耕作の業務を営む一定以上の要件を満たす者です

Top PDF 耕作の業務を営む一定以上の要件を満たす者です:

補償関係コンサルタント業務 主任担当者 照査技術者 ウ地質調査技士補償業務管理士又は補償業務管理者 ( いずれも鳥取県県土整備部用地調査等共通仕様書別表 ( 以下 用地調査等仕様書別表 という ) の補償等業務の区分の欄の業務に応じ それぞれ同表の主任担当者の資格の欄に定める要件を満たす者に限る )

補償関係コンサルタント業務 主任担当者 照査技術者 ウ地質調査技士補償業務管理士又は補償業務管理者 ( いずれも鳥取県県土整備部用地調査等共通仕様書別表 ( 以下 用地調査等仕様書別表 という ) の補償等業務の区分の欄の業務に応じ それぞれ同表の主任担当者の資格の欄に定める要件を満たす者に限る )

照査技術 補償業務管理士又は補償業務管理(いずれも用地調査等仕様書別表 補償等業務区分業務に応じ、それぞれ同表照査技術 資格欄に定める要件満たすに限る。 ) 2 管理は、調達公告により配置技術要件として特定資格求める場合で、発注業種が土木関係建設コンサ ルタント業務又は地質調査業務時、前項右欄に定める資格アのみに限定し、重点配置技術として 設定するものとする。
さらに見せる

5 さらに読み込む

7. 応募資格 (1) 当院ホームページ新着情報に掲載されている 一般競争 ( 指名競争 ) 入札参加資格に関する公示について の要件を満たす者 (2) 当該業務の実施にあたり 当院との連絡調整や打ち合わせなどに 迅速かつ的確に対応できること (3) 平成 22 年度以降 300 床以上の他の医療機

7. 応募資格 (1) 当院ホームページ新着情報に掲載されている 一般競争 ( 指名競争 ) 入札参加資格に関する公示について の要件を満たす者 (2) 当該業務の実施にあたり 当院との連絡調整や打ち合わせなどに 迅速かつ的確に対応できること (3) 平成 22 年度以降 300 床以上の他の医療機

京都第一赤十字病院ホームページリニューアル業務および保守管理業務 委託に関する公募型プロポーザル実施要領 1.実施目的 京都第一赤十字病院ホームページは前回改訂後、修正加えながら運用していますが、地 域中核病院として、利用にとってよりわかりやすいサイト目指して、大幅な改訂行お うとするものである。

9 さらに読み込む

4 実施企業の資格要件雇用型訓練事業の実施を希望する者は 次に掲げる要件 ( 以下 資格要件 という ) をすべて満たす者でなければならない なお 法人の場合にあっては 会社法人 公益社団 財団法人 一般社団 財団法人 特定非営利活動法人等の法人格の種類は問わない (1) 本業務を実施する者は 福島

4 実施企業の資格要件雇用型訓練事業の実施を希望する者は 次に掲げる要件 ( 以下 資格要件 という ) をすべて満たす者でなければならない なお 法人の場合にあっては 会社法人 公益社団 財団法人 一般社団 財団法人 特定非営利活動法人等の法人格の種類は問わない (1) 本業務を実施する者は 福島

平成30年 6月28日 平成30年 9月20日改正 平成30年10月19日改正 平成30年11月15日改正 福島県(以下「県」という。)は、今後成長が期待されるロボット関連分野及び人材不足が深刻なもの づくり分野(製造業)において、より実践的かつ即戦力となる人材育成するため雇用型訓練事業に係る 訓練業務委託により実施します。この要領は、訓練業務受託して実施する企業(以下「実施企業」とい う。)募集に関する手続き定めるものです。(以下、この要領「実施企業募集要領」という。)
さらに見せる

