続的にスポーツ施策の調査を実施する

Top PDF 続的にスポーツ施策の調査を実施する:

海洋エネルギー 鉱物資源の開発 基本認識 調査 研究を継続しつつ 事業化のための開発 研究を強化する段階へ移行 我が国周辺海域の資源ポテンシャルを把握するための技術開発と広域科学調査 資源探査を継続的に実施 揚鉱 採鉱等生産に向けた技術開発を集中的に実施 石油 天然ガス 日本周辺海域において 基礎物

海洋エネルギー 鉱物資源の開発 基本認識 調査 研究を継続しつつ 事業化のための開発 研究を強化する段階へ移行 我が国周辺海域の資源ポテンシャルを把握するための技術開発と広域科学調査 資源探査を継続的に実施 揚鉱 採鉱等生産に向けた技術開発を集中的に実施 石油 天然ガス 日本周辺海域において 基礎物

• 揚鉱、採鉱等生産向けた技術開発集中実施 コバルトリッチクラスト及びマンガン団塊、レアアース • コバルトリッチクラスト及びマンガン団塊については、資源量調査と生産関連技術 について、国際海底機構が定めた探査規則踏まえつつ、調査研究取り組む。 (特にコバルトリッチクラストについては、海底熱水鉱床取組成果も踏まえ、具 体な開発計画策定)
さらに見せる

5 さらに読み込む

スポーツセンター等でのスポーツ教室等の開催 気軽にスポーツを楽しめるスポーツ教室及びスポーツイベントなどを開催 各種スポーツ教室等の現状及び課題を把握するため 施設利用者へのアンケート調査等を実施 利用者ニーズに応じた多彩で魅力のあるスポーツ教室や体験教室の実施に向けて検討 各種クラブやサークル 指

スポーツセンター等でのスポーツ教室等の開催 気軽にスポーツを楽しめるスポーツ教室及びスポーツイベントなどを開催 各種スポーツ教室等の現状及び課題を把握するため 施設利用者へのアンケート調査等を実施 利用者ニーズに応じた多彩で魅力のあるスポーツ教室や体験教室の実施に向けて検討 各種クラブやサークル 指

○ 環境配慮した運営行うよう、各競技団体 へ啓発 現在主な取組 今後主な取組 (★:新規、●:拡充、○:継続) ★ 地元で活躍するチームへ重点な応援 各区で実施し、より地域密着した形で支援 するなど、スポーツセンター拠点地域ス ポーツ振興担当コーディネーターが学区体育団 体各区連合会や子ども会、スポーツ尐年団など 地域団体と連携し、各区単位で市民応援組 織創設向けて検討
さらに見せる

12 さらに読み込む

スポーツマネジメント研究第 9 巻第 1 号 緒言プロスポーツビジネスにおいて 試合の勝敗に関わらず特定のチームを継続的に支援する献身的なファンを獲得することは 安定したチケット収入につながる スポーツ観戦者行動に関する先行研究の多くは 観戦者がチーム アイデンティフィケーション (team ide

スポーツマネジメント研究第 9 巻第 1 号 緒言プロスポーツビジネスにおいて 試合の勝敗に関わらず特定のチームを継続的に支援する献身的なファンを獲得することは 安定したチケット収入につながる スポーツ観戦者行動に関する先行研究の多くは 観戦者がチーム アイデンティフィケーション (team ide

以上考察から、本研究はチーム ID とファン コミュニティ ID という二種類アイデンティテ ィ形成において特にロゴ、スタジアム、応援歌な どの非競技関連製品属性に対する誇り感覚が 重要であるという結論達した。実践視点から、 プロスポーツチーム実務担当者はロゴが印刷さ れたグッズデザインより魅力なものする ことでファン誇り感覚強め、結果チー ム ID 向上期待できるものと考えられる。さ ら、ファンがスタジアム誇り思うことがで きるようチーム歴史や地域性など特徴施 設装飾生かすことによってもチーム ID 高 めることが可能である。最後、ファンが誇り 感じながら応援歌大合唱できる演出や環境整備 努めることも実務上、重要である。試合会場 詰め掛けたファンが一丸となって歌うことでき る応援歌があるかどうかによって、ファン同士感覚であるファンコミュニティ ID 強さは 変わってくるである。
さらに見せる

