トップPDF 10月16日 中間発表 専門ゼミ 卒業論文

10月16日 中間発表  専門ゼミ 卒業論文

10月16日 中間発表 専門ゼミ 卒業論文

以下は中村(2008)から引用した高学歴志向の人物である。 「高学歴志向は、基本的に年齢を重ねるにしたがって高まっていく(女性では 30~40 代 の子育て期の年齢層でさらに高まる)年齢効果を基礎としながら、 1995 年からの 10 年 間の雇用情勢の厳しさもあって、男性の中高年以下の働きざかりの年齢層を中心に高学歴 志向の時代的上方シフトの兆候が見られた。一方で、男女ともに最高年齢層では、団塊世 代の影響もあって高い高学歴志向が格差なく広がっている様子が見られ、また女性の若年 層では従来にもまして高学歴志向を持たない世代の参入が観察された。階層の効果という 点では、男性の中高年層及び女性の全年齢層において時代的な格差拡大傾向が見られ た。」
さらに見せる

13 さらに読み込む

10月23日 中間発表2  専門ゼミ 卒業論文

10月23日 中間発表2 専門ゼミ 卒業論文

「高学歴志向は、基本的に年齢を重ねるにしたがって高まっていく(女性では 30~40 代 の子育て期の年齢層でさらに高まる)年齢効果を基礎としながら、 1995 年からの 10 年 間の雇用情勢の厳しさもあって、男性の中高年以下の働きざかりの年齢層を中心に高学歴 志向の時代的上方シフトの兆候が見られた。一方で、男女ともに最高年齢層では、団塊世 代の影響もあって高い高学歴志向が格差なく広がっている様子が見られ、また女性の若年 層では従来にもまして高学歴志向を持たない世代の参入が観察された。階層の効果という 点では、男性の中高年層及び女性の全年齢層において時代的な格差拡大傾向が見られ た。」
さらに見せる

15 さらに読み込む

駒澤大学 小林ゼミ 2006年度 卒業論文

駒澤大学 小林ゼミ 2006年度 卒業論文

テーマパークとホテルなどの複合体を「リゾート」とは呼んでおらず、唯一複合体をなし ていたのはフロリダのウォルト・ディズニー・ワールドだけであった)を提案してきた。 オリエンタルランド社内での検討の末、 1988 年4 15 に開かれた東京ディズニーラン ド開園 5 周年の記者会見の席上で、当時の高橋政知会長が「第 2 パーク構想」について発 表した。人々にモノではなく経験を与えてきた東京ディズニーランドは、また一つ化けよ うとしていた。そのテーマは「テーマパークからテーマリゾートへ」というものである。 「イクスピアリ」 「ディズニーアンバサダーホテル」 「ボン・ヴォヤージュ」などが開業し、 ついに 2001 年 9 「東京ディズニーランド」に次ぐディズニー史上初、海をテーマにし た最新のテーマパークである「東京ディズニーシー」が開園した。その間を、全長 5kmの モノレール「ディズニーリゾートライン」が結び、現在の「東京ディズニーリゾート」を 形成している。
さらに見せる

12 さらに読み込む

学内研究発表会での講演者と題目 ( 生命物理化学研究室 )2017 年 修士論文発表会 (2017 年 2 月 21 日 ) 臼井大樹 複数のエピトープを認識する抗体の抗原認識機構の解明 三木彩子 グルカナーゼの触媒ドメインと糖結合モジュールの基質認識機構解明 卒業論文発表会 (2017 年 2 月

学内研究発表会での講演者と題目 ( 生命物理化学研究室 )2017 年 修士論文発表会 (2017 年 2 月 21 日 ) 臼井大樹 複数のエピトープを認識する抗体の抗原認識機構の解明 三木彩子 グルカナーゼの触媒ドメインと糖結合モジュールの基質認識機構解明 卒業論文発表会 (2017 年 2 月

