得ることの困難性

Top PDF 得ることの困難性:

反転授業の新規導入過程における困難性に関する要因分析 形式に基づく教材制作の課題検討

反転授業の新規導入過程における困難性に関する要因分析 形式に基づく教材制作の課題検討

2.研究方法  上記目的を達成するため,本研究では,反転授業理念と構想及び国内 外実践状況について知識を得た教育実践者による新規導入過程に関する 調査を実施した。新規導入者導入過程へ参与観察を行い,得られた当事 者(記されたものを含む)言明から事例を再構築・抽出し,分析した。  具体的には,まず,反転授業理念と構想及び国内外実践状況について 知識を得るためフェイズを設けた。筆者方から調査協力者(=観察対 象者)に対して,本稿1節に相当する内容を,その流れに沿いながら,具体 的な実践及び理論展開を中心に情報提供及び教示を行った。なお,この フェイズでは,試作などは含まず,先行する成果レビュー,本調査及び企 画周知に留まっている。
さらに見せる

12 さらに読み込む

発話困難な重度身体障がい者における通訳者の「専門性」と「個別性」について / 天畠大輔の事例を通して

発話困難な重度身体障がい者における通訳者の「専門性」と「個別性」について / 天畠大輔の事例を通して

また、論文執筆という「個別」を持った通訳現場から、参与観察を通して通訳者と関係とそのリアリティ を描きだした。論文執筆現場において筆者は、「文脈情報共有」を持った通訳者と「協働作業」によって論文を 執筆していること、また通訳者による「誘導」や介入を否定するではなく、それをある程度受容しながら、障が い者側が自己決定権を保ち続けるあり方を模索する必要を考察した。さらに、通訳者語りから、 「コーチング」 や「呼び水」という関係イメージが得られた。一方で、筆者自身が意図的に行う「戦略的誘導」により、論文 執筆における「即時」を担保しようと試みていた。最後に、筆者と通訳者関係議論から、積極的に提案や 介入をし、「刺激」を与える通訳者と、筆者言葉を「待ち」、寄り添いつつ執筆を進める通訳者存在重要が 明確になった。本稿で提示された、折り重なり合う関係あり方こそ、筆者「あ、か、さ、た、な話法」リ アリティであり、「即時欠如」を乗り越えるため実践なである。
さらに見せる

12 さらに読み込む

省察的実践からみた認知症介護の困難性理解

省察的実践からみた認知症介護の困難性理解

介護職認知症介護について、認知症高齢者と介護職員を中心とした相互作用視点で検討し、心理学的側面から理解を深 めることを目的とした。介護職員が認知症介護について語ったデータを参与観察から得たサブデータをガイドに探索的に分析、構 造モデル化して Schön,D.A. 省察的実践観点から検討を加えた。  介護職員は、認知症高齢者とコミュニケーション難しさと対応失敗によって認知症介護に困難を感じていることが示唆 された。介護職員が認知症介護に感じる困難構造は、職員経験則や介護における規範、介護目標としていることと実 際介護と間にズレが生じることやズレそのもの、ズレを生じさせる源である認知症高齢者を問題として捉えるところから生じてい た。身体介護では、問題にズレというフレームを与え探求すべき課題を探り、課題から見えた手段を講じ、この新たな実践に対し て再検証を行い、必要ならば再調整するといった循環型省察的実践が達成されており、認知症介護においては職員省察的 実践を支援する役割が心理学に求められるではないかと考えられた。
さらに見せる

6 さらに読み込む

高等学校養護教諭が感じている 性教育に関する困難感と今後の課題

高等学校養護教諭が感じている 性教育に関する困難感と今後の課題

題について、特に性的成熟に伴い、心理面、行動面 が変化することを中心に理解し、これら変化に対 応して、異性を尊重する態度が必要であること、及 びに関する情報へ対処など適切な意志決定や行 動選択が必要であることを、 康な結婚生活という 点も視野に入れて児童生徒に理解できるように指導 する必要があると述べている 。今後も人工妊娠中 絶率や感染症罹患率減少傾向を継続させるため に、教育は重要な取り組みであると えられる。 また、学 においては教職員が一体となって教育活 動全般を通じて学 保 を推進することが大切であ り、教科指導及び特別活動等においては、担任や教 科担当教諭だけでなく養護教諭など専門を有す る教職員参加・協力を得て、思春期 康に関す る指導を一層推進し、特に、教科「体育・保 体育」 における 康教育を、養護教諭参加・協力を得て 推進することが重要であると具体策中で示されて いる 。
さらに見せる

