高パワー密度および小型

Top PDF 高パワー密度および小型:

オフィスワーカ向けヘルスケアおよびシステム高信頼化の研究

オフィスワーカ向けヘルスケアおよびシステム高信頼化の研究

一方, MEMS 技術の発展により小型センサが利用可 能となってきた.これらを使ったスマホやスマートウォ ッチなどのデバイスも普及している.これらのデバイス のセンサを利用して,歩行時や運動時の加速度,角加速 度,気圧変化などの物理データを計測できる.

3 さらに読み込む

「超伝導加速による次世代小型高輝度光子ビーム源の開発」最新成果報告

「超伝導加速による次世代小型高輝度光子ビーム源の開発」最新成果報告

それぞれの共振器に偏光 性の違ったレーザーパル スを蓄積して、電子ビーム 衝突とのタイミング制御に より、高速でX線や γ線の 偏極性が切り替え可能。 真空対応のSUSで製作した 鳥籠と呼んでいるフレームは、 機械加工で精度に製作でき 162.5MHzの光共振器製作を 仮定する場合、178.5MHzの3 次元共振器製作の実績から十 分な剛性がほぼ保証される。 この共振器によりミラー破壊や 熱効果による共鳴状態悪化を Factor 2で緩和できる。
さらに見せる

21 さらに読み込む

高性能パワー マネジメント製品 analog.com/jp/power

高性能パワー マネジメント製品 analog.com/jp/power

バッテリ・チャージャ ADP506x は、USB 3.0および USB 1.2 バッテリ充電仕様に対応した新シリーズのバッテリ・チャージャです。ADP506xシリーズは、バッテリとシステム負荷間にバッテリ絶縁 FET を内蔵した電力経路制 御機能をもち、バッテリが過放電や使用不能な状態であっても、システムを即座にブートアップすることができます。I 2 Cインターフェースと3 個のヒューズ選択式 GPIO * が、最大限の設計の柔軟性とプ ログラマビリティを実現します。ADP506xシリーズは、バッテリ・パックのNTC サーミスタを使用して温度を監視します。JEITA バッテリ充電仕様に対応した ADP506xシリーズは、さまざまなバッテリ温
さらに見せる

40 さらに読み込む

Contents 環境試験器 用途事例 低温恒温 ( 恒湿 ) 器 恒温( 恒湿 ) 器プラチナス Jシリーズ低湿度型恒温恒湿器プラチナス Jシリーズクリーン恒温恒湿器プラチナス Jシリーズ高温高湿器プラチナス Jシリーズハイパワー恒温 ( 恒湿 ) 器 ARシリーズ小型環境試験器ライトスペック恒温

Contents 環境試験器 用途事例 低温恒温 ( 恒湿 ) 器 恒温( 恒湿 ) 器プラチナス Jシリーズ低湿度型恒温恒湿器プラチナス Jシリーズクリーン恒温恒湿器プラチナス Jシリーズ高温高湿器プラチナス Jシリーズハイパワー恒温 ( 恒湿 ) 器 ARシリーズ小型環境試験器ライトスペック恒温

高分子薄膜湿度センサーを採用し、ウィック交換などのメン テナンスが不要です。信頼性の高い安定した長期連続試験 が可能です。 大容量の長期冷蔵保存や、安定性試験に対応します。業界初、 設定値と温度差を補正して制御するエリア温湿度制御(特許 番号 第6258110号)を採用。精度な試験室内の温湿度 分布を実現しました。業界初、「温湿度最大最小幅」+1℃± 5%rhを保証しています。

52 さらに読み込む

東北日本海側において播種期、栽植密度および1株本数がダイズの生育収量に与える影響

東北日本海側において播種期、栽植密度および1株本数がダイズの生育収量に与える影響

*1)農研機構東北農業研究センター(NARO Tohoku Agricultural Research Center, Daisen, Akita 014-0102, Japan) 2015年11月16日受付、2016年2月8日受理 Ⅰ 緒   言 東北地域日本海側中部のダイズは、積雪のため麦 などの土地利用型冬作物が作付体系に導入しにくい ため1年1作となっている。しかしながら、農地集 積が進み大規模経営が増加するに伴い、作業競合を 回避するため播種期間が長くなり晩播となる割合が 高まっている。晩播すると、標準播種と同じ栽植密 度では減収する危険性が高くなる。現在、晩播によ る減収を防ぐため密植栽培が普及しつつあるが、そ の場合の適栽植密度と最大子実重は明らかとなって
さらに見せる

