年医政発第 0331008 号)の一部改正 別添6

Top PDF 年医政発第 0331008 号)の一部改正 別添6:

300710_課_医政研発0710第4号_薬生薬生薬審発0710第2号_薬生機審発0710第2号_「新たな『治験の依頼等に係る統一書式』」の一部改正について

300710_課_医政研発0710第4号_薬生薬生薬審発0710第2号_薬生機審発0710第2号_「新たな『治験の依頼等に係る統一書式』」の一部改正について

参考書式2 (直接閲覧実施連絡票) ① 通常、直接閲覧については契約等で実施されることが明確であることから実施都度改めて書 面やりとりは不要である。しかしながら、実施日時等に誤解が生じないよう何らかの担保が必 要であり、それを書面で行う場合においては参考書式2を使用する。参考書式2やりとりは実 務者間で行われるものであることから書面宛先は実施医療機関事務局、差出人は直接閲 覧実施予定者(複数場合はそのうち代表)である。なお、直接閲覧結果に関してGCPでは、 治験実施計画書から逸脱等別段事項があれば治験責任医師等に適切に伝えること等とさ れているが、直接閲覧実施者がその閲覧結果をその都度実施医療機関に対して書面で報告す ることは求めていないことに留意する。なお、参考書式2は治験審査委員会で審議、報告される べきものではない。
さらに見せる

83 さらに読み込む

放射性同位元素等車両運搬規則関係取扱要領及び核燃料物質等車両運搬規則関係取扱要領について ( 依命通達 ) の一部改正 新旧対照表 別添 平成 2 年 12 月 27 日付け官鉄保第 127 号 貨技第 144 号 改正令和元年 12 月 24 日付け国鉄安第 73 号 国自環第 112 号 別添

放射性同位元素等車両運搬規則関係取扱要領及び核燃料物質等車両運搬規則関係取扱要領について ( 依命通達 ) の一部改正 新旧対照表 別添 平成 2 年 12 月 27 日付け官鉄保第 127 号 貨技第 144 号 改正令和元年 12 月 24 日付け国鉄安第 73 号 国自環第 112 号 別添

9)放射性輸送物、低比放射性同位元素等又は低比放射性同位元素等が収納された コンテナ若しくはタンク輸送指数 10)放射性輸送物又は低比放射性同位元素等が収納されたコンテナ若しくはタンク に係る承認番号(容器承認番号、積載方法承認番号、特別措置に係る承認番号等) 11)オーバーパック又はコンテナに放射性輸送物を収納し、又は包装する場合には、 オーバーパック又はコンテナについて詳細な記述(収納され、又は包装された 放射性輸送物及びオーバーパック個数、オーバーパック又はコンテナへ収納 又は包装方法、収納され、又は包装された放射性同位元素等ベクレル(Bq) 単位で表された放射能合計、オーバーパック又はコンテナ分類(1類 白標識、2類黄標識又は3類黄標識うち、いずれものを貼付するか。)、 オーバーパック又はコンテナ輸送指数、オーバーパック又はコンテナに係る承 認番号(積載方法承認番号、特別措置に係る承認番号等)、その他必要な事項) 12)運搬物が専用積載で運搬されなければならない場合には、「EXCLUSIV
さらに見せる

64 さらに読み込む

別添 3 老人訪問看護療養費 訪問看護療養費請求書等の記載要領について ( 平成 18 年 3 月 30 日保医発第 号 ) の一部改正について 1 表題 を次のように改める 訪問看護療養費請求書等の記載要領について 2 別紙 を次のように改める 別紙 Ⅰ 一般的事項 訪問看護療養費

別添 3 老人訪問看護療養費 訪問看護療養費請求書等の記載要領について ( 平成 18 年 3 月 30 日保医発第 号 ) の一部改正について 1 表題 を次のように改める 訪問看護療養費請求書等の記載要領について 2 別紙 を次のように改める 別紙 Ⅰ 一般的事項 訪問看護療養費

患者負担額が免除される場合は「免除」字句を○で囲み、支払が猶予される場合は 「支払猶予」字句を○で囲むこと。 イ 「負担金額」項中「公費①」又は「公費②」項には、それぞれ、1公費及び2 公費に係る医療券等に記入されている公費負担医療に係る患者負担額(一部負担金額 が医療券等に記載されている公費負担医療に係る患者負担額を下回る場合は、10円未 満端数を四捨五入する前一部負担金額)を記載すること。なお、障害者自立支援法 による自立支援医療に係る患者負担額については、10円未満端数を四捨五入する前 一部負担金額を記載すること。
さらに見せる