10 さらに読み込む

アメーバ経営の導入・実践における困難性に関するレビュー

アメーバ経営の導入・実践における困難性に関するレビュー

 アメーバ経営ではアメーバに利益責任をもたせ、一つ会社ように運営させる。しかしながら 利益追求に対する考え方は必ずしも導入先利益に対する考え方に一致しない。松井(2017)に よると、医療機関においては、職員は命を預かる職業であるため、利益を追求するという考え方を 好まない傾向がある。したがって、医療業界では、利益追求姿勢を強調せず、患者ため継続 的な良質な医療サービス提供という意識を重視している。北居ほか(2017)では、A学校法人へ アメーバ経営導入にあたって、教職員は大きな違和感を感じたと述べた。「やっぱり、あれは 一般企業向けじゃないですか。学校なんかそんな手法が使えるかなというが、最初気持ちで した」と言って、「学校現場にアメーバ経営はあわないだろう」という印象を持った教職員がいた (p107)。このような違和感には、経済活動を行う一般企業と教育研究活動を行う大学と理念目 的や組織風土違いが一因であると考えられる。そこで、同校校長は教職員にアメーバ経営導 入を説得していた。つまり、「アメーバ経営導入により、業務効率化が図られ、教師研究時間 が増える。それによって教育質が向上し、学校ブランド力がアップにつながり、入学者が増える。 入学者増加による収入増で学校運営が安定し、教職員給与アップ、余暇時間ができることにな る」(p107)。つまり、学校利益追求ではなく、業務効率化、教育向上、学校運営安定、 教職員研究環境・生活改善に、一見自分職場に整合しないアメーバ経営導入意義を訴え かけると考えられた。三矢(2004)では、教育機関や病院など非営利組織において、成果を利益 だけ測定することに違和感を感じることがあるため、並行して非財務的なKPI(歩留まり、納期、 品質、顧客満足)採用がみられたと指摘している。
さらに見せる

32 さらに読み込む

多文化社会の可能性と困難 : ウィーンの社会史を通して

多文化社会の可能性と困難 : ウィーンの社会史を通して

薦を受けた。しかしここから彼人生は反転するだ。1893 年には推薦 をうけた教授職に任命されることはなかったし、それに続く 1894 年には ウィーン大学大講堂天井画依頼を受けたクリムトだったが、その 作品が人間理性へ賛美をテーマとした依頼にそぐわないという抗議 に巻き込まれ、最終的には契約を破棄した。彼が描いたは理性ではな く、生命存在神秘とそれに向き合う人間エロスだった。これも一 つきっかけだったであろう、彼はウィーン分離派を 1897 年に結成し、 以後クリムト人生最後 20 年間は、お金を得るために女流階級たち肖像画注文をうけながらも、分離派仲間たちともっぱらリ ンク環状通り外側で活動することになった。意図的なか偶然なか、 分離派美術館であるセセシオンは、彼を教授にさせなかったウィーン美 術アカデミーすぐ隣にある。そして分離派が集まったカフェ・シュペー ルは、リング環状通りから南に坂をずっと下ったところにある。この坂 カフェから、坂上にあるセセシオン、さらにその先にある古典 的美術殿堂を臨んで、クリムトはどのように感じていただろうか。 クリムトは生涯多く愛人とともに生きたが結婚はせず、死イメージ
さらに見せる

22 さらに読み込む

描画表現からみた自制心形成へのプロセス - 「待つ」ことに困難さをもつ自閉症児の事例研究 -

描画表現からみた自制心形成へのプロセス - 「待つ」ことに困難さをもつ自閉症児の事例研究 -

(1)描画表現と自閉症特有障がいと関連  Ⅰ期M児は,通常であれば丸にイメージを乗せて意味づける2歳頃「みたて・つもり期」か ら5歳半前後(基底線表現)に見られる描画発達段階を,小学部1年生から4年生頃まで約4 年間で獲得し, 「ファンタジー世界」表現を確立した。通常5~6年で通り過ぎるプロセスを約 9~10年かかったことになる。その後,M児は, 「絵と文字混在」を経て絵を描かなくなり,文字 (ことば)表現へと変化していった。自閉症児描画発達経過には,遅れと質的な偏りがみられ ても,描く力発達道すじは健常児発達経過と共通である(松瀬・若林,2001)ことがM児 事例からも確認できた。Mi l br a t h & Si e ge l (1996)は,自閉的障害児は,世界を強い視覚的なバイ アスをもって見ていることや,並み外れた視覚記憶と結びついていると考えている。幼児期からア ニメやビデオ視聴,母親による絵本読み聞かせなどを積極的に取り入れた環境中で育ったM児 は,興味ある場面を視覚記憶して,写真ように切り取り,繰り返し描かれる中で描き方を習熟し ていった。自閉症児特徴である特定対象へこだわりや同一保持は,Ⅰ期「ファンタジー 世界」やⅢ期黒ペンによって羅列された文字(ことば)表現などからもみることができ,こ こに自閉症児特有知覚・認知障がいが関与している(松瀬・若林,2001)ものと考えられる。
さらに見せる

