薪ストーブ等バイオマスの利活

Top PDF 薪ストーブ等バイオマスの利活:

【要綱】東御市木質バイオマスストーブ設置補助金交付要綱

【要綱】東御市木質バイオマスストーブ設置補助金交付要綱

第1条 この告示は、地球温暖化防止対策一環として、地域自然エネルギー有効利用及び その普及を促進するため、木質バイオマスストーブ設置に要する経費に対し、予算範囲内 で補助金を交付することについて、東御市補助金交付規則(平成 16 年東御市規則第 37 号。以 下「規則」という。)に定めるものほか、必要な事項を定めるものとする。

5 さらに読み込む

本編目次 第 1 事業概要 3 第 2 調査内容 範囲の設定 8 第 3 有効熱利用量 地域特性 有効熱利用量 地域特性 3. 2 廃木材資源 3. 3 森林資源 第 4 木質バイオマス供給体制 廃木材利活用モデル 4. 2 森林資源利活用モデル 第 5 木質バイオマス

本編目次 第 1 事業概要 3 第 2 調査内容 範囲の設定 8 第 3 有効熱利用量 地域特性 有効熱利用量 地域特性 3. 2 廃木材資源 3. 3 森林資源 第 4 木質バイオマス供給体制 廃木材利活用モデル 4. 2 森林資源利活用モデル 第 5 木質バイオマス

②ガス化発電が普及しない要因(アップドラフト方式について) 発電収益より、タール処理産廃費用が上回ってしまい、採算が取れなかった。この施 設では、タール水をタンクに貯めて2層に分離し、重質タールは重油代替燃料として販売 ( 1-3 トン/日)。ユーザーは CO2 削減ができると喜んでくれている。ただし、粘度が高 いためユーザーはバーナーを変えた。軽質タールは木酢液。 30-40 トン/日、発生する。ボ イラーにて水分を蒸発させ、重質タールに変えて社内利用している。タール処理ため に建屋2/3面積を使っている。
さらに見せる

79 さらに読み込む

木質バイオマスをめぐる動向と課題

木質バイオマスをめぐる動向と課題

 木質バイオマスが注目される要因としては、①木質バイオマスが再生可能 (非枯渇性) にし てカーボン・ニュートラル (ライフサイクル中で、二酸化炭素排出と吸収がプラスマイナスゼロ こと) な資源であるため、化石燃料使用や有害な廃棄物発生を抑制し得るということ、 ②木質バイオマス持続可能な利用により、森林を含めた地域環境を良好なものとし、生物 多様性維持に寄与し得ること、③木質バイオマスは地域広がり中に賦存する資源であ り、その利用は集積、加工 (改質) 、運搬地域雇用を生み、地域振興、定住促進に寄与 すること、④エネルギー利用を含む木質バイオマス高度利用は先端技術が必要となるため、 「グリーン・イノベーション」とも称される新たな産業技術を拓き、雇用確保にも寄与する ことがあげられている (1) 。この他にも、東日本大震災発生に伴う東京電力福島第一原子力発
さらに見せる

23 さらに読み込む

群馬県バイオマス活用推進計画

群馬県バイオマス活用推進計画

(1)経済性が確保された地域循環型システム構築 市町村ないし広域地域程度範囲において、地産地消的にバイオマス活用を推進する ことで、効率的かつ経済性が確保された地域循環型システムを構築します。 そのためには、地域における農林業者バイオマス供給者、バイオマス製品を製造 する事業者、バイオマス製品利用者及び地方公共団体関係者が適切な役割分担 もと、有機的に連携することが重要です。また、バイオマス関連施設を整備する際には、 原則として、小規模かつ効率的な施設を分散して配置することを推進します。
さらに見せる

56 さらに読み込む

小山町バイオマス活用推進計画(案)

小山町バイオマス活用推進計画(案)

また、家畜排せつ物については畜産農家において、全量堆肥化し利用されています。 建設発生木材は約 77%が再資源化、古紙は約 46%が製紙原料化され、し尿汚泥について は町外で肥料化、下水汚泥については焼却後、人工砂として利用されています。 また、未利用バイオマス林地残材については、平成 23 年より木質ペレット製造工場 が稼働し、利用が進み始めたところであり、今後更なる利用拡大が期待されています。 また、稲わらは各農地ですき込み、もみ殻は堆肥化用資材、敷料に利用されています。
さらに見せる

