トップPDF 日本大学生汉语学习语法实例偏误分析 ―以初级学习阶段为中心 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本大学生汉语学习语法实例偏误分析 ―以初级学习阶段为中心 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本大学生汉语学习语法实例偏误分析 ―以初级学习阶段为中心 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

大。 研究的重要性是毋庸置疑的,只有了解了频出的的类型,才 能防患于未然,在教学中掌握教学重点,制定出更好的教学方案和策略,让者在学过 程中尽量地减少发生,从而提高教学质量。鉴于目前针对日本者的展 开的调查和研究比较少,同时考虑到日本的主要群体是大学生,故我们将2003年春学期 开始至2014年春学期结束这11年中笔者在大学中所担当的初年度学生(在小论中将大学 中二外者的初年度称,以下同)的平时小测验(笔者几乎 每节课都进行)、期中考试、期末考试中出现的具有代表性的进行了综合统计和总结,并对这 些简单地、针对性地提出了一些具体的教学方案。由于篇幅的限制,我们在本论文中,只能 就某个项目出现的典型进行总结,不可能面面俱到。同时,针对这些所提出的教学 建议也只能从基本出发,力求解决最基本、频发的。这样的论述方式可能会有一般论的印象, 但我们该论文的出发点和目的不是具体阐述某个项目的教学方案,而是从整体上把握 类型,期抛砖引玉广大教学工作者和教材编撰者提供一个参考信息。
さらに見せる

15 さらに読み込む

《讲谈社日中辞典》中文例句的误译 ― 以< 翻译规则46 的例句为例 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

《讲谈社日中辞典》中文例句的误译 ― 以< 翻译规则46 的例句为例 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

《现代词典》 p.865 中“批准”一词的解释是 :上对下的意见、建议或请求表示 同意。 《现代规范词典》 p.988 中的解释是 :对下的意见或请求表示同意。 由此可见“批准”一词有上下关系的含义。我们可说 : “上批准了我们的拓展计划” 周 永惠主编《同义词反义词词典》p.532 ,或“总经理批准了我们的建议”。医院跟病人之间的医 疗关系严格上说并不是上下关系。因此,用“批准”一词不妥当,换成“允许” 、 “同意”比较 合适。因在《现代词典》 p.1433 中,“允许”一词的解释是“许可”; 在《现代 规范词典》 p.1622 中,“允许”一词的解释是 :同意,许可。两部词典对“允许”的解释, 都是指“许可,同意” ,可理解有一定的权限 决定权 但并没有“上下”之意。如 : “放 后,看门大爷不允许我进校去踢球。 ”; “我们不允许他这样做” 。句 中“大爷”跟“我” 之间不是上下关系,但看门“大爷”却有一定的权力 权限来决定“我”能不能进去 ;如果换 成“不批准”就是病句。句 中“我们”跟“他”之间也没有明确地上下之分,同样也可 理解有某种权限,允许或不允许“他”这样做。
さらに見せる

12 さらに読み込む

“得”字補語文について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

“得”字補語文について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 中国教育において、初級教科書で扱われる文法事項中で、学生にわかりにくい(教師が 教えにくい)用語は「主述述語文」と「補語」ではないかと思われる。中国ほとんど教 科書、文法書では、形容詞述語文 1 種と思われる文を「主述述語文」と呼ぶ。また、補語に ついては、 回去 回 は動詞であるが、 走回去 回 は補語であると言われ、可能補 には結果補語と方向補語が含まれる、つまり、補語中に補語があるという状況である。   得 字補語文呼称、構造についてもさまざまな議論がある。例えば教科書では、「日中い ぶこみ広場(朝日出版社)」は 得 字補語文を「様態補語」と呼び、「大学生ため初級中 国語24回(白帝社)」は「状態補語」と呼んでいる。文法書では、「現代中国総説(三省堂)」 は「程度補語」と呼び、李 1993は「 得 字補語文」と呼んでいる。本稿は、この 得 字補語 文(以下 得 字文)構造について考察するとともに、新たな分析を提示し、中国教育 一助としたい。
さらに見せる

