多様な事業主体との連携

Top PDF 多様な事業主体との連携:

目次 1. ガイドラインのねらい 1 2. マネジメント改革のためのガイドライン 3 (1) 本ガイドラインの方向性 3 1 ガイドラインの位置付け 2 地域社会における意義 3 関係機関との実質的な連携による事業 多様な財源の確保 4 国 地方公共団体 (2) 各館による多様なニーズへの対応方針

目次 1. ガイドラインのねらい 1 2. マネジメント改革のためのガイドライン 3 (1) 本ガイドラインの方向性 3 1 ガイドラインの位置付け 2 地域社会における意義 3 関係機関との実質的な連携による事業 多様な財源の確保 4 国 地方公共団体 (2) 各館による多様なニーズへの対応方針

また,多く博物館は,人的・財政的に困難状況が指摘されているため,美術館・博物館本 来的業務基盤を確保した上で多様ニーズを踏まえた取組を実施することが重要である。 ・ 民間企業,団体等連携による事業運営に当たり,資料収集・調査,文化財保存活用を 行う社会教育施設であることも踏まえた上で,明確目標下で実施運営に当たる必要がある。 また,地域における教育,福祉,観光など分野連携においては,関係機関総合的企画を 行うプロデューサー,コーディネーターなど関係機関へ橋渡し役を,その役割を明確にした上で 配置することが重要である。
さらに見せる

18 さらに読み込む

中学校における学年連携と教員の多様な生徒理解

中学校における学年連携と教員の多様な生徒理解

中学校における学年連携と教員の多様な生徒理解 学校教育学専攻 学校心理学コース... 支援体制1 支援体制2 教員の生徒理解.[r]

2 さらに読み込む

小学校の地域学習プログラムにおける多様な主体の連携に関する考察─公園づくりを課題とした地域学習を事例として─

小学校の地域学習プログラムにおける多様な主体の連携に関する考察─公園づくりを課題とした地域学習を事例として─

(平成 30 年 2 月 20 日受付/平成 30 年 6 月 8 日受理) 要約:本研究では,砧小学校喜多見小学校における地域公園づくりを課題した小学校地域学習プロ グラム試行を通じて,小学校立地する地域大学・行政・専門アドバイザー多様主体連携した地 域学習教育支援体制あり方を考察することを目的している。公園づくりでは地域認識,時代認識,そ してストーリー性が重要であることから,「地域認識」・「課題解決(自分で考え,みんなで合意形成)」・「成 果発表」 3 つステップで授業を進めた。第 1 段階「地域認識」では,砧・喜多見地域豊か自然環境 資源往古からつながる歴史文化資源を学び,児童に地域歴史文化,自然環境認識・理解させるために, 専門アドバイザーが指導した。第 2 段階「課題解決(自分で考え,みんなで合意形成)」では,公園づくり 課題をまず自分で考えたのち,他人意見を説明し合い合意形成していく力を養うために,児童が主体的, 協働的に学ぶグループワークし,その進行ファシリテーター役を大学教員大学生が担った。第 3 段階 「成果発表」では,子ども達自信誇りにつなげるために,児童 1 人 1 人が主体的に自ら公園アイデア を発表し,地域へ誇り,愛着を深めてもらうために世田谷区(街づくり課)が児童個々アイデアを公 園アイデア集として冊子にし,児童個々に配布した。本研究ケーススタディを通じて地域学習では地域 行政・小学校・大学・専門アドバイザー等多様主体が関わり,その役割を明確にし,協働連携した教育 体制が重要である考えられた。
さらに見せる

9 さらに読み込む

として実施するほか 世田谷保健所の こころスペース や 障害福祉担当部の みつけば! 事業など 関係機関と連携した事業実施を図る (3) 関係機関との連携主な支援内容のうち 相談機能については ひきこもりに限らず多様な相談が寄せられることが想定されるため 民生 児童委員 青少年委員や 就労支援 生活

として実施するほか 世田谷保健所の こころスペース や 障害福祉担当部の みつけば! 事業など 関係機関と連携した事業実施を図る (3) 関係機関との連携主な支援内容のうち 相談機能については ひきこもりに限らず多様な相談が寄せられることが想定されるため 民生 児童委員 青少年委員や 就労支援 生活

