条の 2(認定事業

Top PDF 条の 2(認定事業:

別紙 2 様式第十八 ( 第 13 条関係 ) 認定事業再編計画の内容の公表 1. 認定をした年月日平成 27 年 7 月 6 日 2. 認定事業者名 WAKUWAKU JAPAN 株式会社 3. 認定事業再編計画の目標 (1) 事業再編に係る事業の目標スカパー JSAT グループ ( 以下 スカパ

別紙 2 様式第十八 ( 第 13 条関係 ) 認定事業再編計画の内容の公表 1. 認定をした年月日平成 27 年 7 月 6 日 2. 認定事業者名 WAKUWAKU JAPAN 株式会社 3. 認定事業再編計画の目標 (1) 事業再編に係る事業の目標スカパー JSAT グループ ( 以下 スカパ

新たな将来コア事業として平成 26 年 2 月からスカパーJSAT 株式会社が開始した、海外 向け日本コンテンツ専門チャンネル WAKUWAKU JAPAN 事業(以下「本事業」)は、従来、放送コ ンテンツ海外における販売形態としてあった、各個社による番組単体売りではなく、恒常 的に日本コンテンツを放送するチャンネルとして組成し、各国言語にローカライズする ことで効率的に放送コンテンツエリア拡大をはかるものです。スカパーJSAT 株式会社は本 事業を推進する子会社として、平成 27 年 5 月 1 日付けで WAKUWAKU JAPAN 株式会社(以下「当 社」)を設立し、平成 27 年 7 月 1 日(予定)に簡易吸収分割方式によりスカパーJSAT 株式会 社 100%子会社である当社が本事業を譲り受けると共に、その後、第三者割当増資を行い、 スカパーJSAT 株式会社及び株式会社海外需要開拓支援機構(以下「クールジャパン機構」 ) 出資を受ける予定です。本共同出資を通じて、①単独ではリスクが大きく実行が困難であ る大規模な資金先行投資が可能、②クールジャパン戦略及びビジットジャパン戦略を推進 する政府や国内企業等と連携強化による強固なオールジャパン体制構築、及び③早期 多国展開を実現することで、事業展開加速化・収益更なる向上を推し進めてまいります。
さらに見せる

6 さらに読み込む

様式第十二 ( 第 10 条関係 ) 認定経営資源再活用計画の内容の公表 1. 認定した年月日平成 24 年 1 月 31 日 2. 認定事業者名富士フイルムイメージテック株式会社 3. 認定経営資源再活用計画の目標 (1) 経営資源再活用に係る事業の目標認定事業者は 富士フイルム株式会社コンシュー

様式第十二 ( 第 10 条関係 ) 認定経営資源再活用計画の内容の公表 1. 認定した年月日平成 24 年 1 月 31 日 2. 認定事業者名富士フイルムイメージテック株式会社 3. 認定経営資源再活用計画の目標 (1) 経営資源再活用に係る事業の目標認定事業者は 富士フイルム株式会社コンシュー

一方、認定事業者はビジネスユースに関連した画像・情報サービス販売を行っているが、コア事 業法人向け大型ディスプレイ出力・ICカード関連ビジネス、画像・情報サービスは、技術進 展が早く、また提案型営業であるために工数がかかりビジネス展開に時間がかかっている。 このたび、認定事業者は富士フイルム株式会社と吸収分割契約を締結し、同社コンシューマー営 業本部が営む事業を承継することを決定し(承継会社は商号を富士フイルムイメージングシステムズ 株式会社に変更する予定) 、一般消費者から法人向けまで、イメージングに係るあらゆる分野営業活 動を一元化して行う体制を構築し、認定事業技術・サービスと富士フイルム株式会社コンシュー マー営業本部営業力を効率的に活用して、技術進化へ対応、双方にとって新たな販路開拓、人 事システム刷新など抜本的な改革に取り組む。これにより、収益力向上や新たな需要を拡大し、 事業価値更なる向上を目指す。
さらに見せる

5 さらに読み込む

様式第三 認定事業再構築計画の内容の公表 1. 認定した年月日平成 17 年 9 月 16 日 2. 認定事業者名ユーエフジェイ信用保証株式会社 3. 認定事業再構築計画の目標 (1) 事業再構築に係る事業の目標 ユーエフジェイ信用保証株式会社 ( 平成 18 年 1 月 1 日 三菱 UFJ 住宅

