トップPDF 初めての英語発音指導 ―英語の歌を歌おう― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

初めての英語発音指導 ―英語の歌を歌おう― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

初めての英語発音指導 ―英語の歌を歌おう― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ば、「コンビニで売っているおにぎり形」と説明することもできます。前者は、三角形定義 としては正確ですが、幼稚園児に教えるときには適切でしょか。後者は、三角形説明とし ては正確ではありませんが、おそらく、幼稚園児には「ピン」とくるものがあるでしょ。こ れは、どちらが良いかという問題ではなく、同じこと説明する場合でも、学習者年齢や理 解力や目的に合わせて、その都度、教え方工夫した方が良いということだと思います。  英語発音についても同じことが言えます。英語発音仕方指導する場合、教員が実際 にその音発音して聞かせてもいいでしょし、『ランダムハウス』発音解説」ように権 威ある辞書利用する場合が良い場合もあるでしょ。また、ここでご紹介するように、民間 団体が運営しているウェブサイト解説利用する方が学習者にとって理解しやすい場合も あると思います。この項では、『ランダムハウス』発音記号、ウェブ上で公開されている 「英語発音教室 PLS」発音解説引用したいと思います。句読点等は筆者が調整し、漢字・ 仮名使い方はウェブ上で公開されているとおりにしてあります。便宜上、母音 22、子 音 24 にしています。実際音は「英語発音教室 PLS 」ウェブサイトご参照くだ さい 1) 。
さらに見せる

16 さらに読み込む

短歌の英語翻訳 ―与謝野晶子と『小倉百人一首』の実例をとおして― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

短歌の英語翻訳 ―与謝野晶子と『小倉百人一首』の実例をとおして― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

実に英語に移し替えるという立場とっていましたので、元詩にある「みだれ / みだれ / み だるる」部分、“tangled / tangled / all a tangle”というふうに、“tangle”「もつれる」と いう言葉繰り返して訳していました。今回読み返してみると、音としても表現としてもうま くいっていない、詩になっていないと感じました。そのため、今度は立場変え、違う単語 用いて、二番目ようにしました。 「私髪の毛は / 千筋 もつれている / 想い、ねじれて / 梳きほぐすことができない」としました。二行目では、分詞構文“being”省略し、三行 目でも、“thoughts”説明する“twisted”には本来“being“がなければならないですがそ れも省略し、最終行において、“cannot be combed out.” 「(想いは乱れて)櫛で梳きほぐすこ とができない」という風に訳してみました。この訳方が、「みだれ髪(想い)がもつれてほど けない」というイメージ重なり具合いが表出できたかなと思います。これは訳すとき姿勢 違いであり、本文に「みだれ」という言葉が三回あるので、英語でも同じ言葉三回使うと するか、あるいは、意味重視し、全体がになっているという方選ぶ問題です。 これは翻訳者立場違いによるところです。
さらに見せる

21 さらに読み込む

日本語母語話者が初めて書いた作文を英語に翻訳することについて 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本語母語話者が初めて書いた作文を英語に翻訳することについて 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 言語習得する場合、語彙問題はいわば量的な問題だと考えられるが、関係代名詞使わ ずに文書く段階と、関係代名詞使って文書く段階と間には、言語習得発達という観 点から質的な変化がある。池上嘉彦は『「する」と「なる」言語学』において、“Do you know of the millions in Asia that are suffering from protein defi ciency because they get nothing but vegetables to eat? ” という英文に対応する日本語として、「手ニ入イル食物ト言エバ野菜バカ リノタメ、蛋白質不足デ苦シンデイルアジアノ何千人トイウ人タチヲ知ッテイマスカ」よりも、 「アジアノ何千人トイウ人タチガ手ニ入イル食物ト言エバ野菜バカリノタメ、蛋白質不足デ苦シ
さらに見せる

