第1次推進プランで定められているモデル事業2

Top PDF 第1次推進プランで定められているモデル事業2:

学術フロンティア推進事業プロジェクト研究シリーズ 12

学術フロンティア推進事業プロジェクト研究シリーズ 12

Ⅰ期は、K がプレイルームの遊びに慣れることや、Th との信頼関 係を形成する時期あったと考えられる。Ⅰ期の後半には、K の好き な遊びを繰り返し行う中 Th との信頼関係が形成されることにより、 当初ステレオタイプ行動として K 一人の世界展開されいた駐車券遊 びが人を介した遊びへと質的に変化したことが特徴としてあげられる。 Ⅱ期は、遊びの質的な変化は見られなかったが、Th との信頼関係を 土台に、くすぐり遊びや追いかけっこなどの体をダイナミックに使った 遊びが展開した。また、色水や粘土、およびファンシーグッツを用いた 遊びは、繰り返しの遊びの中Thが意味づけした物や視覚的にわか りやすい物、および動作記憶や場面想起によって物への命名が見られ始 める。意味の確定しない物に対しては、引き続き口へ含ん確かめよう とする行為が見られる。さらに、ステレオタイプ行動としての駐車券遊 びは継続し見られるが、Ⅱ期の期間中には別のステレオタイプ行動 として捉えられいたドアの開閉が新たに人を介したエレベーター遊 びとして成立し、当初ステレオタイプ行動として捉えられいた全ての 行動が人とのやり取りを含んだ遊びとして広がりを見せる。
さらに見せる

54 さらに読み込む

立川市第1次多文化共生推進プラン 【参考】

立川市第1次多文化共生推進プラン 【参考】

このような歴史的事象を背景として、本市は世界平和を願い、人種や国境を 超え2つの都市の市民が文化や経済の交流を行うことを目的として、アメリ カ合衆国カリフォルニア州のサンバーナディノ市(注)との姉妹市提携を、東 京都の区市町村は初めてとなる昭和34年12月3日に行いました。以来 45年の歳月を数え、この間、昭和35年1月に結成された立川市姉妹市委員 会(平成7年4月、立川・サンバーナディノ姉妹市委員会に改称)の実施する 高校生相互派遣事業により、本市から多くの高校生が渡米し、サンバーナディ ノ市を訪れるとともに、先方からの高校生を多数受け入れ、互いの文化の理解 につとめるとともに、友好親善をはかっきました。こうした形展開され きた姉妹市交流は長期にわたり本市における国際交流を象徴するものとして市 のイメージアップに貢献するとともに、青少年の国際意識を高め、国際人とし 活躍し得る人材の育成に役立っきました。
さらに見せる

63 さらに読み込む

第2次男女共同参画プラン(案)[修正後]

第2次男女共同参画プラン(案)[修正後]

プランの進捗状況 「西尾市男女共同参画プラン」の7つの基本目標について、構成する事業の進捗状況をまとめまし た。 Aの評価が最も多かった項目は『基本目標 男女の人権を尊重します』あり、啓発・教育や人 権を守る取組み(DV・児童虐待の防止や早期発見・早期対応に関する取組み)において順調に進み ました。その他、 『 政策・方針決定の場への男女共同参画』や『3 男女共同参画の考え方を学び ます』も比較的Aの評価が多くなっいます。 『 政策・方針決定の場への男女共同参画』は女 性の人材活用などに関する取組みを進めきましたが、審議会等委員への女性委員の登用率はまだ目 標達成に至っいないため、さらなる取組みが必要です。 『3 男女共同参画の考え方を学びます』 は保育・教育の場面や男女共同参画に関する学習機会の提供について順調に進んいます。
さらに見せる

68 さらに読み込む

秋田県第二種特定鳥獣管理計画(第4次ニホンザル) 「第12次秋田県鳥獣保護管理事業計画」及び「秋田県第二種特定鳥獣管理計画(第4次ツキノワグマ、第4次ニホンカモシカ、第4次ニホンザル、第1次ニホンジカ、第1次イノシシ)」について | 美の国あきたネット

秋田県第二種特定鳥獣管理計画(第4次ニホンザル) 「第12次秋田県鳥獣保護管理事業計画」及び「秋田県第二種特定鳥獣管理計画(第4次ツキノワグマ、第4次ニホンカモシカ、第4次ニホンザル、第1次ニホンジカ、第1次イノシシ)」について | 美の国あきたネット

