トップPDF フランス語タンデムコミュニケーションクラスについて 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

フランス語タンデムコミュニケーションクラスについて 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

フランス語タンデムコミュニケーションクラスについて 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

第 ₁ 回目授業。太治担当。教科書フランス観光都市紹介ページ(p.82)を読み、ページ(p.83)で場所をあらわす名詞確認をした後、役に立ちそうな表現を黒板にま とめる。例: « Le Puy-en-Velay est un site exceptionnel. » « Pendant un week-end à Saint-Malo, vous avez le temps de faire une promenade, de visiter les vieilles rues. » « On peut y découvrir le Capitole, magnifique bâtiment du XVIIIe siècle. » « C’est une ville très connue pour sa gastronomie. » など。 次に、教科書Unité 6読み物ページ(p.55)でロンドン週末旅 行に関する旅行会社パンフレットも読み、同じく役に立ちそうな表現をまとめる。例: « Le forfait comprend le transport Paris / Londres aller-retour en train ; une nuit d’hôtel dans le centre ville ; le petit déjeuner. » « réduction de 10 % sur les tarifs » など。さらにレヴィが用意した日本 国内旅行パンフレットも見せながら、作成するパンフレットを具体的にイメージさせる。架空 旅行会社をつくり、その会社がフランス人向け日本ツアーを計画していると仮定し、通貨 単位はユーロとすること(ユーロを身近なものとして実際に感じてもらうことを目標とした、 その際には ₁ ユーロが約130円であることも紹介した。)、パリ出発・到着とし、約 ₂ 週間ツ アーとすること、などを決めた。学生から個人作業にしたいという希望があったので、取り上 げる観光地振り分けをする。
さらに見せる

12 さらに読み込む

日韓における謝罪の「定型表現」の使用について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日韓における謝罪の「定型表現」の使用について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 例⑵ミニョンと金次長は親しい後輩と先輩関係であるが、会社では後輩ミニョンが上 司にあたる。場面は書類報告で他職員がミニョン部屋を出たあと、ミニョンと金次長が二 人で仕事話を続けている設定となっているが、上司と部下でなく親しい後輩と先輩関係で 打ち解けた会話を進めている。この例「聞き手が被る物理的心理的な損害や迷惑」内容を 具体的にみると、金次長はミニョン指摘により関連業者(ポラリス)に連絡を入れていない ことに気がつくが、金次長台詞では「깜박 다(忘れてた/うっかりしてた)」のみが発話さ れている。ミニョンから秘書へ電話ですぐ事態が収拾できることになり、「聞き手が被る物理 的心理的な損害や迷惑」は程度軽い内容と判断される。事態収拾後、金次長「깜박 어 (忘れてた/うっかりしてた)」発話がくり返されるが、発話とともに「中指と人差し指で右 コメカミ部分を軽く二度たたく」というジェスチャーが見られる。このジェスチャー は、韓国では自分失敗に対する「頭悪い、バカ、ボケ」など自責ジェスチャーとして捉 えることができ、相手に申し訳ないという気持ちを表しているように考えられる。
さらに見せる

16 さらに読み込む

分離疑問文( Split Questions )のSC 分析 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

分離疑問文( Split Questions )のSC 分析 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 第 2 節では SQ に関する先行研究として Camacho(2002)Arregi(2010)López-Cortina(2007) を概観し、それぞれ問題を指摘した。まず Camacho 分析は SQ に関して単一節から移動 が生じる単節(Monoclause)アプローチを採用し SQ-type1と SQ-type3など移動が考慮されな いため説明できるに対して SQ-type2、SQ-type4など単一節を越えた移動が関係する場合は説 明できない事を指摘した。次に Arregi(2010)は二重節構造を仮定する両節(biclausal)ア プローチを採用しているため移動が関係する場合もしない場合も網羅できるだが type4中 でも焦点句へ CP 全体がどのようにして移動するかが疑問となった。最後に López-Cortina (2007)では Confi rmation Phrase(確証句)を仮定する事で意味的な側面やイントネーション 断絶などを組み合わせた形でSQ-type1-3現象を説明することができる。だが同時にSQ-type4 派生を考慮する際に定式化が曖昧であると結論付けた。
さらに見せる