22 さらに読み込む

吉田健一と英文学 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

吉田健一と英文学 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

……祖父牧野伸顕もとで育てられ、幼少頃から身近にこの明治気概持つ祖父見 ながら成長した十八歳日本人留学生吉田健一は、異国にあって美しいケンブリッジ空 気に安穏にひたっていることに居たたまれない何か別な衝動に駆られていたではないか。 ………………………………………………………………………………………………………… 成人後に英国に留学した夏目漱石が文明開化外から眺めて苦々しく思ったとは裏腹に、 吉田健一が常に文明開化内から眺めて苦々しい思い噛み締めなければならない位置に いたということである。…………………………………………………………………………… ………………………………………………………………………………………………………… 外国人として自己―小学校以来、英語という「第一母国」で何不自由なくやってき た吉田健一は、ケンブリッジに来て初めてアウトサイダー位置に立たされた。………… ………………………………………………………………………………………………………… 圧倒的な過去が実在するケンブリッジ近代に感染することによって、生まれて初めてが自分「第一母国」でないこと痛切に意識したに違いない。その母国生ん だ過去深みにはまればはまるほど、否応なくその彼ら「文化」から自分がアウトサイ ダー位置にいることに気づくこと―なん因果か「中途半端付焼刃」でないがゆえに、 まさにそれゆえにこそ吉田健一は自分拠って立つ根幹が揺らぐほど窮地に立たされた と言っていい。
さらに見せる

19 さらに読み込む

中国語と近代─ 東アジアの言語環境における思考─ 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

中国語と近代─ 東アジアの言語環境における思考─ 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

古今東西に通じ、知識求め、国強くしたい者もある。勉学始める前に自ら考えなければ ならない。今、揚子江流域、沿海地方では中西学館と称し、英語教える学校が数え切れない ほど多い)」 2) 。英語学習施設急激な増加や目的多様化が覗える。一方、それまで殆ど中国 人視野に入っていなかった日本語は日清戦争敗戦後初めて外国学習対象となった。 「為通 事為買辨以謀衣食」という英語学習動機と異なり、日本語学習は西洋新知識吸収する 捷径と考えられ、20 世紀初頭からブームが沸き起こった。外国遭遇により中国は相対 化され、また教科書、辞書編纂により、他言語と間に語句レベルにおいて対応関係が 築かれよとした。その過程で訳語、新語著しい増加があった。また表現様式、文型上も大 きな変容がもたらされた。幅広い接触と深い相互作用が中国含む東アジア言語近代的 特徴である。近代言語接触は、国境地帯雑居や移民、貿易等によって引き起こされる直接 接触に比べ、新知識受容、そして伝播媒体として言語間接接触はもっと大きなウェー ト占めている。前者は口頭主とすることが多く、生活、物質名称借用やピジン言語な どの現象引き起こすが 3) 、後者は主として文章を通して現れ、抽象的語彙発生や文章形 式変革促進する。
さらに見せる

10 さらに読み込む

北村 裕先生との四半世紀 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

北村 裕先生との四半世紀 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

竹 内   理  我々が敬愛する北村 裕先生が、65 歳定年迎え、本学ご退職になられる。言葉では言 い表せない、強い寂しさ感じずにはいられない。  北村先生とは、お互い前任校時代から数えて、もう 25 年越えるおつきあいとなる。私が まだ 20 代後半、先生が 40 代前半時であった。学会でお会いした初めてであったが、そ 素晴らしい英語力には感服するしかない、と印象覚えた。その後、先生が長期留学経 験一切持たず、日本でのみ英語学んできたという話聞き、ふたたび驚いた次第である。 また、ご研究面でも、パソコンという言葉がまだ一般化していない時代に UNIX ワークス テーション駆使して、まさに外国教育工学という言葉にふさわしい業績打ち立てられて いた。その後も、ベルギー著名な心理学者 G. d’Ydewalle 先生と共著で眼球運動に関する認 知心理学的研究行われたり、米国 CNN 社と契約して英語教育教材開発されたりと、常に フロントランナーとして、面目躍如たる活躍続けられていた。これらに加えて、恩師大西 昭男先生(関西大学元学長・理事長)薫陶十分に受け、幅広い分野で深い教養お持ちで もあった(更にフルート名手でもある)。このように、私からすれば、北村先生は真に仰ぎ見 るような存在であった。その先生と、国際研究大会実行委員会メンバーとして、またその後 は、(先生が愛してやまない)関西大学同僚としてご一緒させていただき、間近に接する機会 が持てたことは、後研究者・教育者として人生に大きな影響与えたことは言うまで もない。
さらに見せる

