業 務 の 遂 行 が 難 し く な る か ら

Top PDF 業 務 の 遂 行 が 難 し く な る か ら:

建 設 業 関 係 法 規 集 ,519 総 務 課 都 市 整 備 局 全 体 に 関 する 事 務 に 必 要 となる 法 令 通 達 の 改 正 や 新 しい 事 例 の 追 加 等 の 最 新 情 報 を 定 期 的 に 入 手 することで 円 滑 に 業 務 を 遂 行 する

建 設 業 関 係 法 規 集 ,519 総 務 課 都 市 整 備 局 全 体 に 関 する 事 務 に 必 要 となる 法 令 通 達 の 改 正 や 新 しい 事 例 の 追 加 等 の 最 新 情 報 を 定 期 的 に 入 手 することで 円 滑 に 業 務 を 遂 行 する

24年度版 1 1 4,350 4,350 総務課 予算編成作業にあたって必要ため。 住宅セーフティネット必携 平 成24年度版 3 1 6,000 18,000 住宅政策課 住宅政策課各グループにおいては、 ①住宅供給事業に関する法令等最新情報 を定期的に入手、住宅施策に関する企画業務を円滑に遂行するため。②住宅施策 企画立案など業務を行うため、法令改正状況や制度要綱等を定期的かつ的確 に把握する必要あるため。③特定優良賃貸住宅等及び高齢者向け優良賃貸住宅等 供給事業に関する法改正等最新情報を定期的に入手、民間すまいりんぐ及び公 社特優賃・高優賃供給事業に関する業務を円滑に遂行するため。
さらに見せる

16 さらに読み込む

の 自 宅 はエレベーターのない2 階 にあるため, 毎 日 階 段 の 昇 降 を 行 わないと 施 設 や 買 い 物 に 行 くこ とが 困 難 になることが 予 想 される 卒 業 後 の 生 活 を 考 えても, 階 段 昇 降 等 の 自 力 歩 行 ができる 能 力, 自 分 の 体

の 自 宅 はエレベーターのない2 階 にあるため, 毎 日 階 段 の 昇 降 を 行 わないと 施 設 や 買 い 物 に 行 くこ とが 困 難 になることが 予 想 される 卒 業 後 の 生 活 を 考 えても, 階 段 昇 降 等 の 自 力 歩 行 ができる 能 力, 自 分 の 体

(5)作業に必要動作と円滑遂行に関すること 2 題材について (1) 生徒について 対象生徒Aは,領域・教科を合わせた指導と教科別領域別指導を中心とた教育課程で学習 ている。痙性まひによる両上下肢不自由あり,てんかん,知的障害も併せ有している。予期しな い周囲音に反応,軽い発作を起こすこと多い,日常生活には支障なく過ごしている。本校 寄宿舎に入舎ており,月曜日から金曜日まで寄宿舎で過ごし,金曜日に自宅へ帰省日曜日に帰 舎てくる生活をている。
さらに見せる

10 さらに読み込む

Ⅴ 個 別 評 価 貸 倒 引 当 金 ( 法 51)3 不 動 産 所 得 を 生 ずべき 業 務 を 事 業 と 称 するに 至 らない 業 務 として 行 う 者 は その 業 務 の 遂 行 上 生 じた 未 収 家 賃 等 の 貸 倒 による 損 失 の 見 込 額 について 貸 倒 引

Ⅴ 個 別 評 価 貸 倒 引 当 金 ( 法 51)3 不 動 産 所 得 を 生 ずべき 業 務 を 事 業 と 称 するに 至 らない 業 務 として 行 う 者 は その 業 務 の 遂 行 上 生 じた 未 収 家 賃 等 の 貸 倒 による 損 失 の 見 込 額 について 貸 倒 引

問1 あなたは、居住者Aから、 「今後、不動産貸付により収入を得ようと考えている。当面は事業と称する に至らない規模で貸付けとなる見込みだ、行く行くは貸付規模を拡充、事業として不動産貸付を 行う予定である。事業と称するに至らない業務から生ずる所得場合と事業から生ずる所得とでは、不 動産所得所得金額を算出する上でなんらかの相違ある。 」という質問を受けた。
さらに見せる

16 さらに読み込む

( 企 画 立 案 取 材 撮 影 flash gif アニメーション イラストレーション 掲 出 用 バナー 等 の 作 成 デザイン 原 稿 データ 作 成 レイアウト 翻 訳 等 ) 受 託 者 が 業 務 を 遂 行 する 上 で 必 要 な 資 料 等 は 受 託 者 において 入 手 す

