歳以上親族のいる 一般世帯数, 一般世帯人員及び

Top PDF 歳以上親族のいる 一般世帯数, 一般世帯人員及び:

高齢親族のいる世帯、高齢単身世帯、高齢夫婦世帯、外国人 平成12年国勢調査(第1次基本集計結果 05統計表)  宮崎市

高齢親族のいる世帯、高齢単身世帯、高齢夫婦世帯、外国人 平成12年国勢調査(第1次基本集計結果 05統計表) 宮崎市

22.親族人員(7区分)別65以上親族いる一般世帯一般世帯人員及び    65以上親族人員 [ 第26表] 22. Private Households with Related Members 65 Years of Age and Over, Household Members and Related Members 65 Years of Age and Over, by Number of Related Members (7 Groups) [Table 26]

15 さらに読み込む

07-7 統計表 高齢親族のいる世帯 平成17年国勢調査(第1次基本集計結果書)  宮崎市 Hokucyou 1 07 7

07-7 統計表 高齢親族のいる世帯 平成17年国勢調査(第1次基本集計結果書) 宮崎市 Hokucyou 1 07 7

第 表  住居種類・ 住宅所有関係 区分 別 以上親族一般世帯 一般世帯人員 以上親族人員 世帯当た 人員 世帯当た 延べ面積及び 人当た 延べ面積 Table 32. Private Households with Related Members 65 Years of Age and Over, Household Members, Related Members 65 Years of Age and Over, Members per Household, Area of Floor Space per Household, and Area of Floor Space per Person, by Kind of Residence and Tenure of Dwelling (6 Groups) - Shi, Machi and Mura (excluding Shi and Ku with Population of 500,000 or More)
さらに見せる

9 さらに読み込む

1 世帯人員世帯人員は 本人を含む同一生計を営む世帯の人数のことです 世帯の人数 を入力してください 住民票上の別世帯であっても 同一生計の者 ( 単身赴任中の父等 ) は世帯人員に含みます 2 家計支持者の収入 所得金額収入 所得が多い方を 主たる家計支持者の収入 所得金額 欄に入力してください

1 世帯人員世帯人員は 本人を含む同一生計を営む世帯の人数のことです 世帯の人数 を入力してください 住民票上の別世帯であっても 同一生計の者 ( 単身赴任中の父等 ) は世帯人員に含みます 2 家計支持者の収入 所得金額収入 所得が多い方を 主たる家計支持者の収入 所得金額 欄に入力してください

家計基準に合致しても、第二種奨学金貸与を受けることはできません。 家計基準判定は、世帯収入・所得 を対象としています。 後に説明します「様々な控除後」世帯収入・所得」が、この収入基準額以下場合 を、 「家計基準に合致している(満たしている) 」といいます。

5 さらに読み込む

2. 利用上の注意 統計数値 四捨五入の関係上 合計の数字と内訳の計は必ずしも一致しない また 金沢市分については 標本数が少ないことによる標本誤差に注意を要する 調査世帯について 家計調査 ( 平成 21 年平均 ) の二人以上の世帯 ( 農林漁家世帯を含む ) 集計世帯数 世帯人員等は下記のとお

2. 利用上の注意 統計数値 四捨五入の関係上 合計の数字と内訳の計は必ずしも一致しない また 金沢市分については 標本数が少ないことによる標本誤差に注意を要する 調査世帯について 家計調査 ( 平成 21 年平均 ) の二人以上の世帯 ( 農林漁家世帯を含む ) 集計世帯数 世帯人員等は下記のとお

(家計調査では、金沢市ほかに七尾市24世帯、能美市12世帯を調査対象としているが、石川県公表 は、金沢市分のみ) ◎調査内容  勤労者世帯及び勤労者以外世帯うち無職世帯については日々家計上収入及び支出を個人営 業世帯など勤労者以外世帯(無職世帯を除く)については、支出のみが「家計簿」により調査される。 ◆調査期間・・・調査は毎月行い、調査世帯は原則として6ヶ月継続調査とする。
さらに見せる

