継続的な経済成長が見込まれる

Top PDF 継続的な経済成長が見込まれる:

米国では 緊縮財政 不動産バブル崩壊の後遺症 金融規制の強化などもあり 過去のバブル期のような高成長は当面期待できないうえ 民主党と共和党の対立による政策の手詰まりが経済成長の勢いを抑える要因になると見込まれる 一方で 超緩和的な金融政策の継続 中間所得層などへの減税 新興国の成長などに支えられて景

米国では 緊縮財政 不動産バブル崩壊の後遺症 金融規制の強化などもあり 過去のバブル期のような高成長は当面期待できないうえ 民主党と共和党の対立による政策の手詰まりが経済成長の勢いを抑える要因になると見込まれる 一方で 超緩和的な金融政策の継続 中間所得層などへの減税 新興国の成長などに支えられて景

FOMCの見通し対比で、インフレ率、GDP成長見通しの下限あるいは、下回る可能 性ある一方で、 失業率はFOMCの見通しを上回るペースで低下する可能性ある。 しかし、 雇用関連統計は質の問題を抱えているうえ、 雇用の問題を明確に構造要因と循環要因に分類す ることは困難ため、雇用の最大化を示す基準不明瞭となっている。このため、FRBは、 質の改善を伴った雇用の最大化を目指して、インフレ低位で安定している間、低金利を維持 すると見込まれる。質の改善を伴った雇用の最大化は、雇用の増加ペースや労働参加率の大幅 低下を伴って低下を続ける失業率だけで判断せずに、離職率、就職率、就業率、長期失業者 比率など多くの雇用関連の指標、リーマンショック前の水準に近づくことで評価される。こ れらは景気拡大続くなかでゆっくりとしたペースで改善しており、 今後も持続すると予想さ れる。一方、労働参加率は、高齢化等によって、元の水準に戻ることはない。しかし、リーマ ンショク後の労働参加率の低下の半分程度は働き盛りである24-55歳の世代占めている。 こ のため、景気拡大続くなかで労働市場に復帰する人々増加するとみられ、失業率の低下ペ ースは鈍くなると見込まれる
さらに見せる

10 さらに読み込む

1.7% と成長率を加速させている 2016 年も1.6% の成長が見込まれている 2015 年の経済成長率を国別にみると ドイツは1.5% と前年をわずかに下回ったものの スペイン (3.2%) オランダ(1.9%) ベルギー(1.4%) フランス (1.3%) イタリア(0.8%) など主要国は

1.7% と成長率を加速させている 2016 年も1.6% の成長が見込まれている 2015 年の経済成長率を国別にみると ドイツは1.5% と前年をわずかに下回ったものの スペイン (3.2%) オランダ(1.9%) ベルギー(1.4%) フランス (1.3%) イタリア(0.8%) など主要国は

投資家対国家の紛争解決制度見直しの論点 投資協定下のISDS制度に基づく仲裁では、協定により 保護されるべき投資家の権利に関してアドホック(当該 紛争に限る臨時)の法廷を開設し、協定の指定する仲裁 規則に基づいて投資家と投資先国の政府間で審理行わ れる。仲裁規則は通常、投資紛争解決国際センター (ICSID)や国連国際商取引法委員会(UNCITRAL) ど複数から選択できる。仲裁は通常 3 人の仲裁人判断 を行い、投資先国に義務違反認められる場合、投資家 の権利の原状回復や損害賠償といった強制力のある裁定 を下す。裁定は一審のみであり、手続きに瑕 か 疵 し ある場 合など例外場合を除き、仲裁判断は最終となる。 UNCTAD によれば2015年末時点で通算696件の投資 家対国家の仲裁事案確認されている。利用実績を見る と、協定別ではエネルギー憲章条約(87件)、NAFTA (56件)、米国・アルゼンチン投資協定(20件)、投資家出 身国は米国(138件)、オランダ(80件)、英国(59件)、 被提訴国ではアルゼンチン(59件)、ベネズエラ(36件)、 チェコ(33件)の順に多い。中でもエネルギー憲章条約 に基づく仲裁は2013から15年の 3 年間で51件と急増して いる。ほとんどは再生可能エネルギー発電に対する固定 価格買い取り制度などインセンティブの変更に関する事 案であり、今後の裁定注目されている。この傾向を反 映して、産業別では電力・ガス最多であった(図表Ⅱ -15)。
さらに見せる