22 さらに読み込む

障発 0411 第 4 号平成 24 年 4 月 11 日一部改正障発 0324 第 3 号平成 27 年 3 月 24 日一部改正障発 0228 第 3 号平成 30 年 2 月 28 日 各都道府県知事殿 厚生労働省社会 援護局 障害保健福祉部長 ( 公印省略 ) 工賃向上計画 を推進するための

障発 0411 第 4 号平成 24 年 4 月 11 日一部改正障発 0324 第 3 号平成 27 年 3 月 24 日一部改正障発 0228 第 3 号平成 30 年 2 月 28 日 各都道府県知事殿 厚生労働省社会 援護局 障害保健福祉部長 ( 公印省略 ) 工賃向上計画 を推進するための

なお、 「工賃向上計画」見直しがあった場合、各年度5月末日までに各都道府県あ て提出願いたい。 4 市町村における取組へ協力依頼 地域で障害者を支える仕組みを構築するとともに、障害者が地域を支える側として活 躍することも目指し、協議会等を活用し、農業や観光業、高齢者日常生活支援など 障害福祉分野以外行政分野と連携により障害者就労機会を創出するなど、工賃向 上へ事業所取組を積極的に支援していただくよう市町村に対し協力を依頼する。 (1)市町村として支援する内容を検討するよう依頼する。
さらに見せる

9 さらに読み込む

都道府県知事 各保健所設置市長殿 特別区長 薬食発 0330 第 2 号 平成 24 年 3 月 30 日 厚生労働省医薬食品局長 薬事法の一部を改正する法律の一部の施行についての一部改正について 薬事法の一部を改正する法律 ( 平成 18 年法律第 69 号 以下 改正法 という ) の一部が平成

都道府県知事 各保健所設置市長殿 特別区長 薬食発 0330 第 2 号 平成 24 年 3 月 30 日 厚生労働省医薬食品局長 薬事法の一部を改正する法律の一部の施行についての一部改正について 薬事法の一部を改正する法律 ( 平成 18 年法律第 69 号 以下 改正法 という ) の一部が平成

イ 新法施行日以後実務経験について 新法施行日以後実務経験期間については、改正法による改正薬事法(以下「新薬事法」 という。)に基づく薬局、店舗販売業又は配置販売業における一般用医薬品販売等実務に従 事した期間とし、別紙様式2により、それぞれ実務に従事した薬局開設者、店舗販売業者又は配 置販売業者(以下「新薬局開設者等」という。)及び薬局管理者、店舗管理者又は区域管理者 (複数区域において実務を行った場合には、主な実務を行った区域区域管理者とする。) 証明及び当該証明に関する勤務簿写し又はこれに準ずるものを必要とすることとする。
さらに見せる

17 さらに読み込む

( 別紙 1) 診療報酬の算定方法の制定等に伴う実施上の留意事項について ( 平成 18 年 3 月 6 日保医発第 号 ) の一部改正について 1 別添 1 の第 2 章第 7 部通則を次のように改める < 通則 > 1 リハビリテーション医療は 基本的動作能力の回復等を目的とする

( 別紙 1) 診療報酬の算定方法の制定等に伴う実施上の留意事項について ( 平成 18 年 3 月 6 日保医発第 号 ) の一部改正について 1 別添 1 の第 2 章第 7 部通則を次のように改める < 通則 > 1 リハビリテーション医療は 基本的動作能力の回復等を目的とする

なお、当該リハビリテーション実施単位数は、従事者1人につき1日18単位を標準とし、 週108単位までとする。ただし、1日24単位を上限とする。  運動器リハビリテーション料及び運動器リハビリテーション医学管理料届出を行っ た保険医療機関(専従常勤理学療法士が勤務している場合に限る。)において、理学療法 士及び作業療法士以外に、運動療法機能訓練技能講習会を受講するとともに、定期的に適切 な研修を修了しているあん摩マッサージ指圧師等従事者が訓練を行った場合については、 当該療法を実施するに当たり、医師又は理学療法士が事前に指示を行い、かつ事後に当該療 法に係る報告を受ける場合であってからまでいずれにも該当する場合に限り、運動器 リハビリテーション料80点を算定できる。なお、当該保険医療機関が運動器リハビリテ ーション医学管理を行う月において、当該あん摩マッサージ指圧師等従事者が訓練を行っ た場合については、運動器リハビリテーション医学管理料220点を算定できる。
さらに見せる

