高齢者の移動交通手段は

Top PDF 高齢者の移動交通手段は:

高齢者の移動手段確保のための 互助 による輸送 ~ 道路運送法上の許可 登録を要しない輸送の制度とモデルについて ~ 平成 30 年 3 月 国土交通省 総合政策局公共交通政策部交通計画課 自動車局旅客課 地域における移動手段の確保にあたっては まずは公共交通機関の確保 充実を基本とし 今後も 高齢

高齢者の移動手段確保のための 互助 による輸送 ~ 道路運送法上の許可 登録を要しない輸送の制度とモデルについて ~ 平成 30 年 3 月 国土交通省 総合政策局公共交通政策部交通計画課 自動車局旅客課 地域における移動手段の確保にあたっては まずは公共交通機関の確保 充実を基本とし 今後も 高齢

社会福祉法人、NPO法人、地域住民等方々へ 1.検討を始めるにあたって(有償運送検討) 地域における高齢移動手段確保について検討するにあたって、(1)道路運送法(3(2) 用語集参照)許可や登録に際して輸送安全や旅客利便確保に関する措置が担保されること、 (2)利用から運賃収入があることでサービス持続可能性が高まることから、地域移動手段確 保を図るにあたって、まずは、利用が運送対価(このパンフレットにおける「運送対価」と、輸送サー ビス提供に対して支払われる金銭等を指しますが、実際運送に要した燃料代、道路通行料及び駐車 料金含まれません。)として運賃を負担する有償運送によるサービス提供検討から始めることが基本とな ります。
さらに見せる

11 さらに読み込む

1クラブメンバー 10 名の年間交通移動 ( クラブの主将として現在活動頂いております NMB48 加藤夕夏さんの年間交通移動を含む ) 2 運営事務局責任者 1 名の年間交通移動 クラブ活動会場のどうぎんカーリングスタジアムの年間電気使用 1 平均月間電気使用量実績 (2014 年 2 月 ~20

1クラブメンバー 10 名の年間交通移動 ( クラブの主将として現在活動頂いております NMB48 加藤夕夏さんの年間交通移動を含む ) 2 運営事務局責任者 1 名の年間交通移動 クラブ活動会場のどうぎんカーリングスタジアムの年間電気使用 1 平均月間電気使用量実績 (2014 年 2 月 ~20

http://ghg-santeikohyo.env.go.jp/files/calc/list_ef_eps.pdf *2.出典資料:環境省「会議・イベントにおけるカーボン・オフセット取組ため手 引き」 (平成 23 年 4 月)内に記載されている水道使用にかかる CO2 排出係数を活用。 http://www.env.go.jp/earth/ondanka/mechanism/carbon_offset/tebiki.pdf

5 さらに読み込む

子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止 次代を担う子供のかけがえのない命を社会全体で交通事故から守ることが重要であるにもかかわらず 依然として道路において子供が危険にさらされていること また 高齢者の交通事故死者数が 交通事故死者数全体の約半数を占め その減少が強く求められているこ

子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止 次代を担う子供のかけがえのない命を社会全体で交通事故から守ることが重要であるにもかかわらず 依然として道路において子供が危険にさらされていること また 高齢者の交通事故死者数が 交通事故死者数全体の約半数を占め その減少が強く求められているこ

・ 子供自転車乗用中死者数 0人(総数31人) ・ 子供歩行中死者数 1人(総数49人、構成率 2.0%) ・ 高齢自動車運転中死者数 5人(総数19人、構成率26.3%) ・ 高齢自転車乗用中死者数 19人(総数31人、構成率61.2%) ・ 高齢歩行中死者数 34人(総数49人、構成率69.3%) ・ 高齢事故死数等

8 さらに読み込む

2 標準的な学習の流れ 総合的な学習の時間: 交通 環境学習 課題発見型教材から環境にやさしい交通手段に着目 社会科: 私のまち くらし から日常生活圏の移動に着目 公害と環境の保全 から環境にやさしい交通手段に着目 家庭科: 生活に生かそう から日常生活の食事に注目 計画的に生活しよう から身の回

2 標準的な学習の流れ 総合的な学習の時間: 交通 環境学習 課題発見型教材から環境にやさしい交通手段に着目 社会科: 私のまち くらし から日常生活圏の移動に着目 公害と環境の保全 から環境にやさしい交通手段に着目 家庭科: 生活に生かそう から日常生活の食事に注目 計画的に生活しよう から身の回