農作物の被害防除を進めるに当たっては、複数の方法を複合的に組み合わせ実施するこ とが重要あり、農耕地に限らず、その周辺地域を一体的にとらえ、各種施策の効果が最 大限となるよう、科学的根拠に基づいた計画を立案する必要性がある。 サルの個体群管理については、サルが基本的に群れ行動する動物あるため、群れの管 理が基本となる。群れは、群れごとに個体数や加害レベルが異なるという特性を持つため、 その管理を行う際には、加害する群れを特定し、その加害レベルや行動域、群れの個体数等 の現況を把握する必要がある。その上、群れごとに目標を明確にした捕獲(加害個体の捕 獲、群れの規模の管理、群れ数の管理、分布域の管理)を行うこととする。
さらに見せる

22 さらに読み込む

はこね男女共同参画推進プラン(第2次).pdf

はこね男女共同参画推進プラン(第2次).pdf

十条一項二号の規定による命令の再度の申立て) 十八条 十条一項二号の規定による命令が発せ られた後に当該発せられた命令の申立ての理由となっ た身体に対する暴力又は生命等に対する脅迫と同一の 事実を理由とする同号の規定による命令の再度の申立 があったときは、裁判所は、配偶者と共に生活の本 拠としいる住居から転居しようとする被害者がその 責めに帰することのできない事由により当該発せられ た命令の効力が生ずる日から起算し二月を経過する 日までに当該住居からの転居を完了することができな いことその他の同号の規定による命令を再度発する必 要があると認めるべき事情があるときに限り、当該命 令を発するものとする。ただし、当該命令を発するこ とにより当該配偶者の生活に特に著しい支障を生ずる と認めるときは、当該命令を発しないことができる。 前項の申立てをする場合における十二条の規定の
さらに見せる

82 さらに読み込む

目次 第 1 章幼児教育推進プラン ( 第 2 次 ) の策定にあたって 1 プラン ( 第 2 次 ) 策定の趣旨 2 プラン ( 第 2 次 ) の位置づけ 3 プラン ( 第 2 次 ) の期間 第 2 章前プランの総括と課題 1 前プランの総括 2 取組から見えた子どもの現状 第 2 回会議

目次 第 1 章幼児教育推進プラン ( 第 2 次 ) の策定にあたって 1 プラン ( 第 2 次 ) 策定の趣旨 2 プラン ( 第 2 次 ) の位置づけ 3 プラン ( 第 2 次 ) の期間 第 2 章前プランの総括と課題 1 前プランの総括 2 取組から見えた子どもの現状 第 2 回会議

る力の基礎を育てる」を目標に掲げ、幼保小の連携を含む幼児教育を推進 きました。この間、目標達成のため、各種の取組を行い、幼児期に身に付ける べき力を付けながら、小学校へと子どもの育ちをつなげきました。 しかし、近年の更なる少子化や核家族化の進行、産業形態の変化、スマー トフォン等の携帯電子機器の普及、地域の中の人間関係の希薄化等、子ど もを取り巻く社会の変化を背景に、子どもの基本的生活習慣、人と関わる力、 運動能力等が低下しいるとともに、親の子どもの育ちやしつけ等に対 する不安も増加しいます。
さらに見せる

25 さらに読み込む

第1章、第2章(1~9ページ) みんながつながる地域福祉プラン(第三次寝屋川市地域福祉計画)/寝屋川市ホームページ

第1章、第2章(1~9ページ) みんながつながる地域福祉プラン(第三次寝屋川市地域福祉計画)/寝屋川市ホームページ

平成27年4月 には地 域協働協 議会が全小学 校区設 立され 、地域 福祉活動に おいも協働し取り組むことが重要です。 ⑤ 地域福祉の担い手の確保が課題となっいます 新たな 協働の 取組が 求められ る背景の一つ に、就業 環境の 変化等 により、若 い人が地 域の活 動に参 加しにく いなど、地域 の担い手 の固定 化・高 齢化があり ます。しかし、平成 2 7年7月に実施した市民アンケート調査 ( ※ ) の結果は、 地域の活 動に「 参加し たい」と いう意向をも つ人は各 年代を 通し 少なくない ことが示 され おり、 これまで 以上に、各々 のライフ スタイ ルに応 じ参加 きる活動づくり、参加の呼び掛け等を進めいく必要があります。
さらに見せる

