研 究 開 発 に 関 す る 指 標

Top PDF 研 究 開 発 に 関 す る 指 標:

李 亜 コウ: 現 代 中 国 土 地 開 発 抗 争 中 の 農 村 女 性 2. 先 行 研 究 農 村 女 性 の 農 地 をめぐる 権 利 の 侵 害 に 関 する 先 行 研 究 の 中 で 異 議 申 し 立 てを 行 う 女 性 グループに 焦 点 を 当 てる 研 究 は 多 くない

李 亜 コウ: 現 代 中 国 土 地 開 発 抗 争 中 の 農 村 女 性 2. 先 行 研 究 農 村 女 性 の 農 地 をめぐる 権 利 の 侵 害 に 関 する 先 行 研 究 の 中 で 異 議 申 し 立 てを 行 う 女 性 グループに 焦 点 を 当 てる 研 究 は 多 くない

本調査研究は、主現代中国土地開発抗争中の農村女性インタビューをしたものである。調査地到 着日の前日、村民委員会は会議を開き、新しい「出嫁女」問題解決案を採択した。今回の解決案という のは、この村で生まれ、結婚した女性だけ(彼女の夫や子供を除く)村民のメンバーシップを付与し、 農村土地請負生産権、農村集団経済組織の収益分配金、土地収用補償金などをも与えるが、別の要求を するとこの解決案が無効なるというものであった。今回の調査研究でインタビューした農村女性たち がその会議出席する資格を持たないので、会議内容を確認し村民委員会のオフィス向かった。彼 女たちは私を電気自転車の後ろ乗せてアスファルト舗装道路を走った。十数年間にわたる農村女性の
さらに見せる

7 さらに読み込む

<まえがき> 文 部 科 学 省 においては 度 重 なり 発 生 する 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 問 題 を 受 け 研 究 費 の 不 正 対 策 検 討 会 を 設 置 し 各 研 究 機 関 が 研 究 費 を 適 正 に 管 理 するための 対 策 を 要 請 する 事 項

<まえがき> 文 部 科 学 省 においては 度 重 なり 発 生 する 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 問 題 を 受 け 研 究 費 の 不 正 対 策 検 討 会 を 設 置 し 各 研 究 機 関 が 研 究 費 を 適 正 に 管 理 するための 対 策 を 要 請 する 事 項

これを受け、研究振興局設置された「公的研究費の適正な管理に関する有識者会議」 おける議論を踏まえ、中間取りまとめの基本方針である、①不正を事前防止するための取 組、②組織としての管理責任の明確化、③国による監視と支援について新たな内容を加える とともに、これまでの各機関の取組状況や近年の不正事案の発生要因も考慮しつつ、従前の ガイドラインの記述の具体化・明確化を図ったガイドラインの改正版が平成26年2月18 日作成されました。(以下「改正ガイドライン」という。)
さらに見せる

25 さらに読み込む

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部

ア)本調査に当たっては、当該研究分野の研究者であって本学属さない者を含む調査委員会を設置する。 この調査委員は告発者及び被告発者と直接の利害関係(例えば、不正行為を指摘された研究が論文のとおり の成果を得ることにより特許や技術移転等利害があるなど)を有しない者でなければならない。 イ)研究担当理事は、調査委員会を設置したときは、調査委員の氏名や所属を告発者及び被告発者通知 。これに対し、告発者及び被告発者は、2週間以内異議申立てをすることができる。異議申立てがあっ た場合、研究担当理事は内容を審査し、その内容が妥当であると判断したときは、当該異議申立て係る委 員を交代させるとともに、その旨を告発者及び被告発者通知する。
さらに見せる

11 さらに読み込む

1. 研 究 100 連 発 とは ニコニコ 学 会 βによって 開 発 された 以 下 のような 特 徴 を 持 ったプレゼンテーシ ョン 手 法 です 学 会 発 表 などと 異 なり ひとつの 研 究 を 掘 り 下 げて 説 明 するのでは なく 20 の 研 究 トピックスを 通 じて 研

1. 研 究 100 連 発 とは ニコニコ 学 会 βによって 開 発 された 以 下 のような 特 徴 を 持 ったプレゼンテーシ ョン 手 法 です 学 会 発 表 などと 異 なり ひとつの 研 究 を 掘 り 下 げて 説 明 するのでは なく 20 の 研 究 トピックスを 通 じて 研