42 さらに読み込む

人口等基本集計とは 人口等基本集計は, 全ての調査票を用いて市区町村別の人口, 世帯, 住居に関する結果及び外国人, 高齢者世帯等に関する結果について集計したものである 例 ) 男女 齢 配偶関係別人口, 世帯の家族類型別世帯数, 住居の種類別世帯数, 高齢者のいる世帯数, 外国人人口 外国人のいる

人口等基本集計とは 人口等基本集計は, 全ての調査票を用いて市区町村別の人口, 世帯, 住居に関する結果及び外国人, 高齢者世帯等に関する結果について集計したものである 例 ) 男女 齢 配偶関係別人口, 世帯の家族類型別世帯数, 住居の種類別世帯数, 高齢者のいる世帯数, 外国人人口 外国人のいる

~24で, 「単独世帯割合(同28.0%)がピークとなっている。25~29になると, 結婚により「夫婦のみ世帯割合(同8.7%)が上昇し,30~34(同11.8%)が 一つ山となり,30から49まで各年齢階級では,子供が産まれて「夫婦と子供 から成る世帯」や「核家族以外世帯」に属する者割合が高くなっている。50~54 になると,子供独立などにより「夫婦のみ世帯割合が再び上昇し,75~79 で,「夫婦のみ世帯」に属する者割合(同47.3%)がピークとなる。一方,65 ~69以上各年齢階級では,老人ホームへ入居などにより「施設等世帯割 合も高くなっている
さらに見せる

40 さらに読み込む

2. 利用上の注意 統計数値 四捨五入の関係上 合計の数字と内訳の計は必ずしも一致しない また 金沢市分については 標本数が少ないことによる標本誤差に注意を要する 調査世帯について 家計調査 ( 平成 25 年平均 ) の二人以上の世帯 ( 農林漁家世帯を含む ) 集計世帯数 世帯人員等は下記のとお

2. 利用上の注意 統計数値 四捨五入の関係上 合計の数字と内訳の計は必ずしも一致しない また 金沢市分については 標本数が少ないことによる標本誤差に注意を要する 調査世帯について 家計調査 ( 平成 25 年平均 ) の二人以上の世帯 ( 農林漁家世帯を含む ) 集計世帯数 世帯人員等は下記のとお

世帯配他世帯員 収 入 経常収入 財産収入 社会保障 仕 送 り 金 特別収入 除 く ) 偶者収入 収 入 給 付 55,742 10,930 2,661 21,897 794 20,532 571 8,820 5,166 3,655 403,989 357,368 4,685 56,517 9,153 2,438 20,187 542 19,086 560 10,652 4,947 5,705 401,961 358,102 4,370 57,891 10,168 2,285 24,998 938 23,489 571 8,057 4,148 3,909 406,649 354,536 5,208 54,025 9,381 2,747 26,428 583 25,206 639 7,824 3,948 3,876 391,084 344,094 3,666 59,717 9,248 2,509 27,894 605 26,730 559 8,447 4,018 4,429 400,143 349,320 5,399 61,347 9,646 2,467 26,168 623 24,846 699 8,357 3,945 4,412 410,234 354,623 5,102 54,744 8,645 2,757 2,452 167 2,007 278 14,758 9,361 5,396 424,790 367,691 2,554 54,771 8,380 2,802 57,530 335 56,574 620 6,043 2,793 3,249 383,061 338,375 6,373 52,902 10,139 2,626 4,641 572 3,629 440 10,008 6,525 3,483 415,581 359,432 3,266 57,038 10,497 2,657 38,833 317 37,965 551 10,915 4,628 6,286 439,222 385,292 10,907 55,476 9,603 2,759 4,072 759 2,546 767 5,283 2,756 2,527 435,691 367,581 3,003 81,227 9,612 2,319 59,584 618 58,308 658 8,211 4,470 3,741 379,574 331,061 7,532 66,956 11,955 2,145 4,796 988 2,986 822 4,093 1,351 2,742 416,705 362,259 4,098 54,481 8,658 2,283 36,521 479 35,171 871 6,615 3,752 2,863 396,347 344,619 5,263 54,502 8,063 2,224 2,922 407 1,917 599 6,902 4,605 2,296 399,931 346,224 2,425 52,627 8,663 2,253 58,434 592 56,880 962 5,020 2,287 2,733 390,218 329,679 8,363 55,474 8,632 2,089 4,147 775 2,677 695 4,877 2,314 2,562 377,034 321,178 2,440 95,967 12,903 2,689 40,084 1,470 37,488 1,126 17,558 2,492 15,067 464,649 402,081 4,994
さらに見せる

