トップPDF ニュースレター vol3 BGC Newsletter vol3

ニュースレター vol3 BGC Newsletter vol3

ニュースレター vol3 BGC Newsletter vol3

ッ ョン 2 : 水域ヷ沿岸生態系 人 影響 ッ ョン 3 :生態系 機能 解決策 − 連環維持 管理 ッ ョン 基調講演 頭発表 あ ポ タヸ講演 あわ 計 101 演題 研究発表 あ 自 然科学系 発表 く 社会学や政策 関わ 研究 発表 多く 広範 わ 学際的 意義 ン ポ ム

8 さらに読み込む

ニュースレター vol2 BGC NewsLetter Vol2

ニュースレター vol2 BGC NewsLetter Vol2

Shibata H, Urakawa R, Toda H, Inagaki Y, Tateno R, Koba K, Nakanishi A, Fukuzawa K, Yamasaki A (2011) Changes in nitrogen transformation in forest soil representing the climate gradien[r]

8 さらに読み込む

ニュースレター vol4 BGC Newsletter vol4

ニュースレター vol4 BGC Newsletter vol4

2014 瓶演習林 びその周辺に け 森林 渓流水質の空間的変 . 島根大学生物資源科学研 究報告 19: 3–8. 福島慶 郎 阪口翔 井 藤木大介 徳 地直子 西岡裕 長谷川敦史 藤井弘明 山崎 理正 高柳敦 (2014) カに 層植生の過採食

9 さらに読み込む

CPIS newsletter vol3

CPIS newsletter vol3

シンポジウム当日の様子につきましては総研大ニュースレター2月号に生命科学研究 科の南部篤教授が記事を掲載される予定ですので、そちらをご覧下さい。 1.ポストイベント 「神経科学神話を越えて」 12月8日(土) 午後1時半 総合研究大学院大学 理事 池内 了   

3 さらに読み込む

CPIS newsletter vol5

CPIS newsletter vol5

研究プロジェクト一覧 http://center.soken.ac.jp/project/index.html   学融合推進センター棟 開所式・科学映画祭 開催報告   前号でご案内いたしました通り、平成23年4月27日に学融合推進センター棟の完成 を記念して開所式として式典と施設見学会が開催されました。同時に開催されました科 学映画祭やサイエンス・アートの展示会を含めました当日の様子につきましては、既に 総研大ニュースレター第37号(2011 年 6 月発行)に報告記事が掲載されております ので、そちらをご覧下さい。 
さらに見せる

3 さらに読み込む

HM_vol3_t.indd

HM_vol3_t.indd

発行日:2015 年 6 月 20 日/発行所:一般財団法人日本ユースホステル協会(〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町 3-1 国立オリンピッ ク記念青少年総合センター内)/発行人:水野 宰(日本ユースホステル協会)/企画・構成:池田 和誠(日本ユースホステル協会)/印刷・ 製本:サンメッセ株式会社/ディレクター : 林 英樹(サンメッセ株式 会 社)/デ ザイナー:永 井 洋 二(サンメッセ株 式 会 社)・株 式 会 社ノース・ヒル / 制 作・協 力   ■ 巻 頭インタビュー インタビュアー : 高 木 泰 弘(t s u m i k i & c o .)/ 協 力 :M I T M e d i a L a b   ■ 国 内 特 集   協 力 : 湯 布 院カントリーロードユースホステル   ■ ニュージーランド特 集  コーディネーター:半 田 智 志 (株 式 会 社ダイヤモンド・ビッグ 社)/ 取 材・編 集 : 田 中 健 作(有 限 会 社グル ーポ・ピコ)/ 協 力 : ニュージーランド政 府 観 光 局・
さらに見せる

22 さらに読み込む

CPIS newsletter vol14

CPIS newsletter vol14

2011年3月11日14時4 6分に起きた東日本大震災と福島 第一原子力発電所事故は、私の生 涯で最も悲惨な出来事であった。 特に、原子力発電所事故は、原子 や分子の量子の世界を研究してい る物理学者である私に、科学者の 社会的な責任を再考させた。さり とて、浅学な私には明確な提言が できるはずもなく、事故以来もん もんとした気持ちで過ごしてきた が、ニュースレターにエッセイを 書く機会を与えられたので、 “核エ ネルギー”に対する私の考え方を 整理してみることにした。
さらに見せる