様式第三 認定事業再構築計画の内容の公表 1. 認定した年月日平成 17 年 9 月 16 日 2. 認定事業者名ユーエフジェイ信用保証株式会社 3. 認定事業再構築計画の目標 (1) 事業再構築に係る事業の目標 ユーエフジェイ信用保証株式会社 ( 平成 18 年 1 月 1 日 三菱 UFJ 住宅

事業革新 第2第2項  これまで、オートスコアリングシステム(自動審査システム)を導入 第2号ハ し、審査期間短縮と審査効率化を進めてきた。  その結果、平成16年度には、全社においてオートスコアリングシス テムを稼動させ、自動審査化率は52%となり、販売費は、導入前 平成13年度に比べ46%削減となっている。今後は、取組案件が 大幅に増加することが見込まれることから、自動審査化率更なる 向上と正式審査期間短縮を図るため、以下とおり、オートスコアリ ングシステムに連動する「個人信用情報システム」高度化・効率化 を進めるとともに、UFJ銀行と共同でオートスコアリングシステムと連動 する「要注意案件検知システム」を開発・導入し、審査業務効率化を 図る。
さらに見せる

8 さらに読み込む

認定個人情報保護団体としての業務当協会は 認定個人情報保護団体の業務として 個人情報保護法第 47 条に規定されている下記の事項を行う 業務の対象となる個人情報取扱事業者 ( 以下 対象事業者 という ) の 1. 個人情報の取扱いに関する個人情報保護法第 52 条の規定による苦情の処理 2. 個人

認定個人情報保護団体としての業務当協会は 認定個人情報保護団体の業務として 個人情報保護法第 47 条に規定されている下記の事項を行う 業務の対象となる個人情報取扱事業者 ( 以下 対象事業者 という ) の 1. 個人情報の取扱いに関する個人情報保護法第 52 条の規定による苦情の処理 2. 個人

なお、個人情報利用目的説明や窓口機能等整備、開示求めを受け付ける方法を定める場合 等に当たっては、障害ある方にも配慮する必要がある。 8.遺族へ死者個人情報提供取扱い 法は、OECD8原則趣旨を踏まえ、生存する個人情報を適用対象とし、個人情報目的外利 用や第三者提供に当たっては本人同意を得ることを原則としており、死者情報は原則として個人情 報とならないことから、法及び本指針対象とはならない。しかし、本人が死亡した際に、遺族から個人 情報が含まれる諸記録について照会が行われた場合、対象事業者は、本人生前意思、名誉等を 十分に尊重しつつ、特段配慮が求められる。このため、本人が死亡した際遺族に対する個人情報 提供については、社会通念に照らした上で遺族に対して諸記録提供を行うものとする。
さらに見せる

47 さらに読み込む

( 総則 ) 第 1 条 学校法人秋津学園が設置運営する認定こども園 ( 以下 園という ) の運営管理について は 法令に定めるもののほか この規程に定めるところによる ( 事業の設置運営主体 ) 第 2 条 (1) 事業者名称 学校法人秋津学園 (2) 代表者 理事長 小島聖 (3) 所在地 東

( 総則 ) 第 1 条 学校法人秋津学園が設置運営する認定こども園 ( 以下 園という ) の運営管理について は 法令に定めるもののほか この規程に定めるところによる ( 事業の設置運営主体 ) 第 2 条 (1) 事業者名称 学校法人秋津学園 (2) 代表者 理事長 小島聖 (3) 所在地 東

(※2)園服を一式そろえた額です。 その他 ・入園準備金については、納入後は入園辞退しても原則として返還いたしません。 但し、保護者転勤等やむを得ない事情により、本園に通園不可能になる場合で、入園する月前月末日まで に入園辞退申し出と、次書類を入園後 1 か月以内に提出された場合に限り、入園準備金を返還いたします。 (入園準備金を会社等が補助する場合および単なる自己都合による転居は返還対象になりません。 )
さらに見せる

