HCV RNA複製細胞システム

Top PDF HCV RNA複製細胞システム:

ヒトサイトメガロウイルス実験室株Towneの初代培養角膜内皮細胞における複製能の検討

ヒトサイトメガロウイルス実験室株Towneの初代培養角膜内皮細胞における複製能の検討

ある CD47と細胞間相互作用シグナルを形成する.中枢神 経系では神経細胞やミクログリア ( MG) で発現している が,その機能は十 明らかでない.今回我々は SI RP α KO マウスの脳と脊髄で,樹状細胞 ( DC)マーカーである CD 1 1 c 陽性 ( CD1 1 c)の細胞が白質特異的に増加することを 見出した. この CD11c細胞は, MGマーカーであるI ba - 1,CD1 1 bなどを発現し,また Dect i n -1や CD68の発現 が上昇していることから,活性化した MGの一種であるこ とが示唆された.さらに CD47 KOマウスや MG特異的な SI RP α cKOマウスにおいても,同様のフェノタイプが確 認された.以上の結果より,MGが発現する SI RP α 子と リガンドである CD47とが形成する接触シグナルによっ て,MGの活性化が負に調節を受けていることが示唆され た.
さらに見せる

1 さらに読み込む

IRUCAA@TDC : 生理学講座における細胞内Ca2+シグナル伝達システムと脳磁場計測の研究

IRUCAA@TDC : 生理学講座における細胞内Ca2+シグナル伝達システムと脳磁場計測の研究

4.原子力間顕微鏡による硬組織形成細胞の表面 観察 1 9 9 9年原子間力顕微鏡 (atomic force microscope ; AFM) による硬組織形成細胞の表面観察に関する研 究を始めた。MC3T3-E1 細胞 (培養骨芽細胞) ,エ ナメル芽細胞,象牙芽細胞の固定標本における液中 AFM 観察をおこなった (Shibukawa and Suzuki, 1 9 9 9) 。現在,生標本の液中観察が,可能になって いる。また,scanning ion conductance microscope に基づく最新研究技術を適用して1個の K +
さらに見せる

10 さらに読み込む

ベセスダシステム2001の報告様式 ーASC-US、ASC-Hの細胞像と臨床的意義ー

ベセスダシステム2001の報告様式 ーASC-US、ASC-Hの細胞像と臨床的意義ー

◇ LBCとCPの細胞診断成績には大きな差は みられない。 ◇ LBCでは、散在性の孤立細胞が多い。 ◇ LBCの細胞像はCPの所見と大きな違いは 認められないものの、細胞は少し小型化し 核クロマチンが淡染化しやすい。

46 さらに読み込む

幹細胞 前駆細胞 (ES 細胞 PS 細胞 体 幹細胞他 ) 体細胞 () な細胞 その作製 分 製 装置 器材 培 成分 物 培養 件 細胞 分化 子 ( 質 化合物 ) 培養の工 細胞との 物 発生工学 生 工学分子生物学 細胞工学 ム科学 工学 分化 せた幹細胞体細胞遺伝子 細胞 サイトカイン

幹細胞 前駆細胞 (ES 細胞 PS 細胞 体 幹細胞他 ) 体細胞 () な細胞 その作製 分 製 装置 器材 培 成分 物 培養 件 細胞 分化 子 ( 質 化合物 ) 培養の工 細胞との 物 発生工学 生 工学分子生物学 細胞工学 ム科学 工学 分化 せた幹細胞体細胞遺伝子 細胞 サイトカイン

 米国が約半数(49%)を占めており、欧州がその半分 (26%)、日本が欧州のさらに半分(12%)となっています。 業種別では「細胞治療」が166社で55%、「材料、器具」が 69社で23%、「医薬」が44社で15%となっています。米国 の146社中、83社(57%)が「細胞治療」であるのに対して 日本は46%、欧州は47%が「細胞治療」となっています。「材 料、器具」は米国が20%であるのに対して、日本は27%、 欧州は30%で米国に比べて、比率が高くなっています。  また、再生医療関連企業の多くが大学・公的研究機関 の研究成果をベースに研究開発を行なっており、大学・ 公的研究機関のシーズが企業に技術移転され実用化に大 きな役割を果たしています。
さらに見せる

