国立社会保障・人口問題研究所,2014,

Top PDF 国立社会保障・人口問題研究所,2014,:

国内における労働人口減少の問題 出典 : 国立社会保障 人口

国内における労働人口減少の問題 出典 : 国立社会保障 人口

• 感覚が必要 • 非定型作業 • 判断が必要 • ハンドリングが中心 • 定型作業 • 精密さが要求される 熟練作業者 新人作業員 AI技術で ロボット自身が 熟練者の作業を学習 作業を再現 全自動化システム 新人トレーニングなど 人に伝えるツールとして 直接作業(操縦) 技能伝承 技能伝承 人中心の作業 ロボット中心の作業 ロ[r]

20 さらに読み込む

碧南市人口ビジョン 及び 碧南市まち ひと しごと創生総合戦略 概要版 策定の経緯 碧南市の人口は平成 27(2015) 年 8 月末時点で 71,662 人であり 今後は国立社会保障 人口問題研究所の推計値によると 25 年後の平成 52(2040) 年には 65,707 人まで減少すると推計され

碧南市人口ビジョン 及び 碧南市まち ひと しごと創生総合戦略 概要版 策定の経緯 碧南市の人口は平成 27(2015) 年 8 月末時点で 71,662 人であり 今後は国立社会保障 人口問題研究所の推計値によると 25 年後の平成 52(2040) 年には 65,707 人まで減少すると推計され

人口の「移動」について、転入元、転出先の傾向としては、西尾市や安城市など同じ西三河地 域の近隣自治体への転入転出が比較的多くなっています。なお、転入転出ともに、 「仕事」を理由 に移動する人が多く、 「仕事」の他では、20 歳代後半から 30 歳代にかけての「結婚」といった 理由で市外へ転出する人も多くなっています。また、通勤や通学による流入流出についても、転 入転出と同様に、同じ西三河地域の近隣自治体への流入流出が比較的多くなっています。
さらに見せる

9 さらに読み込む

書評 若林敬子著『中国の人口問題と社会的現実』

書評 若林敬子著『中国の人口問題と社会的現実』

次に,我が国におけるこの分野の研究に占める本 書の位置づけについて考えると,本書は内容の総合 性・網羅性,テーマの先見性,現地調査の走破性と 情報収集の広範性,扱う統計数値の最新性という点 において傑出している。例えば,テーマの先見性に ついていえば,これまでの論稿でその時は些細なこ とに思われた問題や指摘が後に重要な問題になって 本書で継続して論じられるという箇所が少なからず ある。また,現地調査の走破性と情報収集の広範性 については,著者自身の現地入りだけでなく,当地 の多くの専門家たちからのヒアリングや国際会議・ シンポジウムへの積極的な参加など,その果断な行 動力とフットワークの軽さはこれまでと変わらない。 こうした特長により,中国の人口問題社会的現実 についての豊富なデータによる検証が可能になって いるといえる。
さらに見せる

6 さらに読み込む

目 次 はじめに Ⅰ 人口の現状分析 人口動向分析 (1) 総人口 (2) 自然増減 (3) 社会増減 (4) 自然増減と社会増減の影響 国立社会保障 人口問題研究所などによる将来の人

目 次 はじめに Ⅰ 人口の現状分析 人口動向分析 (1) 総人口 (2) 自然増減 (3) 社会増減 (4) 自然増減と社会増減の影響 国立社会保障 人口問題研究所などによる将来の人

4 やまなしモデル=「やまなし共生・連携人口」 (1)今後の地域社会の姿と人口の捉え方 社会が成熟するに従って、出生率が低下し少子高齢化が進行する結果、人口が減少に 向かうことは先進国共通の課題であるばかりか、発展著しいアジア新興諸国の中にも同 様の課題に直面する国も現れている。また、今日、モビリティやIT環境の高度化、物 流網の整備などにより、人やものの移動可能性・範囲は飛躍的に広がるとともに、企業 などの経済活動圏や人々の日常生活圏・交流圏は広範化・多様化し、人、もの、資金、 情報の循環の質・量両面にわたる拡大が地域にとって重要な要素となっている。
さらに見せる

46 さらに読み込む

平成 30 年度 提言書 テーマ 福祉 環境のまち部会新見市版ボランティアポイント制度の導入 ともに支え合うあたたかいまちづくり ~ポイント制で地域活性化 ~ 1. はじめに国立社会保障 人口問題研究所の推計によれば 日本全体で人口が減少していく時代が到来したことを示しており この傾向は本市も例外で

