改正特許法を踏まえ何らかの取組

Top PDF 改正特許法を踏まえ何らかの取組:

日平成26年改正特許法における特許異議の申立て制度について 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

日平成26年改正特許法における特許異議の申立て制度について 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

抄 録 動き出す 新制度 -平成26年特許改正-  平成26年の特許改正により、簡易で迅速な手続によってユーザーの負担が少なく、特許の早期安 定化図る制度として、特許異議の申立て制度が創設されることとなった。これまでの特許付与後にお けるさまざまな制度踏まえ、全件書面審理の採用、異議申立人への意見提出機会の付与(訂正の請求 があった場合)行い、一群の請求項の導入、取消理由通知(決定の予告)、等行うことにより、バラ ンスのとれた制度設計によりユーザーにとって魅力のある制度となっているこの特許異議の申立て制度 について、本稿においては、実務上の留意点等も踏まえながら紹介行う。
さらに見せる

7 さらに読み込む

平成23年改正特許法における無効審判及び訂正審判の運用について 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

平成23年改正特許法における無効審判及び訂正審判の運用について 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

ることとし(134条の 2第7項、規則50条の 2の 2、様 式65の 5の 2)、その旨は相手方に通知されることとした (規則50条の 5の 2)。ただし、請求項ごと又は一群の請 求項ごとに訂正請求したときは、その全ての請求取り 下げる場合にのみ、取り下げることができることとした (134条の2第7項)。請求項ごとに取り下げることがで きるとすると、前述したように「特許請求の範囲の一覧性 の欠如」が発生する問題が生じるため、一部取下げは認め ないこととしたものである。なお、訂正の請求の一部取 りやめたいときには、訂正明細書等(訂正に係る明細書、 特許請求の範囲又は図面)の補正(17条の 4)により訂 正事項の一部削除行うことができる。この場合には、一 覧性の欠如の問題が生じることはない。
さらに見せる

9 さらに読み込む

権利行使態様の多様化を踏まえた特許権の効力の在り方に関する調査研究

権利行使態様の多様化を踏まえた特許権の効力の在り方に関する調査研究

当該決定の概要:世界貿易機関 <T4 知的財産権の保護に 知的所有権の貿 易関連の側面に関す 協定医TWFIJ RJQFYJI AXたJHY TK ISYJQQJHYつFQ 5WTたJWYと RNLMYX 以 下 TRI5即 協定 いう ) 定 TRI5即 協定第 1 条の規定に <T4 加盟 国 均しく当該協定の内容に従わ け フランス 台湾 そ 1重重5 年 1 月 1 日 「00「 年 1 月 1 日に世界貿易機関 加入したので 当然 TRI5即 協定の内容 遵守し け い TRI5即 協定第 4「 条に 加盟国 この協定 対象 す 知 的所有権の行使に関し 民事 の司法救済手続権利者に提供す 2JRGJWX XMFQQ RF推J F不FNQFGQJ YT WNLMY MTQIJWX HN不NQ 控つINHNFQ たWTHJIつWJX HTSHJWSNSL YMJ JSKTWHJRJSY TK FSと NSYJQQJHYつFQ たWTたJWYと WNLMY HT不JWJI Gと YMNX ALWJJRJSY. 定 また TRI5即 協定第 1 条及び第 「堵 条の規定に 専利権 当該協定 取 た知的財産権 の分 に 含ま い ので 前記 TRI5即 協定の規定に 当然 フランス 台湾国民 にフランスに い 特許訴訟提起す 権利与え け い 当該協定に
さらに見せる

491 さらに読み込む

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~

このような中で、会員が個人の立場で請け負える範囲に限った仕事(例えば草 取りや駐輪場の整理などの仕事)提供する従来型の請負事業だけでは、例えば ホワイトカラー系の就業希望への対応など、高年齢者の就業ニーズの変化・多様 化に対応しきれておらず、それが会員の増加しない理由の一つにもなっていると 考えられる。また、就業の現場において実態として指揮命令関係が発生せざる 得なかったり、安全衛生の確保について会員個人の自己責任に帰すことが過重な 場合もあるなどから、会員と発注者との間で雇用関係結ぶことが適当である場 合もある。このようなことから、今後センターは労働者派遣事業や職業紹介事業 によって雇用・就業機会提供することについても積極的に対応し、生きがい就 労含めていわば高年齢者雇用・就業機会提供の総合デパートとして機能できる ようにすることが求められる。
さらに見せる