10 さらに読み込む

ヒト ips 細胞由来心筋細胞と多電極アレイ システムを用いた薬剤誘発性 QT 間隔延長 および催不整脈リスク予測評価法の検討 2017 年 北口隆

ヒト ips 細胞由来心筋細胞と多電極アレイ システムを用いた薬剤誘発性 QT 間隔延長 および催不整脈リスク予測評価法の検討 2017 年 北口隆

不整脈様波形を惹起する最小濃度を 3 種の機器間で比較した結果を Table 4 に示した。 E-4031、Flecainide、Moxifloxacin および Chromanol 293B では明確な機器間差はみられなか ったが、 Terfenadine において MEA60/2100 のみで不整脈様波形がみられた。その正確な原 因は不明であるが、 iCell 心筋細胞と Maestro の組み合わせにより Terfenadine の催不整脈作 用を検出したという報告もあるため、機器の差のみに起因する可能性は低いと考えられた ( Gilchrist ら、2015;Qu ら、2015)。また、Terfenadine の催不整脈作用は短期曝露では検出
さらに見せる

47 さらに読み込む

JAIST Repository: Clonezillaを用いたPC複製

JAIST Repository: Clonezillaを用いたPC複製

情報社会基盤研究センターは本学情報環境システムの一環として多種のデスクトップ型端末、ノート型端 末を扱っている。これらの端末はそれぞれ同一構成の状態で複製した後そのままユーザが使用できる物と、 使用場所に応じて必要な個別設定を加えてから各ユーザに提供する必要のあるものとがある。使用形態や OS の違いなどのために複製や管理にそれぞれ別々の品物・仕組みを使っており、また 1 対多での複製をできな い場合もあり、全対象者分の複製・その後のセットアップを完了するにはかなりの日数を要している。この ため各工程での所要時間の短縮、作業の能率アップが課題であり、このたび複製に必要な時間を短縮する手 立てとして新たにフリーのバックアップソフトである Clonezilla を試用したところ好感触だったので紹介・報 告する。
さらに見せる

7 さらに読み込む

住宅 太陽光発電システム市場の現状と 通し (2020 年版 ) 今後のビジネス展開に向けて 2020 年 3 月株式会社資源総合システム 2019 株式会社資源総合システム無断複写 複製 無断転載を禁止します

住宅 太陽光発電システム市場の現状と 通し (2020 年版 ) 今後のビジネス展開に向けて 2020 年 3 月株式会社資源総合システム 2019 株式会社資源総合システム無断複写 複製 無断転載を禁止します

1.3.4 住宅⽤パワーコンディショナ(全体)・メーカー出荷量推移(推定) 13 1.4 都道府県別導入分析 14 1.4.1 住宅⽤太陽光発電システム(10kW未満)の都道府県別導入状況のまとめ 14 1.4.2 住宅⽤太陽光発電システム(10kW未満)都道府県別導入シェア(2018年度) 15 1.4.3 住宅⽤太陽光発電システム(10kW未満)都道府県別導入状況(2018年度) 16 1.4.4 住宅⽤太陽光発電システム(10kW未満)都道府県別導入ランキング(2018年度) 17 1.4.5 住宅⽤太陽光発電システム(10kW未満)都道府県別導入シェア(累積) 18 1.4.6 住宅⽤太陽光発電システム(10kW未満)都道府県別導入状況(累積) 19 1.4.7 住宅⽤太陽光発電システム(10kW未満)都道府県別導入ランキング(累積) 20
さらに見せる

23 さらに読み込む

目次 1. 設定コマンド... 5 設定方法について 設定の複製 ( 一括設定 )... 6 設定のダンピング... 6 一括設定バーコードの作成... 6 設定を複製する システム設定... 7 設定バーコードの読取... 7 設定値の初期化... 7 バー

目次 1. 設定コマンド... 5 設定方法について 設定の複製 ( 一括設定 )... 6 設定のダンピング... 6 一括設定バーコードの作成... 6 設定を複製する システム設定... 7 設定バーコードの読取... 7 設定値の初期化... 7 バー

6 1.1. 設定の複製(一括設定) 同一の設定を持った MS100N を複製することができます。手順は次の通りです。 ステップ 1 : パソコンで「メモ帳」を実行し、文字入力ができるようにしておきます。 ステップ 2 : MS100N(主機)で「ダンプ出力」を読取ります。メモ帳に、現在の設定がダ

