高齢者に対応した住宅

Top PDF 高齢者に対応した住宅:

して住宅を捉え 資金をはじめとしたライフプランを提案してきたが 今後は少子高齢化を見据えた対応も必要となる では 超高齢化社会における高齢者の住宅事情はどのようになっているのか (2) 高齢者向け住宅の多様化と課題 少子高齢化に伴い 一人暮らしの高齢者は急増している 前述の 住宅 土地統計調査 によ

して住宅を捉え 資金をはじめとしたライフプランを提案してきたが 今後は少子高齢化を見据えた対応も必要となる では 超高齢化社会における高齢者の住宅事情はどのようになっているのか (2) 高齢者向け住宅の多様化と課題 少子高齢化に伴い 一人暮らしの高齢者は急増している 前述の 住宅 土地統計調査 によ

自治体が普及努めているのは、高齢向け優良賃貸住宅(高優賃)や適合高齢専 用賃貸住宅(適合高専賃)。これらの住宅の中は、介護が必要なっ場合は外部サ ービスを利用てそのまま暮らし続けることができ、また食事のサービスも受けられる ものもあり、一般的な有料老人ホームと変わらないものもあるが、有料老人ホームの多 くは入居時一時金を支払い、一生住み続ける権利を得る終身利用権方式での契約な っているのに対し、高優賃や適合高専賃は賃貸借契約方式での契約となっている点が異 なる。入居は、70 歳代を中心と健常がほとんどで、若年世代が賃貸物件入 居するのと同様地縁の有無こだわらない入居も少なくない。東京都では、昨年、 猪瀬直樹副知事が陣頭指揮を執り、高齢が安心て人生を過ごせるような「すまい」 のあり方を検討するため、住宅部局と福祉部局の枠組みを超えプロジェクトチームを 発足させ、検討を行っ。この報告を受け、住宅部局では高優賃等の推進、福祉部局で は高齢が医療や介護が必要なっても安心て住み続けることができるよう、併設の 医療・介護事業所と連携の取れ高専賃の普及・促進向け施策を展開ている。高 優賃は 09 年度末時点で 606 件認定されており、区市町村を主体進められている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

要望理由 (1) 政策目的我が国の住宅ストックのうち 高齢者が安心し自立して暮らせるバリアフリー化された住宅は極めて限られている状況を踏まえ サービス付き高齢者向け住宅の供給を促進することにより 高齢者に適した住まいの確保を図る (2) 施策の必要性本特例措置により 1 高度のバリアフリー化 2 安

要望理由 (1) 政策目的我が国の住宅ストックのうち 高齢者が安心し自立して暮らせるバリアフリー化された住宅は極めて限られている状況を踏まえ サービス付き高齢者向け住宅の供給を促進することにより 高齢者に適した住まいの確保を図る (2) 施策の必要性本特例措置により 1 高度のバリアフリー化 2 安

○「住生活基本計画(全国計画) 」 (平成 28 年3月 18 日閣議決定)において、 「高齢が望む地 域で住宅を確保、日常生活圏において、介護・医療サービスや生活支援サービスが利用で きる居住環境を実現」すること、 「まちづくりと調和高齢の需要応じサービス付き 高齢向け住宅等の供給促進や「生涯活躍のまち」の形成」が位置付けられている。 ○「ニッポン一億総活躍プラン」 (平成 28 年6月2日閣議決定)において、 「2020 年代初頭まで
さらに見せる

9 さらに読み込む

都市圏の特性に対応した郊外公営住宅団地の活用・再生

都市圏の特性に対応した郊外公営住宅団地の活用・再生

2. 都市郊外や公営住宅団地の概況(全国) 2.1 都市郊外をめぐる状況 人口減少社会における都市計画として,都市再生特別 措置法改正(2014 年)基づく「立地適正化計画」の策 定が全国の都市で進められ,それら呼応,2010 年頃 から,都市の縮小対応実態の把握や対応方策を模 索する研究が多く発表されている。例えば,全国レベル で DID 区域の縮小をもと都市縮小現象を把握・分析 浅野ら(2014)の研究,それ公共交通網・災害危険 性や組み合わせて,複数の都市の居住誘導区域指定の特 徴を明らか寺島ら(2018)の研究などがある。こ の他,地方都市の郊外住宅地の実態については,人口構 成着目小林ら(2018),空き家の発生や住環境及 ぼす影響等に関するもの等が多数ある。また,居住の 住替えの実態や居住意向については,松本(2010),菊地 (2007)がある。しかし,都市計画上の位置づけや圏域 の住宅需要特性等との関係を明らかものは少ない。
さらに見せる

