情報の共有を実現する

Top PDF 情報の共有を実現する:

中国 -- 学術資源を共有する手段として (特集 学術情報へのアクセス向上を目指して -- 機関リポジトリのいま -- 第II部 地域編)

中国 -- 学術資源を共有する手段として (特集 学術情報へのアクセス向上を目指して -- 機関リポジトリのいま -- 第II部 地域編)

中国 -- 学術資源を共有する手段として (特集 学 術情報へのアクセス向上を目指して -- 機関リポジ トリのいま -- 第II部 地域編) 著者 澤田 裕子 権利 Copyrights 日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア 経済研究所 / Institute of Developing. Economies, Japan External Trade Organiza[r]

4 さらに読み込む

「サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)」の紹介

「サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)」の紹介

そして、こうして発見できた攻撃メールや不正 通信先等情報、同時に組織間でも情報共有す ることで、他組織で未発見攻撃メールやウイ ルス検知、同種攻撃による被害防止・低減 に資する可能性がある、ということになります。 ただ、ほとんど場合において、システム管理 部門負荷問題もあり、「不審なメール受信 したら報告してもらう」という運用に切り替える ことはなかなか難しいが実情です。しかしなが ら、少なくとも、組織内ネットワークで重要な権 限持っている方や、過去に不審メールが届いた 経験ある方、重要な情報取り扱っているグル ープ等、組織内一部対象とするところからで も、不審メール報告という運用検討していた だければと思います。
さらに見せる

5 さらに読み込む

資料4 たたき台(情報共有ツール):情報共有ツール作業部会[]

資料4 たたき台(情報共有ツール):情報共有ツール作業部会[]

応用ツ ハビ 管理 検討中 函館市訪問 ハビ テ ション連絡協議会 応用ツ 緩和ケア情報共有シ ト 南渡島地域包括緩和ネ トワ ク   緩和ケア情報共有シ ト 活用予定 応用ツ 内服治療管理 検討中 函館薬剤師会へ依頼検討 応用ツ 特記事項 校正中 情報共有ツ 作業部会

4 さらに読み込む

付加情報をもったファイル共有システム

付加情報をもったファイル共有システム

新しいシステムとしてファイル管理やファイル情報得ること容易とするため 機能持つ “ 付加情報持ったファイル共有システム ” 設計行い,システム実装,評 価行った. その結果,本システムは各ファイル名称に依存することや,ファイル内容調べる 必要もなく,ファイル情報得ることができ,共有グループに新規参入するユーザが共 有ディレクトリ内にある共有ファイル情報得ることが容易となり,ユーザ負担減 らせること示すことができた.また,共有ファイルにおいて,各ユーザごとに自由な名 称設定や保存位置設定行うことが可能となり,共有ファイル管理に対する制限 緩和し,共有ファイル管理容易にできること示すことができた.
さらに見せる

37 さらに読み込む

グループウェア, ファイルサーバ, メールサーバの機能 サービス機能 サービス定義グループウェア利用者間で情報共有を行い 円滑なコミュニケーションを実現するための機能を提供する 利用者は 電子掲示板や電子会議室の機能により 意見交換や情報交換を行うことができる 利用者のスケジュール管理や会議室等の設

グループウェア, ファイルサーバ, メールサーバの機能 サービス機能 サービス定義グループウェア利用者間で情報共有を行い 円滑なコミュニケーションを実現するための機能を提供する 利用者は 電子掲示板や電子会議室の機能により 意見交換や情報交換を行うことができる 利用者のスケジュール管理や会議室等の設

グループウェア, ファイルサーバ, メールサーバ機能・サービス 機能・サービス 定義 グループウェア 利用者間で情報共有行い、円滑なコミュニケーション実現するため 機能提供する。利用者は、電子掲示板や電子会議室機能に より、意見交換や情報交換行うことができる。利用者スケジュール 管理や会議室等設備管理、ToDo リスト等機能により、日々職 務遂行生産性向上に寄与する。利用者に割り当てるユーザ ID や利 用者が所属するグループ等属性情報管理する機能も提供し、職 員ディレクトリとして利用も可能である。
さらに見せる

10 さらに読み込む

1 名称 三田市議会ペーパーレス会議システム導入 運用業務 2 目的電子データによる議会関連資料やその他関係資料の共有 情報の伝達 共有及びペーパーレス会議を実現するためのツールを導入することにより 議会運営の活性化及び議会 議員活動の効率化を図るとともに用紙類や印刷費 作業時間等に関わる経費等の削