9 さらに読み込む

検証機関 1( 責任 ) 排出量取引のため 公平性の担保 第三者機関として機能 事業者の排出量を確定する責任 意図しない間違いの是正 遅滞なき検証業務の実施 遅滞は 事業所の報告書提出に影響 検証機関 2( 要件 ) 要件その 1 都内の営業所に 1 名以上の検証主任者を置く 要件その 2 検証業務

検証機関 1( 責任 ) 排出量取引のため 公平性の担保 第三者機関として機能 事業者の排出量を確定する責任 意図しない間違いの是正 遅滞なき検証業務の実施 遅滞は 事業所の報告書提出に影響 検証機関 2( 要件 ) 要件その 1 都内の営業所に 1 名以上の検証主任者を置く 要件その 2 検証業務

• 「優良事業所基準(第一区分)、(第二区分)」 「優良事業所基準(第一区分)、(第二区分)」 エネルギー管理士など資格有し、省エネや エネルギー管理士など資格有し、省エネや CO CO 2 2 削減に関 削減に関 する診断、コンサルティング又はコミッショニング業務

25 さらに読み込む

要件① 雇用者給与等・・・・ (ざっくり) 平成24年度の給与総額と比べて、平成25年以降毎年、一定割合以上給与総額が増えていること。 <雇用者給与等支給額とは> <一定割合とは>

要件① 雇用者給与等・・・・ (ざっくり) 平成24年度の給与総額と比べて、平成25年以降毎年、一定割合以上給与総額が増えていること。 <雇用者給与等支給額とは> <一定割合とは>

よくあるご質問について Q,2国内雇用とは 国内雇用とは、法人又は個人事業主使用人うち法人又は個人 事業主有する国内事業所に勤務する雇用(当該法人又は個人事業 主国内に所在する事業所につき作成された賃金台帳に記載された) いい、雇用保険一般被保険でないも含みます。ただし、当該法 人役員(法人税法第2条第15号に規定する役員いいます)特殊 関係や使用人兼務役員は、使用人から除かれています。なお、役員 特殊関係とは、次いいます。
さらに見せる

13 さらに読み込む

2 消費税軽減税率の対象となる新聞 軽減税率の対象は全ての新聞ではなく 一定の要件を満たす新聞のみです ( 図 2) 新聞販売所は定期購読契約の新聞のほか 即売 週 1 回以下の発行などさまざまな形態の新聞を扱っています このため 区分けには慎重な対応が必要です 図 2 軽減税率が適用される新聞の譲

2 消費税軽減税率の対象となる新聞 軽減税率の対象は全ての新聞ではなく 一定の要件を満たす新聞のみです ( 図 2) 新聞販売所は定期購読契約の新聞のほか 即売 週 1 回以下の発行などさまざまな形態の新聞を扱っています このため 区分けには慎重な対応が必要です 図 2 軽減税率が適用される新聞の譲

(2023年10月1日から登録受ける場合) 登録申請書提出受けた後、審査に一定時 間要しますので、早め提出お願いします。 免税事業がインボイス等発行するためには、「消費税課税事業選択届出書」税務署に提出し、あ えて課税事業となった後に、適格請求書発行事業として登録する必要があります。ただし、2023年 10月1日含む課税期間中に登録受ける場合には、消費税課税事業選択届出書提出することなく、 登録受けた日から課税事業となる経過措置が設けられています。
さらに見せる

6 さらに読み込む

派遣労働者の適用基準 登録型派遣労働者の適用基準 次のいずれにも該当する者は 被保険者として取り扱う 1 反復継続して派遣就業する者であること本要件を満たすためには 一の派遣元事業主に 1 年以上引き続き雇用されることが見込まれることを要する 次の場合には この要件に該当する a. 雇用契約期間 2

派遣労働者の適用基準 登録型派遣労働者の適用基準 次のいずれにも該当する者は 被保険者として取り扱う 1 反復継続して派遣就業する者であること本要件を満たすためには 一の派遣元事業主に 1 年以上引き続き雇用されることが見込まれることを要する 次の場合には この要件に該当する a. 雇用契約期間 2