2 さらに読み込む

岐路に立つルクセンブルクの3言語主義 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

岐路に立つルクセンブルクの3言語主義 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ルクセンブルクが国語として法的に規定されたは 1984 年ことであり、国象徴と位置 付けられている。文学作品もルクセンブルクで書かれたものがあるが、学術言語として整備 されているとは言い難く、実際に学問担っているはフランス語とドイツである。ドイツ は学術言語としても成熟しているので、ルクセンブルク人にとってはドイツを通じて勉学 行うが最も効率的である。小学校では、まずドイツが主たる授業言語として用いられる はそのためである。しかし、学年が上がるにつれてフランス語が学術言語として機能担 っていくシステムになっている。ルクセンブルク学術言語として自立させるためコーパ ス政策行わず、ドイツとフランス語使用するがルクセンブルク特徴だ。また、欧州 有力な言語であるドイツとフランス語使うことができるメリットは計り知れないほど大 きく、アイデンティティ言語としてルクセンブルク話し、実用言語としてはドイツとフ ランス使うというルクセンブルク多言主義は現実的な形態であるといえよ。  外国学習では、母語に近い言語学ぶ方が系統的に遠い言語学ぶより容易であるは言 うまでもない。ルクセンブルクで公的地位有するルクセンブルク、ドイツ、フランス語 言語間距離考えれば、ルクセンブルク人にとって複言語主義がどの点で難しいか、あるい は容易であるかがわかる。また、英語関係も見ておかねばならない。ドイツとフランス が重要な役割果たす欧州においても、英語重要性は増すばかりである。公的地位有す る 3 言語学習に加えて、英語学習もルクセンブルクでは必須である。さらに、人口約 43% 2) 占める外国人住民存在も、多言形態に影響及ぼしている。外国人で最も多い
さらに見せる

14 さらに読み込む

国際交流におけるコンフリクトの解決スキル 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

国際交流におけるコンフリクトの解決スキル 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 一方、協同(Win Win)では、両者要求が共に満たされる状態目指すことで、新たな交 渉次元創造する。その結果、パイ大きさ拡げることで、選択肢拡げ、両者が満足する 解決策が得られることになる。  ASEP 場合、言葉、国境、時間という制約があり、現地到着後も発表前日まで内容につい て検討行うことが多い。そのため準備進度も異なることから、片方グループ主張 優先させることで勝ち負けような状況が生じる「対決・宥和」、もしくは、差異分痛み分け とすることによる「妥協」産物列挙によるプレゼンテーションになる可能性がある。そし て、両者がどちらも自分にとって好ましい結果主張仕切れず、妥協する気もない場合、関係 者全員関係が悪化する可能性もある「回避」。
さらに見せる

7 さらに読み込む

「日本の英文学研究」考 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

「日本の英文学研究」考 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Another is for there to be more ‘original’ or ‘creative’ writing. English continues to focus on enabling you to respond to the world around you. (Robert Eaglestone 133 )  私たち日本英文学専攻者にとって有意義だと思われる箇所、本稿論旨である実践知性 として英文学研究視点からまず引用したが、実は著者ロバート・イーグルストンは第 1 部 第 1 章 ‘Where did English come from?’ 中で、英文学という学科目がどのような歴史的背景 もとでイギリスに設置されるに至ったか詳述している。英文学本家であるイギリス事 情知っておくことも大切であろから、以下に、簡潔にまとめてみる:「元々英文学研究なる ものはイギリス大学では受け入れられず、特に古典学教授たちにとっては無用長物であ った。ところがこの英文学は 1835 年、一つ正式な学科目としてインドにおいて誕生した。当 時インド統治していたイギリスは、英文学研究を通して現地インド人イギリス化させよ と目論んだである。そしてやがてこれがイギリスに逆輸入されることになる。そうした逆 輸入者代表的人物が、詩人・思想家マシュー・アーノルド(Matthew Arnold)であり、 彼は当時イギリス人に文学的教養身につけさせよと思ったである。具体的には、有益 で文明的な道徳的価値観修得が目標とされた。これに対して、英文学研究してもほとんど 意味がないと考える一派も存在し、彼らは、教養ではなく、むしろ言語研究として英文学 志向した。こうしたせめぎあい中、1893 年オクスフォード大学に英文学学位コースが導入 されたが、英文学専攻は主としてフィロロジー研究意味した。この流れが変わるは 1917 年 以降である。ケンブリッジ大学講師たちが中心となって、主としてフィロロジーから成り立 っている英語専攻コース抜本的改革進め、やがて言語研究だけではない、今日私たちが 知っている豊潤な英文学基礎が作られたである」。
さらに見せる