( 企 画 立 案 取 材 撮 影 flash gif アニメーション イラストレーション 掲 出 用 バナー 等 の 作 成 デザイン 原 稿 データ 作 成 レイアウト 翻 訳 等 ) 受 託 者 が 業 務 を 遂 行 する 上 で 必 要 な 資 料 等 は 受 託 者 において 入 手 す

(企画立案、取材・撮影、flash・gif アニメーション・イラストレーション、掲出用バナー 等作成・デザイン・原稿データ作成・レイアウト・翻訳等) ※受託者業務を遂行する上で必要資料等は、受託者において入手することを原則とす 。但し、甲府市と協議上、必要に応じて甲府市所有するものを貸与することもで きる。この場合、貸与資料等複製・複写可否、返却等については、甲府市指示に 従うこと。
さらに見せる

5 さらに読み込む

本 業 務 と 類 似 する 業 務 国 又 は 地 方 公 共 団 体 発 注 の 延 床 面 積 5,000 m2 以 上 の 行 政 庁 舎 整 備 に 係 る 設 計 業 務 ただし 学 校 病 院 文 化 施 設 等 は 除 く (8) 以 下 のいずれかの 資 格 を 有 する 者 を

本 業 務 と 類 似 する 業 務 国 又 は 地 方 公 共 団 体 発 注 の 延 床 面 積 5,000 m2 以 上 の 行 政 庁 舎 整 備 に 係 る 設 計 業 務 ただし 学 校 病 院 文 化 施 設 等 は 除 く (8) 以 下 のいずれかの 資 格 を 有 する 者 を

(5)大和高田市暴力団排除条例(平成 23 年条例第 22 号)第 2 条第 1 号若しくは第 2 号に該 当する者又はこれらと社会的に非難されるべき関係を有する者でないこと。 (6)過去 10 年間(平成 18 年度~平成 27 年度)において、国又は地方公共団体(市・区に 限る)庁舎建設に係る基本構想又は基本計画策定に関する業務実績(業務名に関係なく、 仕様書9に示す業務内容を含むと認められるもの)を有していること。

7 さらに読み込む

本 報 告 書 は, 内 閣 府 からの 委 託 事 業 として, 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 が 実 施 した 平 成 23 年 度 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 に 係 る 避 難 区 域 等 における 除 染 実 証 業 務 の 成 果

本 報 告 書 は, 内 閣 府 からの 委 託 事 業 として, 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 が 実 施 した 平 成 23 年 度 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 に 係 る 避 難 区 域 等 における 除 染 実 証 業 務 の 成 果

3 3.2 生活環境放射線測定結果 協力者ご自宅 215 世帯を訪問て屋内外で周辺線量当量率測定を行った。屋外で測定結 果を図 3.2-1 に示す。今回測定を行った範囲ではほとんど家屋で 1 μSv/h 未満であった。また,家 屋内外で調査結果をもとに,屋内線量率を屋外線量率で除た値として,家屋遮へい効果 (被ばく低減係数=屋内線量率/屋外線量率)を算出た。家屋被ばく低減係数分布を図 3.2-2 に示す。従来,地表沈着核種に対する木造家屋低減係数は 0.4 とされてきた,本調査結 果 0.4 を下回るご家庭は全体 1 割程度であった。また,測定た中には低減係数 1 を上回るご 家庭もあり,屋外よりも屋内線量率高いご自宅も存在ており,これまでに考えられてい た値よりも低減係数高めに見積もられる傾向あった。
さらに見せる

34 さらに読み込む

ド 向 けに 証 券 売 買 の 執 行 清 算 決 済 やカストディ 証 券 レンディング レバレッジ 取 引 に 用 いられ る 資 金 のファイナンスにとどまらず ミドルオフィス 業 務 やバックオフィス 業 務 の 代 行 まで 行 う プラ イムブローカレッジといわれる 丸 抱 え 型 の

ド 向 けに 証 券 売 買 の 執 行 清 算 決 済 やカストディ 証 券 レンディング レバレッジ 取 引 に 用 いられ る 資 金 のファイナンスにとどまらず ミドルオフィス 業 務 やバックオフィス 業 務 の 代 行 まで 行 う プラ イムブローカレッジといわれる 丸 抱 え 型 の