9 さらに読み込む

LSI間を高速・高密度・低消費電力で接続するシリコンフォトニクス光トランシーバー

LSI間を高速・高密度・低消費電力で接続するシリコンフォトニクス光トランシーバー

トニクスにおけるPDの受光部材料として有望であ る。PDには,小型で低抵抗・低容量(周波応答 特性),高い受光感度,広い応答波長帯域が求めら れる。一般に,PDの素子サイズを大きくすれば感 度は改善するが,フットプリントや素子容量の面 で不利になり,トレードオフの関係にある。また, 受光感度や周波応答特性は,TIAをはじめとす る受信回路の設計である程度カバーできるが,送 受信系全体の消費電力や受信回路面積とトレード オフの関係にある。今回,筆者らはPDとTIAを包 括的に設計することで,限られたPD面積,および 回路面積内で設計を最適化した。PDは入力光導波 路をテーパ状にし,Ge吸収層へ均一で効率的に信 号光を導入することで,30 µm長,10 µm幅と超小 型で,1470 ∼1570 nmにわたる広い波長域での約 0.8 A/Wの高い受光感度と,20 GHzの高速応答性 を両立した。試作した導波路集積型p-i-n型Ge-PD
さらに見せる

8 さらに読み込む

資料21-4 小型探査機による高精度月面着陸の技術実証(SLIM)について

資料21-4 小型探査機による高精度月面着陸の技術実証(SLIM)について

宇宙科学における宇宙理工学各分野の今後のプロジェクト実行の戦略に基づき、厳しい リソース制約の中、従来目指してきた大型化の実現よりも、中型以下の規模をメインスト リームとし、中型(H2クラスで打ち上げを想定)、小型(イプシロンで打ち上げを想定)、お よび多様な小規模プロジェクトの3クラスのカテゴリーに分けて実施する。

14 さらに読み込む

「テナガエビ属の生息密度および体サイズ組成の定量的評価における潜水動画撮影の有効性」の紹介

「テナガエビ属の生息密度および体サイズ組成の定量的評価における潜水動画撮影の有効性」の紹介

( GLS; t=3.049, p<0.01), 相対的な個体数の指標と しては利用可能であることが示された.小型個体の 発見率が低い傾向は魚類やザリガニ類の目視調査に お い て も 示 さ れ て お り(例 え ば, Fulton et al., 2012), 小型個体の活性が高いことと,裏返す基準と したこぶし大より小さい石の間に隠れたことによる と考えられた.

5 さらに読み込む

1.1nV/√Hz の低ノイズ、低消費電力、高精度 オペアンプ、小型 DFN-8 パッケージ datasheet (Rev. A)

1.1nV/√Hz の低ノイズ、低消費電力、高精度 オペアンプ、小型 DFN-8 パッケージ datasheet (Rev. A)

することです。一方、デバイスの放熱に対処することには、デ バイスを損傷から保護する以外にもいくつかの利点がありま す。接合部温度が多少上昇しただけでも、オペアンプの性能低 下につながり、温度に関連した誤差が蓄積される可能性があり ます。特定のアプリケーション内でデバイスが生成する電力に ついて理解し、許容誤差に与える熱の影響を評価することで、 システムの性能および放熱要件をより良く理解できます。デュ アル・チャネル製品の場合は、両方のチャネルからのワースト ケースの電力を決定する必要があります。サーマル・パッドを 備えた製品(DFNおよびPowerPADデバイス)は、接合部からの 熱伝導が最も優れています。「電気的特性」の「接合部-パッド
さらに見せる