1 概要 目的 ふだん食卓を対象として食材買い物をゲームで再現することで、エネルギー 消費と環境負荷と関係、食材変遷、旬喪失、食料自給率変化、モータリ ゼーション進展によるライフスタイル変化に気づかせます。小学校高学年か ら大人まで、フードマイレージ学習を通して、「買物と環境問題」が理解でき、 「やさしい暮らしづくり」実践を進めていきます。
さらに見せる

12 さらに読み込む

道路 1 歩道 整備の基本的考え方 (1) 高齢者 障害者等を含む歩行者の安全を確保するため 歩道と車道は可能な限り分離する必要があります また 歩道の幅員は 高齢者 障害者等が安心して通行できるものとする必要があります (2) 歩道の段差は高齢者 障害者等の移動の大きなさまたげになります 通行動線

道路 1 歩道 整備の基本的考え方 (1) 高齢者 障害者等を含む歩行者の安全を確保するため 歩道と車道は可能な限り分離する必要があります また 歩道の幅員は 高齢者 障害者等が安心して通行できるものとする必要があります (2) 歩道の段差は高齢者 障害者等の移動の大きなさまたげになります 通行動線

(2)歩道段差高齢、障害移動大きなさまたげ になります。通行動線上段差すりつけにより解消を図り、 安全に通行できる構造とします。 (3)歩道舗装高齢、障害転倒を防ぐため平坦性、 滑りにくさ、水はけよさ視点から材料を選択し、施工する 必要があります。特に車乗り入れ部設置に当たって歩 行者通行しやすさを考慮し、路面が連続して平坦になる ような配慮が必要です。
さらに見せる

16 さらに読み込む

認定申請書( DOC) 高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー法)関係様式  宮崎市 ninntei

認定申請書( DOC) 高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー法)関係様式 宮崎市 ninntei

〔構造方法〕          造  一部       造 〔主要用途〕 〔用途別床面積〕    用途(         ) 床面積(      ㎡ ) 階(  )      (         )    (      ㎡ )  (  )      (         )    (      ㎡ )  (  )      (         )    (      ㎡ )  (  )      (         )    (      ㎡ )  (  ) 〔建築物特定施設床面積うち、通常建築物建築物特定施設床面積を超える 部分〕
さらに見せる

1 さらに読み込む

4. 愛媛県の公共交通が抱える課題 前章までに整理してきた愛媛県の現状分析を踏まえ 愛媛県の公共交通 ( 幹線バス路線 ) が 抱える課題として 以下の 6 つが挙げられる 1. 愛媛県の現状 人口及び移動環境 少子高齢化の深刻化 ( 特に南予地域の高齢化が深刻 ) 地域内移動 ( 通勤 通学 )

4. 愛媛県の公共交通が抱える課題 前章までに整理してきた愛媛県の現状分析を踏まえ 愛媛県の公共交通 ( 幹線バス路線 ) が 抱える課題として 以下の 6 つが挙げられる 1. 愛媛県の現状 人口及び移動環境 少子高齢化の深刻化 ( 特に南予地域の高齢化が深刻 ) 地域内移動 ( 通勤 通学 )

路線表示(行き先)がわからない 発着時刻がわからない バス乗り方(降り方)がわからない 行きたい方向にバス路線がない バス停(乗り場)が遠い 移動に時間がかかる 毎日運行されていない 運行本数が少ない 始発便が遅い、最終便が早い 公共交通接続が悪い 乗りたい時間に運行されていない 乗り降りしにくい 運賃が高い 時間通りにバスが停留所に来ない 現金で運賃支払いが不便 乗り場に屋根やベンチがない その他
さらに見せる

12 さらに読み込む

7 主な推進事項 (1) 子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止 子供及びその保護者 高齢運転者を含む高齢者の交通安全意識の高揚を図ると ともに 県民総ぐるみで子供及び高齢者等に対する保護意識の醸成を図る 保護者から子供への安全教育の推進 通学路等における子供の安全確保 ドライバー

7 主な推進事項 (1) 子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止 子供及びその保護者 高齢運転者を含む高齢者の交通安全意識の高揚を図ると ともに 県民総ぐるみで子供及び高齢者等に対する保護意識の醸成を図る 保護者から子供への安全教育の推進 通学路等における子供の安全確保 ドライバー

・飲み会等があるとき、自動車を通勤等に使用している人に飲酒運転絶対しな いように事前に指導するとともに、帰宅時にタクシーや運転代行事業等を利 用するよう指導を徹底しましょう。 ・二日酔い等による飲酒運転を防止するため、アルコール検知器を活用し、飲酒運 転防止を徹底しましょう。