126 さらに読み込む

1 はじめに 日本の原油輸入の 2 割を占める重要なパートナーである中東のアラブ首長国連邦 (UAE) 近年急激な経済成長を背景に 年平均 16 % 以上の電力需要増加が見込まれるこの国で 最近日本の総合商社が取組む大型電力案件の話題が相次いで報じられた 5 月 9 日 UAE のフジャイラ首長国に

1 はじめに 日本の原油輸入の 2 割を占める重要なパートナーである中東のアラブ首長国連邦 (UAE) 近年急激な経済成長を背景に 年平均 16 % 以上の電力需要増加が見込まれるこの国で 最近日本の総合商社が取組む大型電力案件の話題が相次いで報じられた 5 月 9 日 UAE のフジャイラ首長国に

2000 年代に入り、カリフォルニアにおける電力危機や米国電力事業者の経営悪化の影響を受け、市場は一時冷え 込んだ、アジア諸国では徐々に危機から回復し、それに応じ多くの IPP プロジェクトも再開された。また同時期 以降、原油価格の高騰等を背景に産業多角化やインフラ整備を通じた国づくりを進めていた中東諸国でも IPP プロ ジェクト多数計画・実施され、現在に至り主要 IPP 市場の一つとなっている。

7 さらに読み込む

も上昇すると見込まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年の就業率は ゼロ成長 参加現状で 53.2% と 2014 年の 57.3% から低下するが 経済再生 参加進展では 59.0% に上昇すると見込まれる (P 図 7 表 4) 産業別就業者数 2020 年の産業別就業

も上昇すると見込まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年の就業率は ゼロ成長 参加現状で 53.2% と 2014 年の 57.3% から低下するが 経済再生 参加進展では 59.0% に上昇すると見込まれる (P 図 7 表 4) 産業別就業者数 2020 年の産業別就業

2. ベース・労働参加漸進 :経済成長、及び若者、女性、高齢者などの労働市場参加一定程度進むシナリオ 3. 「その他の製造業」は、ここで明示している製造業以外のものを指しており、日本標準産業分類のその他の製造 業に加え、窯業・土石、鉄鋼、金属製品などの素材産業も含んでいる。 4. 労働力需給推計では、派遣労働者は、派遣元の産業である「その他の事業サービス」に分類されており、他の産 業には派遣労働者は含まれていないことに留意。なお、 「労働力調査」においては、2012 年まで労働者派遣事業 所の派遣労働者は、派遣先の産業ではなく、派遣元の産業に分類されていた、2013 年からは派遣先の産業に 分類されるようになった。
さらに見せる

46 さらに読み込む

目 Ⅰ 国際的な食料需給に影響を与える構造的要因と世界の食料需給見通し 1 食料需給に影響を与える構造的な要因 4 2 穀物等の国際価格の動向と見通し 5 3-1(25 年の見通し ) 開発途上国を中心に人口が増加するとともに経済が 発展 6-2(25 年の見通し ) 新興国の経済成長は継続 中国の

目 Ⅰ 国際的な食料需給に影響を与える構造的要因と世界の食料需給見通し 1 食料需給に影響を与える構造的な要因 4 2 穀物等の国際価格の動向と見通し 5 3-1(25 年の見通し ) 開発途上国を中心に人口が増加するとともに経済が 発展 6-2(25 年の見通し ) 新興国の経済成長は継続 中国の

1 2007年8月以降、サブプライムローン問題に関連した欧米の金融市場の混乱続き、2008年9月の米国大手投資銀行 の破綻を契機として「世界金融危機」発生。投機資金の急激流出、世界不況による消費全体の減退懸念などに より、商品価格大幅に下落。 2 その後、2009年2月頃に底を打った後は景気回復への期待感などにより、商品価格は再上昇した、2011年半ば以 降、世界経済の減速に伴い、商品価格は横ばいで推移、直近では原油価格の影響などにより下落。株価は米国の景気回 復等見込まれて上昇。原油価格は上下を繰り返す展開であった、直近では下落。
さらに見せる

