日本の産業の国際競争力の

Top PDF 日本の産業の国際競争力の:

輸入競争が日本の国内産業に与えた影響について

輸入競争が日本の国内産業に与えた影響について

こうした輸入浸透度上昇は国内労働需要に影響を与えたはずである. 産業連関表を用いた機械的な試算(厚生労働省,平成 15 年)によると, 1990 2000 年輸入比率上昇により 122 万人,輸出プラス効果を差し 引いた貿易全体純効果としても 75 万人(1990 年時点で就業者 5%相 当)就業機会が失われたことになる 3) .ただ,この計算は,2000 年時点 で輸入比率が 1990 年と同水準であったとしたら何人雇用が増えたはずかを 産業連関表から計算したものである.輸入比率上昇がなかったとしたら 2000 年における生産技術(投入係数)が輸入競合対応合理化努力等によ り当然に異なっていたと考えられる.また,非貿易財部門では雇用増加も あったことから,こうした試算結果を日本経済へ影響評価に直結させるこ とには慎重であるべきである.ただ,同試算によれば同時期に海外へ生産 移転によって 60 万人雇用が失われたとされており,国際競争影響はい ずれにせよ無視しえない.
さらに見せる

29 さらに読み込む

RIETI - 液晶産業における日本の競争力―低下原因の分析と「コアナショナル経営」の提案―

RIETI - 液晶産業における日本の競争力―低下原因の分析と「コアナショナル経営」の提案―

1)Integrating(擦り合せ); 集積する装置・部材産業戦略的パートナーとクローズド・イノベーション・ネットワーク における「暗黙知擦り合せ」より「コアナレッジ」を創造し、自国優位性を構築する。 電子が絶縁物内で移動しにくくトラップされる状態アナロジーから、このステップは図55 に示すように、グローバルなナレッジ察知とローカルな「暗黙知擦り合せ」から表現できる。 シャープアメリカ研究所事例ように、世界規模でナレッジを察知するが、技術種となる 基礎的研究に関するナレッジが主である。つまり、この基礎的なナレッジを日本に「求心的」に移 動する。しかし、不確定要素がありさらに応用研究や生産技術開発が必要である。この基礎的ナ レッジ幾つかが選択されて、生産に導入される。この生産技術開発には、装置・部材産業 戦略的パートナーとクローズド・イノベーション・ネットワークにおける擦り合せにより行 われ、コアナレッジを創造する。このコアナレッジはトラップド・テクノロジーとしてこのネッ
さらに見せる

86 さらに読み込む

目次 諮問の背景 1 Ⅰ 章造船産業と環境変化 1. 造船市場と国際競争環境 (1) 日本造船業が果たしてきた役割 (2) 日中韓の熾烈な競争時代到来 (3) 2008 年以降の超円高の時代 2. 日本造船産業の価値と成長ビジョン (1) 地域の雇用 経済や日本の貿易を支える造船産業 (2) 成長ビ

目次 諮問の背景 1 Ⅰ 章造船産業と環境変化 1. 造船市場と国際競争環境 (1) 日本造船業が果たしてきた役割 (2) 日中韓の熾烈な競争時代到来 (3) 2008 年以降の超円高の時代 2. 日本造船産業の価値と成長ビジョン (1) 地域の雇用 経済や日本の貿易を支える造船産業 (2) 成長ビ

しかしながら、北海油田を擁する欧州に代表されるように、大規模な海洋開発フィー ルドは、近隣国で発達した産業によって市場が占有されているため、新たな事業者参入 が困難となっている。また、海洋開発では浮体施設を長期間にわたりドック入りさせるこ となく使い続けること、不稼働が発生した場合逸失利益が多額になることから、過去 使用実績に基づく信頼性が重視され、納入実績に乏しい日本企業参入を一層困難なも としている。他方、舶用事業者によっては、個別機器納入実績があっても、上流石 油開発会社やエンジニアリング企業、専門オペレーター等と密接な関係が構築できて いないためにその使用実態を把握できず、ユーザーニーズをその後製品開発に活かせ ていないケースも見受けられる。加えて、契約や交渉等商慣行が一般商船と大きく異な ることや、日本には海洋資源開発分野に携わる人材を育成するシステムが存在しないと いった問題も存在している。
さらに見せる