○ なお、期間雇用については、育児休業取得促進し、働きながら子育 てできる環境整備することが重要であるが、一定要件満たす期間雇 用について育児・介護休業取得認めた平成16年育介法改正 施行後、改正内容が未だ浸透途上にあること踏まえ、まずは、現行制度 において育児休業取得が可能である期間雇用が、より一層休業取 得しやすくするために、その休業取得要件分かりやすく示し、周知徹 底することが重要であり、業種実情に応じた取得促進にも新たに取り組 むべきである。
さらに見せる

19 さらに読み込む

6 勤続年数が以下の条件を満たす方 1st stage 給与所得者 ~5 年以上 医師 弁護士 公認会計士および税理士を営む方 ~5 年以上 法人役員 個人事業主 親族経営法人勤務者および指定業種 職種に従事している方は対象外 ( 詳しくは窓口にてご確認ください ) 2nd stage 給与所得者

6 勤続年数が以下の条件を満たす方 1st stage 給与所得者 ~5 年以上 医師 弁護士 公認会計士および税理士を営む方 ~5 年以上 法人役員 個人事業主 親族経営法人勤務者および指定業種 職種に従事している方は対象外 ( 詳しくは窓口にてご確認ください ) 2nd stage 給与所得者

③申込時およびご融資実行時年齢が満 20歳以上満65歳未満責任能力 で最終ご返済時年齢が満80歳未満 方。ただし、ご加入いただく団体信用 生命保険によって申込日およびご融資 実行時、最終返済時年齢に制限があり ます。

6 さらに読み込む

1 第 2 章都道府県知事の認定について 第 1 節第一種特例贈与認定中小企業者 贈与税の納税猶予制度の認定要件 ( 施行規則第 6 条第 1 項第 11 号 ) 贈与税の納税猶予制度の適用を受けるには 以下の要件等を満たすことが必要です 1 対象会社要件 中小企業者であること 上場会社等 風俗営業

1 第 2 章都道府県知事の認定について 第 1 節第一種特例贈与認定中小企業者 贈与税の納税猶予制度の認定要件 ( 施行規則第 6 条第 1 項第 11 号 ) 贈与税の納税猶予制度の適用を受けるには 以下の要件等を満たすことが必要です 1 対象会社要件 中小企業者であること 上場会社等 風俗営業

また、直接又は間接に保有する関係とは、次関係いいます。 (ⅰ) 一が他法人発行済株式又は持分50%超保有する場合に おける当該一と当該他法人と関係(直接支配関係)とする。 (ⅱ) この場合において、当該一及びこれと間に直接支配関係がある1 以上法人(又は当該一間に直接支配関係がある1以上法人)がその他法人発行済株式又は持分50%超保有するときは、 当該一は当該その他法人発行済株式又は持分50%超保有する ものとみなす。
さらに見せる

18 さらに読み込む

. 合算申出と継続異動の違いは何でしょうか? Ⅴ よくある質問集 いずれも前の共済契約者を退職し 一定の条件を満たす場合は異動前後の被共済期間を通算 できる制度です 合算制度は 1 年以上の在籍期間があって 前の共済契約者の退職日から起算して 年以内 ( 平成 年 月 日以前退職日の場合は 2 年以

. 合算申出と継続異動の違いは何でしょうか? Ⅴ よくある質問集 いずれも前の共済契約者を退職し 一定の条件を満たす場合は異動前後の被共済期間を通算 できる制度です 合算制度は 1 年以上の在籍期間があって 前の共済契約者の退職日から起算して 年以内 ( 平成 年 月 日以前退職日の場合は 2 年以