5 さらに読み込む

車いすの選び方 利用のための基礎知識はじめての車いすの選び方 使い方 車いすを初めてみたときに 結構大きいなぁ と思う方が多いようです 車いすの多くは高齢者や障害者の方々の移動手段として使われています 普段の生活の中でも車いすを見かけること 3 安全に移動できるようになる 4 離床する時間が持てる

車いすの選び方 利用のための基礎知識はじめての車いすの選び方 使い方 車いすを初めてみたときに 結構大きいなぁ と思う方が多いようです 車いすの多くは高齢者や障害者の方々の移動手段として使われています 普段の生活の中でも車いすを見かけること 3 安全に移動できるようになる 4 離床する時間が持てる

靴でいかがでしょうか。靴スーツを着ている ときドレスシューズ・紐を使わず脱ぎ履きしやす いスリッポン・短靴であるシューズに対して長靴で あるブーツ・ゴム底を張った靴であるスニーカー などがあり、靴サイズも足 そくちょう 長に対して 22.0cm や 25.5cm と表記され、足 そく 囲 い や足 あし 幅 ば (図 14)に対 して EE、EEE、4E などと表記されています。さ らに人足に土踏まずがありますので、インソー ル(いわゆる中敷き、図 15)を入れることで、歩 いたり走ったりしたとき衝撃を吸収したり、外 がい 反 はん 母 ぼ 趾 し や偏 へん 平 ぺい 足 そく に対して使用することもあります。
さらに見せる

19 さらに読み込む

市民の足 自由に移動できて 時間の制約も 無い自家用車 私たちは買い物や通 勤に ついつい自家用車を利用して しまいます 人にも環境にも やさしい移動手段 公共交通は 献できる方法の一つです て地球の温暖化対策に大きく貢 を利用することは 身近にでき 電車やバスなどの公共交通機関 は約9分の1とされ

市民の足 自由に移動できて 時間の制約も 無い自家用車 私たちは買い物や通 勤に ついつい自家用車を利用して しまいます 人にも環境にも やさしい移動手段 公共交通は 献できる方法の一つです て地球の温暖化対策に大きく貢 を利用することは 身近にでき 電車やバスなどの公共交通機関 は約9分の1とされ

While my Japanese vocabulary may not be perfect, I really enjoy studying kanji. And while kanji seem hard, they have helped me communicate more than I could even imagine! Many times when I m at a loss for words, I ll draw out a kanji in the air to someone and suddenly we both understand each other. Since it can be said that many kanji come from pictures, it seems the common phrase A picture is worth a thousand words. ( 百聞一見にしかず in Japanese, I believe) really is true.

20 さらに読み込む

7 主な推進事項 (1) 子供と高齢者の交通事故防止 県民総ぐるみで交通安全意識の高揚を図り 子供及び高齢者等に対する保護意識の醸成を図る 保護者から子供への交通安全教育の推進 通学路等における子供の安全確保 高齢歩行者の死亡事故の特徴を踏まえた交通安全教育の推進 身体機能や認知機能の変化が運転に及

7 主な推進事項 (1) 子供と高齢者の交通事故防止 県民総ぐるみで交通安全意識の高揚を図り 子供及び高齢者等に対する保護意識の醸成を図る 保護者から子供への交通安全教育の推進 通学路等における子供の安全確保 高齢歩行者の死亡事故の特徴を踏まえた交通安全教育の推進 身体機能や認知機能の変化が運転に及

・夕暮れ時や夜間に外出するとき、反射材を身に付け、明るく目立つ色衣服を着 用するよう、声を掛け合いましょう。 ・加齢に伴う身体機能や認知機能変化等を踏まえて、自動ブレーキ及びペダル踏み 間違い時加速抑制装置搭載された「サポカーS」利用や運転免許証自主返納 等について話し合う機会を設けましょう。

6 さらに読み込む

ては2 人部屋以上 引率者については1 人部屋とする (2) 交通手段受託者は 次の事項について 効率的な交通手段の予約手配を行なわなければならない ただし 航空機使用に付随する空港使用料 空港税 その他保安税 付加運賃料金等も含めることとする アバス ( ア ) 東村山市内 ~ 空港 ( 往復 )

ては2 人部屋以上 引率者については1 人部屋とする (2) 交通手段受託者は 次の事項について 効率的な交通手段の予約手配を行なわなければならない ただし 航空機使用に付随する空港使用料 空港税 その他保安税 付加運賃料金等も含めることとする アバス ( ア ) 東村山市内 ~ 空港 ( 往復 )