40 さらに読み込む

液晶産業における日本の競争力―低下原因の分析と「コアナショナル経営」の提案―

液晶産業における日本の競争力―低下原因の分析と「コアナショナル経営」の提案―

1)Integrating(擦り合せ); 集積する装置・部材産業戦略的パートナーとクローズド・イノベーション・ネットワーク における「暗黙知擦り合せ」より「コアナレッジ」を創造し、自国優位性を構築する。 電子が絶縁物内で移動しにくくトラップされる状態アナロジーから、このステップは図55 に示すように、グローバルなナレッジ察知とローカルな「暗黙知擦り合せ」から表現できる。 シャープアメリカ研究所事例ように、世界規模でナレッジを察知するが、技術種となる 基礎的研究に関するナレッジが主である。つまり、この基礎的なナレッジを日本に「求心的」に移 動する。しかし、不確定要素がありさらに応用研究や生産技術開発が必要である。この基礎的ナ レッジ幾つかが選択されて、生産に導入される。この生産技術開発には、装置・部材産業 戦略的パートナーとクローズド・イノベーション・ネットワークにおける擦り合せにより行 われ、コアナレッジを創造する。このコアナレッジはトラップド・テクノロジーとしてこのネッ
さらに見せる

86 さらに読み込む

インダストリー4.0 - 日本の製造業の国際競争力強化 第1回 Pull型ビジネスモデルへの転換

インダストリー4.0 - 日本の製造業の国際競争力強化 第1回 Pull型ビジネスモデルへの転換

Ⅳ. おわりに 本稿では、日本製造業ゴールを国際競争強化、つま りその業種における世界グローバルメジャーとなることと設 定し、これに向けてPull型ビジネスモデルに転換すべきと提言 しました。これは非常に大きな変革である一方、国際競争にお いてはスピードが勝敗を分けます。国際競争から出遅れた日本 製造業は、すでに迷っている時間はありません。かつては圧 倒的な差別化要素であった高い品質や性能は、現在もニーズを 失ったわけではなく、今なお世界トップレベルであることは 間違いありません。だからこそ企業全体変革を経営層が強力 に推進することで、スピーディーかつリスクを抑えてグローバ ルメジャーになれると考えています。
さらに見せる

12 さらに読み込む

貿易特化指数を用いた 日本の製造業の 国際競争力の推移

貿易特化指数を用いた 日本の製造業の 国際競争力の推移

保険引受相談 (短期融資) ○ 中小企業経営強化を図るため、① 既存中小企業支援者、金融機関、税理士・税理士法人等中小企業支援事業を行う者を認定し ※ 、中 小機構によるソフト支援などその活動を後押しするため措置を講ずるとともに、②ものづくり産業のみならず、高付加価値型産業(クールジャパンとし て地域産業資源、農業、コンテンツ産業等)も世界に発信可能な潜在を有する中で、中小企業海外展開を促進するため、日本政策金融公庫及び 日本貿易保険を活用した中小企業海外子会社資金調達を円滑化するため措置を講ずる。
さらに見せる

6 さらに読み込む

の概要 1. 産業競争力懇談会 Council On Competitiveness Nippon () 発足 : 2006 年 6 月 目的 : 日本の産業競争力の強化に深い関心を持つ産業界の有志により 国の持続的発展の基盤となる産業競争力を高めるため 科学技術政策 産業政策などの諸施策や官民の役

の概要 1. 産業競争力懇談会 Council On Competitiveness Nippon () 発足 : 2006 年 6 月 目的 : 日本の産業競争力の強化に深い関心を持つ産業界の有志により 国の持続的発展の基盤となる産業競争力を高めるため 科学技術政策 産業政策などの諸施策や官民の役