24 さらに読み込む

구성원소 이론으로 보는 한국어 'ㄷ' 불규칙의 음운현상 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

구성원소 이론으로 보는 한국어 'ㄷ' 불규칙의 음운현상 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 朝鮮いわゆる ㄷ 変則活用では、語幹末子音/ㄷ/[t,d]が母音で始まる語尾前で/ㄹ/ [ ]に変化する音韻現象が見られるが、語幹末に/ㄷ/がありながら変則が起こらない用言もあ る。本稿ではエレメント理論をもとに、[t,d]が[ ]に変化する現象を、すべて言語に普遍的 に適用される仕組みと照らし合わせて解析する。まず、[t,d]は内部構造として[ ]と同じ構成 要素を持っているため、弱化結果が必然的に[ ]になることを示す。また、弱化を起こす環 境は音節強弱関係性に依存することを根拠に、[t,d]から[ ]へ変化を引き起こす動因を 解明すると同時に、いわゆる変則活用と正則活用違いを明らかにする。
さらに見せる

11 さらに読み込む

グループ活動を取り入れた初級スペイン語教育の試み 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

グループ活動を取り入れた初級スペイン語教育の試み 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

憶する量多さや日本語で説明されても理解しづらい学習項目であるので、授業中練習問題 や実践だけでは練習量が不足であるように感じられた。 4 . 2 . 3  教員側問題  指導する側問題、教員活動中役割にも注意しなければならない。筆者は学習者自発 的な学習を促すために、グループ活動中にはできる限り、学習者から質問されたり、間違った 表現をしているに気付いたりした時他はこちらから指示しないよう心がけた。日本語をス ペインに訳す時に既習事項を使ってどう表現できるかを考えさせたかったので、文章がで き上がって学習者が添削をして欲しいと申し出るまでこちらからは積極的に間違いを指摘しな かった。間違いを訂正する際にひとつ気を付けた点がある。それはその誤り修正をクラス全 体に周知するということである。個々グループからクラス全体に発表させるときは問題ない が、グループ内で完結する活動ときには訂正仕方に注意が必要である。活動中は教員が各 グループを見回り、学習者表現文法的な誤りに気が付けば、質問を誘導した後、その場で 訂正する。しかし、そのグループ構成員だけが間違いに気付くでは効果が薄い。どのよう な間違いが起こり得るかを確認させるため、板書をしてその間違いをクラス全員に伝える ことが必要である。
さらに見せる

10 さらに読み込む

『明治字典』における朝鮮語子音‘ㄴ’の片仮名転写について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

『明治字典』における朝鮮語子音‘ㄴ’の片仮名転写について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 次に、転写方法である。まず、母音長音表記は、同じ母音または別母音を重ねるものと、 長音符号‘ー’を用いるものに分けられる。たとえば、 ‘ㅏ、・’場合は‘アア aa’と‘アー a-’である。‘나’では、同じ母音を重ねる方法、すなわち‘ナア naa’という表記は8~ 10巻、 16~ 18巻に58例見られ、長音符号‘ー’を用いる方法、すなわち‘ナー na-’という表記は、 2~4巻、6~9巻、12~ 14巻に80例見られる。また、‘ナアー naa-’という表記も4巻、 10巻、13巻に7例見られる。ところで、‘나’に対して、‘余、儂(2巻)、吾(4巻)、我(12 巻)’は‘ナ na、ナアー naa-、ナア naa’と三通りに転写している。‘ ’では、‘ナア naa’ は10巻、16~ 18巻に、‘ナー na-’は3巻、5~6巻、8巻に、共に8例見られる。
さらに見せる