12 さらに読み込む

高齢者向け住まい ( 集合住宅 ) について 平成 23 年 12 月介護給付費分科会審議報告 ( 抄 ) Ⅲ 今後の課題 集合住宅における訪問系サービスの提供の在り方については 適切に実態把握を行い 必要に応じて適宜見直しを行う サービス付き高齢者住宅や 定期巡回 随時対応サービス 複合型サービス

高齢者向け住まい ( 集合住宅 ) について 平成 23 年 12 月介護給付費分科会審議報告 ( 抄 ) Ⅲ 今後の課題 集合住宅における訪問系サービスの提供の在り方については 適切に実態把握を行い 必要に応じて適宜見直しを行う サービス付き高齢者住宅や 定期巡回 随時対応サービス 複合型サービス

【サービス付き高齢向け住宅の「生活相談」「状況把握」サービスについて】 • 生活相談サービスを提供するに当たっては、入居の心身の状況を的確把握、地域包括支援センター、社会福祉協議会等との連携及び協力を図 りつつ、当該入居が必要とする保健医療サービス及び福祉サービスを受けることができるよう十分配慮する必要。 • 状況把握サービス及び生活相談サービスの提供係る契約については、当該サービスの内容についてあらかじめ明示することが必要であるほか、登 録事業の円滑な遂行を確保するという観点から、当該契約と住まいの提供係る契約とを一体の契約として締結することが望ましい。
さらに見せる

67 さらに読み込む

サービス付き高齢者向け住宅の取扱い

サービス付き高齢者向け住宅の取扱い

3)サービス付き高齢向け住宅高齢住まい法第5条】 高齢向けの賃貸住宅又は老人福祉法第 29 条第 1 項規定する有料老人ホームであって居 住の用供する専用部分を有するもの高齢を入居させ、 状況把握サービス (※3) 、 生活相 談サービス(※4)その他高齢が日常生活を営むため必要な福祉サービスを行うもので、 高齢住まい法第7条の規定基づく県知事(又は長崎市長)の登録を受けもの
さらに見せる

3 さらに読み込む

ユニバーサルデザインを踏まえた火災警報設備等の導入 普及のあり方 ~ 聴覚障がい者に対応した火災警報設備等の検討 ~ ( 聴覚障がい者に対応した火災警報設備等のあり方に関する検討会 報告平成 23 年 3 月 ) 検討の背景 海外事例 高齢者の増加 障がい者等の社会参加の進展 聴力が衰えた高齢者を含

ユニバーサルデザインを踏まえた火災警報設備等の導入 普及のあり方 ~ 聴覚障がい者に対応した火災警報設備等の検討 ~ ( 聴覚障がい者に対応した火災警報設備等のあり方に関する検討会 報告平成 23 年 3 月 ) 検討の背景 海外事例 高齢者の増加 障がい者等の社会参加の進展 聴力が衰えた高齢者を含

消 防 庁 「ユニバーサルデザインを踏まえ火災警報設備等の 導入・普及のあり方に関する報告書」の公表 消防庁では、高齢の増加や障がいの社会参加の進展等を踏まえ公共施 設などでの火災警報設備等のあり方を検討するため、平成22年度「聴覚障 がい対応火災警報設備等のあり方に関する検討会」を開催てきまし が、このたび標記の報告書が取りまとめられましので、公表ます。
さらに見せる