 粒ぞろいの  「研究 100 連発」in Science Agora  縁あって、私は 2014 年もう一度、研究 100 連 のステージ立ちました。科学と社会をつなぐ場 として開催されている「サイエンスアゴラ」という イベントの 1 セッションとして行われ、観客席から 猫耳やコスプレとは無縁な小学生やシニアの方々が 私のプレゼンを見つめていました。サイエンスアゴ ラでは、研究 100 連発のプレゼンテーションフォー マットを用いながら 表現方法 や 見せ方 を場 所や条件適応させることで、どのような効果が得 られるのかを確かめようと、お台場・日本科学未来 館のオープンなスペースで実施されました。こう いった事情から企画者が過去の登壇者から「選り ぐりの 5 人」を集めたため、5 人とも研究 100 連発 2 回目という状況でした。そんな中選んでいただ いて光栄です。私は、幕張メッセとアゴラ両プレゼ ン内容や表現を大きく変更しませんでしたが、とも 観客から好評価をいただくことができました。  先日とある研究報告会でポスタープレゼンテー ションをしていたところ、研究キャリアの長そうな シニアの研究者が来られ、「君の研究 100 連発を見 たよ。あの回は粒ぞろいだった」と声をかけてくだ さいました。この方がご覧なったのは、サイエン スアゴラでのプレゼンテーションでした。よくお話 を伺うと、これまで 4 回程研究 100 連発をご覧なっ たことがあり、先日ご自身も登壇されたそうです。  これらのプレゼンテーションがご縁で、最近その 他もいろいろな場所で声をかけていただくよう なりました。研究 100 連発の威力は、想像以上絶 大です。
さらに見せる

10 さらに読み込む

将 来 の 見 通 しに 関 する 注 意 事 項 本 書 において 当 社 が 開 示 する 経 営 戦 略 計 画 業 績 予 想 将 来 の 予 測 や 方 針 に 関 する 情 報 研 究 開 発 に 関 する 情 報 等 につきましては 全 て 将 来 を 見 込 んだ 見 解 です これ

将 来 の 見 通 しに 関 する 注 意 事 項 本 書 において 当 社 が 開 示 する 経 営 戦 略 計 画 業 績 予 想 将 来 の 予 測 や 方 針 に 関 する 情 報 研 究 開 発 に 関 する 情 報 等 につきましては 全 て 将 来 を 見 込 んだ 見 解 です これ

 機動的な自己株式取得 *総還元性向に関する注意事項 総還元性向については、研究開発費用、事業開発投資などの戦略投資の状況、その他当社を取り巻く経営環境や業績等の大幅な変化、インサイダー 取引規制など法令上の問題等から、当社が想定した数値と異なる可能性があります。また、総還元性向の前提となる、キャッシュフローの積増しについて は、ジェネリック薬の浸透度、新薬承認の遅延・中止、訴訟その他の法的手続係る補償金支払いなど一定の場合は、当初想定通り実施できない 可能性もあります。
さらに見せる

76 さらに読み込む

課 題 番 号 LZ008 先 端 研 究 助 成 基 金 助 成 金 ( 最 先 端 次 世 代 研 究 開 発 支 援 プログラム) 研 究 成 果 報 告 書 本 様 式 の 内 容 は 一 般 に 公 表 されます 広 汎 性 発 達 障 害 における 対 人 相 互 作 用 障 害 の 心

課 題 番 号 LZ008 先 端 研 究 助 成 基 金 助 成 金 ( 最 先 端 次 世 代 研 究 開 発 支 援 プログラム) 研 究 成 果 報 告 書 本 様 式 の 内 容 は 一 般 に 公 表 されます 広 汎 性 発 達 障 害 における 対 人 相 互 作 用 障 害 の 心