17 さらに読み込む

レクサイル指標の位置づけと計測方法 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

レクサイル指標の位置づけと計測方法 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 現在もレクサイル指標有効性については議論が続いているものの、初等・中等教育におけ るテキスト難易度比較においては、計量分析的手法「読みやすさ指標」に依拠しなけ れ ば な ら ず、Common Core State Standards に お け る 読 解 能 力 指 針 に お い て、Lexile Framework が使われるようになったことはある意味、順当なことである。質的分析においては あらゆる人々が数千冊書物について難易度について一致した見解を見出すことは困難であり、 より客観的な議論ためには量的分析に頼らざるを得ない側面を示している。こういった背景 もと、連邦政府が2010年に各州共通教育基盤指針(コモン・コア)概要が打ち出される に及んで、レクサイル指標は全米初等中等教育で広く使われるようになっていった。私企業 により開発された読みやすさ指標が、今や連邦政府教育指針と深くかかわりながら全米に 拡大をし、その勢いはアメリカを超えて世界的にも影響を与えている。
さらに見せる

15 さらに読み込む

ヨーロッパ共通参照枠とフランス語教育—レベル設定・自己評価表・行動主義— 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ヨーロッパ共通参照枠とフランス語教育—レベル設定・自己評価表・行動主義— 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

から構成される。一方、言語パスポートには、ヨーロッパ共通参照枠「自己評価ため表」 Grille฀pour฀l’auto-évaluation฀フランス語版と英語版が載っていて、各レベル・分野目標に 達成したらその欄を塗りつぶしていくため縮小サイズ表が 6 外国分ついている。また、 学校や語学講座、留学等記録を記入する表が同じく 6 外国分あり、最後に取得した卒業証 書や資格を書き込む表がある。もちろん、このポートフォリオは外国を学ぶフランス人た めに開発されたものであって、日本外国教育現場にそのまま導入することは不自然で無理 がある。しかしながら、ヨーロッパから遠く離れた日本においても、無視できない基本的な考 え方がある。たとえば、明瞭・具体的に記述されたレベル設定は、透明で首尾一貫したプログ ラム開発へとつながっていくだろう。 3 章ではこのレベル設定について論じるが、レベル分 類・評価に関する記述はすべて筆者による和訳引用とする。
さらに見せる

16 さらに読み込む

ヨーロッパ共通参照枠におけるレベルB1について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ヨーロッパ共通参照枠におけるレベルB1について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 また、同じ理由から、「本物教材」textes authentiques、すなわち、フランスで生活すれ ば必ず身近に遭遇する(機械など)使用説明書、案内、広告、ちらし、パンフレット、メニ ューなどを授業に取り入れることも、B 1 段階には重要な意味を持つ。その際には、辞書を用 いずに内容を理解するように指示し、文脈から意味を推論する学生能力を高めたい。実際に フランスに滞在する時に備えて、問題処理能力・一人で切り抜ける力を獲得するのに大いに役 立つであろう。なんとなれば、B 1 目標は前述したように「もしもそう望むならば、実際に 敷居 (threshold) をまたいで戸口から外世界に踏み出すことができる」敷居段階にあたるか らである。辞書を用いて全訳させることは、本来授業目的からは逸脱する。学生に対して も、わからないや表現があることに欲求不満を感じること無いよう、「細部よりも全体を 理解する授業であり、問題処理能力を高め、更なる理解力を養うため」と十分納得してもらう 必要があるかもしれない。
さらに見せる

12 さらに読み込む

高校生用スペイン語教科書作成のための一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

高校生用スペイン語教科書作成のための一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

英語を通じて,言語や文化に対する理解を深め,積極的にコミュニケーションを図ろうと する態度育成を図り,情報や考えなどを的確に理解したり適切に伝えたりするコミュニ ケーション能力を養う。 (『高等学校学習指導要領』)  平成25年より施行されている最も新しい学習指導要領では、英語に関してはコミュニケーシ ョン能力向上をより重要視した内容となっている。ここで述べられている目標とは、小学校・ 中学校から学習してきた英語に対する目標であり、それを高等学校で初修となるスペインに そのまま当てはめることはできない。だが「英語に関する各科目目標及び内容等に準ずる」 と示されているので、こういったコミュニケーション重視流れを無視しないほうが好ましい であろう。スペイン指導にも、コミュニケーション能力向上ため配慮がなされるべき である。
さらに見せる