42 さらに読み込む

別添 自動車検査業務等実施要領について ( 依命通達 ) ( 昭和 36 年 11 月 25 日自車第 880 号 ) の一部を改正する通達新旧対照表昭和 36 年 11 月 25 日付け自車第 880 号改正平成 27 年 3 月 31 日付け国自技第 195 号国自整第 349 号 新 旧 自動

別添 自動車検査業務等実施要領について ( 依命通達 ) ( 昭和 36 年 11 月 25 日自車第 880 号 ) の一部を改正する通達新旧対照表昭和 36 年 11 月 25 日付け自車第 880 号改正平成 27 年 3 月 31 日付け国自技第 195 号国自整第 349 号 新 旧 自動

3-7-7 審査結果通知に 法 71 条 2 1 項に該当する旨 通知 があり、当該 自動車使用停止を行う場合には、自動車検査証を複写したものに「使用停止」と 朱書きにより記載し、これを手渡すものとする。 3-7-8 継続検査後自動車検査証有効期間更新又は構造等変更検査後記 載事項を変更した自動車検査証交付であって、道路交通法 51 条 7 2 項に基 づく放置違反金滞納によって、自動車検査証有効期間更新又は記載事項を変更 した自動車検査証交付ができない場合には、自動車検査証備考欄に「放置違反金 滞納情報あり」である旨記載と受付日付印を押印し、申請書並びに添付書類を申請 者に返却することとする。 なお、書面による審査結果通知場合は、審査結果通知 書を回収するものとする。
さらに見せる

17 さらに読み込む

別添 保発 0204 第 2 号 平成 28 年 2 月 4 日 都道府県知事殿 厚生労働省保険局長 公印省略 健康保険法施行規則等の一部を改正する省令等の公布について ( 通知 ) 持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律 ( 平成 27 年法律第 31 号 以下

別添 保発 0204 第 2 号 平成 28 年 2 月 4 日 都道府県知事殿 厚生労働省保険局長 公印省略 健康保険法施行規則等の一部を改正する省令等の公布について ( 通知 ) 持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律 ( 平成 27 年法律第 31 号 以下

ウ 上記1エ、オ及びカと同様改正を行うこと。 (船保則 69 条2項から4項まで関係) エ 出産手当金に関して、疾病任意継続被保険者又は被保険者であった者 が出産手当金支給を受ける場合は、被保険者(疾病任意継続被保険者 を除く。 )資格を喪失した日前日属する月以前に定められた標準報 酬月額を平均算定に用いること。このほか、出産手当金支給申請及 び支給額算定方法については、上記2ア及びウ(1カに 係る部分を除く。 )規定を準用すること。 (船保則 79 条5項及び 79 条2関係)
さらに見せる

22 さらに読み込む

( 別添 ) 新旧対照表 医薬品等及び毒劇物輸入監視要領 傍線を付した箇所が改正部分である 改正後 改正前 別添 別添 医薬品等及び毒劇物輸入監視要領 ( 改正平成 30 年 11 月 26 日薬生発 1126 第 4 号 ) 医薬品等及び毒劇物輸入監視要領 1~5 ( 略 ) 1~5 ( 略 )

( 別添 ) 新旧対照表 医薬品等及び毒劇物輸入監視要領 傍線を付した箇所が改正部分である 改正後 改正前 別添 別添 医薬品等及び毒劇物輸入監視要領 ( 改正平成 30 年 11 月 26 日薬生発 1126 第 4 号 ) 医薬品等及び毒劇物輸入監視要領 1~5 ( 略 ) 1~5 ( 略 )

となっているが、輸入者が必要な書類を持ってきた場合には確認を行うこと。 イ 医薬品医療機器等法 14 条承認、同法 14 条届出、同法 19 条承認、同法 23 条承認、同法 23 条 12 届出、同法 23 条 17 承認、同法 23 条 23 認証、同法 23 条 25 承認又は 同法 23 条 37 承認がなされたもの、当該承認又は認証申請中もの、若し くは同法 80 条登録又は同法 80 条登録を受けたもの
さらに見せる