1 名称 三田市議会ペーパーレス会議システム導入 運用業務 2 目的電子データによる議会関連資料やその他関係資料の共有 情報の伝達 共有及びペーパーレス会議を実現するためのツールを導入することにより 議会運営の活性化及び議会 議員活動の効率化を図るとともに用紙類や印刷費 作業時間等に関わる経費等の削

電子データによる議会関連資料やその他関係資料共有情報伝達・共有及びペーパーレス会 議実現するためツール導入することにより、議会運営活性化及び議会・議員活動効率化 図るとともに用紙類や印刷費、作業時間等に関わる経費等削減図る。 三田市議会ペーパーレス会議システム(以下「システム」という。 )概要は、文書保存する クラウドサーバ及び保存した文書、市が調達するタブレット端末で閲覧するためソフト一体 的に備えたものとする
さらに見せる

5 さらに読み込む

行政文書をより体系的 効率的に管理するための電子的な管理の充実 1. 共有フォルダでの体系的 効率的な管理を実現するため 標準例 共通マニュアルを作成する (A) 標準例 共通マニュアル 下記のポイントを踏まえた標準例 共通マニュアルを作成する (ⅰ) 共有フォルダ内の体系的保存の標準化 (ⅱ) 文

行政文書をより体系的 効率的に管理するための電子的な管理の充実 1. 共有フォルダでの体系的 効率的な管理を実現するため 標準例 共通マニュアルを作成する (A) 標準例 共通マニュアル 下記のポイントを踏まえた標準例 共通マニュアルを作成する (ⅰ) 共有フォルダ内の体系的保存の標準化 (ⅱ) 文

A (ⅱ) 文書ファイル名称等付与方法標準化 1.共有フォルダで体系的・効率的な管理実現するため、標準例、共通マニュアル作成 ○上記敷衍した、文書ファイル名称付与における基本的な考え方  共有フォルダ階層構造及び名称は、保存期間表(行政文書ファイル管理簿)における 大分類・中分類・小分類(行政文書ファイル等)と一致させ、系統的に分類。
さらに見せる

8 さらに読み込む

別 紙 平成 25 年上半期のサイバー攻撃情勢について 1 概況警察では サイバーインテリジェンス情報共有ネットワーク *1 を通じ 標的型メール攻撃等のサイバー攻撃事案に係る情報を集約するとともに 事業者等による情報システムの防護に資する分析結果等の情報を共有している 警察は 平成 25 年上半期

別 紙 平成 25 年上半期のサイバー攻撃情勢について 1 概況警察では サイバーインテリジェンス情報共有ネットワーク *1 を通じ 標的型メール攻撃等のサイバー攻撃事案に係る情報を集約するとともに 事業者等による情報システムの防護に資する分析結果等の情報を共有している 警察は 平成 25 年上半期

通じ、標 的型メール攻撃等サイバー攻撃事案に係る情報集約するとともに、事業者 等による情報システム防護に資する分析結果等情報共有している。警察 は、平成25年上半期中、本ネットワークを通じて、事業者等に対する標的型メ ール攻撃201件(前年同期比▲351件(▲63.6%))把握した。また、政府機関 に対する標的型メール攻撃に関する情報集約・分析している内閣官房情報セ キュリティセンター(NISC)と連携し、政府機関に送付された標的型メール 分析結果についても、本ネットワークを通じて事業者等と情報共有している。 共有された情報基に各事業者等が対策講じた結果、新たに143件標的型メ ール攻撃が把握されており、被害未然防止や拡大防止につながっている。 2 標的型メール攻撃手口
さらに見せる

5 さらに読み込む

JAIST Repository: 製品安全情報共有クラウド基盤の提案 : 製品の品質・使用情報をクラウド上で紐付け分析することによる価値創造

JAIST Repository: 製品安全情報共有クラウド基盤の提案 : 製品の品質・使用情報をクラウド上で紐付け分析することによる価値創造

製品異 検知、故障診断に関しては、 計的 品質管理など多く 開発があり、個 分 野・製品に関しては に されている。また、 電気通信大では、 品質・ 信 するた め情報収集・ ・構造化・最適化・ 行う 合情報システムとして、「次 信 ・ 安 全 情 報 シ ス テ ム ( QRIS : Quality and Reliability Information System)」開発してい る [5]。これは、コミュニティクラウド上 SaaS 想定したものではないが、製品安全情報共有ク ラウド基盤製品安全分析機能としては、これら
さらに見せる

