改良土として再生利用

Top PDF 改良土として再生利用:

デュロック種における飼料利用性形質の育種改良効率の改善に関する研究

デュロック種における飼料利用性形質の育種改良効率の改善に関する研究

論 文 内 容 の 要 旨 わが国の養豚産業において,肥育豚生産費における飼料費が占める割合は平成 27 年度に おいて 65.2%を示している。また,飼料価格は穀物原料相場によって変動するだけでなく, 世界的な人口増加および食肉生産量の増加による穀物需要の増加が予想されており,特に飼 料自給率が低く,家畜の濃厚飼料原料を輸入に依存している日本にとっては将来的な穀物価 格の上昇が危惧されている。このことから,わが国の養豚産業において飼料費を削減するこ とは肥育豚生産費の低減を通じて農家の経営の改善に大きく寄与すると考えられ,飼料原料 の確保や新たな飼料原料の開発とともに種豚の飼料効率に関する育種改良が重要である。 そこで本研究では,国内種豚の飼料利用性形質の育種改良効率を改善するため,自動飼料 摂取量記録装置を用いて測定した日本国内のデュロック種育成豚の飼料摂取量データを利 用し, (1) Loess 法を利用した飼料摂取量の欠測記録の補正法の確立,(2)欠測記録の補 正による飼料摂取量データの利用性の改善と遺伝的能力評価の正確度の向上,(3)飼料利 用性形質と飼料摂取行動形質の分散成分および産肉形質との遺伝相関の推定,(4)ゲノム 情報を活用した ssGBLUP 法による飼料要求率のゲノム育種価推定と育種改良効率の改善 についての検討を実施した。
さらに見せる

4 さらに読み込む

公共建築物の再生利用に関する建築計画的研究 [ PDF

公共建築物の再生利用に関する建築計画的研究 [ PDF

1)平面計画の改変特性 < << << クラスルームの配置と規模 クラスルームの配置と規模 クラスルームの配置と規模 クラスルームの配置と規模 クラスルームの配置と規模 > >> >> クラスルームは、学校 建築において計画上の基本となる「型」であり、再生 利用後もクラスルーム間の界壁は除去されず、平面構 成上の「型」として継承されている。クラスルーム内 の改変特性は、①同規模のまま用途変更するもの(空 間継続型)と、②界壁を追加し室を分解する ( 空間分 割型)、以上の 2 つのパターンがみられる(図 7)。単 純適用型は、展示室(事例 1)や宿泊室(事例 3,4)のよ うに収容人数により規模を自由に設定できる用途の場 合である。一方、空間分割型は、居室(事例 2,5)など
さらに見せる

4 さらに読み込む

03 再生資源利用[促進]計画書(実施書)作成の手引き

03 再生資源利用[促進]計画書(実施書)作成の手引き

7.無筋コンクリート二次製品(リユース品) 8.再生無筋コンクリート二次製品(Co再生骨材) 土砂について 7.再生無筋コンクリート二次製品(その他再生材) 8.その他 4.再資源化施設 9.再生無筋コンクリート二次製品(その他再生材) 10.その他 1.道路路体 2.路床 3.河川築堤 コンクリート及び鉄から成る建設資材について 5.土砂ストックヤード コンクリート及び鉄から成る建設資材について 4.構造物等の裏込材、埋戻し用 1.有筋コンクリート二次製品(リユース品) 2.再生有筋コンクリート二次製品(Co再生骨材) 6.その他 1.有筋コンクリート二次製品(バージン骨材) 2.有筋コンクリート二次製品(リユース品) 5.宅地造成用 6.水面埋立用 3.再生有筋コンクリート二次製品(その他再生材) 4.その他 3.再生有筋コンクリート二次製品(Co再生骨材) 4. 再生有筋コンクリート二次製品(その他再生材) 5.その他 7.ほ場整備(農地整備) 木材について
さらに見せる