1.『産業競争懇談会』 Council On Competitiveness – Nippon (COCN) ■ 発 足: 2006年6月 ■ 目 的: 日本産業競争強化に深い関心を持つ産業有志により、国持続的発展基盤と なる産業競争を高めるため、科学技術政策、産業政策など諸施策や官民役割分担を、 産官学協力もと合同検討により政策提言としてとりまとめ、関連機関へ働きかけを行い、 実現を図る活動を行う。
さらに見せる

14 さらに読み込む

RIETI - 東アジアエレクトロニクスデータベースの構築と日本企業の国際競争力の分析

RIETI - 東アジアエレクトロニクスデータベースの構築と日本企業の国際競争力の分析

ついて、中国と日本貿易を例にとって説明すると、繊維については労働がより豊 富な中国に比較優位があり、電子部品については資本がより豊富な日本に比較優位があり、 繊維は中国から日本に対して、電子部品は日本から中国に対して輸出されることとなる。 しかし、これらモデルでは自国と貿易相手先生産要素違いによって、品目によっ て輸出か輸入かどちらかが行われて、その両方が同時に起こることは説明できない。貿 易特化指数でいうと1か-1 どちらかとなり、その間値をとらないことになるが、図4 とおり実際は同じ品目においても輸出と輸入両方が同時に起きている。これは産業内 貿易と呼ばれ、理論的には規模経済性がある産業においておきることが分かっている。 また実証的には、一つ品目と言っても多様なタイプ製品が存在し、産業製品多様 化が進むと産業内貿易が起きやすくなる。ただし、この場合は産業分類をより細かくする と産業間貿易割合が高くなるので、産業分類取り方に注意することが必要である。ち なみに産業内貿易度合いについては、以下グルーベル・ロイド指数が存在するが、こ
さらに見せる

28 さらに読み込む

日本の展示会産業の動向と国際化への課題_pptx

日本の展示会産業の動向と国際化への課題_pptx

*ジェトロ(日本貿易振興機構) ジェトロでは、時折海外で単独日本産業見本市を開催するほか、既存 海外見本市中にジャパン・パビリョンをつくる *JTBコミュニケーションデザイン社 NANO KOREAと相互プロモーション *国際縫製機械工業会(JASMA)

59 さらに読み込む

アジアの発展と日本経済――外需動向・為替レートと日本の国際競争力

アジアの発展と日本経済――外需動向・為替レートと日本の国際競争力

大きな発展機会を提供していたはずだ.急成長するアジア域内にあって域 外先進国にも及ばなかった日本経済パフォーマンスは,日本がアジア経済 拡大という機会を十分に生かしていないことを意味するだろう. 以下では,バブル・デフレ期における日本経済を取り巻く国際環境変化 について概観した後 (第 2 節) ,まず支出サイドから標準的なマクロ輸出入 関数を使って外需動向を分析する (第 3 節) .GDP 成長率寄与度分析をす れば,バブル・デフレ期日本景気変動は主として内需変動に由来してい たという結果が得られる.一方,輸出入関数(推定式)を用いた計算では, アジア市場急拡大という日本にとって機会が,円高による国際競争 低下でほぼ完全に相殺されていた姿が浮かびあがる.こうしたマクロ(需 要)サイド理解を踏まえ,第 4 節では,円高下で日本輸出産業競争 に何が起こっていたかをよりミクロ的に検証する.具体的には,国連 COMTRADE データ・ベース品目別貿易データ (SITC(rev.2) 5 桁) を用 い,1980 2006 年四半世紀にわたる日本貿易構造変化を跡づける.詳 細な品目別データで輸出財を付加価値水準別に再分類し,日本比較優位構 造が高付加価値化に必ずしも成功していないことを示す狙いがある.最後 第 5 節では,分析結果をまとめ,バブル・デフレ期における海外要因役割 を総括している.
さらに見せる

