トップPDF 神経細胞の活動調節に関する新たな分子メカニズムを解明 研究活動 | 研究/産学官連携

神経細胞の活動調節に関する新たな分子メカニズムを解明 研究活動 | 研究/産学官連携

神経細胞の活動調節に関する新たな分子メカニズムを解明 研究活動 | 研究/産学官連携

成 「7 11 月 「0 日 名古屋大学大学院医学系研究研究科長 橋 雅英 細胞生理学 久場 博 く 教授 研究 プ ,神経細胞 活動生成部 発現 ウ チャネ 種類 変化 こ 神経活動 増強 いう新 神経

4 さらに読み込む

記憶に関係する新たな分子メカニズムを解明 研究活動 | 研究/産学官連携

記憶に関係する新たな分子メカニズムを解明 研究活動 | 研究/産学官連携

し い 考え い す ナプ 可塑性変 させ 脳内物質 し 脳 来神経 長因子 D や D 受容体 重要 あ こ 知 い し こ 分子結 け 細胞内機構 明 し 今回 古屋大学大学院医学系研究研究科長 橋雅英 医療薬学 医学

4 さらに読み込む

細胞分裂軸の制御に関する新たな分子メカニズムを解明 研究活動 | 研究/産学官連携

細胞分裂軸の制御に関する新たな分子メカニズムを解明 研究活動 | 研究/産学官連携

原因遺伝子1つ CDK5RAP2 リン酸化することで、 中心体微小管形成能力 促進していることがわかりました。 興味深いことに、 LRRK1 によるリン酸化ドメ イン欠失した CDK5RAP2 は、マウスで小頭症発症することが知られており、 LRRK1 による細胞分裂軸制御機構は、脳形成に重要可能性が考えられま

4 さらに読み込む

レム睡眠とノンレム睡眠の両方を調節する神経を同定 研究活動 | 研究/産学官連携

レム睡眠とノンレム睡眠の両方を調節する神経を同定 研究活動 | 研究/産学官連携

睡眠 ン 睡眠 調節神経 定 -睡眠覚醒 調節す 新 神経 発見- 概要 古屋大学環境医学研究所神経系分 II 研究グ プ 山中章弘教授 常松友美研究員 等 ラ ン凝集ホ ン MCH 作 神経細胞 MCH 神経 睡眠 覚醒 制御 関わ い こ 様々 遺伝子改変マウ 用い こ 解明しまし こ ま MCH 神経 摂食行動

4 さらに読み込む

植物の細胞分裂を支配する新しい調節遺伝子を発見-植物バイオマスの増強に期待- 研究活動 | 研究/産学官連携

植物の細胞分裂を支配する新しい調節遺伝子を発見-植物バイオマスの増強に期待- 研究活動 | 研究/産学官連携

ションならカーネーション大きさはおおよそ決まっていて、 ヒマワリように大 きくなることはありません。このように、細胞分裂は器官(例えば葉や花)成長に不 可欠ですが、適切時期に 分裂停止して、器官が適 度は大きさになるように調 節する必要があります(右 図) 。 このように細胞分裂に ブレーキかける仕組みは、 器官大きさ決定する上 で重要であり、全て多細 胞生物がこのブレーキ仕 組み持っていると考えら れます。しかし、このブレ ーキ実態やその作用
さらに見せる

5 さらに読み込む

認知症の一種である前頭側頭葉変性症(FTLD)の発症メカニズムを解明 研究活動 | 研究/産学官連携

認知症の一種である前頭側頭葉変性症(FTLD)の発症メカニズムを解明 研究活動 | 研究/産学官連携

成 「9 日 古屋大学大学院医学系研究研究科長 橋雅英 神経変性 知症制御研究部 門 祖父江元 そぶえ 特任教授 難治性神経疾患治療学 石垣診祐 い 助教 研究 ル プ 前頭側頭葉変性症。FT1)) ※

4 さらに読み込む

間葉系幹細胞の新規マーカー分子メフリンの同定と機能解析 研究活動 | 研究/産学官連携

間葉系幹細胞の新規マーカー分子メフリンの同定と機能解析 研究活動 | 研究/産学官連携

研究 プ 間葉系幹細胞 そ 類縁 細胞 血管周囲線維芽細胞 特異的 発 現す 分子 し 膜型 び分泌型分子 あ メフ ン 同定しました メフ ン 骨髄 や各臓器 血管周囲 細胞 発現し 過去 研究 明 さ た間葉系幹細胞 局在部 一致しました 一方 皮細胞や 滑筋細胞 神経細胞 各種癌細胞