8 さらに読み込む

オランダの高齢者向け住宅

オランダの高齢者向け住宅

(1) 「高齢向け住宅」とはなにか オランダにおける伝統的な高齢向けの施設 は「ナーシング・ホーム」と「ケア・ホーム」 がある。ナーシング・ホームは要介護度の高い 高齢を対象とする医療施設で、24時間体制 で医療・看護の提供を行う。機能的、日本の 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)や介 護老人保健施設相当するものと思われる。一 方、ケア・ホームは比較的要介護度の低い人を 近年、日本でも需要が高まっている高齢向け住宅について、オランダでは高齢の生活の質 着目様々な取組が行われている。本稿では、現地調査の知見を交えながら、その特色や日 本への示唆について考察する。
さらに見せる

10 さらに読み込む

「旧高齢者向け優良賃貸住宅制度が介護保険に与える影響について」

「旧高齢者向け優良賃貸住宅制度が介護保険に与える影響について」

2.1 高優賃の概要と問題点 高優賃は,居住環境が良好な賃貸住宅の供給を促進するため優良な賃貸住宅の供給の 拡大を図り,国民生活の安定と福祉の増進寄与することを目的として,1998年度より 旧建設省の制度要綱による予算措置として始まり,2001年度高齢住まい法が制定さ れことにより法制度による補助となっ.この施策は,2011年度の高齢住まい法改 正により,高齢円滑入居賃貸住宅登録制度及び高専賃登録制度と統一されサービス付 き高齢向け住宅の登録制度となっ.これにより,高優賃は制度としては無くなっ もののサービス付き高齢向け住宅への整備費の直接補助や税制優遇及び融資の実施等 により実質的高齢向け共同賃貸住宅の供給促進政策は継続ている.
さらに見せる

22 さらに読み込む

国際化・高齢社会に対応する共助・共生住宅の需要・供給に関する研究

国際化・高齢社会に対応する共助・共生住宅の需要・供給に関する研究

 急増する「認知症患者向けグループホーム」とここで考察する「グループリビング」とは目的, QOL,プログラム内容が異なる住まい方である.自治体の公設特別養護老人ホーム,養護ホーム建 設が抑制される中で  A) 100%民間融資,民間不動産業者,介護サービス会社が建設するサービス付き高専賃「生活サー ビス付き高齢専用賃貸住宅」が急増中である.建設・運営など広く民間企業許可,市場競 争原理を前面打ちだし参入事業を鼓舞する.事業住宅建設費の一部補助金,低金利 政策融資の提供,固定資産税の減額措置など間接的な支援を提供ているが契約不履行,公的介 護保険の不正,虐待を監視する消費保護策,救済策はない.民間企業への丸投げ方式である.  B) 非営利活動法人 NPO が地主・家主と提携て借り上げ方式で運営する共生型グループリビン グホームとが供給されている.A)は政府の中間所得層の老後介護を居宅訪問介護サービスで対 応しようとする住まいである.B)は地域内の大地主と連携非営利活動として住民・受益が 主体的運営を担う住まいである.
さらに見せる

23 さらに読み込む

オランダに学ぶ要介護高齢者住宅の設計概念・QOLに関する研究

オランダに学ぶ要介護高齢者住宅の設計概念・QOLに関する研究

外来ホームケア 164000 人(66000 人) 190000 人 資料:保険福祉スポーツ省 2006 年版  従来,AWBZ で家事援助も提供されてきが,2007 年より施行の社会支援法(Wmo)がカバーす る事なり,家事援助サービスは国から自治体サービスへと移行され.しかしながらサービスの給 付内容は自治体ごと異なる.オランダの特徴としては,相当「要介護度」が悪化てからのサービ ス給付では無く,重度なる前から,介護ニーズがあれば所得関係なく介護費用が拠出される点 ある.また,オランダ高齢の住まいに関する法律は無く,「老人住宅法」はナーシングホーム などに関する法律である.高齢施設に対する税金からの補助金制度は 2008 年廃止され,市場原 理を活用する方針へ転換され.但し,低所得への家賃補助制度は従前と同じく適用されている.  オランダの住宅政策の特徴は,約 60%が民間分譲住宅で,残り 40% は借家でそのうち 90% が公営 住宅として供給されている.公営住宅は民間非営利組織の住宅協会が自治体との協定もとつき,中・ 低所得を対象ている.公営住宅対象の年間所得上限は 33,614 ユーロ(約 336 万から 350 万 円)家賃は一律 652,52 ユーロ(約 6,5 − 7 万円)所得応じ住宅手当が出る.居住の 40% は家 賃補助の対象である.広さは最低 45㎡,平均 65㎡であり,高齢の多くが公営住宅居住ている. 自由経済先進国共通て,全住宅の 91% は民間供給の個人住宅である.さらにバリアフリーデザ インで設計され住宅は約 17% 程すぎない.したがって,24 時間安全・安心見守りサービス,食事・ 介護サービスが付帯する介護付き高齢住宅は認知症高齢もしくは深刻な病気・心身障碍を併発す る人々限られてくる.
さらに見せる