46 さらに読み込む

資本流出の継続 人民元安など依然として不安要素が残るものの 財政面からのテコ入れ 堅調な 個人消費 鉱工業生産の持ち直しなどを背景に 景気は下げ止まりへ 2017 年の経済成長率は 6.3% 増に減速 2. 日本経済 4 四半期連続のプラス成長 景気は緩やかに回復 2016 年 10~12 月期の実

資本流出の継続 人民元安など依然として不安要素が残るものの 財政面からのテコ入れ 堅調な 個人消費 鉱工業生産の持ち直しなどを背景に 景気は下げ止まりへ 2017 年の経済成長率は 6.3% 増に減速 2. 日本経済 4 四半期連続のプラス成長 景気は緩やかに回復 2016 年 10~12 月期の実

・生鮮食品は下期に野菜類国内天候不良の影響で急増し、低迷続いた魚介類も回復の兆し。この ほかドライ食品、家具等も堅調に推移し、消費財は総じて好調荷動きに。機械機器類も、自動車 部品は増勢強まり、一般機械、電気機械は回復基調鮮明に。 ・2017年度については、個人消費は前年度以上の伸び予想され、消費財は引き続き好調に推移。設 備投資の伸びは前年度を若干下回るものの、増勢を維持することから、機械機器類等の生産財も堅 調荷動き見込まれる
さらに見せる

15 さらに読み込む

はしがき 2010 年に欧州ソブリン危機が勃発したことで 世界各国では政府による債務問題に高い関心が持たれるようになった 中国経済は全世界の経済成長の原動力となり 世界経済の回復 安定および成長に重大な貢献を果たすようになっている 中国の地方政府では債務がかつてないほど急増し 地方政府による債務リス

はしがき 2010 年に欧州ソブリン危機が勃発したことで 世界各国では政府による債務問題に高い関心が持たれるようになった 中国経済は全世界の経済成長の原動力となり 世界経済の回復 安定および成長に重大な貢献を果たすようになっている 中国の地方政府では債務がかつてないほど急増し 地方政府による債務リス

局面と形勢に直面している。その中にあって地方政府債券は、節税効果、資本節約効果、管理コスト節約効 果および付加価値を備えている。その発行は金融機関の長期収益性に対し継続マイナスの打撃を 与えない。なおかつ金融機関に更に負債管理の強化を促し、企業にとってもコアコンピタンスと収益性を高め ることになる。

26 さらに読み込む

社会的な見方や考え方を成長させる経済学習 : 新学習指導要領に基づく中等社会系教科の場合(シンポジウム 経済教育の新しい地平を求めて)

社会的な見方や考え方を成長させる経済学習 : 新学習指導要領に基づく中等社会系教科の場合(シンポジウム 経済教育の新しい地平を求めて)

きの概念枠組みであると考えられている。 5) 従って, 具体学習活動においては,「経済についての見方 や考え方」,「政治についての見方や考え方」などを身 に付けさせること求められる。とはいえ,枝葉末節 の知識を暗記させるだけでは見方や考え方を身に付け させたことにはならない上,日常生活や現代社会の諸 課題に関わる社会事象に適用させて考察を深める, 転移可能知識とならないことは言うまでもない。  そこで,今次学習指導要領改訂では,中学校社会科 公民分野では大項目(1)「私たちと現代社会」で 「経済についての見方や考え方」,「政治についての見 方や考え方」などを包含する「現代社会を捉える見方 や考え方」の基礎として,対立と合意,効率と公正 どを習得させ,大項目(2)「私たちと経済」以降の学 習において,対立と合意,効率と公正などの視点から 経済,政治などに関わる社会事象を読み解いていく, という形で分野の内容構成図られたのである。その 全体構成を次の図 1 に示す。 6)
さらに見せる

6 さらに読み込む

戦略のポイント オーストラリアのリートに投資しますオーストラリアの長期的な経済成長に沿って 拡大が期待される商業施設を中心としたオーストラリアのリート ( 以下 オーストラリアリート ) に投資し 中長期的な信託財産の成長を目指します インカム性収益を重視した運用を行います 1 主要市場 ( 米国

戦略のポイント オーストラリアのリートに投資しますオーストラリアの長期的な経済成長に沿って 拡大が期待される商業施設を中心としたオーストラリアのリート ( 以下 オーストラリアリート ) に投資し 中長期的な信託財産の成長を目指します インカム性収益を重視した運用を行います 1 主要市場 ( 米国