として実施するほか、世田谷保健所「こころスペース」や、障害福祉担当部「みつけば!」 事業など、関係機関連携した事業実施を図る。 (3)関係機関連携支援内容うち、相談機能については、ひきこもりに限らず多様相談が寄せられるこ が想定されるため、民生・児童委員、青少年委員や、就労支援、生活困窮者等自立支援、障 害支援等を行う「専門機関」等、関係機関連携を図り、総合的かつ継続的支援を実施し ていくことする。
さらに見せる

7 さらに読み込む

1 はじめに 銚子円卓会議は まちづくりに関わる多様な主体が連携し ヒト モノ コト カネ など地域資源を発掘 育成 架橋することで地域課題の解決に取り組もうとする地域づくりプラットフォームです 加速する人口減少社会の中で 希望を紡ぎ生きていける地域の創造には 私たち市民一人ひとりが地域づくりの主体

1 はじめに 銚子円卓会議は まちづくりに関わる多様な主体が連携し ヒト モノ コト カネ など地域資源を発掘 育成 架橋することで地域課題の解決に取り組もうとする地域づくりプラットフォームです 加速する人口減少社会の中で 希望を紡ぎ生きていける地域の創造には 私たち市民一人ひとりが地域づくりの主体

1 はじめに 銚子円卓会議は、まちづくりに関わる多様主体連携し、「ヒト」「モノ」「コト」「カネ」など地域資源 を発掘・育成・架橋することで地域課題解決に取り組もうする地域づくりプラットフォームです。 加速する人口減少社会中で、希望を紡ぎ生きていける地域創造には、私たち市民一人ひとりが地域づくり 主体担い手であるという意識行動が必要です。
さらに見せる

11 さらに読み込む

JAIST Repository: 産学共創の新たな方法論 : 多様なステークホルダーとの連携推進に資する

JAIST Repository: 産学共創の新たな方法論 : 多様なステークホルダーとの連携推進に資する

図2に示したように、大学においては、各々研究室、各部局、全学機構、それぞれ部分最適 みが存在する。一方、企業にはバリューチェーンが存在し各事業部門部分最適全体最適がなされ ている。 企業においては、各事業各々ミッションは異なり企業事業方向性必ずしも同じでは ない。ミッションが異なる多く事業部が企業を構成している。企業においては先ず各事業部がそれ ぞれに最適化されたミッションを部分最適する。次にその部分最適により創出された価値あるいは成 果 を 、 企 業 事 業 化 方 向 性 に 合 わ せ て 、 別 々 事 業 部 門 同 志 が 擦 り 合 わ せ る こ に よ り 、 downstream から upstream へ フィードバックをかけて整合性を取りながら全体最適を計る。大学は 価値共創にあたり、価値共創における車両輪である企業上記実態を理解する必要がある。
さらに見せる

6 さらに読み込む

事例5 シンポジウムを開催し多様な団体と連携して設置した事例<船橋市(千葉県)>

事例5 シンポジウムを開催し多様な団体と連携して設置した事例<船橋市(千葉県)>

【設置経緯】消費者行政部局(センター)が中心なって組織 平成 27 年2月7日に開催された千葉県弁護士会主催県民提案事業「消費生 活シンポジウム in 船橋市」における宣言文(=若年層から高齢者まで全て消 費者被害防止に全力で取り組む・福祉、教育関係含む様々団体が情報を共有 し、連携を深める場を設け消費者被害ない街を目指す。 )実現に向けた取組 、平成 26 年6月消費者安全法改正を受けて、再度シンポジウムメンバ ーで集まり、見守りネットワーク及び協議会設立に向けた準備会が立ち上が り、平成 28 年 10 月1日に設立されました。また、要綱に消費者安全法に基づ く協議会する旨を記載することされました。
さらに見せる

4 さらに読み込む

地域との連携の深化・多様化とその実践

地域との連携の深化・多様化とその実践

県立隠岐島前高校で行われた「まちづくり甲子園」鳥取県立中央育英高校で行われた「地 方創生ハイスクールサミット」に参加した。また、村岡高校は毎年「村高サミット」を開 き、兵庫県北部地域高校地域づくりや高校生役割について話し合っている。 一方、村岡高校立地する自治体である香美町としても、高校を地方創生核にしよう している。2015 年「香美町総合戦略」には、村岡高校存続入学者増加、高校にお ける人材育成、高校タイアップした事業推進などを町施策としてあげている※5。 出石高校は、上述地域学習に加え、地域まちづくり活動に学校をあげて参加してい る。地域環境改善活動などでは学校をあげて参加するとともに、私が教諭時代 2002 年 設置芸術に関する類型(現文化創造類型)や美術部・書道部・陶芸部を中心に各種イベ ントへ参加依頼が多く、生徒も地域に必要される存在であることを実感している。 2019 年に赴任した兵庫県立八鹿高等学校は、そのほとんどが大学進学を希望しており、 学習で連携している。たとえば、英語学習や夏休み補習などで、地域小中学生学習 を手助けする活動を、市教委や地域自治会協力し市内各地で実施している。
さらに見せる