41 さらに読み込む

( 高齢層では単身世帯が増加 ) 高齢化が進む中で高齢者の単身世帯が急増している 65 歳以上の単身世帯は 2000 年の 407 万世帯から 2016 年には 821 万世帯へと倍増している そして単身無職世帯では消費支出が可処分所得を月 4 万円程度上回り 貯蓄の取り崩しにより 生計を立てている

( 高齢層では単身世帯が増加 ) 高齢化が進む中で高齢者の単身世帯が急増している 65 歳以上の単身世帯は 2000 年の 407 万世帯から 2016 年には 821 万世帯へと倍増している そして単身無職世帯では消費支出が可処分所得を月 4 万円程度上回り 貯蓄の取り崩しにより 生計を立てている

一般財団法人 土地総合研究所 3 (2)高齢層節約志向と住宅 (高齢者世帯節約志向) 高齢者世帯では住宅保有率が高く、金融資産も多いなど、他世代に比較して資産形成が進んでい るものの、総務省家計調査データでみると、家事サービスや保険・医療といった生活関連サービス、 住居設備修繕・維持に対する支出割合がほか世代に対して高いことが明確になっており、労働所得 が少なく将来的なキャッシュフローに不安が大きいことから、毎月食費や光熱費、医療費、住居費な どに負担を感じ、節約志向が強まっている可能性がある。
さらに見せる

5 さらに読み込む

平成 30 年 11 月 2 日 ( 金曜日 ) 大津市 ( 滋賀県 ) 市の概要 ( 平成 30 年 10 月 1 日現在 ) 面積 :464.51km2 人口 :342,847 人 世帯数 :147,833 世帯 平成 30 年度一般会計予算 :1,080 億円 市立小中学校の概要市立学校数 (

平成 30 年 11 月 2 日 ( 金曜日 ) 大津市 ( 滋賀県 ) 市の概要 ( 平成 30 年 10 月 1 日現在 ) 面積 :464.51km2 人口 :342,847 人 世帯数 :147,833 世帯 平成 30 年度一般会計予算 :1,080 億円 市立小中学校の概要市立学校数 (

4 所感 23 年に起きた大津市で中学生いじめ 自殺事件はその内容、教育委員会対応な どが報道に大きく取り上げられ、いじめ防 止対策推進法ができるきっかけとなったこ とは記憶にあった。当時、市長が第 3 者委員 会を設置し事件を再調査していじめが明ら かになったこともあり、今でもここでは市 長部局にいじめ対策推進室が設置されてお り、弁護士や臨床心理士など 5 名が常駐し ていじめ対策にあたっているが特徴で成 果が上がっていることがわかった。
さらに見せる

7 さらに読み込む

金のみの場合は年収 28 万円以上 1 年金収入以外の所得がある場合は合計所得金額 2 16 万円以上が対象となる ただし 合計所得金額が16 万円以上であっても 同一世帯の介護保険の第 1 号被保険者 (65 歳以上 ) の年金収入やその他の合計所得が単身世帯で28 万円 2 人以上世帯で346

金のみの場合は年収 28 万円以上 1 年金収入以外の所得がある場合は合計所得金額 2 16 万円以上が対象となる ただし 合計所得金額が16 万円以上であっても 同一世帯の介護保険の第 1 号被保険者 (65 歳以上 ) の年金収入やその他の合計所得が単身世帯で28 万円 2 人以上世帯で346