19 さらに読み込む

2 外部環境調査 市内人口動態 周辺自治体における人口動態 経済の動向 政策過程の動態等について情報を 収集すること 3 先進事例調査 現在 全国で展開されている 定住促進施策の事例の調査 分析を行い 本市の計画に活用可 能な要素を把握すること (2) 意向調査の実施 本市における課題の把握と効率的

2 外部環境調査 市内人口動態 周辺自治体における人口動態 経済の動向 政策過程の動態等について情報を 収集すること 3 先進事例調査 現在 全国で展開されている 定住促進施策の事例の調査 分析を行い 本市の計画に活用可 能な要素を把握すること (2) 意向調査の実施 本市における課題の把握と効率的

羽曳野市では、 「第 6 次羽曳野市総合基本計画(H28~H37)」及び「羽曳野市まち・ひと・しご と創生総合戦略(H27~H31)」策定し、人口減少や地域経済縮小克服始めとする地方創生 取組み進めている。 本業務は、これら計画等踏まえ、羽曳野市特有地域資源と人・地域・企業・大学等と調 和による定住促進、交流人口拡大狙うため必要なプレーヤーが参画し、豊富な地域資源や ツールトータルコーディネートできるプラットフォーム(仮称はびきの観光・定住創造かんぱ ー)設立むけた、ツール作成及びモデル事業立案等目的とする
さらに見せる

11 さらに読み込む

はじめに 環境省自然環境局生物多様性センターは 全国的な観点からわが国における自然環境の現況及び改変状況を把握し 自然環境保全の施策を推進するための基礎資料を整備することを目的とし 自然環境保全基礎調査 を実施している 調査範囲は陸域 陸水域 海域を含む国土全体を対象としている 自然環境保全基礎調査

はじめに 環境省自然環境局生物多様性センターは 全国的な観点からわが国における自然環境の現況及び改変状況を把握し 自然環境保全の施策を推進するための基礎資料を整備することを目的とし 自然環境保全基礎調査 を実施している 調査範囲は陸域 陸水域 海域を含む国土全体を対象としている 自然環境保全基礎調査

絶滅危惧種は、タヌキモ、マルバオモダカ、クロモ、ナガエミクリ確認し た。 8)刈和野 刈和野地域は、魚類 6 科 20 種、甲殻類 3 科 3 種、貝類 3 科 4 種確認し、 調査地 10 地域中で魚類種類数が最も多かった。魚類出現頻度が高い種 は、トウヨシノボリ(6 地点)、ドジョウ(5 地点)であった。採集個体数多 い種はオイカワ 220 個体(2 地点合計)、モツゴ 135 個体(4 地点合計) 、ヤリ タナゴ 125 個体(3 地点合計)であった。オイカワとヤリタナゴは、雄物川 ワンドで稚魚採集が多かった。
さらに見せる

59 さらに読み込む

(2) 実現可能性調査の実施の支援具体的な案件 ( 民間事業者による下水熱利用の取組が望ましい ) に対する実現可能性調査の実施を支援する (2 回程度の派遣を想定 ) なお 実現可能性調査を実施する場合 本事業では支援対象団体より提供されたデータを基に分析を行うことを前提とする また 派遣にあたっ

(2) 実現可能性調査の実施の支援具体的な案件 ( 民間事業者による下水熱利用の取組が望ましい ) に対する実現可能性調査の実施を支援する (2 回程度の派遣を想定 ) なお 実現可能性調査を実施する場合 本事業では支援対象団体より提供されたデータを基に分析を行うことを前提とする また 派遣にあたっ

