理由請求および回答確認

Top PDF 理由請求および回答確認:

VBA 会費請求 納入管理 システムのご利用について VBA 会費請求 納入管理 システムは 会費請求と会費納入の様式でデータ入力することにより 会費区分と会員個人ごとの会費請求と納入管理および会費の未納管理をすることができます このシステムでは 会員の個人データを 300 件まで管理することができ

VBA 会費請求 納入管理 システムのご利用について VBA 会費請求 納入管理 システムは 会費請求と会費納入の様式でデータ入力することにより 会費区分と会員個人ごとの会費請求と納入管理および会費の未納管理をすることができます このシステムでは 会員の個人データを 300 件まで管理することができ

本システムが使用できないことまたは本システムの使用および使用結果について、使用者および第三者の直接的 および間接的ないかなる損害に対しても、本システムの制作者ならびに掲載者は一切の責任を負いません。 計算誤りまたは印刷誤りがないか必ず使用者自らによって確認していただき、本システムによって発生した計算 誤りまたは印刷誤りは、使用者の責任で対処していただくという原則で使用して下さい。
さらに見せる

29 さらに読み込む

く, 未支給年金受給権者の個人情報の開示を求めているとして, 法 12 条 自己を本人とする開示を請求することができる に当たらないため, 開示することはできないことを伝え, 取り下げの意思を確認した しかしながら, 異議申立人は, 不開示である旨の正式な回答がほしいとして, 開示請求を続けたもので

く, 未支給年金受給権者の個人情報の開示を求めているとして, 法 12 条 自己を本人とする開示を請求することができる に当たらないため, 開示することはできないことを伝え, 取り下げの意思を確認した しかしながら, 異議申立人は, 不開示である旨の正式な回答がほしいとして, 開示請求を続けたもので

「厚生年金保険の保険給付は,社会保障制度の一環として行われている のであるから,その受給権は民法第八九六条但し書きにいう一身専属権と しての性格をもっている。このことは,保険給付の各本条に「その者に支 給する」と規定されているところを見ても明らかである。従って,保険給 付は別段の規定がない限り「その者」以外には支給されないのである。こ の別段の規定としては,法第三十七条があるが,これも相続の色彩をもつ ものではなく,加給年金額の対象者に対し,受給権者とともに保障の対象 とされていたという理由から認められたものであり,特に未支給年金とし て一種の保険給付の性格をもつものである」
さらに見せる

7 さらに読み込む

2. 請求者について 給付金は 主契約の被保険者様からご請求ください 被保険者様が請求できない特別な事情 ( 健康上の理由など ) がある場合 代理の方からご請求いただけることがありますので 代理店またはお客さまサービスセンターにご相談ください 以下の場合はご請求をいただく方について 給付金請求書

2. 請求者について 給付金は 主契約の被保険者様からご請求ください 被保険者様が請求できない特別な事情 ( 健康上の理由など ) がある場合 代理の方からご請求いただけることがありますので 代理店またはお客さまサービスセンターにご相談ください 以下の場合はご請求をいただく方について 給付金請求書

<ご請求に関する注意事項>  入院・手術等証明書(診断書)、住民票等の取得費用はお客さまのご負担となりますことを了承ください。  上記以外の書類のご提出をお願いすることがありますので了承ください。  ご請求の内容により、治療内容や事故の状況を確認する場合があります。その際は、医療機関への確認の同意書へ 署名・捺印をいただくため、当社の委託した確認会社の担当者がお伺いすることがありますので、ご協力を賜りますよう お願い申し上げます。
さらに見せる

20 さらに読み込む

記 質問 1 仮想通貨交換業者又は仮想通貨利用者が保有する仮想通貨の会計処理に関する提案に同意しますか 同意しない場合は その理由をご記載ください 回答 1 同意致しかねます 理由については 回答 4 にまとめさせて頂きました 回答 4 をご参照いただきますようお願いいたします 質問 2 仮想通貨交