10 さらに読み込む

多様性への対応が必要な病診連携- 口腔外科の診療域を超えた紹介例

多様性への対応が必要な病診連携- 口腔外科の診療域を超えた紹介例

症例2 : 75歳要介護3 I 施設入所中男性 , 訪問 歯科医より紹介を受け , 口蓋垂を含め軟口蓋に広範性 に発赤 を伴う顆粒状病変を認め(図1)細胞診により 扁平上皮癌陽注診断された。 病巣は中咽頭に属する ため , 耳鼻咽喉科に院内紹介するも当科初診 16 日後に 喋下困難から嘔吐 , その後 Sp02 低下があり , 精査 により瞭下困難原因は食道癌診断診断された。 多重癌に加えて全身状態から癌治療適応難しい判 断され療養型病院へ転院された。
さらに見せる

4 さらに読み込む

「いずみの国歴史館と桃山学院大学との連携事業」

「いずみの国歴史館と桃山学院大学との連携事業」

でなく、大学が立地する大阪・泉州に関する地域史料収集にも積極的に取 り組まれている。今回特別展でも、古文書、絵図、地域新聞、郷土史本、 鉄道案内など、多様資料を借用し展示させていただいた。  「Ⅳ百年前大阪紙モノ語り」コーナーは、おおよそ今から百年ほど前 にあたる、明治・大正期大阪で印刷・発行された多種多様刷り物・出版 物を集めたものである。大阪名所を描いた石板画や絵葉書、引札ほか、天 王寺で開催された第5回内国勧業博覧会関係出版物、軍歌や俗曲、詩吟、 剣舞など袖珍本など、いずれも原山教授コレクションである。
さらに見せる

10 さらに読み込む

15.多様な主体との応援協力体制の確立 (ファイル名:57511.pdf  サイズ:226.26KB)

15.多様な主体との応援協力体制の確立 (ファイル名:57511.pdf サイズ:226.26KB)

 大阪広域水道企業団各水道事業 体における震災対策合同訓練、応急 給水訓練に参加し、災害発生時に備 えた広域連携強化に取り組んだ。  水源・水質事故に係る危機管理対 応について、「淀川水質協議会」「淀 川水質汚濁防止連絡協議会」及び 「大阪広域水道企業団」連携を図 り、降雨による高濁度など事故対応 を行った。

2 さらに読み込む

15.多様な主体との応援協力体制の確立 (ファイル名:84704.pdf  サイズ:225.94KB)

15.多様な主体との応援協力体制の確立 (ファイル名:84704.pdf サイズ:225.94KB)

上下水道経営課運営事務 現状まま継続  「広域連携推進」について、各種団体共同訓練や連絡調整などにより、広域連携が図られた。  「市民、NPOなど応援協力体制確立」について、地域自主防災組織や民間事業、訓練実施により、応援協 力体制充実が図られた。

2 さらに読み込む

*

多様な主体の創出に向けて

るなど地域実情に応じた連携した取組を進めていただきたい 考えている。(なお、ガイドライン案において地域ケア会議によ るサービス開発事例も紹介している。) 2 地域ケア会議は、個別事例検討を通じて医療関係職種などを含めた多職種協働によるケアマネジメント支援を行うこと が基本である一方、協議体は、多様サービス提供主体情報共有及び連携・協働による資源開発等を推進することとして いる。 このように 性格等は異なる が、協議体構成メンバーは、地域ケア会議うち、地域包括支援ネットワークを支える職種・ 機関代表者レベルが集まり、地域づくり・資源開発、政策形成観点から議論する市町村レベル会議一般的には一部 重複することも想定されるので、例えば、小規模自治体では両者を連続した時間で開催する等効率的運営を図っていただき たい。この場合も、コーディネーター補完や地域ニーズ把握等協議体に期待される役割を全うできるメンバーを選定いた だきたい。
さらに見せる

