売上高 前期比5637% 大幅 増加

Top PDF 売上高 前期比5637% 大幅 増加:

今回のポイント 2013 年第 2 四半期の売上高は前年同期比 11.9% 増の 1,005 億円 国内売上は フードサービス産業全体の設備投資の回復と 大都市圏における旺盛な需要により 同 5.0% の増収 海外売上は 円安効果に加え M &A 先の 2 社が寄与し 同 38.0% 増と大幅に増加

今回のポイント 2013 年第 2 四半期の売上高は前年同期比 11.9% 増の 1,005 億円 国内売上は フードサービス産業全体の設備投資の回復と 大都市圏における旺盛な需要により 同 5.0% の増収 海外売上は 円安効果に加え M &A 先の 2 社が寄与し 同 38.0% 増と大幅に増加

(同社資料より) ・2013 年第 2 四半期の売上は前年同期 11.9%増の 1,005 億円。国内売上は、フードサービス産業全体の 設備投資の回復と、大都市圏における旺盛な需要により、同 5.0%の増収。海外売上は、円安効果に加え、M &A先の 2 社が寄与し、同 38.0%増と大幅増加した。利益面では、国内における欠員補充のための人件費 が増加したが、売上総利益率改善策によりカバーし、営業利益は同 16.0%増の 105 億円。決算発表に先立ち 第 2 四半期及び通期業績予想の上方修正を発表した。
さらに見せる

11 さらに読み込む

事業の経過および成果 連結業績ハイライト 当期の連結業績 4,792 1,102 億円 ( 前期比 0.3% 増 ) 億円 ( 前期比 2.5% 減 ) 売上高 営業利益 事業別売上高構成比 ホテル事業 13.9% その他の事業 3.5% 経常利益 1,116 億円 ( 前期比 2.6% 減 ) テ

事業の経過および成果 連結業績ハイライト 当期の連結業績 4,792 1,102 億円 ( 前期比 0.3% 増 ) 億円 ( 前期比 2.5% 減 ) 売上高 営業利益 事業別売上高構成比 ホテル事業 13.9% その他の事業 3.5% 経常利益 1,116 億円 ( 前期比 2.6% 減 ) テ

 2021年度以降、東京ディズニーランドでは、ファンタジーランドを含め、7つのテーマランド すべてを開発対象にエリア規模での刷新を順次行うなど、インパクトのある開発を行ってまい ります。一方、東京ディズニーシーでは、世界で唯一の「海」をテーマにしたディズニー・テーマ パークとして飛躍的な進化を遂げるべく、複数の拡張用地を活用した大規模なパーク開発を 行うことで、質・量ともに体験価値を大幅に向上させてまいります。このほか、東京ディズニー リゾート内のホテル客室数の増加など、東京ディズニーリゾート全体の価値向上に向けたさ まざまな検討を行っていく予定です。
さらに見せる

28 さらに読み込む

第 1 四半期決算総括 P2 第 1 四半期実績 連結業績 増収増益 売上高 各利益過去最高 1 売上高 9,875 億円 前年同期比 +13.6% 2 期連続増収 営業利益 1,165 億円 前年同期比 +36.9% 7 期連続増益 経常利益 1,331 億円 前年同期比 +33.8% 2 期連続

第 1 四半期決算総括 P2 第 1 四半期実績 連結業績 増収増益 売上高 各利益過去最高 1 売上高 9,875 億円 前年同期比 +13.6% 2 期連続増収 営業利益 1,165 億円 前年同期比 +36.9% 7 期連続増益 経常利益 1,331 億円 前年同期比 +33.8% 2 期連続

・フィリピンは自動車物品税値上げにより前年同期▲7.3%、 6月投入の新型「スイフト」「ディザイア」で挽回目指す ・ミャンマーは本年1月、ティラワの新工場にて、 乗用車(「エルティガ」「シアズ」)の生産を開始し、 前年同期+245.5%と大幅増加

23 さらに読み込む

今回のポイント 15/3 期 1Q の売上高は前年同期ほぼ同水準の 1,156 億円 賃貸事業が増収だった一方 建築請負事業は減収 販管費も増加したが 粗利益増加で吸収し 営業利益は 2 ケタの増益となった また 売上 利益ともに計画を上回った 15/3 期の業績予想は据え置き 売上高は前期比 4.

