避難行動要支援者専用

Top PDF 避難行動要支援者専用:

野田市避難行動要支援者支援計画

野田市避難行動要支援者支援計画

中でも、配慮のうち、災害が発生し、又は災害が発生するおそれがある場 合に自ら避難することが困難なであって、その円滑かつ迅速な避難の確保を図 るため、特に支援を要するもの(以下「避難行動支援」という。)の避難支 援等を実効性のあるものとするため、日頃から支援を必要とする人を特定し、そ の一人一人について、避難支援等の実施に携わる関係(以下「避難支援等関係 」という。)の誰が支援してどこの避難場所等に避難させるかを定める「個別 計画」を作成していく必要がある。
さらに見せる

10 さらに読み込む

平成 25 年 3 月 26 日 災害時要援護者の避難支援に関する検討会 報告書 ( 案 )

平成 25 年 3 月 26 日 災害時要援護者の避難支援に関する検討会 報告書 ( 案 )

避難所からの迅速・具体的な支援要請 各避難所の援護班は、援護からの情報を聞き取ったり、相 談等に対応するとともに、避難所では対応できないニーズ(例:介護 職員、手話通訳等の応援派遣、簡易ベッド・マットや杖、ストーマ 用装具、オストメイトやバリアフリーに対応したトイレ、人工呼吸器 等の電源の確保等の介護や医療機関の物資・備品の提供)については、 市町村の援護支援班に迅速に要請することが求められる。そして、 援護班は、避難支援班と連携して各避難所から要請があった 場合には、関係機関等と連携しつつ対応するとともに、市町村では対 応できないものについては、速やかに都道府県、国等に要請すべきで ある。なお、援護のニーズ、対応可能な人的・物的資源等の状況 を把握し、効果的に調整する機能が重要となるため、市町村は、平常 時から関係に対して発達障害を含む障害特性に対する配慮事項や支 援方法等の訓練・研修を実施しておくことが適切であり、視覚障害 情報提供施設、聴覚障害情報提供施設、発達障害支援センター等 とも連携することが望ましい。
さらに見せる

62 さらに読み込む

平成 25 年 3 月 26 日 災害時要援護者の避難支援に関する検討会 報告書 ( 案 )

平成 25 年 3 月 26 日 災害時要援護者の避難支援に関する検討会 報告書 ( 案 )

大規模災害時、被災地には国や都道府県、他市町村からの応援派遣 や医療、保健、福祉等の専門的知見を有するや職能団体、障害等 の当事者団体、ボランティア等の人的資源や支援物資が集結する。 市町村においては、これらの外部からの人材を活用し、組織的に 援護支援体制を構築するため、全体をコーディネートすることが 望ましい。そのため、災害時援護支援班が中心となって、平常時 においては支援の受入・配置の計画作成や体制整備、また専門的な知 見を有する職能団体やNPO、ボランティア団体の中間支援組織等と あらかじめ協定を結ぶことなどにより、地域の受援力を高め、発災時 に構築したネットワークを活用することが適当である。なお、当該地 域において援護支援のために必要となる体制整備が困難な場合、 都道府県や近隣の市町村等の社会資源からの応援が受けられるよう、 事前に応援協定を結び、支援を受けることも望ましい。
さらに見せる

71 さらに読み込む

防災マニュアル 戸室 2 丁目自治会自主防災隊 自主防災隊組織図 任務と各役割 厚木市災害時要援護者支援制度実施要綱 要援護者支援体制について 戸室地区災害時における要援護者支援の活動プラン 要援護者への支援活動内容 災害時の要援護者支援に係る戸別訪問調査表 支援者連絡表 神奈川県立厚木高校避難所運

防災マニュアル 戸室 2 丁目自治会自主防災隊 自主防災隊組織図 任務と各役割 厚木市災害時要援護者支援制度実施要綱 要援護者支援体制について 戸室地区災害時における要援護者支援の活動プラン 要援護者への支援活動内容 災害時の要援護者支援に係る戸別訪問調査表 支援者連絡表 神奈川県立厚木高校避難所運