22 さらに読み込む

ビセンテ・ウイドブロ『北極の詩』(抄) 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ビセンテ・ウイドブロ『北極の詩』(抄) 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

し長く、7 月から 9 月にかけてほぼ三ヶ月に渡っている 3) 。  一時的にせよウイドブロがフランス離れたは、パリに迫りつつあった第一次世界大 戦戦火避けるためで、マドリードにたどり着く前には、トゥール近郊に所在するボーリウ・ プレ・デ・ロッシュで過ごしている。この時、避難生活共に過ごしたが、リトアニア出身 彫刻家ジャック・リプシッツとスペイン出身画家フアン・グリスで、その僻村で彼らと家 族ぐるみ付き合い持った。『北極冒頭に載る二人友人へ献辞は、その時思い 出に寄せたものである。
さらに見せる

16 さらに読み込む

ある肖像画の物語 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ある肖像画の物語 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 この苦しい試練におけるマリアン振る舞いはまさに英雄的なものだった。未来感情 中に何か微妙な変化が起こったこと彼女は感じ取っていた。彼女にはその変化原因突 き止める力はなかったが、明らかにその変化は彼女将来危険にさらすものだった。二人 間で何かが裂けた。彼女は力半分失っただ。彼女は恐ろしく追い詰められた。彼女が喜 んでレノックスに認めていた人格あの優れた深みが、今、彼女が想像するに、大胆で不吉な 意図覆い隠しているかもしれなかった。彼にはこの亀裂調停することができるだろ か?人良い億万長者妻であるというスパイス効いた甘く香りよいお椀彼女唇から はね飛ばすことが彼意図なだろか?マリアンは恐る恐る自分過去に目向け、何か黒 い染み彼が見つけたではないかと考えた。実際、その点については、そうできるものなら してみよと彼に挑まないでもなかった。してはいけないようなこと彼女は本当に何もしてい なかった。彼女歴史には目に見えるような汚点は何一つなかった。確かに、ある種漠然と した道徳的な汚れによって彼女過去にはかすかに色あせている部分もあるが、他女性と比 べると比較にならない程度ことだった。彼女は楽しみ他には関心がなかった。しかし、そ れ以外何に向かって少女は育つというだろか?大体において、彼女は気楽に暮らしてき たではないだろか?そのとおりだと彼女は自分に納得させた。しかしそれでも、もしジョ ンが婚約破棄したいと願ったら、彼女振る舞いにおける問題程度ではなく、高度に抽象 的な根拠にもとづいて彼はそうするだろと彼女は感じた。それは単に彼女こと愛さなく なったということである。彼女が親切にもこの状況見過ごし、気持ち恩義は断念する と彼に請け合っても彼女には何役にも立たないだろ。しかし、彼女が感じていたぞっとす るような心配にもかかわらず、彼女は微笑み続けていた。
さらに見せる