24 さらに読み込む

28年度バイオマス補助金

28年度バイオマス補助金

 再生可能エネルギー導入量拡大を目指し、約300箇所 拠点で再生可能エネルギー設備導入を加速します。 事業目的・概要  再生可能エネルギーはエネルギー起源温室効果ガス排出削 減に寄与し、地域活性化に資する国産エネルギー源であること から、再生可能エネルギー熱利用システムや発電システム導入 拡大が重要です。

10 さらに読み込む

世界のバイオ燃料利用の状況と今後の展開 -沖縄バイオマスセミナ資料-

世界のバイオ燃料利用の状況と今後の展開 -沖縄バイオマスセミナ資料-

¾現在におけるエタノール製造中心はSao Paulo州だが、今後はセラード地域周辺 州にも拡大する傾向にある (セラード地帯は潅木草原地域で、ブラジル国土204百万ha を占める ) ¾2006年でエタノール製造工場: 333箇所 ¾現在100件近く新規プロジェクトが進行中

24 さらに読み込む

木質バイオマスボイラー導入指針 目次 U1. 構想 U... 2 U1.1 木質バイオマスボイラー等熱源機器 U 2 U1.2 木質バイオマスボイラー導入の意義と目的 U... 5 U2. 計画 U... 8 U2.1 木質バ

木質バイオマスボイラー導入指針 目次 U1. 構想 U... 2 U1.1 木質バイオマスボイラー等熱源機器 U 2 U1.2 木質バイオマスボイラー導入の意義と目的 U... 5 U2. 計画 U... 8 U2.1 木質バ

① 49B メンテナンス メンテナンスについては、日常メンテナンスは地元設備業者に依頼し、ボイラー定期 点検は年に 1 度程度、ボイラーメーカーに依頼するという方法が多く取られている状況ですが、 方法はメーカーによって異なります。また、熱管理システムによりボイラ−運転状態を遠隔監 視し管理する方法もあります。トラブル時部品交換に時間がかかるという声が一部現場か ら寄せられています。ボイラーメンテナンス費としては、年間 10~60 万円程度費用が発 生しており、行政場合は担当部局における引き継ぎが行われていないために、アフターフォ ロー体制がわからないという意見もありました。特に、自治体が導入し、管理を施設側で行っ ている場合、双方担当者が交替してしまうと、情報伝達が滞る可能性が高いため事前対策 が必要です。
さらに見せる

51 さらに読み込む

バイオマス資源としての微細藻類

バイオマス資源としての微細藻類

また、 バイオマス由来燃料に関しては、 ほとんど 場合、 既存化石燃料と比較して生産コストが高いことか ら、 税制優遇など補助政策や使用義務量などを設定し て普及を図っている 2 。 一方で、 化学品用途としてバイ オマスについては、 技術開発に関して政府補助を得て いるケースはあるが、 普及ため税制優遇は特に設 けられておらず、 企業自主的な取り組みによって利用 が拡大している点がバイオ燃料とは異なる 3 。 理由として、 化学品市場は画一的な燃料市場と異なり消費者ニーズ が多様で、 多少価格差であれば許容できる場合もある こと、 また化学品によっては製造プロセス簡略化によっ て化石資源よりも安価に製造が可能であることが挙げられ る。 例えば原料は糖源を用いるために石油系に比べて割 高になるものの、 糖から直接化学品を製造する効率的な プロセスが開発できれば、 原油から石化用ナフサを精製 Ⅰ.バイオマス資源
さらに見せる

11 さらに読み込む

木質バイオマスエネルギー利用のポイント

木質バイオマスエネルギー利用のポイント

3-4.小規模バイオマス発電価格設定必要性 ○ 木質バイオマス発電は、雇用創出に加え、間伐材利用による森林整備促進といっ た地域活性化効果が大きい。 ○ 現行FITにおける木質バイオマス発電は5,000kWをモデルとして価格算定しているた め、多く事業者が5,000kW級以上を想定して計画しているが、目安となる燃料集荷想 定範囲は半径50kmであり、燃料を十分集められないケースが生じかねない。
さらに見せる