当ファンドは、受益権の口数3億口を下回ることとなったとき、主要投資対象とする外国投資信託受益証券 存続しないこととなった場合等には、信託期間中であっても償還されることあります。 収益分配は、計算期間中に発生した運用収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を超えて 行う場合あります。したがって、収益分配金の水準は必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示唆する ものではありません。また、投資者の個別元本の状況によっては、収益分配金の一部または全部、実質に 元本の一部払戻しに相当する場合あります。なお、収益分配金はファンドの純資産から支払われますので、 分配金の支払いは純資産総額の減少につながり、基準価額の下落要因となります。計算期間中の運用収益を 超えて分配を行った場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。
さらに見せる

10 さらに読み込む

HOKUGA: サハリン州経済の急成長期における継続的な「石油ガス採掘業」発展への課題 : 「サハリンI」と「サハリンII」プロジェクトの州経済「保健」分野への物質的支援を事例として

HOKUGA: サハリン州経済の急成長期における継続的な「石油ガス採掘業」発展への課題 : 「サハリンI」と「サハリンII」プロジェクトの州経済「保健」分野への物質的支援を事例として

あった。1つに,エクソン・ネフチガス社の ハバロフスク地方のウルチ管区局デ・カスト リ地区診療所に対する 康プログラム支援で あった。2005年に,エクソン・ネフチガス 社とハバロフスク地方のウルチ管区局は,診 療所の非常事態用第一次救命医療機器を改善 し,診療所従事者の訓練を提供することに同 意した。デ・カストリ地区診療所で,意識の 回復と 麻酔学者 をしているオクサナ・ア ントノヴァは,同診療所と地区住民エクソ ン・ネフチガス社の2百万ドル以上の地域コ ミュニティへの寄付金から利益を直接に享受 した,と次のように述べた。 この設備, 正しく設置されてから,3人の新生児の命 救命され,子どもたちは,正常に発達しつつ ある。さらに,特別に訓練された中級水準の 職員,〔2007年〕現在 医師 の到着に先 立 ち,心 臓 と 肺 の 意 識 の 回 復 を 開 始 で き る。 。2つに,エクソン・ネフチガス社の 州ノグリキ地区外来患者用病院に対する第一 次救命訓練計画であった。2005年に,州北 部ノグリキ地区に外来患者用病院開設され,
さらに見せる

19 さらに読み込む

な売上減少が見込まれることから 当社としては 今後の当該医薬品の販売に拘るのではなく 経済合理性を担保したうえで当該医薬品の独占的販売権を返還し それにより得られる対価を原資として今後の成長を目指していくことが採るべき選択肢であると考えました その考えを踏まえて JT と協議した結果 独占的販売権の

な売上減少が見込まれることから 当社としては 今後の当該医薬品の販売に拘るのではなく 経済合理性を担保したうえで当該医薬品の独占的販売権を返還し それにより得られる対価を原資として今後の成長を目指していくことが採るべき選択肢であると考えました その考えを踏まえて JT と協議した結果 独占的販売権の

2018 年 8 月 27 日付「抗 HIV 薬6品の日本国内における独占開発・商業化権に関する契 約及び独占販売権に関する契約の解消に向けた意思確認書の締結について」にてお知ら せしましたとおり、鳥居薬品株式会社(以下「当社」 )と日本たばこ産業株式会社(以下「JT」 ) は、JT 日本国内での独占開発・商業化権を保有する抗 HIV 薬 6 品(以下「当該医薬品」 ) について、日本国内における独占販売権に関するライセンス契約の終了に向けて協議を 行ってまいりました、契約の終了について合意に至り、本日開催しました当社取締役会 にて契約の終了を決定しましたのでお知らせします。
さらに見せる

