基準省令第145条第4項に規定する平

Top PDF 基準省令第145条第4項に規定する平:

PRESS RELEASE (2016/11/29) 九州大学広報室 福岡市西区元岡 744 TEL: FAX: URL:

児童福祉施設最低基準の一部を改正する省令及び家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準の一部を改正する省令(厚生労働省令第六十三号) 次に掲げる省令の規定中「又は看護師」を「、看護師又は准看護師」に改める。 一児童福祉施設最低基準の一部を改正する省令(平成十年厚生省令第五十一号)附則第二項 二家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準(平成二十六年厚生労働省令第六十一号)第二 十九条第三項、第三十一条第三項、第四十四条第三項及び第四十七条第三項 附則 この省令は、平成二十七年四月一日から施行する。

(保育所の職員配置係る特例) 九十四 保育の需要応ずる足りる保育所、認定こども園(子ども・子育て支援法(平成二十四年法律六十五号)二十七の確認を受けたもの 限る。)又は家庭的保育事業等が不足していること鑑み、当分の間、三十三ただし書の規定を適用しないことができる。この場合おい て、同本文の規定により必要な保育士が一人となる時は、当該保育士加えて、都道府県知事(指定都市あつては当該指定都市の市長とし、中核 市あつては中核市の市長とする。)が保育士と同等の知識及び経験を有すると認める者を置かなければならない。
さらに見せる

5 さらに読み込む

194 第 3 章消防用設備等の設置単位 さいたま市消防用設備等に関する審査基準 共通事項 省令第 12 条の 2 並びに第 13 条第 1 項第 1 号及び第 2 項に規定するスプリンクラー設備を設置するこ とを要しない構造の取り扱いは 次によること ⑴ 省令第 12 条の2で定める

194 第 3 章消防用設備等の設置単位 さいたま市消防用設備等に関する審査基準 共通事項 省令第 12 条の 2 並びに第 13 条第 1 項第 1 号及び第 2 項に規定するスプリンクラー設備を設置するこ とを要しない構造の取り扱いは 次によること ⑴ 省令第 12 条の2で定める

3 13区画 ⑴ 省令13号 ア 適用できる防火対象物 政令別表掲げる防火対象物のうち、同表⑸ロ並びに⑹ロ及びハ掲げる防火 対象物(同表⑹ロ及びハ掲げる防火対象物あっては、有料老人ホーム、福祉ホーム、老人 福祉法(昭和38年法律133号)の2規定する認知症対応型老人共同生活援助事 業を行う施設又は障害者の日常生活及び社会生活を総合的支援するための法律(平成17年法律 123号)15規定する共同生活援助を行う施設限る。以下このにおいて「居住 型福祉施設」という。)の用途以外の用途供される部分が存せず、かつ、イ定めるところ より、居住型福祉施設の用途供される部分設置される区画を有するものの10階以下の階( 9-21図参照)
さらに見せる

28 さらに読み込む

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係)

)愛知県公立大学法人教職員の勤務時間、休日、休暇等に関する規程(平成9年愛知県公立大学法人規程号。以下「勤務時間休日休暇規程」という。 )規定する療養休暇(以下「療養休暇」とい う。 )の期間が引き続き90日となり、なお勤務しない場合 ()事業活動の縮小その他法人の経営上やむを得ない事由により解雇が必要と認めた場合 (6)天災事変その他やむを得ない事由により法人の事業継続が不可能となった場合 (7)その他前各号準ずるものとしてやむを得ない事由がある場合
さらに見せる