56 さらに読み込む

細胞環境下の生命システムを再現した1分子粒度シミュレーション

細胞環境下の生命システムを再現した1分子粒度シミュレーション

3. 分子混雑が酵素の処理能力を高める 多重リン酸化反応はシグナル伝達系において頻繁に観察 される一般的な反応である.多重リン酸化反応によって二 値的な応答が説明できることからシステム生物学における 基本的な「素子」の一つとなってきた.我々はまず,この 単純な二重リン酸・脱リン酸化反応系をeGFRD法を用い て計算し,さまざまな細胞内環境を再現した条件下で応答 を調べた 1) .その結果,拡散速度が遅い方が応答が速くな る場合があることが明らかになった.反応速度が拡散速度 によって制限されている拡散律速と呼ばれる状況では,当 然拡散速度が遅いほど反応速度も遅くなる.しかし一方で 二重リン酸化反応の場合,一度目の反応を終えて解離し た直後,酵素は基質となった分子のすぐ近くにおり,この 分子と再び結合すれば連続的な反応が行える(図2A).そ して,この「再結合」の確率は拡散速度が遅いほど高くな る.したがって拡散速度が遅くなると,一度目の反応速度 は遅くなる一方で連続的な反応が促進され,総体としては 応答が速くなるのである.連続的な反応の促進は,応答速 度だけでなく応答の様式も変化させる.先述したとおり, シグナル伝達系において二重リン酸化反応がよくみられる 理由として,その応答特性の多様さがあげられる.通常, 単一のリン酸化反応では,入力となるシグナル分子の濃度 が上がると,出力となるリン酸化された分子の濃度もなだ らかに上がる(連続的・アナログな応答).一方で二重リ ン酸化反応は,シグナル分子がある一定濃度を超えるまで はほとんど応答せず,基準となる濃度を超えると急激に下 流にシグナルを伝える,いわば「スイッチ」のような応答 特性(シグモイダル・二値的・デジタルな応答)を示すこ とができる.さらに条件によっては,シグナル濃度を低濃 度から徐々に上げた場合はなかなか応答しないが,一度応
さらに見せる

5 さらに読み込む

閣議決定 1. 第 4 期科学技術基本計画 (H23.8) ライフイノベーションの推進 ips 細胞 ES 細胞 体性幹細胞等の体内及び体外での細胞増殖 分化技術を開発するとともに その標準化と利用技術の開発 安全性評価技術に関する研究開発を推進 ライフイノベーション推進のためのシステム改革 レギュ

閣議決定 1. 第 4 期科学技術基本計画 (H23.8) ライフイノベーションの推進 ips 細胞 ES 細胞 体性幹細胞等の体内及び体外での細胞増殖 分化技術を開発するとともに その標準化と利用技術の開発 安全性評価技術に関する研究開発を推進 ライフイノベーション推進のためのシステム改革 レギュ

 ア 当該細胞又は組織を採取するに当たって、それらの利用の目的に応じ、問診、検診、検査等により、細菌、 真菌、ウイルス等の感染が否定されていること。  イ アの検査項目及び検査方法が感染症等に関する最新の知見に照らして適切なものであること。  ウ アの検査項目、検査方法等に応じた再検査がウインドウピリオドを勘案して適切な時期に行われていること。 (4)上記のほか次に掲げる疾病等について、問診、検診、検査等を行うとともに、輸血又は移植医療を受けた経験
さらに見せる

66 さらに読み込む

リンデンマイヤシステム上の多細胞モデルにおける楕円曲線を含む曲線 (第5回生物数学の理論とその応用)

リンデンマイヤシステム上の多細胞モデルにおける楕円曲線を含む曲線 (第5回生物数学の理論とその応用)

細胞生物は、 たった一っの卵細胞から様々な細胞タイプが生じる [3] 。そ $\check{}$ では、初期の細胞タイプ (幹 細胞) は様々な中間タイプへと分化し、 最終的な分化した細胞へと至る。 このような細胞分化の繋がりは 細胞系譜によって図式化できる。 本稿の目的は、細胞系譜において、様々な細胞タイプの増殖率・遷移率の下で生成されるパタンを調べる