平成 30 年度 提言書 テーマ 福祉 環境のまち部会新見市版ボランティアポイント制度の導入 ともに支え合うあたたかいまちづくり ~ポイント制で地域活性化 ~ 1. はじめに国立社会保障 人口問題研究所の推計によれば 日本全体で人口が減少していく時代が到来したことを示しており この傾向は本市も例外で

◯若者の定着を促進するために全ての市民が住みやすいと感じてもら えるまちをつくる。 ◯市民が広くボランティア活動に取り組むことで、積極的に地域に貢 献することを奨励し、社会参加活動を通して人と人とのつながりや 参加者自身の社会貢献意識(ボランティア精神)の向上及び生きが い、健康増進を図る。

5 さらに読み込む

Ⅰ 社会保障改革の全体像 1 社会保障改革の基本的考え方 ~ 中規模 高機能な社会保障 の実現を目指して 現行の社会保障制度の基本的枠組みが作られた 1960 年代以降今日まで 1 非正規雇用の増加等の雇用基盤の変化 2 地域 家族のセーフティネット機能の減退 3 人口 とりわけ現役世代の顕著な減少

Ⅰ 社会保障改革の全体像 1 社会保障改革の基本的考え方 ~ 中規模 高機能な社会保障 の実現を目指して 現行の社会保障制度の基本的枠組みが作られた 1960 年代以降今日まで 1 非正規雇用の増加等の雇用基盤の変化 2 地域 家族のセーフティネット機能の減退 3 人口 とりわけ現役世代の顕著な減少

(※) 成案においては、「2010年代半ばまでに段階的に消費税率(国・地方)を10%まで引き上げ、当面の社会保障改革にかかる安定財源を確保する」とされている。 (注1) 消費税収は、現在は、国分は予算総則により高齢者3経費に充てられ、地方分は一般財源である。 (注2) 消費税収(国分)を充当する社会保障給付の具体的分野(2015年度時点)は、高齢者3経費を基本としつつ、今後検討。 (注3) 社会保障4経費とは、社会保障給付公費負担のうち「制度として確立された年金、医療及び介護の社会保障給付並びに少子化に対処するための施策に要する費 用」(平成21年度税制改正法附則104条)をいう。所要額は厚生労働省による推計(2011年5月時点)。また、基本的に地方単独事業を含んでおらず、今後、その全 体状況の把握を進め、地方単独事業を含めた社会保障給付の全体像及び費用推計を総合的に整理する。
さらに見せる

27 さらに読み込む

目次 1. これまでの社会保障改革の流れ 2. 今後の社会保障改革に向けての取組み 3. 我が国の人口の推移 4. 人口ピラミッドの変化 5. 社会保障給付費の推移と負担の現状 6. ライフサイクルでみた社会保険及び保育 教育等サービスの給付と負担のイメージ 7. 社会保障給付の部門別の国際的な比較

目次 1. これまでの社会保障改革の流れ 2. 今後の社会保障改革に向けての取組み 3. 我が国の人口の推移 4. 人口ピラミッドの変化 5. 社会保障給付費の推移と負担の現状 6. ライフサイクルでみた社会保険及び保育 教育等サービスの給付と負担のイメージ 7. 社会保障給付の部門別の国際的な比較

雇用の条件がある人々に対しては、働くことを困難にしている要因をとりのぞくために、子育て 支援、職業訓練、カウンセリングなどが、生活支援と併せて求職者支援の制度として提供される 必要がある。参加を困難にしている要因には、一人ひとり複数の事情が複雑にむすびついている。 この点では多様な給付を個人の事情に応じて結びつけていくパーソナルサポートが必要になる。 また、フルタイムで働いても低所得から脱却できないという事態をなくすために、最低賃金や給付 付き税額控除など、働く見返りを高めることが大切である。また、立ち遅れている住宅関連のサー ビスや子ども手当などの社会的手当によって、生活のコストを引き下げていく支援も必要になる。 個人や地域の状況に応じた、一連の給付のパッケージとして最低生活保障のラインが確定される べきである。
さらに見せる

58 さらに読み込む

安倍政権による社会保障改革の特徴と問題点

安倍政権による社会保障改革の特徴と問題点

このように,消費税は社会保障の財源には適さない。社会保障を充実させるためには,財政の所 得再分配機能を活用しなければならない。すなわち,社会保障の財源は消費税ではなく,累進税の 強い所得税や高利益を上げた企業から徴収した法人税などを財源にする。これを社会保障や教育な どに当て直接国民生活の支援に回す。こうすれば,経済的格差の拡大や貧困の広がりも妨げられる。 しかし,わが国ではこの所得再分配機能が極めて弱い。政府は一貫して所得税の累進性を弱め, 高額所得者に適用される最高税率を低めてきた。また,膨大な利益をあげた企業の法人実行税率も 20%台を目標に下げ続けてきた。そして,これとは反対に消費税を 3%から 5%,5%から 8%と上 げて来たのだから,財政の所得再分配機能が弱まるのも当然である。
さらに見せる

