2015年度 連結業績

Top PDF 2015年度 連結業績:

参天製薬株式会社 決算説明会 2015年度 連結業績概要 2016年度 連結業績予想 2016年5月12日 代表取締役社長兼CEO 黒川 明 Copyright 2016 Santen Pharmaceutical Co., Ltd. All rights reserved.

参天製薬株式会社 決算説明会 2015年度 連結業績概要 2016年度 連結業績予想 2016年5月12日 代表取締役社長兼CEO 黒川 明 Copyright 2016 Santen Pharmaceutical Co., Ltd. All rights reserved.

将来見通しに関する注意事項  本発表において提供される資料ならびに情報は、いわゆる「見通し情報」(forward looking statements)を含みます。これら見通しを実現できるかどうかは様々なリスクや 不確実性などに左右されます。従って、実際の業績はこれらの見通しと大きく異なる結果と なりうることをご承知おき下さい。

45 さらに読み込む

2015年度連結業績のお知らせ

2015年度連結業績のお知らせ

為替変動による売上高及び営業損益への影響 文中に記載されている為替変動による売上高への影響(映画分野と音楽分野を除く)は、前年度及び前年同期と当年度 及び当四半期における平均為替レートの変動を主要な取引通貨建て売上高に適用して為替変動影響額を算出しています。 為替変動による営業損益への影響は、売上高への為替変動影響額から、同様に算出した主要な取引通貨建て売上原価な らびに販売費及び一般管理費への影響額を差し引いています。なお、映画分野及び音楽分野のSME及びSony/ATVの業績は、 全世界にある子会社の業績を米ドルベースで連結した上で円換算しているため、為替変動影響額は前年度及び前年同期の 対米ドル平均為替レートの変動を米ドルベースの業績に適用して算出しています。この情報は米国会計基準に則って開示 されるソニーの連結財務諸表を代替するものではありません。しかしながら、これらの開示は、投資家の皆様にソニーの 営業概況をご理解いただくための有益な分析情報と考えております。
さらに見せる

36 さらに読み込む

2015年度連結業績概要

2015年度連結業績概要

・(-)「ザ・ウォーク」「The Brothers Grimsby」の劇場興行収入が想定を下回った ・(-)為替の悪影響 ・(+)インド及び英国での広告収入増加によるメディアネットワークの増収 ・(+)全世界で好調だった「モンスター・ホテル2」の劇場興行収入の貢献 2016年度見通し

13 さらに読み込む

2016年度連結業績見通しのお知らせ

2016年度連結業績見通しのお知らせ

2016年度の構造改革費用は、グループ全体で約120億円を見込んでおり(2015年度実績は383億円)、営業 費用として前述の営業利益の見通しに含まれています。 当社株主に帰属する当期純利益は前年度に比べ大幅に減少することが見込まれます。これは、前年度にお いて、オリンパス㈱の株式の一部売却にともなう売却益468億円などがその他の収益に計上されていたこと、 及び税金費用を減少させる要因として、一部の国内子会社における地方税の繰延税金資産に対する評価性引 当金の戻し入れや日本の法人税率の引き下げにともなう繰延税金負債の取り崩しがあったことなどによるも のです。
さらに見せる

6 さらに読み込む

目次 年度連結決算連結決算の概要 ( 連結受注高, 連結損益計算書 )... 4 報告セグメント別内訳... 5 営業外損益及び特別損益... 8 連結貸借対照表 連結キャッシュ フロー計算書 補足資料 年度連結業績見通し通期業績見通し

目次 年度連結決算連結決算の概要 ( 連結受注高, 連結損益計算書 )... 4 報告セグメント別内訳... 5 営業外損益及び特別損益... 8 連結貸借対照表 連結キャッシュ フロー計算書 補足資料 年度連結業績見通し通期業績見通し

4,117 4,100 4,300 2013年度 2014年度 2015年度 産業システム・汎用機械 主要事業:舶用機械,物流システム,運搬機械,パーキング,製鉄機械,産業機械,熱・表面処理, 製紙機械,車両過給機,圧縮機,分離装置,舶用過給機,建機,農機,小型原動機