9 さらに読み込む

第二外国語としての中国語の初級教育に於ける問題と対策 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

第二外国語としての中国語の初級教育に於ける問題と対策 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

は、これら知識がすべて必要であるが、これら知識を段階別に教えるべきである。一 気に全部教えるは学生を混乱させるだけである。初級段階比較文場合は、述語は形 容詞だけを中心に教えれば十分である。述語が“有”+抽象名詞、能願動詞+動詞など 文例、省略問題、そして述語前に付けられる程度副詞問題などに関する知識は中級段階に分類されるべきであろう。授業中、もし学生がこれらに関する質問をした場合 は、具体的な問題に対して、その学生個人に説明するだけで十分であると思われる。  頻度が高く、且つ日本語表現とは違う表現については、授業中、その区別をしっかり 説明すべきである。その上、繰り返し練習させることも必要ある。たとえば、中国形 容詞述語文構造は英語と日本語形容詞文とは異なるので、その区別をしっかり説明す るべきである。ただし、学生がその説明が分かっていても、実際に使う時は母国影響 を受けて誤ってしまう場合がある。一として、“今日は天気がよい。”という形容詞が現 れる文を中国に訳すときは、往々に“今天天气是好。”、“今天天气好。”というように言 ってしまう傾向が多い。このような文法上難しくない問題であっても、実際に使うときに 間違ってしまう文法事項については、学生が完全に使えるようになるまで、授業中頻繁に 練習しなければならない。
さらに見せる

14 さらに読み込む

日本大学生汉语学习意识调查及问题所见 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本大学生汉语学习意识调查及问题所见 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

2 . 2  被调查对象的上课方式及使用教材 被调查对象的 本情况 在接 问卷调查时 零 础 所大学的学生每周的 课时数都 节 一节课90分钟 种方式是学校设定的 只要选修 门课程 就一定要一 周 节课 能只选其一 调查的 5 个班中 A B C 个班一周 节课使用 的教材 授课的教师 A B 班 属一个大学 所使用教材 イーリス中国 ― 京女生ため 中国 ― 文法篇 京女生ため中国 ― 発音篇 本教材皆 京都女子大学文学 部 外 准学科 中 研究室于2013 3 发行 C 班使用的教材分别 中国道 ― 近きより遠きへ 金 堂 2013 2 初級会話テキスト 表現する中国 白帝社 2013 3 D E 个班一周 节课虽分别使用相 的教材但任课老师 D 班教材 たのしい 中国 金 堂 2013 2 E 班教材 開 中 朝日出版社 2013 2
さらに見せる

22 さらに読み込む

日本のスペイン語教育における 授業内容の標準化の必要 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本のスペイン語教育における 授業内容の標準化の必要 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

文化的要素を学習できるようになっていたりと、工夫が凝らされている。たとえば、スペイン とラテンアメリカ諸事情を文法とともに段階的に学んでいくことを主眼とした西川喬『新ス ペインゼミナール』、旅行会話や日常会話だけでなくパソコン、携帯電話などで用いる活きた 表現を取り入れた福嶌教隆『生き活きスペイン』がある。これら教科書は、本文、文法説 明、練習問題によって構成されている。文法事項学習が中心に据えられているが、説明がよ りわかりやすくなっており、練習問題数が増やされるなど工夫がされている。また写真やイ ラストが採用されて見た目も華やかで魅力があるつくりとなっている。近年、旅行や仕事で外 国に出かける日本人が増えるにつれて、実際的な運用能力、コミュニケーション能力を身につ けたいと考える学習者が増加した。そうした欲求を満たすため、石崎優子、フェリサ・レイ『ス ペイン世界へ窓』ように、文法学習を中心とした傾向から実践的コミュニケーション重 視ものへとシフトする教科書が出てきた。このような教科書では、多様な練習問題を組み込 み、学習した文法項目を使用した、教室でペアワークやグループワークといった活動を提案 している。さらには、タスクを用いることにより、文法学習と同時に言語使用意義を学ぶ大 森洋子、四森瑞枝『タスクで作ろう、活気ある教室−初級スペイン授業改善を目指して ― 』 という、初級レベル学習者ためタスク活動を実践報告にまとめた事例集も発行されている。  CEFR については日本学会や雑誌においても多く研究や論文があり、その概念をどう生 かすか盛んに論議されている。しかし、2009年度でも30点以上と多様な教科書が出版されて いるにもかかわらず、現在ところ CEFR を軸にしたスペイン教科書は日本からは出版され ていない。
さらに見せる

