経済情勢及び政策課題等

Top PDF 経済情勢及び政策課題等:

わが国の経済・金融情勢と金融政策

わが国の経済・金融情勢と金融政策

(図表 9)国内・海外別設備投資推移 (図表10)企業の予想円レート及び採算レートの推移 (図表11)消費者物価 (図表12)消費マインドと個人消費・物価 (図表13)予想物価上昇率の試算

14 さらに読み込む

内外の金融経済情勢について

内外の金融経済情勢について

金融政策運営の考え方 日本銀行は、2%の「物価安定の目標」の実現を目指し、これを安定的に持続するために 必要な時点まで、 「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」を継続する。今後とも、経済・ 物価のリスク要因を点検し、 「物価安定の目標」の実現のために必要な場合には、 「量」 ・ 「質」 ・

37 さらに読み込む

( 配布資料 ) 今後の経済財政動向等についての集中点検会合 議事要旨 ( 第 1 回 ~ 第 7 回 ) 現下の経済情勢及び経済見通しについて関連資料 月例経済報告 ( 平成 25 年 9 月 ) ( 概要 ) 消費税率の引上げの判断に係る経済状況等について ( 甘利議員 ) ただ今から を開催す

( 配布資料 ) 今後の経済財政動向等についての集中点検会合 議事要旨 ( 第 1 回 ~ 第 7 回 ) 現下の経済情勢及び経済見通しについて関連資料 月例経済報告 ( 平成 25 年 9 月 ) ( 概要 ) 消費税率の引上げの判断に係る経済状況等について ( 甘利議員 ) ただ今から を開催す

9ページ目以降の7回の各会合の概要については省略させていただく。 続いて、資料2「現下の経済情勢及び経済見通しについて」を御説明申し上げる。 1ページ目「1.景気の現状」 。総括判断として、 「景気は、緩やかに回復しつつあ る」と判断している。左上の実質GDPのグラフをご覧いただくと、実質GDPはリ ーマンショック前の水準をほぼ回復していることがわかる。その他、種々の経済指標 についてもリーマンショック前の水準を回復、ないし同水準を超えつつあるものも見 られる。総じて見ると、景気は拡張局面の比較的初期の段階に現在あるとみられる。 今後の見通しについては、個人消費の緩やかな増加が続き、企業収益が改善する中で、 設備投資の持ち直しが見込まれる。雇用情勢も改善していくことが期待される。 2ページ目。いわゆる「3つの過剰」、すなわち過剰雇用、過剰設備、過剰債務に
さらに見せる

14 さらに読み込む

1 岩手県における住宅及び住宅政策の現状と課題

1 岩手県における住宅及び住宅政策の現状と課題

また、昭和50年代には、東北自動車道や東北新幹線などの高速交通体系も整備され、東西の交通幹 線道として秋田自動車道が開通するなど、東北の十字路として交通の利便性がますます高まり、首都 圏と2時間30分、日本海とは1時間30分で結ばれるなどの時間短が図られ、その地域特性を生か し物流ネットワークの中枢を担う北上流通基地を有しており、産業経済活動が活発です。

23 さらに読み込む

最近の金融経済情勢について

最近の金融経済情勢について

リストラを要する事態に至った場合における債務者間での負担割合について なかなか合意が得られないといった事態を招いている。早期着手、迅速再生 を実現するには、こうした従来型の融資慣行を、事業収益別のキャッシュフ ローに着目した融資慣行に転換して、事業別の収益状況を従来以上にきめ細 かにモニタリングしていくことが求められる。以下では、キャッシュフロー・ ベースの融資慣行への転換のために検討が急がれる課題を提示する。
さらに見せる

30 さらに読み込む

エネルギー・環境分野におけるRCTの現状と課題:環境経済学と政策形成

エネルギー・環境分野におけるRCTの現状と課題:環境経済学と政策形成

依田高典・田中誠・伊藤公一朗 (2017). 『スマートグリッド・エコノミクス-フィールド実験・行動経済学・ビッグデータが拓くエビデンス政 策』, 有斐閣 伊藤公一朗 (2017). 『データ分析の力 因果関係に迫る思考法』, 光文社 環境省 (2018). 環境省ナッジ事業の初年度の成果(2)デロイトトーマツコンサルティング(同)の取組, 第3回日本版ナッジ・ユニット連 絡会議 資料 2(2)