38 さらに読み込む

バイオマスタウン構想

バイオマスタウン構想

私たちバイオマス部会メンバーはバイオマス活用を推進するため、さまざまなバイオマス生産、 収集、変換、利用方法へアドバイスや、多方面にわたる関係者をコーディネートを通し「地球温暖 化防止」「循環型社会形成」「競争力ある我が国戦略的産業育成」「農林漁業、農山漁村 活性化」構築目指しております。

18 さらに読み込む

総合資源エネルギー調査会省エネルギー 新エネルギー分科会新エネルギー小委員会 ( 第 3 回 ) 資料 3 バイオマス発電事業の 持続的な普及に向けて 一般社団法人日本有機資源協会 バイオガス事業推進協議会 木質バイオマスエネルギー利用推進協議会 バイオマスくん 平成 26 年 9 月 10 日 (

総合資源エネルギー調査会省エネルギー 新エネルギー分科会新エネルギー小委員会 ( 第 3 回 ) 資料 3 バイオマス発電事業の 持続的な普及に向けて 一般社団法人日本有機資源協会 バイオガス事業推進協議会 木質バイオマスエネルギー利用推進協議会 バイオマスくん 平成 26 年 9 月 10 日 (

さらに、分散型エネルギーシステム内で余剰となった蓄電池電力も含めた電力を系統に供給することを弾力的に認める ため、逆潮流に関わる運用を柔軟化し、このために必要な系統安定化ため技術革新を進める。 (1)木質バイオマス 大きな可能性を有する未利用材安定的・効率的な供給による木質バイオマス発電及び木質バイオマス熱利用 につい て、循環型経済実現にも資する森林資源有効活用・林業活性化ため森林・林業施策や農山漁村再生可能エネ ルギー法を通じて積極的に推進し、農林漁業健全な発展と調和とれた再生可能エネルギー導入を推し進めてい く。さらに、 下水汚泥、食品廃棄物などによる都市型バイオマスや耕作放棄地を活用した燃料作物バイオマス利用 を進め
さらに見せる

27 さらに読み込む

1. 入札制度について (1) 総論 (1-1) 保証金における不可抗力事由の取扱い (1-2) 旧制度下の認定案件の失効状況 (2) バイオマス発電について (2-1) バイオマス液体燃料区分の取扱い ( 新規のバイオマス燃料種の取扱いを含む ) (2-2)2018 年度の入札量 (2-3) 石炭

1. 入札制度について (1) 総論 (1-1) 保証金における不可抗力事由の取扱い (1-2) 旧制度下の認定案件の失効状況 (2) バイオマス発電について (2-1) バイオマス液体燃料区分の取扱い ( 新規のバイオマス燃料種の取扱いを含む ) (2-2)2018 年度の入札量 (2-3) 石炭

 FIT制度における買取対象となる発電量は、発電所全体発電コストをバイオマス比率で按分した部分のみである。このため、資 本費・運転維持費に違いがない限り、バイオマス発電部分については、混焼割合に関わらず同一コスト構造となる。  他方で、現時点で認定案件については、定格出力とバイオマス比率関係を分析すると、定格出力が200,000kW以上案件は 概ねバイオマス比率が10%以下となっている。燃料価格が比較的安価な石炭を利用していることから、現行調達価格想定値や
さらに見せる

12 さらに読み込む

表 3-1 木質バイオマスエネルギーの主な利用用途 利用形態 利用用途 温浴施設 施設園芸 熱利用 きのこ栽培 養鰻場 木材加工施設 工場用蒸気 発電利用 木質バイオマス発電所 石炭火力発電所 ( 混焼 ) チップボイラー 木質バイオマス発電所 40

表 3-1 木質バイオマスエネルギーの主な利用用途 利用形態 利用用途 温浴施設 施設園芸 熱利用 きのこ栽培 養鰻場 木材加工施設 工場用蒸気 発電利用 木質バイオマス発電所 石炭火力発電所 ( 混焼 ) チップボイラー 木質バイオマス発電所 40