8 さらに読み込む

韓国語教育の視点からみた「-을게요」の運用に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

韓国語教育の視点からみた「-을게요」の運用に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

場合も少なくないからである。また、「約束」がコミュニケーション上機能意味と、韓国終止法一つである「約束法」に由来する意味が混在しており、学習者に「約束」という 用語が混乱を生じさせる一因になる恐れもある。  コミュニケーション上機能として約束を限定すると、意志は約束よりその範囲が広くなる。 そこでまず、「-을게요」が意志意味としてどのようなコンテクスト中で使われるかを分 析し、「-을게요」が持っている運用的な条件を明らかにする。その後、約束をはじめ他コミ ュニケーション上機能とどのように関連するかを見てみる。
さらに見せる

13 さらに読み込む

第二外国語としての中国語の初級教育に於ける問題と対策 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

第二外国語としての中国語の初級教育に於ける問題と対策 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

だろうか。 4 .おわりに  学習意欲は学習効果に重要なかかわりを持っている。小論では、日本における初級段階教 養中国教育現場から、まず、今大学生学習における問題点を着目し、教育現場にいる 教育者にとっては、初級段階課題は、学生にひたすら学問を教えることより学生中国に 対する学習意欲を引き出すことがもっとも大切であることを指摘した。その上で、学生学習 という立場から、学生中国学習に対する興味、不満、希望などに対して、アンケート調 査を行い、その結果に基づいて、学生学習意欲引き出すには、中国初級段階における指導 が、文法偏重ではなく、会話中心授業にし、学生に話しをさせる(単純に読む、暗誦という ことではなく)機会を多く与えること、文法勉強においては、文法事項はできるだけ公式で 表示し、文法事項によって、異なる教授法導入が必要となる。この段階においては、学生が 文法に勉強に対する不安を無くすことも大事であること、最後に、授業中、写真、雑誌、ビデ オなどを使って、中国文化に関する内容も触れる必要があることを提案した。
さらに見せる

14 さらに読み込む

カルデロンの翻訳から見る鷗外の翻訳論 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

カルデロンの翻訳から見る鷗外の翻訳論 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ところで同じくこの日日記には、 8 月27日から 9 月12日まで行なわれる、「独逸第十二軍団 秋季演習」に参加することが記されている。これは、ザクセン軍団軍医部長ヴィルヘルム・ ロオト勧めによるものであった。ロオトと初めて出合ったは、この年 4 月29日で、この 日日記に「索遜軍団医長軍医監ロオト Wilhelm Roth 氏徳停府より来り、諸大学教授及軍医 とカタリイネン、ストラアセ Katharinenstrass s i c e なるバウマン Baumann 酒店に会す。余も亦 与る。ロオト氏は鬚眉皆白し。然れとも談笑状少年如し。此人は方今独逸国軍医巨 擘なり。余面を見て、人介するを待たずして、卿は二等軍医森氏ならずやと呼び掛け」(同: 94)られたことが記されている。鷗外は、 5 月27日に陸軍 1 等軍医に任ぜられていた。なお辞 令は 7 月15日に到ると日記には書かれている。鷗外は、その後ロオトと親しく交際し、またロ オトも鷗外を厚遇して止まなかった。ロオトは秋季演習後、鷗外にドレスデンに来て、ザクセ ン軍団冬期軍陣衛生学講習会(10月13日―翌19年 2 月27日)に参加するように勧めた。こ こは鷗外最初計画にはなかった所であるし、また大学があるわけでもないのに長期に滞在 することにしたは、ロオトと親交だけでなく、ロオトを通じて多く友人がこの地にでき たことと、またロオトを始めその友人達が文学好きであったことも影響している。またさらに はドレスデンへ幾度も来るうちに、この地素晴らしさに心引かれるものもあっただろう。 そしてこの地で、鷗外が記すようにスペイン文学と印象深い出会いがあった。もしロオト 誘いがなければ、この印象深い出会いも起こらなかった。
さらに見せる