95 さらに読み込む

土壌汚染対策法の改正等を踏まえた汚染土壌処理業の許可 環境保全に係る法律についてのお知らせ/袋井市ホームページ

土壌汚染対策法の改正等を踏まえた汚染土壌処理業の許可 環境保全に係る法律についてのお知らせ/袋井市ホームページ

揮発性特定有害物質と揮発性特定有害物質以外の特定有害物質に係る汚染土壌 処理する場合、揮発性特定有害物質の大気中への揮散防止する観点から、揮発性 特定有害物質処理可能な汚染土壌処理施設で処理行った後、揮発性特定有害物 質以外の特定有害物質再処理汚染土壌処理施設で処理する、又は揮散防止する 構造有する揮発性特定有害物質以外の特定有害物質処理可能な汚染土壌処理施 設で処理行ったのち揮発性特定有害物質再処理汚染土壌処理施設で処理するこ ととする。
さらに見せる

6 さらに読み込む

労働法における労働者の自由意思と強行規定─民法改正を踏まえて|日本労働研究雑誌 2018年11月号(No.700)

労働法における労働者の自由意思と強行規定─民法改正を踏まえて|日本労働研究雑誌 2018年11月号(No.700)

4 小 括 以上,法律行為,意思表示,契約自由の原則に 関する民法改正の過程と帰結概観してきた。そ こでは,法律行為の定義については特に新たな条 文は設けられず,他方,意思表示に関しては特に 錯誤に関する規定で要件と効果に関する規定の重 要な変更があり,契約自由の原則については新た に条文が設けられることとなった。このような改 正内容踏まえても,私法体系の中心的原則であ る法律行為自由の原則は変わらず,契約自由の原 則が明文化されており,また,法律行為の効力 失わせる根拠として,意思表示が取り消される錯 誤,詐欺・強迫の要件,ならびに公序良俗・強行 規定違反の要件に関してもその基本的なあり方に 変化はなく,これまでの民法の体系および判例・ 通説の基本的な考え方に変更もたらすものとは なっていないものと評価できる。
さらに見せる

12 さらに読み込む

税制改正を踏まえた生前贈与方法の検討<訂正版>

税制改正を踏まえた生前贈与方法の検討<訂正版>

平成 25 年度税制改正(相続・贈与)の概要 平成 25 年度税制改正により、平成 27 年 1 月 1 日以後の相続等から基礎控除の縮減などの課 税強化が行われる。 改正には、小規模宅地等の特例の適用面積の拡大(130 億円の減収)、未成年者控除・障害者 控除の控除額拡大(30 億円の減収)などの減収項目もある。しかし、基礎控除の縮減(2,570 億円の増収)、税率の改正(210 億円の増収)などの増収項目の影響が大きく、相続税全体とし ては大幅な増収となっている 1 。
さらに見せる

6 さらに読み込む

その他一般 5-1 消費者の感性をつかめ! 賢くなるスマート家具 5-2 後発医薬品メーカー 先発医薬品メーカー克服が困難 5-3 AI 半導体特許で第 4 次産業革命をリードする 法律 制度関連 1-1 特許庁 発明振興法施行令の改正案を立法予告 韓国特許庁 ( ) 公益弁理士特許相

その他一般 5-1 消費者の感性をつかめ! 賢くなるスマート家具 5-2 後発医薬品メーカー 先発医薬品メーカー克服が困難 5-3 AI 半導体特許で第 4 次産業革命をリードする 法律 制度関連 1-1 特許庁 発明振興法施行令の改正案を立法予告 韓国特許庁 ( ) 公益弁理士特許相

※今号はありません。 3-1 特許庁の紛争調停委 57 件、成功率 40%達成! 韓国特許庁(2018.3.6) キッチン用品製造・販売する小さい企業運営する A さんは、自社の商標模倣した 製品が出回っていること知った。直ちに法律代理人雇い、多数の侵害者相手取っ て長期間、法的紛争行った。長期間にわたる紛争の過程で A さんは数千万ウォンの訴 訟費用支払い、紛争相手から脅迫されるなどして商標権守り抜いた。しかし、A さ んが被った被害に比べ、 補償額は満足できない水準であった。長期間の訴訟が終わると、 別の侵害者が現れ、A さんはもう戦う力がなくなって落ち込んでいた。その時、知り合 いから特許庁の産業財産権紛争調停委員会の話聞いた。別途費用は不要で、短期間で 紛争解決することができるというメリットがあるとして半信半疑で調停申請した。 手続きに応じて調停会議行い、双方が十分に意見交換し、専門家らの諮問や説得に より、A さんと侵害企業は合意点見つけ、調停合意に達することができた。
さらに見せる