田中 裕介 抗体の動的構造と抗原認識機構の相関解明に向けた抗 NP 抗体の物性解析 生命物理化学研究室公開ゼミ(2012 年 6 15 ) 山本 康貴 抗体または抗原の微小構造変化が分子認識へ与える影響 元木 祥子 Endo-1,3-β-glucanase 変異体における基質結合モード解析および糖転移活性能評価 塩田 綾子 基質結合モチーフと二量体形成残基に着目した酵素の構造機能相関解明

10 さらに読み込む

Microsoft Word - ゼミ論文原稿 渡辺.docx

Microsoft Word - ゼミ論文原稿 渡辺.docx

結局、予定通り研究会は専門家のみで 2004 年 4 から 28 回もの会議を重ね、2005 年 9 に労働契約法制定に関する研究会報告がなされた。しかし、その報告に対して、かねて から研究会に不信を募らせていた労働側のみならず、使用者側からも研究会報告と審議を 切り離すべきだという意見が出されるに至った。連合が「『研究会報告』はあくまでも研究 者による報告であり、審議会における議論のたたき台ではない」と発言するのと同様に、 経団連も「これらはあくまで研究会の取りまとめであるので、これに縛られることなく」 と表明したのである。つまり、 1970 年代から労働政策の複雑化の中で生まれた、専門家に よる審議会の議論のたたき台作りに対して、労使双方からそれを否定する反応が初めて出 される事態となったのである 17 。こうした労使の反応に対し、専門家である公益委員はあく
さらに見せる

15 さらに読み込む

橡2000年度 早川ゼミ 卒業論文.PDF

橡2000年度 早川ゼミ 卒業論文.PDF

世 界 中 に 情 報 を 発 信 す る た め に ワ ー ル ド ワ イ ド ウ ェ ブ 上 の 公 式 サ イ ト 、 「NBA.com」が創設されたのは95年11月3のことである。これはアメリカ4大 スポーツにおいては初めての試みであった。ここでは選手のデータベース、 チーム成 績、 個人成績、 各試合の詳細な統計情報、 試合結果の解説はもちろん、毎日のハイ ライトシーンをリアルビデオを使って無料で公開している。そしてこのサイトは 「NBA.com/Japan」なども増設されカナダ版、日本版、スペイン版、イギリス版がで きた。内容はほぼ同じであるが、英語だけではなく多国語で読むことのできる公式サイ トを持つのは、アメリカ4大スポーツにおいてはNBAだけである。さらにチケットの 販売やユニフォーム、カードなどのNBAグッズはこのサイトで購入することもでき、
さらに見せる

29 さらに読み込む

橡早川ゼミ卒業論文 棟安.PDF

橡早川ゼミ卒業論文 棟安.PDF

(6)優れた指導者の必要性 そしてもう1つ、チームのレベルアップには優れた指導者が必要であることは間違 いない。ここで指導者について述べようと思う。6年前、J リーグが 10 チームでス タートした時点では、8チームまでが日本人監督を採用していた。また8人のうち6 人までが元日本代表の肩書きを持ち、うち4人はメキシコ五輪で銅メダルを獲得した 時のチーム関係者で占められていた。この中では銅メダルメンバーの宮本征勝氏だけ が鹿島アントラーズの監督としてファースト・ステージ優勝を飾ったが、残る 3 人は 成績が低迷したまま、チームを去った。また宮本氏もチーム内でのジーコとの役割分 担に無理が生じ、アントラーズがジーコ色を強めるにあたって監督の座を退いた。 アマチュアの日本時代は、うまい選手をたくさん抱えたチームが優勝するというわ かりやすい図式が出来上がっていた。せいぜい監督にスポットがあたったと言えば、 現役時代に目立った実績を持たない加茂周氏が指揮官として日産の黄金時代を築き 上げた時ぐらいであった。加茂、オフトと志半ばで現役を退いている監督が革命的な 仕事をしたことで、さすがの日本でも監督がチームに及ぼす影響力の大きさを認知す るようになったのだろう。有力な助っ人選手の獲得ばかりに躍起になっていた J リー グ各チームも、監督こそ優秀な外国人に依頼すべきだという方向になびき始めている。 さらにヴェルディ川崎を優勝に導いたネルシーニョ、最下位争いの常連だった名古屋 グランパスエイトを天皇杯優勝まで引き上げたベンゲルの仕事ぶりを目のあたりに すると、この傾向には一層拍車がかかった。そして、とうとう 97 年のリーグ開幕時 には、17 チーム中実に 15 チームまでが外国人の監督を用意してきたのであった。 日本では名選手が名監督になれないのが、すっかりジンクスとして定着してきたが、 元名選手が指導者として成功しないのは「天才には、そうでない選手たちの気持ちが 判らない」などという単純な理由によるものではない。彼らが監督と選手というのが 本質的に別の職業だということを理解せず、指導者としての準備を何もしないで新し い分野に臨むからである。現在ドイツきっての精鋭監督として認知されているクリス トフ・ダウムはこう語っている。
さらに見せる