20 さらに読み込む

在宅ALS患者の身体介護の困難性 : ホームヘルパーの介護経験から

在宅ALS患者の身体介護の困難性 : ホームヘルパーの介護経験から

ケア関係悪化は家族同居者でも生じるようだが、ケア関係悪化に伴うコンフリクトは独居者ケア現場で み生じている。ヘルパー A は、両者ケア関係を比較しながら以下ように述べていた。 3-4.家族同居者と独居者とケア関係比較 「○○さん(家族同居)場合は、介助をめぐって険悪になってきたとき、奥さんが『あんたお風呂こといっ とるんやな、今日は風呂やな、入るねんな』って、その場で間に入ってくれて、風呂話にもっていって。本 人も違ってても『ふーん』ってうなづいて納得する。そこで話が終わる、みたいな独特腑に落ちた感みたいな、 ふわーっとした、まーいっか、みたいな・・・でも、家族がいても、その場はおさまっても、その後は駄目で すよ。だってその場は雰囲気なごましてくれて終わるかもしれないけど、その後は同じことを言われますから、 同じ介助と関係で同じことしてたら。だから結局自分が何とかしなきゃいけない・・・介助仕方変えなが ら関係を変えるっていう、あのときは結果的にそうなったように思いますけど」(ヘルパー A)
さらに見せる

12 さらに読み込む

小学校・中学校における読むこと・書くことの習得が困難な児童・生徒に対する学習支援の方法についての研究-香川大学学術情報リポジトリ

小学校・中学校における読むこと・書くことの習得が困難な児童・生徒に対する学習支援の方法についての研究-香川大学学術情報リポジトリ

 「すばる」とは,香川大学坂出地区附属 学園中に平成15年(2003年)に誕生した特別 支援教室ことである。この「すばる」は,香 川県下発達障害子どもを受け入れて教育相 談,学習指導を行ってきた。この「すばる」で, 国語科が通常授業で指導すべき「聞くこと, 読むこと,書くこと」等内容について,学 級・教科担任が,第1段階で簡単にその学習状 況を認知レベル側面から把握できるスクリー ニングテストを開発した。本テストは小学校を 2学年ずつ3段階とし,それに中学校を加え た4種類で,義務教育9か年児童生徒を対象 として作成されている。一斉,個別どちらで も実施可能なものとし,所要時間も40分前後を 基準としている。テスト項目は,「聴写,視写, 表記,語彙,想起,聞き取り,社会,文構 成,読み取り,語識別,作文」でなりたって おり,本テストによって,個別配慮を必要と する児童生徒を把握し,さらに詳細な諸検査が 必要な児童生徒見極めに活用できる *2 。
さらに見せる

13 さらに読み込む

感情制御困難傾向と活動性および気晴らしの結果との関連

感情制御困難傾向と活動性および気晴らしの結果との関連

高い場合に活性化が阻害されるために活性化得 点が感情制御困難傾向が低い群より低くなると いう仮説が支持されなかった。回答した対象者が 健常な大学生であり,授業に出席できていること から,日常活動に大きな支障が生じるほど感情 制御困難傾向による差が著しくなかったと考え られる。ただし感情制御方略少なさは活性化と -.13 と弱いながらも負相関を示し,関連がな いとは言い切れない。ネガティブ気分を体験する など感情的に動揺するような場面においては感 情制御方略が限定的であるほど回避や反芻に頼 り,活動低さにつながると考えられる。 Ferster(1973)や Martell, et al.(2001)をまとめると, 抑うつ気分を感じた時に嫌悪的な感情を回避す ることで行動レパートリーが縮小し,抑うつ気分 が維持される。そのため感情制御困難傾向が直接 活動に影響を与えるではなく,回避や抑制, 反芻など不適切な感情制御方略を媒介して間接 的に活動低さにつながると考えられるが,本 研究では実証できていないため,感情制御困難が 活性化にどのような影響を与えるかプロセスを 明らかにすることが今後課題となる。
さらに見せる