28 さらに読み込む

本日の話の流れ Ø 特許 とは何か ( ごく簡単に ) Ø 特許 を巡る最近の構造変化 世界の動きキーワード : グローバル オープン サイエンスリンケージ Ø 大学 に関する過去の特許制度改革 Ø 知財システム上の諸課題 Ø 今回の特許法改正 2

本日の話の流れ Ø 特許 とは何か ( ごく簡単に ) Ø 特許 を巡る最近の構造変化 世界の動きキーワード : グローバル オープン サイエンスリンケージ Ø 大学 に関する過去の特許制度改革 Ø 知財システム上の諸課題 Ø 今回の特許法改正 2

TLO制度に関する制度立案者としての反省 1.アメリカ型の「1大学1TLO主義」に囚われすぎた  (有力な特許数の少ないところは、共同運営の方が適切) 2.ライセンス活動については、もっと民間主体の組織とすべき  だった (営業力、目利き力の不足)

29 さらに読み込む

2017 特許 情報フェア & コンファレンス 特許情報普及に関する わが国特許庁の取組 平成 29 年 11 月 9 日 特許庁総務部総務課特許情報室長山本英一

2017 特許 情報フェア & コンファレンス 特許情報普及に関する わが国特許庁の取組 平成 29 年 11 月 9 日 特許庁総務部総務課特許情報室長山本英一

3.4.1.特許情報の重要性への気付き及び活用(1)  平成29年度調査事業において、「特許情報の利用拡大に向けた公的特許情 報サービスのあり方に関する調査」実施中。  企業経営における知財(特許情報)の有用性直接紹介する立場にある、知財 総合支援窓口や金融機関等対象にヒアリング調査実施し、中小企業等の 特許情報の利活用が進んでいない層に対する特許情報への意識付けの有効 策、また企業活動における特許情報の具体的な利用方法など明らかにする。
さらに見せる

36 さらに読み込む

特許審査の出願人等による評価を踏まえた品質監理手法に関する調査研究

特許審査の出願人等による評価を踏まえた品質監理手法に関する調査研究

第5:内部品質監査 。nteメnバl ダuバl至ty Aud至t コザ忙 Oミeメバt至on Suミミoメt の一部門 タコダM タメ至nc至ミバl コ至メectoメバte ダuバl至ty Mバnバgement ダMS 実施 品質サポヴト ペニタヴ 改善する権限持 いる タコダM の組織構 研修管轄する コ、コ コ至メectoメバte 、eバメn至ng 与 コeveloミment) 品質に関する情報収集行う コMS コ至メectoメバte Metメ至cs 与 Stバndバメds) 調査や審査の基 準規定 ガイチラインの立案や改訂 タCT の手続管轄する コタタ コ至メectoメバte タメバct至ce 与 タメoceduメe ツseメ Sバt至sfバct至on Suメveys ツSS の実施 情の処理 調査
さらに見せる

399 さらに読み込む

特集≪外国≫:6.米国出願ルートの実務的考察-米特許法102条(e)の改正について-

特集≪外国≫:6.米国出願ルートの実務的考察-米特許法102条(e)の改正について-

なお,本稿は 2002年 12月 11日改訂の米特許庁発行 の最新版審査ガイドラインに基づくものである。注意 しなければならないことは,上記はあくまでも米国特 許庁による解釈であって,裁判所が認めたものでは ないということである。法律の解釈は裁判所の判例に よって確立されるものであり,特に判例法体系採用 する米国においては連邦巡回控訴裁判所(CAFC)の 判例が強い影響力持つ。言い換えれば,CAFC の判 例が確定しない限りは,本稿で説明したガイドライン が正しいかどうかは誰にも判断できない。米特許庁の 示した指針が裁判所において是認されるという保証は なく,過去においても覆された例は数多くある。また 一方で特許庁自身も,バイパス出願の取り扱い自ら 変更しているのである。
さらに見せる

15 さらに読み込む

平成26年特許法等の一部を改正する法律について(特許庁の法制専門官の立場から) 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

平成26年特許法等の一部を改正する法律について(特許庁の法制専門官の立場から) 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