25 さらに読み込む

建設副産物処理基準・再生資材利用基準

建設副産物処理基準・再生資材利用基準

※1 指定とは、設計図書または協議等により定めた場合も含む。 ※2 実測困難な場合とは、「建設発生処分地の指定基準」により指定した処分地など、 他の工事現場からも受入れている処分地なども含まれる。 ② 発注者は、指定された建設発生の受入れ地に搬出されていることを現地確認する。 ③ 発注者は、経路図及び管理図・写真等の記録により最終的な処理の確認を行うとともに、

14 さらに読み込む

小中学校建築における再生利用の限界 [ PDF

小中学校建築における再生利用の限界 [ PDF

握すると共に、教育委員会にヒアリング調査を行い、 廃校及び再生利用事例の増加要因を考察する。 (2)再生利用における用途及び運営の規定要因の解明  調査 1 及び 2 によって把握した小中学校の再生利用 事例の内、13 校を抽出し、新用途の観察調査と行政 へのインタビュー調査を実施した。調査項目は、①行 政の再生利用の検討内容、②建物の改修実態、③新用 途の利用状況、以上の 3 点である。これらの視点から 13 事例を比較し、再生利用プロセスにおける用途及 び運営について、新しい試みを推進もしくは阻害する 要因を明らかにする。
さらに見せる

4 さらに読み込む

廃棄物再生利用における環境影響評価について

廃棄物再生利用における環境影響評価について

これまで,Ox 濃度の指標として用いられてき た「環境基準の達成状況」 , 「注意報等の発令状況」 及び「昼間の日最高 1 時間濃度の年平均値」につ いては,気象要因による年々変動が大きく,長期 的な環境改善効果を適切に示す指標となっていな いことが問題点として指摘されている.そこで, 中央環境審議会において,Ox の環境改善効果を 適切に示すための指標について,平成 26 年 8 月 に中間取りまとめが行われた 4) .

5 さらに読み込む

都市再生効果検証の概要 1 検証の目的 都市再生施策によるこれまでの取組 我が国の経済を再生させるため 土地の流動化を通じた都市の再生を推進することを目的として 2002 年に都市再生特別措置法が施行され 国が都市再生緊急整備地域を指定し 国の重要施策として 都市再生を推進してきた 都市再生緊急整備

都市再生効果検証の概要 1 検証の目的 都市再生施策によるこれまでの取組 我が国の経済を再生させるため 土地の流動化を通じた都市の再生を推進することを目的として 2002 年に都市再生特別措置法が施行され 国が都市再生緊急整備地域を指定し 国の重要施策として 都市再生を推進してきた 都市再生緊急整備

1. 都市再生緊急整備地域内の基本指標の収集・整理の総括 • 地域指定されたエリアでは、 人口や世帯数、従業者数、地価水準等の指標において指定後の増加 がみられる。 • 地域別には、指定前には未利用地であったが指定後に大規模な建設投資が行われたエリア (例えば川口駅、川崎駅、守口大日など) では、人口や世 帯数、事業所数や従業者数に大きな増加傾向がみられ、東京都心エリア (東京駅・有楽町、新橋・赤坂・六本木、渋谷駅) では商品販売額や地価水準 の増加がみられる。
さらに見せる

58 さらに読み込む

グリーンツーリズムにおける農村の学習と地域再生の現代的課題-その1―農業改良普及の概念を通じて―

グリーンツーリズムにおける農村の学習と地域再生の現代的課題-その1―農業改良普及の概念を通じて―

また現在,都市近郊の農村部では観光農園が広がり,農 村に多くの都市民が入り込むようになっており,そこには 多様な NPO が入り込んだ実践が展開されるようになって いる。代表的な事例としては,観光農園の他に,農家民宿 に代表されるグリーンツーリズムなど上げられよう。しか し,都市民がマスツーリズムの一環で,娯楽や癒し空間, 機会として農村部を活用する姿勢は,主流であることを認 めながらも,農の持つ機能(自然的,社会的,産業的)が 消費されていると指摘せざるを得ない。農の持続性が回復 されるということは,農が連結して機能が発揮されること であり,そのような事例は,未だ全国的に少ないと言わざ るを得ない。
さらに見せる