32 さらに読み込む

2017年度 第2四半期連結業績概要

2017年度 第2四半期連結業績概要

(億円) 2016年度末 2017年度 第2四半期末 2015年度末 2016年度 第2四半期末 ( 2017年3月31日時点) ( 2017年9月30日時点) ( 2016年3月31日時点) ( 2016年9月30日時点) ・ 「2016年度第2四半期 連結業績のお知らせ」P.30 金融分野を除くソニー連結 要約貸借対照表 及び 「2017年度第2四半期 連結業績のお知らせ」P.26 金融分野を除くソニー連結 要約貸借対照表 参照

14 さらに読み込む

2010年度 第1四半期 連結業績のお知らせ

2010年度 第1四半期 連結業績のお知らせ

2009 年 10 月、米国財務会計基準審議会(Financial Accounting Standards Board、以下「FASB」 )は複数 の製品・サービス等を提供する取引に関する新規会計基準を公表しました。特に、新基準では、取引の開 始時において取引対価をその各取引要素の相対販売価格で配分することを企業に要求しています。売り手 固有の客観的証拠あるいは対第三者販売価格の証拠が存在しない場合には、取引対価はマネジメントによ る販売価格の最適な見積価格に基づいて各要素に配分します。さらに、この基準は対価の配分について残 余法の適用を禁止しました。同じく 2009 年 10 月に FASB はソフトウエアとハードウエアの要素を包含する 有形製品に関する収益認識方法を変更する会計基準を公表しました。特に、ソフトウエアとハードウエア が同時に機能して有形製品の重要な機能を提供するような有形製品については、従来のソフトウエア収益 認識基準の対象外となり、複数の製品・サービス等を提供する取引に関する会計基準に準拠することにな りました。ソニーは 2010 年4月1日にこれらの基準を適用しました。これらの基準の適用がソニーの業績 及び財政状態に与える重要な影響はありません。
さらに見せる

25 さらに読み込む

目次 トピックス 217 年度第 1 四半期連結決算概要 217 年度連結業績見通し 配当 2

目次 トピックス 217 年度第 1 四半期連結決算概要 217 年度連結業績見通し 配当 2

パワープロダクツ事業 Hondaグループ販売台数は、当社および連結子会社、ならびに持分法適用会社のパワープロダクツ販売台数です。一方、連結売上台数は、外部顧客への売上収益に 対応する販売台数であり、当社および連結子会社のパワープロダクツ販売台数です。なお、当社は、パワープロダクツを販売している持分法適用会社を有しないため、 パワープロダクツ事業においては、Hondaグループ販売台数と連結売上台数に差異はありません。
さらに見せる

34 さらに読み込む

2014年度第1四半期連結業績概要

2014年度第1四半期連結業績概要

Sony Corporation Investor Relations 28 将来に関する記述等についてのご注意 このスライドに記載されている、ソニーの現在の計画、見通し、戦略、確信などのうち、歴史的事実でないものは、将来の業績に関する見通しです。将来の業績に関する見通しは、将来の営 業活動や業績、出来事・状況に関する説明における「確信」、「期待」、「計画」、「戦略」、「見込み」、「想定」、「予測」、「予想」、「目的」、「意図」、「可能性」やその類義語を用いたものには 限定されません。口頭又は書面による見通し情報は、広く一般に開示される他の媒体にも度々含まれる可能性があります。これらの情報は、現在入手可能な情報から得られたソニーの経 営陣の仮定、決定ならびに判断にもとづいています。実際の業績は、多くの重要なリスクや不確実な要素により、これら業績見通しと大きく異なる結果となりうるため、これら業績見通しのみ に全面的に依拠することは控えるようお願いします。また、新たな情報、将来の事象、その他の結果にかかわらず、常にソニーが将来の見通しを見直して改訂するとは限りません。ソニーは そのような義務を負いません。実際の業績に影響を与えうるリスクや不確実な要素には、以下のようなものが含まれます。
さらに見せる