6 さらに読み込む

6 贈与認定申請基準事業年度の貸借対照表 損益計算書など会社法第 435 条第 2 項又は第 67 条第 2 項に規定する書類 貸借対照表 損益計算表 株主 ( 社員 ) 資本等変動計算書 個別注記表 事業報告書 附属明細書 ( 勘定科目内訳書 ) 7 当該贈与の時から当該贈与に係る贈与認定申請基準

6 贈与認定申請基準事業年度の貸借対照表 損益計算書など会社法第 435 条第 2 項又は第 67 条第 2 項に規定する書類 貸借対照表 損益計算表 株主 ( 社員 ) 資本等変動計算書 個別注記表 事業報告書 附属明細書 ( 勘定科目内訳書 ) 7 当該贈与の時から当該贈与に係る贈与認定申請基準

・贈与日からみて直前に日本年金機構等から通知を受けた「健康保険・厚生年金保険被保険者標準報酬月 額決定通知書」 (当該通知対象になっていない方に係る「 (同)改定通知書」を含む)写し ・上記標準報酬月額決定手続きをして以降、贈与認定申請基準日まで間に被保険者増減があった場合 に日本年金機構等から通知を受けた「健康保険・厚生年金保険資格取得確認および標準報酬決定通知書」 写しまたは「健康保険・厚生年金保険資格喪失確認通知書」写し
さらに見せる

8 さらに読み込む

はじめに ~ 目次 ~ 1. 制度の概要 2. 認定申請手続について (1) 申請対象者 (2) 認定申請に必要な書類 (3) 認定申請の受付及び審査 (4) 認定基準 (5) その他 3. 認定後の手続及び認定輸出者の義務等について (1) 変更の届出 (2) 認定の更新 (3) 認定輸出者の義務

はじめに ~ 目次 ~ 1. 制度の概要 2. 認定申請手続について (1) 申請対象者 (2) 認定申請に必要な書類 (3) 認定申請の受付及び審査 (4) 認定基準 (5) その他 3. 認定後の手続及び認定輸出者の義務等について (1) 変更の届出 (2) 認定の更新 (3) 認定輸出者の義務

(特定原産品でなかったこと等通知等) 第7認定輸出者は、第二種特定原産地証明書を作成した日以後経済産業省令で定める期間を経過する日まで 間において次に掲げる事実を知ったときは、経済産業大臣に対し、遅滞なくその旨を書面により通知しなければ ならない。ただし、その事実が第二号若しくは第三号に掲げるものであって経済産業省令で定める軽微なものであ るとき、又は当該第二種特定原産地証明書を当該証明用に供しないこととしたときは、この限りでない。 一 当該第二種特定原産地証明書が作成された物品が特定原産品でなかったこと。
さらに見せる

23 さらに読み込む

保育所等との連携 第 6 条家庭的保育事業者等 ( 居宅訪問型保育事業を行う者 ( 以下 居宅訪問型保育事業者 という ) を除く 以下この条 第 7 条第 1 項 第 14 条第 1 項及び第 2 項 第 15 条第 1 項 第 2 項及び第 5 項 第 16 条並びに第 17 条第 1 項から第

保育所等との連携 第 6 条家庭的保育事業者等 ( 居宅訪問型保育事業を行う者 ( 以下 居宅訪問型保育事業者 という ) を除く 以下この条 第 7 条第 1 項 第 14 条第 1 項及び第 2 項 第 15 条第 1 項 第 2 項及び第 5 項 第 16 条並びに第 17 条第 1 項から第

(1) 乳児又は満2歳に満たない幼児を入所させる保育所型事業所内保育事業所には、乳児室又はほふく室、医 務室、調理室(当該保育所型事業所内保育事業所を設置及び管理する事業主が事業場に附属して設置する炊事 場を含む。第5号において同じ。)及び便所を設けること。 (5) 満2歳以上幼児(法第63第12項第2号規定に基づき保育が必要と認められる児童であって満3歳 以上ものを受け入れる場合にあっては、当該児童を含む。以下この章において同じ。)を入所させる保育所型事 業所内保育事業所には、保育室又は遊戯室、屋外遊戯場(保育所型事業所内保育事業付近にある屋外遊戯 場に代わるべき場所を含む。次号において同じ。)、調理室及び便所を設けること。
さらに見せる