記 質問 1 仮想通貨交換業者又は仮想通貨利用者が保有する仮想通貨の会計処理に関する提案に同意しますか 同意しない場合は その理由をご記載ください 回答 1 同意致しかねます 理由については 回答 4 にまとめさせて頂きました 回答 4 をご参照いただきますようお願いいたします 質問 2 仮想通貨交

では仮想通貨の場合はどうか。例えば一般に仮想通貨と呼ばれているビットコインの場合、ブロッ クチェーンのログから、現存するウォレットとウォレットの残高を確認することができる。しかし、あるウ ォ レ ッ ト が 誰 か の 所 有 物 で あ る こ と の 証 明 手 段 は 存 在 し な い 。 自 分 の 知 る 説 明 で は 、 通 常 「Wallet.dat」として保存されるファイルに、ウォレットの生成からそのファイルの保存時点に至るまで の取引記録が記録されており、当該ファイルとウォレット生成時のパスワードないしパスフレーズに よって、クライアントソフトウェア上からウォレットの残高に対する取引情報を送信できるとされてい る。
さらに見せる

8 さらに読み込む

2. 請求者について 給付金は 主契約の被保険者様からご請求ください 被保険者様が請求できない特別な事情 ( 健康上の理由など ) がある場合 代理の方からご請求いただける ことがありますので 担当代理店またはお客さまサービスセンターにご相談ください 以下の場合はご請求をいただく方について 給付金請

2. 請求者について 給付金は 主契約の被保険者様からご請求ください 被保険者様が請求できない特別な事情 ( 健康上の理由など ) がある場合 代理の方からご請求いただける ことがありますので 担当代理店またはお客さまサービスセンターにご相談ください 以下の場合はご請求をいただく方について 給付金請

また、当社および当社グループ会社は、本保険契約に関する個人情報を、本保険契約以外の保険契 約のお引受け、履行のために利用することがあります。 2. 当社は、個人情報の利用目的の達成に必要な範囲内で、個人情報の取扱いを、当社グループ会社、 募集代理店、医師、面接士、契約確認会社、情報処理システムの開発・運用を委託する会社など外 部委託先である他の事業者等(以下、「委託先」といいます。)に委託しております。
さらに見せる

19 さらに読み込む

申請必要書類 ( 見本 ) 復路便欠航 運休お見舞金サービス請求書 搭乗券 欠航等の理由で復路に航空便以外の交通機関をご利用された場合は 帰着日が確認できる書類 ( 乗車券など ) 3 旅程表 ( 利用予定便がわかるもの )

申請必要書類 ( 見本 ) 復路便欠航 運休お見舞金サービス請求書 搭乗券 欠航等の理由で復路に航空便以外の交通機関をご利用された場合は 帰着日が確認できる書類 ( 乗車券など ) 3 旅程表 ( 利用予定便がわかるもの )

当社は、お客さまに 10,000 円を欠航お見舞金としては支払います。ただし、1購入につき1回を支払限度とし、 契約責任者(代表者)が構成者(同行者)分をまとめて請求いただくものとします。 第3条(お見舞金の請求) ①お見舞金支払の対象となるお客さまは、第2条の事由が発生したときは、旅行帰着日から 30 日以内に事由の 発生および状況を当社が本制度の運営を委託する株式会社 JALUX 保険サービスへ通知しなければなりませ ん。
さらに見せる

5 さらに読み込む

untitled

第 23 回参議院選挙無効請求事件 貼用印紙額金円 第 1 請求の趣旨 1 参議院選挙の選挙制度および公職選挙法が憲法違反であり 参議院選挙の執行方法が公職選挙法に違反すると確認する 2 従って第 23 回参議院選挙の比例区および選挙区の結果を無効とする 3 訴訟費用は被告の負担とする との判決を求

