有形固定資産等の増加

Top PDF 有形固定資産等の増加:

有形固定資産に係る行政目的別の明細 自治体名 : 富田林市 年度 : 平成 28 年度 会計 : 一般会計等 区分 生活インフラ 国土保全 教育 福祉 環境衛生 産業振興 消防 総務 合計 事業用資産 5,347,866 33,536,441 6,620,696 4,676, ,776

有形固定資産に係る行政目的別の明細 自治体名 : 富田林市 年度 : 平成 28 年度 会計 : 一般会計等 区分 生活インフラ 国土保全 教育 福祉 環境衛生 産業振興 消防 総務 合計 事業用資産 5,347,866 33,536,441 6,620,696 4,676, ,776

自治体名:富田林市 年度:平成28年度 会計:一般会計 (単位:千円) 純行政コスト 34,081,557 9,807,261 1,674,522 20,790,209 1,809,565 有形固定資産増加 1,287,424 183,742 406,578 697,103 - 貸付金・基金増加 1,952,787 - - 1,952,787 - その他 10,814,305 - - - 10,814,305 合計 国府補助金 9,991,003 2,081,100 23,440,099 12,623,870

12 さらに読み込む

Ⅰ 償却資産とは (1) 償却資産とは 固定資産税である償却資産とは, 土地, 家屋以外の事業の用に供する有形固定資産 ( 構築物, 機械 設備, 器具 備品 ) で法人税又は所得税法の規定により, 減価償却額又は減価償却費が損金又は必要経費に算入されるもののうち, その取得額が少額である資産, そ

Ⅰ 償却資産とは (1) 償却資産とは 固定資産税である償却資産とは, 土地, 家屋以外の事業の用に供する有形固定資産 ( 構築物, 機械 設備, 器具 備品 ) で法人税又は所得税法の規定により, 減価償却額又は減価償却費が損金又は必要経費に算入されるもののうち, その取得額が少額である資産, そ

1 Ⅰ 償却資産とは (1)償却資産とは 固定資産税である償却資産とは,土地,家屋以外事業用に供する有形固定資産(構築物, 機械・設備,器具・備品)で法人税又は所得税法規定により,減価償却額又は減価償却費が損 金又は必要経費に算入されるものうち,その取得額が少額である資産,その他政令で定める資 産以外もの(これに類する資産で法人税又は所得税を課されないものが所有する資産を含む)
さらに見せる

12 さらに読み込む

平成30年度 償却資産(固定資産税)申告の手引き 固定資産税(償却資産)|成田市

平成30年度 償却資産(固定資産税)申告の手引き 固定資産税(償却資産)|成田市

(注 2)増加償却適用を行っている資産を所有されている場合は、税務署長へ 「増 加償却届出書」 写しを申告書に添付してください。 9.非課税、課税標準特例 一定要件を備えた資産については、固定資産税が軽減されます。該当資産をお持ち 方は、「償却資産申告書」備考欄及び「種類別明細書(増加資産・全資産用)」摘要欄 に適用条項を記載し、 「該当資産であることを証する添付書類」とともに申告してください。
さらに見せる

14 さらに読み込む

平成 28 年度社会福祉法人七施会 財務諸表に対する注記 ( 法人全体用 ) 1. 継続事業の前提に関する注記該当なし 2. 重要な会計方針 (1) 有価証券の評価方法 1 満期保有目的の債券以外の有価証券原価法 (2) 固定資産の減価償却方法 1 有形固定資産定額法 2 無形固定資産定額法 3リー

平成 28 年度社会福祉法人七施会 財務諸表に対する注記 ( 法人全体用 ) 1. 継続事業の前提に関する注記該当なし 2. 重要な会計方針 (1) 有価証券の評価方法 1 満期保有目的の債券以外の有価証券原価法 (2) 固定資産の減価償却方法 1 有形固定資産定額法 2 無形固定資産定額法 3リー

    職員退職給付に備えるため、期末における退職給付債務に基づき、期末に発生していると認め     られる額を計上してきたが、平成27年10月1日より京都社会福祉事業企業年金基金に退職給付事業     が移行されたことに伴い、平成29年度末まで3年間において取り崩すこととなった。   ②賞与引当金、徴収不能引当金については重要性が乏しいため計上していない。 3. 重要な会計方針変更