13 さらに読み込む

CPIS newsletter vol12

CPIS newsletter vol12

総合研究大学院大学 HP: http://www.soken.ac.jp/event/index.html   編集後記 — ニュースレター『心機一転』 —   これまで学融合推進センターでは3年に渡って3ヶ月に一度のニュースレターを発行し、 今号で12号となりました。「継続は力なり」とも言いますが、活動内容を伝えるため だけのニュースレターでは少し単調になっているのではないかという声もいただきまし た。そこで、今号からは学融合推進センターに所属する教員が順番に編集を担当し、そ れぞれの「特色」が見えるニュースレターへと方向転換することになりました。皆様が 読みたくなるニュースレターにできるように工夫をしていきたいと思います。 
さらに見せる

3 さらに読み込む

CPIS newsletter vol10

CPIS newsletter vol10

ニュースレターでは学融合推進センター運営委員からのメッセージをご紹介しております。 1 . 物 理 科 学 研 究 科 依 田 眞 一 教 授 本年4月より学融合推進センター運営委員となりました。総研大の特徴は、多種・多様な知識を 活 用 し 、 異 分 野 間 の 協 力 を 踏 ま え て 、 こ れ か ら の 時 代 に 必 要 な 多 様 な 専 門 性 を 持 っ た 学 生 の 育 成 を 図 る 事 と 理 解 し て い ま す 。 こ れ か ら の 時 代 は 、 ま す ま す グ ロ ー バ ル 化 が 進 み 、 学 際 的 な 知識を持つことが求められると考えます。例えば講義を行っている時、核分裂・核融合に関する 話 題 を 学 生 に 問 う た と こ ろ 殆 ど 彼 ら は 知 識 を 持 っ て い ま せ ん で し た 。 現 在 の 主 要 エ ネ ル ギ ー は 軽 水 炉 で す が 、 そ の 知 識 す ら 持 っ て い な い よ う で す 。 我 々 が 目 指 す 高 度 な 専 門 性 と 合 わ せ て 広範な準専門的知識を有する研究者・技術者を輩出するための事業として、学生セミナーや国 際 シ ン ポ ジ ウ ム 、 サ マ ー ス ク ー ル 、 共 同 研 究 支 援 等 と い っ た 学 融 合 推 進 セ ン タ ー の 担 う 責 任 は 多 大 な 物 が あ り ま す が 、 現 状 で は 決 し て 十 分 と は 言 え ま せ ん 。 こ の た め に は 、 総 研 大 各 教 員 の 意識が大切であり、日本の科学技術立国としての再建に取り組むということを常に肝に銘じて学 生と接する必要があります。また、教員、学生が積極的に分野を超えて知り合い、交流を深める ことも必 要 で す 。学 生 の み な らず 、教 員 同 士 の 交 流 か ら新 しい 研 究 事 業 、教 育 事 業 が 生 ま れ る ことも期待出来るでしょう。
さらに見せる

4 さらに読み込む

CPIS newsletter vol9

CPIS newsletter vol9

  3  このニュースレターでは採択課題の研究代表者一覧を掲載いたしますが、各研究課題の 詳細につきましては学融合推進センターのホームページよりご覧下さい。 学融合研究事業: http://cpis.soken.ac.jp/htdocs/?page_id=18   平 成 24年 度 学 融 合 研 究 事 業 採 択 課 題 代 表 研 究 者 一 覧

4 さらに読み込む

CPIS newsletter vol11

CPIS newsletter vol11

ニュースレターでは学融合推進センター運営委員からのメッセージをご紹介しております。 1. 文 化 科 学 研 究 科 鈴 木 七 美 教 授 「学融合」という言葉に接して懐かしく思い出したのは、1980 年代に財団法人で新規 機能性材料の探索に携わっていた時のことである。天然物の全合成をめざしていた学生 時代とは異なり、ここでは、様々な用途のために高分子膜を開発していた。高齢化時代 のニーズを検討し、患者に負担をかけないドラッグ・デリバリーの一方法として、経皮 吸収剤の開発が目的として掲げられた。実用に供するため、合成過程の再現性を高める ことばかりに集中していた日々の中で、実験室の片隅に皆で寄り集まり静かに社会の動 きを話し合ったことは、目的を考える際に、異分野への視野が不可欠だと感じた経験で あった。 
さらに見せる