また、第2号被保険者(40~64うち、協会けんぽと健保組合(平均)介護保険料率推移を みると、いずれも概ね上昇傾向である(図表4下段)。 5.要介護・要支援認定者は急増する見通し 現在人口に占める要介護・要支援認定者をベースに将来要介護・要支援認定者を算出する と、2016年12末時点630万人から2035年には900万人台まで急増する見通しである(図表5)。その後 は900万人台半ばでほぼ横ばいとなるものの、介護保険被保険者(40以上人口)に占める同認定 者割合は上昇し続け、2050年には14.3%まで拡大する見通しである(図表5)。
さらに見せる

7 さらに読み込む

表 1 有配偶率離婚率とひとり親世帯に属する子どもの割合 年 標準化有配偶離婚率 ( ) ( 基準 :1985 年 ) ひとり親世帯で暮らす 18 歳未満の子どもの割合 (%) 男性女性母子世帯父子世帯

表 1 有配偶率離婚率とひとり親世帯に属する子どもの割合 年 標準化有配偶離婚率 ( ) ( 基準 :1985 年 ) ひとり親世帯で暮らす 18 歳未満の子どもの割合 (%) 男性女性母子世帯父子世帯

しかし、そのことは現代日本社会階層構造や社会開放性を測るうえで従来分析枠組 みの有効性が低下していることを必ずしも意味しない。最新出生コーホート( 1995-2015 年)でも、両親離別を経験する子どもは 1 割強であり、その数値は家族不安定性が高い アメリカよりも極めて低い( Bumpass and Raley 1995; Andersson 2002)。同コーホート子ど もは、その多くが調査時点( 2015 年)で労働市場に新規参入しておらず、最新 SSM2015 を加えた世代間移動分析においても家族変動影響は総じて小さいともいえる。今後重要と なるは、分析単位である家族・世帯に対して一定制約条件を明示的に課すことだと考え られる。そのためには、両親職業的地位のみならず、同居世帯員やその続き柄といった子 ども期家族構造情報を考慮したうえで、出身階層を測定することが有効であろう。 最後に、本稿に残された研究課題について言及しておきたい。本稿分析では離別ひとり 親世帯に焦点をあてたため、再婚・同棲・婚外子といった他家族形成パターン影響につ いては検討できなかった。これらはいずれも家族不安定化を表す指標であり、階層研究に 対しても一定影響を及ぼす可能性がある( Tach 2015)。加えて、職業階層が離婚リスクに 及ぼす影響についてそのメカニズムを検討することができなかった。人口・家族変動と社会 移動というマクロな関係のみならず、家族形成パターンが職業階層によって異なるミクロ 的過程に焦点化した分析が求められる。人口・家族変動視点を社会階層研究に取り入れる ことは、今後も重要性を増すものでありさらなる研究蓄積が期待される。
さらに見せる

19 さらに読み込む

季刊家計経済研究 2003 SPRING No 万円 1世帯当たり平均可処分所得金額は 187.4万円 世帯人員1人当たり平均所得金額は 図表-9 高齢者世帯の平均収入の伸びに対する稼働所得 及び公的年金 恩給等の寄与率 212.3万円である 平均世帯人員は3.23人 平 均有業人員

季刊家計経済研究 2003 SPRING No 万円 1世帯当たり平均可処分所得金額は 187.4万円 世帯人員1人当たり平均所得金額は 図表-9 高齢者世帯の平均収入の伸びに対する稼働所得 及び公的年金 恩給等の寄与率 212.3万円である 平均世帯人員は3.23人 平 均有業人員

(a)年金受給者増大 62年以降はいずれ年金も、拠出制年金受 給資格期間を満たす受給者が大量に出現しはじ める時期であった。44年に始まった厚生年金(前 身労働者年金は42年)は、5人以上事業所に 勤務する常用労働者を対象とし、厚生年金受 給資格を得るには被保険者期間が20年以上、あ るいは40(女子と坑内員は35)以後被保 険者期間が15年以上必要であり、支給開始年齢 は60(女子と坑内員は55)であった。65年 以降は60から65までを対象として厚生年金 在職老齢年金制度ができた。62年は、20年資 格期間を満たした一般被保険者が老齢年金を受 け取り始めた年であったが、共済年金受給額 3分の1にすぎないほどに低かった。これが改善 されたは、65年1万円年金実現を待たねば ならなかった。この38年間、継続的に受給者、 しかも加入期間より長い受給者が増加したので あった。
さらに見せる

