• 検索結果がありません。

[PDF] Top 20 Newsletter 四国英語教育学会 newsletter30

Has 10000 "Newsletter 四国英語教育学会 newsletter30" found on our website. Below are the top 20 most common "Newsletter 四国英語教育学会 newsletter30".

Newsletter  四国英語教育学会 newsletter30

Newsletter 四国英語教育学会 newsletter30

... 1 件目の発表は言語コーパスを用いて英語使用 ( degree adverb ) の男女差を比較検討する 内容であり、 2 件目は言語コーパスを用いた collocation 分析を通してその可能性や問題点を 検討するといった内容であった。どちらの発表も実際に言語コーパスを提示しながら進めら れた。 言語コーパスは英語教師にとって比較的容易に使用できる道具であることを印象づけ、 ... 完全なドキュメントを参照

7

Newsletter  四国英語教育学会 newsletter36

Newsletter 四国英語教育学会 newsletter36

... 今年の大会に参加して思ったことは,東北の風土がそうさせるのか,派手さはないが, ぼくとつでどことなく暖かみを感じさせる堅実な大会だったという点です。自由研究発表 に大きな比重が置かれていたのもそのひとつの現れだと思われます。大会初日は午前も午 後も 19 室に分かれて,それぞれ午前は4件,午後は3件の自由研究発表が設定されてい ました。二日目の午前は 15 室に分かれ,それぞれ4件の自由研究発表が設定されていま ... 完全なドキュメントを参照

7

Newsletter  四国英語教育学会 Newsletter29

Newsletter 四国英語教育学会 Newsletter29

... まず、2日間にわたって行われた自由研究発表・実践報告は,発表件数が 216(初日 は 14 会場、2 日目は 16 会場)にも及び、これまでの最高を記録した。両日ともに各会 場で昼食時間を挟み 7∼8 件の発表が行われ、熱心な議論が展開された。初日私は、小 学校の英語教育に関する研究発表が行われた第 14 会場を訪れた。終始会場を埋め尽く ... 完全なドキュメントを参照

8

Newsletter  四国英語教育学会 newsletter32

Newsletter 四国英語教育学会 newsletter32

... 香川県支部長 竹 中 龍 範 ( 香川大学 ) 今年 2008 年は、 1808 (文化 5 )年にイギリス軍艦フェートン号がオランダ国旗を掲げて 長崎港に闖入、乱暴狼藉を働いて、時の長崎奉行を引責自刃せしめた世に言うフェートン号 事件からちょうど 200 年目の年に当たる。当時、オランダはフランスの統治下にあったが、 オランダ商館はその事実を隠して日本側と交易を続けていた。長崎の出島という限られた窓 ... 完全なドキュメントを参照

8

Newsletter  四国英語教育学会 newsletter31

Newsletter 四国英語教育学会 newsletter31

... 紀要掲載料 50,000 予備費 1,035,432 その他(全英教学会費預り金) 100,000 その他(全英教学会費) 102,000 合計 1, 447, 432 合計 1,447,432 これに対して、支出の部で、事務局活動に伴う学生アルバイトの補助を無償というのはい かがなものか、会議費等と併せて雑費として計上し、報酬として支払うべきではないかとの 提案が出席の理事よりなされ、上掲の案中、雑費を ... 完全なドキュメントを参照

7

『大学英語教育学会中国四国支部研究紀要』

『大学英語教育学会中国四国支部研究紀要』

... しかし、字幕翻訳であれば、ストーリー展開や映像によってコンテクストや 場の設定がなされた状態で、和文英訳ができる。和文英訳においては、ある日本 語文に対して複数の英訳文が可能であることが多いが、字幕翻訳タスクにおい ては、コンテクストから判断させることで、どの文法項目や語彙を使うことが 最も望ましいかを考えさせることが可能である。このように、字幕翻訳を通じ て、ある社会文化的コンテクストの中で、ポライトネスや場のあらたまり度な ... 完全なドキュメントを参照

14

CPIS newsletter vol11

CPIS newsletter vol11

... そのような視点から、普段、総合研究大学院大学の研究、教育に興味をもって見てい ます。と言っても、英語のプレゼンテーションの講義で他の専攻の学生の発表を聴いた り、教授会の学位審査の報告で好奇心から質問したり、配布される学位論文の要旨集を 眺めるのがせいぜいですが。そういう意味ではこの機会を利用してもう少し野次馬根性 を発揮させたいと思います。  ... 完全なドキュメントを参照

3

Word形式 研究紀要  四国英語教育学会

Word形式 研究紀要 四国英語教育学会

... 行く上での基本的な枠組みを提示することにある。具体的には、日本の学校における日々の 教育実践の中で学習者に提示される英文法、つまり、教育英文法に求められる条件につい て、具体例を交えながら考察していく。教育英文法が、理論英文法と異なるところは、言語 学習に関わる要因、言語使用(コミュニケーション)に関わる要因、ならびに言語接触(つ ... 完全なドキュメントを参照

1

Word形式 研究紀要  四国英語教育学会

Word形式 研究紀要 四国英語教育学会

... This theoretical assessment of Canadian immersion education has revealed the importance of subject matter as meaningful comprehensible input for second language learners, imply[r] ... 完全なドキュメントを参照

1

執筆要領 研究紀要  四国英語教育学会

執筆要領 研究紀要 四国英語教育学会

... 「実践報告」:教師が授業改善のためによいと考える方法を実践し,その方法・結果な どを具体的に記述し,考察を加えたもの。または,英語教育の観点から,有益または実用 的と評価できる実践に関する報告および考察。いずれも論理展開の明確なもの。研究者が 現場の教師と連携して行った実践の報告やケーススタディもこの範疇に含める。 ... 完全なドキュメントを参照