14 さらに読み込む

高校生用スペイン語教科書作成のための一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

高校生用スペイン語教科書作成のための一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

5 . 4 .スペインに触れる機会を増やす  学習者はスペインに直接触れる機会が多くなく、スペイン圏について知識が希薄であ ると先述した。学習者が言語に触れる機会が少ないという問題を解消し、文化的知識を獲得さ せるためにも、教科書に CD や DVD といった視聴覚教材が添付されていることが望ましい。課 外に鑑賞させることで、授業総時間数制約で教科書内容から省くことにしたものだが、 実際スペイン国や文化がどのようなものなかを効果的に示すことができる。またイ ンターネット環境が整備された学校ではそれを利用することが可能である。実際に会話が交わ される場面や現地生活様子が分かる映像ないし音声を提示することにより、生きた教材と して触れさせることができる。このことも言語に触れる機会を増やすために有効である。
さらに見せる

8 さらに読み込む

名詞性並列構造“茶壷茶碗”について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

名詞性並列構造“茶壷茶碗”について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 では,“和”が生起してもしなくてもよい並列構造や,“和”が生起しないが一般的とされ る並列構造に,“和”を生起させるとどのような意味的差異が生じるか。作文や記事タイ トルとしては, “茶壶和茶碗”や“爸爸和妈妈”ようにA和B型を採用するが自然であるが, テクストによっては,“茶壶茶碗”に敢えて“和”を生起させ“茶壶和茶碗”とすると,他に 受け皿なども存在し,そのようないくつか要素中から(ほかでもなく)きゅうすと湯 飲みを取り上げるという意味合いが生じ,“爸爸和妈妈”も,(ほかでもなく)お父さんとお母 さんを選び出し取り上げるというニュアンスを帯びる。下では,
さらに見せる

9 さらに読み込む

『明治字典』における朝鮮語子音‘ㄴ’の片仮名転写について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

『明治字典』における朝鮮語子音‘ㄴ’の片仮名転写について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 次に、流音化と鼻音化表記である。流音化を発音通りに転写しているは3巻刀部から4 巻、6~7巻、9~ 12巻、16巻、18巻に見られ、24ある。鼻音化場合は‘ㅅ+ㄴ’で、 17巻火部にのみ14ある。また、この17巻には、‘熾불니러날 pu-ruiro-naaru’ように発音 通りに転写し、‘니러날’‘ㄴ’脱落を表わすも見られる。一方、各音節発音に忠実に 転写しているは、流音化場合、出版期間前半に出された1~4巻に13ある。2巻‘佽 날 narunairu’は18巻では‘猤날 narurairu’と発音通りに転写しており、他にも同様 が見られる。鼻音化は1~3巻、6巻、13巻、17巻に9ある。‘ㄱ+ㄴ’は13で、 2~3巻、5巻、8巻、12~ 13巻、18巻に、‘ㅂ+ㄴ’は13巻に1のみある。流音化と鼻 音化についても、傾向を異にしはするが、文字通りに転写しているものが多い。そして、最終 回に出版された17巻に実際発音通りに転写したものが多数あることから、初期に出版され た巻と違いが現われていることがわかる。
さらに見せる

17 さらに読み込む

ヨーロッパ共通参照枠におけるレベルB1について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ヨーロッパ共通参照枠におけるレベルB1について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 また、同じ理由から、「本物教材」textes authentiques、すなわち、フランスで生活すれ ば必ず身近に遭遇する(機械など)使用説明書、案内、広告、ちらし、パンフレット、メニ ューなどを授業に取り入れることも、B 1 段階には重要な意味を持つ。その際には、辞書を用 いずに内容を理解するように指示し、文脈から意味を推論する学生能力を高めたい。実際に フランスに滞在する時に備えて、問題処理能力・一人で切り抜ける力を獲得するのに大いに役 立つであろう。なんとなれば、B 1 目標は前述したように「もしもそう望むならば、実際に 敷居 (threshold) をまたいで戸口から外世界に踏み出すことができる」敷居段階にあたるか らである。辞書を用いて全訳させることは、本来授業目的からは逸脱する。学生に対して も、わからないや表現があることに欲求不満を感じること無いよう、「細部よりも全体を 理解する授業であり、問題処理能力を高め、更なる理解力を養うため」と十分納得してもらう 必要があるかもしれない。
さらに見せる