32 さらに読み込む

日本企業の国際競争力の強化に向けて -わが国の輸出入手続きならびにインフラ構造改革に向けての中長期展望-

日本企業の国際競争力の強化に向けて -わが国の輸出入手続きならびにインフラ構造改革に向けての中長期展望-

11. 2016 年海上輸出入、航空輸出入について、件数、処理率、処理件数、単価に関するデータを通関業者から入手うえ概 算数値を算出した。海運輸出 302,760 千円、海運輸入 761,588 千円、航空輸出 928,200 千円、航空輸入 2,286,844 千円、合 計 4,279,392 千円。なお、NACCS は、顧客統計情報は非開示としている。 12. 国土交通省港湾局、平成 20 年度全国輸出入コンテナ貨物流動調査、58 頁、平成 25 年度同調査、75 頁。港湾近代化促進協 議会、2006 年~2015 年における外貿コンテナ取扱個数及び貨物量。平田義章「関税法改正による輸出手続簡素化」 『日本 貿易学会誌』第 49 号(2012 年 7 月) 、2.経済効果算出、38 ページ。各データに基づき工場バンニングへ移行により 削減されたコストを算出した。すなわち、平成 25 年(2013)わが国輸出コンテナは 8,839,667TEU で、荷主施設でコ ンテナ詰めはその 44.7% 3,951,331TEU、平成 20 年(2008)輸出コンテナは 8,539,180TEU、荷主施設でコンテナ詰め 39.8%相当分 3,398,594TEU と差 552,737TEU が平成 20 年から平成 25 年 5 年間に増加した工場バンニングと推定す る。そのコスト効果としては、港頭バンニング方が工場バンニングより TEU あたり平均約 42,000 円高いことから(平田義 章) 、年間約 46 億 4 千万円(552,737TEUx42,000 円÷5 年=4,642,990,800 円)コスト削減となる。
さらに見せる

18 さらに読み込む

2014年度 日本の国際競争力調査結果

2014年度 日本の国際競争力調査結果

調査総括  わが国企業は、総じてグローバル市場で競合企業と伍していける競争があると評価し ており、将来に対しても自信を有している。他方、新興国企業技術向上や製品コ モディティ化から、将来競争低下を懸念する声も一部聞かれる。今後競争強化 に向けては、強みである「製品・サービス性能・品質」一層向上に加え、弱みと なっている「製品・サービス開発・生産コスト」削減、「ビジネスモデル」強化が課題 として認識されている。
さらに見せる

19 さらに読み込む

国際競争力指標に見る日本の位置付けと特徴 日本の国際競争力は 137 か国中 9 位 分野別に見ると インフラ 分野や 健康 初等教育 分野の順位は高いが 高等教育 訓練 分野は 23 位とランキングが低い 高等教育 訓練 分野の内訳を見ると 教育システムの質 が 36 位 従業員の訓練 能力開発

国際競争力指標に見る日本の位置付けと特徴 日本の国際競争力は 137 か国中 9 位 分野別に見ると インフラ 分野や 健康 初等教育 分野の順位は高いが 高等教育 訓練 分野は 23 位とランキングが低い 高等教育 訓練 分野の内訳を見ると 教育システムの質 が 36 位 従業員の訓練 能力開発

(例)Glendale Community College ○米国高等教育は、三層構造となっており、それぞれ役割分担を明確化することにより、地域 ニーズに応じた実務教育から、 世界でしのぎを削る最先端研究に至る幅広い使命を果たしている。 コミュニティ・カレッジでは、毎年、外部者を入れて、最新技術動向に即してカリキュラムを組 み直している。

17 さらに読み込む

60 90% ICT ICT [7] [8] [9] 2. SNS [5] URL 1 A., B., C., D. Fig. 1 An interaction using Channel-Oriented Interface. SNS SNS SNS SNS [6] 3. Processing S