京都大学 広汎性発達障害(pervasive developmental disorders: PDD)者における動的表情処理の問題について,心理実験・fMRI計測・MEG 計測・解剖学的MRI計測・臨床査定により統合的検討した.心理実験では,動的表情の受動的注視・知覚・情動反応・表情模倣を 検討した.実験の結果,PDD者において,こうした動的表情の処理障害があることが示された.例えば,Sato et al. (2013: Research in Autism Spectrum Disorders, 7, 906-912)では,表情の動的変化の認識について調べた.先行研究は,PDDにおいて動 的表情の処理問題があることを示唆していたが,どの過程問題があるかは不明であった.我々は,PDD群および定型発達群を 対象として,6基本感情の表情モーフィング動画を4変化速度で呈示した.参加者は,表情変化の自然さを評定した.その結果,変化 速度の低下ともなう自然さ評定の低下は,CON群比べるとPDD群で弱かった.こうした結果は,PDDにおける対人相互作用の障 害,表情の動的変化についての非定型な視覚処理が関与していることを示唆する.fMRI・MEG計測では,動的表情の受動的注視 における脳活動を検討した.例えば,Sato et al (2012: BMC Neuroscience, 13, 99)では,PDD者における動的表情の処理の問題の 神経基盤がfMRIで調べられた.先行研究の多くは静的表情を刺激として使用しているが,現実の対人相互作用の媒体は動的表情 であることから,我々は,動的表情の観察によりPDDにおける脳機能の問題が顕著示されると仮説を立てた.PDD群および定型 達群に対し,動的・静的表情(恐怖・幸福)を呈示し,fMRIで脳活動を計測した.活動領域の解析から,中側頭回・紡錘状回・扁桃体・ 内側前頭前野・下前頭回などで,PDD群において定型発達群比べて,動的表情vs静的表情の活動の差が小さいことが示された. 動的因果モデリング解析から,定型発達群では,第一次視覚野―中側頭回―下前頭回を結ぶ双方向の機能的結合が,動的表情の 処理において高まることが示された.これら全ての機能的結合が,自閉症スペクトラム群では定型発達群比べて弱いことが示され た.こうした結果から,PDD群では,動的表情を用いる現実の対人相互作用において,社会脳ネットワークの活動と結合が弱いこと が示唆される.解剖学的MRI計測では,PDD群における脳の構造的問題を明らかした.臨床査定では,PDD群の臨床状態つい て面接および質問紙での調査を行い,心理・fMRI・MEG・解剖学的MRIデータとの対応関係を明らかした.
さらに見せる

7 さらに読み込む

趣 旨 産 から 学 へのプレゼンテーションは ニーズオ リエンテッドの 産 学 連 携 を 生 み 出 す 機 会 を 増 やすため 研 究 開 発 に 係 わる 企 業 のニーズや 共 同 研 究 分 野 課 題 を 直 接 大 学 や 研 究 機 関 に 伝 える 場 を 提 供 するものです

趣 旨 産 から 学 へのプレゼンテーションは ニーズオ リエンテッドの 産 学 連 携 を 生 み 出 す 機 会 を 増 やすため 研 究 開 発 に 係 わる 企 業 のニーズや 共 同 研 究 分 野 課 題 を 直 接 大 学 や 研 究 機 関 に 伝 える 場 を 提 供 するものです

http://jstshingi.jp/san-gaku/ 科学技術振興機構(JST)は、企業からの情報を大学の研究活動・技術移転活動 活かす効果的な産学連携により、新事業・新産業の創出へ寄与することを目的 として、第○回目となる『産から学へのプレゼンテーション』を開催します。 企業からのプレゼンに対し、大学から積極的シーズ・研究者を紹介し新たな産 学連携へと発展することを期待しています。

24 さらに読み込む

エンタープライズ システム 開 発 における 品 質 コスト 納 期 の 改 善 に 関 する 研 究 提 出 先 大 阪 大 学 大 学 院 情 報 科 学 研 究 科 提 出 年 月 2014 年 1 月 中 村 伸 裕

エンタープライズ システム 開 発 における 品 質 コスト 納 期 の 改 善 に 関 する 研 究 提 出 先 大 阪 大 学 大 学 院 情 報 科 学 研 究 科 提 出 年 月 2014 年 1 月 中 村 伸 裕

Scrum の研究に関して実践,評価ご協力頂いた住友電工情報システム 服部悦子氏,住友 電気工業 永田菜生氏他,開発チームのメンバー心から感謝申しあげます. また,本研究のバックグラウンドなる知識の多くは日本情報システム・ユーザー協会 (JUAS)のシステム開発保守 QCD 研究プロジェクトで得たものであり,事務局である JUAS 細川泰秀氏,山田信祐氏,森未知氏はじめ参加メンバーの皆さん感謝します.特に貴重なア ドバイスを頂いた情報処理推進機構 菊島靖弘氏,新谷勝利氏,ジャスティック 太田忠雄氏, JUAS 玉置彰宏氏,日立製作所 初田賢司氏,東京証券取引所 古川正伸氏,NKSJ システム ズ 駒井昭則氏,日本経営データ・センター 奥保正氏,東芝インフォメーションシステムズ 北 村秀生氏,アイエックスナレッジ 田中一夫氏,リクルートテクノロジーズ 森下哲成氏,大日 本印刷 佐藤正人氏,キャノンマーケティングジャパン 原田豊氏,キリンビジネスシステムズ 竹中裕二氏深く感謝します.また,関西で活発な議論をさせてもらった関電システムソリュ ーションズ 川嶋博文氏,ニッセイ情報テクノロジー 内藤康夫氏,中電シーティーアイ 諸岡 隆司氏,コベルコシステムズ小山氏心から感謝します.
さらに見せる