3 さらに読み込む

CPIS newsletter vol4

CPIS newsletter vol4

3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震は東北地方各県を始めとし、日本全体 に大きな影響を及ぼしております。被災されました皆様には、ニュースレター編集委員 一同、心よりお見舞い申し上げます。 この地震では生活環境だけでなく研究環境にも長期的な影響が生じることが予想され ますが、本学にて実施される教育・研究活動も様々な形で今後の復興に貢献することが できるのではないでしょうか。学融合推進センターも発足より1年が経ち、葉山キャン パス内にセンター棟も完成いたしました。本年度も本学の教育・研究活動を支援すべく 活動して参ります。引き続きセンターの活動にご理解、ご協力のほど宜しくお願いいた します。次号のニュースレターは7月の発行を予定しております。
さらに見せる

4 さらに読み込む

CPIS newsletter vol1

CPIS newsletter vol1

編集担当者より 具体的な活動内容につきましては学融合推進センターのホームページに順次掲載さ れる予定ですが、年に4回程度このようなニュースレターとしても情報をお伝えし ていきます。次号のニュースレターは10月頃に発行の予定で、新たに組織されま

3 さらに読み込む

SEKISUI INTERIOR PRESS vol.3

SEKISUI INTERIOR PRESS vol.3

9時∼16時半 入館は16時まで (3月∼9月∼17時 入館は16時半まで) 休館日:月曜日 (祝日の場合は開館し、翌火曜日休館) ・年末年始 http://www.kamakurabungaku.com 鎌倉の駅から徒歩なら18分。観光客もまばらにな った静かな住宅地の中に佇む懐かしい日本家屋。 そこがギャラリー 「イケダ アート」です。まるでだれ かを訪ねるような気分で行きたいギャラリー。オー ナー、池田静子さんの父で、岩手県出身の画家 池田次男氏の作品をメインに展示していますが、 その他にも、静子さんが選んだ各地のかごや鉄器 などの暮らしの道具、作家の器が、あたかもその 空間で愛用されているように展示 されています。きものをもっと知る ためのワークショップや、味噌の 仕込みなど、折々のイベントも魅 力的。暮らしへの温かなまなざし が感じられるギャラリーです。
さらに見せる

6 さらに読み込む

vol24_3_003jp

vol24_3_003jp

また,この翻訳前処理によって, 日本語から英語/中国語/韓国語へ の翻訳における「やわらかい」「話 し言葉」の翻訳精度は代表的な他社 エンジンに比べて高い性能を確認し た.図7にSNS翻訳の日英翻訳にお ける精度比較結果を示す.評価文は SNSのグルメ/コスメ/旅行に関 する投稿文を無作為に100文抽出し た.それを評価者3名による主観評

9 さらに読み込む

3.,, vol. 50, no. 12, pp , ,,, vol. 29, no. 1, pp , ,, 1, pp , ,,,, 36, pp.3-18, (

3.,, vol. 50, no. 12, pp , ,,, vol. 29, no. 1, pp , ,, 1, pp , ,,,, 36, pp.3-18, (

30. 國藤 進 , 金井 秀明 , 藤波 努 , 中田 豊久 , 高塚 亮三 , 三浦 元喜 , 加藤 直孝 , 山口 聖哉 , 伊藤 禎宣 , 小柴 等 , アウェア技術を駆使した見守り中心の介護支援システムの研究 , 情報処理学 会マルチメディア、分散、協調とモバイル (DICOMO2008), 2008.7.11. 31. 國藤 進 , 金井 秀明 , 藤波 努 , 三浦 元樹 , 杉原 太郎 , 高塚 亮三 , 中田豊久 , 加藤 直孝 , 山口 聖 哉 , 伊藤 禎宣 , グループホームのための「見守り」介護支援システム , 人工知能学会全国大 会 ( 第 22 回 ) 論文集 , 3I3-1 (2008).
さらに見せる