わが国半導体産業の国際競争力強化策 資料 2 新しい時代の始まり : スピードこそが勝負の時代ビジネス分野 ビジネスターゲットの大転換 - パソコンからデジタルネットワーク対応情報家電 モバイル個人情報端末へ - - システムの長期信頼性が再び重要となる時代 - - 総合力を有する我が国に極めて有利

-  超短時間超低価格マスク生産方式  超短時間超低価格マスク生産方式  超短時間超低価格マスク生産方式  超短時間超低価格マスク生産方式  : 縮小光学方式瞬時マスク製造技術 - : 縮小光学方式瞬時マスク製造技術 - : 縮小光学方式瞬時マスク製造技術 - : 縮小光学方式瞬時マスク製造技術 - 90nm世代以降になるとマスク1枚価格が1,000万円を超え(LSI製造には30 枚程度マスクが必要:1チップあたりマスク費用が数百円になりマスク生産 不可能)、製造に10日間近い時間を必要とする。電子ビームなど直接描画では 時間がかかり過ぎて超短時間生産には全く適さない。“ ““ “ハイスピード開発・生産 ハイスピード開発・生産 ハイスピード開発・生産 ハイスピード開発・生産 方式
さらに見せる

6 さらに読み込む

インフラとしての証券市場 1. 日本の強さ : マーケットの国際競争力アジアにおける比較優位の考察 2. 現代証券市場の変貌 : 高頻度取引 Fragmentation との調和

インフラとしての証券市場 1. 日本の強さ : マーケットの国際競争力アジアにおける比較優位の考察 2. 現代証券市場の変貌 : 高頻度取引 Fragmentation との調和

⑤ 流動性変化 2000年→2011年 LIQ=-Log(1+ 日次売買代金 日次リターン )平均値 100万ドル当たりに換算 日本、イタリア、米国、ドイツ 日本、 シンガポール、香港、オーストラリア ←

20 さらに読み込む

1 章計測分析機器技術の概要 ン の 4 層からなり 最終的には最外層の 社会課題 の 解決につながっている 計測分析機器産業の継続的な発展は我が国の学術 産業の発展の源泉であり 計測分析機器の新市場を創出し 国際競争力を高めることは 我が国の産業競争力を維持する上で必要不可欠である 内閣府による

1 章計測分析機器技術の概要 ン の 4 層からなり 最終的には最外層の 社会課題 の 解決につながっている 計測分析機器産業の継続的な発展は我が国の学術 産業の発展の源泉であり 計測分析機器の新市場を創出し 国際競争力を高めることは 我が国の産業競争力を維持する上で必要不可欠である 内閣府による

 このように、EU における研究インフラ整備は、共用ネッ トワーク化に重点が置かれている。例えば核磁気共鳴装 置(NMR:Nuclear Magnetic Resonance)では、イタリ アフィレンツェに大規模な拠点があり、多くサテライトを 通して全ヨーロッパネットワークを統括していた。また、こ ようなプラットフォーム化された共用ネットワーク利用ととも に、関連技術・装置開発研究も精力的に行われており、 NMR 装置と技術国際標準化を強力に推進できる体制 が完成している。
さらに見せる

21 さらに読み込む

貿易特化指数を用いた 日本の製造業の 国際競争力の推移

貿易特化指数を用いた 日本の製造業の 国際競争力の推移

① ITシステムによる支援: 全国事業者と支援機関が、ITクラウド上で知識・ノウハウ共有、 ビジネスマッチングを実現するためサービスを提供。 ② 現場で支援(専門家派遣): 各地域支援機関が本来業務として膝詰めで相談等を実 施。地域で解決できない等、高度・実践的な経営課題・相談には、専門家派遣を実施。 ※