6 さらに読み込む

Cdt1によるDNA複製の抑制に関する解析

Cdt1によるDNA複製の抑制に関する解析

ポイント機構と DNA 複製ライセンス化機構の連関が示唆される。 第 4 節 アフリカツメガエル卵抽出液を用いた無細胞実験系 4.1 アフリカツメガエル初期胚の細胞周期 アフリカツメガエルの卵母細胞は、第一減数分裂前期で細胞周期を停止しており、ゴ ナドトロピンの刺激によりプロゲステロンが分泌されると細胞周期が進行する。しかし 第二減数分裂中期に入ると再び細胞周期を停止し、未受精卵として受精を待つ。その後、
さらに見せる

58 さらに読み込む

シアノバクテリアにおけるDNA複製制御機構の解析

シアノバクテリアにおけるDNA複製制御機構の解析

S. 7942 において複製進行においても光による厳密な制御の存在が明らかとな った。DCMU では阻害されず、DBMIB でのみ阻害されたことから、PQ 以降の 電子伝達が何らかのシグナルとなって、DNA 複製進行を制御していることは明 白である。しかし、それ以降の電子が流れることで、細胞内環境がどのように 変化し、何がシグナルとなっているかは未だに不明である。少なくとも ATP レ ベルの問題はではないだろう。なぜなら、明所と暗所では ATP レベルにあまり 変化がみられないためである 69,70 。暗所でも呼吸鎖による電子伝達によりプロト ン濃度勾配ができるため、ATP 量は暗所でも保たれる。候補としては、PQ の酸 化還元状態がシグナルとなっている可能性がある。 DCMU と DBMIB により効 果の違いが見られた報告は多くあり、そのほとんどは PQ の酸化還元状態がシグ ナルであると結論づけており、この説は古くから指示されてきた 68,77-84 。このシ グナルを考えるうえで、最も重要なことは明暗での PQ の状態であるが、未だに 明確な答えを示した論文はない。明所では光化学系が働くため、PC→PSI と電 子が伝達される。しかし、暗所では PSI への電子は伝達されず、Cyt/Oxidase へ の電子伝達のみである。 そうすることで、 PQ 以降の電子伝達の流れが悪くなり、 結果として PQ は電子を下流へ渡せないため、過還元状態になると考えられる。 DBMIB でも同様に PQ は下流に電子を渡せないため、過還元状態になる。もし PQ が暗所でも本当に過還元であれば、DNA 複製進行には PQ の酸化還元バラン スが直接的なシグナルとなっている可能性が十分考えられる。しかし、暗所で は明所に比べ PQ は酸化状態であるという報告もあるため 77 、言い切ることはで きない。
さらに見せる

141 さらに読み込む

IRUCAA@TDC : 謎の細胞メルケル細胞

IRUCAA@TDC : 謎の細胞メルケル細胞

一方その頃,坂田三弥教授率いる東京歯科大学生理学講座は口腔感覚をテーマに顎骨骨膜,歯根膜,口腔粘 膜に分布する感覚神経終末とその機能を検索していた。ネコ歯肉粘膜への機械刺激から得た遅順応性応答と刺 激部位に存在するメルケル細胞-神経終末複合体を明らかにしたが,光学顕微鏡ではメルケル細胞は同定でき ない点を指摘され,ネコ歯肉粘膜でのメルケル細胞を電子顕微鏡で明らかにする必要があった。後にこれを明 らかにすると同時に,メルケル細胞-神経終末複合体の機能をより効率よく研究するためにハムスター頬粘膜 に存在する触小体を用いた。実験は触小体への機械刺激とその応答,上皮を一部剥離しメルケル細胞と神経終 末との間にチャネル阻害薬あるいは拮抗薬の投与による刺激応答性の変化,また細胞内遊離カルシウム濃度を 指標として単離メルケル細胞への脱分極刺激・低浸透圧刺激・機械刺激を行い,メルケル細胞内へのカルシウ ム流入から電位依存性カルシウムチャネル,伸展活性化チャネル,transient receptor potential チャネルの存 在を明らかにしてきた。現在までメルケル細胞からの伝達物質の放出に関する報告はなく,仮説に過ぎない が,この点も明らかになりつつある。今後も一つ一つ謎のメルケル細胞の役割が明らかにされていくことを望 みます。
さらに見せる