30 さらに読み込む

ファーゴー教授 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ファーゴー教授 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ファーゴー教授熱弁あとに沈黙が続いたとしたら、大佐発言に対して聞こえてくるよ な反応がないことについては何と言えばいいだろ?教授ような頭良い人物がどうい 行動にでるか見てみたいという強烈な好奇心 ― 私自身それ感じた ― があった。対決姿 勢鮮明にしてしまったので、攻撃受ける態勢整えるかように大佐は額拭った。表面 的な素晴らしい愛想良さ示す微笑み浮かべ、片方に首かしげて教授は大佐見た。 「あ あ、君」と彼は叫んだ。 「思っていたこと口にしてくれて嬉しいよ。君が話したそうにしてい ることは分かっていたよ。これで気分が良くなったならいいだが。もし君さえよければ、 議論中身には入らないでおこ。内輪もめは人に見せるべきではないからね。そう言った はジョージ・ワシントンだったかな。君は僕言うこと保証してくれないんだね ― いいだ ろう。もし君が礼儀正しい紳士でなかったら、僕演説、一言で、やぶ医者でたらめだと 言いたいところなは分かっているよ。しかし、僕も一言でそれ否定しよ。君は磁場存在否定するが、私は答えよ。僕は個人的にそれ所有し、もう少し時間くれるなら、 そこには何かがあると君に言わせてみせよ、と。私には何かができるだと言わせてみせよ 。ここにおられる皆さんはすべて目にすることはできません。しかし少なくとも、皆さん は私約束お聞きになることはできます。君に証拠見せると約束しよ。君が事実にした がと言うなら、事実お見せしよ。ただ、ここにおられる皆さん前で、君に『事実 十分に考慮する』と言ってもらいたいだ!」
さらに見せる

28 さらに読み込む

According to meの語法 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

According to meの語法 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 According to me という表現は、⑵ で見たように、埋め込み文では主語と同一指示でなけれ ば何問題もなく使用される。次用例はこのこと示す例である。   ⑾ Mr. Taylor says that according to me “fewer than one-third of the companies that go into Chapter 11 ever emerge alive.” That figure includes Texaco and Eastern. In “A Feast for Lawyers” I point out that a much smaller percentage of medium and smaller companies survive the Chapter 11 “hospital.” Their odds for survival are less good than those of someone playing Russian roulette with a six-shooter.
さらに見せる

10 さらに読み込む

キルギス語とロシア語のコード・スイッチングに関するパイロット研究 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

キルギス語とロシア語のコード・スイッチングに関するパイロット研究 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

一連会話中で二言語織り交ぜながら併用する CS は、二言語併用中でも特に動的なも であるといえよ。  ソ連崩壊後旧ソ連諸国では、基幹民族 2) (titular nation)中心国家運営一環として、各 基幹民族「国家(state language)」として推進する言語政策が実施されてきた。キルギ ス共和国では、国家であるキルギスに加え、ソ連時代に広く普及したロシアが「公用 (offi cial language)」として定められ、首都中心として現在もなお様々な領域で使用されてい る。すなわち、同国では公的に二言語主義が実施されているである。その一方で、特に行政 や学術分野でキルギス普及が進まない現状が問題視され、語彙整備や辞書出版など、 同言語あらゆる領域で使用するため取り組みも行われてきた。その過程では、国会議員に 対してロシア混合せずに「純粋な」キルギス話すよう要請が行われるなど 3) 、一部で CS がキルギス普及障害として表現される傾向が見られる。このように、CS 現象存在自 体は現地人々によっても広く認知され、言語政策上主要な論点 1 つとなっている。また、 国内外研究者や現地メディア、そして一般人々によってもある種社会現象(キルギス とロシア混合する話し方)として指摘されてきたが、これまでその実態は、事実上、学術 的に解明されてこなかった 4) 。
さらに見せる

12 さらに読み込む

有余年の大学生活を振り返って 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

有余年の大学生活を振り返って 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ジェフリー・ゴーラー研究ためイギリスに行くことにはためらいもあった。彼存在があ まりにも未知数であったためである。しかし、コレクション見たいという気持には従わざる 得なかった。結果的に行ってよかったと思っている。これまで未発見資料手にすること ができた。しかしそれうまく読み解くことには難渋した。これも私が子ども頃からお世話 になっている電気店営んでいる猪ノ山さんおかげで判読できるようにしていただいた。「あ 手この手」方法と技術駆使して、時間惜しまず考えてもらったおかげで、資料読み 解き、一冊本として世に出すことができた。
さらに見せる