9 さらに読み込む

小学校・中学校における読むこと・書くことの習得が困難な児童・生徒に対する単元を貫く言語活動のあり方についての研究-香川大学学術情報リポジトリ

小学校・中学校における読むこと・書くことの習得が困難な児童・生徒に対する単元を貫く言語活動のあり方についての研究-香川大学学術情報リポジトリ

活動量多い子ども主体授業を生み出すこと になる。そういう点で我々研究はこの附属特 別支援学校研究と同一地平に立つものである。  ただ,附属特別支援学校では,この一人一人 自主を引き出すために,一人一人個性的 な違いに応じた細かな配慮をしている。同じ教 室内子どもに対しても場合によっては,個別 に違う対応をしている。しかし,我々は,特別 支援を必要とする子どもを中心にすえつつも, その他児童・生徒に対しては,同質言語活 動に取り組ませている。それは,普通学級と特 別支援学級と人数規模違いによるものでは あるが,そういう点で我々研究は,まだ,一 斉指導枠組みから抜け切れていない部分もあ る。さらに附属特別支援学校実践に学びつ つ,もっと個別支援ノウハウを取り入れ,さ らなる指導改善をはかっていきたい。 付記
さらに見せる

26 さらに読み込む

オリンピックと多様性 オリンピックは人々の属性に対する規範の持続的な再考の場になり得るか

オリンピックと多様性 オリンピックは人々の属性に対する規範の持続的な再考の場になり得るか

スポーツにおけるジェンダー不平等解消は,身体が介在する文化であるが故に,社会一般に比し て,より困難であるとされている.スポーツへ女性参加促進/制約決定ひとつは,宗 教,生理学,解剖学,生物学,心理学,医学等「専門家たち」による「科学的根拠」であった. 戦後,オリンピック大会へ女性参加は次第に拡大した.その背景には,1950 年代以降社会 主義国やアフリカ諸国 IOC 加盟,1984 年ロサンゼルス大会以降商業主義化にともなう大会規模 拡大があった.一方で,上述「科学的根拠」と整合が絶えず諮られてきた.
さらに見せる

2 さらに読み込む

図表 リハビリテーション評価 患 者 年 齢 性 別 病 名 A 9 消化管出血 B C 9 脳梗塞 D D' E 外傷性くも幕下出血 E' 外傷性くも幕下出血 F 左中大脳動脈基始部閉塞 排尿 昼夜 コミュニ ケーション 会話困難 自立 自立 理解困難 理解困難 階段昇降 廊下歩行 トイレ歩行 病

図表 リハビリテーション評価 患 者 年 齢 性 別 病 名 A 9 消化管出血 B C 9 脳梗塞 D D' E 外傷性くも幕下出血 E' 外傷性くも幕下出血 F 左中大脳動脈基始部閉塞 排尿 昼夜 コミュニ ケーション 会話困難 自立 自立 理解困難 理解困難 階段昇降 廊下歩行 トイレ歩行 病

■考察 今回転倒転落要因を整理、集計をしていく中で、無駄な 時間を要した。当院アクシデント用紙集計を行なっていく 中で、要因項目不足、また、用紙に記入すべき内容が十分に 埋められていなかったこと。これは記入指導不足であったと 反省している。また、要因を整理しつつ、深い中に心理が関係 しているではないかと考え、これも要因ではないかと要因を 追加し集計を行なった。実際、アクシデント用紙記入欄に は追加項目要因は記入されていないので、カルテから情報を 得た。でも、これら要因を整理していく中で、当院特徴が みえてきた。一般に使用されている転倒転落アセスメントス コアだけでは不十分であり、急性期病院である当院は、疾患別 転倒転落チェックシート、予防対策シートが必要であるこ とがわかった。
さらに見せる

5 さらに読み込む

目次 はじめに... 4 Ⅰ 基礎知識 1 性の三要素 SOGI と LGBT... 6 Ⅱ 教育 1 はじめに 場面ごとの考え方と対応策... 9 (1) 教室における困難... 9 (2) 課外活動等における困難 (3) 学校施設 設備等における困難...

目次 はじめに... 4 Ⅰ 基礎知識 1 性の三要素 SOGI と LGBT... 6 Ⅱ 教育 1 はじめに 場面ごとの考え方と対応策... 9 (1) 教室における困難... 9 (2) 課外活動等における困難 (3) 学校施設 設備等における困難...