2 さらに読み込む

シアノバクテリアにおけるDNA複製制御機構の解析

シアノバクテリアにおけるDNA複製制御機構の解析

体は,dnaA 遺伝子を保持していない。また,DNA ポ リメラーゼに関して,通常バクテリアのゲノム複製を 担っているのは DNA ポリメラーゼ III(Pol III)であ るが,葉緑体は DNA ポリメラーゼ I(Pol I)様である ことが分かっている。Pol I はバクテリアではプラスミ ドの複製を担っており,シアノバクテリアの複製開始機 構が DnaA 依存型からプラスミド様に変化したことを 考慮すると,複製開始機構の変化に伴い DNA ポリメ ラーゼも変化した可能性が考えられる。一方,糖代謝に おいても DnaA の依存性と相関性が見られた。葉緑体 は光合成により蓄積したデンプンを暗所において代謝 し,エネルギーとして利用する。同様に DnaA 依存性 の低いシアノバクテリアは,暗所においてグリコーゲン を積極的に代謝していることを見出した。このように, 葉緑体との共通項が見出され,どのようなシアノバクテ リアが共生したのかが見えてきた。
さらに見せる

4 さらに読み込む

色素細胞系 : 生命機能発現機構解明の1モデルシステム

色素細胞系 : 生命機能発現機構解明の1モデルシステム

の酸化能だけでなく、例えば、この酵素を組織 化学的に検出し、その局在を解析する際に常法 としてすでに利用されていた方法で、 DOPA ( L -3,4-dihydroxyphenylalanin、ドーパ)を基質 にして、 (チロシナーゼが持つとされてきた)ド ーパオキシダーゼ活性による色素沈着を観 察・解析する手法により得られてきた成果は、 本当にメラニン合成の過程を検出していたこ とになるのか、ということでもあった。メラニ ン合成を可能にする酵素は、メラニン産生細胞
さらに見せる

7 さらに読み込む

子宮頸部細胞診断基準ベセスダシステムにおけるAGC の臨床 病理

子宮頸部細胞診断基準ベセスダシステムにおけるAGC の臨床 病理

1 群馬県太田市高林西町617-1 群馬県立がんセンター 婦人科 2 群馬県太田市高林西町617-1 群馬県立がんセンター 病理部 要 旨 背景・目的:日本でも対策型がん検診における子宮頸部細胞診断の判定にベセスダシステムが取り入れられ,約 2年が経過 した. 旧日母 類とベセスダシステム診断と対応は, 扁平上皮系では比較的明確に定義されており, 二次検診機関での対応 や被験者説明は容易である.一方,ベセスダシステムで新たに採用された診断 類である AGC (atypical glandular cells)は, 対応する組織型が多様で, 二次医療機関の医師は, 確定診断に慎重さを求められ, 患者さんへの説明に配慮を迫られること が多い. 今回, 我々は, 一次検診で AGC と診断され, 当院に紹介された患者さんの最終診断について解析した.
さらに見せる

4 さらに読み込む

icems ニュースリリース News Release 2009 年 12 月 11 日 京都大学物質 - 細胞統合システム拠点 ips 細胞研究を進めるための社会的課題と展望 - 国際幹細胞学会でのワークショップの議論を基に - 加藤和人京都大学物質 - 細胞統合システム拠点 (icems=アイセ

icems ニュースリリース News Release 2009 年 12 月 11 日 京都大学物質 - 細胞統合システム拠点 ips 細胞研究を進めるための社会的課題と展望 - 国際幹細胞学会でのワークショップの議論を基に - 加藤和人京都大学物質 - 細胞統合システム拠点 (icems=アイセ

知的財産に関する課題 iPS 細胞の研究分野においてイノベーションを促進するためには、効果的に知的財産権を適用できるように することが重要になります。しかしながら、iPS 細胞においては、その作成に使われる技術が多岐にわたるこ とや、樹立された細胞がお互いにどの程度同じなのか、ES 細胞とどう異なるのかがはっきりしないため、特 許の分野は複雑な課題を抱えています。新しい iPS 細胞の作成方法は、それぞれが特許を与えるに値するも のなのか、また、それによってできた iPS 細胞のそれぞれに特許を与えてよいのかどうか、多くの問いが検 討されなければなりません。
さらに見せる