12 さらに読み込む

グループ活動を取り入れた初級スペイン語教育の試み 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

グループ活動を取り入れた初級スペイン語教育の試み 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

憶する量多さや日本語で説明されても理解しづらい学習項目であるので、授業中練習問題 や実践だけでは練習量が不足であるように感じられた。 4 . 2 . 3  教員側問題  指導する側問題、教員活動中役割にも注意しなければならない。筆者は学習者自発 的な学習を促すために、グループ活動中にはできる限り、学習者から質問されたり、間違った 表現をしているに気付いたりした時他はこちらから指示しないよう心がけた。日本語をス ペインに訳す時に既習事項を使ってどう表現できるかを考えさせたかったので、文章がで き上がって学習者が添削をして欲しいと申し出るまでこちらからは積極的に間違いを指摘しな かった。間違いを訂正する際にひとつ気を付けた点がある。それはその誤り修正をクラス全 体に周知するということである。個々グループからクラス全体に発表させるときは問題ない が、グループ内で完結する活動ときには訂正仕方に注意が必要である。活動中は教員が各 グループを見回り、学習者表現文法的な誤りに気が付けば、質問を誘導した後、その場で 訂正する。しかし、そのグループ構成員だけが間違いに気付くでは効果が薄い。どのよう な間違いが起こり得るかを確認させるため、板書をしてその間違いをクラス全員に伝える ことが必要である。
さらに見せる

10 さらに読み込む

大学生の効果的多読指導法—易しい多読用教材と授業内読書の効果— 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

大学生の効果的多読指導法—易しい多読用教材と授業内読書の効果— 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ている。 1.2.多読用教材  最近、日本では多読人口が急速に増え、それまで多読研究者および多読指導実践者が主 に読んでいた、Day฀&฀Bamford(1998)に加え、多読学習者ため指導書的な役割を果たす 本がよく読まれている(古川&伊藤、2005)。また、多読用書物需要が増えたため、日本多 読学会メンバーや、タドキストと称する個人多読愛好家たちによる多読用教材開拓も盛 んに行われ、およそ 1 万冊多読用教材を紹介したブックガイドも出版された(古川他、 2005)。その中には、従来Graded฀Readersに加えて、L 1 (英語を母国とする)子供が 英語を学ぶ時に使用する絵本(Leveled฀Readers)、L 1 小学生に人気がある本、L 1 学校 で使用される社会・理科副読本、内容が大人向けL 1 用多読本、極めつけは、世界中で人 気がある日本漫画英訳本など、全て語数・レベル・コメントつきで紹介されている。どの 教材を使用するかは、これも指導者により意見が分かれるところであり、語数・文法・構文を 制限して英語学習者用に易しく書きなおされた、もしくは書き下ろされたレベル別 Graded฀Readersを使用すべきであるとする考えと、Graded฀Readersよりももっと語数が少な くて易しいLeveled฀Readers(e.g.,฀Oxford฀Reading฀Tree,฀Longman฀Literacy฀Land)からスター トすべきであるという考えがある。特に英語を母国とする教師からは、高校・大学生に絵本 はふさわしくないとする意見をよく聞くし、主な教材購入元であり、設置場所を提供してくれ る図書館から抵抗も大きい。筆者は高校生対象に10年近く多読指導をした経験から(高瀬、 2005)、より多く本を学習者に抵抗なく楽しんで読み続けさせるには、年齢に関係なく両者 融合が最適であると考え、大学生にもそれを適用している。
さらに見せる

13 さらに読み込む

レクサイル指標の位置づけと計測方法 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

レクサイル指標の位置づけと計測方法 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 現在もレクサイル指標有効性については議論が続いているものの、初等・中等教育におけ るテキスト難易度比較においては、計量分析的手法「読みやすさ指標」に依拠しなけ れ ば な ら ず、Common Core State Standards に お け る 読 解 能 力 指 針 に お い て、Lexile Framework が使われるようになったことはある意味、順当なことである。質的分析においては あらゆる人々が数千冊書物について難易度について一致した見解を見出すことは困難であり、 より客観的な議論ためには量的分析に頼らざるを得ない側面を示している。こういった背景 もと、連邦政府が2010年に各州共通教育基盤指針(コモン・コア)概要が打ち出される に及んで、レクサイル指標は全米初等中等教育で広く使われるようになっていった。私企業 により開発された読みやすさ指標が、今や連邦政府教育指針と深くかかわりながら全米に 拡大をし、その勢いはアメリカを超えて世界的にも影響を与えている。
さらに見せる