15 さらに読み込む

2017年度第3四半期連結業績概要

2017年度第3四半期連結業績概要

為替変動による影響額は、売上高については前年度または前年同期と当年度または当四半期における平均為替レートの変動を主要な取引通貨建て売 上高に適用して算出し、営業損益については、この売上高への為替変動による影響額から、同様の方法で算出した売上原価ならびに販売費及び一般 管理費への為替変動による影響額を差し引いて算出しています。また、MC分野では独自に為替ヘッジ取引を実施しており、為替変動による営業損益へ の影響額に同取引の影響が含まれています。
さらに見せる

14 さらに読み込む

2008年度 第1四半期連結業績概要

2008年度 第1四半期連結業績概要

2 Investor Relations このスライドに記載されている、ソニーの現在の計画、見通し、戦略、確信などのうち、歴史的事実 でないものは、将来の業績に関する見通しです。将来の業績に関する見通しは、将来の営業活動 や業績、出来事・状況に関する説明における「確信」、「期待」、「計画」、「戦略」、「見込み」、「予 測」、「予想」、「可能性」やその類義語を用いたものには限定されません。口頭または書面による 見通し情報は、広く一般に開示される他の媒体にも度々含まれる可能性があります。これらの情 報は、現在入手可能な情報から得られたソニーの経営者の判断にもとづいています。実際の業績 は、様々なリスクや不確実な要素により、これら業績見通しと大きく異なる結果となりうるため、これ ら業績見通しのみに全面的に依拠することは控えるようお願いします。また、新たな情報、将来の 事象、その他の結果にかかわらず、常にソニーが将来の見通しを見直すとは限りません。実際の 業績に影響を与えうるリスクや不確実な要素には、以下のようなものが含まれます。(1)ソニーの 事業領域を取り巻く経済情勢、特に消費動向、(2)為替レート、特にソニーが極めて大きな売上ま たは資産・負債を有する米ドル、ユーロまたはその他の通貨と円との為替レート、(3)継続的な新 製品導入と急速な技術革新や、エレクトロニクス、ゲーム、映画分野および音楽ビジネスで顕著な 主観的で変わりやすい顧客嗜好などを特徴とする激しい競争の中で、充分なコスト削減を達成し つつ顧客に受け入れられる製品やサービス(ゲーム分野において新たに導入されたプラットフォー ムを含む)をソニーが設計・開発し続けていく能力、(4)技術開発や生産能力増強のために行う多 額の投資を回収できる能力およびその時期、(5)ソニーがエレクトロニクス分野でビジネス事業再 編を成功させられること、(6)ソニーがエレクトロニクス、ゲーム、映画分野、その他および音楽ビ ジネスにおいてネットワーク戦略を成功させられること、映画分野および音楽ビジネスでインター ネットやその他の技術開発を考慮に入れた販売戦略を立案し遂行できること、(7)ソニーが主にエ レクトロニクス分野において研究開発や設備投資に充分な経営資源を適切に集中させられること、 (8)主にエレクトロニクス分野およびゲーム分野において、ソニーが製品品質を維持できること、 (9)ソニーと他社との合弁、協業、提携の成否、(10)係争中の法的手続きまたは行政手続きの結 果、(11)生命保険など金融商品における顧客需要の変化、および金融分野における適切なア セット・ライアビリティー・マネージメント遂行の成否、および(12)(市場の変動を含む)日本の株式 市場における好ましくない状況や動向が金融分野の収入および営業利益に与える悪影響などで す。ただし、業績に不利な影響を与えうる要素はこれらに限定されるものではありません。
さらに見せる

10 さらに読み込む

目次 2016 年度第 1 四半期トピックス 2016 年度第 1 四半期連結決算概要 2016 年度連結業績見通し 配当 2

目次 2016 年度第 1 四半期トピックス 2016 年度第 1 四半期連結決算概要 2016 年度連結業績見通し 配当 2

(1)「為替影響」については、海外連結子会社の財務諸表の円換算時に生じる「為替換算差」と外貨建取引から生じる「実質為替影 響」について分析しております。なお、「実質為替影響」については、主な取引を対象に分析しており、米ドル、カナダドル、ユー ロ、ポンド、ブラジルレアルなどの、対円および各通貨間における為替影響について分析しております。 (2)「コストダウン効果等」については、当社および北米、欧州、アジアなどの生産を行う主要な海外連結子会社におけるコストダウン 効果や原材料価格の変動影響などを対象に分析しております。
さらに見せる