今回のポイント 15/3 期 1Q の売上高は前年同期ほぼ同水準の 1,156 億円 賃貸事業が増収だった一方 建築請負事業は減収 販管費も増加したが 粗利益増加で吸収し 営業利益は 2 ケタの増益となった また 売上 利益ともに計画を上回った 15/3 期の業績予想は据え置き 売上高は前期比 4.

賃貸住宅市場においては、新築物件の人気が圧倒的に高く、入居率を高めようとすれば土地オーナーは一部改修 ではなく新築・建て替えを選択しなければならないのが現状であり、これら全国大都市の借家では今後継続的に建 替えニーズが生まれるものと同社では考えている。 こうした建替え需要に加え、相続税法の改正も大きな追い風となる。2015 年 1 月 1 日以降の相続については、相続 税の基礎控除が引き下げられ、課税対象者が大幅増加する見通しであり、貸家建付地の土地評価減を利用した 相続税対策に起因する借家建築の需要も増大すると予想される。
さらに見せる

15 さらに読み込む

今回のポイント 15/3 期の売上高は前期比 2.6% 増 計画比 2.1% 減の 4,831 億円 賃貸事業が前期比 計画比共に増収だった一方 建築請負事業は上期の受注未達などで共に減収 販管費は前期を上回ったが 粗利益増加で吸収し 営業利益は前期比 8.0% の増益 16/3 期の予想売上高は前

今回のポイント 15/3 期の売上高は前期比 2.6% 増 計画比 2.1% 減の 4,831 億円 賃貸事業が前期比 計画比共に増収だった一方 建築請負事業は上期の受注未達などで共に減収 販管費は前期を上回ったが 粗利益増加で吸収し 営業利益は前期比 8.0% の増益 16/3 期の予想売上高は前

賃貸住宅市場においては、新築物件の人気が圧倒的に高く、入居率を高めようとすれば土地オーナーは一部改修 ではなく新築・建て替えを選択しなければならないのが現状であり、これら全国大都市の借家では今後継続的に建 替えニーズが生まれるものと同社では考えている。 こうした建替え需要に加え、相続税法の改正も大きな追い風となる。2015 年 1 月 1 日以降の相続については、相続 税の基礎控除が引き下げられ、課税対象者が大幅増加する見通しであり、貸家建付地の土地評価減を利用した 相続税対策に起因する借家建築の需要も増大すると予想される。
さらに見せる

14 さらに読み込む

当期実績前期実績 ( 平成 ~ 平成 ) ( 平成 ~ 平成 ) 業績予想前期比業績予想比 売 上 高 186, , ,400 +7,438 3,331 営 業 利 益 10,971 12,750 11,410 1,779

当期実績前期実績 ( 平成 ~ 平成 ) ( 平成 ~ 平成 ) 業績予想前期比業績予想比 売 上 高 186, , ,400 +7,438 3,331 営 業 利 益 10,971 12,750 11,410 1,779

1.顧客件数は期首から 31 万件の大幅増、今期末顧客件数計画 288 万件を達成 当社は、昨年 5 月に第 3 次中期経営計画「Innovation Plan 2020 “JUMP”」と、その達成に向け た成長戦略を公表しました。従来から事業テーマとする継続取引顧客の増加、TLC(トータルライフ コンシェルジュ)構想に基づく複数化取引の推進、営業エリアの拡大等に加え、2016 年度からの 4 年間で総額 1,000 億円の M&A 及びアライアンス投資を積極的に展開していくことにより、計画の最 終年度となる 2020 年度には、顧客件数・売上・営業利益をそれぞれ 2016 年度実績対比で概ね 2 倍とする計画です。
さらに見せる

9 さらに読み込む

前期の仕入れ好調を受け 上期業は前年同期比大幅増収増益 16/12 期 2Q 累計 (1-6 月 ) 業解説 16/12 期 2Q 累計決算は 売上高 59.3 億円 ( 前年同期比 38.4% 増 ) 営業利益 5.2 億円 ( 同 33.6% 増 ) 経常利益 4.4 億円 ( 同 27.4%