 このような考慮が、条文上で明確に現れているものとし ては、例えば、審査請求期間徒過に係る救済に関する第三  続いて、各種委員会・審議会の報告書が公表された後、 ないしはそれと並行して、平成26年改正の法律案の立 案作業行いました。すなわち、実際に法律案起案する 作業行ったわけですが、その一環として、内閣法制局の 審査受けることになります。内閣法制局は、 「閣議に附 される法律案等審査し、これに意見附し、及び所要の 修正加えて、内閣に上申する」事務所掌しています(内 閣法制局設置第3条第1号)。特許庁の法制専門官は、 この内閣法制局による「審査」に、経済産業省及び特許庁 側、つまり審査受ける側の職員として参加することにな ります。
さらに見せる

5 さらに読み込む

く 特許異議申立制度と無効審判制度が併存していた平成 15 年特許法改正以前は 請求人適格を限定する明文規定こそ存しなかったものの 特許無効審判は利害関係人に限り請求できるとの解釈がなされていた このことからも 特許無効審判の請求人適格に限定を付すか否かは 特許異議申立制度と特許無効審判制度との併存

く 特許異議申立制度と無効審判制度が併存していた平成 15 年特許法改正以前は 請求人適格を限定する明文規定こそ存しなかったものの 特許無効審判は利害関係人に限り請求できるとの解釈がなされていた このことからも 特許無効審判の請求人適格に限定を付すか否かは 特許異議申立制度と特許無効審判制度との併存

特許無効審判における請求人適格  しかし、前記のような社会的要請に応えるべく設けられた当該2本立ての制度も、その運用が すすむに伴い様々な問題点が指摘されるようになった。すなわち、簡易な審査前提とする特許 異議申立制度に対しては、申し立てたにもかかわらず手続の外に置かれ主張立証の機会が与えら れないことなどに対して、審理への積極的な関与求める申立人等の要求が指摘されるようにな っていった。また、両制度とも現実的には当事者間の紛争解決手段として利用されており、むし ろ両制度が併存していることで紛争が長期化したり当事者の対応の負担等が増えているという問 題点も顕在化するようになっていった。
さらに見せる

6 さらに読み込む

<4D F736F F D DC58F E631338D86817A8BA68B6389EF95D682E8622E646F63>

シンポジウム 親権法改正を考える

<上記項目への意見> 「中間試案」の方向で検討進めることに賛成する。 ○ 本会は親権について、国際児童年の 1979(昭和 54)年から、子どもの人権の立場に立 って改善はかる取り組み進め、1980(昭和 55)年には「親権制度改善のための民 および児童福祉改正関係省庁に提言している。今回の「中間試案」による「子 の利益の観点の明確化」は、本会のこれまでの主張に沿ったものであり、今後すみやか に検討進められたい。
さらに見せる

12 さらに読み込む

中国「国家知的財産権戦略綱要」の理念と第三次特許法改正 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

中国「国家知的財産権戦略綱要」の理念と第三次特許法改正 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

 2008年3月の統計では、特許代理事務所に勤務する 特許代理人は 3210 人であり 52) 、2008 年度の発明、実 ければならないとされていた。このような取り扱いは、 中国企業が外国出願行う場合には、それなりに合理 的な理由があった 48) 。しかし一方、外国企業にとっては、 ①必ずしも中国特許が必要でないときも、中国特許出 願しなくてはならずコストの無駄となる、②外国で も活用可能な高品質の特許出願明細書、中国の代理 人に作成委託するには不安がある、等の問題があった。  このため、最初に中国へ出願すること義務づける規 定に対しては、外国から批判があり、今回もそのような 意見から、最終的には「最初に中国へ出願すること」の 要件は外され、中国に出願することなく外国に特許出願 することが可能となった。また後述するように、指定さ れた渉外特許事務所に委託する必要もなくなった。  しかしながら、今回の改正で「秘密保持審査」経る ことという要件が新たに加わり、実質的には改正前よ り手続的に面倒になった感がある。すなわち、最初に 中国に特許出願したものであっても、外国に特許出願 する場合には事前に国家知識産権局に対して「秘密保 持審査」請求し、その判断待たなければならなく なった。
さらに見せる