9 さらに読み込む

35 Vol.131 世帯は63 5% シングルも25 5%と 代までに比べ増加しています( 代の持ち家率は 2人以上世帯47 9% シングル世帯11 9%) 非持ち家の 代で 親や親族の家 に住んでいるのは 2人以上世帯8 6% シングル2 6%と低く やはり賃貸マンション アパート 借家が中心で

35 Vol.131 世帯は63 5% シングルも25 5%と 代までに比べ増加しています( 代の持ち家率は 2人以上世帯47 9% シングル世帯11 9%) 非持ち家の 代で 親や親族の家 に住んでいるのは 2人以上世帯8 6% シングル2 6%と低く やはり賃貸マンション アパート 借家が中心で

【とよだ・まゆみ】 FPラウンジ代表。マネー誌・女性誌等ラ イターを経て 1994 年より独立系FP。「家 計永続性」をテーマに、個人相談や講演 会、雑誌や新聞、サイトへ寄稿や監修など を行っている。6カ月かけて家計を見直す「家 計ブートキャンプ」も好評。『50 代家計見直 し術』(実務教育出版社)、『住宅ローンは 55 までに返しなさい!』(アニモ出版)など著 書多数。座右の銘は「笑う門には福もお金も やってくる」。
さらに見せる

6 さらに読み込む

4 入居申込者及び同居しようとする親族の収入 ( 公営住宅法に規定する月額所得 ) が収入基準に適合すること 入居収入基準 世帯全員の 1 年間の総所得金額を合算して計算した世帯の月収額 ( 月所得額 ) 一般世帯の場合 158,000 円 / 月以下 高齢者 子育て 障害者等世帯の場合 ( 注 1

4 入居申込者及び同居しようとする親族の収入 ( 公営住宅法に規定する月額所得 ) が収入基準に適合すること 入居収入基準 世帯全員の 1 年間の総所得金額を合算して計算した世帯の月収額 ( 月所得額 ) 一般世帯の場合 158,000 円 / 月以下 高齢者 子育て 障害者等世帯の場合 ( 注 1

● 地区別 地区別 地区別 地区別と団地 と団地 と団地 と団地に に について に ついて ついて ついて ・選択できる地区は、一地区のみ 一地区のみ 一地区のみです。 一地区のみ ・同一地区内であれば複数団地 複数団地 複数団地 複数団地 申込みが可能です。ただし、一番早く発生した空 き住宅へ案内となります。これを辞退した場合には 辞退した場合には 辞退した場合には 辞退した場合には、 、 、他団地住宅について 、 他団地住宅について 他団地住宅について 他団地住宅について も
さらに見せる

31 さらに読み込む

男女別 年齢階層別単身世帯数の変化 ( 2) 男女別 年齢階層別の単身世帯数は 2010 年に男性は 30 歳代以下が全体の約 45% を占めているのに対し 2035 年には 歳代が最多となっています 女性においては 2010 年に約 18% であった 80 歳代が 2035 年には約

男女別 年齢階層別単身世帯数の変化 ( 2) 男女別 年齢階層別の単身世帯数は 2010 年に男性は 30 歳代以下が全体の約 45% を占めているのに対し 2035 年には 歳代が最多となっています 女性においては 2010 年に約 18% であった 80 歳代が 2035 年には約

◆全世代 50%以上が「持家」希望 次に、“今後住みたい住まい”について 調査をしたところ、全世代 50%が「持家」を 希望していることが分かりました。特に 20 代 ・30 代においては、現在賃貸等に住んでいる 人が多いことを踏まえると、今後は住宅を購 入し、マイホームを手に入れたい人が多いこと が分かります。また 60 代では将来を見据え、 老人ホーム等を選択肢一つとして検討して いるという意見もありました。
さらに見せる