10 さらに読み込む

なお 国立社会保障 人口問題研究所による 平成 24 年 1 月推計 を加えると 2030 年 には男性で 歳 女性で 歳まで寿命が延びていくとされている 高齢化の進展この平均寿命の延びに伴い わが国の高齢化率 4は 1935( 昭和 10) 年に 4.7% であ

なお 国立社会保障 人口問題研究所による 平成 24 年 1 月推計 を加えると 2030 年 には男性で 歳 女性で 歳まで寿命が延びていくとされている 高齢化の進展この平均寿命の延びに伴い わが国の高齢化率 4は 1935( 昭和 10) 年に 4.7% であ

よると、社会活動への参加状況は、日本はドイツ、米国などと比べて低いものの参加しない 理由として「時間的・精神的ゆとりがない」が 32.2%と多く、「関心がない」とする割合は 米国、ドイツよりも低く 15.9%である。今回の調査結果でも「社会活動への参加」を拒否し ているものではなく、 「きっかけさえあれば参加してもよい」と考えられていた。若い頃は地 域のイベントや子どものサークルなどを通して社会参加する機会があり、ここでの関係をそ の後も続けていけるかどうかが一つの鍵となろう。 そのまま、 社会活動に関与していければ、 定年後には「仕事」に代わる生きがいの場が得られるが、若い頃の社会参加を途中でやめた り、若い頃の社会参加がないまま定年退職すると、なかなか社会活動への参加ができない状 況となってしまう。定年退職後は新しい活動の場を切り開いていく必要があると思われるが、 退職後の新たな活動の場を退職前から考えている人は少ないと思われ、若い頃から色々な社 会活動に興味を持って参加し、その中から将来続けられそうな自分に合った社会活動を探し ていくことが定年退職後の社会参加に繋がる。高齢期のライフスタイルは若年期からの生活 習慣の積み重ねの上に成り立ち (Elder, 1974)、若い時期からの社会との関わり方に左右され る(前田 , 2011) 34 。また、高齢期では移動可能な距離が小さくなり(前田 , 2006) 35 、近隣
さらに見せる

36 さらに読み込む

2 5 つの基本戦略 1 戦略の視点 のもと 5 つの基本戦略を実行することにより 国立社会保障 人口問題研究所の 2040 年時点の人口見通し約 63 万人の実現を目指すとともに 出生率 2.07 人と社会減ゼロを条件とする見通し ( 国の長期ビジョンによる ) 約 68 万人に近づくよう努める

2 5 つの基本戦略 1 戦略の視点 のもと 5 つの基本戦略を実行することにより 国立社会保障 人口問題研究所の 2040 年時点の人口見通し約 63 万人の実現を目指すとともに 出生率 2.07 人と社会減ゼロを条件とする見通し ( 国の長期ビジョンによる ) 約 68 万人に近づくよう努める

(2) 「幸福度日本一」の追求 児童・生徒に対し、福井の偉人の生涯や、福井の歴史、文化、風習など の教育を進め、 「ふるさと」に自信を持ち、魅力を発信できる人材を育てる。 また、希望学研究の活動拠点を整備し、大学等との共同研究を進めると ともに、県内の大学等において、人口に対して幸福やGDPが与える影響 や関連などを研究し、人口増加政策に活かす。

7 さらに読み込む

14_大原社会問題研究所雑誌(月録).indd

14_大原社会問題研究所雑誌(月録).indd

在日外国人の生活課題の検討 保科寧子 厚生の指標 61-2 14. 2 特集 東アジア社会政策研究が問いかけるもの―理論的枠組みと実証分析 社会政策 5-2 13.12 比較社会政策の素材としての東アジア社会政策(朴 光駿)東アジア福祉国家を世界史のなかに位置づける(金 成垣)東アジア社会政策の比較方法論と課題(李 蓮花)中国の最低生活保障制度のゆくえ(朱 珉)日韓に おける介護インフラの地域間公平性分析(李 宣英)インフォーマル・セクターと社会保障(菅谷広宣) 特集 保育における親の協同 ―子ども・子育て新制度に向けて親の関与を高めるために―
さらに見せる

11 さらに読み込む

カロライナ人口研究所(アメリカ)

カロライナ人口研究所(アメリカ)