受託、1日に数回、現地で活動等を画像等で保護が確認できるような 環境を整えなければならない。 (12)安全へ配慮 受託、事業実施期間中に派遣団が事故、疾病、障害、その他事由により 引率責任より協力を求められた場合、必要な措置を講じ、それに応じなけれ ばならない。また、派遣団が事業実施期間中に不測事態が生じた場合援護体 制手配をし、派遣団安全に配慮しなければならない。
さらに見せる

7 さらに読み込む

(2) 富士北麓都市計画都市計画区域の整備 開発及び保全の方針 ( 平成 23 年 3 月 ) 山梨県では 既に人口減少 超高齢社会が到来しており 都市経営コストの最適化 自動車を自由に使えない高齢者等の移動手段の確保 公共公益施設や大規模集客施設の適正立地 地球環境問題への対応など様々な課題が都市

(2) 富士北麓都市計画都市計画区域の整備 開発及び保全の方針 ( 平成 23 年 3 月 ) 山梨県では 既に人口減少 超高齢社会が到来しており 都市経営コストの最適化 自動車を自由に使えない高齢者等の移動手段の確保 公共公益施設や大規模集客施設の適正立地 地球環境問題への対応など様々な課題が都市

〔広域拠点(富士吉田市中心市街地)〕 中枢業務機能、高次医療、多様なニーズに対応した教育、文化、商業等都市機能 集約を図り、既存都市機能更新時に引き続き富士吉田市中心市街地で立地を促 す。また、国際化、情報化進展、ニーズ多様化といった近年社会情勢変化にも 積極的に対応しながら、世界文化遺産登録を目指す富士山とそれに関連した資産と調 和に配慮し、富士・東部広域圏域を牽引する広域拠点にふさわしい都市空間質的向上 を図る。
さらに見せる

7 さらに読み込む

Ⅰ. 調査目的 横断歩道橋は 歩行者と車両を立体的に分離し 交通事故から身を守る有力な手段として 通学時の児童生徒の安全確保と交通事故の減少に一定の役割を果たしてきた しかし 近年では少子高齢化の進展に伴い 歩道橋の利用者は減少していると考えられ 全国各地で大規模改修か撤去かの選択を迫られている 本

Ⅰ. 調査目的 横断歩道橋は 歩行者と車両を立体的に分離し 交通事故から身を守る有力な手段として 通学時の児童生徒の安全確保と交通事故の減少に一定の役割を果たしてきた しかし 近年では少子高齢化の進展に伴い 歩道橋の利用者は減少していると考えられ 全国各地で大規模改修か撤去かの選択を迫られている 本

・現在、歩道橋から南西側交差点に横断歩道が設置されている(歩道橋側にな  い。)。通学路指定を受ける小・中学校児童、生徒が横断歩道を歩道橋代替横  断手段として利用することに問題ないと考えられる。 ・仮に歩道橋を撤去する場合、既に横断歩道が設置されているため、大きな問題な  い。一方、歩道橋から北東側で、離れた交差点まで横断歩道がないため、交差点  を利用する歩行利便性を考慮し、交差点北東側に横断歩道を新設する等、交差  点運用についても検討が必要である。
さらに見せる

9 さらに読み込む

1. 実現を目指すサービスのイメージ 高齢者や障害者 ベビーカー利用者など 誰もがストレス無く自由に活動できるユニバーサル社会の構築のため あらゆる人々が自由にかつ自立的に移動できる環境の整備が必要 ICT を活用した歩行者移動支援サービスでは 個人の身体状況やニーズに応じて移動を支援する様々な情報

1. 実現を目指すサービスのイメージ 高齢者や障害者 ベビーカー利用者など 誰もがストレス無く自由に活動できるユニバーサル社会の構築のため あらゆる人々が自由にかつ自立的に移動できる環境の整備が必要 ICT を活用した歩行者移動支援サービスでは 個人の身体状況やニーズに応じて移動を支援する様々な情報

② オープンデータ取組と自治体既存業務と関連付け ・・・ バリアフリーマップ作成ツール ③ データをオープン化するプラットフォーム(Webサイト)提供、データ利用促進 ・・・ データサイト (2) 手法効率化・自動化 バリアフリーに関するデータ整備・更新に関するコスト低減、多様な主体によるデータ収集における労力低減ため、 データ整備・更 新手法効率化・自動化を推進
さらに見せる

8 さらに読み込む

岡山市移動支援事業実施要綱 地域生活支援事業事業者向け情報|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

岡山市移動支援事業実施要綱 地域生活支援事業事業者向け情報|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