2 さらに読み込む

at Workにみるルース・ベネディクトの肖像 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

at Workにみるルース・ベネディクトの肖像 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 それ以降、それまで頻繁にしていた家出は二度としませんでした。私幼児期家出は、私 癇癪発作と同様に、家庭内罪と考えられていました。実際には 2 回しか家出した覚 えていませんが、どちらも大事でした。最初家出はその後にジレンマ感じたからよく覚え ています。私が 3 ∼ 4 歳頃、母が用事で 3 ∼ 4 日外出するので、その間絶対に家出しない ように約束させられました。でも私は家出しました。母が帰宅してから約束破ったこと 母にとがめられましたが、私はその理由言うこと拒否しました。母は私が話しするまで 家に閉じ込めると決めました。でも私家に閉じ込めてもあまり効果はなく、一日一日とそれ は延長されました。話ししさえすれば、罰から解放されるは確かでしたが、私は母に話し することはできませんでした。今振り返って考えると、家出と家出にまつわることは、私世界であり、別世界について母に話すことはできませんでした。家族みんなが私に手 焼きました。ためしに私が石油缶開いて木小屋にそれまいた時、母は罰する ことやめました。私は何しでかすかわからないような子だったので、みんなに迷惑かけ るだけでなく、悪意に満ちているかような存在でした。ある朝、母は私一階寝室に連れ て行き、私が話しするまで何も食べてはいけないと言いました。その時自分苦しみよ く覚えています。家族は正午に食事し、午後時間が経っていきました。みんなは夕食食 べ、電気が灯されました。母は私隣に座って、ほぼ一日待ちました。やっと私は、話し始め ました。その解放感たるや、まるで本当に酔ったような気持ちでした。今まで成し得なかった 最も困難なこと成し遂げたです。母は私食堂に連れて行き、ランプもとで二人だ けで食事しました。
さらに見せる

28 さらに読み込む

社会科学の目的と「自由」に関する考察 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

社会科学の目的と「自由」に関する考察 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 どの文化人類学者にとっても、前提となる懐疑主義は厳密に定義されねばならない。この懐 疑主義はいかなる正式な文化制度による影響も疑うものである。民主主義であろが、君主 制度であろが、金権主義であろが、どの主義も活発で安定した国家において実現されてい る。確信もって自分目標追求した部落においても、また最悪魔法使うような部落で さえも、民主主義は君臨した。民主主義は、我々イデオロギーが賞賛する個人自由浸透 させるため政治的形態でしかないことは明らかである。しかし、民主主義は個人自由必 ずしも保障するものではない。一夫多妻制度が安定したまとまりある家族形成することもあ る。他社会では一夫一婦制がその機能果たす。しかしそのいずれもがより大きな摩擦があ るような分裂した家族も生み出しうる。他文化的な特徴に対しても同じことが言える。神聖 な王位であろと、花嫁につけられる値段にしても、魔法にしても同じである。このような習 慣によって社会がスムーズに機能すると言える。また王が神と崇められるので、自分快楽 ために人利用したり、殺したりすることもある。花嫁に値段がつけられるため、若い男が結 婚できなかったり、魔術師が誰に対しても自分魔法が使えるために、社会対立や暴力があ るとも言える。
さらに見せる