30 さらに読み込む

資料 1 最近の経済情勢 ( 春季労使交渉の現状 日米金融政策 ) 平成 28 年 3 月 24 日 内閣府

資料 1 最近の経済情勢 ( 春季労使交渉の現状 日米金融政策 ) 平成 28 年 3 月 24 日 内閣府

日本銀行は、3月14日、15日の金融政策決定会合において以下のとお り決定。 1.「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」:現状維持 (1)「量」:金融市場調節方針(マネタリーベース年間約80兆円増加) (2)「質」:資産買入れ方針(長期国債保有残高年間約80兆円増加) (3)「金利」:政策金利(日本銀行当座預金の政策金利残高に▲0.1%) 2.「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」を円滑に実施する観点から の実務的な対応
さらに見せる

6 さらに読み込む

目次 Ⅰ. 基礎情報 Ⅰ-1 アジア主要国経済指標 P.3 Ⅰ-2 基礎データ 概況 P.4 Ⅰ-3 経済構造 ( 産業 貿易 ) P.5 Ⅰ-4 社会 経済の特徴 P.8 Ⅰ-5 経済情勢 P.9 Ⅰ-6 政治情勢 P.12 Ⅰ-7 経済発展上の課題 P.13 Ⅰ-8 経済発展上の強み P.14

目次 Ⅰ. 基礎情報 Ⅰ-1 アジア主要国経済指標 P.3 Ⅰ-2 基礎データ 概況 P.4 Ⅰ-3 経済構造 ( 産業 貿易 ) P.5 Ⅰ-4 社会 経済の特徴 P.8 Ⅰ-5 経済情勢 P.9 Ⅰ-6 政治情勢 P.12 Ⅰ-7 経済発展上の課題 P.13 Ⅰ-8 経済発展上の強み P.14

Disclaimer 46 ©2018 株式会社みずほフィナンシャルグループ 本資料は情報提供のみを目的として作成されたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。本資料は、弊社が信頼 に足り且つ正確であると判断した情報に基づき作成されておりますが、弊社はその正確性・確実性を保証するものではありません。 本資料のご利用に際しては、貴社ご自身の判断にてなされますよう、また必要な場合は、弁護士、会計士、税理士にご相談のう えお取扱い下さいますようお願い申し上げます。
さらに見せる

47 さらに読み込む

地域経済に関わる政策課題の検討 平成18年度まちづくり政策協働研究事業 | 立川市

地域経済に関わる政策課題の検討 平成18年度まちづくり政策協働研究事業 | 立川市

東京都のバッェアップを得て展開する産業経済政策 ン立川市 国 業務核都市 東京都 核都市 位置 けがあり 国及 東京都 トック゚ップが得 やすい条件がある ン都 中小企業振興センシーが 都立短大跡 立地すること 追い風として作用すると考えられる ン立川市内 限定すれ 産業集積規模 限界があるが 青梅線沿線や 武線沿線 一大産業集積ザ

4 さらに読み込む

はじめに Ⅰ 豊かで活力ある経済社会を支えるエネルギー政策のあり方 はじめに Ⅰ 1 エネルギー政策に関する基本的考え方と現在のエネルギー情勢 (1) エネルギー問題は 国民生活と事業活動の基盤となる極めて重要な政策課題 (2) 安全性の確保を大前提に 安定供給 経済合理性 環境適合性のバランス S

はじめに Ⅰ 豊かで活力ある経済社会を支えるエネルギー政策のあり方 はじめに Ⅰ 1 エネルギー政策に関する基本的考え方と現在のエネルギー情勢 (1) エネルギー問題は 国民生活と事業活動の基盤となる極めて重要な政策課題 (2) 安全性の確保を大前提に 安定供給 経済合理性 環境適合性のバランス S

Ⅱ-3.原子力 (1) 原子力の活用について検討する際は、福島第一原子力発電所事故の教訓を踏まえた安全性の確 保が大前提。安全性を高めつつ、より一層、国民の信頼回復と理解促進に努めるべき。 (2) 原子力は発電時にCO2を排出せず、燃料価格の安定した準国産エネルギーであるとともに、経済性・ 出力安定性の面でも優れる。ベースロード電源として重要な役割を果たしていくことを期待。まずは着 実な再稼働を進めるとともに、運転期間60年への延長を行っていくべき。
さらに見せる

9 さらに読み込む

経済・物価情勢の展望(2017年7月)

経済・物価情勢の展望(2017年7月)

次に、第2の柱、すなわち金融政策運営の観点から重視すべきリスクについ て点検すると、経済の見通しについては、海外経済の動向を中心に下振れリス クの方が大きい。物価の見通しについては、中長期的な予想物価上昇率の動向 を中心に下振れリスクの方が大きい。より長期的な視点から金融面の不均衡に ついて点検すると、これまでのところ、資産市場や金融機関行動において過度 な期待の強気化を示す動きは観察されていない。また、低金利環境が続くもと で、金融機関収益の下押しが長期化すると、金融仲介が停滞方向に向かうリス クや金融システムが不安定化するリスクがあるが、現時点では、金融機関が充 実した資本基盤を備えていることなどから、そのリスクは大きくないと判断し ている。
さらに見せる