3)金融技術革新・イノベーションによる商品開発 金融技術革新・イノベーションによる商品開発は、顧客へ付加価値提供有力ツールになるこ とから、証券会社競争力を高めるとともに、産業界にもプラス影響を与える。ただし、証券界・産 業界そうした新商品を通じて過度に利益追求に走るよう場合には、バブル生成や市場歪みをも たらし、証券会社事業リスクを著しく高めることになる。SPC(特別目的会社)やデリバティブなど を介した不正・粉飾や会計・税務上グレー取引行われることも少なくなく、場合によっては経営 を揺るがす事態に発展するケースもある。監督当局や監査法人これを見逃している可能性もあるので、 金融技術革新・イノベーションに基づく新商品・ソリューションを積極的に提供することで利益を上 げている場合には、慎重に評価する必要ある。
さらに見せる

8 さらに読み込む

(2) 業 務 管 理 予 定 者 との 打 ち 合 わせ 業 務 管 理 予 定 者 が 委 託 業 務 の 任 務 を 履 行 するために 必 要 な 知 識 および 端 末 操 作 方 法 を 習 得 するため 次 の 内 容 を 目 標 とし 打 ち 合 わせを 行 う 1 業 務 内 容

(2) 業 務 管 理 予 定 者 との 打 ち 合 わせ 業 務 管 理 予 定 者 が 委 託 業 務 の 任 務 を 履 行 するために 必 要 な 知 識 および 端 末 操 作 方 法 を 習 得 するため 次 の 内 容 を 目 標 とし 打 ち 合 わせを 行 う 1 業 務 内 容

練馬区保健所保健予防課(東京都練馬区豊玉北6-12-1、練馬区役所東庁舎6階)お よび区指定する場所 4 準備委託内容 予防接種および各種医療費助成に係る業務履行準備として、以下(1)~(4) 業務について委託する。なお、各種医療費助成とは、難病等医療費助成、B型・C型 ウイルス肝炎治療医療費助成、小児慢性疾患医療費助成、大気汚染医療費助成である。 (1)研修

8 さらに読み込む

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

③大分市建設工事等に係る指名停止等措置に関する要領(平成 12 年大分市告示 第 477 号)又は大分市物品等供給契約に係る指名停止基準(平成 2 年大分市告 示第 347 号)に基づく指名停止措置を受けている団体等 ④会社更生法(平成 14 年法律第 154 号)、民事再生法(平成 11 年法律第 225 号) 等に基づく再生手続等を行っている団体等又は銀行取引停止、主要取引先から 取引停止等事実あり、客観的に経営状況不健全であると判断されるもの ⑤法人市民税、法人事業所税、消費税及び地方消費税について、過去 1 年間に滞納
さらに見せる

20 さらに読み込む

二 外 国 旅 行 本 邦 と 外 国 本 邦 以 外 の 領 域 ( 公 海 を 含 む )をいう 以 下 同 じ との 間 における 旅 行 及 び 外 国 における 旅 行 をいう 三 出 張 役 職 員 が 機 構 の 業 務 のため 一 時 その 勤 務 地 ( 常 時 勤 務 している

二 外 国 旅 行 本 邦 と 外 国 本 邦 以 外 の 領 域 ( 公 海 を 含 む )をいう 以 下 同 じ との 間 における 旅 行 及 び 外 国 における 旅 行 をいう 三 出 張 役 職 員 が 機 構 の 業 務 のため 一 時 その 勤 務 地 ( 常 時 勤 務 している

3 旅行命令権者は、既に発した旅行命令等を変更(取消を含む。以下同じ。)する必要あると認め 場合で、前項規定に該当する場合には、自ら又は第6条第1項若しくは第2項規定による旅行 者申請に基づき、これを変更することできる。 4 旅行命令権者は、旅行命令等を発し、又はこれを変更するには、旅行命令等内容を記載た旅行 命令簿等に当該旅行に関する事項を記載、これを当該旅行者に提示なければならない。ただし、 旅行命令簿等に当該旅行に関する事項を記載、それを提示するいとまない場合には、口頭により 旅行命令等を発し、又はこれを変更できる。
さらに見せる

33 さらに読み込む

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

(1)公正取引委員会、乙又は乙代理人に対し、独占禁止法第7条又は同法第8条 2(同法第8条第1項第1号若しくは第2号に該当する行為場合に限る。) 規定による排除措置命令を行い、当該排除措置命令又は同法第66条第4項規定 による当該排除措置命令全部を取り消す審決確定たとき。

5 さらに読み込む

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

前項調査結果よると、半分以上については規定どおり実務されており、またいくつ かの業務は事象発生ないために該当ないものである。これら以外ものは次三つ 類型に区分することできる。すなわち、規程と実際業務(帳票)に違いある運用方針 で補完(説明)されているもの、規程業務(帳票)存在ないもの及び規程と実際業務
さらに見せる