②解決策と対応する際に重要な視点 ア 性的指向や自認に基づく困難を抱える人でも安心して利用可能な体制 整備、啓発研修 窓口業務に従事するすべて職員が性的指向や自認に関する適切な知識を 習得している必要があります。その際には相談・窓口対応時具体的な想定を 行い、どのような言動が不適切であるかを洗い出す必要があります。例えば、 性的指向や自認に関する差別的言動を行わないことはもちろん、呼び出し時 名前呼び方、書類上不必要な性別欄記載、プライバシー保護や情報 共有などについて事例を検討し、配慮ある対応を検討する必要があります。 なお,自認や性的指向に関する社会通念や既成概念が固定化されている窓 口担当者にとっては、それを覆すような新たな知識が受けいれ難く感じられる ことがあります。研修際は、不適切な言動がときに自死等深刻な事態を招 いてしまうことについて具体的な事例を通じて理解を促すことが効果的でしょ う。
さらに見せる

43 さらに読み込む

企業としての開発の意思 医療上の必要性に係る基準 への 該当性 ( 該当するものにチェックし 分類した根拠について記載する ) あり なし ( 開発が困難とする場合 その特段の理由 ) 本件は抗生物質の承認内容にも影響することからオメプラゾールの承認権者のみでの開発は困難である 1. 適応疾病の重篤

企業としての開発の意思 医療上の必要性に係る基準 への 該当性 ( 該当するものにチェックし 分類した根拠について記載する ) あり なし ( 開発が困難とする場合 その特段の理由 ) 本件は抗生物質の承認内容にも影響することからオメプラゾールの承認権者のみでの開発は困難である 1. 適応疾病の重篤

小児における胃潰瘍・十二指腸潰瘍ヘリコバクター・ピロリ除菌療法につ いては、既に国内外ガイドラインに記載されており、特に欧州においては「4 歳以上小児及び思春期患者において、抗生物質と併用によるヘリコバク ター・ピロリ起因十二指腸潰瘍治療」効能が承認されている。また、消 化潰瘍存在が判明した患者では再発リスクを減らすためにヘリコバクタ ー・ピロリを除菌すべきであると世界的なコンセンサス 4 ) が得られており、 国内小児患者においても有用が期待でき、臨床的有用は高いと考える。 4.実施すべき試験種類とその方法案
さらに見せる

16 さらに読み込む

障がい者福祉施設における生産活動の複雑性 : 「福祉施設離れした商品」の可能性と困難

障がい者福祉施設における生産活動の複雑性 : 「福祉施設離れした商品」の可能性と困難

はじめに  地域お祭りやバザーで,障がい者福祉施設利用者や職員が,布小物等手工芸品や菓 子等食品類,農産物等を売っているという場面は,地域人々にも以前からおなじみ光 景だ。だが,そこに並べられる商品には,ここ数年で少しずつ変化が生じている。商品と して洗練されたものになっているだけでなく,商品に関する情報も厳格に表示されたものが 多くなった。例えば菓子やパンような食品であれば,原材料や添加物,アレルギー物質と いった食安全に関する情報が,手書きでなく法による規定に則った大きさ活字で印字さ れたシールが貼られ,一般企業工場で作られた製品とほとんど同じレベル情報が得られ るようになってきている。障がい者福祉施設でつくられた商品に,学校バザーなどで保護 者が販売する手作り菓子延長ような素朴な雰囲気を想像していると,「福祉施設ばな れした」商品群に驚かされることもあるかも知れない。
さらに見せる

14 さらに読み込む

教師における対人関係性に困難を有する児童への認識とその支援についての研究 [ PDF

教師における対人関係性に困難を有する児童への認識とその支援についての研究 [ PDF

また,異なる個人内資源(持ち味)が特定個性を持つ 子どもたちと関わり得意・不得意と関連する(遠矢 (2006))と指摘から,教師個人内資源により,対人関 係困難を有する児童に対する指導・援助困難さが異 なると考えられる。藤澤(2003)指摘からは,教師生 涯発達各段階で,発揮しうる個人内資源が異なると考え られ,検討必要がある。

4 さらに読み込む

1 次評価者の留意点 イチェック等のポイント 職位にふさわしい目標か 組織目標との整合性がとれているかロ困難度 重要度の設定複数の目標を立てた場合 それぞれの内容により 困難な目標 容易な目標 業務上に占めるウェイトの高い目標など様々なものがあり得るが それらについて 評価をつける際に考慮することが