アドバイザーによる支援項目(例)としては以下とおり。 <アドバイザーによる支援項目(例)>  具体案件形成向けた関係者間連携体制構築、熱需要家(熱利用者)探し方  事業化における関係者間責任分担、契約スキーム、料金設定、協定書作成等  民間利用等想定した下水熱利用事業関する法令解釈、条例・要領等整備方法  下水熱利用基礎情報(概要、先行事例、検討手順、技術・システム、採算性評価等)  下水熱ポテンシャル推計方法、ポテンシャルマップ作成方法
さらに見せる

5 さらに読み込む

企業会計審議会による海外調査を実施していない国における IFRS 適用状況についても調査するため 金融庁において IFRS 適用状況に関する調査を実施した 具体的には 一般的に 1 IFRS 適用国とされている国を参考に 122 カ国に対し 2011 年 12 月 21 日 現地の日本大使館を経由し

企業会計審議会による海外調査を実施していない国における IFRS 適用状況についても調査するため 金融庁において IFRS 適用状況に関する調査を実施した 具体的には 一般的に 1 IFRS 適用国とされている国を参考に 122 カ国に対し 2011 年 12 月 21 日 現地の日本大使館を経由し

※ 企業会計審議会による海外調査実施していない国における IFRS 適用状況についても調査するため、金融庁お いて、IFRS 適用状況に関する調査実施した。具体は、一般 1 IFRS 適用国とされている国参考、122 カ 国に対し、2011 年 12 月 21 日、現地日本大使館経由し、IFRS 適用状況に関する調査送付した。送付した国 うち、回答があったは、90 カ国 (2012 年 4 月 16 日現在)であり、これら回答国、企業会計審議会による海外 調査で訪問した米国、カナダ、中国、韓国、フランス、ドイツ調査結果加えたが、本調査結果である。 ※ 本調査結果は、調査票に対する先方回答及び当該回答内容に関する当方から問い合わせ、金融庁おい
さらに見せる

13 さらに読み込む

調査概要 テレワーク人口実態調査を実施し テレワーカーが抱える課題について以下のとおり整理した また その課題を解決するために先進的な取組を行っている企業についてヒアリング調査を行った テレワーク実施の際にワーカーが抱える課題 人口実態調査を実施し テレワークの実施促進は テレワーク制度を導入すると

調査概要 テレワーク人口実態調査を実施し テレワーカーが抱える課題について以下のとおり整理した また その課題を解決するために先進的な取組を行っている企業についてヒアリング調査を行った テレワーク実施の際にワーカーが抱える課題 人口実態調査を実施し テレワークの実施促進は テレワーク制度を導入すると

◆テレワーク実施概要 ・2013 年から女性両立支援「仕事免除するケア施策」から、「いかにキャリアブランク短くし、鍛えられる仕事割り当て、実力つけるかフェ ア施策」へと質変革取り組む。中でも「画一な男性働き方」と「長時間労働」が一番課題と整理。 2015 年 からはワークスタイル変革専任 組織立上げ、「柔軟な働き方」「一点突破全面展開」かなめとして、 2014 年から「間接スタッフ」※約 4,000 名対象「在宅勤務」トライアル スタート。(※JAL グループ社員約 32,000 人うち、パイロットやキャビンアテンダント、整備士など、お客様と接する機会が多い「直接スタッフ」 が 28,000 人、デスクワークが中心「間接スタッフ」が 4,000 人在籍しており、在宅勤務が可能なは「間接スタッフ」)
さらに見せる

41 さらに読み込む

スポーツの実施状況等に関する世論調査(全文)

スポーツの実施状況等に関する世論調査(全文)

- 56 - エ 職場取り組みがあった場合運動・スポーツ実施意向 仮に職場拠点として運動・スポーツ習慣化する取り組みがあれば今より運動・スポーツ実施す る頻度が増えるか聞いたところ、 「増えると思う」とする割合は 43.9%(「大いに増えると思う」 8.9%+「ある程度増えると思う」35.0%)、 「増えるとは思わない」とする割合は 40.2%( 「あまり増え るとは思わない」25.3%+「まったく増えるとは思わない」14.9%)となっている。
さらに見せる