10 さらに読み込む

[ 姿 ~l 認 知 機 能 の 獲 得 とその 使 用 に 何 らかの 図 難 さをもち, 環 境 に 適 応 することに 課 題 を ~~い 統 合 処 理 機 能, 最 適 遂 行 水 準, 覚 醒 認 節 障 害, 系 列 学 習, 空 間 認 知 機 能,

[ 姿 ~l 認 知 機 能 の 獲 得 とその 使 用 に 何 らかの 図 難 さをもち, 環 境 に 適 応 することに 課 題 を ~~い 統 合 処 理 機 能, 最 適 遂 行 水 準, 覚 醒 認 節 障 害, 系 列 学 習, 空 間 認 知 機 能,

Instructions for use Title 適応困難メカニズム解明をめざして:認知発達障害 ある子どもは、なぜ新しい環境に慣れにくい Author(s) 大松, 絵美; 片桐, 正敏; 澤木, 梨沙; 蔦森, 英史; 牧, 孝幸; 増 子, 梨絵; 室橋, 春光 Citation 北海道大学大学院教育学研究科紀要, 96: 167-225

60 さらに読み込む

現 行 工 業 地 域 準 工 業 地 域 商 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 改 正 後 準 工 業 地 域 ( 特 別 業 務 地 区 ( 第 2 種 ) 及 び 指 定 集 積 区 域 を 除 く) 近 隣 商 業 地 域 2 / 7

現 行 工 業 地 域 準 工 業 地 域 商 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 改 正 後 準 工 業 地 域 ( 特 別 業 務 地 区 ( 第 2 種 ) 及 び 指 定 集 積 区 域 を 除 く) 近 隣 商 業 地 域 2 / 7

1 / 7 岸和田市環境保全条例一部改正について 1.改正背景 岸和田市環境保全条例(以下「条例」という。)では日照障害により、近隣生活環 境に支障を及ぼさないことを目的に建物高さに対して規制を定めております。この規 制は建築基準法に定める日影規制より厳しい規制となっており、法で定める以前より 定めていた経緯から現状も残っております。

7 さらに読み込む

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ホ (旧)特定労働者派遣事業を行う事業主は、変更届出として義務付けられた内容を除き、ニ 内容を追加、変更た事業計画書を再提出する必要はない。 しかし、法第 30 条2第1項規定に基づき派遣元事業主実施する教育訓練及び同条第2 項規定に基づき派遣元事業主実施する相談機会確保その他援助(以下「キャリアア ップ措置」という。)については、キャリア・コンサルティング担当者配置状況、キャリ ア・コンサルティング実施状況、キャリアアップに資する教育訓練実施状況等について、 労働者派遣事業事業主と同様に法規定に基づき実施ていることを、労働者派遣事業報告 によって報告なければならない。
さらに見せる

10 さらに読み込む

目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 条 ( 趣 旨 )... 1 第 2 条 ( 対 象 施 設 等 )... 1 第 3 条 ( 委 託 業 務 )... 2 第 4 条 ( 業 務 の 履 行 )... 2 第 5 条 ( 指 示 の 履 行 )... 2 第 6 条 ( 業 務 監

目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 条 ( 趣 旨 )... 1 第 2 条 ( 対 象 施 設 等 )... 1 第 3 条 ( 委 託 業 務 )... 2 第 4 条 ( 業 務 の 履 行 )... 2 第 5 条 ( 指 示 の 履 行 )... 2 第 6 条 ( 業 務 監

第 15 条 受託者は、労働基準法、労働安全衛生法及びこれらに関連する諸法令等を遵守て従事者を 就業させるとともに、従事者労務管理を適正に行わなければならない。 (安全確保) 第 16 条 受託者は、労働安全衛生法、同施行令、同規則、その他災害防止関係法令定めるところ により、常に安全管理に必要措置を講じ、労働災害発生防止に努めなければならない。 2 受託者は、安全に委託業務を遂行するため作業基準、安全衛生、教育に関する計画及び 組織体制について、基準、要領、計画等を具体的に業務履行計画書に記載すること。また、 記載にあたっては、安全対策に使用する測定機器等についても記載、明確に
さらに見せる

127 さらに読み込む

は じ め に 本 マニュアルは 足 場 の 設 置 が 困 難 な 高 所 作 業 での 墜 落 防 止 対 策 普 及 事 業 を 厚 生 労 働 省 か ら 建 設 業 労 働 災 害 防 止 協 会 が 受 託 して 作 成 したものである 建 設 業 における 墜 落 転 落 災 害 の