※2:施行日前日から学校法人が幼保連携型認定こども園経営開始する日前日まで間、保育所が WAM共済対象であって、幼保連携型認定こども 園経営開始する日に WAM共済申込み行うことが必要(上記図では保育所が対象となっているが、WAM共済申出施設等となっている幼稚園も 対象となる。)。 ※1:社会福祉法人に使用されることとなった日前日まで学校法人に使用され、幼保連携型認定こども園業務に常時従事すること要するに限る(上記 図では幼稚園が対象となっているが、給付事業対象となっている保育所も対象となる)。なお、給付事業継続せずに、幼保連携型認定こども園 WAM共 済共済契約対象施設等とすることも可能(ただし、教職員在職期間通算は不可)。
さらに見せる

23 さらに読み込む

「農地の権利取得に係る下限面積要件の緩和が耕作放棄地の減少に与える影響」

「農地の権利取得に係る下限面積要件の緩和が耕作放棄地の減少に与える影響」

2009 年農地法改正以前は、農地及び採草放牧地権利設定等する際に、権利取得後 面積が 50a(北海道では 2ha)以上でなければ許可されないことが原則であり、例外とし て都道府県知事が農林水産省令で定める基準に従い、その都道府県区域一部について これら面積範囲内で別段面積定め、公示したときにはその面積以上で許可される こととなっていた。この「農林水産省令で定める基準」については農地法施行規則におい て定められており、①設定区域は、自然的経済的条件からみて営農条件がおおむね同一と 認められる地域であること、②都道府県知事が定めようとする別段面積単位はアール とし、その面積は十アール整数倍であること、③都道府県知事が定めようとする別段 面積は、設定区域内においてその定めようとする面積未満農地又は採草放牧地耕作又 は養畜事業に供している数が、当該設定区域内において農地又は採草放牧地耕作 又は養畜事業に供している総数おおむね百分の四十下らないように算定される ものであること、とされていた 8 。
さらに見せる

21 さらに読み込む

遺族年金における遺族概念の社会的変容 計同一要件を満たすだけでなく 所定の収入 所得要件を満たす場合に認めている わが国において民間企業の被用者を対象とした年金制度は 1939( 昭和 14) 年の船員保険法による船員の年金制度が最初である その後 1941( 昭和 16) 年に労働者年金法が制定さ

遺族年金における遺族概念の社会的変容 計同一要件を満たすだけでなく 所定の収入 所得要件を満たす場合に認めている わが国において民間企業の被用者を対象とした年金制度は 1939( 昭和 14) 年の船員保険法による船員の年金制度が最初である その後 1941( 昭和 16) 年に労働者年金法が制定さ

負担分担し(760条)、日常家事債務につき連帯し て責任負い(761条)、両者いずれに属するか明 らかでない財産はその共有に属するものと推定され (762条2項)、この関係は、両者一方が死亡する か又は両者が離婚するまで長期間継続するもので ある。他方、それ以外親族についてみると、直系 血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養する義務負うと されているが(877条)、このうち親子に関しては、 父母は成年に達しない子に対する親権有し(818 条)、親権行うは、この監護教育について権 利義務有する(820条)。このように、被保険等 と遺族と生計維持に関わる義務程度は遺族立 場によって大きな差異があり、特に夫婦間と親子間 における上記義務は他に比べて重いものというべき である(夫婦間及び親と未成熟子と間ではいわゆ る生活保持義務があり、他親族と間ではいわゆ る生活扶助義務しかないともいわれる。)。法59条 は、遺族年金支給対象たり得る要件遺族立 場に応じて個別に定めるとともに(1項)、支給対象 要件備えた中では被保険配偶 と子優先させているが(2項)、これは、同条が上 記差異踏まえて支給対象具体化する趣旨 に出たものと解されるところであり、同条がかかる 規範的価値判断前提としていると解される以上、 同条が定める生計維持要件解釈に当たっても、以 上ような遺族立場に応じた規範的観点も踏ま えて判断がされるべきものと解するが相当であ る。」、 「施行令3条10は、生計維持要件充足に ついて、生計同一要件と収入要件充足という2つ 事実関係いかんによって判断するとしている であるが、同条は、生計維持に関わる事情が個別 事案ごとに多様であると考えられる中で、多数裁 定請求につき一律かつ迅速に判断するために、上記 2つ事実関係において所定要件満たす場合に は、生計維持関係があるものと推定するという趣旨 ものと解される。そうすると、施行令3条10所 定要件満たした場合であっても、他事情い かんによっては、法59条1項定める生計維持要件 満たさないことになる場合もあり得るところ、本 件通知が、施行令3条10に沿った形で生計同一要 件等具体的認定に係る定め置いた上で、本件通 知定めるところによれば生計維持関係があるもの と認定できる場合であっても、その「認定行うこ
さらに見せる

