トップPDF アジャイルpdf 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

アジャイルpdf 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

アジャイルpdf 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

スクラムでは、スプリント中にどのような作業プロセス で仕事を進めるかは定義されておらず作業やり方は開発 チーム自身で決める(後述「プラクティス」参照)。 スプリント完了時にスプリントレビューを開催し、開発 した結果についてステークホルダにデモを行い、フィード バックを得る。フィードバックされた結果はプロダクトオー ナーを中心に検討され、必要があればプロダクトバックロ グへ反映する。また、このスプリントレビューとは別に、 次スプリントをよりうまく、楽しく進めるためにふりか えり(スプリント・レトロスペクティブ)を行う。開発し たソフトウェアに関してではなく、スプリントで得られた 知識を集約して開発プロセスやプラクティスを改善する。 実際に開発作業をしている現場人が、手を動かして気付 いたことを自分活動中に取り入れていく、プロセス改 善がプロセス中に含まれており、自分たちプロセスを 作っていくことがアジャイル開発大きなポイントである。
さらに見せる

4 さらに読み込む

sot07 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot07 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

• コンピュータメモリ上に、データを扱うため世 界を構築し、その中で与えられたデータを様々 に操作し、必要な結果を出すことである。 • データ構造(Data Structure)は、コンピュータで計 算処理を行う際に、複数データ集まりをある形 式に整理して格納する形式

23 さらに読み込む

sot04 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot04 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

てた – 現在は2008年以下SQL規格が国際標準となっている • ISO/IEC 9075:2008、『Database Language SQL』、Part 1「SQL/Framework」、Part 2「SQL/Foundation」、Part 3「SQL/CLI」、Part 4「SQL/PSM」、Part 9「SQL/MED」、 Part 10「SQL/OLB」、Part 11「SQL/Schemata」、Part 13「SQL/JRT」、ISO/IEC 9075-14:2008、『Database Language SQL』、Part 14「SQL/XML」

24 さらに読み込む

sot05 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot05 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– フローチャートで用いられる主な記号は後述する • フローチャートは,プログラムソースを作成する前段階, すなわち,設計段階で作成する。 • フローチャートを作成する理由としては,以下ようなものが あげられる。

19 さらに読み込む

sot08 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot08 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– PR(プログラムレジスタ : Program Register) • 次に実行すべき命令語先頭アドレスを保持している。 – FR(フラグレジスタ : Flag Register) • OF(Overflow Flag)、SF(Sign Flag)、ZF(Zero Flag)と呼ぶ3個ビットからな り、演算命令など実行によって次値が設定される

24 さらに読み込む

sot03 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot03 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– 概念設計結果として得られる記述を「概念モデル (conceptual model)」という • 論理設計(logical design) – 概念モデルからデータベース管理システムデータモデルに よって、対象世界写像を記述し直す(変換作業を行う) – 記述し直した結果を「論理モデル(logical model)」という

24 さらに読み込む

sot02 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot02 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

• こうした場合に備え、ファイルデータを読み込み際に、プ ログラムがファイルを他人が使用できないようにする必要 がある。(これをロック処理あるいは排他処理という) – ファイル場合は、データを使用するすべてプログラムが、 この「読みこむ前に、あらかじめファイルにロックする」ことが必 要となる

24 さらに読み込む

sot01 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot01 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

• 特定才能を持つ個人や小企業が、国々をまたがってネットワークで結び付き、製品や システム設計や製造を行う事例が多くなっている • 2012年、ケニア24歳青年、アンソニー・ムッタは、圧力で発電できる素子を発明し、携 帯電話を歩くだけで充電できるシューズを作り、現在では量産され、開発途上国が大きな 市場になっている

24 さらに読み込む

sot09 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot09 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– 繰り返し受注生産(MTO=Make to Order) • 設計は事前に決定され、同じ品種ものを、受注に応じて繰り返し製造する • 部品メーカーに多く、受注してから原材料調達をし、加工組立→物流と進める • 個別受注生産に比べ、設計をしない分、生産期間が短い、在庫は非常に少

23 さらに読み込む

sot14 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot14 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

解析性:障害時に原因分析 解析性:障害時に原因分析 解析性:障害時に原因分析、修正箇所発見が可能なこと 、修正箇所発見が可能なこと 、修正箇所発見が可能なこと 、修正箇所発見が可能なこと 変更性:機能要求変更に容易に対応できること 変更性:機能要求変更に容易に対応できること 変更性:機能要求変更に容易に対応できること 変更性:機能要求変更に容易に対応できること 安定性:一部変更が他所に予想外影響を与えないこと 安定性:一部変更が他所に予想外影響を与えないこと 安定性:一部変更が他所に予想外影響を与えないこと 安定性:一部変更が他所に予想外影響を与えないこと 試験性:変更時にテストが容易であること
さらに見せる

23 さらに読み込む

sot13 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot13 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

• WBS 完成によって、すべて「実際に行うべき作業」が定義され、 これら作業がすべて終了すれば、プロジェクトは完了となる。 • 作業(アクティビティ)には、所要時間/コスト/資源などが割り当 てられるので、プロジェクトを定量的に管理することが可能になる。 • WBS はツリー形式図表で表現され、この図表によって要素/作

24 さらに読み込む

sot12 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot12 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