29 さらに読み込む

目次 2011 年度業界需要動向 1 日経代販価格推移 2 主要原燃料価格の推移 年度連結業績概要 4 主要製品品種別売上実績 5 連結営業利益増減益内訳 (2010 年度対 2011 年度 ) 年度連結業績予想 7 連結営業利益増減益内訳 (2011 年度対 2012

目次 2011 年度業界需要動向 1 日経代販価格推移 2 主要原燃料価格の推移 年度連結業績概要 4 主要製品品種別売上実績 5 連結営業利益増減益内訳 (2010 年度対 2011 年度 ) 年度連結業績予想 7 連結営業利益増減益内訳 (2011 年度対 2012

連結営業利益推移………………………………………………………………… 9 連結有利子負債残高推移……………………………………………………… 10 連結設備投資・減価償却費推移 ……………………………………………… 11 経営目標………………………………………………………………………… 12

21 さらに読み込む

目次 総括 Honda グループ販売台数 主要市場の状況 トピックス 2017 年度第 3 四半期連結決算概要 2017 年度連結業績見通し 配当 2

目次 総括 Honda グループ販売台数 主要市場の状況 トピックス 2017 年度第 3 四半期連結決算概要 2017 年度連結業績見通し 配当 2

パワープロダクツ事業 Hondaグループ販売台数は、当社および連結子会社、ならびに持分法適用会社のパワープロダクツ販売台数です。一方、連結売上台数は、外部顧客への売上収益に 対応する販売台数であり、当社および連結子会社のパワープロダクツ販売台数です。なお、当社は、パワープロダクツを販売している持分法適用会社を有しないため、 パワープロダクツ事業においては、Hondaグループ販売台数と連結売上台数に差異はありません。
さらに見せる

46 さらに読み込む

目次 Ⅰ.2017 年度の業績 ( 連結 ) Ⅰ-1) 決算の概要 Ⅰ-2) Ⅰ-3) Ⅰ-4) 売上高 主要製品売上高 海外売上高 Ⅱ.2018 年度の取り組みと連結業績予想 Ⅱ-1) 医療用医薬品事業 Ⅱ-2) Ⅱ-3) Ⅱ-4) Ⅱ-5) コンシューマーヘルスケア事業 海外事業 研究開発 連結

目次 Ⅰ.2017 年度の業績 ( 連結 ) Ⅰ-1) 決算の概要 Ⅰ-2) Ⅰ-3) Ⅰ-4) 売上高 主要製品売上高 海外売上高 Ⅱ.2018 年度の取り組みと連結業績予想 Ⅱ-1) 医療用医薬品事業 Ⅱ-2) Ⅱ-3) Ⅱ-4) Ⅱ-5) コンシューマーヘルスケア事業 海外事業 研究開発 連結

(単位:百万円) 2016年度 2017年度 実績 売上比 実績 売上比 前同伸率 売 上 高 64,849 100.0% 64,568 100.0% △0.4% 売 上 総 利 益 46,691 72.0% 46,235 71.6% △1.0% 販 売 管 理 費 42,149 65.0% 41,405 64.1% △1.8% 研 究 開 発 費 8,458 13.0% 7,331 11.4% △13.3% 広 告 宣 伝 費 3,479 5.4% 3,366 5.2% △3.2% 営 業 利 益 4,541 7.0% 4,830 7.5% 6.4% 経 常 利 益 4,438 6.8% 5,089 7.9% 14.7% 親会社株主に帰属

30 さらに読み込む

業績概要 ( 連結決算 ) 1PL CF ( 単位 : 億円 ) 2015 年度第 2 四半期 2016 年度第 2 四半期 増減 2016 年度第 2 四半期 (8 月 3 日公表 ) 売上高 営業利益 (%) 56.3 (12.9%) 54.8 (13.

業績概要 ( 連結決算 ) 1PL CF ( 単位 : 億円 ) 2015 年度第 2 四半期 2016 年度第 2 四半期 増減 2016 年度第 2 四半期 (8 月 3 日公表 ) 売上高 営業利益 (%) 56.3 (12.9%) 54.8 (13.