8 さらに読み込む

4 木質バイオマス発電設備 (2 万 kw 未満 木質バイオマス燃料の年間利用率 80% 以上と見込まれるもの ) < 下記要件のいずれかを満たすもの > 年間稼働率 80% 以上と見込まれるもの kw あたりの資本費一定以下 2,000kW 未満 62 万円 /kw 以下 2,000kW 以上 2

4 木質バイオマス発電設備 (2 万 kw 未満 木質バイオマス燃料の年間利用率 80% 以上と見込まれるもの ) < 下記要件のいずれかを満たすもの > 年間稼働率 80% 以上と見込まれるもの kw あたりの資本費一定以下 2,000kW 未満 62 万円 /kw 以下 2,000kW 以上 2

要望措置 妥 当 性 【省エネルギー】 省エネ設備投資については、同機能有する他設備投資と 比較し、設備価格が高価となり、その差分については、省エネ 設備導入によるエネルギーコスト削減によって投資回収行 うこととなるため、投資回収期間が一般的な設備投資と比較し 長期となる傾向がある。そのため、省エネ設備投資について、 事業経営判断における優先度が相対的に低下するため、租 税優遇措置によって後押し行うことは効果的。
さらに見せる

7 さらに読み込む

雇用促進税制とは 新規雇用者数を増やすことにより税制の優遇措置が受けられます 2841ら333までの期間内に始まる事業度 以下 適用度 といいます において 雇用増加者数5人以上 中 小企業は2人以上 つ 雇用増加割合 以上等の要件を満たす企業 が 同意雇用開発促進地域 2内に所在する事業所において

雇用促進税制とは 新規雇用者数を増やすことにより税制の優遇措置が受けられます 2841ら333までの期間内に始まる事業度 以下 適用度 といいます において 雇用増加者数5人以上 中 小企業は2人以上 つ 雇用増加割合 以上等の要件を満たす企業 が 同意雇用開発促進地域 2内に所在する事業所において

○ 事業所単位で取りまとめた「特定地域基準雇用数総括表」に記載した労働ごとに、当該労働(一般被保険計画期間終了 日における出勤簿、労働条件通知書又は雇用契約書及び労働協約、就業規則又はその他それらに準ずるもの写し取りまとめてくださ い(一雇用保険適用事業所とすることができない場合(雇用保険非該当施設含む)においては、計画期間初日前日及び終了日に おける当該事業所において勤務していた一般被保険数が確認できる書類提出してください。〔詳細は7㌻(※2)ご確認くださ い〕)。その上で、提出する際には「特定地域基準雇用数総括表」に記載した労働順番に整理してください。なお、労働条件通知書 又は雇用契約書は各人提出してください。
さらに見せる

20 さらに読み込む

(1) 別表 1: 基準省令改正点 ( 抜粋 ) H 追加資料 対象サービス概要対象条項 1 定期巡回 夜間 オペレーターの資格要件のうち サービス提供責任者の業務に3 年以上従事した経験を有するもの について 1 年以上 に緩和 なお 初任者研修課程修了者及び旧 2 級課程修了者のサー

(1) 別表 1: 基準省令改正点 ( 抜粋 ) H 追加資料 対象サービス概要対象条項 1 定期巡回 夜間 オペレーターの資格要件のうち サービス提供責任者の業務に3 年以上従事した経験を有するもの について 1 年以上 に緩和 なお 初任者研修課程修了者及び旧 2 級課程修了者のサー