前期の仕入れ好調を受け 上期業は前年同期比大幅増収増益 16/12 期 2Q 累計 (1-6 月 ) 業解説 16/12 期 2Q 累計決算は 売上高 59.3 億円 ( 前年同期比 38.4% 増 ) 営業利益 5.2 億円 ( 同 33.6% 増 ) 経常利益 4.4 億円 ( 同 27.4%

底地や居抜きの仕入れは、相続に絡むことが多く、2015 年 1 月からの相 続税の課税強化は、仕入れに追い風になると期待された。実際、仕入れの情 報量は、仕入れチャネルの多様化もあり増加基調となっているが、成約率が 低下しているという。この要因として、①地価が上昇していることによる地 主の売り惜しみ、②地銀をはじめ融資先の確保に苦労している金融機関が、 相続税の納付資金として不動産担保ローンの利用を地主に働きかけており、 非常に低金利であることや、場合によっては相続人が次の相続に備えるため、 急いで不動産を売却して納税資金をつくることせずにひとまず銀行融資を 受けることが増えている、などが考えられる。①について付言すると、成約 率はデフレ期(不動産価格下落局面)ほど高くなる傾向がある。②が底地の 大型案件の仕入れ減少の要因になっていると考えられる。なお、底地は担保 価値が非常に低いが、地主は他の不動産も保有していることが多いため、共 同担保にしているのかもしれない。
さらに見せる

11 さらに読み込む

今回のポイント 15/3 期 3Q の売上高は前年同期比 2.1% 増の 3,507 億円 販管費も前年同期を上回ったが粗利益増加で吸収し 営業利益は前年同期比 8.7% の増益 売上 利益とも 賃貸事業が好調な一方 建築請負事業はスローな推移となっている 15/3 期通期業績予想に変化は無い 売上

今回のポイント 15/3 期 3Q の売上高は前年同期比 2.1% 増の 3,507 億円 販管費も前年同期を上回ったが粗利益増加で吸収し 営業利益は前年同期比 8.7% の増益 売上 利益とも 賃貸事業が好調な一方 建築請負事業はスローな推移となっている 15/3 期通期業績予想に変化は無い 売上

賃貸事業、建築請負事業ともに 4Q(1-3 月)に利益が偏重する季節特性があるため、3Q までの進捗率のみからは予 想し難い部分もあるが、4Q でどれだけ売上・利益の上積みができるのかを注目したい。 中期的には、本文中同業他社比較の表でも明らかなように、利益率の向上が重要な課題となろう。 <参考:新中期経営計画「EXPANDING VALUE」(2015 年 3 月期~2017 年 3 月期)> 2015 年 3 月期は、2010 年 5 月に発表した中期経営計画「Creating Future」の最終年度であるが、事業環境が発表時 と大きく変化していることから、新たに 3 か年の新中期経営計画「EXPANDING VALUE」を策定、スタートさせた。 <1.外的環境について>
さらに見せる

17 さらに読み込む

Q8: 為替変動が売上収益に与えたインパクトはどの程度か? A: 為替変動により 当第 4 四半期における売上収益は前年同期比で 49 億円増加しました また 通期では 為替変動により 売上収益は前年同期比で 565 億円増加しました HR テクノロジー事業 Q9:( 通期 ) 売上収益が米ドルベー

Q8: 為替変動が売上収益に与えたインパクトはどの程度か? A: 為替変動により 当第 4 四半期における売上収益は前年同期比で 49 億円増加しました また 通期では 為替変動により 売上収益は前年同期比で 565 億円増加しました HR テクノロジー事業 Q9:( 通期 ) 売上収益が米ドルベー

■​人材派遣事業 Q21:国内派遣領域で、第4四半期の売上収益の前年同期増加率は5.1%となり、第1~第3四半期 の2桁増収から成長率が鈍化した理由は? A:2017年10月から12月の3か月間における派遣社員実稼働者数は、前年同期で5.5%増となり、引 き続き好調な市場環境が続いております。これらを背景に、当社グループにおいても稼働者数が増加 したことが主な増収の要因です。一方で当第4四半期は、前年同期と比べて派遣社員の稼働日数が 2 日少なかったこと等により、増収率はやや低下しました。
さらに見せる