12 さらに読み込む

RIETI - 製品開発の組織能力:日本自動車企業の国際競争力

RIETI - 製品開発の組織能力:日本自動車企業の国際競争力

このように、製品アーキテクチャが複雑なことに加えて、開発目標において中心的な位置づけ にある顧客ニーズが数量的に表しにくいために、多大な組織的な調整が必要とされるである。 そのため、ミーティング数は小さいものも入れれば、延べ何千回にも及ぶといわれている。 問題解決複雑性を、NVH開発例で説明する。NVHとは noise, vibration, harshness を意味 し、これらを低下させることは、自動車開発では常に最も重要な技術的課題ひとつである。これ に取り組むためには、まず多種多様な分野技術者が関与する必要がある。つまり、エンジンや 排気系、タイヤ、ボディはもちろんこと、サスペンションなどシャシー系、シートやトリムなど内 装系、風きり音に関係する外観デザインなど、非常に広範な技術総合が必要である。加えて、 商品性と関連では、単にNVH数字を低下させればよいわけではない。例えば、スポーツカー なか上級セダンなかによって、許される noise や vibration 種類も異なる。このような条件 中で NVH 目標を達成しようとすれば、多様な分野技術者が一緒に試行錯誤しつつ、作りこん でいくしか方法はない。このように複雑性と多義性が高い場合には、問題解決方程式や決まっ たルールは使えない。まさに、様々な分野技術者が集まり、組織的に臨機応変に摺り合せして いくことが求められるである。
さらに見せる

26 さらに読み込む

平成 28 年 1 月 13 日中部経済産業局 産業競争力強化法に基づく創業支援事業計画の認定について ( 第 7 回 ) ~ 創業支援に熱心に取り組む市区町村を応援します ~ 中部経済産業局では 産業競争力強化法に基づき 当局管内のうち東海三県 ( 岐阜県 愛知県 三重県 ) 下の市区町村の 創業

平成 28 年 1 月 13 日中部経済産業局 産業競争力強化法に基づく創業支援事業計画の認定について ( 第 7 回 ) ~ 創業支援に熱心に取り組む市区町村を応援します ~ 中部経済産業局では 産業競争力強化法に基づき 当局管内のうち東海三県 ( 岐阜県 愛知県 三重県 ) 下の市区町村の 創業

三重県社会保険労務士会 創業者 概 要 本市では、平成25年8月に亀山市、亀山商工会議所、㈱日本政策金融公庫 (四日市支店)、三重県信用保証協会、三重県社会保険労務士会5機関で構成 する創業支援組織「カメヤマ創業アシスト」を結成し、創業支援に取り組んでき た。本計画により、この取組を強化することにより、創業支援事業全体で、創業 支援事業対象件数(年間60件)に対し、12件以上創業実現を目指します。
さらに見せる

13 さらに読み込む

産業競争力強化法に基づく創業支援等事業計画の認定について ( 改正法第 2 回 ) 平成 30 年 12 月 26 日中部経済産業局 中部経済産業局では 産業競争力強化法に基づき 当局管内のうち東海三県 ( 岐阜県 愛知県 三重県 ) 下の市町村の 創業支援等事業計画 について 計画変更 14 件を

産業競争力強化法に基づく創業支援等事業計画の認定について ( 改正法第 2 回 ) 平成 30 年 12 月 26 日中部経済産業局 中部経済産業局では 産業競争力強化法に基づき 当局管内のうち東海三県 ( 岐阜県 愛知県 三重県 ) 下の市町村の 創業支援等事業計画 について 計画変更 14 件を

概 要 松阪地域における創業支援機関(松阪市、松阪商工会議所、松阪北部商工会、 松阪香肌商工会、日本政策金融公庫、三重県信用保証協会、NPO法人Mブリッ ジ)により結成された創業支援連携体「松阪商人サポート隊」において、平成 26年~34 年において松阪商工会議所を事務局とし創業志望者に対する創業 セミナー開催、総合相談窓口設置、創業支援ホームページ開設等による創 業支援を実施する。

16 さらに読み込む

Show all 10000 documents...