9 さらに読み込む

有形固定資産シリーズ(2)_有形固定資産の会計処理の概要 固定資産の取得・減価償却

有形固定資産シリーズ(2)_有形固定資産の会計処理の概要 固定資産の取得・減価償却

1.はじめに 我が国会計基準では、「企業会計原則」や「企 業会計原則と関係諸法令と調整に関する連続意見 書 連続意見書第三『有形固定資産減価償却につ いて』」(以下「連続意見書三」という。)におい て固定資産に関する基本的な定めは示されているも 固定資産に関する包括的な会計基準は存在し ない。例えば、取得原価範囲については連続意見 書三に示されているが、その後見直しはなされてい ない。また減価償却については、我が国法人税法 では減価償却費について、確定決算主義もと損金 経理要件が定められているため、課税所得計算に 関する法令に準拠した会計処理、いわゆる「税法 基準」による会計処理が会計実務慣行として採用さ れてきた経緯がある。しかし、会計上求められる減 価償却は税法規定に従うものではなく、一般に公 正妥当と認められる減価償却基準に基づき、合理 的に決定された一定方式に従い、計画的・規則的 に行われるべきものである。このような実務慣行と 会計基準と整合性について、減価償却は監査・保 証実務委員会実務指針第81号「減価償却に関する 当面監査上取扱い」(以下「実務指針第81号」 という。)を参考に整理がなされてきたと考えられ る。
さらに見せる

7 さらに読み込む

半田市償却資産に関する取扱い等実施要領 第 1 章償却資産の概要 1. 要領の目的この要領は 固定資産税 ( 償却資産 ) に関する事務の取扱い等を定めることにより 適正な課税業務を実施することを目的とする 2. 固定資産税における償却資産固定資産税における償却資産とは 土地及び家屋以外の事業用資産

半田市償却資産に関する取扱い等実施要領 第 1 章償却資産の概要 1. 要領の目的この要領は 固定資産税 ( 償却資産 ) に関する事務の取扱い等を定めることにより 適正な課税業務を実施することを目的とする 2. 固定資産税における償却資産固定資産税における償却資産とは 土地及び家屋以外の事業用資産

ただし、その償却資産を事業用に供するために許認可手続きが遅れている特別 な事情ない限り、許認可を受けた日を持って、その償却資産取得時期として取り扱う。 (例)X社本社(A市)が所有する機械設備(H25.11取得)について、X社工場 (B市にてH26.2新築)でH26.4から行う事業で使用するために初期設 定のみ行い保管していた。実際、H26.4にはその機械設備は X 社工場へ移設 し、工場が稼働した。申告・課税はどのように行うべきか。
さらに見せる

12 さらに読み込む

有形固定資産に係る行政目的別の明細 自治体名 : 三郷町 年度 : 平成 27 年度 会計 : 一般会計等 区分 生活インフラ 国土保全 教育 福祉 環境衛生 産業振興 消防 総務 その他 合計 事業用資産 4,466,492 10,287, ,554 1,175, ,495

有形固定資産に係る行政目的別の明細 自治体名 : 三郷町 年度 : 平成 27 年度 会計 : 一般会計等 区分 生活インフラ 国土保全 教育 福祉 環境衛生 産業振興 消防 総務 その他 合計 事業用資産 4,466,492 10,287, ,554 1,175, ,495

- - - - - - 2,069  橋梁(公共工作物) 2,053,707 - - - - - - - 2,053,707  道路(公共工作物) 739,057 - - - - - - - 739,057  公園(公共工作物) 5,318 - - - - - - - 5,318  防火水槽(公共工作物) - - - - - 3,653 - - 3,653  その他(公共工作物) 112,045 - - - - - - - 112,045 物品 3,678 27,798 1,895 62,784 176 26,255 75,541 - 198,126  物品 3,678 26,800 1,895 62,784 176 26,255 75,541 - 197,128  美術品 - 998 - - - - - - 998 無形固定資産 - 2,112 - - - - 365,448 - 367,561  ソフトウェア - 2,052 - - - - 365,448 - 367,501  その他無形固定資産 - 60 - - - - - - 60 合計 12,497,523 10,319,858 635,449 1,238,139 107,671 486,213 2,426,243 584,658 28,295,753
さらに見せる

15 さらに読み込む

3 申告の対象となる償却資産とは (1) 固定資産税が課税される償却資産とは 土地 家屋以外の事業の用に供することができる有形固定資産 ( 機械 器具 備品等 ) で 所得税又は法人税の確定申告時に減価償却の対象となる資産をいいます 具体的には次のようなものです ( 詳細は7ページ ) 種 別 コー

3 申告の対象となる償却資産とは (1) 固定資産税が課税される償却資産とは 土地 家屋以外の事業の用に供することができる有形固定資産 ( 機械 器具 備品等 ) で 所得税又は法人税の確定申告時に減価償却の対象となる資産をいいます 具体的には次のようなものです ( 詳細は7ページ ) 種 別 コー