36 さらに読み込む

高耐圧パワー半導体素子を目指したp型SiC結晶のキャリア寿命に関する研究

高耐圧パワー半導体素子を目指したp型SiC結晶のキャリア寿命に関する研究

例えば、 PiN ダイオードに関して言えば、伝導度変調が生じる際に考慮すべきキャリア寿命は、熱 平衡状態における耐圧維持層の多数キャリア密度を上回るレベル注入状態のキャリア寿命であり、一 方、スイッチング特性に関して、ターンオフ時の逆回復時間や損失を議論する領域は、主に低レベル注 入状態のキャリア寿命が焦点となる [9]。すなわち、キャリア寿命の注入レベル依存性を把握することは、 デバイスの動作を理解する上で、非常に重要な情報となる。また、デバイスが駆動している間は、通電 損失やスイッチング損失により生じる発熱に伴い、デバイス温度が上昇する。温度上昇に伴うキャリア 寿命の変化は、オン抵抗の変化につながり、デバイスの温度変化に伴う損失の変化や、素子の熱暴走の 判断材料にもなる。このため、キャリア寿命の温度特性も極めて有用な情報となる。さらに、デバイス 構造によっては、構成箇所により、適用される不純物のドーピング密度も異なる。例えば、耐圧バイ ポーラデバイスの耐圧維持層はドーピング密度が低く、一方、耐圧維持層と濃度領域との境界に設け るバッファー層や、バイポーラトランジスタに用いられるベース層は、ドーピング密度が高い。すなわ ち、デバイス構造によって適用される所望のドーピング密度は様々であるため、キャリア寿命のドーピ ング密度依存性も、デバイス設計上、不可欠の情報となる。
さらに見せる

171 さらに読み込む

高密度市街地における隣地利用と画地統合の実態―人口減少期の北九州市を事例として― [ PDF

高密度市街地における隣地利用と画地統合の実態―人口減少期の北九州市を事例として― [ PDF

 空き画地利用を行う主体が同一地域内居住者である かどうかという点と小規模画地を改善する画地統合が 行われるかどうかという点に着目し分類する。 (図 2) 同一地域内居住者による空き画地の利用として、①隣 画地利用、②飛び画地利用、③移転利用の 3 つが考え られる。ただし② , ③は、画地統合が起きない利用も 対象としている。また、④同一地域外居住者による画 高密度市街地における隣地利用と画地統合の実態

4 さらに読み込む

LT1308A/LT1308B - 高電流マイクロパワー、1セル、600kHz DC/DCコンバータ

LT1308A/LT1308B - 高電流マイクロパワー、1セル、600kHz DC/DCコンバータ

V CESAT とV OUT +ダイオード電圧降下を交互に繰り返します。 下段のトレースはスイッチ電流の波形です。スイッチ・サイクル の始めの電流は1.2Aです。スイッチ・オン時間の終了時点で は、電流は2Aまで増加しています。この時点でスイッチはオフ し、インダクタ電流がダイオードを通って出力コンデンサに流 れ込みます。図 5は軽負荷時のコンバータ波形を示していま す。この場合、コンバータは不連続モードで動作しています。 スイッチ・オフ時間中にインダクタ電流はゼロになり、スイッチ・ ノードで若干のリンギングが発生します。リンギングの周波数 は、スイッチ容量、ダイオード容量、およびインダクタンスで決 まります。リンギングのエネルギーは小さく、その正弦波状の 波形は高調波成分がほとんど含まれないことを示しています。 スイッチ・ノードでの銅領域の面積を最小化することにより、 干渉の問題が発生するのを防ぎます。
さらに見せる

20 さらに読み込む

高記録密度ハードディスク装置(13年度更新)

高記録密度ハードディスク装置(13年度更新)

第 1 章 記 録 密 度 ハ ー ド デ ィ ス ク 装 置 の 概 説 第 1 節 技 術 の 概 要 HDD は剛性を有する回転ディスク記録媒体を使用する磁気記録装置であり、図 1-1 に示 す よ う に 信 号 が 記 録 さ れ る 磁 気 デ ィ ス ク 、 そ れ を 速 回 転 す る ス ピ ン ド ル モ ー タ 、 磁 気 デ ィ ス ク に 信 号 を 記 録 ・ 再 生 す る た め の 磁 気 ヘ ッ ド 、 そ れ を 精 度 に 保 持 し つ つ 移 動 さ せ る た め の ス イ ン グ ア ー ム お よ び ア ク チ ュ エ ー タ 、 こ れ ら の 駆 動 制 御 回 路 お よ び 信 号 処 理 回 路 が 主 要 構 成 部 品 と な っ て い る 。 他 の 磁 気 記 録 装 置 で あ る 磁 気 テ ー プ 装 置 、 フ レ キ シ ブ ル 磁 気 デ ィ ス ク 装 置 で は 磁 気 記 録 媒 体 と 磁 気 ヘ ッ ド と が 記 録 再 生 時 に 接 触 し て い る の に 対 し 、 HDD では 磁 気 ヘ ッ ド は 剛 性 磁 気 デ ィ ス ク 表 面 か ら ミ ク ロ ン 以 下 の 極 微 小 距 離 で 浮 上 し て い る 。 そ の た め に 速 の ラ ン ダ ム ア ク セ ス や 超 ト ラ ッ ク 密 度 が 可 能 と な っ て い る 。
さらに見せる