は じ め に 本 マニュアルは 足 場 の 設 置 が 困 難 な 高 所 作 業 での 墜 落 防 止 対 策 普 及 事 業 を 厚 生 労 働 省 か ら 建 設 業 労 働 災 害 防 止 協 会 が 受 託 して 作 成 したものである 建 設 業 における 墜 落 転 落 災 害 の

 (耐衝撃性等)  第7条 安全帯(U字つり状態でのみ使用する構造安全帯を除く。次項及び第三項において 同じ。)は、落下試験(安全帯を取付設備等に取り付けた状態と同様状態に、かつ、質量 85キログラムトルソー(胴ベルト型安全帯落下試験にあっては、トルソー又は砂 う。以下この項において同じ。)に安全帯を装着て、当該トルソーを当該安全帯ラン ヤード最大長さに相当する距離から自由落下させる試験をいう。以下この条において同 じ。)を行った場合にトルソーを保持するもので、かつ、グリップ、フック又はカラビナに 掛かる衝撃荷重8.0キロニュートン以下ものでなければならない。
さらに見せる

58 さらに読み込む

目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅳ. 保 育 シ ス テ ム の も た ら す 困 難 性 Ⅴ. 全 体 考 察 1. 保 護

目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅳ. 保 育 シ ス テ ム の も た ら す 困 難 性 Ⅴ. 全 体 考 察 1. 保 護

感 情 と て 体 験 す 」 職 「 同 一 化 」 は 、 熱 意 あ 保 育 士 ほ ど バ ー ン ア ウ ト に 陥 り や す い こ と を 指 摘 て い 。 以 上 結 果 は 、 保 育 士 特 性 に よ 性 に は 、 ① 保 育 士 家 庭 養 育 に 対 す 認 識 問 題 、 ② 保 育 士 援 助 志 向 性 問 題 わ っ て い こ と 示 唆 さ れ 。 保 育 専 門 職 と 意 識 高 さ ゆ え に 、保 育 士 家 庭 養 育 を 厳 ち で あ 一 方 で 、保 育 士 に は「 他 者 尊 重 的 態 度 」 や 「 心 理 的 投 影 」、「 持 続 的 関 心 」 等 援 助 志 向 性 こ と っ た 。 保 育 所 保 育 指 針 に お い て は 、 保 護 者 支 援 基 本 原 則 示 さ れ た も 、 現 状 に お い て は 支 援 対 象 理 解 や 方 法 等 、保 育 士 う 保 護 者 支 援 は 十 分 体 系 化 さ れ て い い 。 保 育 士 子 ど も 視 点 保 護 者 を 厳 評 価 す こ と や 、 同 一 化 に よ り 過 剰 負 担 を 抱 え こ と は 、 こ う た 背 景 と も 無 関 係 で は い だ ろ う 。
さらに見せる

11 さらに読み込む

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

コンバインを水稲と共用た場合は、とくに入念に掃除を行い、異種穀粒混入を防止する。 脱穀回転数は麦用(稲より約10%減)とその他調整も麦用に設定する。開始時に試し扱ぎを て、機械的損傷粒発生ない事を確かめてから本格的に作業をする。 収穫後粒は長時間放置すると熱損粒や異臭麦原因になるので、2∼3時間以内に乾燥を始 めよう共同乾燥施設に運搬する。
さらに見せる

5 さらに読み込む

儲 か る 水 産 業 の 実 現 に 向 け て 宮 崎 県 は 温 暖 な 気 候 豊 かな 自 然 環 境 のもと 地 域 の 特 性 を 生 かした 第 一 次 産 業 を 中 心 に 発 展 して まいりました さんさんとふりそそぐ 太 陽 は 豊 かな 作 物 を 育 て 青 く 澄 ん

儲 か る 水 産 業 の 実 現 に 向 け て 宮 崎 県 は 温 暖 な 気 候 豊 かな 自 然 環 境 のもと 地 域 の 特 性 を 生 かした 第 一 次 産 業 を 中 心 に 発 展 して まいりました さんさんとふりそそぐ 太 陽 は 豊 かな 作 物 を 育 て 青 く 澄 ん

第 2 章 基 本 目 標 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 21 第 3 章 水 産 ・ 漁 村 目 指 す 将 来 像 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 22 第 4 章 将 来 像 実 現 に 向 け た 施 策 基 本 方 向 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 23 第 5 章 水 産 ・ 漁 村 に 関 す 指 標 と 見 通 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 25 第 6 章 計 画 推 進 体 制 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 26
さらに見せる

57 さらに読み込む

Show all 10000 documents...