(2)「定数配分の格差」に起因する投票価値の格差以外にも「選挙権」「投票 の有する影響力」「投票価値」の格差があり、投票価値の格差の本質は生票と 死票の対立にあることを認める。 (3)憲法前文「国民の厳粛な信託」、憲法第 14 条法の下の平等、憲法第 43 条 「全国民を代表する選挙」は、死票を最小化しつつ国民の意見と国会の意見の 乖離を限りなく縮小して平等な国民主権を保障する選挙制度を要請しているこ とを認め、従って憲法は選挙区間での定数分布の人口比例だけでなく投票先政 党間などでの当選議員分布の投票者数比例も要請していることを認め、小選挙 区制および大選挙区制(理論的に中選挙区制を含む)はそのような要請を是と する思想に基づいて真摯な議論によって制定された法律ではなく、同思想に通 じる科学的知見を無視しているから、憲法違反であると認める。
さらに見せる

19 さらに読み込む

3 電子情報処理組織の使用による請求又は光ディスク等を用いた請求により療養の給付費等の請求を行うこと ( 以下 レセプト電子請求 という ) が義務付けられた保険医療機関 ( 正当な理由を有する400 床未満の病院及び診療所を除く なお 400 床未満の病院にあっては 平成 27 年度末までに限る

3 電子情報処理組織の使用による請求又は光ディスク等を用いた請求により療養の給付費等の請求を行うこと ( 以下 レセプト電子請求 という ) が義務付けられた保険医療機関 ( 正当な理由を有する400 床未満の病院及び診療所を除く なお 400 床未満の病院にあっては 平成 27 年度末までに限る

厚 生 労 働 省 保 険 局 長 (公 印 省 略) 医療費の内容の分かる領収証及び個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書の交付について 標記については、保険医療機関及び保険医療養担当規則等の一部を改正する省令(平成26年厚 生労働省令第17号)及び高齢者の医療の確保に関する法律の規定による療養の給付等の取扱い及 び担当に関する基準及び高齢者の医療の確保に関する法律の規定による療養の給付等の取扱い及 び担当に関する基準の一部を改正する件の一部を改正する告示(平成26年厚生労働省告示第55号) により、四百床未満の病院については、平成28年4月1日以降、明細書の無償交付に係る義務に ついて、正当な理由による例外措置の対象としないこととしたところである。
さらに見せる

5 さらに読み込む

保険金や給付金などのご請求の確認/社会貢献活動 明治安田生命 | MEIJIYASUDA INFORMATION 2008 VOL2

保険金や給付金などのご請求の確認/社会貢献活動 明治安田生命 | MEIJIYASUDA INFORMATION 2008 VOL2

※内容によっては、回答にお時間をいただく場合がございます。 ※満期保険金・お祝金に関するご照会はコミュニケーションセンターにお問い合わせください。 ●保険金・給付金のお支払いに関する不服申立制度 不服申立制度事務局     0120-300-132  受付時間 月曜∼金曜(除く祝日・年末年始)9:00∼17:00 ※一部制度対象外とさせていただく案件がございますので、あらかじめご了承ください。

1 さらに読み込む

ExpediaPay のご利用方法目次 はじめに ExpediaPay とは 支払処理のためのオンラインの請求書発行ツールです このツールでは 請求書の送信 請求書または各予約の支払ステータスの確認 現在または過去の入金明細を確認することができます ExpediaPay は Expedia Coll

ExpediaPay のご利用方法目次 はじめに ExpediaPay とは 支払処理のためのオンラインの請求書発行ツールです このツールでは 請求書の送信 請求書または各予約の支払ステータスの確認 現在または過去の入金明細を確認することができます ExpediaPay は Expedia Coll

支払の追跡 支払を追跡には、以下の検索機能をご利用いただけます : • 各予約を追跡するには、予約アイテム検索セクションを 使用します。 • 現在および過去の送金通知を確認するには、 送金通知の検索セクションを使用します。 • 請求書ステータスセクションでは、請求書の支払ステータスを確認できます。

12 さらに読み込む

目次 ( 用語の定義 ) 背景 ガイドラインの対象 がん治療用ウイルスの選択 初期段階での確認事項 ウイルス選択の理由 腫瘍選択性 ウイルスの分子変異の確認 規格 製造