45 さらに読み込む

高密度空間分割多重(DSDM)長距離光伝送基盤技術

高密度空間分割多重(DSDM)長距離光伝送基盤技術

Lightwave Circuit:平面光波回路) 型のモード合分波器,および石英 PLCの量産化技術を適用した空間多 重用の集積型光受信デバイスを創出し ました.これら要素技術を結集し, 2014年に,世界で初めて空間多重数 36(12コア多重 × 3 モード多重)のマ ルチコア ・ マルチモードDSDM光伝 送に成功しました (3) .続いて2015年に, MIMO等化の信号処理量をより一層削 減 し た パ ラ レ ルMIMO-FDE(Fre- quency Domain Equalization:周波数 領域等化)デジタル信号処理方式と, DMDをさらに一桁低減したグレー デッドインデックス型のマルチコア ・ マルチモード光ファイバを実現しまし た.また,空間光学型MDL等化器, およびモード間の利得差を抑えたマル チモード光増幅器を実現し,光伝送路 のMDLを大幅に低減しました.これ らDMDとMDLの抑制技術によりマル チモード光での長距離光伝送を可能と し,527 kmの長距離マルチコア ・ マ ルチモードDSDM光伝送の実証に世 界で初めて成功しました (4) .実証実験 で使用したマルチコア ・ マルチモード DSDM光伝送系の概略を図 4(a)に示
さらに見せる

5 さらに読み込む

データセンタ内高密度光配線ソリューション

データセンタ内高密度光配線ソリューション

特徴①については、スペース効率の良い4連LCアダプタ 3個を、コネクタ挿抜性を考慮し奥行き方向にオフセット させながら積層することで12心カセットの断面積を最小化 した。図3に示すように1Uシャーシに搭載可能なカセット の心数を従来型の96心(=24心カセット4台)から1.5倍 の144心(12心カセット12台分)へ高密度化した。特徴② については、カセット本体とシャーシの固定方式を、従来 のネジ式から工具不要のラッチ式に変更し、更にはキャッ プ不要のシャッタ付 LC アダプタを採用することで、ラッ クへの取付け性とコネクタの着脱性および安全性を向上さ せ、スピーディかつストレスフリーな増設/交換作業を可 能とした。
さらに見せる

5 さらに読み込む

Cisco 6807-XL および 6500-E シリーズ スイッチ用 高密度マルチレート 10 ギガビット インターフェイス モジュール データ シート

Cisco 6807-XL および 6500-E シリーズ スイッチ用 高密度マルチレート 10 ギガビット インターフェイス モジュール データ シート

● 分散型フォワーディングおよびパフォーマンス:出荷時に DFC4-E または DFC4-EXL ドーター カードを装備。 C6800 ファミリ 8 ポート 10 ギガビット イーサネット ファイバ モジュールは、単一の Cisco Catalyst 6807-XL スイッ チ シャーシで最大 40 個の 10 ギガビット イーサネット ファイバ ポートを提供し、Cisco Catalyst 6807-XL 仮想ス イッチング システム(VSS)2T との連携により最大 80 個の 10 ギガビット イーサネット ファイバ ポートを提供します。
さらに見せる

11 さらに読み込む

TUV Rheinland Product Safety gepruite Sicherheit Z+ Series 200W ~ 800W 33 機種 Z+ SERIES 5 特長 超小型高電力密度 高さ 2U ベンチトップタイプ (19インチ専用ケースでラック搭載可能 ) 出力電圧 / 電流プロ