10 さらに読み込む

Microsoft Word - 31青梅建設発生土再利用事業所要領

Microsoft Word - 31青梅建設発生土再利用事業所要領

利用券は申込のあった工事(発注者の確認を受けたもの)から発生する土砂の持込み又は、申込 のあった工事で改良及び普通利用する以外には使用することはできません。 ④ 利用完了後は、未利用券を公社受付け窓口(青梅再利用事業所)へ返却して下さい。 ⑤ 未利用券は、発注者が設計変更を行って量に変更が生じる以外は、一台当り積載仮定量と実 量との違いにより生じたものである為、払戻しによる清算はいたしません。なお、設計変更に よる払戻しについては、青梅再利用事業所利用の場合は様式-1(青) 、昭島分所利用の場合は様 式-1(昭)最下段の発注側確認者名、連絡先等を記入し、押印のうえ青梅再利用事業所利用は 様式-8(青) 、様式-9(青) 、様式-10(青) 、昭島分所利用は様式-8(昭) 、様式-9(昭) 、 様式-10(昭)の書類を添付して、公社受付窓口(青梅再利用事業所)へ提出して下さい。
さらに見せる

18 さらに読み込む

災害廃棄物再生利用促進に関する調査・研究

災害廃棄物再生利用促進に関する調査・研究

 岡山県で発生した災害廃棄物は、主に水害による水濡れ状態廃棄物や土砂が付着した混合廃棄物であった。再 生利用ができなかった災害廃棄物は、廃石膏ボート、廃太陽光発電パネル、一部木くずのほか、スレート材やガ ラスくず、土砂混じりがれき等であった。なお、廃石膏ボードの再生利用できなかった理由は、廃石膏ボードの 受入れ先が少ないことと、使用済み石膏ボードが再生利用できないという認識を持っていることが主であった。 木くずについては、概ね再生利用できたが、片付けごみで発生した家具等の木製廃棄物については、木くずの再 生利用事業者に断られリサイクルできなかった。廃太陽光発電パネルについては、一般廃棄物として処理可能な 事業者を見つけられなかったため、リサイクルできなかった。一方で、廃太陽光発電パネルを買取可能の事業者 があったが、梱包や郵送方法等の要求が厳しく、対応する余裕がなかったため、断念した。廃棄物処理法の特例 活用状況について、第15条の2の5を活用したが、第9条の3の3を活用することなく処理を実施した。  愛媛県で発生した災害廃棄物は地域によって、水害被害による片付けごみ・解体ごみと土砂災害による土砂混 じり廃棄物に分かれる。その中で、再生利用ができなかった災害廃棄物は、廃石膏ボート、廃太陽光発電パネル、 一部木くずのほか、スレート材やガラスくずであった。なお、廃石膏ボードが再生利用できなかった理由は、ア スベスト含有の可能性や、平常時の処理方法の踏襲(再生利用をせず、埋立処分を行っている)のため、本災害 で発生した廃石膏ボードも埋立処分を行った。木くずについては、一部土砂混じりのものや、木の根等は再生利 用できなかった。廃太陽光発電パネルについて、混合状態・水濡れ状態や特例第15条の2の5の対象施設外等の 理由で再生利用できず、金属回収後埋立処分を行った。廃棄物処理法の特例活用状況について、第15条の2の5 を活用したが、第9条の3の3の活用は検討しなかった。
さらに見せる