目次 ( 用語の定義 ) 背景 ガイドラインの対象 がん治療用ウイルスの選択 初期段階での確認事項 ウイルス選択の理由 腫瘍選択性 ウイルスの分子変異の確認 規格 製造

④ 推定する mechanism of action を明らかにする。 3.6.2 毒性試験のデザイン策定 がん治療用ウイルスの投与量の設定にあたっては、用量反応性と、ウイルスの導入効率、 ウイルス複製能、用いる動物モデルによる特性(投与経路による投与のしやすさ、感受性) 等を考慮する必要があり、適切な対照群を選択した上で、用量依存性を確認するために複数 の投与群を設定する。毒性試験においては、可能であれば、無毒性量(NOAEL: No Observed Adverse Effect Level)、最大耐用量(MTD: Maximum Tolerated Dose)、投与可能な最大用量(MFD: Maximum Feasible Dose)等の適切なパラメータを考慮する。ただし、正常細胞での細胞傷害 性を認めない場合には、最大耐用量に達しないことに留意する。これらのパラメータ等を含 めて、臨床試験における一回あたりの初回投与量、想定する一回投与量、投与経路、投与回 数、投与間隔などの設定、標的臓器の留意点の特定、及び中止基準などを設定するのに役立 つ。
さらに見せる

23 さらに読み込む

2 審査請求の理由 (1) 審査請求書 ( 諮問第 586 号ないし第 589 号 ) ア審査請求の経緯 ( ア ) 特定年月日 A, 平成 26 年度司法書士試験筆記試験実施 ( イ ) 特定年月日 B, 平成 26 年度司法書士試験多肢択一式における法務省解答発表 ( ウ ) 特定年月日 C,

2 審査請求の理由 (1) 審査請求書 ( 諮問第 586 号ないし第 589 号 ) ア審査請求の経緯 ( ア ) 特定年月日 A, 平成 26 年度司法書士試験筆記試験実施 ( イ ) 特定年月日 B, 平成 26 年度司法書士試験多肢択一式における法務省解答発表 ( ウ ) 特定年月日 C,

務省内にて午後の部第7問について審議した内容の文書 (デー タでもよい)すべて,について開示請求した理由は,事前に特定 年月日Mにした開示請求において法務省側から開示できる情報は 6件のみ(その後7件となり,増えており信用性は全くない。) であり法務省側からの返答内容や電子メール等は一切ないとの返 答を受けている(審査請求人がメール等も行政文書にあたるかを その際に確認し,電子文書は行政文書にあたると返答されてい る。)。そして,10回程度だが,平成26年度司法書士試験に おける出題ミスについて審議した内容にあたる文書が存在するこ と,かつ,他にも平成26年度司法書士試験の出題ミスを指摘す る電子データ等があることを何度も説明し,上にちゃんと説明し た方がいいよ(感じ的には上にはちゃんと説明しないとは感じま した。)と審査請求人は法務省職員に諫言している。次に,法務 省側から,間違った判断で,法務省内での審議した内容は開示請 求した内容には該当しないのではないか,との疑義まで電話で返 答してきたので,後に訂正してきたが,審査請求人は,ちゃんと 新しい開示請求において審議した内容と特定した上で,特定年月 日Oに開示請求を審議した内容に限定して行ったものである。
さらに見せる

36 さらに読み込む

「移動支援事業の新規委託協定について」(回答書および裏面同意書) 足立区/移動支援事業(事業者用)

「移動支援事業の新規委託協定について」(回答書および裏面同意書) 足立区/移動支援事業(事業者用)

2. できるだけ早く 支払い手続きを完了するためには、 事業者の皆さ まの協力が不可欠です。 提出書類の不足、 記載内容の不備などないよう にお願いし ます。 あわせて、 請求書類の提 出締め切り はサービス提供翌月 10 日までと なっ ていますので、 こ ちら も 遅れるこ と のないよ う にし てく ださ い。 締め切り に間に合わない場合は、 必ず障がい経理係までご連絡く ださ い。