9 さらに読み込む

今月の経済・金融情勢

今月の経済・金融情勢

1. 原油価格(WTI期近・終値)は、世界的な景気悪化や投資資金の引き揚げなどから下落基調が続き、08年12月下旬に 04年7月以来となる1バレル=30ドル台へ下落。年明けにかけては、中東情勢の悪化を受け、一旦は50ドル台までに戻っ たが、その後は再び需要減退への思惑から30ドル台へ下落している。 2. 米国では、住宅市場の調整が続くなか、生産や雇用が大幅に減少、消費も低迷。こうしたなか、米連邦準備制度理事 会(FRB)は08年12月のFOMCで政策金利の誘導水準を0~0.25%へ引き下げた。さらにFRBはモーゲージ担保債券 (MBS)の購入に加え、米国債の買い入れ検討を表明するなど、非伝統的手法の導入も示唆した。一方、オバマ次期大 統領は1月上旬に中低所得層向け減税や代替エネルギー生産への投資など2年間で総額7,750億ドル(約71兆円)以上 の規模の景気対策の概要を発表。
さらに見せる

10 さらに読み込む

わが国の経済・物価情勢と今後の展望

わが国の経済・物価情勢と今後の展望

4.日本銀行の金融政策運営 最後に、日本銀行の金融政策についてお話しします。 日本銀行が行う金融政策運営の理念は、日本銀行法にもあるように、 「物価 の安定を図ることを通じて国民経済の健全な発展に資すること」です。この ことを踏まえ、日本銀行は、2%の「物価安定の目標」を定めたうえで、企 業収益や雇用・賃金の増加とともに、物価上昇率が緩やかに高まっていくと いう好循環が働く経済を目指して、金融政策を運営しています。政府による 成長戦略や機動的な財政政策は、こうした持続的な経済成長の実現をサポー トする力強い援軍となり得ますが、自らの責任において、「物価安定の目標」 の実現に全力を尽くすという日本銀行の姿勢は、これまでも、これからも変 わりはありません。
さらに見せる

19 さらに読み込む

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

次に、第2の柱、すなわち金融政策運営の観点から重視すべきリスクに ついて点検すると、中心的な経済の見通しについては、海外経済の動向な どを巡る不確実性は大きいものの、リスクは上下にバランスしていると評 価できる。物価の中心的な見通しについては、中長期的な予想物価上昇率 の動向などを巡って不確実性は大きく、下振れリスクが大きい。より長期 的な視点から金融面の不均衡について点検すると、現時点では、資産市場 や金融機関行動において過度な期待の強気化を示す動きは観察されない 11 。
さらに見せる

10 さらに読み込む

経済・物価情勢の展望(2018年1月)

経済・物価情勢の展望(2018年1月)

2.わが国の経済・物価の中心的な見通し (1)経済の中心的な見通し 先行きのわが国経済は、緩やかな拡大を続けるとみられる。2018 年度まで の期間を展望すると、国内需要は、きわめて緩和的な金融環境や政府の既往の 経済対策による下支えなどを背景に、企業・家計の両部門において所得から支 出への前向きの循環メカニズムが持続するもとで、増加基調をたどると考えら れる。すなわち、設備投資は、緩和的な金融環境や成長期待の高まり、オリン ピック関連投資の本格化、人手不足に対応した省力化投資の増加などから、増 加を続けると予想される。個人消費も、雇用・所得環境の改善が続くもとで、 緩やかな増加傾向をたどるとみられる。公共投資は、既往の経済対策による押 し上げ効果が緩やかに減衰するものの、オリンピック関連需要などもあって高 めの水準を維持すると考えられる。この間、海外経済は、先進国の着実な成長 に加え、その好影響の波及や各国の政策効果によって、新興国経済の回復もし っかりとしたものになっていくとみられることから、緩やかな成長を続けると 予想している。こうした海外経済の成長を背景として、輸出も、基調として緩 やかな増加を続けるとみられる。
さらに見せる

9 さらに読み込む

経済・物価情勢の展望(2017年10月)

経済・物価情勢の展望(2017年10月)

3.経済・物価の上振れ要因・下振れ要因 (1)経済の上振れ・下振れ要因 上記の中心的な経済の見通しに対する上振れ、下振れ要因としては、第1に、 海外経済の動向に関する不確実性がある。具体的には、米国の経済政策運営や それが国際金融市場に及ぼす影響、新興国・資源国経済の動向、英国のEU離 脱交渉の展開やその影響、金融セクターを含む欧州債務問題の展開、地政学的 リスクなどが挙げられる。いずれも経済の下押し要因となる可能性がある。一 方で、市場や経済主体がそうしたリスクをある程度意識していることを踏まえ ると、展開によっては上振れにつながる可能性もある。
さらに見せる