9 さらに読み込む

秋田県第二種特定鳥獣管理計画(第1次イノシシ) 「第12次秋田県鳥獣保護管理事業計画」及び「秋田県第二種特定鳥獣管理計画(第4次ツキノワグマ、第4次ニホンカモシカ、第4次ニホンザル、第1次ニホンジカ、第1次イノシシ)」について | 美の国あきたネット

秋田県第二種特定鳥獣管理計画(第1次イノシシ) 「第12次秋田県鳥獣保護管理事業計画」及び「秋田県第二種特定鳥獣管理計画(第4次ツキノワグマ、第4次ニホンカモシカ、第4次ニホンザル、第1次ニホンジカ、第1次イノシシ)」について | 美の国あきたネット

[融雪期から春期] : 孟宗竹など [秋期] : 堅果類、カキその他放任果樹類 ⑵ 本県の潜在的な生息環境 イノシシが採餌し、生息し得る主な土地区分は、森林や農地とされいるが、本 県 の 土 地 利用 区 分 面 積を 見 る と、 県 土 面積 の 81 .5 % がこ れ に あた る ( 【 表- 】 参 照 ) 。 特に 食 生 に 影 響 の大 き い 広葉 樹 林 の面 積 は 、県 土 全 体 の3 5% を 占 め、 中 も ブナ天然林や里山の主体あるナラ林は、イノシシの利用が十分に予想され、これ らの区域は生息・繁殖に適した環境あると思われる。また、暖冬による積雪減少 等の影響もあり、これらの生息環境を利用することにより、今後、県内全域におい 、生息数を増やしいく可能性は非常に高いと考えられる。
さらに見せる

12 さらに読み込む

学術フロンティア推進事業プロジェクト研究シリーズ 12

学術フロンティア推進事業プロジェクト研究シリーズ 12

カナーらも最初の事例のフォローアップ研究をまとめいるが 2 、ここは鷲 見および若林らの事例報告をもとに障害の発見から成人までをライフサイクル の視点から概観しみる(若林慎一郎,1983) 。 事例報告によれば、4 歳前に保健所の医師のすすめによって専門医を受診し いる。3 歳ごろから、自分の頭をぶっつけるといった自傷行為がみられたり、 他人に噛みつくなどの異常行動がみられたりし始めた。言葉も意味のない独語 が多くなり、おうむ返しの応答しかできないなどの症状が目立ち始めたとされ いる。5 歳 2 ヶ月幼稚園に入園するが、ブランコ、滑り台順番に並ぶな どルールが理解できない、唱歌中列を離れしまうなど団体行動がとれない、 滑り台の上に立っ、四方に少しずつ放尿し滑り降りるなどの奇行がみられ るなどの行動が見られる。これらが理由となっ 6 歳 7 ヶ月退園せざるをえ なくなる。本児は、6 歳 1 ヶ月の時に就学をむかえいるが、就学延期をし いる。このころ併行し大学病院精神科児童部の子どもグループの指導を受 けいるが、定期的には通院できなかったようだ。先の鷲見たえ子の報告は、7 歳ころの病院の一室における遊戯場面の観察を中心に報告したものある。 8 歳 7 ヶ月の時の鷲見の記録によると、文字、数などの知的能力はあまり発達し ない、しかし、人の名前や約束したことはよく覚え、 「今度どらやきを持
さらに見せる

35 さらに読み込む

秋田県第二種特定鳥獣管理計画(第1次ニホンジカ) 「第12次秋田県鳥獣保護管理事業計画」及び「秋田県第二種特定鳥獣管理計画(第4次ツキノワグマ、第4次ニホンカモシカ、第4次ニホンザル、第1次ニホンジカ、第1次イノシシ)」について | 美の国あきたネット

秋田県第二種特定鳥獣管理計画(第1次ニホンジカ) 「第12次秋田県鳥獣保護管理事業計画」及び「秋田県第二種特定鳥獣管理計画(第4次ツキノワグマ、第4次ニホンカモシカ、第4次ニホンザル、第1次ニホンジカ、第1次イノシシ)」について | 美の国あきたネット