20 さらに読み込む

地域における再生可能エネルギ : 事業の実態と課題-事業化の主体と資金調達の方法に関する分析を中心に

地域における再生可能エネルギ : 事業の実態と課題-事業化の主体と資金調達の方法に関する分析を中心に

一方,余剰電力買取価格が高く設定されたこともあって,地域における 住民やNPO,または地元企業による再生可能エネルギー事業参入が進 みつつあり,再生可能エネルギー利活用により地域再生や活性化を図ろう する考えが提起されている。豊田(2015)は,2013年・2014年調査結果 比較分析から,近年市民による共同発電所導入について,次よう 傾向を明らかにした。第一に,事業規模が拡大している。第二に,規模拡大 に合わせて資金調達方法も多様化している。第三に,発電所に取り組む団体 は,市民団体,行政地域住民による地域協議会,自治体,生協などが多様 に展開している。第四に,現在20以上自治体において再生可能エネル ギー普及促進を目的した自治体条例が制定され,自治体連携・協働 地域における再生可能エネルギー事業
さらに見せる

18 さらに読み込む

(10) 今夜は温泉へ帰ろう 2009 ~ 一人旅の受け入れと食事形態の多様化による新規需要創出事業 事業推進主体 1) 推進主体 : 今夜は温泉へ帰ろう プロジェクト推進協議会 2) 代表団体 : 湯河原温泉旅館協同組合 参加団体 :(: 株 ) リクルート旅行カンパニー 実施方針 : 事業実施の

(10) 今夜は温泉へ帰ろう 2009 ~ 一人旅の受け入れと食事形態の多様化による新規需要創出事業 事業推進主体 1) 推進主体 : 今夜は温泉へ帰ろう プロジェクト推進協議会 2) 代表団体 : 湯河原温泉旅館協同組合 参加団体 :(: 株 ) リクルート旅行カンパニー 実施方針 : 事業実施の

2) 代表団体: 代表団体: 湯河原温泉旅館協同組合 湯河原温泉旅館協同組合 参加団体: 参加団体: ( ( 株 株 ) ) リクルート リクルート 旅行カンパニー 旅行カンパニー 本事業は、昨年度、湯河原温泉旅館が共同で実施した「今夜は温泉 へ帰ろう♪プロジェクト」を更に進化させるために、温泉旅館を中心し た湯河原温泉旅館協同組合だけではなく、地域内飲食店も多く加盟 する「湯河原温泉観光協会」連携により、カスタマー細かいニーズ に対応することを実現する。
さらに見せる

19 さらに読み込む

商店街のライフサイクルと多様な主体の活動分析

商店街のライフサイクルと多様な主体の活動分析

人化)を事務局した運営委員会によってすすめられて いる。運営委員会は、商店街店主を中心として信用 金庫職員や長浜市役所職員なども加わったイベント運営 体制である。イベント体制についてみていく当初は創 設者である石井英夫光友クラブメンバー商店街組 合有志によってイベントや事務局を支えてきた。長浜 市商店街連盟会員としては、理事長経験者を含む有 志が常時企画会議に参加していた。イベント体制は通常 イベント同様に組織ごとで分かれており、またその 中に部署を置いている。具体的には、総務(総務部、広 報部、作家部、資金管理部)、企画(イベント部、オー クション部)、交流(交流部、模擬店部)、施設、楽座、 事務局(ギャラリー楽座、長浜市商工観光課)があり、 各部署3∼ 10 人部員から構成される。実行委員会 スタッフは、毎年 1/3 が留任し、1/3 が担当替え、1/3 が 新任なっている。つまり、運営委員会はその年ごとに 新しい体制をつくっている。また、ギャラリーシティ楽 座はイベント事務局他に絵画常設展示会、「ギャラ リーシティ・がはま楽座」加盟店舗事務局も兼ね ている。ギャラリーシティ・がはま楽座は作家作 品を長浜市内加盟する店舗に展示・販売する試みであ る。その目的は一年を通して街全体を美術館にしよう するものである。楽座加盟店舗は、アート・イン・ナ ガハマへ参加する同時に「楽座」看板を出して営 業する。加盟店舗数は当初 40 ∼ 50 店舗であったが、 2005 年段階では 25 店舗ほどである。これら多くが 商店街店舗である。また、アート・イン・ナガハマは 豊公園で開催していた当時でも、大小多くテントが 必要であった。このテント張り出しは事務局や実行委 員会のみならず多くボランティアによって支えられて いる。中心市街地商店街からは少し離れた場所で開 催であったが、商業者達も個人的に参加していたようで ある。また、現在は商店街組合がある大手門通り、北国 街道、博物館通り、ゆう壱番街、表参道で開催されてい るのでほとんど商業者がこのボランティアに参加して いる。その他にも、市民は各種イベントや炊き出し、 清掃など多様支援をおこなった。たとえば、豊公園開 催時に数十人主婦による「AIN 母会」は一日目交流会で出す食事をつくっている。この食事には湖北 ふるさと料理を用意して作家をもてなしている。 また、 イベント閉会後清掃活動には中学生も参加している。 さらに、現在でも前述した各部署メンバーもボランテ
さらに見せる