20 さらに読み込む

平成21年度の認定事業者について いわき市新商品生産による新事業分野開拓者認定事業 | いわき市役所

平成21年度の認定事業者について いわき市新商品生産による新事業分野開拓者認定事業 | いわき市役所

○いわき市新商品生産による新事業分野開拓者認定事業について 本事業は、優れた新商品を有しながら受注実績がないために販路開拓に苦労していた中小企業やベンチャー 企業等を、市機関で受注実績をつくることにより、販路開拓面から支援することを目的としています。 新商品生産により新たな事業分野開拓を図る者として市長認定を受けた中小企業等が新商品として生 産する物品を、認定期間内に、市が、地方自治法施行令第1672第1項第4号に基づき、通常入札制度に よらない随意契約により調達することを可能とした制度です。
さらに見せる

1 さらに読み込む

ASNITE 試験事業者認定の一般要求事項 (TERP21) ASNITE 校正事業者認定の一般要求事項 (CARP21) ASNITE 試験事業者 IT 認定の一般要求事項 (TIRP21) ASNITE 標準物質生産者認定の一般要求事項 (RMRP21) ASNITE 試験事業者認定の一般要求事

ASNITE 試験事業者認定の一般要求事項 (TERP21) ASNITE 校正事業者認定の一般要求事項 (CARP21) ASNITE 試験事業者 IT 認定の一般要求事項 (TIRP21) ASNITE 標準物質生産者認定の一般要求事項 (RMRP21) ASNITE 試験事業者認定の一般要求事

・ JCSS 認定・登録事業者が認定・登録範囲外で発行する校正証明書 (略) 注記)JCSS は法律に基づく制度であるため、国家計量標準である特定標準 器等(特定副標準器を含む)又は特定標準物質を用いて校正又は値付 けをする機関が法令(計量法第 135 第 1 項)において定められてお り、それら機関が発行する jcss 証明書が CIPM MRA 範囲外で発行さ れた場合であっても、校正事業者は 6.3.1 ア)と同等証明書とし て利用することができる。
さらに見せる

5 さらに読み込む

様式第5号の2特例認定申請 二以上の事業者による産業廃棄物の処理に係る特例認定  熊本市ホームページ

様式第5号の2特例認定申請 二以上の事業者による産業廃棄物の処理に係る特例認定 熊本市ホームページ

 廃棄物処理及び清掃に関する法律第 12 7第1項規定により、二以上事業 者による産業廃棄物処理に係る特例認定を受けたいので、関係書類及び図面を添え て申請します。 申請に係る収集、運搬又は処 分を行う産業廃棄物種類( 石綿含有産業廃棄物、水銀使 用製品産業廃棄物又は水銀含 有ばいじん等が含まれる場合 は、その旨を含む。)

3 さらに読み込む

目次 第 1 章総則 1 第 1 条 ( 適用の範囲 ) 1 第 2 条 ( 事業の目的 ) 1 第 3 条 ( 準拠する法令等 ) 1 第 4 条 ( 協議 ) 1 第 5 条 ( 業務実施計画 ) 1 第 6 条 ( 管理技術者等 ) 2 第 7 条 ( 報告の義務 ) 2 第 8 条 ( 関係

目次 第 1 章総則 1 第 1 条 ( 適用の範囲 ) 1 第 2 条 ( 事業の目的 ) 1 第 3 条 ( 準拠する法令等 ) 1 第 4 条 ( 協議 ) 1 第 5 条 ( 業務実施計画 ) 1 第 6 条 ( 管理技術者等 ) 2 第 7 条 ( 報告の義務 ) 2 第 8 条 ( 関係