9 さらに読み込む

「日興グローイング・ベンチャーファンド」新たなルールが、新たな成長の糧になると期待される

「日興グローイング・ベンチャーファンド」新たなルールが、新たな成長の糧になると期待される

エンジェルジャパン・アセットマネジメント 宇佐美 博高から皆様へのメッセージ 新たルール、新た成長の糧になると期待される 5年半に及ぶ交渉を経て、12 ヵ国交渉に参加する TPP(環太平洋経済連携協定)、10 月 に大筋合意に至りました。日本交渉に参加してから数えても2年余りに及んだ交渉実質に 妥結したことにより、世界の GDP の4割弱を占める、人口約8億人の巨大自由貿易圏の姿 見えてきました。これは、貿易立国である日本にとって歓迎すべき動きであると考えられます。 TPP による輸出入関税の撤廃率や撤廃の時期大きく報道されがちです、実際の企業活動に おいては、投資や知的財産の保護に関するルールに、TPP 域内で共通の原則設けられることも 重要です。海外での生産・販売活動当たり前になっている昨今、これら実効性を伴なうよう になれば、日本企業は安心して海外に投資でき、逆に海外企業の日本に対する投資も活発に ること期待されます。
さらに見せる

5 さらに読み込む

序 文 1980 年代後半から高度経済成長を続けていたアセアン諸国は 1997 年にタイに端を発した経済危機により大きな打撃を受けた これを機に 持続的 安定的な経済 社会開発には 産業界を支え活性化する工学系人材の育成が重要であるとの認識が共有されるようになった このような認識に基づき 1997

序 文 1980 年代後半から高度経済成長を続けていたアセアン諸国は 1997 年にタイに端を発した経済危機により大きな打撃を受けた これを機に 持続的 安定的な経済 社会開発には 産業界を支え活性化する工学系人材の育成が重要であるとの認識が共有されるようになった このような認識に基づき 1997

3-4-2 評価の結果 プロジェクト目標である「メンバー大学の教育・研究能力、参加大学間の活発交流と国内 支援大学との協働関係を通じて向上する」は、メンバー大学による到達レベルの差異はある、 すべてのメンバー大学教育・研究能力向上したと評価しているため、目標はほぼ達成される と考えられる。プロジェクトのアウトプットについても、成果を挙げている。ただし、メンバー 大学間での到達レベルの差あること、個々のアウトプットでは、①メンバー大学の教員の質向 上、②ホスト大学院プログラムの質向上-については、いまだ高いニーズ存在していること、 ③メンバー大学間のネットワーク形成・強化、④ AUN/SEED-Net の運営体制-については、自立 発展性の確保課題であることなど残された課題いくつかある。
さらに見せる

24 さらに読み込む

untitled

(3) 当社グループの基本的な理念 当社グループは 以下の基本的な理念のもと 持続的な成長と企業価値の継続的な向上の実現を目的としてグループ全体でビジネスを実践し 株主を始めとしたさまざまなステークホルダーからの信頼に応え 生活者の豊かな未来の創造 経済の伸長 社会の発展に貢献していきます グループ

・ 当社は、会社法上の機関体制として監査役会設置会社を選択し、取締役会において経営の重 要意思決定および業務執行の監督を行うとともに、監査役および監査役会により職務執行 の状況等の監査を実施しております。 ・ また、業務執行機能の更なる強化・拡大を企図し、経営体制をより堅固ものとするため、 執行役員制度を採用しております。執行役員は、取締役会決定する経営の方針および計画 に基づき、取締役会委嘱した職務を忠実に遂行することをその責務とし、その任期は、原 則として、就任後 1 年以内に終了する最終の事業年度の末日までとしております。
さらに見せる

15 さらに読み込む

特集 : 日本産業の中期見通し ( 鉄鋼 ) 鉄鋼 要約 2016 年は盛り上がらない内需と長引く在庫調整に苦しむ年となったが 需要がようやく底を打ち 在庫調整も終了する中で 2017 年は粗鋼生産量の増加が見込まれる 中期的に内需は緩やかな縮小が予測される グローバル需要は拡大が予想されるが その

特集 : 日本産業の中期見通し ( 鉄鋼 ) 鉄鋼 要約 2016 年は盛り上がらない内需と長引く在庫調整に苦しむ年となったが 需要がようやく底を打ち 在庫調整も終了する中で 2017 年は粗鋼生産量の増加が見込まれる 中期的に内需は緩やかな縮小が予測される グローバル需要は拡大が予想されるが その