18 さらに読み込む

スウェーデンの介護政策と高齢者住宅

スウェーデンの介護政策と高齢者住宅

ミューンが持つという仕組みへと変更され 6 。 その結果、高齢向けの病床数が大幅削減され ている(図表5)。 二点目は、機能ごと区別されてき老人 ホーム、サービスハウス、ナーシングホーム、グ ループホームなどの「施設」を、コミューン管轄 の「特別な住居」統合高齢の「住居」と て認識する概念が導入されことが挙げられ る。この統合によって、医療の対象であっナー シングホームなどが福祉の対象移るとともに、 制度上、「施設」ではなく「住居」へと変更され ている。ただし実際は、24 時間職員が常駐する ほか、入居行政の認定が必要であるなど「特別 な住居」は施設の形態を維持ており、日本で定 義されているような、高齢自身の一般住宅居 住続ける「在宅」とは意味が異なっている点 は注意が必要だろう。
さらに見せる

16 さらに読み込む

発 発見 見の の段 段階 階 養護者による高齢者虐待対応の全体フロー図 養護者による高齢者虐待対応の全体フロー図 市町村担当部署 市町村担当部署 地域包括支援センター 地域包括支援センター 虐待 待の の疑 疑い いは は 虐 ない いと と判 判断 断し し な た事例 た事例 高齢者 養護者

発 発見 見の の段 段階 階 養護者による高齢者虐待対応の全体フロー図 養護者による高齢者虐待対応の全体フロー図 市町村担当部署 市町村担当部署 地域包括支援センター 地域包括支援センター 虐待 待の の疑 疑い いは は 虐 ない いと と判 判断 断し し な た事例 た事例 高齢者 養護者

Q6:言葉による暴力や脅し、恥をかかせるなどは、後で再現することも確認することも難しいので すが、心理的虐待を単独で認定することはできますか。 ⇒ 心理的苦痛の程度は、高齢の受け止め方や、長年の家族関係が影響ますが、最終的高 齢の気持ちを確認、おびえていたり、精神的苦痛を感じている場合は、虐待として必 要な対応を行うことが求められます。例えば、毎日怒鳴られ続けたり、叩かれる真似をされ続 けていこと加え、高齢がおびえていことを根拠、心理的虐待単独で認定事例も あります。
さらに見せる

15 さらに読み込む

高齢者の住まいに係る社会背景 高齢化が急速に進む中で 高齢者の単身者や夫婦のみの世帯が急増しており 介護 医療と連携して 高齢者を支援するサービスを提供する住宅を確保することが重要である 一方 高齢者住宅の供給は 欧米各国に比べて立ち後れている状況である 国土交通省 厚生労働省共管の制度として 高齢

高齢者の住まいに係る社会背景 高齢化が急速に進む中で 高齢者の単身者や夫婦のみの世帯が急増しており 介護 医療と連携して 高齢者を支援するサービスを提供する住宅を確保することが重要である 一方 高齢者住宅の供給は 欧米各国に比べて立ち後れている状況である 国土交通省 厚生労働省共管の制度として 高齢

四国地方におけるサービス付き高齢向け住宅の供給状況 四国4県におけるサ付き住宅は、制度がはじまって約1年経過平成24年12月時点で 約4,000戸が供給されています。 県別の状況を見ると、愛媛県で最も多く供給されており、次いで徳島県、香川県、高知県の 順番となっています。

