初期の『ドン・キホーテ』をめぐって 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

:London, George Routledge & Sons, nd. (Routledge’s Sixpenny Series No20) With 30 Illustrations by Sir J. Gilbert, R. A., Tony Johannot, and others  青少年向けに紹介するであれば、わざわざ完訳本を用いてそれを抄訳する労を取らず、初 めから青少年向け翻訳書(抄訳)を用いて翻訳する方が得策であり理に適っている。この英訳 書巻末広告には「ROUTLEDGE’S ILLUSTRATED SIXPENNY SERIES…Under the above title、 MESSRS. GEORGE ROUTLEDGE & SONS are issuing a Series of the CHEAPEST STANDARD BOOKS FOR YOUTH ever published in this or in any other country. Each book contains about 80 large pages, in three columns, brevier type, with about 80 illustra- tions…」とある。なお挿絵は『ドン・キホーテ』場合、版によって30枚、40枚、50枚といろ いろである。上記英訳書には出版年や翻訳者が書かれていないが、たとえば THE BRITISH LIBRARY カタログを検索すると、邦訳出版年1887年に近い Routledge 版に1882年があり、 そこには「Author:John Gilbert sir, 1817-1897」と書かれている。
さらに見せる

16 さらに読み込む

Business Presentations Course Results 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Business Presentations Course Results 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

4. The average person between ages 15 and 24 spends two to two-and-a-half hours a day watching television and seven minutes reading. (Mehagan, 2007) It’s clear that technological progress has contributed to the decline in reading: “A hundred years ago, on days when no circus was in town, people looking for entertainment had three alternatives: fulfi lling biological needs, talking or reading. Those looking for information were restricted to the latter two” (Stephens, 1997). Writing in 1997, Stephens noted that “Movies, recordings, radio, telephones, computers, photocopiers and fax machines” contributed to the decline in reading, but noted that the “largest threat” came from television. In 2014, there are more challenges to distract people from books: high speed internet, video games and the constant stream of data from smartphones and tablets all demand people’s time. As the media has become more sophisticated, so has the marketing. Therefore, huge amounts of audiovisual information compete for the attention of potential consumers. Although this change to a multi- tasking lifestyle has been criticized for undermining people’s abilities to concentrate and recall information (Merrill, 2012), we need to accept that audiovisual communication is a key part of modern life. People who master audiovisual communication will fi nd it easier to grab people’s attention. In other words, used correctly, audiovisual communication is an effective way to inform, persuade and entertain. One of the most successful audiovisual communicators is Steve Jobs, whose keynote presentations inspired audiences and helped to make Apple into the most profi table consumer electronics company in the world (Epstein, 2013). The presentation course in this report drew inspiration from the style of Steve Jobs, and Garr Reynolds (an ex-Apple employee).
さらに見せる

10 さらに読み込む

分離疑問文( Split Questions )のSC 分析 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

分離疑問文( Split Questions )のSC 分析 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

he was straight. (住吉2005. 27-28) (46)-(47)は一見いずれも本稿で論じてきた SQ-type4に値するものである事は明らかである。だ が住吉(2005)によれば(46)と(47)とでは性質が完全に異なるだという。(46a)は相手答え を問うものであり、先行する疑問文(do you think)省略形であるという。 8 また同様に (46b)も問いかけ、返答という隣接ペアをなしており先行する質問(they were worried)が省 略されているという。一方(47a-d)に関して順を追って見ていくと、(47a)後半 that 節は動 詞(think)、あるいは(47b)動詞(speak)に後続する省略構文ではないと主張している。こ うした主張は(47c)で動詞(miss)が、また(47d)構文(make A of B)が that 節をとらない ことからも明らかである。よって(47a-d)は全て情報追加機能を持つものとして考察されており、 相手が思っている事を予測して自ら情報を機能するため遊離付加詞(loose adjunct)と呼称し
さらに見せる

24 さらに読み込む

Coaching for Communication 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Coaching for Communication 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

To make students and teachers aware of the learning process, it is necessary to know what the students feel are their most difficult problems. We gave a survey to 247 college students in Japan. One question asked, “What difficulties do you have in studying English?” The five most common answers were: listening, pronunciation, vocabulary, speaking and not enough time to study. Teachers in the role of coach encourage students to brainstorm solutions to the problem they face. When students find solutions they will gradually feel more empowered as they solve what once appeared to be insurmountable problems. The coach always allows the students to discover their own answers. And if there is difficulty in finding an answer to a certain problem, the teacher can suggest some ideas, but allow the student to decide which one is best for him or her.
さらに見せる