15 さらに読み込む

最近の韓国特許法改正から生じる日韓特許法の差

最近の韓国特許法改正から生じる日韓特許法の差

はじめに  韓国特許庁は,最近数年間,特許行政の革新による 知的財産強国目指し,その実現と発展に尽力して来 たが,特にその一環として審査・審判制度の先進化の ため,平成 18 年以来様々な特許改正行ってきた。  韓国特許は日本の特許母胎として生まれたも のであるので,元々は日本の特許とかなり類似して いた。しかしながら,近来に至っては,日本以外の国 からの良い制度又は独自の制度導入することによ り,両国の特許で差が多くなってきている。特に最 近,韓国特許庁は国民の様々な要望に応えながら特許 制度の先進化のために特許毎年改正しており,審 査処理期間の短縮,韓米 FTA 協定など,日本とは異 なる国内外での環境変化により両国の特許制度で差が 生じている。
さらに見せる

6 さらに読み込む

1) 改正規則及び運用基準の普及活動の実施 2) 規則改正 ( 案 ) の策定及び承認申請 4. 改正景品表示法への対応 1) 改正景表法を踏まえ 今後求められる対応等についての情報提供の実施 2) 会員事業者における表示等管理体制確立のための支援活動の実施 3) 都道府県景表法担当部門との懇談会の

1) 改正規則及び運用基準の普及活動の実施 2) 規則改正 ( 案 ) の策定及び承認申請 4. 改正景品表示法への対応 1) 改正景表法を踏まえ 今後求められる対応等についての情報提供の実施 2) 会員事業者における表示等管理体制確立のための支援活動の実施 3) 都道府県景表法担当部門との懇談会の

 私が会長務めさせていただきましたこの2年間は、消費税引き上げに伴う価格表示方法 に関する検討や表示方法に関する周知の実施、また、支払総額表示の規定の新設等、規 則の改正に関する事業に取り組んでまいりました。当協議会の「公正な競争の促進」及び「消費者の信頼確保」と の基本方針のもと、それ具現化するための様々な取り組み、より一層強力に推し進めるべく努めてまいりました。  この間2年間ではございますが、賜りました会員並びに関係諸官庁の皆様のご支援ご協力に対し、深く感謝申し 上げます。これからも、ますます消費者視点に立つ取り組みが求められることと思いますが、当協議会の役割しっ かり果たしていくことで、充分にその期待に応えていけるものと考えております。今後は西川新会長のもと、会員の皆 様方が、共に考え、意見交換し、活発な活動行うことにより、ますます大きな成果あげることができるよう、 ご期待申し上げます。
さらに見せる

8 さらに読み込む

第20回 特許要件(1)☆インド特許法の基礎☆

第20回 特許要件(1)☆インド特許法の基礎☆

たインドにおける先出願は,先のクレームとみなされる(項目c) 。 審査官は,発明の自明性立証するために,先行技術の寄せ集め引用することは認 められている(項目f)。ただし,当該先行技術がそれ可能にしている場合に限る。 また,進歩性の審査において,発明は全体として検討されなければならない。発明構 成する発明特定事項個別に検討し,各構成が既知であるか又は自明であること理由 に発明の進歩性否定することは,その理由付けとして不十分である(項目d)。 入手可能な先行技術に基づき予測可能であり,当業者による現場での改善のみ要す るに過ぎない発明は,進歩性有しない(項目g)。技術的前進又は当該技術における 経済的意義実質的に付加するものでは無く,完全明細書の提出日前にされた予測が正 しい事実であること単に確認するに過ぎない発明は,進歩性欠く(項目e)。
さらに見せる

9 さらに読み込む

第5回 特許出願(2) ☆インド特許法の基礎☆

第5回 特許出願(2) ☆インド特許法の基礎☆

ただし、インド自己指定する場合、国内出願と、PCT 国内段階出願(インド自己 指定した出願)のいずれか一つしか、審査請求できない点に留意すべきである(第 135 条(3)但し書き) 。審査請求されなかった出願は取り下げ擬制されることになる(第 11B 条(4)) 。日本の国内優先権主張と異なる点は、審査対象及び取り下げ対象出願人が選 択することができる点にある。インドの国内出願に基づいて、改良発明の国際出願行 う予定があるような場合、国内出願から 1 年が経過するまで審査請求行うべきでは無 い。国内出願の審査請求行った後に、改良発明国際出願し、インド自己指定した としても、インドの PCT 国内段階出願によって改良発明の特許取得することはできい。 この場合、別途、インドへ改良発明の特許出願行う必要がある。
さらに見せる

7 さらに読み込む

Show all 10000 documents...