14 さらに読み込む

WebJornal vol3.qxd

WebJornal vol3.qxd

のを抜去の対象にした島田他の55眼の報告では、術後最高視力は0.1以上が68%、視力の改善 が56%に得られ、欧米の結果に比べ良好であった。視力改善の得られる要因は、65歳以下の若 い年齢、小さいCNV、栄養血管が中心窩無血管域外であることがあげられている 15) 。 一方CNV抜去後の色素上皮欠損に対して色素上皮を移植する試みも行われている。1991年 のPymanの報告に始まり胎児や自己、虹彩や網膜色素上皮などの種々の色素上皮の移植の臨 床応用が試みられてきたが、最近までのところは良い結果が得られていなかった。しかし、 Binder他の最新の報告では術中乳頭鼻側から採取した網膜色素上皮を移植した14眼で1年後 4眼に0.3以上、うち2眼に0.5以上の視力が得られており 16) 、今後の展開が期待される。
さらに見せる

47 さらに読み込む

Africa vol3 10 rules

Africa vol3 10 rules

研究ノートや調査報告として 3 篇である。残念ながら、研究論文の水準に達するものは なかった。本誌に収録される論文の質は、フォーラムの活動内容、もっと言えば日本の アフリカ教育研究の水準を反映するものであり、引き続き会員諸氏の研究成果公表の場 として積極的に活用していただけることを願っている。

6 さらに読み込む

vol25_3jp_total

vol25_3jp_total

⑴ビームフォーミングによる送受信を前提とした共 存検討の評価 3GPPでは,無線特性に関する基本パラメータの1 つである隣接チャネル漏洩電力比(ACLR:Adjacent channel leakage ratio) * 38 や隣接チャネル選択度 (ACS:Adjacent channel selectivity) *39 を議論す る場合,システム性能の観点での要求条件を考慮し た上で,隣接周波数を利用する移動端末あるいは無 線基地局装置との間の干渉影響(共存検討)をシ ミュレーションにより評価する.ミリ波においても 同様の共存検討が実施されたが,自周波数をビーム フォーミングした場合の,隣接周波数への影響の考 慮がポイントとなった.具体的には,ミリ波帯を想 定した基地局展開がビームフォーミングゲインに大 きく依存する点や,隣接周波数における干渉影響の 程度が自周波数および周辺周波数におけるビーム フォーミングゲインに依存する点などを考慮する必 要がある.このような点を踏まえ,ミリ波帯を想定 した基地局展開の検討や,移動端末および無線基地 局装置の,ビームフォーミングによる送受信を前 提とした評価が,3GPPとして初めて行われた.な お,評価に際しては,ミリ波帯に対応した新しい 電波伝搬特性モデルも用いられた.また,最終的 なACLR/ACSの要求値の決定においては,上記の システム性能観点での共存検討の評価結果に加えて, 製造技術の面での実現妥当性の議論も考慮して検討 がなされ,SIとしての初期検討結果が結論付けられ た.
さらに見せる

76 さらに読み込む

Africa vol3 03 yamada

Africa vol3 03 yamada

また子どもの学習に関してよく言われるのが、遊びそのものに学習効果があって、 例えば今日も何人かの方がおっしゃっていたように、大人のしていることを真似るこ と自体が遊びになっている。大人としての振る舞いを、一つの作業に関わる技術的な ものも含めて、真似て遊びながら学習する。例えば狩猟採集民では、男の子が 3 歳ぐ らいになると、親が弓矢を作っておもちゃとして与えますが、親の世代はもう弓矢で 狩猟はしません。弓矢は随分昔の猟の仕方で、効率が悪いこともあって廃れたのです が、今でもおもちゃとして残っています。子どもたちは弓矢でトカゲを捕る遊びをし ますが、トカゲには結構使い道があって、たとえばマングースをとるための餌にしま す。このマングースを取るために子どもたちが使う罠は、大人たちが、レイヨウをと るために仕掛ける罠と構造的には全く同じです。大人たちが使っている罠と全く同じ ような罠を使って、トカゲを餌にしてマングースをとる遊び。この遊びはもちろん実 益もかねていて、捕ったマングースを子どもたちで焼いて食べます。動物と子どもた ちの関係で象徴的なのが、蛇ですけれども、この地域にはですね、コブラですとかブ ラックマンバというような簡単に人を死に追いやってしまうような毒蛇がいて、蛇が でると大騒ぎして逃げます。大きい蛇がでて大人たちが必死に殺そうとする。斧など で頭を殴って蛇を殺します。死んでしまったら全然怖くない。死んだ蛇を誇らしげに 首にかけたり、しまいには縄跳びにしてしまう。そういう様子をみたら狩猟採集民の 子どもだなと思ったりするわけです。
さらに見せる

27 さらに読み込む

Show all 10000 documents...