2016年度 第2四半期 増減 売上高 67.8 67.6 ▲0.2 免疫系診断薬を中心に国内での売上が安定的に推移し、スペシャリティケミカルス製品の 海外向けの新規案件受注などに注力。飲料分野では、多品種小ロットの需要に対応。  メディカル

23 さらに読み込む

目次 年 3 月期通期連結業績 年 3 月期通期連結業績 ( セグメント別 ) 年 3 月期の振り返り 4 新中期ビジョン 年 3 月期通期連結業績予想 年 3 月期通期連結業績予想 ( セグメント別 ) 年 3

目次 年 3 月期通期連結業績 年 3 月期通期連結業績 ( セグメント別 ) 年 3 月期の振り返り 4 新中期ビジョン 年 3 月期通期連結業績予想 年 3 月期通期連結業績予想 ( セグメント別 ) 年 3

・雑誌の収益改善 紙雑誌のウェブメディアへの移行等、ビジネスモデルの転換を図り、収益が改善しました。 ・UGC型投稿サイトの充実 「カクヨム」への作品投稿数が順調に拡大しているほか、2016年度の書籍化点数は55 点となり、想定を上回る勢いで推移しております。

25 さらに読み込む

連結業績 Consolidated operating results 主な業績と予想 Results and forecasts for major financial indicators 2017 年度 /FY 年度 /FY2018 第 2 四半期 /1H

連結業績 Consolidated operating results 主な業績と予想 Results and forecasts for major financial indicators 2017 年度 /FY 年度 /FY2018 第 2 四半期 /1H

見通しに関する注意事項 本資料では、ローソンおよび関係会社の将来についての計画や戦略、業績に関する予想および見通しの記述が含まれています。これらの記述は過去の 事実ではなく、当社が現時点で把握可能な情報から判断した仮定および所信に基づく見込みです。また、経済動向、コンビニエンスストア業界における 競争の激化、個人消費、市場需要、税制や諸制度などに関わるリスクや不確実性を際限なく含んでいます。それゆえ実際の業績は当社の見込みとは 異なる可能性のあることをご承知おきください。
さらに見せる

28 さらに読み込む

連結業績 Consolidated operating results 主な業績と予想 Results and forecasts for major financial indicators 2017 年度 /FY 年度 /FY2018 第 1 四半期 /1Q

連結業績 Consolidated operating results 主な業績と予想 Results and forecasts for major financial indicators 2017 年度 /FY 年度 /FY2018 第 1 四半期 /1Q

Total sales of convenience store business in Japan 見通しに関する注意事項 本資料では、ローソンおよび関係会社の将来についての計画や戦略、業績に関する予想および見通しの記述が含まれています。これらの記述は過去の 事実ではなく、当社が現時点で把握可能な情報から判断した仮定および所信に基づく見込みです。また、経済動向、コンビニエンスストア業界における 競争の激化、個人消費、市場需要、税制や諸制度などに関わるリスクや不確実性を際限なく含んでいます。それゆえ実際の業績は当社の見込みとは 異なる可能性のあることをご承知おきください。
さらに見せる

25 さらに読み込む

参天製薬株式会社 決算説明会 2016 年度連結業績概要 2017 年度連結業績予想 代表取締役社長兼 CEO 黒川明 2017 年 5 月 11 日 Copyright 2017 Santen Pharmaceutical Co., Ltd. All rights reserved.

参天製薬株式会社 決算説明会 2016 年度連結業績概要 2017 年度連結業績予想 代表取締役社長兼 CEO 黒川明 2017 年 5 月 11 日 Copyright 2017 Santen Pharmaceutical Co., Ltd. All rights reserved.

2017年度 業績予想 概況 (コアベース) 売上収益 海外事業を中心として全ての事業において増収見込。 営業利益 将来成長に係る費用(※)が増加するも、コントロールも強化し、売上収益成長率内に抑制。 コア営業利益も増益見込。 ※・パイプライン進展や製品価値向上のための研究開発費

34 さらに読み込む

Show all 10000 documents...