8 さらに読み込む

日本のスペイン語教育における 授業内容の標準化の必要 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本のスペイン語教育における 授業内容の標準化の必要 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ここでスペイン教育と言語研究について簡単におさらいをすれば、高等教育機関として1218 年にサラマンカ大学が、1499年にアルカラ・デ・エナーレス大学が設立された。1492年にはア ントニオ・ネブリーハがロマンス諸語で最初文法書となる『スペイン文法』 を出版し、俗語であるスペインに古典ラテン語と同様規範が確立された。 研究機関としては1713年に模範的スペイン普及を目的にスペイン王立アカデミアが創設さ れた。(山田善郎編、1996)この機関ではスペイン文法が体系的に研究され、現在では活動目的 を次ようにうたっている。(la Academia) tiene como misión principal velar porque los cambios que experimente la Lengua Española en su constante adaptación a las necesidades de sus hablantes no quiebren la esencial unidad que mantiene en todo el ámbito hispánico (アカデミアは、話者必要に適応し続けるためにスペインにもたらされるさまざまな変化 が、スペイン圏全域において保たれている本質的な統一を乱さないように、留意することを 主な使命とする。〈筆者訳〉) つまりそこでは、世界20カ国以上に及ぶ広域で使用されるスペ イン使用面で起こる諸々問題を軽減することを責務として研究が続けられているのであ る。
さらに見せる

14 さらに読み込む

動画投稿サイトYouTubeを活用したドイツ語授業 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

動画投稿サイトYouTubeを活用したドイツ語授業 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 予行練習時に見られた動画アップロードが完了しない現象も、設定を調整したことでテス ト時には見られず、全体として概ねスムースに実施することができたと言える。以下で述べる ような個別問題は散見されたが、プロジェクト成否に関わる問題はなかった。  個別的な問題として、予行練習時には顕在化しなかった個人に起因する問題が見受けられ た。第一に、Wi-Fi 申請を行っていない学習者が非常に多かった。発音テストは公平性観点 から、授業時間内に教員に URL を送付するまでを課題としていた。すでに言及した通り、動画 ファイル容量が大きいため 3 G 回線や LTE ではアップロードに時間がかかり、場合によって は授業時間内に完了することが難しい。この点を十分アナウンスした上で Wi-Fi 申請手続きを 行うよう指示したつもりであったが、多く学習者が申請しておらず、最終的に授業時間外に アップロードが完了し URL を送付した。
さらに見せる

12 さらに読み込む

『明治字典』における朝鮮語子音‘ㄴ’の片仮名転写について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

『明治字典』における朝鮮語子音‘ㄴ’の片仮名転写について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ‘ㄴ’とそれに続く母音片仮名転写様相を調べると、簡単な綴り間違いがあること、 一貫性がないことがわかる。  まず、*1~*7は、朝鮮またはそれに対応する片仮名転写単純な誤記である。たとえ ば、‘ツ、ソ、ラ、ワ、ヌ、ヲ’等、類似している字形を誤った例であるが、*1‘ nanunwa ―― ri( 三32オ )’ ‘wa ワ ’ と * 8、 * 9‘ 凉 셔 늘 siyauwo ―― ru( 三32オ ) 晷 그 늘 kuuwo ―― ru (十二31オ)’‘wo ヲ’は、それぞれ、朝鮮‘소리、셔늘、그늘’から判断して、 ‘ソ、ヌ’誤りである。*2‘幃향낭 hi ― ― nagu(八31ウ)’は‘향’に対する片仮名表記が一
さらに見せる

17 さらに読み込む

Motivation im 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Motivation im 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Motivation im Deutschunterricht モティベーションを重んじた楽しいドイツ語授業 Bettina Goesch 大学におけるドイツ授業は、近年、かならずしも学生モティベーションを充分に引 き出しているとは思えない。そこで私は自ら授業実践において、ドイツ文法と表現 練習ゲームやポスター作りを共に行いながら学生やる気を高めている。その授業では、4~ 5人学生を一つグループにして、教師に質問しやすい環境を設けるようにしている。そ こではドイツを使う場面が多く生れ、学生も楽しく授業に参加できるからである。以下は その実践報告である。
さらに見せる

5 さらに読み込む

高校生用スペイン語教科書作成のための一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

高校生用スペイン語教科書作成のための一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

英語を通じて,言語や文化に対する理解を深め,積極的にコミュニケーションを図ろうと する態度育成を図り,情報や考えなどを的確に理解したり適切に伝えたりするコミュニ ケーション能力を養う。 (『高等学校学習指導要領』)  平成25年より施行されている最も新しい学習指導要領では、英語に関してはコミュニケーシ ョン能力向上をより重要視した内容となっている。ここで述べられている目標とは、小学校・ 中学校から学習してきた英語に対する目標であり、それを高等学校で初修となるスペインに そのまま当てはめることはできない。だが「英語に関する各科目目標及び内容等に準ずる」 と示されているので、こういったコミュニケーション重視流れを無視しないほうが好ましい であろう。スペイン指導にも、コミュニケーション能力向上ため配慮がなされるべき である。
さらに見せる