6 さらに読み込む

再生資源利用〔促進〕計画書(実施書)作成の手引き

再生資源利用〔促進〕計画書(実施書)作成の手引き

1.木材(ボード類を除く) 2.木質ボード 7.ほ場整備(農地整備) 1.再生木材(ボード類を除く) 2.再生木質ボード アスファルト混合物について 8.その他(具体的に記入) アスファルト混合物について 1.粗粒度アスコン 2.密粒度アスコン 3.細粒度アスコン 砕石について 1.再生粗粒度アスコン 2.再生密粒度アスコン 3.再生細粒度アスコン 4.開粒度アスコン 5.改質アスコン 6.アスファルトモルタル 1.舗装の下層路盤材 4.再生開粒度アスコン 5.再生改質アスコン 6.再生アスファルトモルタル 7.加熱アスファルト安定処理路盤材 8.その他 2.舗装の上層路盤材 7.再生加熱アスファルト安定処理路盤材 8.その他
さらに見せる

24 さらに読み込む

循環社会に向けて 生ごみ処理は最優先課題です 食品関連業者 食品関連業者 食品廃棄物の排出者とし 再生利用等の実施に中心的な役割を担っている そのため 計画的な再生利用等に取り組むことが求められている 農林漁業者等 循環型社会 再生利用業者 再生利用業者食品廃棄物の再生利用を行い 食品関連事業者と肥

循環社会に向けて 生ごみ処理は最優先課題です 食品関連業者 食品関連業者 食品廃棄物の排出者とし 再生利用等の実施に中心的な役割を担っている そのため 計画的な再生利用等に取り組むことが求められている 農林漁業者等 循環型社会 再生利用業者 再生利用業者食品廃棄物の再生利用を行い 食品関連事業者と肥

平成18年度までに再生利用等の実施率を20%以上達成。年間排出量100トン以上の事業者で 取り組みが不十分な場合は、勧告・公表・改善命令の経過を経て、罰則が適応されます。 ※食品廃棄物の発生抑制、再生利用、減量に取り組む。※法律の対象はすべての食品関連事業者。 ※ 参考値であり、処理する生ごみの種類によって異なります。

8 さらに読み込む

平成 29 年度 築堤盛土等に用いる高含水比粘性土の改良工法について 江別太遊水地における回転式破砕混合工法の実用化に向けて 札幌開発建設部江別河川事務所調査課 中村亮太渡辺雅裕山中誠也 江別太遊水地整備では 遊水地内掘削土である高含水比の粘性土を堤防の盛土材として利用している 粒度調整や含水比低下

平成 29 年度 築堤盛土等に用いる高含水比粘性土の改良工法について 江別太遊水地における回転式破砕混合工法の実用化に向けて 札幌開発建設部江別河川事務所調査課 中村亮太渡辺雅裕山中誠也 江別太遊水地整備では 遊水地内掘削土である高含水比の粘性土を堤防の盛土材として利用している 粒度調整や含水比低下

札幌開発建設部 江別河川事務所 調査課 ○中村 亮太 渡辺 雅裕 山中 誠也 江別太遊水地整備では、遊水地内掘削である高含水比の粘性を堤防の盛土材として利用 している。粒度調整や含水比低下を図るため、砂と攪拌することにより品質を確保してきた。 しかし、膨大な砂の確保が必要であるため、粘性と固化材による回転式破砕混合工法の現地 試験を実施した。本論は回転式破砕混合工法でさらなる改善点がないか検証し、堤防の盛土材 確保としての当工法の有用性について報告する。
さらに見せる

6 さらに読み込む

第 563 号 宮崎の土地改良平成 27 年 4 月 1 日 (1) 目次 1. 第 57 回通常総会並びに第 57 回土地改良功労者表彰式を開催 2. 第 57 回土地改良功労者表彰受賞者 3. 受賞者の紹介 ( 宮崎県知事表彰 ) 4. 水土里ネット宮崎第 18 期役員の紹介 5. 全国水土里ネ

第 563 号 宮崎の土地改良平成 27 年 4 月 1 日 (1) 目次 1. 第 57 回通常総会並びに第 57 回土地改良功労者表彰式を開催 2. 第 57 回土地改良功労者表彰受賞者 3. 受賞者の紹介 ( 宮崎県知事表彰 ) 4. 水土里ネット宮崎第 18 期役員の紹介 5. 全国水土里ネ