対象サービス 概 要 全サービス共通 「介護職員処遇改善加算」区分見直し 【見直し内容】区分(Ⅳ)及び(Ⅴ)については、要件一部満たさない事業に対し、減算 された単位数で加算取得認める区分であることや、当該区分取得率や報酬体系簡素 化観点踏まえ、これ廃止する。その際、一定経過措置期間設けることとする。 定期巡回 「同一建物等居住にサービス提供する場合報酬」見直し
さらに見せる

8 さらに読み込む

住宅リフォームの減税制度の概要 リフォームの減税制度 一定の要件を満たすリフォームを行った場合に受けられる減税制度は 5 種類あります 各制度の概要と主な要件は以下の通りです 詳細は本編をご覧ください 減税制度の種類 1. 所得税の控除 1 投資型減税 2 ローン型減税 3 住宅ローン減税 2. 固

住宅リフォームの減税制度の概要 リフォームの減税制度 一定の要件を満たすリフォームを行った場合に受けられる減税制度は 5 種類あります 各制度の概要と主な要件は以下の通りです 詳細は本編をご覧ください 減税制度の種類 1. 所得税の控除 1 投資型減税 2 ローン型減税 3 住宅ローン減税 2. 固

 よりよい住宅リフォーム促進するために、リフォーム行った消費対象とした税優遇措 置が設けられています。これらは主に住宅性能が向上するリフォームなど行った場合に所定申 告手続きすることで、税金が軽減される制度です。  税優遇措置適用受けるためには、要件満たしていること証明することが必要となります が、一般的には建築士事務所登録している事務所に所属する建築士が、適用対象となる工事や住 宅等であること確認して工事完了後に所定証明書発行する仕組みとなっています。したがって 建築士方々には、リフォーム設計・施工ノウハウのみならず本手引きでリフォームに係る税 優遇措置について理解深めていただき、リフォーム行う消費に対して制度活用したリフォー ムアドバイスや、証明書発行業務に役立てていただければ幸いです
さらに見せる

6 さらに読み込む

MOTHER BRAIN MONTHLY REPORT 30 SEPTEMBER 2018 ステップ 5 では まず一定期間にわたって売上を計上すべき取引かどうかを判定します 以下 (1)(2)(3) の要件いずれかを満たす場合は 物品またはサービスに対する支配が一定の期間にわたり顧客に移転するもの

MOTHER BRAIN MONTHLY REPORT 30 SEPTEMBER 2018 ステップ 5 では まず一定期間にわたって売上を計上すべき取引かどうかを判定します 以下 (1)(2)(3) の要件いずれかを満たす場合は 物品またはサービスに対する支配が一定の期間にわたり顧客に移転するもの

例: 当該顧客のみが使用できる特殊仕様物品・サービス提供 (1)要件については、解約により他企業が顧客に対する残存履行義務引き継いだと仮定して考え ます。企業が現在までに完了した作業当該他企業が大幅にやり直す必要がないときには、企業が顧 客と契約における義務履行するにつれて、顧客が便益享受すると判定します。この判定上、残存 履行義務企業に移転すること妨げる契約上または実務上制限があるかどうかは無視します。 一方(3)要件については、企業が履行義務完了したと仮定して考えます。別用途に転用すること ができない場合とは、物品・サービス用途に容易に使用することが契約上または実務上制限され ている場合指します。また、履行完了した部分について対価収受する強制力ある権利有して いる場合とは、契約期間にわたり、企業が履行しなかったこと以外理由で契約が解約される際に、少な くとも履行完了した部分について補償受ける権利有している場合指します。履行完了した部 分について対価収受する権利有無及び強制力有無については、契約条件とそれ補足するまた は覆す可能性ある法令、判例、取引慣行等考慮して判定します。
さらに見せる