5 さらに読み込む

JAIST Repository: 利用者位置情報を活用した共有情報へのアクセス制御方法

JAIST Repository: 利用者位置情報を活用した共有情報へのアクセス制御方法

システム実験結果からは、ユーザーやグループ内メンバー間において、状況情 報取得、確認行いたいという意見が全体 9 割占めており、状況情報価値は 認められるところである。[表 7]では一般的な公開鍵利用したときセキュリティ と今回実験結果比較したものであり、共通点及び相違点いくつかまとめた。公 開鍵利用した場合では、鍵扱いが重要であるが、今回実験では、グループ内部 でユーザーが、それぞれ赤外線バッチ利用方法模索しながら、状況情報確認 手段として利用する傾向が表れた。また、その利用方法やルール取り決めについて は、サービスする側が提供した機能利用するだけでなく、ユーザーが利用する段階 で、グループ内部でコンセンサスもつなど、発展性が見受けられた。さらに、グ ループウェアとして公開型メッセンジャーシステムベースとしているため、個人 間状況情報について、グループ内部で情報共有もなされていた。
さらに見せる

42 さらに読み込む

情報共有の流れと目的 情報共有の基本的な流れ 参加組織 攻撃を検知 IPA へ情報提供 目的 IPA 分析 加工 ( 匿名化など ) 情報共有 結果の共有 1 類似攻撃の早期検知と被害の回避 2 攻撃に対する防御の実施 3 今後想定される攻撃への対策検討 標的型攻撃メールを当面の主対象として運用中

情報共有の流れと目的 情報共有の基本的な流れ 参加組織 攻撃を検知 IPA へ情報提供 目的 IPA 分析 加工 ( 匿名化など ) 情報共有 結果の共有 1 類似攻撃の早期検知と被害の回避 2 攻撃に対する防御の実施 3 今後想定される攻撃への対策検討 標的型攻撃メールを当面の主対象として運用中

• 単体攻撃情報や単独組織では把握できな かった、国内組織次々と狙う標的型攻撃 実態一端明らかにし、相互に共有できた。 16 Copyright © 2014 独立行政法人情報処理推進機構 情報集約分析成果 (2/3)

5 さらに読み込む

学校生活適応感に着目した支援の工夫とその効果 : 中学校の学級担任と教科担任間の情報共有から支援の実現へ

学校生活適応感に着目した支援の工夫とその効果 : 中学校の学級担任と教科担任間の情報共有から支援の実現へ

学校生活適応感に着目した支援の工夫とその効果  中学校の学級担任と教科担任間の情報共有から支援の実現へ_ 専  攻 特別支援教育学 コース 特別支援教育コーディネーター.[r]

2 さらに読み込む

外界知覚を実現する神経回路・細胞レベルでの情報処理機構に関するモデル研究

外界知覚を実現する神経回路・細胞レベルでの情報処理機構に関するモデル研究

立命館大学大学院情報理工学研究科 情報理工学専攻博士課程後期課程 フタギ ダイキ 二木 大樹 脳は,多様な高次機能実現する優れた情報処理システムであり,その機能機構理解 することは医学や生体工学,情報工学観点からも重要である.脳機能一つである知覚情 報処理において,外界情報確かさ・不確かさが脳神経系でどのように処理されているか はまだ不明な点が多い.この処理過程に対し,神経回路レベル観点から知覚遂行する計算理論および神経回路構造,神経細胞レベル観点から機能的な神経回路構造形成・ 維持支える細胞内機構,といった異なる階層における機構について,神経細胞電気生理 学的挙動など数理モデル化し,そのモデル解析行った.
さらに見せる

2 さらに読み込む

3. 目的道路照明灯物件の情報を 現在の紙ベースによる管理から地域の地図情報とあわせてシステム上で容易に管理を可能とすることを目的とします WEB 化によるレスポンスの向上を実現して 対象の道路照明灯における物件情報の迅速な確認や道路局と各土木事務所間で物件情報の共有化を実現することを目的としていま

3. 目的道路照明灯物件の情報を 現在の紙ベースによる管理から地域の地図情報とあわせてシステム上で容易に管理を可能とすることを目的とします WEB 化によるレスポンスの向上を実現して 対象の道路照明灯における物件情報の迅速な確認や道路局と各土木事務所間で物件情報の共有化を実現することを目的としていま