20 さらに読み込む

4月24日 宿題2  専門ゼミ 卒業論文

4月24日 宿題2 専門ゼミ 卒業論文

体育会系 or 文化系?. 男子校、女子高 or 共学?[r]

4 さらに読み込む

11月6日発表  専門ゼミ 卒業論文

11月6日発表 専門ゼミ 卒業論文

社会階層と社会移動全国調査,別名 SSM(Social Stratification and Social Mobility) 調査は,日本で最も伝統のある大規模な社会調査の一つで,1955 年の第 1 回調査(日本 社会学会による)以来 10 年ごとに実施されている。  今回の 2005 年調査は第 6 回にあたり,2005 年 SSM 調査研究会により実施されたも のである。

14 さらに読み込む

10月2日 宿題7  専門ゼミ 卒業論文

10月2日 宿題7 専門ゼミ 卒業論文

 また,今回の調査では,日本・韓国・台湾,さらに質問によっては欧米との確かな比較 をするための調査設計がなされており,国際比較調査として発展させたものとなっている。  調査票は面接票と留置票に分かれており,留置票には A 票と B 票の 2 種類がある。 調査対象は、2005 年 9 30 現在満 20 歳~69 歳の男女。

10 さらに読み込む

卒業論文

卒業論文

次に法尻部の挙動に関しては,GL-0.6m が常に 0kPa 付近で推移しており,常時飽和に近 い状態になっていると推察される.また,GL-0.4m も 9 26 以降 0kPa 付近で推移して おり,飽和状態になったと考えられる.ここで,間隙圧の値が長期間一定状態になってい ることから,GL-0.4m および GL-0.6m は飽和状態であり,本研究で使用しているテンシオ メータでは正確に正圧を計測できていない可能性があると考えられる.すなわち,法尻部 の GL-0.4m および GL-0.6m の間隙圧は,実際は正圧における値で変動している可能性があ る.一方,GL-1.0m は降雨に対してかなり時間遅れを伴って反応しており,浅層部からの 鉛直浸透だけではなく,側方流による影響を受けていることが考えられる.すなわち,当 該斜面は図 4-6,図 4-7 に示すように極めて不均質な地盤であり,地盤の割れ目や風化度の 違いによる透水性の違いによって,雨水浸透は複雑な挙動を示すと考えられる.斜面法肩 部 お よ び 中 腹 部 で 一 旦 地 盤 内 に 浸 透 し た 雨 水 が , 地 盤 内 部 を 側 方 流 と な っ て 法 尻 部 GL-1.0m の間隙圧に影響を与えている可能性がある.
さらに見せる