15 さらに読み込む

구성원소 이론으로 보는 한국어 'ㄷ' 불규칙의 음운현상 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

구성원소 이론으로 보는 한국어 'ㄷ' 불규칙의 음운현상 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 朝鮮いわゆる ㄷ 変則活用では、語幹末子音/ㄷ/[t,d]が母音で始まる語尾前で/ㄹ/ [ ]に変化する音韻現象が見られるが、語幹末に/ㄷ/がありながら変則が起こらない用言もあ る。本稿ではエレメント理論をもとに、[t,d]が[ ]に変化する現象を、すべて言語に普遍的 に適用される仕組みと照らし合わせて解析する。まず、[t,d]は内部構造として[ ]と同じ構成 要素を持っているため、弱化結果が必然的に[ ]になることを示す。また、弱化を起こす環 境は音節強弱関係性に依存することを根拠に、[t,d]から[ ]へ変化を引き起こす動因を 解明すると同時に、いわゆる変則活用と正則活用違いを明らかにする。
さらに見せる

11 さらに読み込む

動画投稿サイトYouTubeを活用したドイツ語授業 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

動画投稿サイトYouTubeを活用したドイツ語授業 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 筆者は2013年度春学期ドイツ授業において、YouTube を用いたプロジェクト授業を行っ た。特に発音練習に重点を置いたもので、学習者が音声入り動画を撮影して YouTube にア ップロードし、教員がその動画を評価するというものである 1 ) 。  筆者はドイツ教育における発音指導難しさを痛感してきた。その原因は学習者発音へ 意識が低いこと、発音に特化した教材が少ないこと、教員後に続いて発音する方法では 習者興味関心を維持しにくいこと、などにあると思われる。CALL 教室など恵まれた環境 であれば二番目原因はある程度は解消できるかもしれないが、環境良さが学習者意識改 善に直結するとは限らない。学習者興味関心を惹きながら発音を学習させるにはどうしたら 良いだろうか。本稿で報告するプロジェクト「動画投稿サイト YouTube を活用した授業」は、 こうした点から出発している。
さらに見せる

12 さらに読み込む

「日本の英文学研究」考 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

「日本の英文学研究」考 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Another is for there to be more ‘original’ or ‘creative’ writing. English continues to focus on enabling you to respond to the world around you. (Robert Eaglestone 133 )  私たち日本英文学専攻者にとって有意義だと思われる箇所を、本稿論旨である実践知性 として英文学研究視点からまず引用したが、実は著者ロバート・イーグルストンは第 1 部 第 1 章 ‘Where did English come from?’ 中で、英文学という学科目がどのような歴史的背景 もとでイギリスに設置されるに至ったかを詳述している。英文学本家であるイギリス事 情を知っておくことも大切であろうから、以下に、簡潔にまとめてみる:「元々英文学研究なる ものはイギリス大学では受け入れられず、特に古典教授たちにとっては無用長物であ った。ところがこの英文は 1835 年、一つ正式な学科目としてインドにおいて誕生した。当 時インドを統治していたイギリスは、英文学研究を通して現地インド人をイギリス化させよ うと目論んだである。そしてやがてこれがイギリスに逆輸入されることになる。そうした逆 輸入者代表的人物が、詩人・思想家マシュー・アーノルド(Matthew Arnold)であり、 彼は当時イギリス人に文学的教養を身につけさせようと思ったである。具体的には、有益 で文明的な道徳的価値観修得が目標とされた。これに対して、英文学を研究してもほとんど 意味がないと考える一派も存在し、彼らは、教養ではなく、むしろ言語研究として英文学を 志向した。こうしたせめぎあい中、1893 年オクスフォード大学に英文学学位コースが導入 されたが、英文学専攻は主としてフィロロジー研究を意味した。この流れが変わるは 1917 年 以降である。ケンブリッジ大学講師たちが中心となって、主としてフィロロジーから成り立 っている英語専攻コース抜本的改革を進め、やがて言語研究だけではない、今日私たちが 知っている豊潤な英文学基礎が作られたである」。
さらに見せる