37 さらに読み込む

医療法人の計算に関する事項について(平成28年4月20日付け医政発0420第7号)

医療法人の計算に関する事項について(平成28年4月20日付け医政発0420第7号)

① (略) ② 医療法人運営管理指導要綱(平成23月1日付健110 「病院又は老人保健施設等を開設する医療法人運営管理指導要 綱制定について」。以下「運営管理指導要綱」という。 ) 「Ⅰ 組織運営 2 役員 ()監事」においては、医療法51 条2項医療法人については、公認会計士又は監査法人による監 査を受けることとされており、医療機関債を発行する医療法人は、 医療機関債発行により負債総額が100億円以上となる場合を含 め負債総額が100億円以上である場合又は一会計年度における 行総額が1億円以上(ただし、銀行がその全額を引き受ける場合は 除く。 )若しくは一会計年度における購入人数が50人以上である場 合には、公認会計士又は監査法人による監査を受けるものとするこ と。なお、これら場合ほかも、医療法人が医療機関債を発行す るときは、公認会計士又は監査法人による監査を受けることが望ま しいものであることに留意すること。
さらに見せる

11 さらに読み込む

-2-

国自情第 号 平成 30 年 8 月 28 日 地方運輸局長殿 内閣府沖縄総合事務局長殿 自動車局長 封印取付け委託要領 の一部改正について 標記について 封印取付け委託要領 ( 平成 18 年 10 月 4 日付け国自管第 86 号 ) を別添のとおり一部改正することとしたので 了知さ

(4)巡回施封方式 丙種及び丁種受託者は、構成員である自動車販売事業者 店舗又は所属する行政書士事務所においても封印取付け を行うことができるものとする。この場合、封印取付け責任 者及び巡回封印取付け職員選定、巡回封印取付け業務管 理体制等封印取付け実施計画について十分審査し、業務運 営適正が確保されるよう措置すること。なお、適正な業務 運営が図られないおそれがある場合には、必要に応じ一般社 団法人日本中古自動車販売協会連合会又は日本行政書士会連 合会を通じた指導を行うこととするので、委託を行った運輸 支局等は適宜その状況を本省自動車情報課に報告されたい。 (5)出張封印方式
さらに見せる

43 さらに読み込む

日医発第 1158 号 ( 保 283) 平成 3 1 年 2 月 6 日 都道府県医師会長殿 日本医師会長横倉義武 特定保険医療材料の材料価格算定に関する留意事項について 等の一部改正について 平成 31 年 1 月 31 日付け保医発 0131 第 2 号厚生労働省保険局医療課長通知 ( 以下

日医発第 1158 号 ( 保 283) 平成 3 1 年 2 月 6 日 都道府県医師会長殿 日本医師会長横倉義武 特定保険医療材料の材料価格算定に関する留意事項について 等の一部改正について 平成 31 年 1 月 31 日付け保医発 0131 第 2 号厚生労働省保険局医療課長通知 ( 以下

つきましては、今般発出された通知による改正内容について、貴会会員に周知く ださるようお願い申し上げます。 なお、今回留意事項等改正につきましては、日本医師会雑誌 4 月に掲載を 予定しております。また、日本医師会ホームページメンバーズルーム中、医療保 険「新たに保険適用が認められた検査・医療機器等」に掲載いたします。

9 さらに読み込む

医政発 第 4 号 保発 第 7 号 平成 2 8 年 2 月 10 日 地方厚生 ( 支 ) 局長 殿 厚生労働省医政局長 ( 公印省略 ) 厚生労働省保険局長 ( 公印省略 ) 医療機器の保険適用等に関する取扱いについて 標記については 医療機器の保険適用等に関する

医政発 第 4 号 保発 第 7 号 平成 2 8 年 2 月 10 日 地方厚生 ( 支 ) 局長 殿 厚生労働省医政局長 ( 公印省略 ) 厚生労働省保険局長 ( 公印省略 ) 医療機器の保険適用等に関する取扱いについて 標記については 医療機器の保険適用等に関する