4 さらに読み込む

血管収縮因子エンドセリンの受容体初期活性化機構を解明 研究活動 | 研究/産学官連携

血管収縮因子エンドセリンの受容体初期活性化機構を解明 研究活動 | 研究/産学官連携

増殖などで重要働きしています。それゆえ、 高血圧症、 動脈硬化症、 心不全、腎不全、 ガンなど 多様病態にも関与しており、エンドセリン作用機構正しく理解して適切に調節できれば、 病態軽減することができます。これまで、エンドセリンとその受容体結合構造が不明であった ために、エンドセリンシステム情報伝達機構は詳細に解明されておらず、副作用が少ない有用 薬剤も十分に開発されていません。
さらに見せる

3 さらに読み込む

統合失調症の発症に関与するゲノムコピー数変異の同定と病態メカニズムの解明 研究活動 | 研究/産学官連携

統合失調症の発症に関与するゲノムコピー数変異の同定と病態メカニズムの解明 研究活動 | 研究/産学官連携

.本研究 い 本研究 日本医療研究開発機構 AMED 脳科学研究戦略推進プ 課題 F 精 神・神経疾患 克服 目指す脳科学研究 自閉症 ペ 害 ASD 統合失調症 解析 起点 し 発症因 基 く両疾患 診断体系再編 診断法開発 目指し 研究 多面発現 的効果 有す 数変異 CNV 着目し 研究開発担当者 尾崎 紀夫 古屋大

5 さらに読み込む

酸化的DNA損傷により生じる遺伝子の変異を抑制する新たなメカニズムを発見 研究活動 | 研究/産学官連携

酸化的DNA損傷により生じる遺伝子の変異を抑制する新たなメカニズムを発見 研究活動 | 研究/産学官連携

胞は DNA 損傷に対応する様々メカニズム備えています。DNA 損傷応答メカニズム うち、損傷取り除くメカニズム DNA 修復と呼び、DNA 損傷があっても DNA 複製 継続させるメカニズム DNA 損傷トレランスと呼んでいます。DNA 損傷トレランスには突 然変異起こしやすいメカニズムが存在するため、細胞内で厳密に制御されていると考

3 さらに読み込む

鱗食魚における利きの獲得過程の全体像を解明-右利き・左利きの仕組み解明に期待- 研究活動 | 研究/産学官連携

鱗食魚における利きの獲得過程の全体像を解明-右利き・左利きの仕組み解明に期待- 研究活動 | 研究/産学官連携

・口部形態左右差が大きいほど、 捕食行動左右性が顕著で、食べていた鱗総数が 多いことが分かりました。 【背景】 行動左右性、いわゆる「利き」は、数多く動物で見られる現象です。右利き・左 利きは発達上、 どのように獲得されるでしょうか?利き研究が最も進んでいるヒト 利き手ですら、 長期的かつ定量的モニタリングは困難極めるために限られた状況 における報告が多く、獲得メカニズム全容解明はなされていません。私たちは、際立 った左右性もち、 発達が短期間動物ならば、 利き変遷詳細に研究することがで きると考えました。左右性が顕著として有名が、アフリカ・タンガニイカ湖に生息 し、他ウロコはぎ取って食べる鱗食性シクリッド Perissodus microlepis (ペ リソーダス ミクロレピス 以後、鱗食魚)です(図1) 。この魚は口部形態左右差が 著しく、左下顎骨が発達して口が右に開くもの「左利き」 、右下顎骨が発達して口が 左に開くもの 「右利き」 と定義されており、 一つ種内に明確 2 タイプが存在して います (図2) 。 これまで野外研究と行動実験から、 左利きは被食魚左体側、 右利きは右体側鱗のみ食べるという、 形態と行動対応関係が示されています。 ま た、 利き側から襲撃では、 逆側から襲撃に比べて運動能力が高くて捕食成功率も高 いことから、 人利き手と非利き手能力差に相当する現象であると考えられています。 ただし、 これまでにこの鱗食魚左右性が詳しく検討されたは成魚のみで、 その獲得 プロセスについてほとんど明らかになっていませんでした。
さらに見せる

8 さらに読み込む

セロトニンは神経軸索再生を促進する-切断された神経で起こる性質変換- 研究活動 | 研究/産学官連携

セロトニンは神経軸索再生を促進する-切断された神経で起こる性質変換- 研究活動 | 研究/産学官連携

今回研究成果は、本来セロトニン作らないはず神経が、損傷によりセロト ニン作る細胞へとその性質容易に変換すること示すものであり、教科書的 常識から逸脱した新た発見です。また、セロトニンが神経軸索再生において重要 役割果たすこと分子生物学的に明らかにしたことから、神経再生医療におけ る新た治療技術開発に繋がることが期待されます。
さらに見せる

3 さらに読み込む

緑藻の体内時計 ~時刻合わせの分子メカニズムを解明~ 研究活動 | 研究/産学官連携

緑藻の体内時計 ~時刻合わせの分子メカニズムを解明~ 研究活動 | 研究/産学官連携

of the National Academy of Sciences of the United States of America ン イン速報版 掲載さ 本研究 JST 端計測分析技術 機器開発プ 一環 行わ <研究 背景 経緯> う 単細胞性 緑藻 体内時計 持 こ 古く 知 い そ 体内時計 々 様 浴び こ 時刻合わ 起こ