5 さらに読み込む

全国の30 歳以上の男女を調査対象に 層化無作為に抽出した300 単位区内 ( 国民栄養調査対象地区 ) の世帯 ( 約 5,000 世帯 ) の世帯員のうち 平成 12 年 11 月 1 日現在で満 30 歳以上の者の全員を調査対象としている 調査票には 既往歴 現在の治療等の状況 自覚症状 健康

全国の30 歳以上の男女を調査対象に 層化無作為に抽出した300 単位区内 ( 国民栄養調査対象地区 ) の世帯 ( 約 5,000 世帯 ) の世帯員のうち 平成 12 年 11 月 1 日現在で満 30 歳以上の者の全員を調査対象としている 調査票には 既往歴 現在の治療等の状況 自覚症状 健康

2. NIPPON DATA 特徴 NIPPON DATA80・90 は、国民を代表する大規模な集団(30 以上男女、それぞれ、 約 1 万人、8,000 人を対象)について、長期間追跡している点、およびその追跡率が 90% 以上と高い点において優れている。限界一つは、発症を追跡しているではなく、死亡 である点である。しかし、追跡時点において、 65 以上生存者に対しては、日常生活動 作能力( ADL)と「生きがい、幸福感、満足感」など主観的生活質(QOL)は追跡し ており、健康長寿を分析できるコホート研究である 1) 。
さらに見せる

9 さらに読み込む

助成対象となる世帯 助成金を受けるためには, 以下のすべての要件を満たしていることが必要です 要件 以下のいずれかに該当する世帯であること 65 歳以上のひとり暮らし世帯 65 歳以上の方と,60 歳以上の親族で構成される世帯 65 歳以上の方と同居する親族が以下のいずれかに該当する場合には, その

助成対象となる世帯 助成金を受けるためには, 以下のすべての要件を満たしていることが必要です 要件 以下のいずれかに該当する世帯であること 65 歳以上のひとり暮らし世帯 65 歳以上の方と,60 歳以上の親族で構成される世帯 65 歳以上の方と同居する親族が以下のいずれかに該当する場合には, その

○礼金・仲介手数料・火災保険料・家賃債務保証料・転居前住宅原状 回復費用金額が分かる書類と領収書など支払いを確認できる書類 ○引越し代見積書(引越し代内訳,引越し日記載があるもの)と領 収書など支払いを確認できる書類 □ ○印鑑(シャチハタ不可)

15 さらに読み込む

お手続きの確認に チェック欄をご活用ください 活用例 : 手続きチェック 6 12: 手続き完了日 チェック欄 手続きの内容 世帯主が亡くなられたとき ( かつ残りの世帯員が二人以上である場合 ) 世帯主に関係性が一番近い世帯員の方 ( 住民登録で世帯主の次に名前が記載されている方 例 : 妻や子

お手続きの確認に チェック欄をご活用ください 活用例 : 手続きチェック 6 12: 手続き完了日 チェック欄 手続きの内容 世帯主が亡くなられたとき ( かつ残りの世帯員が二人以上である場合 ) 世帯主に関係性が一番近い世帯員の方 ( 住民登録で世帯主の次に名前が記載されている方 例 : 妻や子

 来庁される場合は、必ず本人確認書類(運転免許証、パスポート、在留カード、 マイナンバーカード等顔写真つきもの。健康保険証など顔写真つきでないものについては、 複数点で確認となります。例:国民健康保険証と年金手帳など)をご持参ください。 この一覧は、死亡に伴う手続きすべてを網羅している訳ではありませんので、ご了承ください。

12 さらに読み込む

< 試算の結果について> 1ページ目は 減免対象世帯の世帯構成タイプごとの世帯人数や 年間総収入を示したものであり 表の一番左側に 世帯構成タイプを 単身の高齢世帯 単身の一般世帯 本人プラス同居親族の世帯 高齢夫婦 一般夫婦 夫婦プラス同居親族という六つのパターンに分類 それぞれの世帯人数が横軸に