8 さらに読み込む

1 贈与税の納税猶予制度の認定要件 ( 施 規則第 6 条第 1 項第 11 号 ) 贈与税の納税猶予制度の適 を受けるには 以下の要件等を満たすことが必要です 対象会社要件 中 企業者であること 上場会社等 俗営業会社に該当しないこと 資産保有型会社 は資産運 型会社 ( 以下 資産保有型会社等

1 贈与税の納税猶予制度の認定要件 ( 施 規則第 6 条第 1 項第 11 号 ) 贈与税の納税猶予制度の適 を受けるには 以下の要件等を満たすことが必要です 対象会社要件 中 企業者であること 上場会社等 俗営業会社に該当しないこと 資産保有型会社 は資産運 型会社 ( 以下 資産保有型会社等

その後継が贈与により取得したその会社株式等について、既に⼀般措置 適⽤受けている場合には、認定受けることができません。 • 特例承継計画に記載された特例後継であること 早期かつ計画的な事業承継促進するため、特例措置適⽤受けるにあ たっては、特例承継計画作成求めております。特例承継計画に記載された 特例後継でなければ認定受けることができません。特例後継となれるは、 会社ごとに最⼤3⼈までです
さらに見せる

19 さらに読み込む

産科部門システム別紙仕様書 1. 産科電子カルテ産科電子カルテに関しては以下の要件を満たすこと 1-1 ハードウェア要件に関しては以下の要件を満たすこと サーバ要件に関しては以下の要件を満たすこと コンピューター本体に関しては以下の要件を満たすこと サ

産科部門システム別紙仕様書 1. 産科電子カルテ産科電子カルテに関しては以下の要件を満たすこと 1-1 ハードウェア要件に関しては以下の要件を満たすこと サーバ要件に関しては以下の要件を満たすこと コンピューター本体に関しては以下の要件を満たすこと サ

2-1-10 母体・胎児集中監視システムHIS連携は、以下要件満たすこと 2-1-10-1 電子カルテ端末上に、個別患者カルテ表示している場合は、その患者リアルタイムCTG及び過去CTG、アプリケー ション起動することで参照できること 2-1-10-2 電子カルテ上CTG表示機能は、胎児集中監視用母体・胎児集中監視システムと同等CTG参照機能有すること。また、 測定中CTG波形も電子カルテ端末からスクロール機能使い、時間制限なく現在及び過去に遡り参照できること 2-1-10-3 CTG参照ができる電子カルテ端末は無制限とし、同時に10台以上接続できること
さらに見せる

7 さらに読み込む

対象者(被保険者対象者 ( 被保険者 ) 75 歳以上の方 ( 満 75 歳の誕生日から対象 ) 75 歳到達による後期高齢者医療制度への加入手続きは不要です 1 65 歳以上 75 歳未満で一定の障害について広域連合の認定を受けた方 ( 認定を受けた日から対象 ) ) 1 障害基礎年金が 1 2

対象者(被保険者対象者 ( 被保険者 ) 75 歳以上の方 ( 満 75 歳の誕生日から対象 ) 75 歳到達による後期高齢者医療制度への加入手続きは不要です 1 65 歳以上 75 歳未満で一定の障害について広域連合の認定を受けた方 ( 認定を受けた日から対象 ) ) 1 障害基礎年金が 1 2

 (条件により、特別徴収にならない場合があります。詳しくは次ページ「普通徴収になる方」ご覧ください。) ●社会保険料控除について  後期高齢医療制度保険料は、所得税及び住民税申告際に社会保険料控除対象となり ます。特別徴収(年金天引き)から普通徴収(口座振替)へ変更した場合、社会保険料控除適用とな る対象が変わることで、世帯全体所得税及び住民税負担額が減少する場合があります。  詳しくは、税務署、お住まい市(区)町村住民税担当窓口にお問い合わせください。
さらに見せる

16 さらに読み込む

Show all 10000 documents...