特集:日本産業の中期見通し(鉄鋼) 人当たり鋼材需要は、既に 489 百万トン/人と、日本(497 百万トン/人)と同水 準に達しており、経済発展に伴う需要の増加の余地は限定といえるだろう。 しかし、GDP あるいは総固定資本形成は、成長率は低下しつつもプラス成長 継続している中で、鉄鋼需要のみマイナスに転じている状況である(【図 表 3-8】)。つまり、中国経済全体投資主導型から消費主導型の経済に移行 することにより GDP に占める総固定資本形成のウエイト低下し、GDP の伸 びほどに投資伸びないフェーズにあると同時に、鉄鋼利用の効率化進ん でいることや、投資の中身鉄鋼を多用する建設・土木から、産業機械、ロボ ット、ソフトウェア等にシフトしていることから、投資の伸びほどに鉄鋼需要伸 びないフェーズにあること考えられる。総固定資本形成の鉄鋼使用原単位 の推移を見れば、2004 年以降の縮小トレンドから明らかである(【図表 3-9】)。 このよう背景から、2016 年の中国の鉄鋼需要は 3 年連続の減少となる 693 百万トン(前年比▲1.0%)を予測する。
さらに見せる

12 さらに読み込む

今週の注目点 : トルコCPI ドル円想定レンジ :1ドル=110.00~ 円今週の金融市場は 新興国市場への警戒がくすぶりつつも 総じてセンチメント堅調で推移する公算が大きい ドル円は 円の基本レンジが継続すると見込まれる トルコリラ急落が再開する恐れがあり 南アランドな

今週の注目点 : トルコCPI ドル円想定レンジ :1ドル=110.00~ 円今週の金融市場は 新興国市場への警戒がくすぶりつつも 総じてセンチメント堅調で推移する公算が大きい ドル円は 円の基本レンジが継続すると見込まれる トルコリラ急落が再開する恐れがあり 南アランドな

本資料はスタンダード・アンド・プアーズなどの格付け機関による信用格付けを含め、第三者から得た情報を含む場合あります。当該第三者の書面によ る事前の許可ない限り、第三者関わる内容の複製および配布は形態の如何に関わらず禁止されております。第三者である情報提供者は格付けを 含め、いずれの情報の正確性、完全性、適時性あるいは利用可能性を保証しておらず、原因何であれ、(不注意あるいは他の理由による)誤りあるいは 削除、または当該内容の利用に起因する結果に対する一切の責任を負いません。第三者である情報提供者は、譲渡可能性あるいは特定の目的または 利用への適性の保証を含め(ただしこれに限定されない)、明示あるいは暗黙の保証を行っていません。第三者である情報提供者は格付けを含め、提 供した情報の利用に関連する直接、間接、偶発、懲罰、補償、罰則、特別あるいは派生損害、費用、経費、弁護料、損失コスト、費用 (損失収入または利益、機会コストを含む)に対する責任を負いません。信用格付けは意見の表明であり、事実または証券の購入、保有、売却の推奨を 表明するものではありません。格付けは証券の適合性あるいは投資目的に対する証券の適合性を扱うものではなく、投資に関する助言として利用するこ とはお控えください。
さらに見せる

17 さらに読み込む

金利の低下で需要が喚起される可能性がある業界としては 不動産関連業界が挙げられます 住宅ローン金利の低下で マンションなどの需要の高まりが見込まれるほか 機関投資家が相対的に高い利回りを求めて 上場 REIT( 不動産投資信託 ) や 私募の不動産ファンドなどへの投資を検討する可能性が見込まれます

金利の低下で需要が喚起される可能性がある業界としては 不動産関連業界が挙げられます 住宅ローン金利の低下で マンションなどの需要の高まりが見込まれるほか 機関投資家が相対的に高い利回りを求めて 上場 REIT( 不動産投資信託 ) や 私募の不動産ファンドなどへの投資を検討する可能性が見込まれます

ジパングでは、マイナス金利の導入や、世界経済の不透明感の強まりなどを考慮して、配当利 回りの水準比較的高く、安定した業績見込まれる企業、そして、株主還元の姿勢に変化 見られる企業、不動産関連企業、個別要因で業績を伸ばせる企業などの保有比率を高めてきま した。一方で、世界経済の不透明感強まっていることなどから、海外経済の影響を受けやす い企業や金融関連企業の保有比率を低下させるなど、ポートフォリオの入れ替えを進めてきま した。不透明外部環境続く中、当面はやや不安定市況動向続く可能性はあります、 中期に見れば日本株は割安水準にあると考え、好業績見込まれる企業への積極投資 を行なってまいります。
さらに見せる