 事前に役員を決めておいても、その役員が参集できるとは限りません、従って  避難した、各丁目毎にまとまり、自治会役員及び自主防災隊員が主体に運営委  員会を設置する、設置された以後は、運営委員会の自主運営とし、避難支援  は「公平」を原則とし災害弱の方々には十分に配慮する(別に避難場所確保) 3 災害発生時の災害本部の目的と任務

9 さらに読み込む

武蔵野市災害時避難行動支援体制検討委員会報告書

武蔵野市災害時避難行動支援体制検討委員会報告書

武蔵野市災害時避難行動支援体制検討委員会報告書 目 次 第1章 武蔵野市災害時避難行動支援体制見直しの経緯・・・・・・・・・・・・・・・・ 1 1 本市における災害時避難行動支援体制構築の必要性・・・・・・・・・・・・・・ 1 2 本市におけるこれまでの取組み・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3 第2章 被害想定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5 1 首都直下地震等による被害想定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5 第3章 災害時避難行動支援体制の現状と課題及び今後の方向性・・・・・・・・・・・・ 14 1 避難行動支援等の定義・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 14 2 避難のための情報伝達・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16 3 避難行動支援名簿・災害時援護名簿の作成・・・・・・・・・・・・・・ 18 4 発災時における安否確認体制の構築・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 22 5 安否確認後の避難支援体制の構築・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 31 6 生活継続支援体制の構築・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 34 7 個別計画の策定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 38 8 避難行動支援避難支援の前提条件・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 39 9 避難場所からの避難先及び当該避難先への移送方法等・・・・・・・・・・・・・ 41 10 個人情報保護の仕組みづくり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 42 第4章 さらなる避難行動支援のために取り組むべき事項・・・・・・・・・・・・・・・ 43 1 地震以外の災害(台風・大雪・停電等)における対応・・・・・・・・・・・・・ 43 2 配慮及び避難支援等関係を対象とした研修等の実施・・・・・・・・・・・ 44 3 避難行動支援に係る地域づくり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 45 4 民間団体等との連携・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 46 5 防災訓練・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 48 6 避難の振り分け基準の検討・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 49 7 各種連携ツールの活用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 51 資料編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 57 武蔵野市災害時避難行動支援体制検討委員会設置要綱
さらに見せる

71 さらに読み込む

障害者手帳を持つ人の同居家族における避難行動要支援者名簿に対する有効性認知の心理的規定因:その名簿の存在を認知していなかった同居家族を例に注1)

障害者手帳を持つ人の同居家族における避難行動要支援者名簿に対する有効性認知の心理的規定因:その名簿の存在を認知していなかった同居家族を例に注1)

を有効に機能すると認知するかを確認すること が重要と考えられる。 ところで、同居家族の名簿有効性認知は水 子・髙尾・佐々木(2018)と髙尾・佐々木・水 子(2019)の報告にあるように、障がい状況や 家族構成等による個別性に富んでいる。少数事 例を対象とした調査から見出される個別性に関 する知見は、名簿の意義を確認することに資す るであろう。一方で、障がい状況の多様性や家 族構成に係る諸事情等の諸要因を捨象し、同居 家族の地域コミュニティへの態度や対人資源活 用力の認知と名簿有効性認知の関連性を分析す ることにも意義がある。なぜなら、地域コミュ ニティ内で名簿の存在を認知していない同居家 族を対象に名簿の意義に関する理解を促進する 手段の大枠を知ることができるためである。地 域コミュニティへの態度と名簿有効性認知との 関連を確認すれば、名簿の存在を認知していな い同居家族が名簿の存在を認知した際に、避難 支援等関係が名簿の意義を同居家族に理解し てもらうための地域コミュニティ内でのアプ ローチの手掛かりとなるであろう。したがっ て、巨視的に捉えることにも意義があるといえ よう。そこで、本研究では名簿の存在を認知し ていない同居家族で、避難行動支援に代 わって名簿登録を決定する意向を示したを対 象に、名簿有効性認知の規定因を分析した。
さらに見せる