105 さらに読み込む

卒業論文

卒業論文

1 はじめに パソコンの性能向上はすさまじい勢いで進んでいる。毎年数回新製品が発表されるが、 その度に CPU の周波数もメモリ容量も拡大し、1 年も経てば一昔前の製品と思うくらいの 進歩がある。マイクロプロセッサの性能向上はすさまじい勢いで進み、一昔前では非現実 的であったことが、いまや現実的になっている。しかし今なお、地球シュミレーター、気 象予測、物理・化学(流体計算、遺伝子情報相合探索など)、環境問題、データベース処理、 CG によるリアルな画像生成のように、1 台のプロセッサでは実現的な時間内で解決できな い問題が多く存在する。このような大規模な問題を並列マシンを用いて高性能コンピュー ティング、すなわち、並列マシン、並列ソフトウェア、並列アルゴリズム、並列プログラ ミング、及び並列処理を活用することで、実用的な時間内で解決することができる。 この並列処理は、いまや欠かせない技術の一つであるといえる。近年では、共有メモリ 計算機の普及に伴い、並列プログラミングも分散メモリ環境から、共有メモリ環境へと移 行しつつある。その共有メモリ用のプログラミングモデルとして現在注目を集めているの が、 OpenMP である。OpenMP は移植性が高く、プログラミングも比較的簡単であるとい うことから、今後並列プログラミングの主流になると期待されています。
さらに見せる

36 さらに読み込む

卒業論文

卒業論文

断応力とひずみの変動................................................................................................. 44 Fig.3.2.9 Cuのz方向が<111>であるモデルとmisfit転位が存在しないモデルにおける τ yz のstep数による変動 .................................................................................................... 45 Fig.3.2.10 Cuの<111>面における一般化積層欠陥エネルギー曲線 ................................. 46 Fig.3.3.1 Cuのz方向が<011>であるモデルのスナップショット(概観) ................. 50 Fig.3.3.2 Cuのz方向が<011>であるモデルのスナップショット(き裂近傍の拡大図) 52 Fig.3.3.3 Cuのz方向が<011>であるモデルにおける σ z のstep数による変動.................. 53 Fig.3.3.4 Cuのz方向が<011>であるモデルの界面のスナップショット(せん断応力) 55 Fig.3.3.5 Cuのz方向が<011>であるモデルにおける τ yz のstep数による変動.................. 56 Fig.3.4.1 Cuのz方向が<001>であるモデルのスナップショット(概観)..................... 59 Fig.3.4.2 Cuのz方向が<001>であるモデルのスナップショット(き裂近傍の拡大図) . 61 Fig.3.4.3 Cuのz方向が<111>であるモデルにおける σ z のstep数による変動.................. 62 Fig.3.4.4 Cuのz方向が<001>であるモデルの界面のスナップショット(せん断応力) . 64 Fig.3.4.5 Cuのz方向が<001>であるモデルにおける τ yz のstep数による変動 ................. 65 Fig.3.4.6 Cuのz方向がそれぞれ<111>、<011>、<001>であるモデルにおける σ z のstep数
さらに見せる

72 さらに読み込む

卒業論文

卒業論文

第四章 変数設定と仮説 変数設定   本稿ではWitt and Moutinho(1994)の一般型旅客需要モデルを参考にし、 被説明変数を訪日外国人旅客数とし、説明変数を各国の実質GDP、各国の消 費者物価指数、円建て為替レート、相対価格とした。相対価格は、日本の消 費者物価指数を対象国の消費者物価指数で除したものである。弾力性の推定 を行いたかったため、両辺に対数を取ることにした。全て年次のデータを利 用し、分析期間は2003年から2014年とした。入手したデータのなかの大きな 特徴として、2011年度の訪日外国人旅客数の減少が著しかったことが挙げら れる。この原因は2011年311に発生した東日本大震災での原子力発電所 問題などが原因であると考えられる。一方で、2012年度には再び訪日外国人 旅客は増加している。そのため2011年に1、それ以外の年に0をとるダミー変 数(地震ダミー)を設定した。東日本大震災は2011年3に発生したので、 本来であれば2011年3からのダミー変数を設定するべきだと考えたが、デー タの制約があったため、年にダミー変数を置いた。具体的なモデルは以下の 通りである。
さらに見せる