6 さらに読み込む

豪州・東ティモール間の共同開発エリアの近況、および適用が見込まれるFLNGの最新動向

豪州・東ティモール間の共同開発エリアの近況、および適用が見込まれるFLNGの最新動向

 2003年にティモール海条約発効した際には、それま でのZOC-AはJPDAと改称され、その時点で有効だった 七つの探鉱ライセンスは全て冠をZOC-AからJPDAに置 き換えられた上で、継続して適用された。2003年10月に は早くも、JPDA内で初となるクダ・タシ2号井の掘削 WoodsideによりJPDA03-01鉱区で行われている。  新規探鉱ライセンスとしては、インドネシア統治時代の 2000年に実施されて以来行われていなかった公開鉱区入 札2005年に実施され、三つの新規探鉱ライセンス付 与されている。しかし、探鉱活動としては1990年代と比 較して全般に低調であり、2003年から2010年までの7 年間で新規探鉱井の掘削は10本程度にとどまっている。 そのうち、2008年にEni掘削したJPDA06-105鉱区の キタン1号井では油のフロー確認され、続く評価作業に より商業規模の埋蔵量確認された。これは後にイーラン・ カカトゥア、バユ・ウンダンに続くJPDA内の三つめの生 産プロジェクトであるキタンプロジェクトとなった。  なお、2005年の公開鉱区入札で新規ライセンス付与 された3鉱区(JPDA06-101、102、103)については、これ までに3鉱区合わせて5本の探鉱井掘削終了している。 しかし、いずれも成功は報告されておらず、2011年には JPDA06-102鉱区ライセンスは放棄され、探鉱成果思わ しくないことに加え、政治リスクの増加により2013年7 月には、JPDA06-103鉱区保有者から撤退の意向発表 されている。
さらに見せる

18 さらに読み込む

経済の見通し 欧州 欧州経済は グローバル経済の堅調さを背景とした外需セクターの回復 労働市場の回復を背景にした堅調な個人消費 従来に比べ拡張的な財政政策による成長押し上げ効果を背景に潜在成長率を上回る成長が続いています 物価については 労働市場や経済の回復を背景にコアインフレ率 賃金上昇率は今後緩

経済の見通し 欧州 欧州経済は グローバル経済の堅調さを背景とした外需セクターの回復 労働市場の回復を背景にした堅調な個人消費 従来に比べ拡張的な財政政策による成長押し上げ効果を背景に潜在成長率を上回る成長が続いています 物価については 労働市場や経済の回復を背景にコアインフレ率 賃金上昇率は今後緩

経 済 の 見 通 し 2 この資料は金融商品取引法に基づく開示書類ではなく、商品の勧誘を目的としたものでもありません。単に投資判断の参考となる情報提供のみを目的とした、上記時点における情報紙です。 この資料に掲載されているいかなる内容も、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いします。 この資料は農林中金全共連アセットマネジメント株式会社信頼できると判断した資料により作成しています、その正確性および完全性などを保証するものではありません。 また、事前の通知なしに内容を変更する場合あります。この資料に掲載されている内容の著作権、知的所有権など一切の権利は、農林中金全共連アセットマネジメント株式会社に帰属します。 無断で使用(複製、転用など)することはできません。
さらに見せる

7 さらに読み込む

動的計画法による確率的経済成長モデルの数値解析

動的計画法による確率的経済成長モデルの数値解析

6 外生状態変数 Z t の動学過程の離散化については近年さまざま研究報告されている。持続性高 い AR 過程 (あるいは固有値 1 に近い値をとる過程)については Tauchen (1986)法効果でないこ と報告されている (Tauchen, 1986, Tauchen and Hussey, 1991, および Flodén, 2008)。もちろん,持続性 高い AR 過程についても状態変数の離散値の個数を多くすることで近似精度を高めることできる ,この対応では外生状態数の増加に伴い実行性乏しくなってしまう。このよう場合,状態変数 の離散値を増やさずに近似精度を高める方法としては Rouwenhorst (1995)や Adda and Cooper(2003) ある。Kopecky and Suen (2010)は Tauchen から Adda and Cooper までの 5 種類の方法を数値に相互比 較した結果として Rouwenhorst 法の優位性を報告して いる。
さらに見せる

22 さらに読み込む

Show all 10000 documents...