目標を達成するための基本的な考え 管理地域内において、農林業、生活環境被害や植物群落への目立った影響がない安 定した状態を維持することが重要ある。 目標を達成するための方策としては、被害が発生する前に農地及びその周辺域の 個体数の低減と生息域の縮小を図るとともに、侵入防止柵等の設置や耕作放棄地の解 消により、シカが住みにくい環境の整備を進めいく。また、本県は侵入初期段階の 低密度地域あるため、メスに対して優先的に高い捕獲圧を加えるほか、本県の現状 に適した捕獲手法を構築する。さらに、隣接県の情報収集を積極的に行い、侵入経路 や越冬場所の把握、継続したモニタリング調査などにより、不確定要素の解消を図り ながら、管理計画に適切に反映(フィードバック)する。
さらに見せる

13 さらに読み込む

第2次西尾市男女共同参画プラン(案)

第2次西尾市男女共同参画プラン(案)

「西尾市男女共同参画プラン」の7つの基本目標について、構成する事業の進捗状況をまとめまし た。 Aの評価が最も多かった項目は『基本目標 男女の人権を尊重します』あり、啓発・教育や人 権を守る取組み(DV・児童虐待の防止や早期発見・早期対応に関する取組み)において順調に進み ました。その他、 『 政策・方針決定の場への男女共同参画』や『3 男女共同参画の考え方を学び ます』も比較的Aの評価が多くなっいます。 『 政策・方針決定の場への男女共同参画』は女 性の人材活用などに関する取組みを進めきましたが、審議会等委員への女性委員の登用率はまだ目 標達成に至っいないため、さらなる取組みが必要です。 『3 男女共同参画の考え方を学びます』 は保育・教育の場面や男女共同参画に関する学習機会の提供について順調に進んいます。
さらに見せる

66 さらに読み込む

概要版本文 あんしんいきいきプラン21(第7次長野市高齢者福祉計画・第6期長野市介護保険事業計画)  長野市ホームページ

概要版本文 あんしんいきいきプラン21(第7次長野市高齢者福祉計画・第6期長野市介護保険事業計画) 長野市ホームページ

高齢者増加に伴い認知症の人が更に増加することが見込まれいることを踏まえ、厚生労働 省が発表した「認知症施策推進5カ年計画」オレンジプランの7つの柱の一つに早期診断・早 期対応として「認知症初期集中支援チーム」の設置があります。本市は、平成25年度モデ ル事業として中部地域包括支援センターに設置しました。この支援チームにより、医療・介護 の複数の専門職が訪問し初期の支援を包括的・集中的に行い、地域生活するためのサポート をします。
さらに見せる

20 さらに読み込む

高萩市男女共同参画プラン(第2次)概要版

高萩市男女共同参画プラン(第2次)概要版

▼ 本市は、地域一丸となっ男女共同参画社会の実現に取り組み、男女が互いに人権を 尊重し、あらゆる分野において積極的にまちづくりに参画できる社会となるよう、その 基本的な指針として「高萩市男女共同参画プラン」を策定することとしました。 ▼ 本計画は、本市における男女共同参画社会の実現に向 け、具体的な施策や事業を総合的かつ計画的に推 進するために策定するものです。

8 さらに読み込む

第三次長野市健康増進・食育推進計画「ながの健やかプラン21」(素案)に対する市民意見等の募集結果について

第三次長野市健康増進・食育推進計画「ながの健やかプラン21」(素案)に対する市民意見等の募集結果について

55 ころもある。HbA1cが、共通の検査項目 としてあると良いと考える。 となっいるため、HbA1c検査を実施 しない事業所もあると思われる。 HbA1cは、過去∼2か月の血糖の 状態を反映する糖尿病の指標として 重要あるため、長野商工会議所や 協会けんぽ等を通じて、周知・啓発を しいく。

13 さらに読み込む

第2章 計画の基本的な考え方 第三次長野市健康増進・食育推進計画「ながの健やかプラン21」  長野市ホームページ

第2章 計画の基本的な考え方 第三次長野市健康増進・食育推進計画「ながの健やかプラン21」 長野市ホームページ

長野市総合計画(平成 29 年度~平成 38 年度)は、目標とする「ま ちの将来像」を、幸せ実感都市『ながの』~“オールながの”未来を創造し よう~と定めいます。市全体の「幸せ」の総和の拡大を目指しいくことを 「幸せ実感都市」と表わし、多くの市民が本市への誇りを胸に未来への希望を