5 さらに読み込む

通期連結売上高は前期比 88 パーセント増加の 29.0 億円と 大きく成長しています みなさま方に公表させていただいた業績見通し比に対しては 8 パーセントの上振れになっております その内訳として 当社には PFM サービスと MF クラウドサービスという 2 つのメイン事業がございます PFM

通期連結売上高は前期比 88 パーセント増加の 29.0 億円と 大きく成長しています みなさま方に公表させていただいた業績見通し比に対しては 8 パーセントの上振れになっております その内訳として 当社には PFM サービスと MF クラウドサービスという 2 つのメイン事業がございます PFM

売上総利益は、(2017年11月期実績の)19億4,000万円から(2018年11月期計画 が)26億8,800万円ということで、引き続き、成長を予定しています。ただ、新規 事業などに人件費を使っていきますので、いったん売上総利益率は下がっていきま す。62パーセントということで、5パーセントほど下がる見込みです。また、先ほ ど申し上げた広告宣伝費を除くEBITDAも若干、一時的な低下を見込んでいるとい うかたちです。

54 さらに読み込む

1. 売上高と利益の動向 ( 第 1 図 第 2 図 ) (1) 売上高 ( 金融業 保険業を除く )( 第 1 表 ) 売上高は343 兆 5,978 億円で 前年同期 (345 兆 3,293 億円 ) を1 兆 7,315 億円下回り 対前年同期増加率 ( 以下 増加率 という ) は 0.5

1. 売上高と利益の動向 ( 第 1 図 第 2 図 ) (1) 売上高 ( 金融業 保険業を除く )( 第 1 表 ) 売上高は343 兆 5,978 億円で 前年同期 (345 兆 3,293 億円 ) を1 兆 7,315 億円下回り 対前年同期増加率 ( 以下 増加率 という ) は 0.5

「四半期別法人企業統計調査」は、我が国の資本金、出資金又は基金(以下、資本金という。 ) 1,000万円以上の営利法人等の仮決算計数をとりまとめた ものである。当調査結果から平成27年1~3月期の企業動向(金融業、保険業を除く)を前年同期でみると、売上については、製造業では減収、非製造業 では増収となった。経常利益については、製造業では減益、非製造業では増益となった。また、設備投資については、製造業、非製造業ともに増加となった。
さらに見せる

38 さらに読み込む

損益概要 ( 連結 ) 単位 : 億円 下段は利益率または増減率 (%) 通 期 前期当期 (2016 年度 ) 増減 受注高 4, , % 売上高 3, , % 売上総利益 (17.3

損益概要 ( 連結 ) 単位 : 億円 下段は利益率または増減率 (%) 通 期 前期当期 (2016 年度 ) 増減 受注高 4, , % 売上高 3, , % 売上総利益 (17.3

計 1,074.5 974.5 △100.0 △9.3% 1,169.2 1,189.2 +20.0 +1.7 % 136.1 156.1 +20.0 +14.7 % 2,379.8 2,319.8 △60.0 △2.5% 舗装土木 … NIPPO(コンサル含む)、その他子会社 一般土木 … 大日本土木、長谷川体育施設、日鋪建設 【受注(建設事業)】 【売上(建設事業)】 【次期繰越(建設事業)】 NIPPO単体 大日本土木 その他子会社・連結消去 連  結

27 さらに読み込む

0605uriage 月次売上高前年比情報についてのお知らせ – 株式会社シベール

0605uriage 月次売上高前年比情報についてのお知らせ – 株式会社シベール

(注)1.PIS事業は、前年は5月に発送したお中元用 DM を今年は6月発送に変更したため、大幅な 減収となりました。 2.上記数値には充分な注意を払っておりますが、速報値であり、確定値との差異が生じる場合が あります。

1 さらに読み込む

通期業績の推移 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) 期 期 期 期 期 期予 伪業績動向伪 史上 2 位の売上高 過去最高益を達成 (1) 2016 年 3 月通期の業績動向 2016 年 3 月期通期の売上高は 49,415 百万円 ( 前期比 11.2% 増 ) 営業利益 2,361