4 さらに読み込む

質問 1 11 月 30 日は厚生労働省が制定した 年金の日 だとご存じですか? あなたは 毎年届く ねんきん定期便 を確認していますか? ( 回答者数 :10,442 名 ) 知っている と回答した方は 8.3% 約 9 割は 知らない と回答 毎年の ねんきん定期便 を確認している方は約 7 割

質問 1 11 月 30 日は厚生労働省が制定した 年金の日 だとご存じですか? あなたは 毎年届く ねんきん定期便 を確認していますか? ( 回答者数 :10,442 名 ) 知っている と回答した方は 8.3% 約 9 割は 知らない と回答 毎年の ねんきん定期便 を確認している方は約 7 割

【質問3】老後の資金として、公的年金以外にご自身で準備を進めていますか? 【質問4】準備を進めていない理由は何ですか? 【質問5】主にどのような方法で準備を進めていますか? 【質問6】個人型確定拠出年金の対象が拡大される見通しですが、活用しようと思いますか? 【質問7】現在、個人年金(保険・共済・信託等)に加入していますか?

6 さらに読み込む

るときは, 開示請求をした者 ( 以下 開示請求者 という ) に参考となる情報を提供し, その補正を求めることができるものとする (2) 開示請求における本人確認は, 次に掲げる書類のいずれかを提示させ, 又は提出させて行うものとする 1 開示請求書に載されている開示請求をする者の氏名及び住所又は

るときは, 開示請求をした者 ( 以下 開示請求者 という ) に参考となる情報を提供し, その補正を求めることができるものとする (2) 開示請求における本人確認は, 次に掲げる書類のいずれかを提示させ, 又は提出させて行うものとする 1 開示請求書に載されている開示請求をする者の氏名及び住所又は

含む。以下同じ。)の請求があった場合は,個人情報保護窓口において次に定めるとこ ろにより受け付けるものとする。 (1)訂正請求を受け付けるときは,訂正請求をする者に保有個人情報訂正請求書(別 記様式第13号。以下「訂正請求書」という。)を提出させるとともに,訂正請求 をする者が,保有個人情報の本人であること(法第27条第2項の規定による訂正 請求にあっては,訂正請求に係る保有個人情報の本人の法定代理人であること。) を確認するものとする。この場合において,訂正請求書に形式上の不備があるとき は,その補正を求めることができる。
さらに見せる

63 さらに読み込む

が成立するが 本件処分日は平成 29 年 3 月 3 日であるから 平成 24 年 3 月 3 日以降 審査請求人に支給した保護費について返還を求めることは可能であ る 第 3 審理員意見書の要旨 1 結論本件審査請求には理由がないので 棄却されるべきである 2 理由 (1) 本件処分に係る生活保護

が成立するが 本件処分日は平成 29 年 3 月 3 日であるから 平成 24 年 3 月 3 日以降 審査請求人に支給した保護費について返還を求めることは可能であ る 第 3 審理員意見書の要旨 1 結論本件審査請求には理由がないので 棄却されるべきである 2 理由 (1) 本件処分に係る生活保護

第2 審査関係人の主張の要旨 1 審査請求人 本件の生命保険の解約返戻金は少額で、保護開始時の保護費の半額の手持金 は保有が認められているので法第63条の返還の理由にはならない。また、本 件の解約返戻金は臨時的収入であり、収入認定の際に控除が認められる8,0 00円を下回るため、返還の必要はない。さらに、本件処分に係る審査請求人 の債務は、地方自治法第236条に基づき5年の経過により時効消滅している。
さらに見せる

6 さらに読み込む

目次 Ⅰ 電子請求についての概要 P 2 1. 電子請求受付システム P 3 2. 電子証明書 P 3 3. 電子請求における留意事項 P 4 4. 通知文書 P 5 5. エラーコード ( 返戻理由 ) について P13 Ⅱ 電子請求受付システム利用にあたって行う準備作業 P15 Ⅲ 電子請求受付