79 さらに読み込む

共 同 研 究 番 号 ファッションとメディアに 関 するシンポジウム ( 仮 題 )の 2009 年 開 催 にむけての 基 礎 的 研 究 Fundamental Research on the Relationship between Fashion and Media for t

共 同 研 究 番 号 ファッションとメディアに 関 するシンポジウム ( 仮 題 )の 2009 年 開 催 にむけての 基 礎 的 研 究 Fundamental Research on the Relationship between Fashion and Media for t

シンポジウム開催の準備入る。シンポジスト候補者を選定して,シンポジウム参加の交渉入り、日 程等の実施計画を進める。 [21 年度] 20 年度の整理を継続し、これらの論文を主題ごと分類し、それぞれのキーワードを抜き出し、この整 理をもとして、シンポジウムの基調となる主題群を共同的討議する。20世紀ファッション・メディアの 者である研究代表者の古賀令子は、『Vogue』『装苑』を中心とした、国際関係の中でのファッション・メ ディア文化という視点から、シンポジウムの中心議題を提起し、日本の女性メディア史研究者である研究 分担者の田中里尚は、日本独自の女性メディアという文脈から、メンズ・ファッション研究者の北方晴子は、 メンズ・ファッションのメディアという視点から、議題を提起する。こうした基調的な問題提起を踏まえてシン ポジウムを企画し、各シンポジストたちと交渉しながら、<ファッションとメディア>シンポジウムを開催する。 シンポジウムでの議論をまとめ、ウェブ等で公開して、さらなる議論を進める。
さらに見せる

13 さらに読み込む

目 次 Ⅰ. 法 人 の 特 徴 1 Ⅱ. 中 期 目 標 ごとの 自 己 評 価 2 1 教 育 に 関 する 目 標 2 2 研 究 に 関 する 目 標 59 3 社 会 との 連 携, 国 際 交 流 等 に 関 する 目 標 79

目 次 Ⅰ. 法 人 の 特 徴 1 Ⅱ. 中 期 目 標 ごとの 自 己 評 価 2 1 教 育 に 関 する 目 標 2 2 研 究 に 関 する 目 標 59 3 社 会 との 連 携, 国 際 交 流 等 に 関 する 目 標 79

○ 小 項 目 4「 従 来 の 博 士 課 程 お け 人 材 養 成 加 え て 、企 業 お け な い し を 管 理 し 、 組 織 化 で き 導 的 人 材 の 育 成 を 図 」 の 分 析 a) 中 期 計 画 の 分 析 計 画 4 − 1 「 能 力 の 高 度 化 を 図 た め 、 複 数 教 官 導 、 プ ロ ジ ェ ク ト ・ 共 同 へ の 参 画 等 、 教 育 ・ 導 体 制 を 充 実 強 化 状 況 博 士 後 期 課 程 の 学 生 を プ ロ ジ ェ ク ト RA( リ サ ー チ・ア シ ス タ ン ト )と し て 4 年 間 で 延 べ 297 人 ( COE プ ロ グ ラ ム 223 人 、 他 の プ ロ グ ラ ム 74 人 ) 採 用 し 、 最 先 端 参 画 さ せ と と も 、 そ の 成 果 を 国 際 シ ン ポ ジ ウ ム 、 学 会 で 表 さ せ 、 遂 行 能 力 の 向 上 を 図 っ た 。( 資 料 1 − 20)
さらに見せる

88 さらに読み込む

目 次 第 Ⅰ 部 序 論 第 章 たたら 製 鉄 と 開 発 に 関 する 研 究 史 と 課 題 第 節 本 研 究 の 目 的 と 意 義 第 2 節 製 錬 鍛 錬 部 門 と 開 発 に 関 する 研 究 史. 山 内 とその