第4章 第2年度(平成31年度)業務内容 ・・・・・・・・・・・・・ 13 第 27 (路線価(路線形状)見直し及び新設) ・・・・・・・・・・・ 13 第 28 (価格形成要因調査) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 14 第 29 (統計分析) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 15 第 30 (路線価算定比準表作成) ・・・・・・・・・・・・・・・ 15 第 31 (評価替え資料作成) ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 15 第 32 (鑑定評価確認支援) ・・・・・・・・・・・・・・・・ 15 第5章 第3年度(平成32年度)業務内容 ・・・・・・・・・・・・・ 16 第 33 (路線価算出) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16 第 34 (路線価点検及び調整) ・・・・・・・・・・・・・・・・ 16 第 35 (路線価合同検証) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16 第 36 (下落修正等による修正) ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16 第 37 (基幹システムへ送り込みデータ作成) ・・・・・・・・・ 16 第 38 (公開用路線価図等作成) ・・・・・・・・・・・・・・・ 17 第 39 (新規路線価算定システム構築) ・・・・・・・・・・・・ 17 第 40 (報告書作成) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 17 第 41 (市民等へ説明文書作成) ・・・・・・・・・・・・・・・ 17 第6章 共通年度(平成30年度~平成32年度)業務内容 ・・・・・・ 18 第 42 (固定資産鑑定評価業務委託先と協議ため支援) ・・・ 18 第 43 (平成33年度評価用 GIS データ整備) ・・・・・・・・・ 18 第 44 (標準宅地時点修正率バランス検証) ・・・・・・・・・・ 18 第 45 (資産評価システム研究センター提出用データ作成) ・・・・ 18
さらに見せる

25 さらに読み込む

新 ( 事業規程等 ) 第 10 条 ( 略 ) 2~5 ( 略 ) ( 削除 ) 6 第 7 条第 1 項第 14 号の事業の実施に当たっては 共済規程の定めるところによるものとする 7~8 ( 略 ) ( 事業規程等 ) 第 10 条 ( 略 ) 2~5 ( 略 ) 6 第 7 条第 1 項第

新 ( 事業規程等 ) 第 10 条 ( 略 ) 2~5 ( 略 ) ( 削除 ) 6 第 7 条第 1 項第 14 号の事業の実施に当たっては 共済規程の定めるところによるものとする 7~8 ( 略 ) ( 事業規程等 ) 第 10 条 ( 略 ) 2~5 ( 略 ) 6 第 7 条第 1 項第

2 前項規定により仮にした 議決 (以下こ において「 仮議決 」という。 )があった 場合には、組合員に対し、当該 仮議決 趣 旨を通知し、当該 仮議決 日から1月以内 に再度総会を招集しなければならない。 3 前項総会において第1項に規定する多 数をもって 仮議決 を承認した場合には、当 該承認あった時に、当該 仮議決 をした事 項に係る 議決 があったものとみなす。 (総会続行又は延期)
さらに見せる

13 さらに読み込む

目次 平成 30 年度から以下の内容が変わりました 1 1 教育 保育の必要性の認定について 2 (1) 保育を必要とする事由 2 (2) 認定証の交付 3 2 教育 保育の種類 4 (1) 保育所 6 (2) 小規模保育事業 (3) 家庭的保育事業 8 9 (4) 認定こども園 10 (5) 私立

目次 平成 30 年度から以下の内容が変わりました 1 1 教育 保育の必要性の認定について 2 (1) 保育を必要とする事由 2 (2) 認定証の交付 3 2 教育 保育の種類 4 (1) 保育所 6 (2) 小規模保育事業 (3) 家庭的保育事業 8 9 (4) 認定こども園 10 (5) 私立

保育園ごとに保育環境などが異なります。入園を希望する保育園を選択する際は、事前に各保育園へ 問合せうえ、見学することをお勧めします。保育園は「集団保育が可能であり、医療行為必要がな いこと」を条件としています。障がい児や特別な配慮が必要な場合は、必ずお子様と一緒に入所希望施 設へ見学に行ってください。合わせて、入園申込前に保育課へご相談ください(障がい程度、クラ ス状況、保育士配置等により受け入れができない場合があります。)。
さらに見せる

47 さらに読み込む

目次 第 1 章総則... 1 第 1 条 約款の適用... 1 第 2 条 約款の変更... 1 第 3 条 用語の定義... 1 第 4 条 直収パケット接続事業者の料金及び技術的条件等... 4 第 5 条 特定事業者の電気通信設備との接続... 5 第 2 章接続する設備の範囲... 6 第

目次 第 1 章総則... 1 第 1 条 約款の適用... 1 第 2 条 約款の変更... 1 第 3 条 用語の定義... 1 第 4 条 直収パケット接続事業者の料金及び技術的条件等... 4 第 5 条 特定事業者の電気通信設備との接続... 5 第 2 章接続する設備の範囲... 6 第

