様式第1号、以ㄦ

Top PDF 様式第1号、以ㄦ:

様式第1号

様式第1号

3-6-3 米国国際開発庁(USAID) .................................................................................3-29 3-6-4 欧州復興開発銀行 (EBRD)..................................................................................3-29 3-6-5 国連開発計画 (UNDP).........................................................................................3-30 3-7 電力分野の課題と対策 ...............................................................................................3-31 3-7-1 2005 年の調査以降の電力分野における課題の変化.............................................3-31 3-7-2 電力分野における支援のビジョンと戦略 ............................................................3-32 3-7-3 電力分野における具体的な支援 ..........................................................................3-33 4 章 シルダリア川の水・電力資源の効率的活用と水災害軽減..........................................4-1 4-1 洪水および渇水被害、ならびに大規模貯水池の運用に係る基礎情報..........................4-1 4-1-1 使用データ ............................................................................................................4-1 4-1-2 流況データの整理・分析 .......................................................................................4-2 4-2 洪水および渇水被害軽減対策の検討............................................................................4-6 4-2-1 検討ケースの設定..................................................................................................4-6 4-2-2 結果 .....................................................................................................................4-13 4-2-3 まとめ..................................................................................................................4-18 4-3 洪水および被害軽減策が発電に与える影響の評価 ....................................................4-20 4-3-1 洪水被害対策による発電量と溢水量の変化 ........................................................4-20 4-3-2 電力需給面から見た洪水被害対策の評価 ............................................................4-24 4-4 推奨する洪水・渇水被害軽減策とその条件 ...............................................................4-25 4-5 水資源管理増進による水利用の効率性向上の方策
さらに見せる

156 さらに読み込む

(別記様式第1号)

(別記様式第1号)

2 対象鳥獣の種類 対象鳥獣 イノシシ、ニホンジカ(以下「シカ」という)、ハシブトガラス・ハシボ ソガラス(以下「カラス」という)、ヌートリア、アライグマ、ツキノワ グマ(以下「クマ」という)

10 さらに読み込む

様式第1号

様式第1号

平成28年11月8日(金)午前0時00分まで(入札開始前まで) (4)上記()のイに該当する場合の免除方法は、次のとおりとする。 ア 平成26年4月日から公告の日までに国(独立行政法人を含む。)又は地方公共団 体(出資法人を含む。 )と締結し、かつ、履行した契約金額が500万円以上の業務委 託、修繕又は工事契約2件(単体企業(若しくは経常建設工事共同企業体)又は特定建 設工事共同企業体の代表構成員として工事を請け負った実績に限る。)について、その 契約書の写し及び完了・完成検査結果通知等履行を証明するものの写しを競争参加資格 確認申請書に添付すること。
さらに見せる

5 さらに読み込む

・小規模土砂埋立行為に関する条例施行規則様式(様式第1号~様式第14号)

・小規模土砂埋立行為に関する条例施行規則様式(様式第1号~様式第14号)

(裏面) 三原市小規模土砂埋立行為に関する条例 ( 抜粋 )  (土砂搬入禁止区域の指定) 条 市長は,土砂埋立区域(500平方メートル未満のものを除く。)及びその周辺の 土地の区域(以下この項及び次項において「土砂埋立区域等」という。)において土砂埋 立行為を継続することにより,人の生命,身体又は財産を害するおそれがあると認められ る場合であって,この条例の目的を達成するため必要があると認めるときは,土砂埋立区 域等を,6月を超えない範囲で期間を定めて,土砂の搬入を禁止する区域(以下「土砂搬 入禁止区域」という。)として指定することができる。
さらに見せる

18 さらに読み込む

様式第1号(第10条関係)

様式第1号(第10条関係)

2条 本契約書の効力は、認定申請時から認定の取り消し又は格付業務の廃止があるまでとする。 (認定に係る権利と義務の順守) 3条 甲は、JAS法の定める「しょうゆ製造業者の認定の技術的基準」 (以下、 「認定の技術的基準」 という。)により認定された工場としての権利及び義務を有するとともに、認定工場としての組織構 成と業務運営を、認定の技術的基準に常に適合させるほか、JAS関連法令及び本センターの認定業 務規程に従い認定工場としての義務を順守する。また、認定を受けた後は、格付の表示及び認定製造 業者等であることの表明を適切に行うとともに、格付される製品が継続的に日本農林規格を満たすも のとする。
さらに見せる