タール発生抑制ためには、ガス化炉内酸化部を高温に維持しながら、ガス化炉内様 相を安定化させる必要があり、これはチップ燃料質によって大きく左右される。燃料質と は、燃料水分を低く保つこと及びチップ形状を均質にすることである。 ガス化炉性能を維持するため高品質なチップを安定的に提供するためには、これを可能 とするシステムを組む必要がある。例えば水分を下げるためには、一定期間で丸太状態で 天然乾燥や樹皮取り除き、舗装されたストックヤード整備が必要になり、チップ状態で 乾燥には、排熱による強制乾燥設備整備が必要になる。このように高品質燃料を安定的 に提供できるシステムを準備する点に留意する必要がある。
さらに見せる

47 さらに読み込む

木質バイオマスボイラー導入診断【森のエネルギー研究所】.pdf

木質バイオマスボイラー導入診断【森のエネルギー研究所】.pdf

株式会社森エネルギー研究所では、木質バイオマスエネルギー利用機器を導入するにあたって、 各施設に適合する設備規模や燃料供給方式検討を行います。これは従来化石燃料利用機器 場合はピーク負荷に対応できるように余裕を持たせて熱源設定を行いますが、木質バイオマスエネ ルギー規模はこれに必ずしも合わせる必要はなく、ピーク時負荷対応には化石燃料ボイラーと併 用使用するなど、化石燃料ボイラーと木質バイオマスボイラー双方特性を活かしたハイブリッド型 システムが合理的と考えられます。
さらに見せる

10 さらに読み込む

資料2 食品廃棄物系バイオマスのエネルギー利用システムについて

資料2 食品廃棄物系バイオマスのエネルギー利用システムについて

注2:小規模システム、GTL(ガストゥリキッド)を含む。注3:食用油が対象。 注4:炭化物火力発電所利用、注5:小規模システム実証、火力発電所で混焼実証。 注6:ペレット化を含む 出典:「バイオマスエネルギー導入ガイドブック(第2版) 」 (独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構) 技術レベル区分:◎事例多数・対応技術として向いている

13 さらに読み込む

資料 いわき市復興交付金事業計画(木質バイオマス施設等緊急整備事業)) | いわき市役所

資料 いわき市復興交付金事業計画(木質バイオマス施設等緊急整備事業)) | いわき市役所

実施 あ 被災地 豊富 森林資源を 効活用し 地域材 よる整備 木質ペレ ットケトーノ 導入を図り 地元林業 活性化 参り い ※当該事業を復興ビグョン 復興計画 復興ハラン 位置付 いる場合 該当箇所及び概要も記載し く い 復旧計画P い 改築 必要 集会所 し 位置 当面 事業概要

6 さらに読み込む

資料 いわき市復興交付金事業計画(木質バイオマス施設等緊急整備事業)) | いわき市役所

資料 いわき市復興交付金事業計画(木質バイオマス施設等緊急整備事業)) | いわき市役所

実施 あ 被災地 豊富 森林資源を 効活用し 地域材 よる整備 木質ペレ ットケトヴノ 導入を図り 地元林業 活性 参り い ※当該事業を復興ビグョン 復興計 復興ハラン 位置付 いる場合 該当箇所及び概要 記載し く い 復旧計 P い 改築 必要 集会所 し 位置 当面 事業概要

5 さらに読み込む

バイオマス発電の行方 ~欧州に学び・形づくる 我が国のバイオマスコジェネの展望~

バイオマス発電の行方 ~欧州に学び・形づくる 我が国のバイオマスコジェネの展望~

RHIにおけるきめ細かな政策誘導  RHIが設備導入インセンティブとして機能して、バイオマス熱利用 普及を後押し。  4半期ごとに見直し、あらかじめ定められた支出しきい額を超えた場 合には、その区分補助単価を下げることとしている。それによって 各エネルギー種適切な普及をコントロール。

31 さらに読み込む

Microsoft Word - バイオマス推進計画資料編110722

Microsoft Word - バイオマス推進計画資料編110722

利用量 4,833 5,358 利用率 75% 80% ※1 2010年発生量・利用量については、4発生量・利用量推計方法により算出した。 ※2 2020年発生量については、それぞれバイオマス資源に関連する生産計画や廃棄物処理計画    を考慮して推定値を記載した。 (生産計画がないものについては、現状数値を推定値として記載。)   利用量、利用率についても食品リサイクル法や国バイオマス活用推進基本計画、県廃棄物   処理計画目標値を参考に状況を加味しながら設定した。
さらに見せる

43 さらに読み込む

Show all 10000 documents...