182 さらに読み込む

「ポスト2015 を効果的に実施するために」

「ポスト2015 を効果的に実施するために」

 「アウトサイド・イン」アプローチ:「科学基づく」目標設定  気候変動分野で支持集めている: Science Based Targets Initiative, Future-Fit Benchmarks etc. SDGコンパス: 各企業事業 SDGsがもたらす影響解説、持続可能性 企業戦略中心据えるためツールと知識提供

23 さらに読み込む

「ポスト2015 を効果的に実施するために」

「ポスト2015 を効果的に実施するために」

ドイツ メルケル首相リーダーシップ下、 全て省庁が実施参加。 National Sustainability Strategy実施フレームワークとし、今年10月までSDGs反 映。 フランス 既存国家政策枠組み文書準備中。近年採択される Energy Transition for Green Growth Act、Bill on Biodiversity Regrowth, Nature and Landscapes が重要。 日本 内閣府 SDGs推進本部設置(2016年5月)。環境省主導マルチ・ステーク
さらに見せる

32 さらに読み込む

調査の目的と概要 Ⅰ 調査の目的 札幌市の児童生徒の実態に関する基礎調査 は 札幌市の小学生 中学生 高校生の意識や心情 生活 行動などについて 継続的に調査し その実態の変容を明らかにすることにより 子どもを取り巻く社会変化や教育情勢と子どもの生活との関連性を客観的に把握し 教育施策の推進に資する

調査の目的と概要 Ⅰ 調査の目的 札幌市の児童生徒の実態に関する基礎調査 は 札幌市の小学生 中学生 高校生の意識や心情 生活 行動などについて 継続的に調査し その実態の変容を明らかにすることにより 子どもを取り巻く社会変化や教育情勢と子どもの生活との関連性を客観的に把握し 教育施策の推進に資する

②心問題、他者とかかわりや自己認識かかわる質問 子どもはたくさんストレスかかえていると言われており、すぐかっとなる子ど もの心問題が深刻化している。また、良好な人間関係がつくれない子ども、他者へか かわろうとしない子どもが増えていると言われており、自他よさ認め、他者へ積極 かかわっていける資質・能力培うことが、学校教育大きな役割ひとつなっ ている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

競技スポーツ課の施策について

競技スポーツ課の施策について

◆コーチ等設置など ◆国内外強化合宿 ◆チーム派遣・招待 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会等における日本代表選手メダル獲得向けて、 各競技団体が行う日常・継続な強化活動及び2020年東京大会等で活躍が期待される次世 代アスリート発掘・育成など戦略な強化について、オリンピック競技とパラリンピック競技一体 な支援実施する
さらに見せる

9 さらに読み込む

まれた FHRM を明らかにし FHRM を補完する HR 施策を明らかにすることを目的としている 本研究では 2015 年 ~2016 年にかけて実施された企業調査 (n=102 社 ) を用いて 2 つの分析を行う まず FHRM が組織レベルの能力を高めることを明示的に検証した Chang e

まれた FHRM を明らかにし FHRM を補完する HR 施策を明らかにすることを目的としている 本研究では 2015 年 ~2016 年にかけて実施された企業調査 (n=102 社 ) を用いて 2 つの分析を行う まず FHRM が組織レベルの能力を高めることを明示的に検証した Chang e

また、J 型・派生 J 型組織では、関係特殊で「ない」知社内持ち込むことインセンティ ブが高くないと考えられる。調整柔軟性によって適切な人材配置できたとしても、外部獲得・ 理解が評価されない場合は、潜在組織能力つながらないだろう。平野(2006)は、現場粘着性 高い人事情報個人側から発信させ、キャリア開発つなげる補完施策としてキャリア自律支援 挙げている。しかし、主体キャリア選択させる人事管理は同時に、従業員関係特殊で「な い」スキル大きくし、資源柔軟性から潜在吸収能力へパス補完施策としても機能する
さらに見せる

8 さらに読み込む

調査概要 (1) 調査目的リオ 2016 パラリンピックの開催にあわせ 障害者スポーツの各種マスメディア ( テレビ 新聞など ) での露出状況 ( 量的 番組傾向 トピックスなど ) を把握し 影響度や障害者スポーツの社会的認知度との相関を図ることを目的とする (2) データ抽出内容 放送日時 テ