35 さらに読み込む

様式第1号(第10条関係)

様式第1号(第10条関係)

(2)認定事業者は、農林物質の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(以下「法」という。)十四条六項及び七 項、十八条並びに十九条の規定を遵守すること。 (3)認定事業者は、法十九条の二の規定による農林水産大臣の命令に違反し,又は法二十条二項の規定による 報告をせず、若しくは虚偽の報告をし,若しくは同項若しくは法二十条の二二項の規定による検査を拒み、妨げ、 若しくは忌避してはならないこと。
さらに見せる

27 さらに読み込む

(別紙様式 第1号)

(別紙様式 第1号)

(初回緊急EBD例はチューブ抜去後乳頭到達時より計測) 事前に体外衝撃波結石破砕法を行ったものは除外する。 5.5.3 EPLBD 例におけるバルーン径・拡張方法 乳頭から2.5cm肝門側の胆管径に準じたバルーン径を選択する。拡張は基本的に用手的加圧によるも のとし、乳頭括約筋によるnotchの消失を目標とする。術者の判断で加圧器を使用することも可能である。 用手加圧、あるいは慎重な機械的加圧(1分で1気圧ずつup、3気圧まで)でもnotchの消失しない膵内胆 管狭窄例(胆管径0mm未満)はそれ以上の拡張を中止する。
さらに見せる

13 さらに読み込む

(別記様式第1号)

(別記様式第1号)

.対象鳥獣の種類、被害防止計画の期間及び対象地域 対象鳥獣 イノシシ、ニホンジカ、ツキノワグマ、アナグマ、ハシブトガラス・ ハシボソガラス(以下「カラス類」と言う)、アオサギ、ダイサギ( 以下「サギ類」と言う)、ヒヨドリ、カワウ、ヌートリア、アライグ マ、ニホンザル、カルガモ

14 さらに読み込む

様式第1号

様式第1号

自己又は法人の代表者及び法人の役員等は、暴力団(暴力団員による不当な行為の防 止等に関する法律(平成3年法律772条に規定する暴力団をいう。 ) 、 暴力団員(同条に規定する暴力団員をいう。以下同じ。 )又は暴力団員と社会的に 非難されるべき関係を有している者(以下「暴力団等」という。 )には該当しません。

24 さらに読み込む

(別記様式第1号)

(別記様式第1号)

鳥獣害対策集落リーダーの育成をこれまで以上に進め、有害捕獲の強化・ 被害防止柵の整備・環境整備を実施し、あわせて隣接市町と連携しての広 域的な捕獲、被害防止柵の設置を目指す。 3.対象鳥獣の捕獲等に関する事項 ()対象鳥獣の捕獲体制

8 さらに読み込む

(別記様式第1号)

(別記様式第1号)

また、平成27年度は日中に住宅地に出没し家庭菜園等に被害を与え、 散歩中の人間を威嚇するという事案が発生し、猟友会に緊急駆除隊の 出動を要請し捕獲活動を行った。 シカ 被害は市内全域に及んでおり、果樹類及びスギ・ヒノキ等の葉や樹皮 を食害し、樹木を枯死させている。年間700~000頭以上の捕 獲と、防護柵等の設置により被害額は減少傾向にあるが、その反面、 防護柵等の設置の影響による生息環境の変化により被害地域の拡大が 懸念されている。
さらに見せる

12 さらに読み込む

(別記様式第1号)

(別記様式第1号)

(注) 都道府県知事から市町村長に対する有害鳥獣捕獲等の許可権限の委譲を希 望する場合は、捕獲許可権限の委譲を希望する対象鳥獣の種類を記入する (鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための特別措置に関する法 律(平成 19 年法律 134 。以下「法」という。 )4条3項) 。

7 さらに読み込む

様式第1号(第○条関係)

様式第1号(第○条関係)