7 さらに読み込む

秋田県第二種特定鳥獣管理計画(第4次ツキノワグマ)(変更) 「第12次秋田県鳥獣保護管理事業計画」及び「秋田県第二種特定鳥獣管理計画(第4次ツキノワグマ、第4次ニホンカモシカ、第4次ニホンザル、第1次ニホンジカ、第1次イノシシ)」について | 美の国あきたネット

秋田県第二種特定鳥獣管理計画(第4次ツキノワグマ)(変更) 「第12次秋田県鳥獣保護管理事業計画」及び「秋田県第二種特定鳥獣管理計画(第4次ツキノワグマ、第4次ニホンカモシカ、第4次ニホンザル、第1次ニホンジカ、第1次イノシシ)」について | 美の国あきたネット

- 4 - 一方、ブナ材の乾燥利用技術の進歩を背景とし、国有林においては、フローリ ング材・家具材としてのブナ林の伐採の奥地化が進行した。 しかしながら、近年は、自然環境保全意識の高まりや国有林経営の改善に伴い、 その基本方針に公益重視の管理経営の一層の推進を掲げいることもあり、ブナ 林をはじめとする広葉樹林は、生物多様性の保全の施策の一環として、保護・保 全が図られいる。また、林野庁の「緑の回廊」は、本県に関連する地域として 白神八甲田、奥羽山脈、八幡平太平山、鳥海(鳥海朝日・飯豊吾妻)にそれぞれ 設定されおり、ツキノワグマなどを指標種として、野生鳥獣の生息環境の保全 や回復を図る方向に進んいる
さらに見せる

19 さらに読み込む

第2次西尾市男女共同参画プラン概要版

第2次西尾市男女共同参画プラン概要版

(⻄尾市 DV 基本計画) ★ メンタルヘルス対策の推進 現代は、仕事に偏重する生活スタイルの中弱音を吐けずにいる男性 や、仕事と家事・育児・介護など家庭生活との両⽴に悩む⼥性などが多くい ます。従来の固定的な性別役割分担に基づく、男性・⼥性に期待される役割 は、時として大きなストレスになることがあるため、このようなストレスに 適切に対処できるよう、メンタルヘルス対策を進めます。

8 さらに読み込む

第 1 章 第 2 章 意見等の概要プランに掲げられた施策では 実効性がない 外猫に癒される人も多い そうした光景を大切にしてほしい プランは 苦情を言う側に片寄っている 猫の飼い主や野良猫の世話をする人の立場に立った計画でなければ機能しない 推進プラン第 3 章は本当によくできている 平成 19

第 1 章 第 2 章 意見等の概要プランに掲げられた施策では 実効性がない 外猫に癒される人も多い そうした光景を大切にしてほしい プランは 苦情を言う側に片寄っている 猫の飼い主や野良猫の世話をする人の立場に立った計画でなければ機能しない 推進プラン第 3 章は本当によくできている 平成 19

飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費用を負担する「飼い主の いない猫を増やさない活動支援事業」は年々対象頭数が増え いますが、この事業は、飼い主のいない猫の世話をする場合、 きるだけ近隣とトラブルを起こさずかつ動物愛護精神に基づいた 対応をしいただくために、最低限守っいただきたい項目を区 が提示し、それを普及させるためのモデルケースとして実施され いるものです。費用負担の伸びにも限界がありますので、ボラン ティアの人たちとの協働による工夫も必要と考えます。また、仮称 動物適正飼養普及員を対象に地域大学の後期講座に育成講座 が開設されます。今後、地域の方々に理解と協力が得られるよう 飼い主のいない猫との共生ガイドラインを策定し、周知を図る必 要があります。
さらに見せる

9 さらに読み込む

三原市男女共同参画プラン(第2次)概要版

三原市男女共同参画プラン(第2次)概要版

 同時に,仕事と育児や介護を両立させるための支援をさらに推進します。特に病気などの急なニーズに対応す るために,病児・病後児の保育サービスを行うと共に,ファミリー・サポート・センターなど,地域の助け合 いのしくみを充実させ,母親も安心し就労できる環境をつくります。  【重点事業4】 いきいきと働くためのチャレンジ支援や相談体制等の充実  【重点事業5】 就労を支える地域の助け合い(共助)の推進
さらに見せる

7 さらに読み込む

Show all 10000 documents...