目 次 第 Ⅰ 部 序 論 第 章 たたら 製 鉄 と 開 発 に 関 する 研 究 史 と 課 題 第 節 本 研 究 の 目 的 と 意 義 第 2 節 製 錬 鍛 錬 部 門 と 開 発 に 関 する 研 究 史. 山 内 とその

⑶山内の立地ともなう土地開発の進展 以上のような山内の立地は、居住域を拡大させたことで、中国山地の開発寄与した。 しかし、居住域の拡大という視角から山内の立地をとらえた研究は、ほとんどなされてい ない。そこで、その実例を示すと、17 世紀末期編とされる『作陽誌』(作陽古書刊行会編 1913 105)の美作国真島郡大杉村(現・岡山県真庭市湯原)の項は、「元和年中津山民 鉄山村粟谷村黒杭村西茅部村於いて鉄を掘り、功終て後、有司其の跡を撿ベ、耕墾令め 鉄山跡村と名」とある。これよると、元和年間(1615~1624)、津山の住民が鉄山村ほ か 3 ヵ村において鉄を掘り終え、その跡地を役人が開墾させ、鉄山跡村と呼んだことがわ かる。高殿たたらにおける分業体制が完成する以前の 17 世紀初頭あって、「鉄ヲ掘」 とは鉄穴流しのみならず、鉄の製錬作業をふくむものと考えられる。ともあれ、これらの 4 ヵ村では、鉄穴流しや製錬作業場などの跡地、村方の集落が形成されたとみられる。 このような集落を、筆者は「山内再開発型」のたたら起源集落と呼ぶことする。このよ うな事例はほかも多数あるとみられ、 中国山地の開発を検討する上で重要な課題である。 しかし、この点を扱った成果は、出雲国仁多郡小馬木村杭木付近(現・島根県仁多郡奥出 雲町横田)における 18 世紀後半以降の開発状況を考察した松尾(2007)の成果がある ぎない。
さらに見せる

240 さらに読み込む

1. 旅 費 交 通 費 < 基 本 的 な 考 え 方 > 登 録 研 究 員 登 録 研 究 員 に 随 行 する 補 助 員 又 は 国 立 研 究 開 発 法 人 に 所 属 するリサーチ アシスタント 者 ( 前 期 博 士 課 程 ) 及 び 外 部 依 頼 した 専 門 家 が 研 究

1. 旅 費 交 通 費 < 基 本 的 な 考 え 方 > 登 録 研 究 員 登 録 研 究 員 に 随 行 する 補 助 員 又 は 国 立 研 究 開 発 法 人 に 所 属 するリサーチ アシスタント 者 ( 前 期 博 士 課 程 ) 及 び 外 部 依 頼 した 専 門 家 が 研 究

① 日当、宿泊費は、支給された時は消費税がかかりませんが、これを使用した時消費税がかかり ます。内税処理の大学等は、そのままの額を計上してください。外税処理の国立研究開発法人等は 消費税額を除いて計上してください。ただし、早出・遅着日当などで、税務当局より給与としての取扱 いを受け源泉税の支払対象となっているものについては、内税処理、外税処理それぞれ則って計 上してください。

5 さらに読み込む

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

なお、地区計画を変更する場合のうち、当該地区計画の決定時当方針基づく土地利用 調整手続きが完了しているとともに、その変更内容が軽易な場合については、当方針基づ く再度の土地利用調整手続きは不要とします。 また、地区計画の決定等後、都市計画法第34条第10号該当する対象開発行為の 許可に際して、許可を行う者(市町村を含む)が県土の計画的土地利用大きな影響を及 ぼものとして、事前庁内調整が必要と判断する場合は、その者の求め応じて埼玉県 土地利用計画調整会議を利用することができます。
さらに見せる

15 さらに読み込む

[ 掲 載 番 号 1] ( 銘 柄 コード: 2021) ipath 商 品 指 数 連 動 受 益 証 券 発 行 信 託 (i 商 品 )に 関 する 日 々の 開 示 事 項 1 上 場 外 国 指 標 連 動 証 券 信 託 受 益 証 券 の 上 場 受 益 権 数 110,000 2

[ 掲 載 番 号 1] ( 銘 柄 コード: 2021) ipath 商 品 指 数 連 動 受 益 証 券 発 行 信 託 (i 商 品 )に 関 する 日 々の 開 示 事 項 1 上 場 外 国 指 標 連 動 証 券 信 託 受 益 証 券 の 上 場 受 益 権 数 110,000 2