3

研究大会  四国英語教育学会

研究大会 四国英語教育学会

... 【記載例】※ 日本語文献をアイウエオ順で出し、続けて英語文献をアルファベット順で出す。 大坪喜子 (編著) (1999). 『小学校で英語を教えよう: 英語科教員養成の理論と実践』東京: 創英 社/三省堂書店. 鈴木理恵・林千賀 (2014).「海外語学短期留学の効果―学生の言語的・情意的側面に見られる 変化―」『関東甲信越英語教育学会誌』28, ... 完全なドキュメントを参照

2

研究大会  四国英語教育学会

研究大会 四国英語教育学会

... 中部地区英語教育学会・関西英語教育学会・中国地区英語教育学会四国英語教育学会・九州英語教育学会 ■後 援 ... 完全なドキュメントを参照

8

CPIS newsletter vol10

CPIS newsletter vol10

... 教育現場の基盤機関から見た場合、広い視野を持つためには、もちろん学生個人の読書や 友人との会話も必要ですが、それぞれの各専攻としては、まず身近で実行できる方策を考える 必要があります。専攻を跨いで共同で研究する方法はその一つで、学生が客観的に自分の研 究を見つめる良い機会となります。その際に、センターが募集している公募型研究事業は有益 で、実際、高エネルギー加速器科学研究科では、現在3つのテーマで共同研究支援を受け、 ... 完全なドキュメントを参照

4

CPIS newsletter vol9

CPIS newsletter vol9

... 専任教員 見上 公一 助教 学融合研究事業担当者 専任教員 奥本 素子 助教 学術交流事業担当者 専任教員 山田 雅之 助教 学術交流事業担当者 専任教員 眞山 聡 助教 学術広報事業担当者 専任教員 村尾 静二 助教 学融合教育事業(映像)担当者 特任教授 桂 勲 教授 学融合教育事業責任者 協力教員 湯川 哲之 教授  ... 完全なドキュメントを参照

4

CPIS newsletter vol8

CPIS newsletter vol8

... 本学の教育理念は、各専攻が置かれている基盤機関の人的・研究環境を活かした専門 的な大学院教育を行うと同時に、各専攻が連携することにより広い学際的視野を併せも つ研究者を育成するための総合的教育を推進することにあります。学融合教育事業では、 その理念を実現するために、公募により教育事業を募り、各事業が効果的に実施される ための支援活動を行っています。 ... 完全なドキュメントを参照

3

CPIS newsletter vol7

CPIS newsletter vol7

... 1. センター運営委員 蟻川 謙太郎 教授(先導科学研究科) 私は、先般の先導科学研究科(先導研)改組の折に葉山に赴任し、まもなく6年が過 ぎようとしている。この間、新しい先導研では 進化学 と 科学と社会 の教育・ 研究が始まり、この3月には5年一貫制最初の卒業生を送り出す。この過程を経て、 小平前学長が言われた 葉山の文化 が芽吹き始めたように感じる。いよいよこれか らだ、と心が躍る。  ... 完全なドキュメントを参照

4

CPIS newsletter vol12

CPIS newsletter vol12

... 本ニュースレターでは学融合推進センター運営委員からのメッセージをご紹介しております。 1. 「融合研究コーディネーターとしてのミッション」 生 命 科 学 研 究 科 小 林 武 彦 教 授 昨年4月から学融合推進センターの運営委員となり、学融合研究事業における研究プロ ジェクトのあり方等について議論を行なって参りました。それで感じたことは、融合研 究は口で言う程簡単ではないな、というのが正直な感想です。仮にいいアイデアがあっ ... 完全なドキュメントを参照

3

Microsoft Word - newsletter622-2

Microsoft Word - newsletter622-2

... なぜ津軽なのか・・・、それは混迷するアジア情 勢のなかで発信力を備えた有為な人材への期待を津 軽の教育と人々の躍動にみたからです。最近の積極 的な独自のアジア外交や、内においては真摯な教育 への取り組み、そして津軽文化への前向きな継承な ど、全国津々浦々における地域や自治体の魁となる モデルケースとして、かつ地域住民の誇りとして、 ときに忘れがちなことや、行動への戸惑いについて、 ... 完全なドキュメントを参照

8

キャンパスミュージアムnewsletter16-修正.indd

キャンパスミュージアムnewsletter16-修正.indd

... 3.学術情報部長を含める いずれの構成員も兼任となるが、これによってようや く大学博物館らしい組織が見えてきた。 しかしながら、このような新たな組織整備は、本 ミュージアムが大学博物館としてのスタートラインに たどり付いたことを示すものであり、本質は今回の組 織整備の後に、本ミュージアムがどのように変わるこ とができるかである。学内の重要資・試料の蓄積、行 われた研究の再現性の保証、学内外への研究活動の発 ... 完全なドキュメントを参照

8

キャンパスミュージアムnewsletter18.indd

キャンパスミュージアムnewsletter18.indd

... 第1日目( 13 日)の最初は、文部科学省生涯学習局 から、Ⅰ博物館の現状、Ⅱ博物館をめぐる課題、Ⅲ博物 館をめぐる最近の動向について、の説明がなされた。昨 今の国際化、特に海外旅行者の増加に伴う博物館の利用 についての説明は興味深く、多言語化の取り組みが喫緊 であるとのことであった。しかし現状はこの取り組みが 非常に遅れており、筆者の経験では国立科学博物館に外 国人ゲストを案内しても、英語は表題しかなく、展示説 ... 完全なドキュメントを参照

8

Show all 10000 documents...