目次 Ⅰ 電子請求についての概要 P 2 1. 電子請求受付システム P 3 2. 電子証明書 P 3 3. 電子請求における留意事項 P 4 4. 通知文書 P 5 5. エラーコード ( 返戻理由 ) について P13 Ⅱ 電子請求受付システム利用にあたって行う準備作業 P15 Ⅲ 電子請求受付

① 【電子請求受付システム総合窓口】画面にて をクリックします。 ② ログイン前の【お知らせ一覧】画面が表示されます。画面左上にある をクリックし、取得します。 ■ 電子請求受付システム及び簡易入力システム又は取込送信システムに関するお問い合わせ ◆国保中央会電子請求ヘルプデスクへのお問い合わせの前に・・・ ①各マニュアル記載のトラブルシューティングを確認してください。 ②電子請求受付システムの【FAQ】画面の内容を確認してください。
さらに見せる

17 さらに読み込む

目次 背景および目的... 4 方法 調査の概要 調査項目 集計方法 実施体制... 5 結果... 6 図表 1. 回答数 ( 率 回答者 回答機関の基本特性... 6 図表 2. 回答者の職位... 6 図表 3.

目次 背景および目的... 4 方法 調査の概要 調査項目 集計方法 実施体制... 5 結果... 6 図表 1. 回答数 ( 率 回答者 回答機関の基本特性... 6 図表 2. 回答者の職位... 6 図表 3.

アンケートには、回答内容について調査事務局より確認をさせていただく場合を想定し、記名欄 を設けております。ただし、記入は任意ですので、匿名による回答でも差し支えありません。また、 分析の際には提供していただいた情報を統計的に処理いたしますので、回答者個人や所属機関が特 定されることは一切ございません。調査への参加・協力は任意であり、拒否された場合にも何ら不 利益は生じません。

104 さらに読み込む

公募株式投資信託の解約請求および償還時

公募株式投資信託の解約請求および償還時

平成20年度税制改正により、平成21年1月1日より証券税制が変更となります。 つきましては、当社でお取扱いしております公募株式投資信託(以下、投資信託)に 関わる税制改正の概要をお知らせいたしますので、ご確認ください。 なお、今回お知らせする内容は平成20年11月時点のものであり、近頃の新聞等で報 道されております政府の追加経済対策に伴う証券税制の見直しが行われた場合、内容が変 更となることがありますので、あらかじめご了承ください。
さらに見せる

6 さらに読み込む

特許無効審判の審判請求書における補正の要旨変更についての一考察審判請求後の無効理由の主張及び証拠の追加等に関する裁判例の検討

特許無効審判の審判請求書における補正の要旨変更についての一考察審判請求後の無効理由の主張及び証拠の追加等に関する裁判例の検討

⑥特許権者の抗弁に対する否認であって請求理由を 何ら変更しないもの ⑦法律の適用条文の修正 このうち,具体的には(以下では①〜⑦の項目を便 宜上簡略化して記載する),①(周知事実の追加)とし て,周知技術,慣用技術,技術常識に関する主張及び 証拠の追加が該当するとされている。また,②(間接 事実の追加)として,当初に提出した先行技術文献の 技術内容を理解するための資料を追加で提出すること が該当するとされている。また,③(証拠調べ等での 証拠提示)として,公然実施による新規性違反の無効 理由を主張し,証人尋問を予定している際に,実際に 証人尋問の申立てを行うことが該当するとされてい る。また,④(訂正要件違反の主張)として,特許権 者の行った訂正に対して訂正要件違反を主張すること が該当するとされている。また,⑤(反対事実への反 論)として,実施可能要件違反の無効理由に関して特 許権者が実験データを提出したのに対して,その実験 データの内容を争う内容の実験データを提出すること が該当するとされている。また,⑥(抗弁に対する否 認)として,新規性違反の無効理由に関して特許権者 が意に反する公知であり新規性を喪失していない旨主 張したのに対して,意に反する公知でないことを主張
さらに見せる

15 さらに読み込む

Show all 10000 documents...