別表第5号に該当する障害(児) (イ) 肢体不自由により身体障害福祉法施行規則(昭和25年厚生省令15号) 別表第5規定による障害等級が1級から4級までいずれかに該当する 障害(児) ただし、同表中上肢障害又は乳幼児期以前非進行性脳病 変による運動機能障害であって上肢機能障害に該当するものを除く。 イ 療育手帳制度要綱(昭和48年9月27日厚生省発児第156号)による療育手
さらに見せる

32 さらに読み込む

地域住民の交通手段の利便性及び安全確保対策に関する行政評価・監視

地域住民の交通手段の利便性及び安全確保対策に関する行政評価・監視

(参考3)中部運輸局管内における旅客自動車運送事業数及び重大事故発生件数 6 1 中部運輸局管内旅客自動車運送事業状況 (単位:事業、運行主体、運送) (注)愛知・岐阜両県に営業区域を有する事業が平成23・24年度3事業、25年度4事業あるため、当該事業について、主たる事務所が所在する県(愛知・岐阜両県いずれか) に県内事業として計上し、計上しなかったもう一方県における事業実績を反映させるため、当該もう一方県における県内事業数を「中部運輸局管内計」に追加計上している。
さらに見せる

7 さらに読み込む

【本編】新たな低炭素交通導入可能性調査 報告書 つくば市 | 低炭素な交通手段への転換

【本編】新たな低炭素交通導入可能性調査 報告書 つくば市 | 低炭素な交通手段への転換

将来人口 高齢化率 推移 推計 成 1】 成 「「 成 「】 成 」「 成 」】 成 4「 成 4】 人口[人] 「00,5「8 「0【,「「】 「09,】41 「11,9」」 「1「,】11 「11,91【 「09,505 高齢人口 【5 歳以 [人] 「8,419 」」,59【 40,】91 45,85】 49,449 5「,90】 5【,【1】

30 さらに読み込む

1. スマートなモビリティ社会の展開 1) スマートウェイのゴール 移動 交通の質の向上によって 負の遺産の清算 高齢者のモビリティ確保 豊かな生活 地域社会 ビジネス環境の改善 の 4 つを実現することがスマートウェイのゴール 負の遺産の清算 高齢者のモビリティ確保 豊かな生活 地域社会 ビジネス

1. スマートなモビリティ社会の展開 1) スマートウェイのゴール 移動 交通の質の向上によって 負の遺産の清算 高齢者のモビリティ確保 豊かな生活 地域社会 ビジネス環境の改善 の 4 つを実現することがスマートウェイのゴール 負の遺産の清算 高齢者のモビリティ確保 豊かな生活 地域社会 ビジネス

13 2.スマートウェイ推進状況 ・ 「次世代道路サービス提供システム」に関する共同研究を公募 ・ 関連実績・ノウハウを有する23社が参加、共同研究事務局を設置 ・ 2007年本格的なITS社会実現に向け、官民共同研究を積極的に推進 ・ 「次世代道路サービス提供システム」に関する共同研究を公募 ・ 関連実績・ノウハウを有する23社が参加、共同研究事務局を設置 ・ 2007年本格的なITS社会実現に向け、官民共同研究を積極的に推進
さらに見せる

34 さらに読み込む

力義務が課されている 高齢者 障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律施行令 ( 平成 18 年政令第 379 号 ) 2 車いす使用者用駐車施設の利用対象バリアフリー法 ( ) に係る国土交通省の 義務付け措置等に関するQ&A では 建築物移動等円滑化基準に定める 車いす使用者用駐車施設 の利用

力義務が課されている 高齢者 障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律施行令 ( 平成 18 年政令第 379 号 ) 2 車いす使用者用駐車施設の利用対象バリアフリー法 ( ) に係る国土交通省の 義務付け措置等に関するQ&A では 建築物移動等円滑化基準に定める 車いす使用者用駐車施設 の利用

※「高齢、障害移動円滑化促進に関する法律」 (平成 18 年法律第 91 号) 3 「ダブルスペース」と「パーキングパーミット制度」 (1) ダブルスペース 国土交通省が、全て建築物が利用にとって使いやすいものとして整備され ることを目的に、バリアフリー設計ガイドラインとして策定している「高齢、 障害円滑な移動等に配慮した建築設計標準」 (平成 29 年3月)で、駐車場 設計ポイント、改善・改修ポイント等なかで、建築物出入口に近い位置 に駐車場を確保する必要がある障害、車いす使用のみでないことに配 慮し、車いす使用用駐車施設に準ずる位置に上・下肢障害や妊婦、けが人、乳 幼児連れ利用等も利用できる駐車施設を確保することが望ましいとされ、設け た場合にこれを分かりやすく表示することとされている。
さらに見せる

8 さらに読み込む

Show all 10000 documents...