11 さらに読み込む

野田市地域防災計画(大規模事故編) 野田市避難行動要支援者支援計画(素案)及び野田市地域防災計画(修正素案)|野田市ホームページ

野田市地域防災計画(大規模事故編) 野田市避難行動要支援者支援計画(素案)及び野田市地域防災計画(修正素案)|野田市ホームページ

(2) 防火管理 文化財の所有及び管理は、火災の発生を未然に防止するため、日頃から適切な防火管 理を行う。管理にあたっては、定期的な巡視と監視を行うとともに、環境を整備し、危険箇 所の点検について消防機関から適切な指導を受ける。日常的な措置については、防火責任 を定め防火管理計画、防災訓練等の具体的な消防計画を作成し、自衛消防隊を組織して消火 活動の体制を整備しておく。

34 さらに読み込む

浦安市災害時要援護者避難支援プラン(全体計画)

浦安市災害時要援護者避難支援プラン(全体計画)

避難支援は、災害時においては、地域住民へ避難行動を呼びかけたり、避難 状況の把握に努めるなど、行政が行う避難情報の伝達、災害情報の確認・収集に 協力し、 さらに、 個別計画に基づき援護の安否確認や避難支援等を行います。 また、災害時においては、援護の身体状態や精神状態によっては適切な避 難支援等が行えないような状態になることも考えられます。そうした状況をふま え、避難支援は、災害時における避難支援等を迅速かつ効果的に行うため、日 頃から自治会等が行う地域の防災訓練や防災活動へ積極的に参加・協力するなど、 地域活動や団体活動等を通して、できるだけ援護とのコミュニケーションを 図り、援護の状態をできるだけ把握しておくよう努める必要があります。
さらに見せる

21 さらに読み込む

避難行動要支援者個別計画作成事業 基本施策2 地域で支えあう社会福祉の充実(地域福祉) | 結城市公式ホームページ

避難行動要支援者個別計画作成事業 基本施策2 地域で支えあう社会福祉の充実(地域福祉) | 結城市公式ホームページ

総合計画 55ページ  予算書 67ページ 阪神淡路大震災,東日本大震災のみならず近年各地で自然災害による 人的被害報道があり市民の被災意識が高まってきている。 ・避難行動支援(高齢,障害等) の把握

2 さらに読み込む

野田市地域防災計画(資料編) 野田市避難行動要支援者支援計画(素案)及び野田市地域防災計画(修正素案)|野田市ホームページ

野田市地域防災計画(資料編) 野田市避難行動要支援者支援計画(素案)及び野田市地域防災計画(修正素案)|野田市ホームページ

避難場所・防災関連施設等 資料4−7 市域内における収容医療機関 ○市域内における収容医療機関 病 院 名 住 所 電 話 番 号 1 キッコーマン総合病院 野田市宮崎100 7123−5911 2 小張総合病院 野田市横内29−1 7124−6666 3 門倉医院 野田市上花輪628−1 7124−5311 4 山崎外科内科 野田市清水419 7122−2359 5 野田中央病院 野田市二ツ塚148 7122−6161 6 江戸川病院 野田市山崎2702 7124−5511
さらに見せる

91 さらに読み込む

住民の行動担当班 訓練内容 参加人員町内会 町内会 1 被災状況 安否情報の確認 (600) 2 町内会役員 自主防への指示 人 3 広域避難所への避難誘導 4 要援護者支援 市 各団体 (10) 人 3 避難対策訓練 ( 避難対策部等相互連携訓練 ) 市職員の訓練 実施時間 :8:00~9:00

住民の行動担当班 訓練内容 参加人員町内会 町内会 1 被災状況 安否情報の確認 (600) 2 町内会役員 自主防への指示 人 3 広域避難所への避難誘導 4 要援護者支援 市 各団体 (10) 人 3 避難対策訓練 ( 避難対策部等相互連携訓練 ) 市職員の訓練 実施時間 :8:00~9:00