パチンコ店 パチンコ台、パチスロ台、ゲームマシーン、両替機、玉貸機、カード発行機、島台、 ゲームセンター 店内放送設備、防犯監視設備、事務機器、内外装、駐輪・駐車場設備 印刷業 各種印刷機、活字盤鋳造機、裁断機 ブロックゲージ、ポンプ、ポータブル発電機、ブルドーザー、パワーショベル、 コンクリートカッター、ミキサー

7 さらに読み込む

目 次 申告の方法申告していただく資産申告していただく必要のない資産課税標準の特例について課税標準額等の決定減価残存率表固定資産税の決定固定資産税の納期償却資産申告書の書き方種類別明細書 ( 増加資産 全資産用 ) の書き方種類別明細書 ( 減少資産用 ) の書き方お願い 1 ページ 1 ページ 2

目 次 申告の方法申告していただく資産申告していただく必要のない資産課税標準の特例について課税標準額等の決定減価残存率表固定資産税の決定固定資産税の納期償却資産申告書の書き方種類別明細書 ( 増加資産 全資産用 ) の書き方種類別明細書 ( 減少資産用 ) の書き方お願い 1 ページ 1 ページ 2

会社や個人で工場、事務所、店舗、および賃貸住宅、貸駐車場を経営されており、事業を行うことを目 的に設備や機械・備品を所有されているかたは、地方税法第 383 条により毎年 1 月 1 日現在における 償却資産状況を資産所在地市町村長に申告することが規定されています。 つきましては、以下記載要領を参考に償却資産申告書および種類別明細書を作成し提出期限までに 提出くださいますよう、よろしくお願いいたします。資産増減や事業所所在地、前年申告内容 と変更がない場合も、償却資産申告書備考欄(右下)「1.前年と変わりなし」に○を付けて提出して ください。
さらに見せる

8 さらに読み込む

流動資産 29,669,704 流動負債 9,998,695 現金及び預金 4,675,202 支払手形 481,810 売掛金 商 固定資産 2,838,142 返品調整引当金 218,000 ( 有形固定資産 ) ( 733,874 ) 固定負債 768,616 建物 291,883 預り保証金

流動資産 29,669,704 流動負債 9,998,695 現金及び預金 4,675,202 支払手形 481,810 売掛金 商 固定資産 2,838,142 返品調整引当金 218,000 ( 有形固定資産 ) ( 733,874 ) 固定負債 768,616 建物 291,883 預り保証金

 定率法を採用しております。  なお、主な耐用年数は以下とおりであります。  建物         7年~18年  工具、器具及び備品  2年~20年  映像マスター     2年 (2)無形固定資産

5 さらに読み込む

固定資産税(償却資産)非課税・特例等申請書 届け出・縦覧・閲覧等に関する様式(固定資産税)  上越市ホームページ

固定資産税(償却資産)非課税・特例等申請書 届け出・縦覧・閲覧等に関する様式(固定資産税) 上越市ホームページ

事業の種類 設備又は機械の名称 形式番号及び仕様 製造社名 数量 取得価額 耐用年数 取得年月 備考. [記載上特に留意すべき事項][r]

2 さらに読み込む

連結貸借対照表 ( 平成 28 年 9 月 30 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) 流動資産現金及び預金受取手形及び売掛金たな卸資産繰延税金資産その他固定資産有形固定資産建物及び構築物機械装置及び運搬具土地その他無形固定資産投資その他の資産投資有価証券繰延税金資

連結貸借対照表 ( 平成 28 年 9 月 30 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) 流動資産現金及び預金受取手形及び売掛金たな卸資産繰延税金資産その他固定資産有形固定資産建物及び構築物機械装置及び運搬具土地その他無形固定資産投資その他の資産投資有価証券繰延税金資

② 数理計算上差異費用処理方法 数理計算上差異は、各連結会計年度発生時における従業員平 均残存勤務期間以内一定年数(10年)による定額法により按分し た額を、それぞれ発生翌連結会計年度から費用処理することとして おります。

7 さらに読み込む

償却資産(固定資産税)の申告について

償却資産(固定資産税)の申告について

※種類別明細書(増加資産・全資産用)【緑色】・種類別明細書(減少資産用)【赤色】について、プ リンターがなく印刷できない場合は、お手数をおかけしますが下欄問い合わせ先まで連絡をお願 いします。折り返し郵送にて明細書を送付いたします。 ※申告書及び明細書作成にあたっては、5~7ページ「3 提出していただく書類」、9~11ペ ージ「記載例」を参考にしてください。
さらに見せる