14 さらに読み込む

学生が効果的に感じる英語発音トレーニングの実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

学生が効果的に感じる英語発音トレーニングの実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

2 .研究背景  筆者が担当する大学 3 年生クラスでは,学生英語読解力は高いが,英語発音はそれに伴 っていないように感じられた。学生は英語調音法やリズムを理解していないだけではなく, 英文を読ませると不適切な個所で区切り,単語においてはローマ字読みをするといったことが 往々にして見られた。また,英語を話す際,聞き手に伝えようとするではなく,英語が呪文 ように口から出るといった様子であった。学生全員とはいえないが,多くが音を意識せず英 を話しているように見受けられた。これまで英語授業で発音指導を受けて,習ったことを 習得していないか,あるいは発音指導を全く受けたことがないかはわからないが,この状 況では,英語が彼らにとってコミュニケーション手段になるとは考えにくい。受講生学年 が 3 年生ということを考えれば,順調に単位を取得すると,筆者授業がカリキュラム上,大 学で英語を学ぶ最後機会になる。義務教育頃から長く学んでいるにもかかわらず,英語を 英語らしく話さないまま英語教育が修了することは残念なことである。この状況を改善するた めに,授業で発音指導を行うことを考えた。しかし,教師後に続いて,単語をリピートする だけ発音指導では,学生が自身発音問題点を把握しないため,何をどのようにして改善 すればいいかわからず,せっかく機会が台無しになる恐れがある。調音法解説を行い練習 した後,映像で自身構えを確認する機会を設ければ,学生は誤って英語を発音していた ことに気づき,それを改善するために努力するかもしれない。その上,調音法知識を得るこ とで,正しい発音を意識して英語を話すようになることも考えられる。また,発音向上を実 感すれば,さらに意欲的に発音練習に取り組み,調音法知識や英語を話すことへ興味が深 まることに期待できるであろう。
さらに見せる

14 さらに読み込む

日本のスペイン語教育における 授業内容の標準化の必要 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本のスペイン語教育における 授業内容の標準化の必要 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

5 .ヨーロッパ共通参照枠(CEFR)について  ここで、 をはじめとする CEPE で用いられている教科書、およびスペインで出版さ れた教科書大半が基礎としている、ヨーロッパ共通参照枠について触れておきたい。  ヨーロッパ共同体(EU)諸国では現在、複言語主義をとっている。その背景には多文化、多 言語というヨーロッパ独自土壌がある。複言語主義は、EU 諸国が経済的、政治的統合を目 指すなか、言語ひいては文化までが画一化して地域が備える多様性を失わないように制定され た理念である。EU 諸国ではこの複言語主義にのっとった、外国教育が推進されている。  「エラスムス計画」導入もその一例である。これは EU 加盟国間各種人材養成と科学・ 技術分野における人物交流を促進するもので、大学間交流協定等による共同教育プログラム (ICPs:Inter-University Co-operation Programmes)を積み重ねることで「ヨーロッパ大学間 ネットワーク」(European University Network)を構築し、EU 加盟国間学生流動を高めよ うする留学制度である。この事業を通じて EU 経済力と結束強化を達成するため、以下
さらに見せる

14 さらに読み込む

動画投稿サイトYouTubeを活用したドイツ語授業 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

動画投稿サイトYouTubeを活用したドイツ語授業 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ったということは、何らかの理由があると判断せざるを得ない。次節において再度検討したい。 4 :実施面課題  以上 YouTube を活用した授業プロジェクトについて、実施準備と問題点を中心に概観し てきた。全体としてプロジェクト実施に大きな問題はなかったが、予行練習を 2 回実施するな ど十分な準備期間を設けたにもかかわらず、Wi-Fi 申請漏れやアカウント未取得など学習者個 人問題が見受けられた。また、プロジェクト内における発音改善について、学習者において も教員においても改善すべき点が明らかとなった。今後も YouTube を用いた発音プロジェク トを授業に取り入れていくことを視野に、本項ではこうした問題防止策などに言及する。  第一に Wi-Fi 申請漏れやアカウント未取得について、アナウンス回数よりもアナウンス方法に 気を配るべきであったと考えている。筆者は授業毎に口頭でアナウンスを行うと同時に、授業 支援システムに掲示することで周知徹底を図ってきた。しかし、授業支援システムを活用して
さらに見せる