TUV Rheinland Product Safety gepruite Sicherheit Z+ Series 200W ~ 800W 33 機種 Z+ SERIES 5 特長 超小型高電力密度 高さ 2U ベンチトップタイプ (19インチ専用ケースでラック搭載可能 ) 出力電圧 / 電流プロ

CVCC_Z+_1903J 1.本カタログの記載内容は、製品の改良等のために予告なく変更する場合がございます。ご使用に際しては最新の情報 をご確認ください。 2.弊社製品は、通常の産業用途の組み込み電源としての使用を想定して設計、製造された製品であり、ハイセイフティ 用途(極めて高い信頼性および安全性が必要とされ、仮に信頼性および安全性が確保されない場合、直接生命・身体 に対する重大な危険性を伴う用途)への使用を想定して設計・製造されたものではありません。お客様が弊社製品を ハイセイフティ用途にご使用になる場合は、当該ハイセイフティ用途に必要なフェールセーフ設計(保護回路・保護 装置を設けたシステム、冗長回路を設けて単一故障では不安定とならないシステム)等の安全上の配慮を十分に行っ て下さい。また、お客様が弊社製品をハイセイフティ用途にご使用されたことにより発生する、お客様または第三者 からのいかなる請求につきましても、弊社は責任を負いかねます。
さらに見せる

18 さらに読み込む

第3章 高密度MT法に関する研究

第3章 高密度MT法に関する研究

3.2.4 解析 MT 法の解析方法には、大きく分けて、測定値の周波数変化から大地の比抵抗構造を求 める直接法と、測定値と比抵抗構造モデルからの計算値との差が小さくなるようにモデル の 修 正 を 繰 り 返 す 反 復 法 と が あ る 。 直 接 法 と し て は ボ ス テ ィ ッ ク イ ン バ ー ジ ョ ン (Bostick,1977)が有名である。反復法では第2章で説明した非線形最小二乗法によるインバ ージョンが適用されるのが一般的である。直接法は反復法より計算時間が短いという利点 はあるが、解析精度が劣るので、詳細な比抵抗構造を求める場合には反復法が利用される。 また、2次元および3次元解析では実用的な直接法はない。本研究では主に2次元探査を 対象としているので、解析には反復法である Uchida and Ogawa(1993)が開発した MT 法2次 元インバージョンプログラムを使用した。
さらに見せる

8 さらに読み込む

JPMJMI17Aozuma 自己位置推定機器の革新的な高精度化及び小型化につながる量子慣性センサー技術

JPMJMI17Aozuma 自己位置推定機器の革新的な高精度化及び小型化につながる量子慣性センサー技術

研究概要: ジャイロスコープの性能は、定角速度下における出力のアラン偏差で評価できる。最高性能を有する 光干渉型リングレーザージャイロに比べ、アラン偏差を2桁程度低減することができれば、「自動運転 車の多重安全性確保」、「海洋資源探索の効率化」、「自動運転船舶を用いた物流における安全 性確保」などが期待できる。本研究では、光波のかわりに、原子やイオンが有するド・ブロイ波を用い て干渉計を構築することでアラン偏差を飛躍的に低減するとともに、原子波ジャイロスコープを用いた 高性能自己位置推定機器の実証機を試作する。原子波ジャイロスコープを実験室環境下で原理 実証することはもとより、これを振動や加速を伴う実使用環境下でも機能するセンサーとして実装し、 さらに小型化技術を醸成することで、様々なビークルへの搭載を可能にする。ジャイロスコープの性能 が桁で向上すると、重力異常や鉛直線偏差といった重力の変動が自己位置推定に与える影響が 無視できなくなる。この影響は、重力勾配計によって原理的に補正が可能であり、本研究ではジャイ ロスコープ性能向上後の将来も見据え、重力勾配計に関する基礎研究も併走させる。
さらに見せる

2 さらに読み込む

新しい高密度記録技術──高K u 磁性材料──

新しい高密度記録技術──高K u 磁性材料──

── K u 磁性材料── 片岡 弘康 Hiroyasu Kataoka 小宮山 和弥 Kazuya Komiyama 高橋 伸幸 Nobuyuki Takahashi New High Density Recording Technology: High K u Magnetic Materials 高い磁気異方性定数 K u を 持った L1 1 型 CoPt 規則合金膜のスパッタ法での合成に,東北大学と共同で初めて成功した。

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...