5 契約者情報提供に係る具体的な事務処理については、当社と協定事業者と協議上定めます。 (接続協議等に関する情報等提供) 第 96 2 当社は、接続協議に関する情報、au 通信サービスサービスエリアに関する情報及び別表1 に掲げるLTE直収パケット接続装置機能に係る網改造料目安額を接続申込者が電気通信回線設備を 通じて閲覧できるようにします。サービスエリアについては、現状と相違が含まれることがあります。 2 前項規定によるほか、当社は、接続申込者から請求があるときは、第 40 2(移動無線装置に係 る確認試験実施)及び第 40 3(接続申込者請求よる移動無線装置試験)に規定する移動無線装 置と確認試験実施に関する情報、第 38 2(業務支援システム利用に関する申込み)に規定する 業務支援システム利用に関する情報、第 38 3(auICカード貸与に係る請求)に規定するau ICカード貸与に係る請求に関する情報、第 38 4(業務支援端末貸与に関する申込み)に規定す る業務支援端末貸与に関する情報、料金表第1表(接続料金)第1(網使用料)2(料金額)2-1から2- 6に規定する料金、並びに料金表第4表(その他費用)第1(auICカード貸与に係る費用額)に 規定する料金について、原価に利潤を加えたものに対する原価比率並びに原価、利潤及び需要対前年 度比に関する情報を当社事務取扱所において提供します。ただし、その情報が当社機密事項に該当す るときは、この限りではありません。
さらに見せる

90 さらに読み込む

( 認定の審査 ) 第 8 条知事は 第 6 条又は第 11 条の規定による申請があった施設の実地調査等を行い 当該申請内容が第 3 条に定める認定基準に適合していると認めるときは 認定しなければならない ( 認定書の交付等 ) 第 9 条知事は 前条の規定により認定した場合には 当該申請者に対して

( 認定の審査 ) 第 8 条知事は 第 6 条又は第 11 条の規定による申請があった施設の実地調査等を行い 当該申請内容が第 3 条に定める認定基準に適合していると認めるときは 認定しなければならない ( 認定書の交付等 ) 第 9 条知事は 前条の規定により認定した場合には 当該申請者に対して

岐阜県HACCP導入施設認定要綱 (目的) 第1 この要綱は、食品営業者にHACCP(危害分析・重要管理点)シス テム概念に基づく高度な衛生管理を推進するとともに、一定水準以上衛 生管理を行っていると認められる県内施設を認定することにより、衛生管 理不備に起因する健康被害未然防止に寄与することを目的とする。

12 さらに読み込む

就学前の子どもに関する教育 保育等の総合的な提供の推進に関する法律目次第一章総則 ( 第一条 第二条 ) 第二章幼保連携型認定こども園以外の認定こども園に関する認定手続等 ( 第三条 第八条 ) 第三章幼保連携型認定こども園 ( 第九条 第二十七条 ) 第四章認定こども園に関する情報の提供等 ( 第

就学前の子どもに関する教育 保育等の総合的な提供の推進に関する法律目次第一章総則 ( 第一条 第二条 ) 第二章幼保連携型認定こども園以外の認定こども園に関する認定手続等 ( 第三条 第八条 ) 第三章幼保連携型認定こども園 ( 第九条 第二十七条 ) 第四章認定こども園に関する情報の提供等 ( 第

ハ 申請者が、労働に関する法律規定であって政令で定めるものにより罰金刑に処せられ、 その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなるまで者であるとき。 ニ 申請者が、第七第一項規定により認定を取り消され、その取消し日から起算して五年 を経過しない者(当該認定を取り消された者が法人である場合においては、当該取消し処分 に係る行政手続法(平成五年法律第八十八号)第十五規定による通知があった日前六十日 以内に当該法人役員(業務を執行する社員、取締役、執行役又はこれらに準ずる者をいい、 相談役、顧問その他いかなる名称を有する者であるかを問わず、法人に対し業務を執行する社 員、取締役、執行役又はこれらに準ずる者と同等以上支配力を有するものと認められる者を 含む。以下ホ及び第十七第二項第七号において同じ。)又はその事業を管理する者その他 政令で定める使用人(以下この号において「役員等」という。)であった者で当該取消し日 から起算して五年を経過しないものを含み、当該認定を取り消された者が法人でない場合にお いては、当該通知があった日前六十日以内に当該事業管理者であった者で当該取消し日か ら起算して五年を経過しないものを含む。)であるとき。ただし、当該認定取消しが、認定 こども園認定取消しうち当該認定取消し処分理由となった事実及び当該事実発 生を防止するため当該認定こども園設置者による業務管理体制整備について取組状 況その他当該事実に関して当該認定こども園設置者が有していた責任程度を考慮して、 ニ本文に規定する認定取消しに該当しないこととすることが相当であると認められるものと して主務省令で定めるものに該当する場合を除く。
さらに見せる