22 さらに読み込む

韓国語教育の視点からみた「-을게요」の運用に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

韓国語教育の視点からみた「-을게요」の運用に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

「-을게요」運用に関する一考察 한국어 교육의 시점에서 본 「-을게요」의 운용에 관한 일고찰 秦 秀美  본 고 에 서 는 한 국 어 교 육 에 서「화 자 의 의 지」나 「청 자 에 대 한 약 속」을 나 타 내 는 표 현 으 로 설 명 되 고 있 는 종 결 어 미「 - 을 게 요」에 대 해 이 두 분 류 의 설 명 만 으 로 는 학습자의 이해를 도모하기 어려운 점이 많음을 지적하고 , 구체적인 상황에서의 쓰임에 주 목 해 고 찰 했 다 . 그 결 과 , 「 -을게요」는 화자의 의지를 청자에게 알리는 데 중요한 의미가 있으며 청자의 상황이나 청자로 부터 얻은 정보에 대한 이해를 바탕으로 결정된 화자의 의지행위라는 점에 그 특징이 있다 . 화자의 의지에는 청자에 대한 충분한 이해가 고려되어 있으므로 화자의 일방적인 결심의 선언이나 경고 , 협박 등에는 쓰일 수 없으며 이러한 운용적인 특징이 약속 , 청자를 위한 제의, 청자의 요구에 대한 승낙 등 커뮤니케이션 기능으로서의 사용과 연관되어 있음을 지적했다 .
さらに見せる

13 さらに読み込む

中国新時代的来 留学生教育 −以北京大学 例 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

中国新時代的来 留学生教育 −以北京大学 例 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

如,美国的斯坦福大学,了培养国际型人才,要求有三分之一的学生具有海外的经 历。此,斯坦福大学在10年前就和北京大学建立了派遣留学生的关系,去年又在北京大学建立 了分校,更加完善了学生到中国留学的体制和机制。 另外,从欧洲方面来看,1987年,欧共体发起了大学生流动行动计划。该计划的目的是促进大 学生和教师的流动,拟定不同成员国之间的共同课程计划,学位与职业合格证书相互认可和流 通。自1987年至1995年间,约40万名大学生有机会在欧共体的另一所学校里完成一个被承认的 ,5万名教师到其他大学授课,1800所大学参加了这一活动。该行动计划正在向亚洲扩大。 1998年3月,来自欧盟15国、东盟7国及中国、日本、韩国的代表参加了在马来西亚吉隆坡召开 的“亚欧高校交流论坛”和“亚欧官员对话” ,同意成立“亚欧大学中心” ,该中心的主要任务是 加强亚欧大学生和教师的交流,对跨国的课程,分、学位进行认可,设立信息库,在国家间传 播和分享知识,促进国际合作。
さらに見せる

12 さらに読み込む

『外国語学部紀要』発刊に際して 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

『外国語学部紀要』発刊に際して 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

2 を展開しておられる本学部先生方このような日々教育研究活動は、特筆に値する。  2009 年 4 月、既存外国教育研究機構を母体にして新たに外国学部が誕生した。これを 機に、本誌も『外国学部紀要』として生まれ変わった。専任教育職員専門領域もこれまで 以上に多彩となった。今後、本誌を通じて学内外研究者間人的ネットワークがより一層堅 固なものとなり、さらには、実践知性として外国語学研究樹立を目指す本学部から発信さ れた先生方雄渾な筆致研究論文が、世界中研究者耳目を集めることを私は衷心より願 わずにはいられない。
さらに見せる

2 さらに読み込む

中国語の構文分析法 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

中国語の構文分析法 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

.上記の俗流的論法に対する最も有力な理論的な反論はこれまでの主語、述語、目的語 3文成分間の関係を総括する朱徳熙(1983)の論文であった。即ち「正常な状況下で は、「主語」は必ず「謂語」の前にあり、「賓語」は必ず「述語」の後にある。「主語」 と「謂語」の間の関係は緩やかであり、中間に停頓(ポーズ)を置くことができる。 「述語」と「賓語」は意味上と構造上の関係はいずれも[r]

17 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題