1 次評価者の留意点 イチェック等のポイント 職位にふさわしい目標か 組織目標との整合性がとれているかロ困難度 重要度の設定複数の目標を立てた場合 それぞれの内容により 困難な目標 容易な目標 業務上に占めるウェイトの高い目標など様々なものがあり得るが それらについて 評価をつける際に考慮することが

1次評価者評価結果に甘辛など偏りがある場合等は、1次評価者に再評価を命ずる。 ○1次評価者へ説明等 1次評価者付けた評語を修正する場合及び再評価を命ずる場合については、1次評価者に対 し、十分その理由を説明する。被評価者に対し評価結果開示に基づく指導・助言を行うは1 次評価者であり、有効かつ円滑な指導・助言を行うためには、1次評価者がその理由を十分説明 できることが必要。また、所見欄に理由を記載するという方法もあり得る
さらに見せる

11 さらに読み込む

岩手県工業技術センター研究報告第 19 号 (2017) 来の手法で得ることが困難であった新たな機能性を付加させることができる それにより これまでにない高付加価値の製品展開が可能となり 本技術におけるものづ くりの幅を広げる可能性がある そこで 本研究では金属粉末積層造形法を用いた結晶 方位異方性

岩手県工業技術センター研究報告第 19 号 (2017) 来の手法で得ることが困難であった新たな機能性を付加させることができる それにより これまでにない高付加価値の製品展開が可能となり 本技術におけるものづ くりの幅を広げる可能性がある そこで 本研究では金属粉末積層造形法を用いた結晶 方位異方性

* 平成 27 年度 技術シーズ形成研究事業(発展ステージ) 金属粉末積層造形法により作製した汎用合金特性評価 * 黒須 信吾 ** 、岩清水 康二 ** 、池 浩之 ** 金属粉末積層造形法によりアルミニウム合金およびステンレス鋼供試材を作製 し、組織および機械的特性を調査した。アルミニウム合金造形品組織は積層方向 に伸長した微細なセル状組織を呈しているにもかかわらず、結晶方位異方は認め られなかった。これは、特有レーザーパターンにより結晶方位をキャンセルした ものと思われる。一方、ステンレス鋼は、マルテンサイト組織を呈し、等軸結晶粒 を呈していた。このことから、本技術により得られる造形品組織および特性は、 レーザーパターンや合金相変態挙動により強く依存することが分かった。 キーワード:金属粉末積層造形、アルミニウム合金(ALSi10Mg)、ステンレス鋼
さらに見せる

8 さらに読み込む

小学校・中学校における読むこと・書くことの習得が困難な児童・生徒に対する視覚的支援の方法についての研究-香川大学学術情報リポジトリ

小学校・中学校における読むこと・書くことの習得が困難な児童・生徒に対する視覚的支援の方法についての研究-香川大学学術情報リポジトリ

   (佐藤銀平「脳科学で読み解く発達障害」 『月刊 実践障害児教育』№427号2009年1 1 本研究趣旨  最近,LD,ADHDなどが原因で,読むこと・ 書くこと学習指導が困難な児童生徒が増えて いる。読むこと・書くこと言語力は国語科 みならず,全て教科基礎学力となる。そう いう子どもたちに,これら学習基礎力となる 読むこと書くこと学力を保障するため指導 方法を開発していこうと考え,昨年度より研究 に取り組んできた。昨年度は①支持的風土,② アセスメントを生かす,③言語基礎力育成, ④生活必要,⑤焦点化,⑥視覚化,⑦ 動 作化・劇化,⑧構造化,⑨共有化,⑩個別化・ 個性化,という10観点を踏まえた実践研究を 進めてきた。本年は昨年度研究を継続し,特 に視覚的支援に焦点化した研究に取り組んだ。  なぜ視覚的支援を重視するか。それは,わ れわれこれまで日常生活や学校生活或いは 授業中で,もちろん視覚的支援も行われてき たが,どちらかといえば,視覚的支援よりも聴 覚的支援パーセンテージが高かったからであ る。そして,何とかこれまでは,聴覚的支援に よって生活や授業が成り立ってきたである が,このように学習指導が困難な児童・生徒が 増えてきた今日,聴覚的支援優位であった日常 生活や学習場に視覚的支援をもっと取り入れ ていく必要が生じてきたである。
さらに見せる

14 さらに読み込む

Show all 10000 documents...