医療機器保険適用等に関する取扱いについて 標記については、「医療機器保険適用等に関する取扱いについて」(平成262月12日021 215、保021213。以下「旧通知」という。)により取り扱ってきたところであるが、保険 医療材料制度改革一環として「平成28年度保険医療材料制度改革骨子」(平成2712月25日中央 社会保険医療協議会了解)を踏まえ、平成284月1日よりとおりとすることとしたので、そ 取扱いに遺漏ないよう、貴管下保険医療機関及び審査支払機関に対して周知徹底を図られたく 通知する。
さらに見せる

19 さらに読み込む

年発0914第1号 「国民年金法等の一部を改正する法律」及び「国民年金法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整理及び経過措置に関する政令」の公布について

年発0914第1号 「国民年金法等の一部を改正する法律」及び「国民年金法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整理及び経過措置に関する政令」の公布について

5 国民年金法等一部改正する法律(昭和法律34。以下「 改正法」という )一部改正5条関係) 。 (1)昭和改正旧国民年金法規定による障害年金について、これまで 、昭和4月1日において生計維持している子がある場合に加算を行うこ ととしていたが、これに加え、受給権発生後に子を持ち、その子と間で生計 維持関係がある場合にも子加算を行うこと。
さらに見せる

42 さらに読み込む

健疾発 1225 第 2 号 平成 26 年 12 月 26 日 [ 改正経過 ] 第 1 次改正平成 27 年 9 月 30 日健疾発 0930 第 1 号第 2 次改正平成 27 年 12 月 28 日健難発 1228 第 1 号第 3 次改正平成 29 年 9 月 29 日健難発 0929 第

健疾発 1225 第 2 号 平成 26 年 12 月 26 日 [ 改正経過 ] 第 1 次改正平成 27 年 9 月 30 日健疾発 0930 第 1 号第 2 次改正平成 27 年 12 月 28 日健難発 1228 第 1 号第 3 次改正平成 29 年 9 月 29 日健難発 0929 第

なお、低所得者区分((2)②所得区分における 70 歳未満市町村民税世 帯非課税者並びに 70 歳以上低所得者Ⅰ及び低所得者Ⅱをいう。以下同じ。 ) に該当すると思われる者については、被保険者(70 歳以上低所得者Iに該当 すると思われる者については、その被扶養者を含む。)非課税証明書等写 しを添付すること。ただし、行政手続における特定個人を識別するため利用等に関する法律(平成 25 法律 27 。以下「番号利用法」という。 ) に規定する情報提供ネットワークシステムにより、保険者が非課税証明書等と 同一内容を含む情報提供を受けることができる場合は、この限りでない。
さらに見せる

17 さらに読み込む

都道府県知事 各保健所設置市長殿 特別区長 医政発 1213 第 3 号 平成 30 年 12 月 13 日 厚生労働省医政局長 ( 公印省略 ) 社会医療法人債を発行する社会医療法人の財務諸表の用語 様式 及び作成方法に関する規則等の一部を改正する省令 の公布について ( 通知 ) 税効果会計に係

都道府県知事 各保健所設置市長殿 特別区長 医政発 1213 第 3 号 平成 30 年 12 月 13 日 厚生労働省医政局長 ( 公印省略 ) 社会医療法人債を発行する社会医療法人の財務諸表の用語 様式 及び作成方法に関する規則等の一部を改正する省令 の公布について ( 通知 ) 税効果会計に係

1 施行期日 改正省令は、公布日から施行すること。 2 経過措置 改正省令による改正社会医療法人債を発行する社会医療法人財務諸表用語、 様式及び作成方法に関する規則(以下「新規則」という。)規定は、平成 31 4月 1日以後に開始する会計年度に係る財務諸表について適用し、同日前に開始する会計 年度に係る財務諸表については、なお従前例によるものとすること。ただし、平成 31 3月 31 日以降最初に終了する会計年度に係る財務諸表については、新規則規 定を適用することができるものとすること。
さらに見せる

19 さらに読み込む

医政発 0322 第 13 号 平成 30 年 3 月 22 日 都道府県知事 各保健所設置市長 特別区長 殿 厚生労働省医政局長 ( 公印省略 ) 介護保険法施行規則等の一部を改正する等の省令の施行について ( 施行通知 ) 平素より 医療行政の推進に格別の御高配を賜り 厚く御礼申し上げます 平成

医政発 0322 第 13 号 平成 30 年 3 月 22 日 都道府県知事 各保健所設置市長 特別区長 殿 厚生労働省医政局長 ( 公印省略 ) 介護保険法施行規則等の一部を改正する等の省令の施行について ( 施行通知 ) 平素より 医療行政の推進に格別の御高配を賜り 厚く御礼申し上げます 平成