16 さらに読み込む

償却資産(固定資産税)申告の手引き

償却資産(固定資産税)申告の手引き

かねますのでご了承ください。 8 不申告または虚偽申告をした場合 資産を所有している方で、正当な理由が無く申告をしなかった場合は、地方税法386 条に基づく木津川市税条例第75条規定により過料を科せられる場合があるほか、地方 税法第368条規定による不足額に加えて延滞金を徴収されることがありますので必ず 申告してください。また、虚偽申告をされますと、地方税法第385条規定により罰 金を科せられることがありますのでご注意ください。
さらに見せる

19 さらに読み込む

償却資産(固定資産税)の申告について

償却資産(固定資産税)の申告について

4 業種別主な償却資産 5 家屋と償却資産区分 事業用に供する自己家屋に施工した建物附属設備うち、家屋所有者が所有するもの で、家屋に取り付けられ、家屋と構造上一体となって家屋効用を高めるものは家屋として評 価しますが、家屋と構造上一体となっていないものや独立した機器として性格が強いもの、 特定生産業務用に供されるものについては、償却資産として取り扱います。
さらに見せる

16 さらに読み込む

償却資産(固定資産税)申告の手引き

償却資産(固定資産税)申告の手引き

1 1 償却資産とは 固定資産対象となる償却資産とは、平成29年1月1日現在所有する土地および家屋以 外事業用に供することができる資産で、会社や個人で工場や商店などを経営しておられる 方が、その事業ために用いることができる機械、器具、備品をいいます。その減価償却費 が法人税または所得税法規定による所得計算上、損金または必要な経費に算入されるもの (法人税または所得税を課されない者が所有するものを含む)で、 次ようなものが申告対 象になります。
さらに見せる

17 さらに読み込む

償却資産(固定資産税)申告の手引き

償却資産(固定資産税)申告の手引き

となります。 9 閲覧について 価格が決定し、償却資産課税台帳に登録されますと、4月1日から5月31日まで 間(予定) 、関係者方(所有者)は市役所課税課で償却資産課税台帳を閲覧することが できます。この価格に不服ある方は、納税通知書交付を受けた日翌日から起算し3 か月以内に審査申出をすることができます。なお、閲覧につきましては、広報でお知 らせします。
さらに見せる

20 さらに読み込む

償却資産(固定資産税)申告の手引き

償却資産(固定資産税)申告の手引き

1 1 償却資産とは 固定資産対象となる償却資産とは、平成27年1月1日現在所有する土地および家屋以 外事業用に供することができる資産で、会社や個人で工場や商店などを経営しておられる 方が、その事業ために用いることができる機械、器具、備品をいいます。その減価償却費 が法人税または所得税法規定による所得計算上、損金または必要な経費に算入されるもの (法人税または所得税を課されない者が所有するものを含む)で、 次ようなものが申告対 象になります。
さらに見せる

17 さらに読み込む

固定資産税(償却資産)申告の手引き

固定資産税(償却資産)申告の手引き

固定資産税(償却資産)申告手引き 近 江 八 幡 市 平素は、市税務行政に格別ご理解ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。 さて、すでにご承知とおり事業用に供する償却資産(土地・家屋以外事業に供する 資産で構築物・機械および装置・備品)は、固定資産課税対象となります。また、地方 税法第383条規定により所有者は、毎年1月1日現在における償却資産について申告し ていただくことになっています。申告書提出期限は1月31日です。
さらに見せる

13 さらに読み込む

有形固定資産の行政目的別明細 ( 単位 : 千円 ) 区分 前年度末残高 (A) 本年度増加額 (B) 本年度減少額 (C) 本年度末残高 (A)+(B)-(C) (D) 本年度末減価償却累計額 (E) 本年度償却額 (F) 差引本年度末残高 (D)-(E) (G) 事業用資産 831,196,24

有形固定資産の行政目的別明細 ( 単位 : 千円 ) 区分 前年度末残高 (A) 本年度増加額 (B) 本年度減少額 (C) 本年度末残高 (A)+(B)-(C) (D) 本年度末減価償却累計額 (E) 本年度償却額 (F) 差引本年度末残高 (D)-(E) (G) 事業用資産 831,196,24

ション実行委員会 88,500 天文館ミリオネーション開催にかかる経費に対する負担金 消火栓維持管理に対する負担金 鹿児島市シルバー 人材センター 62,404 シルバー人材センター運営に対する補助金

16 さらに読み込む

Show all 10000 documents...