41 さらに読み込む

卒業論文

卒業論文

○高速ビデオカメラ(PHOTRON 製 FASTCAM-Net Max) 250fps で 8.7 秒間記録する. 光源(岩崎電気 PSR100V500W) 高速度ビデオカメラによる撮影のため2つ使用した. 1892 28 210 Water in Water out Compressor Regulator Flow Meter Digital Reco[r]

57 さらに読み込む

卒業論文

卒業論文

3 章 遠賀川における窒素・リン濃度の測定 3-1 サンプリング方法 河川の汚染解決には地域間の物質移動量の制御や、特定の地域に過量の物質を蓄積させな いことなど、原因物質の移動過程やフラックスを評価することが必要不可欠である。しかし、 実際河川管理のために行っている測定では、ポイント数が少なく、実際遠賀河川事務所で報 告されているサンプルポイント数は今回の調査範囲では 5 点のみである。そのために、河川 での物質の移動過程や濃度変動あるいは、フラックスの評価がなされていない。そこで今回 はサンプリングポイントをふやし、全部で 83 箇所で調査を行った。さらに、時間的変動も 評価するために、 1 回の測定を 2004 年 4 から 2004 年 12 まで行った。
さらに見せる

29 さらに読み込む

卒業論文

卒業論文

2.4.5 全フィルタ利用時の実行結果 TDIフィルタ、ラプラシアンフィルタ、ラベリングフィルタを続いて実行した際の処理 結果を以下に示す。TDI 処理枚数は 165 枚、ラプラシアンフィルタ処理のオフセット値は 0、ラベリング処理の白黒二値化の閾値は6とした。実行時間は表3とおりであり、実行 時間は平均 9547.483 ミリ秒、ラベル数は 3962 であった。出[r]

55 さらに読み込む

卒業論文

卒業論文

はじめに このテーマを選択した理由としては二つあります。一つとして自分の家族環境において なじみ深く、また今後の自分の人生に役立つ論文を作成したいと思ったからです。私の家 系は代々硝子業を営んできて、このまま父(現社長)が引退するときには兄か私のどちら かが企業を継ぐこととなります。正確なデータは存在しませんが、「ファミリー企業は 3 代でつぶれる。」という意味のことわざが世界各地に存在することからも、家族経営はいつ かは衰退するといった認識があり、またその 3 代目に当たるのが私か兄なのです。どんな ことがあっても 100 年以上存続してきた一族のこれまでの絶え間ない努力や苦難を無駄に せず、これからも成長し続けていく企業を守り抜かねばならない義務があると自覚してい ます。そのためにもファミリー企業がどのようなものか、どうあるべきかを深く理解して おかねばならないと考えました。
さらに見せる

24 さらに読み込む

卒業論文

卒業論文

6. おわりに 本論文では、Misty1 のハードウェア化による高速化の実現方法と、パイプライン処理、 並列処理によるスループットの向上の実現方法、また、 Misty1 におけるハード/ソフト最適 分割の検討と考察を述べた。 Misty1 のハードウェア化による高速化については、C 言語で 実行した場合と比較して、約 743 倍の速度向上が得られた。また、ハードウェアに、パイ プライン処理、並列処理を施すことで、スループットの向上を図ることができた。ハード/ ソフト最適分割の検討では、モジュール分割において 7 つの分割パターンを選択し、それ ぞれについて検討、考察をした。また、段数(ループ回数)毎にハード/ソフトを分割する 方法についても検討、考察をした。
さらに見せる

37 さらに読み込む

卒業論文

卒業論文

二点目に制度運用の資金面での厳しさがあげられる。そのため保護を申請してもなかな か給付を受けることができない。会計検査院が 2006 年 10 にまとめた生活保護調査にお いて、どれくらいの人々が生活保護を申請しているかが調査されている。2004 年、受け付 けた相談件数に対する申請件数の割合は、全国平均で 30.6%となり、約 7 割の人々が相談 だけで門前払いされた形であることが明らかにされた。このことからも推察されるように 潜在的に生活保護を必要としている人がたくさん存在する可能性は非常に高い。
さらに見せる

19 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題