※市場障害等の事由により償還価額が算定されなかった場合は、連動対象指標の終値を基計算される  参考価額を記載しています。 平成28年5月30日は米国において休日のため、同日現在の日々の開示事項として本日開示する情報はありません。 4 外国指標連動証券の一口あたりの償還価額と、S&P GSCI ® 穀物指数トータル・リ

11 さらに読み込む

自 己 紹 介 町 田 欣 史 (まちだ よしのぶ) 所 属 株 式 会 社 NTTデータ 技 術 開 発 本 部 プロアクティブ テスティングCOE テスト 品 質 保 証 に 関 する 技 術 支 援 研 究 開 発 活 動 JSTQB(テスト 技 術 者 資 格 認 定 ) 技 術 委 員 会

自 己 紹 介 町 田 欣 史 (まちだ よしのぶ) 所 属 株 式 会 社 NTTデータ 技 術 開 発 本 部 プロアクティブ テスティングCOE テスト 品 質 保 証 に 関 する 技 術 支 援 研 究 開 発 活 動 JSTQB(テスト 技 術 者 資 格 認 定 ) 技 術 委 員 会

Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION 23 2.5.1 JMeter 多数のスレッド生成やテスト結果の測定・集計を自動化 ・1回のテストケースで生成されるスレッド数 ・全スレッドを生成するのかかる時間 ・テストケース生成の繰り返し回数

27 さらに読み込む

1-1. 本 研 究 会 の 位 置 づけ 日 本 情 報 システム ユーザー 協 会 アドバンスト 研 究 会 サービスサイエンス 研 究 プロジェクト では 情 報 シス テム 開 発 サービスへのサービスサイエンス 適 用 を 研 究 す ることを 目 的 に 活 動 を 続 けてきた チーム

1-1. 本 研 究 会 の 位 置 づけ 日 本 情 報 システム ユーザー 協 会 アドバンスト 研 究 会 サービスサイエンス 研 究 プロジェクト では 情 報 シス テム 開 発 サービスへのサービスサイエンス 適 用 を 研 究 す ることを 目 的 に 活 動 を 続 けてきた チーム

 目の前いる特定個人に対しての共感  組織と個人の想いは異なることがある。  プロジェクトの方向性批判的なユーザー協力を求める際、 「目の前いる特定個人に対しての共感」だけを発揮してプロ ジェクトの使命を達成できるだろうか?

25 さらに読み込む

1.はしがき 本 研 究 は, 多 用 途 無 拘 束 ( 携 帯 型 ) 循 環 動 態 連 続 計 測 自 律 神 経 活 動 解 析 システムの 開 発 に 関 する 発 展 的 研 究 であり, 計 測 原 理 として, 研 究 実 施 者 の 考 案 による 血 圧 計 測 に 容 積 補

1.はしがき 本 研 究 は, 多 用 途 無 拘 束 ( 携 帯 型 ) 循 環 動 態 連 続 計 測 自 律 神 経 活 動 解 析 システムの 開 発 に 関 する 発 展 的 研 究 であり, 計 測 原 理 として, 研 究 実 施 者 の 考 案 による 血 圧 計 測 に 容 積 補

*KURA登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社(学協会)などが有します。 *KURA登録されているコンテンツの利用については,著作権法規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。 *著作権法規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合は,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者 から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)権利委託されているコンテンツの利用手続については ,各著作権等管理事業者確認してください。
さらに見せる

15 さらに読み込む

自 己 紹 介 氏 名 : 藤 原 和 典 個 人 ページ: 勤 務 先 : 株 式 会 社 日 本 レジストリサービス (JPRS) 技 術 研 究 部 業 務 内 容 :DNS 関 連 の 研 究 開 発 IETFでの 活

自 己 紹 介 氏 名 : 藤 原 和 典 個 人 ページ: 勤 務 先 : 株 式 会 社 日 本 レジストリサービス (JPRS) 技 術 研 究 部 業 務 内 容 :DNS 関 連 の 研 究 開 発 IETFでの 活

63*5ビットのデータしか扱えないことをチェア聞いてみ たところ、複数のラベルを使えばよいと指摘された • 例えば40バイトから78バイトのuser nameの場合 • base32(user name 残り).base32(user name 前半39バイト) ._openpgpkey.domainname IN OPENPGPKEY ….

27 さらに読み込む

Show all 10000 documents...