訓練概要 ・長期避難時の体力低下を防止するための炊出し訓練を実施する。今回の訓練は、協定により主 に富士産業(株)に米飯炊飯、カレー調理を願い、地元、草津市赤十字奉仕団は協力のもと、か まどベンチによる豚汁の炊き出し配給訓練を実施。

6 さらに読み込む

者のために個室や隔離したスペースを確保する 身近な福祉避難所 また 一般の避難所や身近な避難所では避難生活が困難な要配慮者を避難させるために 社会福祉施設等に開設する 福祉避難所 と重層的に福祉避難所を設置することを想定している (2) 要配慮者とは福祉避難所の対象者として想定されるのは 法律上 要

者のために個室や隔離したスペースを確保する 身近な福祉避難所 また 一般の避難所や身近な避難所では避難生活が困難な要配慮者を避難させるために 社会福祉施設等に開設する 福祉避難所 と重層的に福祉避難所を設置することを想定している (2) 要配慮者とは福祉避難所の対象者として想定されるのは 法律上 要

福祉避難所を開設し、受け入れ体制が整ったときは、配慮及びその家族、 自主防災組織、地域住民、支援団体等に速やかにその場所を周知し、福祉避難 所の対象となるを受け入れる。 一般避難所からの情報提供や要請により、福祉避難所利用候補の調査を 行う。また、福祉避難所の対象は固定的ではないので、対象をあらかじ め把握していないときにはもちろん、あらかじめ把握しているときにも、被 災直後の混乱期から一定期間を経過した後には、避難所に対象避難して いないか調査する。
さらに見せる

7 さらに読み込む

上越市津波避難計画 基本計画・避難行動計画

上越市津波避難計画 基本計画・避難行動計画

高揚にもつながるものであることから、 市が主体となる 「津波情報収集伝達訓練」 と、 町内会、自主防災組織等が主体となる「津波避難訓練」を実施するよう努める。「津 波避難訓練」については、地域の実情に応じ、避難行動支援や観光客等の避難誘 導等の実践的な訓練が可能となるよう、市は訓練実施を支援するほか、訓練の実施結 果を把握し、町内会、自主防災組織等に対し、助言するよう努める。
さらに見せる

32 さらに読み込む

目 次 ガイドライン ガイドラインの対象 ガイドラインにおける避難支援アプリの対象範囲 ガイドライン利用者 避難支援アプリの機能 開発段階の設定 ( 段階的な避難支援アプリ開発 )... 3 (1) 避難支援アプリ

目 次 ガイドライン ガイドラインの対象 ガイドラインにおける避難支援アプリの対象範囲 ガイドライン利用者 避難支援アプリの機能 開発段階の設定 ( 段階的な避難支援アプリ開発 )... 3 (1) 避難支援アプリ

※気象庁防災情報 XML フォーマットに対象地域コード(予報区コード、全国地方公共団体コード)が定義されている。また、 プッシュ通知された防災情報には対象地域(予報区コード)が入力されている。 ② 位置情報サービス機能のオフ設定への対応  位置情報サービスをオフにした場合、端末の位置情報を利用することが困難であることから、避 難支援アプリのダウンロード時、避難支援アプリ起動時やプッシュ通知受信時等において、位置 情報サービス機能をオンにするように表示画面で促す必要がある。
さらに見せる

20 さらに読み込む

避難勧告等に関するガイドライン1(避難行動・情報伝達編)

避難勧告等に関するガイドライン1(避難行動・情報伝達編)