通期業績の推移 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) 期 期 期 期 期 期予 伪業績動向伪 史上 2 位の売上高 過去最高益を達成 (1) 2016 年 3 月通期の業績動向 2016 年 3 月期通期の売上高は 49,415 百万円 ( 前期比 11.2% 増 ) 営業利益 2,361

減収減益を予想するも、 依然水準の決算 (2) 2017 年 3 月期の予想 2017 年 3 月期業績予想は、 売上は 49,000 百万円 (前期 0.8% 減) と微減であり、 OEM 事業の減少をブランド事業がカバーする形だ。 営業利益は 1,800 百万円 (同 23.8% 減)、 経常利益 1,800 百万円 (同 25.7% 減)、親会社株主に帰属する当期純利益 1,300 百万円 (同 9.4% 減) と減益を見込む。 減収減益の予想ではあるが、 長いレンジの中で見れば、 過去 20 年で最高だった昨年の売上に肉薄し、 経常利益においても 3 番目であり、 円の逆風の 中で高い水準を維持するという点は評価に値する。 通期の業績見通しの前提となる為替レー トは 1 米ドル当たり 110 円、 1 ユーロ当たり 125 円である。
さらに見せる

10 さらに読み込む

今回のポイント 2015 年 8 月期第 1 四半期の売上高は前期比 15.4% 増収の 2,121 百万円 前期に引き続き 通販番組の単価上昇 韓国ドラマの根強い人気などでタイム収入 スポット収入ともに好調に推移 1 社提供番組への取組み強化などの番組編成も増収に寄与 販管費も増加したが 放送関連

今回のポイント 2015 年 8 月期第 1 四半期の売上高は前期比 15.4% 増収の 2,121 百万円 前期に引き続き 通販番組の単価上昇 韓国ドラマの根強い人気などでタイム収入 スポット収入ともに好調に推移 1 社提供番組への取組み強化などの番組編成も増収に寄与 販管費も増加したが 放送関連

(同社資料より) この視聴可能世帯数の増加は、2011 年 7 月に実施された地上波テレビ放送の完全デジタル化を契機として、BS デ ジタルチューナーが搭載された薄型テレビへの買い替えが進んだことによる。 2011 年の地上波テレビ放送の完全デジタル化後も、アナログテレビのままで引き続き地上波放送が視聴できる「デ ジアナ変換サービス」がケーブルテレビ経由でテレビを視聴している世帯に経過措置的に提供されているが、同サ ービスも 2015 年 3 月に終了する事となっているため、今後も視聴可能世帯数は増加すると見られている。
さらに見せる

11 さらに読み込む

目次 1. 連結決算概要 連結売上高推移 連結売上高と営業利益の推移 連結損益計算書 2. セグメント別の業績 広告制作事業 売上高 経常利益 受注高と受注残高の推移 四半期売上高推移 顧客別連結売上高推移 広告主の業種別売上高 ( 単体 ) 写真スタジオ事業 売上高 経常利益 3. 連結業績予想

目次 1. 連結決算概要 連結売上高推移 連結売上高と営業利益の推移 連結損益計算書 2. セグメント別の業績 広告制作事業 売上高 経常利益 受注高と受注残高の推移 四半期売上高推移 顧客別連結売上高推移 広告主の業種別売上高 ( 単体 ) 写真スタジオ事業 売上高 経常利益 3. 連結業績予想

セグメント別:写真スタジオ事業 売上・経常利益 ● 2015年3月の港北みなも店、10月のららぽーと海老名店、12月のららぽーと立川立飛店の 新規出店効果もあり、売上は前年同期増加 ● ららぽーと海老名・立川立飛2ケ店のオープンに向けた先行的費用負担により、セグメント損失は増加

38 さらに読み込む

決算概要 2013 年 9 月期 ( 実績 ) ( 予想 ) 前期 増減率 予想 増減率 売上高 35,946 41,484 42, % 1.8% 売上原価 20,432 23,595 23, % 1.5% 売上総利益 15,513 17,888 18, %

決算概要 2013 年 9 月期 ( 実績 ) ( 予想 ) 前期 増減率 予想 増減率 売上高 35,946 41,484 42, % 1.8% 売上原価 20,432 23,595 23, % 1.5% 売上総利益 15,513 17,888 18, %