井上九州農政局長 河野宮崎県知事 押川宮崎県議会副議長 決議  通常総会は、前田穰副会長(綾町長)の開会宣言に始まり、黒田昭会長が「国、県の施策に適切に対 応しつつ、農業生産基盤の整備促進や農業用水利施設等の予防保全対策・計画的な更新、更に農村地域 の多面的機能の保全・向上対策などに積極的に取り組み、本県農業農村の発展と地域水里ネットの活 動促進に貢献していく」と開会の挨拶を行った。引き続き、土地改良功労者表彰式が執り行われ、農業 農村整備事業の推進等に功績のあった宮崎県知事表彰個人 2 名、宮崎県土地改良事業団体連合会会長表 彰 2 団体個人 19 名がそれぞれ表彰された。続いて来賓祝辞に移り、井上明九州農政局長、河野俊嗣宮 崎県知事、宮崎県議会議長(代読 押川修一郎副議長)よりそれぞれ祝辞を述べられた。
さらに見せる

8 さらに読み込む

公共工事土量調査 による 建設発生土等の工事間利用調整実施マニュアル ( 平成 19 年度工事対象版 ) - 目次 - 1. 目的 1 2. 公共工事土量調査及び建設発生土等の工事間利用調整の対象機関 3 3. 公共工事土量調査の種類 4 4. 公共工事土量調査及び建設発生土等の工事間利用調整の実施

公共工事土量調査 による 建設発生土等の工事間利用調整実施マニュアル ( 平成 19 年度工事対象版 ) - 目次 - 1. 目的 1 2. 公共工事土量調査及び建設発生土等の工事間利用調整の対象機関 3 3. 公共工事土量調査の種類 4 4. 公共工事土量調査及び建設発生土等の工事間利用調整の実施

1.目的 公共工事発注者として、公共工事量調査により工事発注前から建設発生および建 設汚泥(以下、「建設発生等」)の搬出入の状況を把握し、把握した情報を基に建設発 生土等の工事間利用調整を行うとともに、これらの結果を確認することによって、建設 発生等の工事間利用を促進することを目的とする。ただし、産業廃棄物として取り扱 われる建設汚泥については、関係者は廃棄物処理法の規定に従い適正に処理しなければ ならず、工事間利用する際には「自ら利用」、「有償売却」、「再生利用制度(再生利用指 定制度、再生利用認定制度(大臣認定制度))の活用」のいずれかの方法によることが 必要である。
さらに見せる

20 さらに読み込む

2. 母料特性と土質改良方法等 1) 母材特性について浚渫土及び高水敷掘削土について 原材料試験により把握した母材特性及び特徴 築堤材料として利用する際の課題を下記に列挙する (1) 浚渫土について 河口部で浚渫される土砂はカキ殻を多く含んでいる カキ殻は塑性を示さないため 締固め強度や力学強度等の

2. 母料特性と土質改良方法等 1) 母材特性について浚渫土及び高水敷掘削土について 原材料試験により把握した母材特性及び特徴 築堤材料として利用する際の課題を下記に列挙する (1) 浚渫土について 河口部で浚渫される土砂はカキ殻を多く含んでいる カキ殻は塑性を示さないため 締固め強度や力学強度等の

また、母材については、状態の変化に応じ、含水比を 把握するものとした。 (2)高水敷掘削について 母材特性より、次年度以降の浚渫改良のための混合 材料として利用を鑑み、優先的に根茎の選別を実施す ることとした。生石灰添加量は、5 kg/m3、15 kg/m3、25 kg/m3のケースを設定し、根茎選別に要する最低限度の 量を試験施工により求め、15 kg/m3に決定した。 4)含水比の変化によるロス材発生状況