調査概要 (1) 調査目的リオ 2016 パラリンピックの開催にあわせ 障害者スポーツの各種マスメディア ( テレビ 新聞など ) での露出状況 ( 量的 番組傾向 トピックスなど ) を把握し 影響度や障害者スポーツの社会的認知度との相関を図ることを目的とする (2) データ抽出内容 放送日時 テ

テレビ番組カテゴリーみると、 「情報/ワイドショー」 「ニュース/報道」においては、 リオ大会はロンドン大会約 6 倍増加示した。一方で、「スポーツ」はロンドン大会と リオ大会で、ほとんど変わらず、 「スポーツ分類されるパラリンピック競技中継や大会 ダイジェストなど放送時間、それほど変化はみられなかった。ただ、テレビ番組内 コーナー別みると、いずれ大会においても「スポーツ」が最も多く、それら結果から、 ニュース報道、ワイドショーなど番組内スポーツコーナーにおいて、パラリンピックが取 り上げられていることが推察できる。また、北京大会、ロンドン大会でほとんど取り上げら れなかった「政治・国際」コーナーにおいて、リオ大会放送時間が 80 時間こえたこと、 その放送内容大部分がロシアドーピング問題に関する報道によることは看過できない 事実である。
さらに見せる

17 さらに読み込む

1 内閣府が実施する世論調査の概要 所掌事務 内閣府設置法第 4 条第 3 項 39 世論の調査に関すること 事業の目的 内閣府では 基本的な国民意識の動向や政府の重要施策に関する国民の意識を把握するために 世論調査を実施している 世論調査では 調査対象の縮図となるように 代表性を確保する必要性があ

1 内閣府が実施する世論調査の概要 所掌事務 内閣府設置法第 4 条第 3 項 39 世論の調査に関すること 事業の目的 内閣府では 基本的な国民意識の動向や政府の重要施策に関する国民の意識を把握するために 世論調査を実施している 世論調査では 調査対象の縮図となるように 代表性を確保する必要性があ

○仕事と生活調和(ワーク・ライフ・バランス)レポート 2016 において、「仕事と生活調和(ワーク・ライフ・バランス)という 用語周知度」、「仕事と生活調和が実現した社会について 1年前と比較」、「仕事と生活調和希望と現実」 結果活用。 ○平成 29年版「男女共同参画白書」において、 「夫は外で働き、妻は家庭守るべきである」という考え方する意識
さらに見せる

14 さらに読み込む

海洋基本計画に基づく工程表 資料 2 海洋基本計画第 3 部において 海洋基本計画に掲げる諸施策を実施し 海洋立国日本の目指すべき姿を実現していくためには 本計画策定後 各施策についての工程表の作成とこれに基づく事業等の計画的な実施 ( 中略 ) の具体的な取組を進めていくとともに 実施状況等の評価

海洋基本計画に基づく工程表 資料 2 海洋基本計画第 3 部において 海洋基本計画に掲げる諸施策を実施し 海洋立国日本の目指すべき姿を実現していくためには 本計画策定後 各施策についての工程表の作成とこれに基づく事業等の計画的な実施 ( 中略 ) の具体的な取組を進めていくとともに 実施状況等の評価

 海洋調査基盤となる海洋調査船、有人・無人調査システム等着実整備するとともに、新たな調査機器開発、新技術導入推進する。  地球温暖化、気候変動、海洋酸性化等地球規模変動実態把握するため、世界気象機関(WMO)、ユネスコ政府間海洋学委員会(UNESCO/IOC)等が 進める国際な海洋観測計画参加し、海洋調査船による高精度かつ高密度な観測実施するとともに、中層フロート等自動観測システム活用や水中グ ライダー等最新技術導入進め、海水温、塩分、温室効果ガス濃度等観測着実実施する。また、数値モデル高精度化する等により、気候変動、海 洋酸性化、海況(海水温、海流、海氷)等実態把握とその予測精度向上図るとともに、情報内容充実取り組む。さらに、これら成果幅広い利用 促進するため、「海洋健康診断表」等で情報公開取り組む。
さらに見せる