17 さらに読み込む

第57巻4,5号/投稿規定・目次・表2・奥付・背

第57巻4,5号/投稿規定・目次・表2・奥付・背

【対象および方法】対象は腰椎疾患例(男2例・女3 例)で,平均年齢は 8. 2歳(3 6∼6 7歳)であった。疾患 の内訳は,変性辷り症2例と動態撮影で不安定性が認め られた椎間板ヘルニア3例である。罹患椎間は L例,L/S が例であった。術前の JOA スコアは平均 3. 点(∼2 0点)であり,経過観察期間は平均 2日 ( 7∼ 6 8日)であった。手術方法は,まず椎弓切除を 行い,椎間板を可及的切除する。一側よりリーミング を施した後, 上下椎体アンカーホールを作製する。 リー ミングをした部位バイ オ ペ ッ ク ス を 注 入 し Hollow screw(PLIFcage)を挿入する。ケージ内バイオペッ クスの不足分を補充する。以上の手技を両側行う。 【結果および考察】手術時間は平均 7 3. 6分で,術中出 血量は 均9 6ml で あ っ た。最 終 経 過 観 察 時 お け る JOA score の平均改善率は7 . 7%であった。本術式の利 点として,骨採取が不要であるため採骨部の合併症が回 避できることや,pedicle screw を使用しないため PVM の剥離をしなくてすみ一般的な PLIF よりも低侵襲であ ることがあげられる。なお,長期の固定性については今 後十分検討すべき点であると考えている。
さらに見せる

70 さらに読み込む

建築基準法第43条第1項ただし書に係る一括同意基準

建築基準法第43条第1項ただし書に係る一括同意基準

コ.道のみ接する敷地においては,整備敷の土地を法 42 の道路とみなし,建 築基準関係規定適合すること。 サ.自動車の駐車要する区画の台数は,2台とすること。 別表一 6 ア.敷地の前面の道の反対側から水平距離 2.7m 以上の部分(以下「整備敷」という。 ) が道路状整備されており又は整備されることが確実であり,将来にわたり維 持・管理する旨の関係権利者全員の誓約書が提出され,整備敷の起終点や屈折 箇所等境界杭等が設置されていること。なお,整備敷の部分は敷地面積算 入しないこと。
さらに見せる

5 さらに読み込む

身体障害者福祉法第15条に規定する医師の指定基準及び手続きについて (yte)

身体障害者福祉法第15条に規定する医師の指定基準及び手続きについて (yte)

指定内容は、指定された医師本人に対して医師指定書を交付し、お知らせします。 ●異動・辞退届について● () 勤務先や氏名等異動がある場合、 及び指定を辞退する場合は、 身体障害者福祉法指定医 師 異動・辞退届を提出してください。なお、福岡市外異動した場合、異動先でも指定 を受けたい場合は、異動先(医療機関)の所在地の都道府県または政令指定都市、中核都市 の担当課へご相談ください。
さらに見せる

3 さらに読み込む

Microsoft Word - 建築基準法第42条第2項道路後退整備のあらまし

Microsoft Word - 建築基準法第42条第2項道路後退整備のあらまし

建築基準道路とは 建築基準法施行当時(昭和2年11月23日(旧取石村の区域については昭和 28年4月日) ) 、現に建築物が立ち並んでいる、道路幅員がメートル未満の道 路で、大阪府が指定した道路を「建築基準規定する道路(2 道路) 」といいます。

10 さらに読み込む

第1章 開発許可の立地基準(法第34条)

第1章 開発許可の立地基準(法第34条)

また、どこまでを「敷地の拡張」と捉えるかですが、市条例別表6の2のクでは 「敷地の拡張」の範囲を定めず、各個別の状況を十分把握している許可権者が、開発 許可等の手続、現在の土地利用の状況、法制度の変遷等を総合的判断することして います。例えば、長期間、建築物付随し、一体的駐車場として利用していた土地を 建築敷地含めることは、実質的敷地の拡張はなく、法的な建築敷地の拡張とどま る場合であり、市条例別表6の2のクの「敷地の拡張」該当するとして取り扱っ て支障ありません。しかし、前述のような場合以外で、 「市街化を促進するおそれ」と 捉えられるような、すなわち、新たな公共施設の整備の必要が生じるような場合や小規 模な建築敷地を基して広大な建築敷地を設定する場合は、 「敷地の拡張」と捉えるの ではなく、 「新規立地」と捉えるべきです。
さらに見せる

64 さらに読み込む

第1章 開発許可の立地基準(法第34条)

第1章 開発許可の立地基準(法第34条)