道路照明灯物件情報、現在紙ベース による管理から地域地図情報とあわせてシ ステム上で容易に管理可能とすること目 的とします。WEB 化によるレスポンス向上 実現して、対象道路照明灯における物件 情報迅速な確認や道路局と各土木事務所間 で物件情報共有実現すること目的と しています。(図-1参照)
さらに見せる

8 さらに読み込む

衛星通信及び無線LANを活用した洋上情報共有システムの構築

衛星通信及び無線LANを活用した洋上情報共有システムの構築

本研究は情報共有システム構築することで、端末 から有益な情報取得し、その情報利用しやすい形に 加工し、配信行うという効率的な情報活用行うも である。本報では、漁船対象とした衛星通信用い た情報共有と、無人船舶対象とした無線 LAN 用い た情報共有について紹介した。前者では、複数漁船に 端末設置することで、これまで利用されてこなかった データ蓄積し、共有することによって、操業効率化 など、漁業支援に役立つこと示した。また、後者では 無線 LAN 活用することで大容量情報共有行うこ とが出来ること確認した。
さらに見せる

6 さらに読み込む

(3) 受発注者間のスケジュール調整の効率化グループウエアに登録している監督職員のスケジュール情報を自動的に情報共有システム取り込み監督職員の空き情報を共有し 立会確認 段階確認などのスケジュール調整を効率化する 3: スケジュール管理機能 3-1: 帳票スケジュールデータ連携機能 予定の仮登録の際

(3) 受発注者間のスケジュール調整の効率化グループウエアに登録している監督職員のスケジュール情報を自動的に情報共有システム取り込み監督職員の空き情報を共有し 立会確認 段階確認などのスケジュール調整を効率化する 3: スケジュール管理機能 3-1: 帳票スケジュールデータ連携機能 予定の仮登録の際

※システム実装範囲「Rev.4.0」欄:情報共有システム機能要件Rev.4.0で実装すべき機能として明示されているもの「○」、実装が望ましいもの「△」と しています。 ※開発状況及び開発方針「HXX.XX時点」欄:「HXX.XX時点」XXには、申請した年月記入してください。開発開発状況「○又は×」で記入してください。部 分的な実装場合は「△」記入上、「補足事項」に詳細記入してください。
さらに見せる

6 さらに読み込む

母子→グループディスカッション・情報共有

母子→グループディスカッション・情報共有

男性不妊治療行った場合、15万円助成 平成28年度 妻年齢が43歳以上場合助成対象外。通算助成回数は治療期間初日 年齢が40歳以上43歳未満場合は3回まで助成 平成16年度 17,657件 平成17年度 25,987件 平成18年度 31,048件 平成19年度 60,536件 平成20年度 72,029件 平成21年度 84,395件 平成22年度 96,458件 平成23年度 112,642件 平成24年度 134,943件 平成25年度 148,659件 平成26年度 152,320件
さらに見せる

16 さらに読み込む

ホームページを重要な広報ツールとして活用できるよう 利用者が目的とする情報にたどりつきやすいトップページを実現するとともに 医療センター職員によるページ作成過程をシステム化し 情報提供の迅速化と内容の充実を図る このことを実現するために以下の事項を基本方針として本業務を実施すること 1 医療センター

ホームページを重要な広報ツールとして活用できるよう 利用者が目的とする情報にたどりつきやすいトップページを実現するとともに 医療センター職員によるページ作成過程をシステム化し 情報提供の迅速化と内容の充実を図る このことを実現するために以下の事項を基本方針として本業務を実施すること 1 医療センター

決定したデザインテンプレートに既存コンテンツ取り込むこと。データ移行スケジュールは明確 にし、予め医療センターと調整上行うこと。移行後修正については、最小限範囲で医療センター 職員にて行うことも可とする。ただし、医療センター職員作業に関する支援については提案すること。 なお、既存移行コンテンツは、350 ページ程度予定している。既存コンテンツは、HTML と画像 など静的なデータで、外部記憶媒体使用して提供する
さらに見せる

8 さらに読み込む

企業間情報システムにおける情報共有

企業間情報システムにおける情報共有

klÃÄFÅqFÆÇklÈÉÊ% klËÌFÍÎFÃ-klÃ-kl ÍÎFËÌFÃ-klÍÎkl%.[r]

18 さらに読み込む

Show all 10000 documents...