79 さらに読み込む

子どもを元気にする運動・スポーツの適正実施のための基本指針

子どもを元気にする運動・スポーツの適正実施のための基本指針


 (6) 国におけるその他取り組み すでにあげたもののほか、子ども体力関連する取り組みとして、最近国(文部 科学省)が関わったものとしては、以下ようなものがある。 ・子ども体力向上実践事業(平成 16 18 年度):全国 42 市町村児童( 6 歳 11 歳) 対象として、 実験、 実践校及び協力校 (統制群=実践地域以外小学校) わけ、 大学等研究機関と連携して、体力関わる様々な指標縦断解析研究行った。 ・全国体力・運動能力、運動習慣等調査(平成 20 年度 ):子ども体力向上係る 国施策成果と課題検証し、その改善図るため、昭和 39 年より継続されている 体力・運動能力調査とは別に着手した取り組み。小学5年生、中学2年生児童生徒 対象、実技に関する調査(新体力テスト)と質問紙調査(生活習慣、食習慣、運動習 慣等)行った。平成 20 、 21 年度は悉皆調査で、調査学校数約 23,000 校、調査児童生徒 数約 155 万人が対象となったが、平成 22 年度は抽出調査となり、調査学校数約 6,600 校、 調査児童生徒数約 42 万人が対象となった。
さらに見せる

42 さらに読み込む

人間科学部専攻科目 スポーツ行政学 の一部において オリンピックに関する講義を行った 我が国の体育 スポーツ行政の仕組みとスポーツ振興施策について スポーツ基本法 や スポーツ基本計画 等をもとに理解を深めるとともに 国民のスポーツ実施状況やスポーツ施設の現状等についてスポーツ行政の在り方について理

人間科学部専攻科目 スポーツ行政学 の一部において オリンピックに関する講義を行った 我が国の体育 スポーツ行政の仕組みとスポーツ振興施策について スポーツ基本法 や スポーツ基本計画 等をもとに理解を深めるとともに 国民のスポーツ実施状況やスポーツ施設の現状等についてスポーツ行政の在り方について理

基本スポーツ事象理解する。 特に、スポーツにおける職業領域理解することで将来目標 持たせる。「する(参加型)」、「観る(観戦型)」、「支える(指導や審判・ボランティア)」などスポーツ 関わり方について新聞記事中心メディアから情報収集行うことからスタートする。さらにメディア で論じられているスポーツ事象について議論重ねることによってスポーツ界全体枠組み学 ぶ。
さらに見せる

6 さらに読み込む

1 盛岡市スポーツ推進計画の達成状況と課題 (1) 盛岡市スポーツ推進計画の概要計画期間 : 平成 25 年度から平成 34 年度まで (10 年間 ) 基本方針 : スポーツの力が盛岡の未来を創る施策体系 : 次のとおり 基本方針 基本的施策 具体的な施策 盛岡の未来を創る ~ ~ スポーツの力が

1 盛岡市スポーツ推進計画の達成状況と課題 (1) 盛岡市スポーツ推進計画の概要計画期間 : 平成 25 年度から平成 34 年度まで (10 年間 ) 基本方針 : スポーツの力が盛岡の未来を創る施策体系 : 次のとおり 基本方針 基本的施策 具体的な施策 盛岡の未来を創る ~ ~ スポーツの力が

・積極共催・後援行い,事業支援行いました。 ・ホームページ等でより多く市民,総合型地域スポーツクラブが実施するスポーツ 活動情報提供行いました。 ・共催による活動場所利用料軽減等行い,事業運営へ支援行いました。 ・スポーツパルは,平成 28 年3月創設され,400 人超える会員登録となりました。 ・スポーツ施設利用及びボランティア活動におけるポイント付与行いました。 ・メールマガジン配信毎月1日と 15 日行いました。
さらに見せる

22 さらに読み込む

Show all 10000 documents...