2.3.5.2.1システム適格性確認テスト準備 システム適格性確認テスト準備 システム適格性確認テスト準備 システム適格性確認テスト準備 システム適格性確認各要件に対して,システム適格性確認テストを システム適格性確認各要件に対して,システム適格性確認テストを システム適格性確認各要件に対して,システム適格性確認テストを システム適格性確認各要件に対して,システム適格性確認テストを 行うため,一連テスト,テストケース(入力,出力及びテスト準備など) 行うため,一連テスト,テストケース(入力,出力及びテスト準備など) 行うため,一連テスト,テストケース(入力,出力及びテスト準備など) 行うため,一連テスト,テストケース(入力,出力及びテスト準備など) 及びテスト手順を作成し,文書化する。開発者は,結合したシステムに対 及びテスト手順を作成し,文書化する。開発者は,結合したシステムに対 及びテスト手順を作成し,文書化する。開発者は,結合したシステムに対 及びテスト手順を作成し,文書化する。開発者は,結合したシステムに対 してシステム適格性確認テスト準備が終わっていることを確実にする。 してシステム適格性確認テスト準備が終わっていることを確実にする。 してシステム適格性確認テスト準備が終わっていることを確実にする。 してシステム適格性確認テスト準備が終わっていることを確実にする。
さらに見せる

24 さらに読み込む

sot15 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot15 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

9.4 プロジェクトチームマネジメント プロジェクトチームマネジメント プロジェクトチームマネジメント プロジェクトチームマネジメント コンフリクトマネジメント • コンフリクトマネジメント種類 – 競争的: 相手を犠牲に(説得)して自分利益を中心に解決。 – 受容的: 自分要求を抑えて相手要求を受け入れること

27 さらに読み込む

sot10 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot10 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

プロトタイピング • 要求漏れ対策として、ウォーターフォール型上流工程にプロ トタイピングを組み合わせる – プロタイピングは、試作品(プロトタイプ)を作成し、実際に利用者に使用 させその結果から、利用者が気が付かなかった要求を獲得する手法 – 利用者を交えながら要件を早期に把握・確定し,要件漏れや誤解を防

23 さらに読み込む

sot11 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot11 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– 対象世界が「どうであるか」を示す図であって、「どう動くか」を示す図ではない。 – クラス図は、ある時点でオブジェクト間関連や、それぞれオブジェクトがどのよう な属性を持つかを示している。 – 対象世界理解(設計)は、時間経過によって変化が少ない、骨格的な構造をとらえ るようにする。

23 さらに読み込む

米国経済論:講義(第15回) 最近の更新履歴  藤田輔(上武大学ビジネス情報学部講師)のサイト

米国経済論:講義(第15回) 最近の更新履歴 藤田輔(上武大学ビジネス情報学部講師)のサイト

 米国 IT 企業国際業務基本的な仕組みを知る! 第 9 回:金融システム新展開(1) (11/22) ≪ 5章≫  米国金融システム歴史と特徴を知る! 第 10 回:金融システム新展開(2) (11/29) ≪ 5章≫

8 さらに読み込む

企業情報データベースシリーズ活用事例紹介第 7 回 勢いを増すアジアの建設業 城西国際大学経営情報学部客員教授 株式会社プロネクサス顧問岡東務 株式会社プロネクサス データベース事業部

企業情報データベースシリーズ活用事例紹介第 7 回 勢いを増すアジアの建設業 城西国際大学経営情報学部客員教授 株式会社プロネクサス顧問岡東務 株式会社プロネクサス データベース事業部

第 2 位が香港証券取引所に上場しているチャイナ コミュニケーション コンストラクション(China Communication Construction Company Limited、略称 China Comm Cons、中国交通建設股份有限公 司)である。 チャイナ コミュニケーションは、2006 年 10 月 8 日に、中華人民共和国会社法に基づき有限責任 制株式会社として中国で創設された。その目的は株式を香港証券取引所に上場する準備一環として、 チャイナ コミュニケーション グループ組織再編成して行われた。同社は同年 12 月に上場を終えた (アニュアルリポート「2010」82 頁参照)。国別・地域別分類では、同社を香港としたが、実態は北京に 本社を置く中国企業だから、1 位、2 位とも中国企業とした方が正確かもしれない。
さらに見せる

10 さらに読み込む

錬成大会pdf 最近の更新履歴  GKF

錬成大会pdf 最近の更新履歴 GKF

橋本泰河 龍虎会 加藤千寛 技徳会掛園道場 湯浅翔 技徳会掛園道場 泰永芽依 技徳会掛園道場 徳井彩姫 技徳会掛園道場 林心優 沼 拳誠会 掛園航矢 技徳会掛園道場 徳井渉介 技徳会掛園道場 金井侑晟 高崎西空手道教室. 竹内陽香 技徳会掛園道場 茂木梓鶴 技徳会 黛花香 修剛会[r]

4 さらに読み込む

2014上級所得理論Ⅰpdf 最近の更新履歴  荒山 裕行 (京都産業大学経済学部客員教授)

2014上級所得理論Ⅰpdf 最近の更新履歴 荒山 裕行 (京都産業大学経済学部客員教授)

The Economy in the Short Run: Aggregate Demand I- Markets in Aggregate Economy 10 The Economy in the Short Run: Aggregate Demand II- Building the IS-LM Model 11 The Eco[r]

1 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題