< 試算の結果について> 1ページ目は 減免対象世帯の世帯構成タイプごとの世帯人数や 年間総収入を示したものであり 表の一番左側に 世帯構成タイプを 単身の高齢世帯 単身の一般世帯 本人プラス同居親族の世帯 高齢夫婦 一般夫婦 夫婦プラス同居親族という六つのパターンに分類 それぞれの世帯人数が横軸に

世帯類型別各団地別中で、3ページだけ、高齢単身世帯だけが老年者控除を適用したもの と廃止したものと2種類出ている。老年者控除を適用した方月収が高くなっているがよくわか らない。 ●3ページパターンaで、減免月収Aが7,500円、減免月収Bが3,333円。例えば、この パターンだと、減免とき月収出し方は、今は、年金も給与収入もどちらも給与収入とみなし、 所得税法上給与所得控除を適用している。その場合、例えば、A場合は、年金収入124万 円を給与とみなすと、所得控除は65万円です。124万円から65万円を引いて、そのほかに、 老年者控除を適用しているという前提なので、老年者控除が50万円、合わせて115万円控除 となり、124万円から115万円を引いて12で割り7,500円となる。
さらに見せる

7 さらに読み込む

( 図 2) 神奈川県の持ち家に住む 75 歳以上の単身高齢者世帯 H20 H25 倍率 77,500 世帯 122,500 世帯 1.58 倍 ( 総務省 : 住宅 土地統計調査 ) ( 図 3) 本市の総住宅数と総世帯数 (H25) 総住宅数 00,000 総世帯数 00,000 差引き 00

( 図 2) 神奈川県の持ち家に住む 75 歳以上の単身高齢者世帯 H20 H25 倍率 77,500 世帯 122,500 世帯 1.58 倍 ( 総務省 : 住宅 土地統計調査 ) ( 図 3) 本市の総住宅数と総世帯数 (H25) 総住宅数 00,000 総世帯数 00,000 差引き 00

空家等となるばかりでなく、何とか相続人を突き止めたとしても複数相続人意向 を確認する必要があり、利活用等妨げとなっています。相続登記は法律上義務はな いが、空家等利活用等には有効な手段であると考えます。 しかしながら、所有者等ではこうした手続きは困難な場合があったり、その他にも対 応できない事案により、公益上多く住民に影響を及ぼす事案が出てきていることから、 本市では、平成 00 年度に開設した空き家相談窓口(以下「相談窓口」という。)を引 き続き運営し問題解決を図ります。この場合、より一層充実した対応をするために空 き家相談協力事業者登録制度(※)に登録している事業者や団体に相談内容を引き継ぎ、 対応する場合があります。
さらに見せる

9 さらに読み込む

被保護世帯数 被保護人員 保護率の年次推移 生活保護受給者数は約 216 万人であり 平成 23 年に過去最高を更新して以降増加傾向が続いている 260 ( 万 ) 2.50 被保護世帯数 ( 世帯 ) 被保護人員 ( 人 )

被保護世帯数 被保護人員 保護率の年次推移 生活保護受給者数は約 216 万人であり 平成 23 年に過去最高を更新して以降増加傾向が続いている 260 ( 万 ) 2.50 被保護世帯数 ( 世帯 ) 被保護人員 ( 人 )

○ 法対象となる「生活困窮者」とは、「現に経済的に困窮し、最低限度生活を維持することができなくなるおそれある者」(法第2条第1項) である。(※ただし、モデル事業においては、生活保護受給者も含めて対応することとしている。 ) ○ その上で、住居確保給付金、就労準備支援事業、一時生活支援事業については、具体的な所得・資産要件を定めることとしているが、自立相談 支援事業においては、相談事業性格上、所得・資産に関する具体的な要件を設けるものではなく、複合的な課題を抱える生活困窮者が「制度 狭間」に陥らないよう、できる限り幅広く対応することが必要である。(※また、生活困窮者中には、社会とつながりが薄れ、自らサービスにアク セスできない者も多いことから、対象者把握は、アウトリーチも含め早期支援につながるよう配慮することが重要である。)
さらに見せる

30 さらに読み込む

Show all 10000 documents...