12 さらに読み込む

少子高齢化が進展する中での賃貸住宅へのニーズについて 賃貸住宅居住の高齢者と 賃貸住宅へのニーズ 65 歳以上の持家率は 80% を超えており 賃貸住宅に居住している高齢者とは低資産 低所得の比率が高いと考えられる また 高齢者の居住地移動率は 1% 以下であり 特に低資産 低所得の高齢者の場合には

少子高齢化が進展する中での賃貸住宅へのニーズについて 賃貸住宅居住の高齢者と 賃貸住宅へのニーズ 65 歳以上の持家率は 80% を超えており 賃貸住宅に居住している高齢者とは低資産 低所得の比率が高いと考えられる また 高齢者の居住地移動率は 1% 以下であり 特に低資産 低所得の高齢者の場合には

■賃貸住宅のトラブル抑制 賃貸住宅に関するトラブルは非常多く、年間 3 万件以上の相談が国民生活センター寄せら れている。また、家主とサブリース業者のトラブル事例も国会でも取り上げられ(平成 25 年 4 月 15 日:衆議院予算委員会第一分科会)。今後、高齢の賃貸住宅居住が増加することを考え れば、賃貸住宅のトラブルは、賃借人と家主間のものだけではなく、全体として抑制ていかな ければならないと考えられる。
さらに見せる

5 さらに読み込む

「居住者ニーズ等に対応した賃貸住宅市場の効率化に関する研究-ペットの飼育が可能な賃貸住宅に関する分析を通じて-」

「居住者ニーズ等に対応した賃貸住宅市場の効率化に関する研究-ペットの飼育が可能な賃貸住宅に関する分析を通じて-」

居住ニーズ等対応賃貸住宅市場の効率化に関する研究 - ペットの飼育が可能な賃貸住宅に関する分析を通じて - <要旨> 民間賃貸住宅については、契約等起因するトラブルが多く発生ており、敷金・保証金の返還、 原状回復等に関するトラブルは現在も依然として後を絶たない。その防止・解決を図るため、公的機 関から標準の契約書やトラブルの防止・解決資するガイドライン等が広く提供されている。 そこで、近年特にニーズが高まり、トラブルが多く発生ているもかかわらず、標準の契約書や ガイドライン等の整備が不十分な、ペットの飼育が可能な賃貸住宅(以下「ペット可賃貸住宅」)を典 型例として、その供給の現状等についてまとめるとともに、経済モデルを用いて、取引費用等の低減 が市場の死重損失を縮小させることを考察。また、ペット可賃貸住宅とそうでない住宅の家賃差 が存在することを実証分析により定量的確認、その家賃差が生じる要因について考察。さら 、各要因を踏まえ上で、ペット可賃貸住宅市場の効率化のための政策を提言するとともに、居住 のニーズの変化やトラブルの発生状況応じて、賃貸住宅市場の効率化のための取り組みが必要で あることを結論付け
さらに見せる

44 さらに読み込む

住宅金融支援機構についてトピックスコーポレートガバナンス住宅金融支援機構の業務国の政策課題に対応した機構の実施業務 高齢者等が安心して暮らすことができる環境を整備します リ バース60 ( 満 60 歳以上の方のための住宅融資保険を活用したリバースモーゲージ型住宅ローン ) 機構においては 少子高齢

住宅金融支援機構についてトピックスコーポレートガバナンス住宅金融支援機構の業務国の政策課題に対応した機構の実施業務 高齢者等が安心して暮らすことができる環境を整備します リ バース60 ( 満 60 歳以上の方のための住宅融資保険を活用したリバースモーゲージ型住宅ローン ) 機構においては 少子高齢

防災集団移転促進事業等に対する支援 原子力災害により避難され方への対応(福島復興再生特別措置法関連)  防災集団移転促進事業において、地方公共団 体が移転元の被災宅地を買い取る際支障と なってい住宅ローンの抵当権については、地 方公共団体が支払う土地等の売却代金を住宅金 融支援機構が直接受領することにより、売却代 金受領先立ち、抵当権を抹消するスキームを 構築まし。また、金融機関このスキーム の利用を働きかけることで、防災集団移転促進 事業の円滑な執行を支援ています。
さらに見せる