タ ー と し て 従 事 し て い た 経 験 を 生 か し て, USAID やフォード財団,ロックフェラー財団 などから活動資金を集め, CPC の立ち上げに 尽 力 し た。 初 期 の CPC の 活 動 理 念 に は, Freymann の公衆衛生の実務家としてのバック グラウンドが色濃く反映されていた。つまり, 人口問題に関する調査研究よりも,家族計画プ ログラムの改善をはかるために,国内外の保健 サービス提供者や政策担当者,人口問題に関心 のある学生らに対して技術的訓練や教育を施し たり,人口統計や保健衛生関連の資料整備を行 うなど,サービス志向の強い活動がメインで あった。また,開発途上国での急激な人口増加 も問題となるなか,そうした国々の政府や大学 機関が独自の人口問題研究所を設立したり,ト レーニング・プログラムを設けたりできるよう に支援を行っていた。
さらに見せる

10 さらに読み込む

産産 00 歳時代 は身近に迫っています! 平均余命 * は 毎年延びています! * 平均余命 : ある年齢の人々がその後何年生きられるかの平均年数 均余 9から 00までは厚生労働省 生命表 0は 簡易生命表 050 年は平成 月推計国立社会保障 人口問題研究所 男女年齢別将来生命表 : 中位仮定

産産 00 歳時代 は身近に迫っています! 平均余命 * は 毎年延びています! * 平均余命 : ある年齢の人々がその後何年生きられるかの平均年数 均余 9から 00までは厚生労働省 生命表 0は 簡易生命表 050 年は平成 月推計国立社会保障 人口問題研究所 男女年齢別将来生命表 : 中位仮定

■ 保険商品の名称(正式名称): ■ 商品の特徴: 無配当長寿生存年金保険(低解約払戻金型)(001) 支払保証期間付終身年金です。被保険者が年金支払開始日に生存されてい たときに、支払保証期間中、年金をお支払いします。支払保証期間経過後は、 被保険者が生存されている限り、終身にわたって年金をお支払いします。  死亡保障を行わず、解約払戻金を低く設定することで、将来お受け取りいただ く年金額を大きくするしくみの保険です。
さらに見せる

12 さらに読み込む

野村資本市場研究所|マイナンバー制度:人口減少社会の新たな社会インフラの可能性(PDF)

野村資本市場研究所|マイナンバー制度:人口減少社会の新たな社会インフラの可能性(PDF)

2.マイナンバー制度の今後の展望 マイナンバー制度は、社会保障と税の一体改革の中で、適切で確実な社会保障給付を行 うための情報基盤として導入準備が進められてきた。今日では、2015 年 6 月 30 日に閣議 決定された「日本再興戦略」改訂 2015 において、マイナンバー制度の活用が「世界最高 水準の IT 社会の実現」のために講ずべき具体的施策の一つとして位置づけられている。 また、日本の IT 関連の取組みが他国に比して大きく遅れているという危機感から策定さ れた「世界最先端 IT 国家創造宣言」改訂 2015 においても、マイナンバー制度は、IT 利活 用促進に係る重要な基盤となるインフラを提供するものであり、産業振興と国民生活の豊 かさの実現を目指す国家構想の柱の一つとされている。
さらに見せる

17 さらに読み込む

大原社会問題研究所雑誌1月号-本文

大原社会問題研究所雑誌1月号-本文

る。まず,三菱長崎造船所の収容寮として「稲佐寮」および「丸山寮」の存在は初見であり,位置 や規模等の実態を探求する必要があった。次いで,小規模な収容寮とみなされていた小ケ倉寮は 9,000人が収容可能な広大なものであったことが証言に基づいて示され,誤りを正す最大限の努力 が求められた。被爆者数についても重大かつ根本的な見直しを余儀なくされた。長崎の場合,広島 と違って,近隣の離島で強制労働を強いられていた朝鮮人が原爆後の死体や瓦礫の処理に動員され て大量に入市被爆している事実が指摘されたからである。また,広島・長崎への強制連行は敗戦前 7年間に激増したことも指摘された。すなわち,広島県内在住朝鮮人人口は1938年24,878人から 1945年84,886人へと3.4倍,長崎県内は同8,852人から61,773人へと7.0倍。これは北海道(8.0倍) と福岡県(3.4倍)を除く他府県を大きく超える増加率であり,その要因が三菱重工業をはじめと する軍需産業であったのである。
さらに見せる

14 さらに読み込む

はじめに 国立社会保障 人口問題研究所の将来人口推計によれば 現在 わが国の4人に1人以上が高齢者 65歳以上の方 7人に1人 が75歳以上の方となっており 世界でも類を見ない超高齢社会 を迎えております 今後も 高齢化は着実に進むと予測されてお り 特にすべての団塊の世代の方が75歳以上に達する2