16 さらに読み込む

福井先生との翻訳の仕事 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

福井先生との翻訳の仕事 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

21 ペン走らせている。「…後は何て言った?」そこでやっと私に聞く。福井先生がペン走ら せるスピードは並大抵ものではない。しかも、乱れた字ではなく、後からでもちゃんと読め る。その上、私が訳した内容確認しながら書いている。神業である。お互いにかなり集中 力用いる作業なので、途中で何度か息抜き入れる。訳し終わった箇所について話し合うこ とが多い。訳し終わった部分今度は福井先生が家でコンピューターに打ち込む。打ち込みな がらさらに日本語調整する。次週に会うと前回翻訳した箇所で先生が書き直したところ、 わかりにくかったところなどについて話し合う。そしてまた次箇所訳す作業に入る。これ 繰り返しである。2013 年外国学部紀要』第 9 号からほぼ毎号で翻訳した部分にコメン トつけて掲載している。その校正際にさらに翻訳内容に修正入れ、訳磨いている。  1959 年に出版された Anthropologist at Work なぜ今さら翻訳しているか疑問に思う人 も多いかもしれない。文化人類学分野はその後発展遂げているし、1959 年から世の中は大 きく変わっているだから、1930 年代から 1940 年代にベネディクトが書いたことなど現代社 会にはあまり意味持たないではないかと思う人もいるだろ。もしそうだったら、私もこ 翻訳作業に加わらなかったと思う。また、この本がベネディクト研究者にのみ重要な資料で あるとしたら、これまでベネディクトとは関わり持ったことがない私がこの翻訳すること にはならなかったと思う。なぜ今この本訳しているか。それは、この本に書かれたことが 今社会に通じるところがあるからである。そして、ベネディクトが生きた社会中でベネデ ィクト、あるいは彼女師であるフランツ・ボアズが学者として貫いた姿勢心から尊敬し、 私もこの本訳すことによって彼らと同じように今社会に一石投じたいと思うからである。 これは、私と福井先生共通思いだ。
さらに見せる

3 さらに読み込む

オズボーンの復讐 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

オズボーンの復讐 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 この話には誇張があることオズボーンは最大限考慮した。女性というものは ― 彼は考え た ― 話都合よくまとめ上げるが大好きである。特にそれが不幸ときは。しかし彼 は大変心配になり、ただちに長い手紙書いた。その手紙中でオズボーンは、ドッド夫人 話がどこまで本当な尋ね、もしそれがかなり部分事実であるなら、気晴らしため にすぐに町に出てくるよう強く勧めた。グラハムは実際に姿現すことでそれに応えた。そこ でオズボーンはすっかり安心した。グラハムはこの数ヶ月で今までにないほど健康で元気そう だった。しかし彼と話してみると、精神的には少なくとも彼が深刻に病んでいることが分かっ た。元気がなくぼんやりとして、思考がまったく働いていなかった。オズボーン問いにも援 助申し出にも反応がないので、オズボーンはそれ悲しい想いで受けとめた。彼は生まれつ き感傷的な悩み大変なことだと考えるタイプではなかった。階下住人が失恋で引きこもっ ていても、だからといって階段上がる自分足音に気つかうような人間ではなかった。し かし、グラハムからかっても何効果もないだろし、楽しさというものは必ずしも他人に 感染するわけではないということグラハムは証明しているように思われた。グラハムはオズ ボーンに、自分こと恩知らずな奴だと思わないで欲しいということ、そして、今回こと が癒されるまでその件については触れないで欲しいということ懇願した。グラハムは今回忘れよと決意していた。彼がそれ忘れることができたとき ― 人はそういうこと忘 れるものなので ― 少なくとも今回先端うまく過去に追いやることができたとき ― このことについてすべて話すつもりだと言った。当面間は、自分気持ちことで紛 らわせなければならなかった。何すればいいか決めるは容易ではなく、当てもなく旅 するも難しかった。しかし、この耐えがたい暑さ中でニューヨークにとどまるも不可能 だった。ニューポートになら行けるかもしれなかった。
さらに見せる

36 さらに読み込む

英語公用語論に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

英語公用語論に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

る面指摘しておくべきである。民主主義遅れ、言葉替えれば、封建制残滓に対する強 い違和感である。近代化進めること、すなわち、封建制脱し民主化推進することが、こ 日本よりよくしていく道につながるという信念が感じられるである。  志賀直哉は日本語達人として知られた第一級文学者である。その文章は常に日本語模 範とされてきた。この志賀直哉が、あえて外国公用にしよと考えた痛切な動機考え なければならない。日本語美しさに人一倍愛惜持ちつつ、日本民主化最優先する立 場から、あえて外国導入主張した戦争直後志賀直哉意図は、それなりに評価されるべ きであると考える。
さらに見せる

11 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題