プレミアム会員21万人純増、コンテンツ獲得コスト増加、通信回線の増強 モバイル事業:売上減少 < 費用減少により4億円増益 会員数58万人減少、広告宣伝費をこれまで以上に抑制 ゲーム事業 :売上増加 > 費用増加により5億円増益

20 さらに読み込む

平成 22 年 8 月期連結業績の概況 ( 単位 : 百万円 ) 平成 21 年 8 月期 平成 22 年 8 月期 増減額 前期比 売上高 4,045 4, % 営業利益 % 経常利益 % 当期純利益 2

平成 22 年 8 月期連結業績の概況 ( 単位 : 百万円 ) 平成 21 年 8 月期 平成 22 年 8 月期 増減額 前期比 売上高 4,045 4, % 営業利益 % 経常利益 % 当期純利益 2

+ 88 + 2.5% ※前期連結累計期間にクリエイティブサービス部門に所属していた一部門が、当期よりコミュニ ケーションサービス部門に異動となっております。それにともない前年同期は、異動部門の前 期連結累計期間売上を組み替えた金額に対して算出しております。

27 さらに読み込む

2016 年 3 月期実績総括 ヘ ーシ 2 四輪世界販売 2,861 千台 前期比 6 千台 インド (1,305 千台 過去最高 前期比 +11.5%) パキスタン 欧州 ( 新型ビターラ ) 等で増加したものの 日本 中国 インドネシア等で減少 二輪世界販売 1,496 千台 前期比 268

2016 年 3 月期実績総括 ヘ ーシ 2 四輪世界販売 2,861 千台 前期比 6 千台 インド (1,305 千台 過去最高 前期比 +11.5%) パキスタン 欧州 ( 新型ビターラ ) 等で増加したものの 日本 中国 インドネシア等で減少 二輪世界販売 1,496 千台 前期比 268

・新中期経営計画(19年度)連結配当性向目標15%以上 ・当期は、自己株式取得及び自己株式消却実施を勘案の上、 投資有価証券売却益を除く当期純利益 ※1 を基礎として決定 ・期末配当は前期と同額、年間配当は32円、前期+5円 ・次期配当予想は当期と同額

31 さらに読み込む

今回のポイント 18/3 期は前期比 2.7% の増収 同 3.3% の経常増益 サラダ 総菜類 タマゴ加工品 マヨネーズ ドレッシング類の全てで売上が増加し 7 期連続の増収となり 6 期連続の過去最高売上高更新 特に厚焼き卵や和惣菜がコンビニエンスストア向けを中心に伸びた 利益面では 天候不順等

今回のポイント 18/3 期は前期比 2.7% の増収 同 3.3% の経常増益 サラダ 総菜類 タマゴ加工品 マヨネーズ ドレッシング類の全てで売上が増加し 7 期連続の増収となり 6 期連続の過去最高売上高更新 特に厚焼き卵や和惣菜がコンビニエンスストア向けを中心に伸びた 利益面では 天候不順等

売上・経常利益の推移と計画 売上(左軸:百万円) 経常利益(右軸:百万円) 6.今後の注目点 19/3 期は上期が前年同期 4.3%の増収、同 3.9%の経常減益予想であるのに対して、子会社 2 工場のオペレーションの軌道化を 想定する下期は売上が前年同期 7.4%増と伸び、経常利益が同 4.3%増加する見込み。19/3 期業績予想は、原材料価格の変動 による影響等も比較的多めに織り込んでいると思われ、保守的な印象を受けるが、新工場のオペレーションを早期に軌道に乗せ、期 初予想に対して、売上・利益をどれだけ上積みできるか注目していきたい。今期末にはケンコーマヨネーズ本体の 2 工場が稼働し、 来期はフルに寄与する見込み。女性の社会進出や単身世帯の増加等を背景に引き続き中食市場の拡大が見込まれる中、今期に新 工場の早期オペレーション軌道化で実績を作れば、来期の見通しも一段と明るさが増してくる。加えて、新中期経営計画「KENKO Value Action」の達成確度も高まってくると考える。
さらに見せる

14 さらに読み込む

Show all 7917 documents...