はじめに 国立社会保障 人口問題研究所の将来人口推計によれば 現在 わが国の4人に1人以上が高齢者 65歳以上の方 7人に1人 が75歳以上の方となっており 世界でも類を見ない超高齢社会 を迎えております 今後も 高齢化は着実に進むと予測されてお り 特にすべての団塊の世代の方が75歳以上に達する2

また、地域で介護予防につながる健康づくりや人との交流を推進する「一般介護予防 事業」については、すべての高齢者を対象とし、介護予防教室や講演会、高齢者の通い の場や介護予防運動自主活動団体への支援を行いました。 さらに、生活支援体制整備として、生活支援コーディネーターを配置するとともに、 協議体を開催し、地域の方々との意見交換により地域の社会資源と地域課題の見える化 を行い、今後に向けては、抽出した地域課題に対する検討を行っていきます。その経過
さらに見せる

13 さらに読み込む

目次 第 1 章序章 1.1 研究の目的 背景 1 第 2 章社会保険制度 2.1 社会保険制度とは 社会保険制度の推移と構成 社会保障費用 ( 社会保障給付費 ) の推移 社会保障給付費と社会保障財源 4 第 3 章建設業における社会保険未加入問題 3.

目次 第 1 章序章 1.1 研究の目的 背景 1 第 2 章社会保険制度 2.1 社会保険制度とは 社会保険制度の推移と構成 社会保障費用 ( 社会保障給付費 ) の推移 社会保障給付費と社会保障財源 4 第 3 章建設業における社会保険未加入問題 3.

22 4.2.3 建設産業における社会保険加入の徹底について(提言) 平成 24 年 3 月 14 日 建設産業においては、下請企業を中心に、雇用、医療、年金保険について、法定福利費を適正に 負担しない企業(すなわち保険未加入企業)が存在し、技能労働者の医療、年金など、いざという ときの公的保障が確保されず、若年入職者減少の一因となっているほか、関係法令を遵守して適正 に法定福利費を負担する事業者ほど競争上不利になるという矛盾した状況が生じている。このため、 関係者を挙げて社会保険未加入問題への対策を進め、社会保険加入を徹底することにより、技能労 働者の雇用環境の改善や不良不適格業者の排除に取り組み、建設産業の持続的な発展に必要な人材 の確保を図るとともに、事業者間の公平で健全な競争環境を構築する必要がある。
さらに見せる

43 さらに読み込む

[ 国立社会保障 人口問題研究所の地域別将来推計人口 (2013 年 3 月推計 )] 本市の総人口は 2015 年以降減少に転じ 2040 年に 万人 (2015 年比 93%) 2060 年には 93.3 万人 ( 同 79%) に減少する そのような中 2025 年には老年人口は

[ 国立社会保障 人口問題研究所の地域別将来推計人口 (2013 年 3 月推計 )] 本市の総人口は 2015 年以降減少に転じ 2040 年に 万人 (2015 年比 93%) 2060 年には 93.3 万人 ( 同 79%) に減少する そのような中 2025 年には老年人口は

③ 世代等を超えた分かち合い ○ ①のエリアマネジメント及び②の支え合いのいずれにおいても、重要となる「公助」 の充実・強化に当たっては、その裏付けとなる財源が不可欠であり、これについては、 社会全体で広く薄く負担する必要がある。その際、公平感に留意し、一定の負担能力 を有する層に対しては最低限の負担を求め、その上で、世代等を超え、社会全体で分 かち合うようにすることが重要である。

7 さらに読み込む

図 24 世界の高齢化率の推移 資料 :UN,World Population Prospects: The 2012 Revision ただし日本は 2010 年までは総務省 国勢調査 2015 年以降は国立社会保障 人口問題研究所 日本の将来推計人口 ( 平成 24 年 1 月推計 ) の出生中

図 24 世界の高齢化率の推移 資料 :UN,World Population Prospects: The 2012 Revision ただし日本は 2010 年までは総務省 国勢調査 2015 年以降は国立社会保障 人口問題研究所 日本の将来推計人口 ( 平成 24 年 1 月推計 ) の出生中

目標 2. 飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する 2.1 2030 年までに、飢餓を撲滅し、すべての人々、特に貧困層及び幼児を含む脆弱な立場にあ る人々が一年中安全かつ栄養のある食料を十分得られるようにする。 目標 12. 持続可能な生産消費形態を確保する(抜粋)

10 さらに読み込む

Show all 10000 documents...