6 さらに読み込む

ヒト膀胱上皮細胞におけるAurora-A遺伝子の過剰発現と中心体の異常複製, 染色体異常の研究

ヒト膀胱上皮細胞におけるAurora-A遺伝子の過剰発現と中心体の異常複製, 染色体異常の研究

4. ウエスタンブロッテイング  6ウエルマイクロプレートに培養したそれぞれの細胞に アデノウイルスを感染させた.感染後4日目までの各日ご とに,細胞溶解液(10ヒ TrisンHCl (pH 7);140ヒ NaCl; 3ヒ MgCl 2 ;0.5% Nonidet Pン40;2ヒ phenylmethylsul- fonyl fluoride;5ヒ dithiothreitol)を用いてタンパク質を 抽出した.14,000g10分間,遠心分離し上清を抽出した後, Bradford 色素結合法でタンパク質濃度測定を行なった.そ れぞれ抽出したタンパク質を12% SDSンPAGE(sodium dodecyl sulfate-polyacrylamide gel electrophoresis)で電気 泳動分離し,その分離したタンパク質を孔径0.2マイクロm のニトロセルロース膜に転写緩衝液[1×Tris Gly transfer buffer (25 ×Tris Gly transfer buffer;Invitrogen、 Carlsbad、 CA),5% v/v methanol]下で転写した.転写 された膜をブロッキング液(5%スキムミルクを含む Tris- buffered saline (TBS)ンT( 10 ヒ TrisンHCl (pH 7.4 );150 ヒ NaCl;0.1% Tween 20)下で2時間ブロックした.5 %スキムミルクを含む PBSンT 溶液で希釈した一次抗体 (rabbit polyclonal antiンAuroraンA antibody)で反応後, 5%スキムミルクを含む PBSンT 溶液で洗浄し,二次抗体 (goat anti-rabbit horseradish peroxidase-conjugated IgG、 1:2,000 dilution;Santa Cruz Biotechnology Inc。、 Santa Cruz、 CA)と室温1時間で反応させた.同様に洗浄後,検 出試薬 ECLンPlus(Enhanced ChemoluminescenceンPLUS、 Amersham Biosciences、 Piscataway、 NJ)を用いてバンド をX線フィルムに感光させた.
さらに見せる

7 さらに読み込む

中島秀明 A. 白血病初発時 B. 治療後 C. 白血病再発時 自己複製 増幅 白血病幹細胞 I (LIC I) 白血病幹細胞 II (LIC II) 白血病細胞 図 ₁ 白血病幹細胞仮説白血病幹細胞 (LIC) は白血病の生成 維持に関わる根源的な細胞と考えられる. 最近の研究ではLIC の表現マ

中島秀明 A. 白血病初発時 B. 治療後 C. 白血病再発時 自己複製 増幅 白血病幹細胞 I (LIC I) 白血病幹細胞 II (LIC II) 白血病細胞 図 ₁ 白血病幹細胞仮説白血病幹細胞 (LIC) は白血病の生成 維持に関わる根源的な細胞と考えられる. 最近の研究ではLIC の表現マ

された ₁₈) .以上のことは LICが骨芽細胞領域という正常 HSCと共通の骨髄微小環境に存在し,類似のメカニズム で静止状態に保たれていることを示唆している.  LICと骨髄微小環境の相互作用に関わる分子としては, CD₄₄,VLA- ₄ ,CXCR ₄ などの報告がある.CD₄₄はヒ アルロン酸をリガンドとする接着分子で,他にオステオ ポンチン,ファイブロネクチン,セレクチンなどとも結 合する.ヒアルロン酸は骨梁表面上に濃縮されており, LICのニッチへの接着に関与すると考えられている.事 実,CD₄₄に対するモノクローナル抗体はヒトAML細胞 の分化を誘導すると同時にNOD-SCIDマウスへの生着を 阻 害 す る ₁₉) . ま た VLA- ₄ は フ ァ イ ブ ロ ネ ク チ ン や 図 ₃  白血病幹細胞のニッチと抗癌剤耐性
さらに見せる

8 さらに読み込む

Show all 10000 documents...