8条 実習については行わない。 (研修修了の認定方法) 9条 研修修了の認定方法については、研修における講義及び演習の全課程を履修し、 演習の評価基準を満たし、課題を提出した者に対して、修了試験を行い、評価基準を 満たした者に対して、修了証明書及び修了証明書(携帯用)を交付するものとする。 評価基準は、次のとおりとし、理解度の高い順にA、B、C、Dの4区分とし、 C以上で評価基準を満たしたものと認定する。
さらに見せる

5 さらに読み込む

様式第1号(第2条第1項関係)

様式第1号(第2条第1項関係)

ア 固定資産と消耗品費の相違 固定資産とは、販売を目的としない資産で、かつ決算日後年以内に現金化される予 定のない長期にわたって保有する資産のことをいいます。実務上は、法人税法施行令 (昭和 40 年政令 97 133 条を参考とし、年を超える期間において使用する 10 万円以上の資産を固定資産とみなすのが、一般的な目安となっています。ただし、この 目安は、10 万円未満のものについては費用処理(消耗品費として計上)ができるという ことであり、必ずしも固定資産として扱えないわけではなく、前述の要件に該当する資 産については固定資産となり得る点に留意が必要です。
さらに見せる

36 さらに読み込む

第1号様式(第4条関係)

第1号様式(第4条関係)

2分の以上を所有または出資していない はい いいえ 大企業(中小企業者以外の者)が複数で発行株式総数または出資総額の 3分の2以上を所有または出資していない はい いいえ 役員総数の2分の以上を大企業の役員または職員が兼務していない はい いいえ

18 さらに読み込む

様式第1号

様式第1号

①下刈り作業 大抵の植樹地では、植樹年目から雑草が生えてきて、下刈りの活動に追われています。 特に、2年目以降は、アカザ・ヨモギ・オオマツヨイグサ等の大型雑草やニセアカシア・アカ メガシワ・ノイバラ等の侵入樹木に被圧されるとともに、クズ・フジ・ヘクソカズラ・スイカズ ラ等のつる性植物に巻き付かれ、生育不良や、幹曲がりや幹折れを起こす危険性が大きくなりま す。5年目くらいまでは年に2回~3回下刈りが必要な場合が多く、生長状態によっては、6年 目以降も年回の下刈りを行う必要があります。
さらに見せる

44 さらに読み込む

第1号様式(第5条関係)

第1号様式(第5条関係)

例2 地域資源「○○」を活用した△△開発・販路開拓事業 例3 地域資源「○○」を活用した△△販路開拓事業 3 事業期間 1月募集分は 4 月~ 3 月 までの一年以内 7月募集分は 10 月~ 9 月 までの一年以内 ※複数年計画の場合も申請は年で記入

14 さらに読み込む

様式第1号

様式第1号

という。)を引き続き用いることができるという名称に関する経過措置が講 じられている。 具体的には、地域包括ケア強化法附則 14 条に規定する「 『介護医療院』 という文字を使用すること」及び平成 30 年改正省令 41 条に規定する「医 療法(昭和二十三年法律二百五四条一項に規定する地域医療支援 病院その他の患者を誤認させるような文字を用いないこと」とし、病院又は 診療所の病床の一部を転換して介護医療院を開設する場合(以下「一部転換 の場合」とする。)と病院又は診療所を廃止して介護医療院を開設する場合 (以下「全部転換の場合」とする。 )に応じて、下記のとおり取り扱うこと。 ① 一部転換の場合
さらに見せる

15 さらに読み込む

(様式第1号)

(様式第1号)

3.対象鳥獣の捕獲等に関する事項 ()対象鳥獣の捕獲体制 サ ル 駆除班員の確保、散弾銃以外の方法での捕獲、広域的な一斉捕獲の実施。 駆除班員と連携して、被害農家自ら捕獲に参加できる体制づくり。 マイスターの育成及び地域リーダーの発掘・育成。マイスターと地域リー ダー、または地域リーダー同士の連携の強化。

14 さらに読み込む

第1号様式

第1号様式

4 個人情報の当会制度目的以外への利用及び第三者への提供について 当会制度を通じて収集した個人情報は、本人の同意なく、当会制度の目的以外の利用及び上記3「個人 情報の利用について」において示した外部への提供を除き、三者へ提供することはいたしません。 ただし、次のような場合には、あらかじめ同意を得ないでお伝えした目的以外の利用、三者への提供

28 さらに読み込む

Show all 10000 documents...