なお、支援する立場の人は自らの身の安全確保を最優先とすることに留意すべきである。 5.1 配慮利用施設等における災害計画の実効性の確保 配慮利用施設は、その設置目的を踏まえた施設毎の規定(介護保険法等)や、災害に対応 するための災害毎の規定(水防法等)により、利用避難計画を含む災害計画を作成すること とされている。その実効性を確保するため、災害計画等の内容や、避難訓練の実施状況について、 地方公共団体は施設開設時及び定期的な指導監査において、災害計画等への洪水や土砂災害等の 対策の記載、訓練の実施状況、緊急度合に応じた複数の避難先の確保状況等について、確認すべ きである。確認にあたっては、普段から施設との関わりがある指導監査部局や担当部局(社会福 祉施設であれば福祉部局)と、防災分野の専門知識を持つ防災担当部局や、洪水、土砂災害、高 潮等の専門知識をもつ土木部局が連携して実施することが望ましい。なお、都道府県が指導監査 等を実施する配慮利用施設については、避難勧告等の発令を担う市町村の防災担当部局と、 配慮利用施設への避難勧告等の伝達を担う市町村の福祉部局と連携して実施することが望 ましい。
さらに見せる

89 さらに読み込む

要配慮者利用施設一覧 避難確保計画の作成について  益田市ホームページ

要配慮者利用施設一覧 避難確保計画の作成について 益田市ホームページ

※施設分類内訳 障) 障害支援施設 養) 養護学校 幼) 幼稚園 保)保育所 ) イサービスセンター 短) 短期入所生活介護 短期入 所療養介護 特) 特別養護老人ホー 高) 高齢福祉センター ) アハウス 障 ) 障害 ープホー 高 高 齢 ープホー 介)介護老人保健施設 通)通所 ハビ ーション 養老)養護老人ホー 軽)軽費老人ホー

8 さらに読み込む

西城戸誠・原田 峻(著)『避難と支援:埼玉県における広域避難者支援のローカルガバナンス』

西城戸誠・原田 峻(著)『避難と支援:埼玉県における広域避難者支援のローカルガバナンス』

 多種多様なアクターが登場するにも関わらず,本書は専門 家以外の読者にとっても読みにくいものではない.時期区分 ごとに「小括」が行われ,例えば①では「小括――避難生活 の開始期における避難支援のローカルガバナンス」といっ たように,ローカルガバナンスの状況を整理,俯瞰するため, 読者は安心して読み進めることができる.

1 さらに読み込む

サポートニュース(Vol.2 5月10日号) 【避難支援】避難者登録制度の創設と避難者支援窓口の開設|武蔵野市公式ホームページ

サポートニュース(Vol.2 5月10日号) 【避難支援】避難者登録制度の創設と避難者支援窓口の開設|武蔵野市公式ホームページ

武蔵 市 避難 被災 方 住民票や居住証明 く 図書館カ 作 し います 図書館 サ ビス 利用い けます 登録 必要 元 住所 武蔵 市 現在 住所・氏 ・生ま 年・電 番号 問い合わせ先 武蔵 市立中央図書館

8 さらに読み込む

Ⅱ 高齢者・要介護(要支援)認定者の現状

Ⅱ 高齢者・要介護(要支援)認定者の現状

(服薬管理ができない、電話の対応や訪問との対応などひとりで留守番ができない等) Ⅲ 日常生活に支障を来すような症状・行動や意思疎通の困難さがときどき見られ、介護を必要とする。 Ⅲa 日常を中心として上記Ⅲの状態が見られる。 (着替え、食事、排便・排尿が上手にできない・時間がかかる、やたら に物を口に入れる、物を拾い集める、徘徊、失禁、大声・奇声をあげる、火の不始末、不潔行為、性的異常行為等) Ⅲb 夜間を中心として上記Ⅲの状態が見られる。 (ランクⅢa に同じ)
さらに見せる

36 さらに読み込む

武蔵野市災害時避難行動支援体制検討委員会報告書(概要版)

武蔵野市災害時避難行動支援体制検討委員会報告書(概要版)

本報告書は、武蔵野市における災害時避難行動支援体制の今後の方向性を示すとともに、さらなる避難行動支 援のために取り組むべき事項についてまとめたものである。 ・ 「配慮」 「避難行動支援」 「災害時援護」を以下のとおり定義する ・災害発生時又は災害発生のおそれがある場合、避難準備情報や、避難勧告・避難指示を発令する ・配慮本人だけでなくその家族や避難支援に対し災害情報等を周知する
さらに見せる

4 さらに読み込む

Show all 10000 documents...