ハ 需要の開拓、新商品の開発その他の地域特産物の生産及び販売に関する措置 ニ 都市住民の農林業の体験その他の都市等との地域間交流に関する措置 ホ その他地域における就業機会の増大寄与する措置 二 前号掲げる措置を実施するため必要な農業用施設、林業用施設その他主務省 令で定める施設(以下「農林業等活性化基盤施設」という。 )の整備を促進する事業 三 農林地(農用地及び林地をいう。以下同じ。 )の農林業上の効率的かつ総合的な利 用の確保及び農林業等活性化基盤施設の円滑な整備の促進を図るため、農林地等を 対象として、所有権の移転又は地上権、賃借権若しくは使用貸借による権利の設定 若しくは移転(以下「所有権の移転等」という。 )を促進する事業(以下「農林地所 有権移転等促進事業」という。 )
さらに見せる

71 さらに読み込む

建築基準法第43条第1項ただし書き許可

建築基準法第43条第1項ただし書き許可

建築基準法上の道路は、同法 42 定義されていますが、法定義さ れる道路接していなくても、その敷地の周囲広い空地がある建築物など については、通常、敷地が道路接することにより確保されるのと同様の安 全性が確保される場合があることから、ただし書により「その敷地の周囲 広い空地を有する建築物その他建設省令で定める基準適合する建築物で、 特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審 査会の同意を得て許可したものについてはこの限りでない。」と規定し、特 定行政庁の許可により建築することができることとなっています。
さらに見せる

36 さらに読み込む

様式第1(第4条関係)

様式第1(第4条関係)

特定物質代替物質の製造数量の許可及び輸入の承認・割当て等の運用について (平成 30 年9月 21 日付け 20180920 製局号。以下、 「運用通知」という。 )2. 基本的運用基づき、平成 31(2019)年分として、特定物質等の規制等によるオ ゾン層の保護に関する法律(以下、 「オゾン層保護法」という。 )基 づく製造許可又は同法基づく輸入承認・割当て内示を受けることを希望す る者
さらに見せる

7 さらに読み込む

1 都市計画法第34条第一号に係る審査基準

1 都市計画法第34条第一号に係る審査基準

④ ①から③掲げるものの他、特にやむを得ないと認められる合理的な理由がある場合 (2) ()以外の区域 ① 区域区分が定められていない都市計画区域であって用途地域等が定められていない区域、準都 市計画区域、都市計画区域及び準都市計画区域外の区域内については、建築物等の用途と法3 32号、3号及び規定する基準とを勘案して支障がないと認められ、かつ、 当該区域の制限を定めるに際して用途地域を想定した場合は、許可申請係 る建築物の用途がこれ適合するか又は建築基準規定準じて例外許可ができると 認められる場合。
さらに見せる

27 さらに読み込む

別紙様式第16号の17(第17条の5、第25条の2及び第211条の36第1項関係)

別紙様式第16号の17(第17条の5、第25条の2及び第211条の36第1項関係)

4. 責任準備金は保険業法施行規則 211 の 46 の規定基づく準備金であり、同 1 1 号イ規定する未経過保険料の金額は、純保険料等基づく算出方法により計 算しております。 5. 有形固定資産の減価償却累計額は 3,149 千円であります。 6. 金融商品に関する注記

6 さらに読み込む

特定非営利活動促進法第62条において準用する同法第53条第4項の都道府県知事に対する特例認定特定非営利活動法人の事務所の新設に係る関係書類の提出書(規則様式第5号) 1部

特定非営利活動促進法第62条において準用する同法第53条第4項の都道府県知事に対する特例認定特定非営利活動法人の事務所の新設に係る関係書類の提出書(規則様式第5号) 1部

11 法号の規定による法2号から9号まで掲げる基準適合する旨を 説明する書類及び法62において準用する各号のいずれも該当しない旨を説明する 書類の写し 12 寄附金を充当する予定の具体的な事業の内容を記載した書類の写し 13 特例認定に関する書類の写し
さらに見せる

2 さらに読み込む

▼第4条第2項[県選管への委任]

▼第4条第2項[県選管への委任]