(8)病院等から転換する介護医療院名称に関する表示について ① 一部転換場合 介護医療院名称を表示する際には「介護医療院」という文字を併記等 した名称を使用することが望ましいものの、既存介護老人保健施設等で 取扱いを踏まえ、医療機関一部を転換して、介護医療院を併設する場 合(外来機能のみを残す場合も含む。)においては表示等により医療機関 と介護医療院と区分を可能な限り明確にすることとし、その方法につい ては、フロアマップ等館内表示等でも足り、必ずしも看板等で名称を明 示する必要はないものとすること。
さらに見せる

69 さらに読み込む

指定保育士養成施設の各年度における業務報告について新旧対照表 ( 下線部 : 変更箇所 ) 改正後 現行 雇児発 0722 第 6 号 雇児発 0722 第 6 号 平成 22 年 7 月 22 日 平成 22 年 7 月 22 日 一部改正雇児発 0808 第 4 号 一部改正雇児発 0808 第

指定保育士養成施設の各年度における業務報告について新旧対照表 ( 下線部 : 変更箇所 ) 改正後 現行 雇児発 0722 第 6 号 雇児発 0722 第 6 号 平成 22 年 7 月 22 日 平成 22 年 7 月 22 日 一部改正雇児発 0808 第 4 号 一部改正雇児発 0808 第

(経過措置規定により、平成23年度に当該指定保育士養成施設に入所した 者修業科目及び単位数並びに履修方法について、なお従前例によるとした 指定保育士養成施設においては、平成233月31日以前に指定保育士養成 施設に入所していた者)に係る別紙1表 前学年度卒業者教授科目 時間数及び実習実施状況」については、なお従前例によるものとしたとこ ろ。
さらに見せる

6 さらに読み込む

BPC-0821 Help for Windows

改正後全文 医政支発 0929 第 1 号平成 29 年 9 月 29 日最終改正医政支発 1213 第 3 号平成 30 年 12 月 13 日 各都道府県衛生主管部 ( 局 ) 長殿 厚生労働省医政局医療経営支援課長 持分の定めのない医療法人への移行に関する計画の認定制度について 本年 6 月

イ 「遊休財産額」は、当該医療法人業務ために現に使用されておらず、 かつ、引き続き使用されることが見込まれない財産価額合計額として、 直近に終了した会計年度貸借対照表に計上する資産総額から次(イ)か ら(ホ)までに掲げる資産うち保有する資産明細表に記載されたものの帳 簿価額合計額を控除した額に、純資産額(貸借対照表(医療法人におけ る事業報告書等様式について(平成 19 0330003 。以下「事 業報告書等通知」という。 ) )(3)に規定する貸借対照表をいう。以下同 じ。)上資産額から負債額を控除して得た額をいう。)資産総額に 対する割合(貸借対照表純資産合計額資産合計額に占める 割合をいう。ただし、評価・換算差額等を計上する場合にあっては、当該評 価・換算差額等額を純資産合計額及び資産合計額からそれぞ れ控除するものとする。 )を乗じて得た額とする。
さらに見せる

50 さらに読み込む

平成30年3月16日【医政安発0316第1号、薬生薬審発0316第1号、薬生機審発0316第1号、薬生安発0316第1号】経腸栄養分野の小口径コネクタ製品の切替えについて(別ウィンドウで開きます)

平成30年3月16日【医政安発0316第1号、薬生薬審発0316第1号、薬生機審発0316第1号、薬生安発0316第1号】経腸栄養分野の小口径コネクタ製品の切替えについて(別ウィンドウで開きます)

一変申請範囲は次とおりとする。ただし、複数品目に対して同 一変更を行う場合には、代表品目を選定し、代表品目一変承認(認 証) 取得後、 他品目は軽微変更届により変更することで差し支えない。 この際、代表品目一変申請書に、代表品目選定理由、軽微変更届 出予定品目一覧(販売名、一般的名称、承認(認証)番号)及びそ れら品目概要(添付文書等)を添付すること。なお、代表品目選 定にあっては、クラス分類が最も高い品目とすることを原則とし、必要 に応じて独立行政法人医薬品医療機器総合機構簡易相談を活用する又 は登録認証機関に相談すること。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...