8 さらに読み込む

名詞性並列構造“茶壷茶碗”について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

名詞性並列構造“茶壷茶碗”について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 では,“和”が生起してもしなくてもよい並列構造や,“和”が生起しないが一般的とされ る並列構造に,“和”を生起させるとどのような意味的差異が生じるか。作文や記事タイ トルとしては, “茶壶和茶碗”や“爸爸和妈妈”ようにA和B型を採用するが自然であるが, テクストによっては,“茶壶茶碗”に敢えて“和”を生起させ“茶壶和茶碗”とすると,他に 受け皿なども存在し,そのようないくつか要素中から(ほかでもなく)きゅうすと湯 飲みを取り上げるという意味合いが生じ,“爸爸和妈妈”も,(ほかでもなく)お父さんとお母 さんを選び出し取り上げるというニュアンスを帯びる。下例では,
さらに見せる

9 さらに読み込む

カルデロンの翻訳から見る鷗外の翻訳論 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

カルデロンの翻訳から見る鷗外の翻訳論 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ところで同じくこの日日記には、 8 月27日から 9 月12日まで行なわれる、「独逸第十二軍団 秋季演習」に参加することが記されている。これは、ザクセン軍団軍医部長ヴィルヘルム・ ロオト勧めによるものであった。ロオトと初めて出合ったは、この年 4 月29日で、この 日日記に「索遜軍団医長軍医監ロオト Wilhelm Roth 氏徳停府より来り、諸大学教授及軍医 とカタリイネン、ストラアセ Katharinenstrass s i c e なるバウマン Baumann 酒店に会す。余も亦 与る。ロオト氏は鬚眉皆白し。然れとも談笑状少年如し。此人は方今独逸国軍医巨 擘なり。余面を見て、人介するを待たずして、卿は二等軍医森氏ならずやと呼び掛け」(同: 94)られたことが記されている。鷗外は、 5 月27日に陸軍 1 等軍医に任ぜられていた。なお辞 令は 7 月15日に到ると日記には書かれている。鷗外は、その後ロオトと親しく交際し、またロ オトも鷗外を厚遇して止まなかった。ロオトは秋季演習後、鷗外にドレスデンに来て、ザクセ ン軍団冬期軍陣衛生学講習会(10月13日―翌19年 2 月27日)に参加するように勧めた。こ こは鷗外最初計画にはなかった所であるし、また大学があるわけでもないのに長期に滞在 することにしたは、ロオトと親交だけでなく、ロオトを通じて多く友人がこの地にでき たことと、またロオトを始めその友人達が文学好きであったことも影響している。またさらに はドレスデンへ幾度も来るうちに、この地素晴らしさに心引かれるものもあっただろう。 そしてこの地で、鷗外が記すようにスペイン文学と印象深い出会いがあった。もしロオト 誘いがなければ、この印象深い出会いも起こらなかった。
さらに見せる

14 さらに読み込む

想い出すことども 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

想い出すことども 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 帯文案は縦書きで、「空前絶後 宗教史家ミルチャ・エリアーデ 中心思想と方法論を  余すところなく捉えた、新進気鋭 28 歳 スペイン人哲学研究者 マルセリーノ・アヒース・  ビリャベルデ恐るべき才能をつぶさに伝える 学会デビュー作、本邦初登場」というもので あった。じつは、これがわたしいちばんお気に入り「訳者自装」本にほかならない。  この本については、エリアーデ『イメージとシンボル』(せりか書房)を訳された和光大学 名誉教授、前田耕作氏が、読書新聞 〔2013 年(平成 25 年)7 月 19 日(金曜日)〕 に書評を寄せてく ださった。それによると、〈エリアーデ伝記をふくめた最初本格的な研究書邦訳は、デイ ヴィッド・ケイヴ『エリアーデ宗教学世界』(せりか書房・1996 年/原題:新しいヒュー マニズムへミルチャ・エリアーデ視線・1992 年)が初めてであった。ケイヴ著作も次 年に刊行されたダニエル・デュビュイッセンもまた「エリアーデと聖なるもの」(『20 世紀神 話学―デュメジル/レヴィ・ストロース/エリアーデ』・1993 年)を主題としながら、それら より先に刊行されていたアヒース=ビリャベルデ処女作でもある本書(1991 年・サンティア ゴ・デ・コンポステーラ大学出版局)にはまったくふれていない。本書邦訳が刊行されなけ れば、エリアーデ「中心思想と方法論」淵源を歴史的に抽出し、その思考枠組みを緻密 かつ包括的に論じた本書を私たちがついに目にすることはなかったかもしれない〉。
さらに見せる

10 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題