9 さらに読み込む

Ⅰ. 最近の近畿財務局管内の経済情勢

Ⅰ. 最近の近畿財務局管内の経済情勢

Ⅰ.最近の近畿財務局管内の経済情勢 〔先行き〕 雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策効果などを背景に、回復の動きが強まっていくことが期待される。ただし、海外景気 の下振れなど、景気が下押しされるリスクが存在していることに加え、平成28年(2016年)熊本地震の影響にも注視していく必要がある。

13 さらに読み込む

経済・物価情勢の展望(2016年10月)

経済・物価情勢の展望(2016年10月)

2.わが国の経済・物価の中心的な見通し (1)経済の中心的な見通し 先行きのわが国経済を展望すると、暫くの間、輸出・生産面に鈍さが残 るものの、その後は緩やかに拡大していくと予想している。まず国内需要 は、きわめて緩和的な金融環境や政府の大型経済対策による財政支出など を背景に、企業・家計の両部門において所得から支出への前向きの循環メ カニズムが持続するもとで、増加基調をたどると考えられる。すなわち、 設備投資は、緩和的な金融環境や成長期待の高まり、オリンピック関連需 要の本格化などを受けて緩やかな増加基調を維持すると予想される。雇用 者所得の改善が続き、個人消費は緩やかに増加していくとみられる。公共 投資は、経済対策の効果などから 2017 年度にかけて増加し、その後は、オ リンピック関連需要もあって高めの水準で推移すると考えられる。この間、 海外経済は、幾分減速した状態が暫く続いたのち、先進国の着実な成長が 続き、新興国経済も、その好影響の波及や各国の政策効果から減速した状 態を脱していくにしたがって、徐々に成長率を高めていくと予想している。 このため、輸出は、緩やかな増加に転じるとみられる。
さらに見せる

8 さらに読み込む

平成 30 年度長野労働局労働行政運営方針目次 第 1 長野県の労働行政を取り巻く情勢と課題 1 1 社会経済情勢と課題 1 2 雇用をめぐる動向と課題 1 (1) 最近の雇用情勢 (2) 若年者の雇用状況 (3) 高年齢者の雇用状況 (4) 女性の雇用状況 (5) 非正規雇用労働者の雇用状況 (6

平成 30 年度長野労働局労働行政運営方針目次 第 1 長野県の労働行政を取り巻く情勢と課題 1 1 社会経済情勢と課題 1 2 雇用をめぐる動向と課題 1 (1) 最近の雇用情勢 (2) 若年者の雇用状況 (3) 高年齢者の雇用状況 (4) 女性の雇用状況 (5) 非正規雇用労働者の雇用状況 (6

(2)安心して働くことができる環境整備の推進 ア 総合的ハラスメント対策の一体的実施 職場におけるハラスメントは、労働者の尊厳を傷つけ継続就業を妨げ、 大きな障害となるものであり、社会的関心も高く、労働者から多数の相 談が寄せられている。これらの職場におけるハラスメントは、複合的に 生じることも多く、労働者の意欲・能力の発揮を阻害し職場環境を悪化 させることから、様々なハラスメントの相談に一元的に応じることので きる体制を整備し、一体的にハラスメントの未然防止を図るよう事業主 に促すとともに、相談に当たっては、労働者の立場に配慮しつつ迅速・ 丁寧に対応を行う。また、法令違反が疑われる事案を把握した場合には、 事業主に対する積極的な報告徴収・是正指導を行う。
さらに見せる

79 さらに読み込む

経済金融・情勢資料  15年7月 

経済金融・情勢資料  15年7月 

2. 日本では、7月10~11日の日銀金融政策決定会合で、マネタリーベースを年間約60~70兆円に相当する ペースで増加するよう金融市場調整を行うことを軸とし、これにより2年程度で2%の「物価安定目標」を実 現することを掲げる量的・質的金融緩和の維持が決定した。経済指標をみると、日銀短観(6月調査)の業 況判断DI(大企業製造業)は4と、前回3月から12ポイントの大幅改善となったほか、先行き9月も10と改善 が予想されている。また、5月の機械受注(船舶・電力を除く民需)は、前月比10.5%と2ヶ月ぶりに増加した。 さらに、5月の鉱工業生産指数(2010年基準、確報値)も、前月比1.9%と4ヶ月連続で上昇した。このように、 国内経済は緩やかに回復している。
さらに見せる

12 さらに読み込む

Show all 10000 documents...