6 さらに読み込む

糖尿病における心機能不全の新たなメカニズムの解明 研究活動 | 研究/産学官連携

糖尿病における心機能不全の新たなメカニズムの解明 研究活動 | 研究/産学官連携

○ 拡張性心不全原因は、高血圧や糖尿病や加齢であるが、そのメカニズムは不明 点が多い。 ○ 心臓毛細血管に発現するセリンプロテアーゼ DPP4 活性異常が、糖尿病原因とする 拡張性心不全発症原因一つであること明らかにした。

3 さらに読み込む

オーキシンが発根を促進するメカニズムを解明 〜発根を調節する農薬の開発に期待〜 研究活動 | 研究/産学官連携

オーキシンが発根を促進するメカニズムを解明 〜発根を調節する農薬の開発に期待〜 研究活動 | 研究/産学官連携

研究では、転写因子と転写装置つなぐ転写メディエーター複合体に着目し、オ ーキシンが Aux/IAA 分解し転写メディエーター複合体かたち変えることで、 転写装置に動力伝達すること発見しました。 本研究成果により、今後、オーキシンと同じように転写メディエーター複合体 かたち変えることができる化学物質発根促進剤として開発することで、希少・有 用植物挿木・挿苗による量産化が期待されます。
さらに見せる

4 さらに読み込む

癌の進展に重要な癌関連線維芽細胞の機能制御のメカニズムを解明 研究活動 | 研究/産学官連携

癌の進展に重要な癌関連線維芽細胞の機能制御のメカニズムを解明 研究活動 | 研究/産学官連携

研究成果 研究チ ヒ 乳癌組織 い Akt シ 下流 あ Girdin ン いう チン結合蛋白 乳癌細胞以外 癌関連線維芽細胞や血管内皮細胞 発現 活性化 い こ 着目 乳癌 膵癌 大腸癌や前立腺癌 充実性腫瘍 場合 癌関連線維芽 細胞 腫瘍微小環境 中 最 多い細胞 そこ Girdin 活性化 い ウ 皮下 癌 細胞 移植 実験 行い 腫瘍微小環境 け Girdin 役割 検討 Girdin 活性

4 さらに読み込む

神経伝達物質グルタミン酸をシナプスから浄化するしくみに迫る 研究活動 | 研究/産学官連携

神経伝達物質グルタミン酸をシナプスから浄化するしくみに迫る 研究活動 | 研究/産学官連携

CDC42 作用媒介するエフェクター分子1つ。一部統合失調症患者前頭 前野における発現増加やセプチンと相互作用が報告されている。 3.セプチン:線維状に重合して細胞骨格や足場となる GTP 結合蛋白質。細胞分裂、 精子形成、神経突起伸長など多様生命現象支える。最も多く発現する神経系 で生理機能には不明点が多いが、統合失調症患者前頭前野における発現増 加、パーキンソン病など神経変性疾患における異常凝集、SEPT9 優性変異による 遺伝性末梢神経障害などが報告されている。
さらに見せる

4 さらに読み込む

芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍(BPDCN)の原因遺伝子変異を発見 研究活動 | 研究/産学官連携

芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍(BPDCN)の原因遺伝子変異を発見 研究活動 | 研究/産学官連携

疾患 開発さ 治療法 他 疾患 使え 可能性 十 考え ま 例え 神経膠腫 腺様嚢胞癌 BPDCN 比べ 倒的 患者数 多 新 治療法 開発さ 可能性 高い 言えま BPDCN 患者さ 人数 少 治療法開発 いう意味 不利 白血病 今回 発見 新 治療法 入さ 可

6 さらに読み込む

7,500年前のスナップショット!~古代ムギ刈り鎌の製作プロセスを解明~ 研究活動 | 研究/産学官連携

7,500年前のスナップショット!~古代ムギ刈り鎌の製作プロセスを解明~ 研究活動 | 研究/産学官連携

発掘調査 当時 農民 使 い 様々 石器 約 34,000 点 発見 そ 中 穀物 収穫 刈 具 鎌刃 形態 分 析 他 具 比べ 非常 規格化 い 分 長 方形 均一 幅 石器 接合研究 石器 パ う 合わせ 製作技術 復元 分析 行 結果 製作 程 前半 鎌刃 他 石器

4 さらに読み込む

食中毒を引き起こすウェルシュ菌の毒素と受容体の複合体構造を解明 研究活動 | 研究/産学官連携

食中毒を引き起こすウェルシュ菌の毒素と受容体の複合体構造を解明 研究活動 | 研究/産学官連携

食中毒 引 起 菌 毒素 容体 複 体構造 解明 .概要 古屋大学細胞生理学研究 ン CeSPI 大学院創薬科学研究科 藤 好則 特任教授 大 阪大学大学院生 機能研究科 医学系研究科 早智子 教授 共 研究

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題