規定は、まさに地方自治法の基本的な原則違反する規定であって、到底許 されるものではない。 (反論) 投票資格者名簿の調製は、現実は市町委託せざるを得ない事務です。もし、本条項を設 けないとすれば、字義通り県の事務となってしまい、条項の「未整備」に対して、別の観点で の批判を生むことなります。都道府県レベルの住民投票制度に関する統一的な法令が存在し ない現状では、具体的な根拠規定がない限り、都道府県レベルの住民投票を行うことはできな いということなりかねません。
さらに見せる

7 さらに読み込む

建築基準法第86条第1項の規定に基づく

建築基準法第86条第1項の規定に基づく

②集会所 戸当たり 0.5 ㎡を目安として、住戸数応じた規模の集会用施設を確保すること。 ③駐車場 駐車場の整備率は、一団地の区域内の総住戸数に対し神戸市民の住環境等をまもり そだてる条例施行規則 1 及び 2 定める整備率を満たすとともに、敷 地内通路や敷地周辺の道路等駐停車されることのないよう出来る限り高め、かつ、 適切な維持管理がなされるよう乗降や荷捌きスペースの確保等配慮した計画とする こと。ただし、高齢者用住宅等の住戸のうち、特定行政庁が認めたものについては、 駐車台数を算定する住戸数から除くことができる。
さらに見せる

11 さらに読み込む

Ⅰ 位置指定道路とは(建築基準法(以下「法」という)第42条第1項第5号)

Ⅰ 位置指定道路とは(建築基準法(以下「法」という)第42条第1項第5号)

3.及び2該当しない場合は、下記手順により手続きを行うこと。 Ⅱ 道路位置指定とは 根拠法文 建築基準法(以下「法」という)号 道路位置指定 「土地を建築物の敷地として利用するため、道路法、都市計画法(中 略)よらないで築造する政令で定める基準適合する道で、 これを築造しようとする者が特定行政庁からその位置の指定を 受けたもの」である。
さらに見せる

11 さらに読み込む

町田市における建築基準法第86条第1項、同条第2項及び第86条の2第1項の規定に基づく認定基準

町田市における建築基準法第86条第1項、同条第2項及び第86条の2第1項の規定に基づく認定基準

a 道路又は通路の幅員は、6メートル以上であること。ただし、道路又 は通路の終端及び区間3メートル以内ごと自動車が転回できる広場 を設けているときはこの限りでない。 b 道路接しない敷地又は路地状部分によってのみ道路接する敷地 (以下「奥敷地」という。)東京都建築安全条例(昭和2年東京都 条例89号。以下「安全条例」という。)規定する特殊建築 物が存する場合においては、通路が2以上設けてあり、かつ、そのうち の以上が幅員6メートル以上(安全条例の2(ろ)欄 掲げる用途の建築物が存する場合は、2メートル以上)で、その他 が幅員メートル以上であること。
さらに見せる

12 さらに読み込む

12345678901234567890123456789012○○○第○○号0123

12345678901234567890123456789012○○○第○○号0123

所在地 京都市左京区高野玉岡町 23-3 テーマ 環境レポートの作成・発行 <選考理由> 同団体は,中小企業も取り組みやすい京都発祥の環境マネジメントシステムである KES を取得し,電力やコピー用紙等の使用量削減,事業所周辺の清掃活動など積極的取り組ん でおり,同社の環境レポートは,環境負荷低減の実績を数値で詳細説明するとともに,KES ステップ 2 ※ の特徴である自己評価活動についても適切報告が行われているなど,豊富な内
さらに見せる

6 さらに読み込む

『宗教研究』新第5巻第3号(*41号)

『宗教研究』新第5巻第3号(*41号)

こ6 m寺号一mコヨ・﹂rP㌢㌢ヨ2ご・i甘つ昌・pr弓Od已i、 忌封コ乙与ヲ主ハ嘲っーJ甚rっ︻一⋮賀一っノ・∑⋮⊥≡≧一号・︵くコ●けヱ の如き整破盃.或は 告ぎ守ぎ宣・Y山k3宇dノふまd.−一号ぎミニ一言畠− 已ハ・ごJ講書一ニ†各長官与・‡iチぎ一⋮−﹁つ、HT・崇︶ の如さ我に関する七緩岱詭の如き一で皐げ得る。仰第六茄五十三[r]

154 さらに読み込む

Show all 10000 documents...