18 さらに読み込む

スウェーデンの高齢者住宅とケア政策 表 1 年齢による居住形態の変化 ( 年ごろ, 単位 :%) 高齢者住宅とシニア住宅 高齢者施設の議論に必ず出てくるのは 高齢者 住宅 という言葉であるが 各国の制度が異なるの で誤解も生じている スウェーデンにおいて 高齢 者住宅 (äldreboe

スウェーデンの高齢者住宅とケア政策 表 1 年齢による居住形態の変化 ( 年ごろ, 単位 :%) 高齢者住宅とシニア住宅 高齢者施設の議論に必ず出てくるのは 高齢者 住宅 という言葉であるが 各国の制度が異なるの で誤解も生じている スウェーデンにおいて 高齢 者住宅 (äldreboe

施設と住居 施設と住居という概念は相反するものとして使 われることが多く、この結果、 「施設から住居」、 「施 設から自宅」、「施設介護から在宅介護」という表現 が誤解を生むもととなる。介護度が低い高齢用 のサービスハウスを特別な住居含めるかどうか は別問題として、ショートステイ以外の特別な住居 は原則的すべてが住居であり、「施設対住居」と いう問題ではない。日本においても単純な施設対 住居という対比から住居型施設の機能の議論移 るべきである。まず第一は入居行政が関与す るかによって一般住居と特別な住居(スウェーデン の場合)分けるべきである。そして次の段階と て特別な住居における介護が 24 時間介護かどうか で分けるべきであると考える。また高齢住宅と いう言葉を使う場合も、入居行政は関与ない が高齢を対象と一般住宅と(住宅の基準を満 たし)特別な住居あるいは施設と区別することが 必要である。
さらに見せる

13 さらに読み込む

<研究ノート>高齢期における付き合いと居住継続意向:サービス付き高齢者向け住宅居住者を対象とした探索的研究

<研究ノート>高齢期における付き合いと居住継続意向:サービス付き高齢者向け住宅居住者を対象とした探索的研究

 これまでADLの低下等,身体能力が衰え場合を含め高齢期の住まいの選択肢としては,介 護などを受けながら自宅で生活する,施設移るなどが考えられてき。家族への配慮について 介護施設の入居 8 名のインタビュー調査を行っ松岡(2008)は,家族との関係支障をきさ ないよう施設生活は家族の生活を尊重することであり,施設は自分が世話なるという心の負担か ら開放される場所であること,そして,施設生活が家族と対等な関係の維持つながることを明ら かにている。つまり,自ら施設入居する高齢の中は,子ども迷惑をかけたくないという消 極的な思いよりは,家族との対等な関係を維持するという積極的な理由から入居する人がいるとい うことである。サービス付き高齢向け住宅健康なうち住み替えを希望する人も,同様の意
さらに見せる

25 さらに読み込む

サービス付き高齢者向け住宅整備事業WEB申請マニュアル

サービス付き高齢者向け住宅整備事業WEB申請マニュアル

≪注意≫ ・申請実行後は、審査が開始されるまで、申請 内容の修正は出来ません。 申請実行を行う前、 印刷交付申請書と入力情報を照らし合わせ、 不備・不足がない事を必ず確認てください。 ・申請実行をクリックだけでは、交付申請 は完了ません。 必ず郵送にて必要書類を提出 てください。

8 さらに読み込む

要綱別表1 つくば市 | サービス付き高齢者向け住宅

要綱別表1 つくば市 | サービス付き高齢者向け住宅

規則第 条 居間,食堂, 他 居住 用 供 部 高齢 共同 利用 十 面積を有 場合 あ , 平方メートル 取扱いを次 。 規則第 条 共用部 共同 利用 適 ,収納設備又 浴室を備え ,各居住部 備え 場合 同等 居住環境 確保 場合 取扱いを次

1 さらに読み込む

Show all 10000 documents...