17 さらに読み込む

消防用機器等に関する認証制度の概要 平成 22 年 6 月現在 検定自主表示認定鑑定 根拠条文 消防法第 21 条の 2 ( マーク ) 消防法施行規則別表第三 消防法第 21 条の 16 の 2 ( マーク ) 消防法施行規則別表第四 消防法第 17 条の 3 の 2 消防法施行規則第 31 条の

消防用機器等に関する認証制度の概要 平成 22 年 6 月現在 検定自主表示認定鑑定 根拠条文 消防法第 21 条の 2 ( マーク ) 消防法施行規則別表第三 消防法第 21 条の 16 の 2 ( マーク ) 消防法施行規則別表第四 消防法第 17 条の 3 の 2 消防法施行規則第 31 条の

・ 合格表示が付されたもので  なければ、販売や陳列、工事  使用等は禁止。 ・ 製造事業者が自ら、規格省  令に適合することを検査し、  適合している旨表示。 ・ 適合表示が付されたもので  なければ、販売や陳列、工事 使用等は禁止。

6 さらに読み込む

2020 年を目標とする法 司法改革支援プロジェクト (PHAP LUAT 2020) 不動産事業法目次 第一章総則... 4 第 1 条調整範囲... 4 第 2 条適用対象... 4 第 3 条用語の解釈... 4 第 4 条不動産事業の原則... 5 第 5 条事業用不動産の種類... 5 第

2020 年を目標とする法 司法改革支援プロジェクト (PHAP LUAT 2020) 不動産事業法目次 第一章総則... 4 第 1 条調整範囲... 4 第 2 条適用対象... 4 第 3 条用語の解釈... 4 第 4 条不動産事業の原則... 5 第 5 条事業用不動産の種類... 5 第

規定に従って実施される。 第 57 将来形成不動産売買,購入賃借における支払 1.将来形成不動産売買,購入賃借における支払は,複数回で実施され得る が,初回支払は契約価値 30%を超えず,引き続く回では不動産建設進 度に合致しなければならないが,顧客に対して住宅,建物を引き渡さない間 は,それまで支払全部で契約価値 70%を超えない;売主,購入賃貸人が 外国投資資本を有する企業場合,それまで支払全部で契約 50%を超え ない。
さらに見せる

35 さらに読み込む

平成 27 年度貨物自動車運送事業安全性評価事業に係る認定の状況 申請件数 (A) 取下げ件数 (B) 審査件数 (A-B)=(C) 認定件数 (D) (D/C) 新規申請 2, ,247 2, % 初回更新申請 1, ,620 1, % 2 回

平成 27 年度貨物自動車運送事業安全性評価事業に係る認定の状況 申請件数 (A) 取下げ件数 (B) 審査件数 (A-B)=(C) 認定件数 (D) (D/C) 新規申請 2, ,247 2, % 初回更新申請 1, ,620 1, % 2 回

今回認定により、安全性優良事業所は全国トラック運送事業所数 83,789 事業所(平成 27 年 12 月時点) 26.7%に相当し、トラック運送事業4分 1以上が安全性優良事業所となっています。 なお、今回申請事業うち1事業所において、不正申請を確認したため 申請を却下しました。今後もこのような行為には厳正に対処していきます。 今後も引き続き認定事業一層拡大に向けて、認定事業インセンテ ィブ拡充、荷主団体等に対する認定事業利用促進、巡回指導時等におけ る積極的な普及促進活動等に努めて参ります。
さらに見せる

9 さらに読み込む

Show all 10000 documents...