6 さらに読み込む

資料2 再生利用対象製品の追加について

資料2 再生利用対象製品の追加について

無水エタノールを得るというものである(下図参照 。 ) ○ 食品循環資源からのエタノール製造技術は、醸造技術に由来するアルコール発 酵法と、異物の除去や残渣の分離といった廃棄物処理技術を組み合わせたもので あり、近年、経済的なエタノール製造のための技術(効率良くアルコール発酵の できる特殊な酵母の利用、効率良くアルコールの精製・分離ができる膜分離技術 の導入等)に関する実証が急速に進み、商業的に実施できる水準の技術が確立す るに至っている。
さらに見せる

6 さらに読み込む

目次 1. はじめに 1 2. 食品廃棄物等の発生抑制 再生利用等を取り巻く状況 3 (1) 発生抑制 再生利用等の必要性 3 (2) 現状 4 3. 食品廃棄物等の発生抑制 再生利用等を推進するための課題と具体的施策 6 (1) 再生利用等実施率等のあり方 6 1 再生利用等実施率について 6 2

目次 1. はじめに 1 2. 食品廃棄物等の発生抑制 再生利用等を取り巻く状況 3 (1) 発生抑制 再生利用等の必要性 3 (2) 現状 4 3. 食品廃棄物等の発生抑制 再生利用等を推進するための課題と具体的施策 6 (1) 再生利用等実施率等のあり方 6 1 再生利用等実施率について 6 2

び処分の基本原則や、地域特性と資源特性に応じた地域循環圏の 発想の観点を踏まえつつ、再生利用手法の優先順位を改めて明確 化することが必要である。 優先順位については、環境保全を前提として、第一に「モノか らモノへ」の再生利用を、環境負荷の低減に配慮しつつ優先する ことが必要である。飼料化については、飼料自給率の向上の観点 や、食品循環資源が有する豊富な栄養価を最も有効に活用できる ことから、引き続きこれを最優先することが必要である。次に肥 料化(メタン化の際に発生する消化液を肥料利用する場合を含 む。)を推進すべきである。その上で、飼料化・肥料化が困難な ものについては、メタン化等のエネルギーとして再生利用を推 進することが必要である。
さらに見せる

19 さらに読み込む

CT1-3 除去土壌の再生利用に対する理解醸成等について

CT1-3 除去土壌の再生利用に対する理解醸成等について

 「事業者が行う土壌リスクコミュニケーションのためのガイドライン」 (公益財団法人 日本環境協会)  土壌汚染対策の適正かつ円滑な実施に資するため、土壌汚染問題の学識経験者等や土壌汚染対策の現場での経験、リスクコミュニ ケーションに対する知見のある専門家の協力を得て、土壌汚染地の土地所有者や汚染原因者として土壌汚染対策を行う立場になるこ との多い工場・事業場等の事業者の方々を対象に、土壌汚染に関するリスクコミュニケーションを行うにあたっての基本的な考え方や実 施方法について取りまとめたもの。
さらに見せる

40 さらに読み込む

3 再生資材等の利用 (1) 再生骨材等の利用工事現場から 40km の範囲内に再資源化施設がある場合は 工事目的物に要求される品質等を考慮したうえで 原則として 再生骨材を利用する (2) 再生加熱アスファルト混合物の利用工事現場から 40km 及び運搬時間 1.5 時間の範囲内に再生加熱アスファ

3 再生資材等の利用 (1) 再生骨材等の利用工事現場から 40km の範囲内に再資源化施設がある場合は 工事目的物に要求される品質等を考慮したうえで 原則として 再生骨材を利用する (2) 再生加熱アスファルト混合物の利用工事現場から 40km 及び運搬時間 1.5 時間の範囲内に再生加熱アスファ

第○条 再生資材の利用 請負者は下記の資材の使用に際し、再生資材を利用すること。 資 材 名 規 格 備 考 再生加熱アスファルト混合物 As 量 △%密粒再生 使用箇所 再生クラシャーラン RC-40 使用箇所 なお、使用に際し、「プラント再生舗装技術指針」等を遵守すること。 第○条 建設発生利用

10 さらに読み込む

Show all 10000 documents...