12 さらに読み込む

Analyzing an Achievement Test 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Analyzing an Achievement Test 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Analyzing an Achievement Test 到達度テスト検証 Hiroko฀Yoshida  本稿目的は、ある大学語学クラス(Academic฀Vocabulary฀Class)で使用された到達度 テストを検証することである。到達度テストは目標基準試験(criterion-฀referenced฀test:฀ CRT)であり、学習者授業理解度を問うために、筆記試験として授業内で最もよく使用さ れている試験である。到達度テストは通常、成績に大きな割合を占めるが、試験実施後にそ テストを検証することはあまり行われていない。本研究では60項目からなる期末試験を項 目分析(item฀analyses)を用いて検証した。まず、項目分析により、不良項目を削除した改 訂版テスト(41項目版と27項目版)を作成した。さらに、オリジナルテストと 2 つ改訂版 テ ス ト 項 目 基 礎 統 計 量(item฀statistics)、 記 述 統 計(descriptive฀statistics)、 信 頼 性 (reliability)、並びにファイ(ラムダ)指数(phi฀(lambda)฀dependability฀indexes)を分析した。
さらに見せる

15 さらに読み込む

中国語の結果複合動詞について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

中国語の結果複合動詞について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

1 .「補語(complement)」という用語について  まず、各言語における「補語(complement)」という用語使用状況を見ておきたい。  大塚他監修 1982:215 216 によれば、英語で「補語(complement)」とは、不完全動詞 (incomplete verb)叙述を完全なものにするために補われた名詞、形容詞、または、それら 相当語句ことをいう。いわゆる 5 文型うち、補語を含むものは S+V+C S+V+O+C であり、顕在的にせよ潜在的にせよ、 S=C O=C という主語・述語関係が成立している。
さらに見せる

10 さらに読み込む

2009年度ケベックスタージュ報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

2009年度ケベックスタージュ報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 個人課題は、texte authentique(モントリオール滞在中に実際に出会うものを教材とする)を 用いて教案を作ることであった。私は学生証取得ため説明プリントを取り上げた。学習目 標は、テクスト内容理解と、疑問形容詞・疑問副詞習得とした。学生証を発行してもらうた めには、「いつ?」「どこへ?」「なにを持って?」行かなければならないかを辞書を使わずに読 みとってもらい、その後、学生証を使って何ができるかを挙げてもらった。折に触れて文化 違いも紹介する(モントリオール大学学生証は現金チャージ可能で、様々なキャンパス内で 支払いもできる、等)。プリントに出てくる時間表現を利用して、時間・曜日・月・季節 彙復習も行う。次に、疑問詞を探してもらい、教員がそれを黒板に書き出して用法説明を行う。 「自己紹介」をめぐる疑問詞を使った応答練習でまとめ文法学習をした後、「人物当てゲーム」 で知識を定着させるところまで90分の授業案を作成した。講師から、「授業・前(導入)」「授 業・中」「授業・後(評価も含めてまとめ)」構成に関して指導を受け、特に導入部分改 善を求められた。授業初めに、これから学ぶ項目提示と目標設定を明確にしておかなけれ ば、学習効果やモチベーションが上がらないことを学んだ。進度ばかりに気を取られ、授業開 始後すぐに本題に入っていたが、これからは、導入部分(前回まで復習と今回新たに学ぶ内 容大まかな提示、具体的な目標設定)にも時間を割き全体構成を考えながら授業を組み立 てていきたいと思った。「授業・後」知識を定着させる班単位ゲームについては、高い評価 をもらった。
さらに見せる

13 さらに読み込む

モチベーションをはぐくむ ― 関西大学ロシア語教室の挑戦 ― 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

モチベーションをはぐくむ ― 関西大学ロシア語教室の挑戦 ― 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Безусловно, проблема мотивации является одной из самых важных не только в области преподавания иностранных языков, но и во всех сферах образования.. Кроме того мы х[r]

14 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題