11 さらに読み込む

自閉症スペクトラム児の多様性と主体性を尊重した療育プログラム開発の実際 : 3.子どもたちの特別なニーズに応じた療育プログラム開発

自閉症スペクトラム児の多様性と主体性を尊重した療育プログラム開発の実際 : 3.子どもたちの特別なニーズに応じた療育プログラム開発

エピソード 6 は、K 君がボールを落としてしまったことを、M 君(小 3:3 次元形成後期)、L ちゃん(小 2:3 次元形成期)がかばう場面である。この時 期、この他にも、一人ひとりが課題に挑戦する「卒業テスト」場面では、応 援する、教える、ルールを提案する等姿が見られた。また、大人役割を敵 から中間的存在である番人に変えることによって、敵へ対決が抑制され、他 方「みんなで協力して課題をクリアする」という目標が明確化され集団凝集 性が高まったように思われた。I 君(小 1:3 次元形成期)も場面を理解して 集団一員として動く姿が多く見られるようになっており、集団へ帰属意識 が生まれ始めてきたことがうかがえた(小 1 J 君、N 君はこの時期家庭事 情で欠席が続いていた)。
さらに見せる

15 さらに読み込む

考え 主体的な学び 対話的な学び 問題意識を持つ 多面的 多角的思考 自分自身との関わりで考える 協働 対話 自らを振り返る 学級経営の充実 議論する 主体的に自分との関わりで考え 自分の感じ方 考え方を 明確にする 多様な感じ方 考え方と出会い 交流し 自分の感じ方 考え方を より明確にする 教師

考え 主体的な学び 対話的な学び 問題意識を持つ 多面的 多角的思考 自分自身との関わりで考える 協働 対話 自らを振り返る 学級経営の充実 議論する 主体的に自分との関わりで考え 自分の感じ方 考え方を 明確にする 多様な感じ方 考え方と出会い 交流し 自分の感じ方 考え方を より明確にする 教師

(2) 「主体学び」 「対話的学び」 「深い学び」視点 ・主題やねらい設定が不十分単なる 生活経験話合い指導・・・授業がどこを目指しているか分からない。 ・読み物教材登場人物心情理位階のみに終始する指導・・・自分事として考えていない。 ・望ましい思っていることを言わせたり書かせたりする指導・・・教師一定価値観を 押し付けている
さらに見せる

5 さらに読み込む

自閉症スペクトラム児の多様性と主体性を尊重した療育プログラム開発の実際 : はじめに

自閉症スペクトラム児の多様性と主体性を尊重した療育プログラム開発の実際 : はじめに

私たち研究グループは、参加してきてくださっている当事者およびその親 みなさんニーズ期待をもとに、応用人間科学研究科修士課程、社会学研 究科博士課程後期課程等院生みなさんおよびサポーター先生方、当事者 みなさん参加協力ですすめられている。きょうだいグループには、文学 部・産業社会学部・政策科学部学部生みなさんも参加してくれている。
さらに見せる

2 さらに読み込む

Public Relations KOSA August

総合事業の特徴 多様な主体による多様なサービスを展開していきます 高齢者を含めた幅広い世代の市民 NPO ボランティア 事業者等 様々な人 団体の活動を支援し 高齢者に対するサービスを充実します 社会参加の視点を取り入れた介護予防を促進します 心身機能 だけでなく 参加 活動 の視点を介護予防に取り

 介護予防訪問介護、介護予防通所介護のみを利用する高齢者が、引き続きサービス利用を希望する場合 には、基本チェックリスト(お元気アンケート<生活状況等について簡易質問>)に回答することで要 介護予防訪問介護介護予防通所介護が総合事業に移行します。  予防給付(要支援人に対するサービス)うち介護予防訪問 介護(ホームヘルプサービス)、介護予防通所介護(デイサービス) を総合事業に移行し、市事業(サービス)として実施します。 また、これら事業以外に、武蔵野市独自基準による訪問型 サービス、通所型サービスを実施します。
さらに見せる

20 さらに読み込む

Show all 10000 documents...